5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★ 俳句草庵 ★★

1 :詠み人知らず:2007/03/30(金) 00:25:05

菜の花や沖を向きたる流人墓

皆さんよろしく。

2 :詠み人知らず:2007/03/30(金) 06:24:10

目覚めては玻璃戸見回る春嵐


3 :詠み人知らず:2007/03/30(金) 07:09:55
泥酔の底の覚醒花嵐

4 :詠み人知らず:2007/03/30(金) 08:52:30

聞酒の尽きし酒蔵山笑ふ

5 :詠み人知らず:2007/03/30(金) 11:25:36

淡雪の砂利の姿を残したる

6 :詠み人知らず:2007/03/30(金) 22:02:10

穴窯の穴の窮屈春の風

7 :詠み人知らず:2007/03/31(土) 06:42:27

挿管し夫を朧の媼かな

8 :詠み人知らず:2007/03/31(土) 08:01:28

倒産の工場の隅の桜かな

9 :詠み人知らず:2007/03/31(土) 19:36:04

べか船の海苔の香りを積んで来し

10 :詠み人知らず:2007/04/01(日) 00:13:53

身構へし家の振動春の雷

11 :詠み人知らず:2007/04/01(日) 06:49:06

手作りの屋根のバス停花七分
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku



12 :詠み人知らず:2007/04/01(日) 21:39:38

手作りの村のバス停花七分
↑句推敲。

13 ::2007/04/01(日) 22:21:32
屋根の方が風情がある。「手作りの屋根」で既に鄙びた感じするおも。

14 :詠み人知らず:2007/04/02(月) 06:58:11
朧さん、ありがとう(^^ いまだに迷っています。
こちらへ遊びにおいでになりませんか。クリックするとエロ画面が出ますが、構わず最上段をクリックして下さい。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku

昨日の句会で秀句を頂きました。↓

天神の風鬼に触れず春嵐

15 ::2007/04/02(月) 08:23:36
(・ω・)ノはいよ〜!ちらっと覗きました。しかし↑この句はどう言う意味ですか?特に、前半が?

16 :詠み人知らず:2007/04/02(月) 10:31:15

朧さん見て頂いてありがとうございました。
上の句ですが、
天神:あまつかみ 天空すべての神
風鬼(ふうき):風の神

句意は、
天の神は風の神に注意することなく放ってあるよ。今は凄い春嵐だ、との積りなのです(^^ゞ

17 :詠み人知らず:2007/04/02(月) 21:30:39
醜怪な
長谷川風情
早く死ね

東海大学の変態、長谷川櫂(本名「長谷川隆喜」)に関して言えること。
「口を開いては無知無教養をさらけ出して恥をかく以外に何の能も無い
哀れな田舎者!!!」。
この一言に尽きる。

18 :詠み人知らず:2007/04/02(月) 22:00:26
天神の長谷川風情春嵐

19 :詠み人知らず:2007/04/03(火) 06:42:08

鶯の声の近づく朝かな

20 :詠み人知らず:2007/04/03(火) 08:27:34

片栗の息を詰めたる反身かな

21 :詠み人知らず:2007/04/03(火) 14:41:10
変態の
長谷川隆喜(「長谷川櫂」の本名とか)
とく死なん

22 :詠み人知らず:2007/04/03(火) 19:56:45
変態の
長谷川櫂は
早く死ね

劣等感をさらけ出して已まない変質者の山出し
長谷川隆喜(長谷川櫂の実名)は、人々に侮蔑され
忌み嫌われながら、何故にいまだに死なずに生きながらえ
つづけて居るのであろうか?
穢らわしい下の下の分際で厚顔無恥に生き続けるとは、とことん
忌まわしい化け物だな。


23 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 07:25:42

囀りて日の差す方や茜色

24 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 08:24:04
変態の
長谷川隆喜(長谷川櫂の実名)
とく死なん

25 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 08:55:52

春愁や鯉一匹の岩の陰

http://6721.teacup.com/12274/bbs (エロ画面が出ますが最上部をクリックしてください。)

26 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 09:18:43

茶柱の渦中に立ちて利休の忌

27 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 10:02:45

春光を子らは野原で浴び尽くす

28 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 11:55:14

船影は海を残して俊寛忌


29 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 13:18:55
うらみごとつきせぬなみにさくらうく

30 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 17:35:33

河川改修囀りを失へり

31 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 18:24:24
どうして、俳句つくろうのスレと同じ句ばかりなの?

32 :詠み人知らず:2007/04/04(水) 20:59:09
当方への拙句移動です。

雪洞の桜の外の闇夜かな

33 :詠み人知らず:2007/04/05(木) 07:45:10

遠山や橋に渦巻く戻り寒




34 :詠み人知らず:2007/04/05(木) 09:08:08

校庭へ一気に湧く子春日かな

35 :詠み人知らず:2007/04/05(木) 14:52:56

春半ば生命線の現在地

36 :詠み人知らず:2007/04/05(木) 17:16:22

ほろ酔ひの人の声して朧の夜

37 :詠み人知らず:2007/04/05(木) 18:40:22

白は重たし絡み合ふ雪柳

38 :詠み人知らず:2007/04/05(木) 22:46:25

春風を掻き分け走る一輪車

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku
  最上段をクリックして下さい。


39 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 06:58:18

鶯に声を潜めし朝かな

毎朝たった一羽だけ訪れて庭々を鳴いてくれます(^^ゞ

40 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 07:01:07
ホ〜ホケキョ!
覚えてますか?
のりおです。

41 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 08:42:58

春愁や石に紛るる鯉の色

……? m(__)m

42 :墜落:2007/04/06(金) 10:51:53

花時や鍵掛け終へし旅鞄

! (@_@) (^^;)

43 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 12:00:44

花守や家康公の産湯井戸

44 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 13:53:26

まどろみをむさぼる齢花杏

45 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 17:16:51

逃げの体勢横跳びの春鴉

46 :詠み人知らず:2007/04/06(金) 21:01:43

チューリップ一籠置きて退院す

47 :詠み人知らず:2007/04/07(土) 07:17:03

山の子の声も混じりし春の川

48 :詠み人知らず:2007/04/07(土) 07:21:32
【都知事選】浅野史郎氏、志同じならと民団に支援を要請
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/11%374623990/

東京都の人は、ぜひ読んでみてください。
現在、朝鮮総連や民団その他の反日団体が、総がかりで浅野を応援しています。
浅野が知事になれば、たぶん東京は終了します。

49 :詠み人知らず:2007/04/07(土) 08:27:48
どこにでも レスつけさせる 工作員
   反論チョンだけ 頭が悪すぎ

50 :詠み人知らず:2007/04/07(土) 20:41:31

小さき靴一つ落ちをり桃の花

51 :詠み人知らず:2007/04/08(日) 08:17:28

千の灯を覆ひて染まる桜かな

52 :詠み人知らず:2007/04/08(日) 22:51:05

水滴の紅際立つやチューリップ

53 :詠み人知らず:2007/04/09(月) 06:59:19

枝垂るるや水面染めたる花の屑

54 :詠み人知らず:2007/04/09(月) 20:50:20

遠山や凛然として鄙桜
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku  →エロ画面最上部クリックを乞う。

55 :詠み人知らず:2007/04/10(火) 09:20:21

亀の四肢だらりと温む水の中



56 :詠み人知らず:2007/04/10(火) 18:34:50


野良猫に子猫混じるや三代目

57 :詠み人知らず:2007/04/10(火) 21:45:01
変態の
長谷川隆喜
欝で死ね

徹底して無知無教養で愚鈍無比な田舎者の長谷川櫂(本名「長谷川隆喜)が
今なおこの世に棲息しているということ自体、我が国にとって不幸極まりない
事態である。
長生きする条件を全て備えているのだから、今後も世にはばかることであろう。
心ある人ありて、この畜奴に劣る存在を抹殺してくれるとよいのだが。

58 :詠み人知らず:2007/04/11(水) 09:40:50

境内で一人遊ぶ子春の暮



59 :詠み人知らず:2007/04/11(水) 21:59:57

釣糸にまとはりつきし花の屑

60 :詠み人知らず:2007/04/12(木) 01:23:04
死なぬなら
殺してしまえ
長谷川櫂

長谷川櫂、本名「長谷川隆喜」という自称俳句詠みの
年寄りの変態化け物オカマは最近どこに出没している
のだろう。
熊本県下のチョン部落出身のエイズ患者らしいから
もうそろそろクダバったのだろうか?

61 :詠み人知らず:2007/04/12(木) 08:59:07

パソコンを眺めて読めず目借時

62 :詠み人知らず:2007/04/12(木) 20:25:42

春光をくると散らして傘を貼る

63 :詠み人知らず:2007/04/13(金) 06:39:29

つち降るや歩く辺りはよしとして

64 :詠み人知らず:2007/04/14(土) 21:07:07

田鼠鶉に田を速歩して逸る

65 :遷化子:2007/04/15(日) 09:56:03
遠光るあららぎ雲の見事哉

66 :遷化子:2007/04/15(日) 10:07:11
水既に清めて阿字の瀑布かな

67 :遷化子:2007/04/15(日) 10:10:25
青醒める水脈悲しくば帰帆せよ

68 :遷化子:2007/04/15(日) 10:39:31
梔子や女人と謂ふは香袋

69 :遷化子:2007/04/15(日) 10:40:37
人生や抱き滅びん春の薔薇

70 :遷化子:2007/04/15(日) 10:42:08
暁の一つに染まりぬ冬薔薇

71 :詠み人知らず:2007/04/15(日) 17:07:47

亡き友の電話番号消す遅日

72 :詠み人知らず:2007/04/16(月) 07:21:42

絡南や異国の人と春惜しむ

73 :詠み人知らず:2007/04/16(月) 18:41:41
変態の
長谷川隆喜(長谷川櫂の実名)
死にさらせ

社会全体の望みです。
害虫駆除に協力を!!!

74 :詠み人知らず:2007/04/17(火) 12:45:26

嫁に行く双子の姉妹康成忌

75 :詠み人知らず:2007/04/17(火) 13:35:21
踊り子も両手を合わす康成忌


76 :詠み人知らず:2007/04/18(水) 08:31:51

うららかやふいに園児の弾む声

77 :詠み人知らず:2007/04/19(木) 08:12:13

話し込む二人の女糸桜

78 :詠み人知らず:2007/04/19(木) 10:27:05

巡りては花梨の花を見つけたる

79 :詠み人知らず:2007/04/19(木) 14:36:38

空淡し枝垂桜の傘の下

80 :詠み人知らず:2007/04/19(木) 22:23:25
黄砂吹く やつれ姿に まだら模様

81 :詠み人知らず:2007/04/20(金) 11:34:37

一病に昇格させて花粉症

82 :詠み人知らず:2007/04/21(土) 00:40:11

牛舎より山羊の鳴き声うららけし
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku

83 :詠み人知らず:2007/04/21(土) 02:56:16

いくつものスレに同じ句を投稿するのは、ルール違反。


84 ::2007/04/21(土) 06:49:02
別に競うわけではないのでこちらは構いません。
他にないレベルの自信作をどんどんお願いします。
過去に詠まれた物でも構いません。

85 :詠み人知らず:2007/04/21(土) 07:42:50
>>1 が何回も同じ句書きなぐってるのがルール違反なんじゃ!

86 :詠み人知らず:2007/04/21(土) 07:50:56

春昼や中を暗めて寝釈迦堂


87 :詠み人知らず:2007/04/21(土) 08:07:45
沖縄県の方へ(命に関わる注意事項です)

沖縄県での選挙ですが、どうか民主党だけは避けてください。県民の生命に関わる可能性があります。
民主党の最大の公約は一国二制度(※)ですが、一度「一国二制度 沖縄 三千万」等で検索をお願いします。
この際、民主党のHPで調べても良いです。以下の注釈↓と矛盾することは書いてないはずですから…

※一国二制度
 簡単に言えば沖縄を中国と日本の共有物にし、そこに3000万人の中国人を入植させます。
 (つまり沖縄人口の 96% を中国人にして、実質、沖縄を中国人の居住地とします。)
 さらに「自主」の名の下、沖縄で有事が起きても自衛隊は干渉できません。
 3000万人の中国人が、少数派となった130万人の日本人に何をしても、です。
 そして反日教育を受けた中国人の反日感情の強さは、ほとんどの日本人の理解を超えるものです。

今回の選挙で民主党が勝った場合、「自主」「発展」を連呼しつつ段階的に進めていくことになります。
自主と言っても、自主を認めるのが「住人の96%が中国人となった」後だということに気をつけてください。
発展と言っても、新沖縄の少数派となった「少数民族日本人」の発展ではないことに気をつけてください。

88 :詠み人知らず:2007/04/21(土) 17:44:25

手裏剣も展示をされて春の城

89 :詠み人知らず:2007/04/22(日) 06:22:54

チューリップ今ひと時の彩散らす

90 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 01:13:46

初蝶のいずこかで生れ忽然と

91 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 01:43:50
月の夜 オロチの血にク ルフ庵

92 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 02:43:35
変態の
長谷川櫂め
とく死なん

長谷川が陰険卑劣極まりない田舎者だという明白な事実は、
讀賣新聞社内でも、以前からよく知れ渡っていたらしい。
常に陰口と中傷とを駆使しては自分より優秀な人々を陥れたり、
無類の劣等感と嫉妬心から下劣な術策を次々に弄しては、
真っ当な社員や上司に関するあらぬ醜聞を捏造する等々の如きは
日常茶飯事だったとか。
この長谷川、口を開けば徹底した無知無学の限りをさらけ出して止まない
愚鈍無比、無下の田夫野人の分際で辛うじて讀賣新聞社の従業員で居られた
のは、こうしたチョン部落出身者にありがちな悪辣非道なやり口のおかげだそうだ。
また、讀賣の社長に対しても「アンタの秘密を握っているのだ」といった嚇し文句
さえ吐いて脅迫したとも聞いた記憶がある。
醜い邪推と、醜怪な容貌、そして自分がいつも嗤い者にされているという被害妄想
に狂った長谷川櫂(実名「長谷川隆喜」)は一日も早くこの世から抹殺されて、
しかるべきであろう!!

93 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 08:46:03

春愁や孔雀は羽を開き切る

94 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 13:42:40
変態の
長谷川櫂め
死にさらせ

劣等感とひねくれ果てた下司根性で人々に迷惑をかけて回って
やまない変質者の長谷川櫂、実名「長谷川隆喜」が一刻も早く
叩き殺されますように!、と心から願う人たちが日に日に増えている
という。
この醜悪な化け物を抹殺する義侠心のある人間は、いつ現れるのだろう?

95 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 14:26:31
長谷川のパラノが孤独喚いてる
長谷川の縁が深くて外れない
長谷川のそんなに好きな悪雑言
長谷川の執着至極愛なのね
長谷川の三日三晩を気にしてる
長谷川の全てが嫌いだから好き
長谷川の彼が私の全てです
長谷川の全裸を知っている私
長谷川のああ!!長谷川の馬鹿愛してる   パラノ君へ

96 :詠み人知らず:2007/04/23(月) 21:56:37

釣人の背ナは一列春の暮

97 :詠み人知らず:2007/04/24(火) 06:49:04

朧夜やナットキングコールを二三回


98 :詠み人知らず:2007/04/24(火) 08:33:44
追加公認/オマケ
  長谷川のノルマは急に止まらない   パラノ坊やへ

99 :詠み人知らず:2007/04/24(火) 13:39:09
犬のアート(俳句、短歌も)コンクール

100 :詠み人知らず:2007/04/24(火) 13:46:48
犬のアート(俳句、短歌も)コンクール
http://news.ameba.jp/2007/04/4290.php

101 :詠み人知らず:2007/04/24(火) 14:01:30
ソフトバンク携帯について

この携帯は「全然つながらないから解約しようとしたら、6万請求された」とよく聞く(※)。
(つながりにくい理由は、ソフトバンクが使用する周波数が建物に弱いこと等、色々)
そして、各種プランが良くないが、ホワイトプランが特に良くない。
携帯のメーカーの数で考えて「友人の4分の1くらいは持ってる?」と考えがちだが…

  ソフトバンク携帯を持つのは 約300人 に 1人。

300人の友人がいても、確率的にはそのうち1人しか無料にならない。(契約数/日本人口で計算)
その1人以外の通信料はすべて、他社の約2倍。1日たった7分でも月に1万円を超える。

トップが朝鮮人だからとは言わないが、日本人の客の満足度を真剣に考えてるとは思えない。
つながりにくいことにも、予想以上に金がかかることにも、解約金にも、すべて「後から」気づく。
「金さえとれば後で文句を言われてもOK」とも感じるので、気をつけて欲しい。

※…新聞記事は「0円携帯 解約に6万円 県、ソフトバンクに改善要望」で検索
  ↓ついでに。カモにされてるのは、ソフトバンク株を買ってる者も同じだった…
  ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1176891847/

102 :詠み人知らず:2007/04/24(火) 23:07:40
死なぬなら
殺してしまえ
長谷川櫂

片鱗の知識だに無く口を開いては底無しの無知無学をさらけ出して
恥とも思わぬ愚鈍痴呆な田舎者の長谷川櫂、本名・「長谷川隆喜」は、
なぜに未だに死なずに、おめおめと生き恥をかき続けているのだろう?
臆病卑劣なクズだから死ぬのが怖くて実の肉親から蔑視されても尚、生
に恋々と執着して已まないのであろうが。
こんな変質者でさえ生きる事を許されている今の日本社会には大きな
問題がある、と言わざるを得ない。

103 :詠み人知らず:2007/04/25(水) 06:57:21

黙しては二人夕餉の蜆汁

104 :詠み人知らず:2007/04/26(木) 06:11:06

病室の父と庭見て春惜しむ

105 :詠み人知らず:2007/04/26(木) 06:20:59
草若葉踏まれて匂ういのち哉

106 :詠み人知らず:2007/04/26(木) 07:39:13
長谷川が
プリンスならば
穢多キング

そうだな、六〇歳近い人三化七の醜悪な老オカマが
自分で「プリンス」だなどと名のるのは片腹痛い限りだ。
天刑病に罹って面体の崩れた性病もちの化け物の分際で
生意気な申し様、まったく以て笑止千万ぢゃのう!
変態の長谷川は早く死んでしまうのが唯一の方途だぞ!!

107 :詠み人知らず:2007/04/27(金) 13:35:31

花は葉にバスの乗客落ち着きぬ

108 :詠み人知らず:2007/04/27(金) 16:00:41
若芝や携帯で読む七部集

109 :詠み人知らず:2007/04/27(金) 20:10:39

遊蝶花カポカポ馬車の弾む音
(遊蝶花:パンジー)

110 :詠み人知らず:2007/04/28(土) 09:22:24

陶磁器の所狭しと軒燕

111 :詠み人知らず:2007/04/28(土) 21:10:45

風入るや茶摘始まるとのたより

112 :詠み人知らず:2007/04/29(日) 05:42:52

母親の眼外さず砂遊び

113 :詠み人知らず:2007/04/29(日) 10:59:04
★古文版ウィキペディアの成立のために同志の協力を仰ぐ★

《古文版ウィキペディア(テスト版)》
http://incubator.wikimedia.org/wiki/Test-wp/jpn-classical
《古文版ウィキペディアのメタウィキ内の提案ページ》
http://meta.wikimedia.org/wiki/Requests_for_new_languages/Wikipedia_Classical_Japanese_2

いまメタウィキで古文版ウィキペディアを作ろうという提案がなされています。
成立には多くの人の賛成意見が必要なので、簡単ですのでぜひご協力ください。
日本語は長い歴史を持つ言葉です。古文版が成立すれば日本語は古典を有する偉大な言語だということを
世界に知らしめることになります。
今の日本語は多くの漢語を交えますが、平安時代には漢語が殆ど使われず、多く和語を用いていました。
これぞまさに大和民族の精髄といえましょう。

日本を愛するなら、この企画にご協力ください。上にあるのは飽くまでテストウィキであって、
提案が承認されなければなくなってしまいます。古文が書けなくとも、
賛成意見を書いていただければよいのです。賛成は多ければ多いほどいいのです。

 【簡単】協 力 の 仕 方【短時間】
1、「古文版ウィキペディアのメタウィキ内の提案ページ」(上のリンク)に行く。
2、画面の右上の「Log in / create account」という所をクリックし、メタウィキのアカウントを取得する。
3、ログインし、古文版のArguments in favourという項目に'''Support'''と書き込み、
後ろに理由を書き込む(英語でも日本語でもどちらでも良い)。理由は一言でもよいので必ず書いて下さい。
末尾に必ず--~~~~と書いて署名する。(--~~~~と書けば日付とアカウントが表示される)

 ■□■その他、宣伝等■□■
1、ブログやウェブサイトなどを持っている人はそこで宣伝して頂ければ嬉しいです。
2、記事を書きたい人はテストウィキに行ってください。

114 :詠み人知らず:2007/04/29(日) 15:00:40

捨窯の崩れ始むや朧月

115 :詠み人知らず:2007/04/29(日) 18:05:38
嵐過ぎ、花じゅうたんに、若葉萌ゆ

116 :詠み人知らず:2007/04/30(月) 08:00:05

葱売りの声弱々し乳母車

117 :詠み人知らず:2007/05/01(火) 09:50:47

シャッターの開かぬ店や駅の藤
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku
(エロ画面の最上部をクリツクして下さい)

118 :詠み人知らず:2007/05/02(水) 08:31:17

味噌樽のごろんと干され春日かな

119 :詠み人知らず:2007/05/02(水) 09:16:52
早急に長谷川櫂なる化け物が地上から除去
抹殺されますように!

棲息価値絶無の存在なのだから!



120 :詠み人知らず:2007/05/03(木) 05:04:56

義母逝くや蝶の舞見よ今朝の妻

121 :詠み人知らず:2007/05/03(木) 08:05:12
118番さん「ごろん」がいい!

122 :118:2007/05/04(金) 06:32:49
>>121 サンキューです(^^

日暮れては庭の酒盛り春惜しむ

123 :詠み人知らず:2007/05/04(金) 18:11:38

燕来て空のカンバス切り刻む

124 :詠み人知らず:2007/05/05(土) 11:01:12

子供らの肌も顕はに夏隣

125 :詠み人知らず:2007/05/05(土) 18:02:42

春の蚊の止まるほどでもなく飛べり

126 :詠み人知らず:2007/05/06(日) 08:42:44
ちくちくと肌に菖蒲や仕舞い風呂

127 :詠み人知らず:2007/05/06(日) 08:53:16
胸あたりちくちくさせて菖蒲の湯

128 :詠み人知らず:2007/05/06(日) 10:18:51
変態の
長谷川を殺せ
安倍総理

変態の長谷川櫂がこれ以上、世の中に害悪を与えぬよう
「一刻も早く叩き殺されますように!!!」
と誰もが願って居ります。

129 :詠み人知らず:2007/05/06(日) 11:44:29
情けなど 惨めとなりゆく この世かな

130 :詠み人知らず:2007/05/06(日) 17:18:46
人はただ 欲を求めて さ迷えし者

131 :詠み人知らず:2007/05/07(月) 09:14:18
変態の
長谷川櫂め
欝で死ね

生きる価値零どころか百害あって一利無しの長谷川櫂、本名「長谷川隆喜」
有害無益の超変態だから見付け次第殺してしまえ!!!



132 :詠み人知らず:2007/05/07(月) 18:09:06
野の坂も急になりたる麦の秋

一枚を脱ぎて背伸びの麦の秋


133 :詠み人知らず:2007/05/08(火) 06:30:13
変質者
長谷川櫂は
虫けら以下

歴史も文化も何も知らぬ小学生以下の知能しか持たない
ドン百姓の部落民の長谷川櫂、本名「長谷川隆喜」を即刻
叩き殺すのが世のため人の為というものだ!!

134 :詠み人知らず:2007/05/09(水) 00:11:47

噴水の雨を濡らして芝の青

135 :詠み人知らず:2007/05/09(水) 00:19:24
部屋で横になって裸でだきあいます。それがだんだんエスカレートしていって、学校の体育倉庫で
服をぬがされ、まだ3年生ですが学年で1番大きいおっぱいを、つかむように触られたり、しゃぶった
りされます。最初は、苦手だったんだけどだんだん気持ちよくなりサイコーです。しかも、わたしは
、学年1美人でもてます。彼も同じで、美男美女でよくみんなにうらやましく、思われます。
: : このカキコ見たあなたは4日後に不幸がおとづれ44日後に死にます。それがイヤならコレをコピ
ペして5ケ所にカキコして下さい。私の友達はこれを信じず4日後に親が死にました。44日後友達は
行方不明・・・・。いまだに手がかりもなく私はこのコピペを5ケ所に貼り付けました。すると7日後
に彼氏ができ10日後に大嫌いな人が事故で入院しました。
: :     信じる信じないは勝ってです


136 :詠み人知らず:2007/05/09(水) 13:22:16

靴紐を締めし老体夏来たる

137 :詠み人知らず:2007/05/09(水) 21:41:05

知恵の輪を畳にぶつけ生ビール

138 :詠み人知らず:2007/05/09(水) 22:26:13
変質者
長谷川櫂は
虫けら以下

長谷川隆喜、偽名「長谷川櫂」のデスノート。
変態の長谷川隆喜が如き不逞の輩は、今よりただちに
天刑病に冒されて生きながら全身が膿み爛れ腐り崩れて、
瘡蓋におおわれ悪臭を放ちつつ、癩患の隔離島収容所で
苦しみつづけた挙げ句の果てに野垂れ死にするがよい!

現在でも長谷川はおぞましき業病に罹って面体崩れ果てているも同然だが


139 :詠み人知らず:2007/05/10(木) 08:59:47

悠長に時を使ひて蝸牛

140 :詠み人知らず:2007/05/10(木) 19:27:10
変態の
長谷川隆喜(長谷川櫂の本名)
早く死ね

この変態オカマの長谷川という奴は
熊本の部落住まいだった子供の頃から
近隣の家々に放火をした廉で鑑別所送りに
なりかかったそうだ。
「栴檀は双葉より芳し」の正反対で、子ども時代から
愚劣にして臆病卑賤な山出しだったものと思われる。
要注意を


141 :詠み人知らず:2007/05/10(木) 23:15:21

ネクタイをきりりと締めて立夏かな


142 :詠み人知らず:2007/05/11(金) 08:24:54

夏草や賽銭箱の古びやう



143 :詠み人知らず:2007/05/11(金) 15:54:56

子犬抱けば遥かに過ぎし子供の日

今頃浮かびました。しょっちゅうです(^^ゞ

144 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 09:39:33

荒波の岩を削りて鑑真忌

145 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 09:43:18

蜘蛛の囲やがんじからめの裸身像
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku

146 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 13:31:47
エイサーの遠き太鼓や大南風

147 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 13:42:31
早や梅雨かシーサーどもの目に涙

148 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 13:49:11

シュノーケル肌にまつはる熱帯魚

149 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 13:57:02
与那国や沈む岩礁夏ロマン

150 :詠み人知らず:2007/05/12(土) 22:35:09

若葉風小学校の鼓笛隊


151 :詠み人知らず:2007/05/13(日) 08:19:55

訪ぬれば父母若返る百日紅

152 :詠み人知らず:2007/05/13(日) 13:22:48

石段の傾斜涼しき古刹かな

153 :詠み人知らず:2007/05/13(日) 14:18:52

触れ太鼓この日傘雨の忌を修す


夏場所やもとよりわざのすくひなげ
久保田万太郎

154 :詠み人知らず:2007/05/13(日) 16:18:14

橋梁や手で押へつつ夏帽子

155 :詠み人知らず:2007/05/13(日) 23:20:15

卓球のスマッシュ決まるソーダ水

156 :詠み人知らず:2007/05/13(日) 23:24:36
夏帽子忽ち風に盗られけり

157 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 06:44:45

連れ立ちて香水強き媼かな

158 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 11:52:07
変態の
長谷川櫂め
未だ死なぬ

口を開く都度、徹底的な無知無学と愚鈍低能さ加減を、とことん
さらけ出しては恬として羞じる気色の無い厚顔無恥の極みたる長谷川櫂。
熊本県下のチョン部落に生まれた変質者風情が平気で素性を隠し、且つは
過去に働いた猥褻行為を揉み消しつつ、大きな顔をして「俳句詠み」気取り
でいるとは、日本も馬鹿にされるようになってしまったものだ、とつくづく
情け無く念ってしまう今日この頃である。
一日も早く長谷川隆喜(長谷川櫂の実名)が天罰を受けて狂死しますように!
と心より祈る日々である。

159 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 12:07:11
155番さん爽やか!


160 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 12:47:35
>>159 サンキュー。もう一丁!(^^ゞ

若葉風歌声響く幼稚園

161 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 13:42:15
病葉や落ちて草木を育てける     病葉=わくらば

162 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 14:19:09
今朝着きし新茶淹るるや昼弁当

163 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 15:34:02
田植えして若がえりたる婆乙女

164 :詠み人知らず:2007/05/14(月) 15:41:14
早乙女や齢(よわひ)六十裾濡らす

165 :詠み人知らず:2007/05/15(火) 01:36:39

青年の独り草刈る田圃かな

166 :詠み人知らず:2007/05/15(火) 09:48:59

空の青折目ぴしりと夏衣

167 :詠み人知らず:2007/05/15(火) 21:24:26

垣越しに翁と薔薇を語りけり

168 :詠み人知らず:2007/05/16(水) 05:23:41

ハンカチを握りて出せずクィーン観る

169 :詠み人知らず:2007/05/16(水) 20:19:26

路地裏や簾洩れたる人の声

170 :詠み人知らず:2007/05/16(水) 23:17:47
変態の
長谷川隆喜(長谷川櫂の本名)
斃死せよ

長谷川が愚鈍な田舎者だという事実は誰もが知っている。
山出しにありがちな野暮ったい「西洋かぶれ」のくせに、
キリスト教の基礎知識はもとより、英語の基本的な語彙も持ち合わせず
口を開いては阿呆さ加減をさらけ出し放題さらけ出して人々の嘲笑の的
になっている徹底した恥知らずだ。
実の肉親からも薄汚い変質者として嫌悪されているのだから世話はない。
何故いまだに死なずに生き恥をかきつづけているのか全く以て不審な限りだ。

171 :詠み人知らず:2007/05/17(木) 11:41:30

夏の夜や素足の絡みつくタンゴ

172 :詠み人知らず:2007/05/18(金) 09:38:05

川渡る声の涼しき小鳥かな

173 :詠み人知らず:2007/05/18(金) 19:55:40

鵜篝や水面焦がして城下町

174 :詠み人知らず:2007/05/18(金) 23:17:58
五月雨に白帝淡し川面かな

175 :詠み人知らず:2007/05/19(土) 07:44:56

遠雷やポニーの背ナでべそをかく

176 :詠み人知らず:2007/05/20(日) 06:43:18

緑陰や将棋の駒の響く音

177 :詠み人知らず:2007/05/20(日) 16:50:39
変態の
長谷川櫂(実名「長谷川隆喜)め
悶死せよ

臆病で卑怯下劣きわまりない長谷川櫂が一刻一秒でも早く
この世から抹殺されてしまうことを待ち望んでいる人々が
大勢いるのは紛れもない事実らしいぞ。
あらゆる陰湿な手段を使って優秀な逸材を陥れたり、陰口を叩いて
陰に陽に侮辱し、蹴落として来た報いが、今すぐにでも変態の長谷川櫂(隆喜)に
硫黄と焔の雨となって降り注ぎ、地獄の業火で醜いが上にも醜悪なあの肉体が
焼き滅ぼされますように!、と皆さん祈り続けて已まないようなのだから!

178 :詠み人知らず:2007/05/21(月) 10:48:06

夏が来て踏ん張ってゐる仁王像
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku

179 :詠み人知らず:2007/05/21(月) 20:43:36

畦道や鳥に突かれ雨蛙

180 :詠み人知らず:2007/05/23(水) 11:06:32

暮れるまで柵に凭れき河鹿笛

181 :詠み人知らず:2007/05/23(水) 23:39:10
子と並び打つパソコンや夏の夜

182 :詠み人知らず:2007/05/25(金) 10:04:02

大岩の被さる祠緑雨かな

183 :詠み人知らず:2007/05/26(土) 08:07:52

風鈴を吊るして遥か遠伊吹

184 :詠み人知らず:2007/05/27(日) 08:54:44

紅薔薇や家並み立て込む古戦場

185 :詠み人知らず:2007/05/27(日) 21:46:14

幼子の寝入りて笑ふ金魚玉


186 :詠み人知らず:2007/05/27(日) 22:06:40
南風、戸を打ち鳴らし、流れ雲


187 :詠み人知らず:2007/05/28(月) 09:05:50

夏料理一つぶら下げ見舞ひけり

188 :詠み人知らず:2007/05/28(月) 21:25:39

手綱の鵜空を眺めて啼きにけり

189 :詠み人知らず:2007/05/29(火) 10:09:32

せせらぎや水の如くの冷酒酌む

190 :詠み人知らず:2007/05/30(水) 09:44:38

暁や首まで上ぐる夏蒲団

191 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 07:41:28

扇風機出すか出さぬか納屋を開く

192 :191:2007/05/31(木) 07:54:18
191を推敲。

扇風機出すか出さぬか空の色


193 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 10:25:06
布団干し

雨に降られて

カビ生えた

194 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 13:40:23
死なぬなら
殺してしまえ
長谷川櫂(実名「長谷川隆喜)

長谷川櫂は女の腐り果てた様な卑劣で陰湿な意地の悪い賤民だ。
チョン部落に生まれて幼時より肥満体で醜い容姿をしていた為
根性が歪み果てたのかも知れない。
熊本県下の朝鮮部落から東京へ出て来てからは、なおさら劣等感の
かたまりとなって自分より優秀な人々(人類の殆どだが)に対する
嫉妬心から陰に陽に下劣極まりない策を弄して、次々と善良な人たちを
陥れ続けてきたという。
讀賣新聞社でも記者として何らモノの用に立たず、未成年に対する口に
することも出来ぬいやらしい猥褻行為を働いていたらしい。
知能劣弱で変態性欲者だと発覚すると、上役を脅迫して表沙汰にならぬ
ように計らってもらい、まんまとマスコミに広まらないように手段を
打って貰ったとか。
実の家族、肉親からも蛇蝎の如くに忌み嫌われて居る正真正銘の怪物だ
という専らの噂である。
小心臆病このうえない鮮奴のために日本は、かくも穢されているとは、
痛感のきわみというの外ないだろう。

195 :詠み人知らず:2007/06/02(土) 07:40:35

新しきペンと用紙や更衣

196 :詠み人知らず:2007/06/03(日) 07:12:22

ひと時は背筋の伸びて更衣

197 :詠み人知らず:2007/06/04(月) 00:28:54

黒南風や座りがちなる孕牛

198 :詠み人知らず:2007/06/04(月) 10:17:49

草刈って公園広し鳥の声

199 :詠み人知らず:2007/06/08(金) 08:55:30

分け入るや森の奥から滝の音

200 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 09:22:38

名句典落ちて木椅子の昼寝かな

201 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 09:37:32
道端にうらぶれて立つ石仏

202 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 10:58:45
>>201
陳腐だなあ

203 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 12:33:07
首落ちて蛙けろけろ石地蔵

204 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 13:03:32
添削しました
首落ちた蛙けろけろ石地蔵

205 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 13:12:34
君に似てくちびる紅きさくらんぼ

206 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 13:14:06
くちびるがあったらキモいさくらんぼ

207 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 13:49:58
剥きてみるバナナの先の白い肌

208 :星月夜:2007/06/09(土) 14:22:07
夕焼けの寂しく光る俺の事

209 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 14:53:05
>>207
先だけじゃないぞバナナは全部白

210 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 14:54:38
>>209
夕焼けを「光る」だなんて言わないな

211 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 16:03:45
無花果の熟れたる口の悩ましさ

212 :星月夜:2007/06/09(土) 16:56:02
210さん、他になにかいいのありますか?

213 :星月夜:2007/06/09(土) 17:00:47
これなんてどうですか?
蝉時雨、聴こえてくるよ、少年時代

214 :詠み人知らず:2007/06/09(土) 21:19:00

短夜や眠り覚めたる雨の音

215 :星月夜:2007/06/09(土) 21:30:16
いいすなぁーー。

216 :詠み人知らず:2007/06/14(木) 11:44:44

白靴や足の弾みし大通り
http://6721.teacup.com/12274/bbs

217 :詠み人知らず:2007/06/14(木) 22:23:25
梅雨入りは悲喜こもごもの「かわく」もの


218 :詠み人知らず:2007/06/16(土) 05:47:15

ひと叢の特に目立つや行々子

219 :詠み人知らず:2007/06/22(金) 17:52:13

まつはりしほてり鎮めり青田風

220 :詠み人知らず:2007/06/23(土) 20:45:23

乾電池力戻りて昼寝覚め

221 :後衛ですが:2007/06/24(日) 22:10:27

なにごともなくて薄暑の終電車

ケータイで直会の日をすり合わせ

風凪いで鳴くこともなし行々子

          #以上表敬訪問        

222 :詠み人知らず:2007/06/26(火) 00:01:46

首塚の木立に暗し青蜥蜴

223 :詠み人知らず:2007/06/26(火) 19:19:37
癩患(かったい)の
長谷川隆喜(長谷川櫂の本名)
腐りて死ね

おぞましい天刑病に罹った無下の田舎者、
最低の臆病者にして卑劣な蛆虫の長谷川めが
とうとう業病を病んで全身から血膿を流しつつ
苦悶の果てに天罰を受けて斃死する日が近付いて来たようだ。
まことに慶賀すべきことではあるまいか。

224 :星月夜:2007/06/28(木) 04:05:37
蝉時雨情け無用の蝉時雨

225 :星月夜:2007/06/28(木) 04:08:14
星月夜夜空に輝く星月夜

226 :詠み人知らず:2007/06/28(木) 05:36:16
花は春
月は秋だし
雪は冬
じゃあ聞くけどさ
何が夏なの?

227 :星月夜:2007/06/28(木) 05:57:10


228 :詠み人知らず:2007/06/28(木) 17:14:06

橋くぐる背ナ丸見えの夏燕

229 :詠み人知らず:2007/06/29(金) 07:32:20

飛ぶ物の姿は見えず蚊喰鳥

230 :詠み人知らず:2007/06/30(土) 01:40:07

翡翠や近きカメラにたぢろがず

231 :星月夜:2007/06/30(土) 02:54:23
満天の夜空に届け夢乗せて

232 :詠み人知らず:2007/06/30(土) 13:35:32
人見ずも 咲くも咲かぬも 萩の花

誰の俳句か知っていますか?
教えて下さい。

233 :詠み人知らず:2007/07/01(日) 08:32:57

黄帽子の日に日に伸びて青蛙

>>232
誰のか分からなかった。人が見ていなくても、咲くも咲かぬも、と意味さえ取り難い
駄句と思える。もっときっちりと、「写生」と言う基礎が必要。

234 :詠み人知らず:2007/07/01(日) 08:34:22

黄帽子の日に日に伸びて青蛙

>>232
誰のか分からなかった。人が見ていなくても、咲くも咲かぬも、と意味さえ取り難い
駄句と思える。もっときっちりと、「写生」と言う基礎が必要。

235 :詠み人知らず:2007/07/01(日) 10:37:31

黄帽子の日に日に伸びて青蛙

これは「写生」ですか

236 :詠み人知らず:2007/07/01(日) 17:14:08
鳴こうとも
殺してしまえ
長谷川櫂(実名「長谷川隆喜」)

変態の長谷川を生かしておくことこそ
犯罪行為に等しいぞ!



237 :詠み人知らず:2007/07/03(火) 22:55:47

山の辺や両手こぼるる地蜂の巣

238 :詠み人知らず:2007/07/04(水) 00:12:19
馬鹿野郎
怒鳴るお前が
おお馬鹿野郎

239 :詠み人知らず:2007/07/04(水) 00:15:50
夏近し
朝の音色も
はやりけり

240 :詠み人知らず:2007/07/06(金) 22:51:44

夏鴨や目線外さず歩き去る

241 :詠み人知らず:2007/07/08(日) 10:06:35

厚手などシャツを惑ひて梅雨かな

242 :詠み人知らず:2007/07/12(木) 08:09:36

荒梅雨や日本列島丸洗ひ

243 :詠み人知らず:2007/07/12(木) 10:06:57
【参院選】民主党から、在日コリアンの期待背負った金氏(民団幹部)が立候補…在日参政権訴え
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1184200703/l50

244 :詠み人知らず:2007/07/13(金) 11:16:44
死なぬなら
殺してしまえ
長谷川隆喜(長谷川櫂の実名)

生きている価値ゼロ以下の変質者
蛆虫にも劣るクズの無知無教養な田舎者の長谷川櫂、
口を開いては恥をかくことしか出来ない愚鈍無比なゲス
の長谷川隆喜が一日も早く叩き殺されますように!
熊本県下のチョン部落出身の長谷川が、これ以上日本の空気を
汚染して国民に迷惑をかけない為にも!!!!


245 :詠み人知らず:2007/07/18(水) 12:15:11

鳧に襲はれ畦道の身のやりば

246 :詠み人知らず:2007/07/20(金) 06:14:07
 
吊橋の涼気もろとも揺らしけり
http://6721.teacup.com/12274/bbs

247 :詠み人知らず:2007/07/24(火) 22:40:04

捩花や綾の右巻き左巻き

248 :詠み人知らず:2007/07/26(木) 21:40:53

ぶつかりて玻璃に雀の溽暑かな

249 :詠み人知らず:2007/07/28(土) 09:52:56

長梅雨やこの甲冑を着しは誰


250 :詠み人知らず:2007/08/01(水) 07:39:11

梅雨明けの心音生れし乙女像

251 :詠み人知らず:2007/08/03(金) 11:47:53
女教師に
悪戯に及ぶ
長谷川櫂(本名・長谷川隆喜)

変態の長谷川櫂、実名「長谷川隆喜」なる変質者の田舎者は
幼児期から肥満体で天性愚鈍な人三化七としか言い様のない
奇怪な容姿の化け物だった。
誰にも相手にされないので女教師にまで卑猥な振る舞いに
およんだと聞いている。
今は東海大学で俳句詠みの肩書きで授業を担当させて貰ってるとか
  要注意だ!

252 :詠み人知らず:2007/08/04(土) 23:20:26

蒸し暑きタクトに生るるしらべかな

253 :詠み人知らず:2007/08/06(月) 11:35:32

わが町の花火は廃止遠花火

254 :詠み人知らず:2007/08/07(火) 21:35:02

大岩のぴくりと犀の昼寝かな
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku


255 :詠み人知らず:2007/08/11(土) 13:19:49

青田へと流るる水音朝ぼらけ

256 :詠み人知らず:2007/08/11(土) 18:43:39

鳥声や蝉一瞬の高き声

257 :詠み人知らず:2007/08/11(土) 23:36:16

渾身の力残して蝉の殻

258 :詠み人知らず:2007/08/12(日) 13:44:46

遠峰や湖(うみ)にぽつりと通し鴨

259 :詠み人知らず:2007/08/13(月) 10:41:15

鳥たちの故山に帰る夕焼雲

260 :詠み人知らず:2007/08/13(月) 10:52:16
変態の
長谷川隆喜
蛆虫以下

長谷川隆喜、自称「俳人」の長谷川櫂の如き
性格異常者にして陰険卑劣、臆病無比の出来損ないのクズ
なんぞは一日も早く死んでしまうのが世のため、人のため
そして何よりも己れ自身のためなのだ!!!


261 :詠み人知らず:2007/08/19(日) 07:36:55

縦横に金魚花火の滑り出す

262 :詠み人知らず:2007/08/20(月) 06:50:54

欄干の擬宝珠の光る残暑かな

263 :詠み人知らず:2007/08/20(月) 20:38:57

寺町の深閑として残暑かな

264 :詠み人知らず:2007/08/20(月) 22:48:29
万緑を沈め黄金マスクかな

265 :詠み人知らず:2007/08/21(火) 19:53:30

跳ね上がる鮎の形や化粧塩

266 :詠み人知らず:2007/08/22(水) 01:09:18
「世の中の 癌と呼ばれる 長谷川櫂」
「色気違い  長谷川隆喜(長谷川櫂の実名) 逮捕さる」
「チョンずれに 渡してなるまい 年金を」
「鳴かぬなら 叩き殺せよ 長谷川櫂」
「女教師に 色気を出して はねつけられ」

“鬼の目にも涙”というが、鬼畜にも劣る変質者の長谷川櫂
つまり長谷川隆喜には人間らしい涙など薬にしたくも無い。
かかる性格異常者は一日も早く抹殺されて然るべきだろう。
讀賣新聞社を解雇されたのも、もとはと言えば未成年に対する
口にするだに悍(おぞ)ましい猥褻行為が原因だという。
熊本県下の朝鮮部落出身の変態・長谷川を雇用している東海大学
は、一体全体どんな神経をして居るのだろう?
いくら最底辺の学校とはいえ恥を知らぬにも程がある!


267 :詠み人知らず:2007/08/22(水) 21:13:11

駅舎跡わづかに残り里の秋

268 :詠み人知らず:2007/08/24(金) 23:40:57

曙や草を栖に鳴くちちろ

269 :詠み人知らず:2007/08/25(土) 10:10:41
横須賀の海軍カレー日の盛り

270 :詠み人知らず:2007/08/25(土) 12:13:56
万緑や弥生頭蓋に矢尻傷

271 :詠み人知らず:2007/08/26(日) 21:26:16

弟の黙し差し出す秋扇
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku

272 :詠み人知らず:2007/08/26(日) 23:17:03
全快の挨拶まわりアロハシャツ

273 :詠み人知らず:2007/08/27(月) 19:15:43
マネキンの腹筋つるり夜の秋

274 :詠み人知らず:2007/08/27(月) 20:42:58
つづれさせ寄木細工の菜の箸

275 :詠み人知らず:2007/08/29(水) 21:22:55

長々と昼夜分かたぬ残暑かな

276 :詠み人知らず:2007/08/31(金) 21:05:23

当てのある飛びとは見えず群とんぼ

277 :詠み人知らず:2007/09/04(火) 02:26:18
三日月に触れたる雲の斬れにけり

278 :詠み人知らず:2007/09/04(火) 21:04:49

秋蝉の骸寄り添ふ木下かな

279 :詠み人知らず:2007/09/05(水) 20:21:36
秋雨や駐車違反のチョーク跡

280 :無名氏:2007/09/06(木) 01:55:20
初恋の人の軒端の秋風鈴

281 :詠み人知らず:2007/09/06(木) 18:46:22
台風の沖の波音聞く夜かな

282 :詠み人知らず:2007/09/08(土) 08:50:40

鬼の子の揺れて財布の表皮

283 :詠み人知らず:2007/09/08(土) 09:52:07
ジーパンの裾を二折鯊の潮

284 :無名氏:2007/09/09(日) 01:59:30
露草のやうに寄添ひパンを食う

285 :詠み人知らず:2007/09/09(日) 02:31:48
http://www.geocities.jp/nowakikitarou/p1.html
←困難を見つけた夜にひとり酒

286 :詠み人知らず:2007/09/09(日) 21:03:05

青もまた目には豊かな稲穂かな

287 :詠み人知らず:2007/09/10(月) 17:46:57
コスモスの迷路の中の風の丈

288 :詠み人知らず:2007/09/10(月) 23:04:09
拝殿の湯桶御輿や竹の春

289 :詠み人知らず:2007/09/11(火) 00:40:00

味噌桶は別の息して厄日かな

290 :詠み人知らず:2007/09/12(水) 11:49:31

燕帰りて川鳥を寂しめり

291 :詠み人知らず:2007/09/12(水) 22:28:30
鱗雲徐々に湿布の効いてきし

292 :詠み人知らず:2007/09/13(木) 00:17:56
コスモスに足泳がせるリフトかな

293 :詠み人知らず:2007/09/15(土) 01:42:32
秋の富士手前に御座すむすび山

294 :詠み人知らず:2007/09/16(日) 07:19:16

勝鬨か鵙の高鳴き止まずして

295 :詠み人知らず:2007/09/16(日) 07:22:09
変態を きわめる愚鈍 長谷川櫂(長谷川隆喜)

恥知らずな田舎者の長谷川が一日も早く死んで、
世人を喜ばせますように!



296 :詠み人知らず:2007/09/16(日) 12:26:48
いわし雲リレー半周遅れけり

297 :詠み人知らず:2007/09/16(日) 22:23:47
物狂芒と櫂にからみつく

298 :詠み人知らず:2007/09/16(日) 23:23:04

夕河原律の調べに包まれて

299 :後衛ですが:2007/09/17(月) 00:02:36

父は無事異国の秋の逆噴射


300 :後衛ですが:2007/09/17(月) 00:06:28

 #言い落としました。
 >>296はいいですね。

301 :詠み人知らず:2007/09/17(月) 21:47:07

豆腐屋の釣瓶落しの喇叭かな

302 :詠み人知らず:2007/09/18(火) 00:11:54
鶏頭や爪の割れたる迷ひ犬

303 :詠み人知らず:2007/09/19(水) 16:36:54
句読点
ボダを治して
家庭円満

304 :詠み人知らず:2007/09/20(木) 04:59:54
捨て犬の首輪外せり葉鶏頭

305 :詠み人知らず:2007/09/20(木) 11:26:58
異常者の
長谷川櫂め
早く死ね

未成年に猥褻行為をはたらく事しか知らぬ熊本県下のチョン部落出身の
変質者・長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)を地上から抹殺し、世界を浄化
しようと志す人々は大勢いるようです。
この長谷川が厚顔無恥にも国家試験を受けて、当然ながらことごとく
失格落第したのは有名な話らしいし、読売新聞に入り込んでからも何かと
悪事のし放題だったとか。変態行為が露顕しそうになって已む無く解雇された
そうです。  要注意!


306 :詠み人知らず:2007/09/20(木) 19:52:16
俳句の内容を説明するというのはルール違反なのでしょうか?
私のような初心者からする解説がついてるとうれしいです。
言葉を知らない私が悪いのですが・・・

307 :詠み人知らず:2007/09/20(木) 21:52:29
チェンバロを弾き秋日に鱗粉す

308 :詠み人知らず:2007/09/20(木) 23:44:03

老犬に歩幅を合はせ秋桜
http://6721.teacup.com/12274/bbs

↑芭蕉解説が始まりました。

>>306 別に違反でもないと思いますが…。しかし説明なしで分かるように詠むべきでしょうね。

309 :詠み人知らず:2007/09/21(金) 00:44:31
護摩壇に降ろす散杖秋高し

310 :詠み人知らず:2007/09/22(土) 01:00:39
>>308
ありがとうございます。解説なしでもわかるように勉強していきたいと思います。

311 :詠み人知らず:2007/09/22(土) 10:47:53
墨付けの糸をぴしりと新松子

312 :詠み人知らず:2007/09/23(日) 00:37:51
乃木像の白き台座や曼珠沙華

313 :詠み人知らず:2007/09/23(日) 14:07:51
曼珠沙華影くつきりと片寄らず

314 :詠み人知らず:2007/09/23(日) 14:56:25

竜淵に祠の扉固く閉づ

315 :詠み人知らず:2007/09/24(月) 12:08:00
賤民の
長谷川櫂が
教師とは!

長谷川櫂=長谷川隆喜なる熊本県下の朝鮮部落出身者について。
臆病卑劣で単細胞のゲスに何故、一人前にスレがあるのだろう?
長谷川は田舎者特有の野暮ったさ極まり無い「西洋かぶれ」だが、
そのくせ何一つ外国の知識も、もちろん日本のそれも持ち合わせて
いない低能にして徹底的に無知無教養な阿呆でしかない。
それもチョン部落出身者だから仕方が無い、と言い逃れするつもり
なのだろうか?
否、賤民や鮮奴でも大抵の者どもは遙かにマシな存在だろうて。
コイツの痴呆さ加減と来た日にゃ全く以て際限が無いトコトン不様な
体たらくだ! 口を開く都度、徹底した愚鈍さと知能劣弱な無学ぶりを
さらけ出し放題にさらけ出して居るのに、今では日本人の振りをして
東海大学に出入りして居るとか。幾ら最底辺の学校と雖も賤奴を雇用する
とは我が国の知的レベルも落ち果てたものだナ。世も末とはまさにこの事か!

316 :詠み人知らず:2007/09/24(月) 13:36:24
エプロンの結び目濡らす良夜かな

317 :後衛ですが:2007/09/24(月) 22:41:54

浮遊肋腋窩乳暈穂 穂穂 穂 穂

318 :詠み人知らず:2007/09/26(水) 11:37:04
十六夜の西新宿のジャンクション

319 :詠み人知らず:2007/09/26(水) 14:36:22
望月や埠頭に寄せる波頭

320 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 00:06:41
我輩は真面目であるぞ猫じゃらし

321 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 20:57:09

頂や霧岸壁に沿ひて噴く
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku

322 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 21:22:42
水照のハウスの屋根の秋日かな

323 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 21:38:16
金風や八重の潮路を鷹一羽

324 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 23:04:00
曼珠沙華覚めても忘れ得ざる夢

325 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 23:49:53
月光を浴びてうなぎも嬉しかろ

326 :詠み人知らず:2007/09/30(日) 23:53:04
臥待の月を岬へ送りけり

327 :詠み人知らず:2007/10/01(月) 07:51:49
異常者の 長谷川櫂め とく死なん

長谷川隆喜が陰険卑劣で臆病無比かつ愚鈍な山出しである
という事実は関係者ならば誰もが知っている。
ただし、その生まれ素性の賤しさや劣等感のかたまりで生い育った
経緯を考えれば、同情すべき点もあるのではナイだろうか?
もちろん、だからと言って「何をしても赦してやれ」と主張する気は
さらさら無いが・・・

328 :詠み人知らず:2007/10/01(月) 11:05:48
高波に隠くるるサーフボードかな

329 :詠み人知らず:2007/10/01(月) 23:05:35
折り返す道の安けし小鳥来る

330 :詠み人知らず:2007/10/01(月) 23:13:05
垂れ髪
哭き躍動し
蝶と知る

331 :詠み人知らず:2007/10/02(火) 06:21:55

秋蝶やふいにもつれし屋根の上

332 :詠み人知らず:2007/10/04(木) 03:58:26
帰り道肉まん噛り秋が来る

333 :後衛dessが:2007/10/05(金) 08:54:20

EUの秋さりげなくデスノート


334 :詠み人知らず:2007/10/05(金) 23:25:27
異常者の 長谷川隆喜 未だ死なぬ
熊本は 変質者の 長谷川を出し
色気違い 長谷川隆喜(長谷川櫂の実名) とく死なん

長谷川は無知無教養な山出しのイモだから
「美術」と言っても馬鹿でもチョンでもわかる
印象派以後の絵画位しか知らないし、音楽も文学も
幼児に劣るゼロ以下の素養しか持ち合わせていない。
そのくせ、他人を嫉妬心と劣等感から邪推してみたり、
陰険悪質な中傷をして回ったりして、臆病卑劣きわまりない
卑賤な根性を剥き出しにしては恥の上塗りの限りをさらけ出して居る。
まさしく「変態のきわみ」としか称せぬ哀れな存在だ!
朝鮮部落出身だからと云って甘やかしたり同情したりして
長谷川櫂を図に乗らせるのは断じて宜しくないぞ!

335 :詠み人知らず:2007/10/07(日) 20:20:27
宵闇や魚の目玉を解凍す

336 :詠み人知らず:2007/10/08(月) 00:13:51

彩どるも山には触れず竜田姫
http://6721.teacup.com/12274/bbs?BD=13&CH=5

337 :後衛ですが:2007/10/08(月) 02:29:58

金木犀香に顕つ午後に初情事

338 :詠み人知らず:2007/10/08(月) 09:06:00
金木犀バスを一台やり過す

339 :詠み人知らず:2007/10/08(月) 09:14:57
金風や御穂の波寄す能舞台

340 :詠み人知らず:2007/10/08(月) 21:28:20
見定めを近きに外す木の実かな

341 :詠み人知らず:2007/10/09(火) 07:15:49

秋風の臓腑に沁みて足軽し

342 :詠み人知らず:2007/10/09(火) 13:06:03
星月夜ベリーダンサー炎めく

343 :詠み人知らず:2007/10/10(水) 11:08:55
秋晴や秒針のなき花時計

344 :詠み人知らず:2007/10/12(金) 16:43:55
下劣なる 山出し何の 反省もなく
阿呆ほど 図に乗りやすいは 世の常か
山出しが 口を開いて 恥さらす

馬鹿に限って勘違いして図に乗るのは何も
この女芸人(エリカ)ばかりではない。
例えば、自称「俳句詠み」の長谷川櫂、本名を長谷川隆喜
とかいう熊本県出身の愚鈍な山出しも何をどう心得違いしたのか
阿呆の常として、人並みに扱われると噴飯モノの傲岸不遜ぶりを
さらけ出して居るようだ。
そんな真似が通用するのは、長谷川の生まれたチョン部落でしか通用しないのだ
とは毫も知りもせずに。
賤民ほど、おだてられると手がつけられないというのし厳然たる事実だと
改めて思い知った人々も大勢いるらしい。
この変質者のせいで、九州の田舎者全体が総じて根性のひねくれた出来損ない
ばかりだ、と思われては傍迷惑と言うべきものだろう!

長谷川が蔑視されるのは当然だ。
その出自の賤しさからと言うよりも
むしろ、その女の腐ったような陰湿な根性の故にだ。
近親、家族からも蛇蝎の如く忌み嫌われているのも、また
宜なる哉と肯ける次第である。
一刻も早く此の世から抹殺されることを願う!


345 :詠み人知らず:2007/10/12(金) 18:47:58
子の笑顔子犬にうつる今朝の秋

346 :詠み人知らず:2007/10/13(土) 17:19:52
うねりつつ水切る鮭の遡上かな

347 :詠み人知らず:2007/10/14(日) 08:38:37

雨音の傘に弾みて稲たわわ
http://6721.teacup.com/12274/bbs?BD=13&CH=5
(芭蕉句の説明を始めました)。

348 :詠み人知らず:2007/10/14(日) 09:59:56
宵闇の溢ふるる河岸の生簀かな

349 :詠み人知らず:2007/10/14(日) 12:38:36
鳩笛や鞍馬へつづく木の根道

350 :詠み人知らず:2007/10/14(日) 13:51:50
騒げどもわが秋風情目閉じる

351 :詠み人知らず:2007/10/14(日) 16:33:44

コンバイン唸り始めて赤蜻蛉

352 :詠み人知らず:2007/10/14(日) 16:46:19
奥野です。
名は細道です。
趣味は旅、
あともうひとつ
当てて下さい。

353 :後衛ですが:2007/10/14(日) 23:39:37

老婦人の夏のおわりの飛行雲

354 :いろは:2007/10/14(日) 23:46:52
蟋蟀の
仏見えるか
傾ぐ稚児

355 :詠み人知らず:2007/10/15(月) 13:56:52
かまどうま強き利き脚ありにけり

356 :詠み人知らず:2007/10/15(月) 17:40:46
きららなる秋の波間の網を曳く

357 :詠み人知らず:2007/10/16(火) 15:56:00
茨線の囲いはみ出す泡立草

358 :詠み人知らず:2007/10/16(火) 18:03:32
頼まれてシャッターを切る赤まんま

359 :詠み人知らず:2007/10/16(火) 18:09:56
品性下劣な田舎者、長谷川櫂=長谷川隆喜を詠めり

山出しが 耶蘇に憧れ カルトに狂い
       集団リンチで 叩き殺され

「宗教団体」に法の網が効かない為に長谷川如き小人輩が
隠れ蓑に悪用している事実を暴けぬとは世も末だ、
日本ももうオシマイだと心ある人々は深く悩んでいるとか。
しかしながら長谷川が狂った集団の中で惨殺されるよう期待する
声も一部にあるという。

360 :詠み人知らず:2007/10/16(火) 20:08:42
澄む水をしばし眺めて人と犬

361 :詠み人知らず:2007/10/17(水) 23:19:26
会釈をしようかしまいか青みかん

362 :詠み人知らず:2007/10/18(木) 20:03:17
秋霖や川面にひらく鯉の口

363 :詠み人知らず:2007/10/20(土) 09:31:37
陸橋の上から下の黄落期

364 :詠み人知らず:2007/10/20(土) 10:00:49
黄落や洗車のホース巻き上げる

365 :詠み人知らず:2007/10/20(土) 10:14:05
黄落や百葉箱の影青し

366 :詠み人知らず:2007/10/20(土) 21:56:25
黄落や紅茶セットのミルフィーユ

367 :詠み人知らず:2007/10/20(土) 22:41:09

一陣の風の巻上げ鉄道日

368 :いろは:2007/10/20(土) 22:57:23
藤の花
君に重ねる
弱き吾

369 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 11:35:41
そこかしこ金木犀の気配かな

370 :たのむ!:2007/10/21(日) 13:03:28
<a href="http://find.2ch.net/moritapo/give.php?RK=Pahr9V3IngB1Ew2K8ZvQjwt0eM&AM=&CM=%C2%E7%CA%D1%A4%A2%A4%EA%A4%AC%A4%C8%A4%A6%A4%B4%A4%B6%A4%A4%A4%DE%A4%B7%A4%BF%A1%A3">モリタポの寄付をお待ちしております</a>



371 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 15:42:15
蟷螂に跳ぶ瞬間のありにけり

372 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 16:44:00
秋うらら骨董市の茣蓙の上

373 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 19:51:57
秋の蝶一期は夢と告げて去る

374 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 22:43:15
蹄鉄の溝に藁屑秋深し

375 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 22:55:06

きつつきや森に斜めの日の光
http://6721.teacup.com/12274/bbs

376 :詠み人知らず:2007/10/21(日) 23:43:23
変態の
長谷川隆喜
早く死ね

痴愚魯鈍にも等しい生き物、長谷川櫂を一刻も早く叩き殺さねばならない。
この阿呆が無知無教養をさらけ出して、出来損ないの子供を儲けたり
東海大学で莫迦と恥の上塗りをし続けて、異常者を増殖して居る限りは

377 :詠み人知らず:2007/10/23(火) 10:14:01
飲む水のペダル踏みけり十三夜

378 :詠み人知らず:2007/10/23(火) 11:31:32
さかさまの蛇口の水の秋の空

379 :詠み人知らず:2007/10/23(火) 21:48:17
仰向きてこれぞ本懐捨案山子

380 :詠み人知らず:2007/10/24(水) 03:05:50

>>357 360 371 373 377-379

佳品ですね。ことに373

381 :後衛ですが:2007/10/24(水) 03:07:58

犯したき稚児狩衣の秋祭り



382 :さっちゃー@あとだし:2007/10/24(水) 06:23:46
>>380

エッヘヘヘーw
360 371 373
どもどもどもっ!(やれやれ)

383 :詠み人知らず:2007/10/24(水) 12:19:50
四本の指をおちょぼに衣被

384 :詠み人知らず:2007/10/25(木) 11:24:45
午後五時のチャイム落ち来る稲孫かな

385 :山ううう:2007/10/25(木) 16:38:49
うんこころころころがしてうんうんう

386 :詠み人知らず:2007/10/25(木) 20:07:33
センサーに触れて水出す秋の夜

387 :詠み人知らず:2007/10/26(金) 23:13:20
次項へとつづく筆圧返り花

388 :詠み人知らず:2007/10/27(土) 05:24:10

担ぐ子は十人ほどに秋祭

389 :詠み人知らず:2007/10/28(日) 08:24:12

遠山をぐいと引き寄せ大刈田
http://6721.teacup.com/12274/bbs
芭蕉句の解説を始めました。
伝統的俳句を目指しています。ぜひ遊びにおいで下さい(^^

390 :詠み人知らず:2007/10/28(日) 15:17:12

逍遥や草葉に光る露の玉

391 :詠み人知らず:2007/10/29(月) 05:40:48
長谷川隆喜(偽名・長谷川櫂)という変態は子供の頃から
猫を惨殺したり、放火をしたりして楽しんで居たと聞いたことがある。
こうした動物虐殺者だから、某所で起きた少女刺殺事件に関係して居る
と思われているようだ!
長谷川は熊本県下のチョン部落の出身で、未成年に対する猥褻行為か何かが
発覚しそうになった為、新聞社を解雇されたというイワク付きの前科者らしい。
そのくせ、手蔓を頼って今では東海大学で俳句の授業を担当させて貰って居る
とか!  この変質者には要注意!要注意!!

392 :詠み人知らず:2007/11/02(金) 00:58:36
千手なる声なき声の落葉かな

393 :詠み人知らず:2007/11/03(土) 07:18:56

ひつぢ田の理(わり)なく育つ命かな

394 :詠み人知らず:2007/11/03(土) 08:21:46
靴下の 厚さ手探り 冬浅し

395 :393:2007/11/03(土) 18:08:10

393改句 m(__)m

ひつぢ田の理なく青き命かな
http://6721.teacup.com/12274/bbs

396 :詠み人知らず:2007/11/03(土) 18:57:38
神の留守五つの砲座廻りけり

397 :詠み人知らず:2007/11/04(日) 13:06:32
避泊の崖肌覆ふ石蕗の花

398 :詠み人知らず:2007/11/04(日) 23:19:13
唐草の青き鉄柵冬薔薇

399 :詠み人知らず:2007/11/06(火) 23:13:12
木の実落つ砲座の跡の魔法陣

400 :詠み人知らず:2007/11/08(木) 10:18:08
広告の裏に言付け蜜柑置く

401 :詠み人知らず:2007/11/08(木) 21:26:16

捨て舟の櫂の傷跡秋の湖

402 :詠み人知らず:2007/11/09(金) 00:56:50
気違いの 長谷川櫂は 死に損ない

除け者の 長谷川隆喜 鬱で死ね

顔面が 水虫だらけ 長谷川チョン

変態の長谷川櫂(長谷川隆喜)は熊本県下の朝鮮部落出身者だそうだ。
醜貌で禿頭なのは白癩に蝕まれているせいだともいう。
愚鈍で低能、無知無教養かつ劣等感の塊で
女の腐ったような陰険卑劣な虫けら同然の化け物だから
あまり相手にしないほうが賢明というものだろう

403 :詠み人知らず:2007/11/09(金) 16:02:48
冬の蝶水平線に抗へり

404 :詠み人知らず:2007/11/09(金) 16:56:46
403を秋の蝶に訂正

秋の蝶水平線に抗へり

405 :詠み人知らず:2007/11/09(金) 17:16:36
落日を 背に雪虫の 飛びにける

406 :詠み人知らず:2007/11/09(金) 22:54:06
菰を巻く松それぞれの腰の位置

407 :詠み人知らず:2007/11/10(土) 09:16:20

畑のもの青く育てて冬隣


広告の裏に言付け蜜柑置く
菰を巻く松それぞれの腰の位置

上二句上手いですねえ。

408 :詠み人知らず:2007/11/10(土) 09:45:52

穴まどひ巡りし果ての轢死かな
秋天やすべて寝癖のカンガルー
(秋句括り)


唐草の青き鉄柵冬薔薇
どなたのか、これもいいですねえ。

409 :詠み人知らず:2007/11/11(日) 00:04:30
窓の湯気少しあらはに小夜時雨

410 :詠み人知らず:2007/11/11(日) 06:32:32

調教に小春のひと日子象かな


411 :明月記:2007/11/11(日) 09:01:53
枯れ色の
  果色を《玄》と
        冬枕詞
 (かれいろの/かしょくをげんと/ふゆまくら)

412 :詠み人知らず:2007/11/11(日) 19:26:21
小春日や寄木細工の小抽斗

413 :詠み人知らず:2007/11/13(火) 11:42:06

探し出すや緑の褪せしちやんちやんこ


伝統的で正統俳句を皆さんで模索中。まじめな方を募集しています。
http://6721.teacup.com/12274/bbs
(エロ場面が出ますが、無視して最上部をクリックして下さい)

414 :詠み人知らず:2007/11/13(火) 14:05:31
長谷川隆喜――長谷川櫂は偽名――という下賤な田舎者は、
陰険卑劣で臆病無比なだけではない。
吝嗇で愚鈍、無知無学で徹底した野暮天、外見も中身も醜悪限りない
クズのクズ、下の下でしかない化け物だ。
トンチンカンな邪推をして人々を中傷したり、陰湿な策を弄して立派な人物を
陥れたりして来た最低最悪の山出しである。
こんな根性卑しい鮮奴を、これ以上生かしておくことこそ罪というものだ!

415 :詠み人知らず:2007/11/14(水) 07:41:03

着膨れて徹夜鬼祭に急ぐ妻

416 :明月記:2007/11/14(水) 08:56:14
輪番の
  十六夜燈
     妻集ふ
 (りんばんの/じゅうろくやとう/つまつどふ)


417 :明月記:2007/11/14(水) 09:29:06
夜更着を
  一枚羽織り
      十六夜
 (よさらぎを/いちまいはおり/じゅうろくや)

418 :明月記:2007/11/14(水) 09:37:19
持ち寄りし
  蜜柑の小山
     夜燈会
 (もちよりし/みかんのこやま/やとかい)

419 :詠み人知らず:2007/11/14(水) 16:19:44
周るほど近きに冬の星座かな

420 :詠み人知らず:2007/11/14(水) 21:19:32
短日の浜に流木積まれけり

421 :後衛ですが:2007/11/15(木) 00:47:01

黄楽や妹らしき伴走車

422 :後衛ですが:2007/11/15(木) 00:49:48

黄落や妹らしき伴走車

  です はずかしいです

423 :詠み人知らず:2007/11/15(木) 06:40:17
地震雲ばかり眺めし秋の空

424 :詠み人知らず:2007/11/15(木) 08:48:02

野仏の目鼻の崩れ村落葉

425 :詠み人知らず:2007/11/15(木) 22:35:50
ドアノブの不在に触れる冬の川

426 :詠み人知らず:2007/11/17(土) 14:08:28
坂折れの湯島天神初時雨

427 :詠み人知らず:2007/11/18(日) 09:57:55

一茶忌や親子縁者の群雀

428 :明月記:2007/11/18(日) 10:51:18
山茶花の
  夢白く咲き
    白く散る
 (さざんかの/ゆめしろくさき/しろくちる)

429 :明月記:2007/11/18(日) 10:54:26
山茶花の
  白き喜び
    尽くし哉
 (さざんかの/しろきよろこび/づくしかな)

430 :明月記:2007/11/18(日) 10:56:34
山茶花の
  一輪をのみ
      頂きぬ
 (さざんかの/いちりんをのみ/いただきぬ)

431 :詠み人知らず:2007/11/18(日) 11:24:37
山茶花や
 薄紅色の
   暖かさ

山茶花や
 一輪のみの
  美しさ

>>430 いいですね。

432 :春秋:2007/11/18(日) 11:41:23
山茶花の
一輪挿しの
静けさや

433 :詠み人知らず:2007/11/18(日) 12:25:09

山茶花を見入りて息のしづかなる
http://6721.teacup.com/12274/bbs

434 :明月記:2007/11/18(日) 16:29:42
山茶花の
  隠したがりの
      幼な妻
 (さざんかの/かくしたがりの/おさなづま)

435 :明月記:2007/11/19(月) 10:54:05
木枯しに
  稲荷の夜燈
     二つ消え
 (こがらしに/いなりのやとう/ふたつきえ)

436 :明月記:2007/11/19(月) 12:25:54
日溜りに
  幾度も戻る
      秋の蝶
 (ひだまりに/いくどももどる/あきのちょう)

437 :明月記:2007/11/19(月) 17:06:11
北窓の
  薔薇一日
    蔭りたり
 (きたまどの/そうびいちにち/かげりたり)

438 :詠み人知らず:2007/11/20(火) 22:06:00
一茶忌やホームの雪に歩を預く

439 :詠み人知らず:2007/11/21(水) 10:02:39
ちりちりと松毬はぜく冬日和

440 :明月記:2007/11/21(水) 10:12:40
明か窓は
  今日も晴天
      顔洗ふ
 (あかまどは/きょうもせいてん/かおあらふ)

441 :詠み人知らず:2007/11/21(水) 12:13:01
あかときの窓の返照霜柱

442 :明月記:2007/11/21(水) 15:59:50
暁明の
  一打凍韻
     氷柱寺
 (ぎょうめいの/いちだとういん/つららでら)


443 :明月記:2007/11/21(水) 16:53:12
無窮時や
  氷柱の中の
      冬銀河
 (むきゅうじや/つららのなかの/ふゆぎんが)

444 :詠み人知らず:2007/11/22(木) 02:25:59
444
フィーバーラッキー
アンラッキー

445 :詠み人知らず:2007/11/22(木) 07:05:17
冬晴の一枚となる海苔の音

446 :詠み人知らず:2007/11/22(木) 09:15:42
小雪舞う
施工現場で
指揮を執る


447 :詠み人知らず:2007/11/22(木) 09:45:41
鐘の音や冬日はみ出す善光寺

448 :明月記:2007/11/23(金) 08:17:02
俳涯や
  思うに曰く
     《触発》と
 (はいがいや/おもうにいわく/《ショクハツ》と)

449 :明月記:2007/11/23(金) 08:30:42
遠富士の
  真白にぞ天
      璧青哉
 (とおふじの/ましろにぞてん/ラピスかな)
  ※璧青=ラピスは、造語です。璧赤=カシスかな?。かしこ。

450 :明月記:2007/11/23(金) 08:34:08
白鷺の
  阿頼耶は深き
       水鏡      
 (しらさぎの/アラヤはふかき/みずかがみ)

451 :明月記:2007/11/23(金) 08:36:38
猫の踏む
  雪は熊野の
      誓紙かな
 (ねこのふむ/ゆきはくまのの/せいしかな)

452 :明月記:2007/11/23(金) 08:38:55
御昼寝も
  響く青海
     聴きながら
(おひるねも/ひびくあおうみ/ききながら)

453 :明月記:2007/11/23(金) 10:25:33
道の秋
  行く人のみの
       思い哉
 (みちのあき/ゆくひとのみの/おもいかな)

454 :明月記:2007/11/23(金) 10:33:41
水明の
  黒瀬と成りし
       初音哉
 (すいめいの/くろせとなりし/はつねかな)

455 :詠み人知らず:2007/11/23(金) 21:38:37
解体のビルへ放水冬の雲

456 :詠み人知らず:2007/11/24(土) 21:08:31
回収のアルミの缶の冬日かな

457 :詠み人知らず:2007/11/24(土) 23:07:22

砂山の白く聳えて冬の月

458 :詠み人知らず:2007/11/25(日) 02:45:04
中天の宙の深さよ冬の月

459 :明月記:2007/11/25(日) 08:13:57
太平に
  落つる夕陽と
       なりにけり
 (たいへいに/おつるゆうひと/なりにけり)


460 :明月記:2007/11/25(日) 08:17:02
全山の
  落つる紅葉を
       愛でし哉
 (ぜんざんの/おつるもみじを/めでしかな)

461 :明月記:2007/11/25(日) 08:19:04
薄野に
  やがて寂韻
      ありにけり
 (すすきのに/やがてさびおと/ありにけり)

462 :明月記:2007/11/25(日) 08:21:50
川面映ゆ
  虚像の入陽
      揺れにけり
 (かわもはゆ/きょぞうのいりひ/ゆれにけり) 

463 :明月記:2007/11/25(日) 08:23:48
腹減れば
  母親に添ふ
      子の作法・・・川柳気味。かしこ。
 (はらへれば/ははおやにそふ/このさほう)

464 :明月記:2007/11/25(日) 09:42:21
いけねえ、いけねえ。
463を句敲します。

 腹減れば/母に寄り添ふ/子の作法

母親じゃあ重い。母と子。睡眠不足だわ・・・。


465 :詠み人知らず:2007/11/25(日) 13:59:54

踏切りの貨車の途切れず北下し

466 :詠み人知らず:2007/11/25(日) 23:12:57
愛用の品にこだわる花八手

467 :詠み人知らず:2007/11/26(月) 08:06:09
466を訂正

愛用の品にこだはる花八手

468 :明月記:2007/11/26(月) 10:52:59
雪枕
  何処の人も
      死に給ふ
 (ゆきまくら/いずこのひとも/しにたまふ)

469 :明月記:2007/11/26(月) 10:55:20
降りて降る
  海への雪の
      運命かな
 (ふりてふる/うみへのゆきの/さだめかな)

470 :明月記:2007/11/26(月) 11:01:24
雪微塵
  白く生死を
      分かちたり
 (ゆきみじん/しろくしょうじを/わかちたり)


471 :明月記:2007/11/26(月) 11:11:17
淡雪の
  供養の椀の
      白磁かな
 (あわゆきの/くようのわんの/はくじかな)    


472 :明月記:2007/11/26(月) 12:41:23
掻巻きや
  浅き虫歯の
      疼く脈
 (かいまきや/あさきむしばの/うずくみゃく)

473 :明月記:2007/11/26(月) 12:47:26
蟷螂や
  蟋蟀の首
     三千個
 (とうろうや/こおろぎのくび/さんぜんこ)

474 :詠み人知らず:2007/11/26(月) 16:06:57

眼科医にわななく童耳袋

475 :詠み人知らず:2007/11/26(月) 20:16:55
寒椿膝を揃へて座りけり

476 :馬魚:2007/11/26(月) 23:43:37

推敲の一字決まらず波郷の忌
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=umauonohaiku
(お仲間募集中。最上部クリック下さい)

477 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 07:51:43

寒禽の距離は縮めず夕河原

478 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 12:23:56
袖摩れの刺子半纏冬の海

479 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 12:51:25
熱燗や節目艶めく床柱

480 :明月記:2007/11/28(水) 14:32:54
暁の
  一つに染まれり
        冬薔薇
 (あかときの/いつにそまれり/ふゆそうび) 

481 :明月記:2007/11/28(水) 14:46:03
雪曇る
  暗天紅葉
     吹雪かざり
 (ゆきぐもる/あんてんもみじ/ふぶかざり)

482 :明月記:2007/11/28(水) 14:54:31
柔き歩や
  落ち葉の八重の
        葛籠踏み
 (やわきほや/おちばのやえの/つづらふみ)

483 :明月記:2007/11/28(水) 15:00:42
陰陽画
  死は夜の雲の
        如き哉
 (ネガポジが/しはよのくもの/ごときかな)

484 :明月記:2007/11/28(水) 16:48:12
独狂や
  雪の木立の
      曼珠沙華
 (どっきょうや/ゆきのこだちの/まんじゅしゃげ)

485 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 16:52:33
踏むたびに歩幅膨らむ落葉かな

486 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 17:16:14
ずくずくの柿を熟柿と言いにけり

487 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 17:40:56
奥山に続く細道落ち葉の香

488 :詠み人知らず:2007/11/28(水) 23:47:21
ピンホールカメラそのまま竜の玉

489 :詠み人知らず:2007/11/29(木) 08:59:57

傘貼つて村に生涯ちやんちやんこ

490 :詠み人知らず:2007/11/29(木) 18:10:39
ビニールの中のビーナス暦売

491 :詠み人知らず:2007/11/29(木) 18:23:41
根深汁さらに熱めを啜りけり

492 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 08:22:10
冬麗のバイクの音の乾きけり

493 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 09:33:51
裏山の給水タンク冬ざるる

494 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 11:38:13
冬凪や根付の鈴の音ひとつ

495 :明月記:2007/11/30(金) 12:14:40
小春日の
   世は毛糸玉
       転がせよ
 (こはるびの/よはけいとだま/ころがせよ)

496 :明月記:2007/11/30(金) 12:18:47
冬に気の
   教えし我が身
        火を抱く
  (ふゆのきの/おしえしわがみ/ひをいだく)

497 :明月記:2007/11/30(金) 12:21:18
496・・・。
訂正します・・・。《冬の気の/教えし・・・・》かしこかしこ。



498 :明月記:2007/11/30(金) 12:26:17
昔日の
  母に林檎の
      笑み床し
 (せきじつの/ははにりんごの/えみゆかし)

499 :明月記:2007/11/30(金) 12:30:00
紅玉の
   冬の味する
        《つがる》かな
 (こうぎょくの/ふゆのあじする/《つがる》かな)

500 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 13:02:05
小春日やステップをするインド象

501 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 13:11:14
500訂正

小春日やステップを踏むインド象

502 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 14:03:39

寒星や水車激しき捩れ音

503 :明月記:2007/11/30(金) 14:27:42
落下傘
   冬空落ちて
        降りて踏む
 (らっかさん/ふゆぞらおちて/おりてふむ)

504 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 16:02:44
赤き月ふところに入れて暖を取る

505 :明月記:2007/11/30(金) 16:53:56
寒星の
   瞬き億夜
       尽くさざり
 (かんぼしの/またたきおくや/つくさざり)

506 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 17:27:37
寒天に半旗凍る冬の夜

507 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 17:29:32
水ぬるみ田から跳び出すかわずかな

508 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 20:10:14
ハイヒール響く地下街寒林檎

509 :詠み人知らず:2007/11/30(金) 20:38:38

五百句を超えて嬉しや寒月光

510 :明月記:2007/12/01(土) 08:22:18
寒勤行
   人の香気の
        溢れけり
(かんごんぎょう/ひとのこうきの/あふれけり)


511 :明月記:2007/12/01(土) 08:24:32
寒座にて
    瑠璃光仏の
         御弟子かな
 (かんざにて/るりこうぶつの/おでしかな)

512 :明月記:2007/12/01(土) 08:28:56
凍て滝や
    行者普く
        白衣心
 (いてだきや/ぎょうじゃあまねく/びゃくいしん)

513 :明月記:2007/12/01(土) 08:32:02
天頂に
   吸い寄せられて
          凧昇り
 (てんちょうに/すいよせられて/いかのぼり)

514 :明月記:2007/12/01(土) 10:47:38
人間の
   解答は多分
        冬瞳
 (にんげんの/こたえはたぶん/ふゆひとみ)
***主宰者様。500句集荷、御目出度とう御座います。
全部拝見致しまして、王牛王歩の如き日々の推句力、感嘆の思いを禁じ得ません。
 《墨附けの糸をぴしりと新松子》
別稿にて、縁者の関わりにて知りました此の句を見つけた時に。
鬼ごっこの気分でしたが、ああ、此処は本物なんだなと安心安堵を覚えました。
胡乱・狂句の蕃作で御座いますが、何卒、我儘の程御寛恕下さりませ。かしこ。

515 :明月記:2007/12/01(土) 11:30:49
散り際の
    彩は神なり
         紅葉尽
 (ちりぎわの/さいはかみなり/あかはじん)

516 :明月記:2007/12/01(土) 12:45:24
いにしえや
     北斗の撒きし
           天の河
 (いにしえや/ほくとのまきし/あまのがわ)

517 :明月記:2007/12/01(土) 12:47:49
乳の出ぬ
    蛙寝むるや
         雪三度
 (ちちのでぬ/かわずねむるや/ゆきさんど)

518 :明月記:2007/12/01(土) 15:40:35
天狼や
南渡の羽根の
         方位針
 (てんろうや/なんとのはねの/ほういしん) 

519 :詠み人知らず:2007/12/01(土) 16:52:58
天下の大罪ともども十二月

520 :詠み人知らず:2007/12/01(土) 16:54:23
水盤の日の銀色に十二月

521 :詠み人知らず:2007/12/01(土) 17:00:16
十二月三十朗の逆手斬り

522 :詠み人知らず:2007/12/01(土) 17:41:22
光陰は矢のごとくなりはや師走

523 :詠み人知らず:2007/12/02(日) 01:00:55

電飾の家の面影なき聖夜

524 :明月記:2007/12/02(日) 08:43:24
極月や重き二本のモンブラン(#149)
  (ごくづきや/おもきにほんの/モンブラン)

   忽ちに飾る小雪の灰神楽
   冬閑や勘弁ならぬ閻魔像
   地吹雪のやがて迫真塊を成し
   物草や締め切り伸ばす年賀状
   憧れる如き渡南の翼かな
   海鳥の靭き自生や吹雪灘
   雌雄二羽添ふて月光雪岬
   挿げ替える自我はあらめや去年今年
   日曜は寝坊が褒美冬布団
   好物を問えば答えず紙とペン・・・川柳気味。かしこ。
    

525 :明月記:2007/12/02(日) 08:47:38
白鳥は
   魂の異称か 
        雪の盆
 (しらとりは/こんのいしょうか/ゆきのぼん)

526 :詠み人知らず:2007/12/02(日) 09:35:14
変態の
長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)
とく死なん



527 :詠み人知らず:2007/12/02(日) 10:00:54
冬の日や鳩片足の路地を漕ぐ

528 :詠み人知らず:2007/12/02(日) 13:04:19
砂に柵埋まるるままに冬の浜

529 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 07:36:27
明け方にこの世発ちたる命かな

530 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 07:40:41
燐光にぼうと照らさる卒塔婆かな

531 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 07:42:11
風鈴の音に誘わるる赤とんぼ

532 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 07:49:44
湯治場の湯煙恋しバスクリン

533 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 08:04:13
雪深き三国峠の道しるべ

534 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 08:06:35
立ち上る湯気も旨しブリ大根

535 :明月記:2007/12/03(月) 12:18:14
オリオンの聳えしを愛で缶コ−ヒ−
  (オリオンの/そびえしをめで/かんコ−ヒ−)

     頼朝の馬上転げや雪三代
     実朝の切られし段や雪銀杏
     頼家の二十二年や雪牡丹
     日溜まりの海の響きや黄水仙
     冬晴れや赤き自転車磨かんか
     冬晴れや観音竹の常の青
     鯉の口驟り霰にふためきぬ
     《聖夜の薔薇》の問いにキスをして
     冬菊や《姫を思わば菊を見よ》
     冬猫の一度吾が戸を叩きたり
     《徒然》の理を首肯えり終い紅葉・・・かしこ。
     

536 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 12:42:51
オリオンや夜をあづかる守衛室

537 :明月記:2007/12/03(月) 12:46:22
走る子や
    手繕いする
         毛糸帽
 (はしるこや/てづくろいする/けいとぼう)

538 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 14:23:33
冬の雨香炉の灰を沈めけり

539 :詠み人知らず:2007/12/03(月) 22:18:25

熱燗や面子遊びの話へと

540 :詠み人知らず:2007/12/04(火) 01:56:33
今は障礙者週間らしいから、不具者にして変態の片輪者「長谷川櫂」
こと熊本県下のチョン部落出身の出来損ない「長谷川隆喜」のことを
話題にしてやって下さい。

541 :詠み人知らず:2007/12/04(火) 19:46:41
北の海渦巻き居座る低気圧

542 :詠み人知らず:2007/12/04(火) 19:48:14
丑三つにみぞれに変わる冬の雨

543 :詠み人知らず:2007/12/04(火) 19:58:54
青首を洗う手紅し冬の夕

544 :詠み人知らず:2007/12/04(火) 20:01:31
金閣にレンズ向けたり雪の朝

545 :詠み人知らず:2007/12/05(水) 14:15:30
みろく手の木目千年冬日射す

546 :詠み人知らず:2007/12/05(水) 17:48:28
冬麗の壁に日の斑の流れけり

547 :明月記:2007/12/06(木) 09:41:54
陽晒しの富士や真青に靡く雪
 (ひざらしの/ふじやまさおに/なびくゆき)

     義経やなどて蝦夷の雪の川
     範頼や勝ちて討たれし雪修繕
      赤富士や北斎吐きし血の一度
     堅雪のふと雪崩れけり富士美晴
     白富士や大和千古の拝を受け
     白富士の裾野千杜や霊水湧きつ
     寒月や清浄光の異名とも
     《雪月花》なお小面の夜寒かな
     小面の頬の冷たき夜寒かな
     《鮮明な自爆》を息す冬銀河・・・かしこ。

『物と化す』。最近の俳句は左様で御座いますか・・・。
含み・余韻・言上げせずの境地・・・。成る程ですこと・・・。
   この樹登らば鬼女ともならむ夕紅葉///作者忘失句。
 私は、この手の句涯でありますので・・・なんとも。かしこ。
     

548 :明月記:2007/12/06(木) 09:49:13
懸崖の
   自分自身や
        石蕗の花
 (けんがいの/じぶんじしんや/つわのはな)

549 :明月記:2007/12/06(木) 10:24:52
547句。推敲します。

陽晒しの富士や真青へ靡く雪

《真青に》だと、雪が浮かび上がらない・・・かな。
《真青へ》・・・。
例えば、西行の歌。
  風へ靡く富士の煙の空に消えて行方も知らぬ我が思い哉
《風へ/空に》と《風に/空へ》。こう謂うのを生涯《呟き鳥》してると。
耳が嬉しくなりますよね。くすくす。かしこ。

550 :明月記:2007/12/06(木) 12:53:11
主宰者様の宿題に御答えして。

×猫の踏む雪は熊野の誓紙かな
   →血にて書く熊野誓紙や雪の色(○/暫定)
×小春日の世は毛糸玉転がせよ
   →毛糸玉転がす小春若き母(○/暫定)
かしこ。

551 :詠み人知らず:2007/12/06(木) 16:07:01
塊を彼方に据えて虎落笛

552 :明月記:2007/12/06(木) 16:14:00
うううぅ。547*三句目。訂正します。御免なさい・・・。

 《範頼や/勝ちて討たれし/雪修善》

義経と範頼は、平家討伐の軍略上大活躍をします。
でも、頼朝に攻め滅ぼされる・・・源氏は殺す荒み星、哉。かしこ。


553 :詠み人知らず:2007/12/06(木) 18:04:55
息白く檻のうち外真向かはず

554 :詠み人知らず:2007/12/06(木) 18:23:09
煮詰めたるおでんの卵崩れざる

555 :詠み人知らず:2007/12/06(木) 18:30:41
554訂正

煮詰めたるおでんの玉子崩れざる

556 :明月記:2007/12/07(金) 17:38:52
天狼の海より生れり冬静寂
 (てんろうの/うみよりあれり/ふゆしじま)

     水明の黒瀬と成りし冬の峡
     咳幾度しても独りや寝屋炬燵
     冬麗の朝に映えり峰の霜
     寒星の海にひた入る遠静寂
     踏むと無き紅葉の霜の産毛かな
     月華過ぐ寒立つ鷺の一肢かな
     東京はイリュミナの街寒昴
     物狂ふ夢や言葉や冬句涯
     紫の式部の実をば撫でて居り・・・かしこ。

557 :明月記:2007/12/07(金) 17:42:24
霊峰の
   高靡び雪の 
        荒撫かな
 (れいほうの/たかなびゆきの/こうぶかな)

558 :詠み人知らず:2007/12/07(金) 22:24:09
煮凝や西へ闇引く貨車の音

559 :明月記:2007/12/08(土) 08:28:21
557を全否定します。

  霊峰の雪高々と荒れ靡き///明月記

先句の《高靡び雪》。これは、無理です。遣り過ぎの創り過ぎ。反省。
   《荒蕪》。これも俳句使用不可。漢詩の分類の語句。反省慙愧。
   多分に、第一感を掴み続ける私の悪癖が出ました。反省頻り乎。
かしこ。    

560 :明月記:2007/12/08(土) 09:49:47
545様。
 《みろく手の木目千年冬日射す》
この句は、大好きです。仏像として見ていながら千年の威徳を感じる風情。
 「みろく手」と一視を集めて「木目」、「千年」の音感に纏め上げる趣向。
加えまして。
 「冬日射す」の日常が重なりますと、千年の仏像と今の冬日が詩想上で
  千年+今の結び綾を成すのですね。御見事で御座います。かしこ。 

561 :明月記:2007/12/08(土) 10:13:16
降る雪や千手千眼薄き笑み
 (ふるゆきや/せんじゅせんがん/うすきえみ)

     降る雪や軍勝と謂ふ観世音
     降る雪や六道餓鬼の救い手と
     降る雪や御座磨かれし黒き檀
     降る雪や御手御眼の涙とて
     降る雪や千眼ひとつ目隠しす
     降る雪やバザラ・ダルマのキリク尊
     降る雪や千手宝具の玩具箱
     振る雪や赤き御顔の蓮華王
     降る雪や観世自在の異形尊
     《其処に居る》冬候て観一句・・・かしこ。

562 :明月記:2007/12/08(土) 13:26:47
灰瓏の
   水動きたり
        諏訪の湖
 (はいろうの/みずうごきたり/すわのうみ)

563 :詠み人知らず:2007/12/08(土) 14:22:30
熱ひかぬ鋸の刃先や開戦日

564 :明月記:2007/12/09(日) 10:52:34
永々し西日ぼっこや浦泊り
 (ながながし/にしびぼっこや/うらどまり)

     海端の宮杜縁起冬土用
     負ぶさるも背負うも笑顔冬着晴れ
     西浦の日向舫ひの眠り頃
     冬浦に集ふ縁者や舫ひ数
     名は丸で締めて冬凪船総ふ
     大旗の鯛のエラ振り日向凪
     夜通しの宴明かりや寒漁港
     朝凪や船眠る船霜薄衣
     寝屋雪や針滑りゆく置時計・・・かしこ。

565 :明月記:2007/12/09(日) 11:00:29
海明かり
    月明かりたり 
          夜雁行
 (うみあかり/つきあかりたり/やがんこう)

566 :明月記:2007/12/09(日) 16:59:11
562。推敲します。

 《寒瓏の/水動きたり/諏訪の湖》
  
               ・・・かしこ。


567 :詠み人知らず:2007/12/10(月) 12:02:05
ふぐ刺の伊万里の青を通しけり

568 :詠み人知らず:2007/12/10(月) 17:03:01
尾を引きて銀河をよぎる流れ星

569 :詠み人知らず:2007/12/10(月) 17:10:21
天狼の吐く息白き冬の空

570 :明月記:2007/12/13(木) 09:04:50
搏つ度に水輪の中や冬の鴨
 (うつたびに/みなわのなかや/ふゆのかも)

571 :明月記:2007/12/13(木) 09:29:35
558様。煮凝や西へ闇引く貨車の音
563様。熱ひかぬ鋸の刃先や開戦日
567様。ふぐ刺の伊万里の青を通しけり
  多分、同じ方だと推定して居りますが・・・等と等と。
「西へ闇引く」が、不気味ですね。煮凝り・闇・貨車・音。
「熱ひかぬ鋸の刃先」比喩として=開戦日なんですね。
          私は、この手の感覚が苦手です。参考様です。多謝感謝。
「伊万里」・・・くすくす。かしこ。



572 :明月記:2007/12/13(木) 10:04:23
《生涯の道草》繁し芭蕉翁
  (しょうがいの/みちくさしげし/ばしょうおう)
※芭蕉様語録に、《発句も生涯のみちの草》との一節がありました。
 う〜む〜洒脱と物狂いは、二重理解の達意かな。かしこ。


573 :明月記:2007/12/13(木) 12:03:38
寒鮒や落葉尽くしの雨やまず
(かんぶなや/おちばづくしの/あめやまず)

※一文字を千観としつ句詠涯・・・狂句。かしこ。


574 :詠み人知らず:2007/12/14(金) 00:54:20
橋を越え車窓一変討ち入り日

575 :明月記:2007/12/15(土) 08:26:18
遠富士や真白にぞ影冬時刻
  (とおふじや/ましろにぞかげ/ふゆじこく)

576 :明月記:2007/12/15(土) 10:27:28
明か星やつぎ穂暫らく枯野星
  (あかぼしや/つぎほしばらく/かれのぼし)

577 :後衛ですが:2007/12/16(日) 00:26:35


  >>420短日の浜に流木積まれけり
  >>489傘貼つて村に生涯ちやんちやんこ 
  >>547義経やなどて蝦夷の雪の川
  >>553息白く檻のうち外真向かはず 
  >>567ふぐ刺の伊万里の青を通しけり
           などなど佳品かなあと
無季ということでは
  >>529明け方にこの世発ちたる命かな


かたぶいて午後とひかりと過去と秋

活き童女活き鯖しめ鯖しめ童女

ぼろ市や吉良善政をいふ人も

冬陽さし破(や)れにしたしき築地塀

枝枯葉枯葉枝枝木守柿


578 :明月記:2007/12/16(日) 08:45:27
寒柝や虫歯の奥の隠れ味
  (かんたくや/むしばのおくの/かくれあじ)

574様。《橋を越え》の句。活劇の一場面みたい。「橋」も意味深だし
討ち入り日だし・・・千両調子の感哉。でも、本当にこの手のは達人ですよね。

後衛ですが様。《ぼろ市や》の句。柔らかくて一筆書きで・・・是こそ佳品哉。

579 :明月記:2007/12/16(日) 12:22:41
みじんこも宙に放らば息白し
  (みじんこも/ちゅうにほうらば/いきしろし)・・・《戯れ句》です。

かしこ。


580 :詠み人知らず:2007/12/17(月) 00:41:16
風に胸あづけるままに冬鴎

581 :明月記:2007/12/17(月) 16:14:19
冬欠伸猫応えある真似語かな
  (ふゆあくび/ねここたえある/まねごかな)

本稿で、相当褒められました。やっぱり、嬉しいものですよね。
のんの日向ぼっこのぼんやりの近目暈けの句涯(?)なものだから・・・。
少々の無理無体を自爆しないと、《銀河態》致しません・・・。戯れ書き。

580様。うふふふふ。私が昔昔昔に作りました、歌曲に。ほぼ同じ詞が
御座います。二番目なんですが・・・書き子。

  鴎達は 飛び立とうと
  風の力 胸に満たす・・・(以下略)

詩歌の阿頼耶(根源的無意識)は、等しかるべき哉。
でも、《永遠を微量に含む》一句・・・素敵ですね。

582 :詠み人知らず:2007/12/17(月) 17:20:20
ざらさらの地肌を割と寒卵

583 :詠み人知らず:2007/12/18(火) 21:30:43
冬日差す一草庵の畳の目


584 :詠み人知らず:2007/12/19(水) 13:51:41
タクシーの尾灯の列や年の暮

585 :詠み人知らず:2007/12/20(木) 13:54:48
軒内に沖の浪きく水仙花

586 :明月記:2007/12/21(金) 11:13:11
猪のずどん駈け上ぐ冬の山
  (いのししの/ずどんかけあぐ/ふゆのやま)
    吠えり吠え牡丹囲みぬ冬真青
       雪上げて大逃げせしが赤牡丹
    荷子大き猪に取られし深雪哉
       牡丹焚く逃げしが彼が戦かな
    まなこ尻雪幾つかや牡丹焚く


587 :明月記:2007/12/21(金) 12:09:57
雪に出づる阿国の足袋や綾子舞
  (ゆきにいづる/あこくのたびや/あやこまい)

588 :明月記:2007/12/21(金) 12:27:36
最近、長谷川櫂著『俳句的生活』(中央公論新書)という本を、
暇勝手らに流し読みしてます。
この人、読売新聞の記者生活が長いらしく、
いろいろな方面から俳句の実作に即した書き振りしてて。
とても、面白いし参考に為る。
一句書き出すと。

   億万の春塵となり大仏///櫂

アフガニスタンの
バ−ミヤン石窟の大仏が、テロ爆破された時の実作。
諸行無常で、
如何にも相応しい大仏の開花ではないか・・・云々。
成る程。とか。
俳句万歳人生らしく、中々詠ませる『現在もの』です。
もし宜しかったら、御読み下さりませ。
かしこ。

589 :明月記:2007/12/22(土) 11:01:42
一言の「やったぁ〜!!」が万事冬おさな
  (ひとことの/「やったぁ〜!!」がばんじ/ふゆおさな)

590 :明月記:2007/12/22(土) 11:06:45
雪嶽の
   南面左
      大瀑布
  (ゆきだけの/なんめんひだり/おおばくふ)

591 :明月記:2007/12/22(土) 11:22:21
老い鴉
   川面温石
       譲らざり
  (おいがらす/かわもおんじゃく/ゆずらざり)

592 :明月記:2007/12/22(土) 14:54:42
590。推敲します。
 
 雪嶽の
    南面左
       虚空莫々
 (ゆきだけの/なんめんひだり/そらばくばく)

593 :詠み人知らず:2007/12/22(土) 20:54:22
雨音や追い炊きかける冬至風呂

594 :後衛ですが:2007/12/22(土) 21:08:59

柚子孤影色を沈めてリトグラフ


595 :詠み人知らず:2007/12/23(日) 00:41:32
雨音と 居間に聞こゆる 皿洗い

596 :詠み人知らず:2007/12/23(日) 00:43:27
雨音が 居間に響いて 水仕事

597 :明月記:2007/12/23(日) 12:41:08
手鏡は
   自分映さず
        冬の海
  (てかがみは/じぶんうつさず/ふゆのうみ)

583様。《冬日差す一草庵の畳の目》。
これ、好きですね。「畳の目」。私の脳細胞は、擽られませんが。
肌理の細やかな句涯の方には、詠み込めるんだなって。一心地・・・。

593・595・596様。《・・・・・・》・・・以下略。
どーかされましたか?
特に、595/596が呼応し合って。
御皿仕事の水仕事が、ガチャガチャガチャガチャ聞こえてきますけど。
593も、尋常ならざる気配が・・・(自棄気味な)。「追い焚き掛ける」。
でも、三句とも実感十分に込み!!!ですよね。
感情的なシラブルが濃厚で・・・。

  冷静な指が弾ける一息の
        ショパンは同じ違う冬かな・・・くすくす。

後衛ですが様。
《柚子孤影色を沈めてリトグラフ》。
御見事ってもんでしょう!!!。「孤影」が少うし、不協和音っぽいけど。
いやいや、独自陰影の感哉。

かしこ。

598 :詠み人知らず:2007/12/24(月) 17:13:03
暖房を握つて動く始発かな

599 :詠み人知らず:2007/12/25(火) 12:45:29
星型のクリーム搾る聖誕祭

600 :詠み人知らず:2007/12/25(火) 20:01:42
寒空に齢五十の無職かな

601 :詠み人知らず:2007/12/25(火) 20:32:27
赤色が
いつのまにか
白色に


602 :詠み人知らず:2007/12/25(火) 22:31:23
聖樹より離るる夜間飛行の灯

603 :詠み人知らず:2007/12/26(水) 01:22:20
聖誕祭トングで挟む鳥のもも

604 :詠み人知らず:2007/12/26(水) 14:48:36
新海苔

605 :詠み人知らず:2007/12/26(水) 15:00:04
べか舟に新海苔の香を満載す

606 :詠み人知らず:2007/12/26(水) 16:04:13
出金の指紋認証年の暮

607 :詠み人知らず:2007/12/26(水) 18:51:45
枯蓮の風の形に漬かりけり

608 :詠み人知らず:2007/12/27(木) 12:52:32
数え日や電子レンジに回る皿

609 :詠み人知らず:2007/12/28(金) 19:14:38
氷上のジャンプ・スピン・スパイラル

610 :詠み人知らず:2007/12/28(金) 22:34:35
唐臼の土突く音や冬銀河

611 :question:2007/12/29(土) 01:06:23
cq

612 :詠み人知らず:2007/12/29(土) 10:43:56
年の瀬のネオンが滲む水溜り

613 :詠み人知らず:2007/12/29(土) 11:46:27
息白くミルクの膜をたたみけり

614 ::2007/12/29(土) 18:49:31

年の瀬やネオン気付かず過ぎにけり

抱え字に挑戦。

615 :詠み人知らず:2007/12/29(土) 18:51:44
丑の刻さざめき通る初詣

616 ::2007/12/29(土) 19:50:23
614
失敗でした(^^ゞ 訂正します。

年の瀬やネオンは知らず過ぎにけり


617 ::2007/12/30(日) 11:19:36
来年も
炬燵布団で
寝正月

618 ::2007/12/30(日) 11:29:00
ねんねこに
くるまる寝顔
すやすやと

619 :詠み人知らず:2007/12/30(日) 11:56:37
クリオネの手とも羽とも月隠

620 :詠み人知らず:2007/12/31(月) 18:48:26
除夜の鐘浮世の皺を突き伸ばす

621 :詠み人知らず:2007/12/31(月) 19:08:03
去年今年ポットに水を継ぎ足しぬ

622 :後衛ですが:2007/12/31(月) 21:53:40

コンビには避けて菓子舗で鏡餅

第九よりやっぱマーラー黄金虫

セーラー服ぬがせてにわか巫女衣裳

       #どうぞよいお歳を!

623 :詠み人知らず:2008/01/01(火) 08:08:52
新年に新たな願い念じけり

624 :詠み人知らず:2008/01/01(火) 08:14:41
元旦の白き景色の美しや

625 :詠み人知らず:2008/01/01(火) 17:09:23
人型に余さず容れる初日かな

626 :詠み人知らず:2008/01/02(水) 18:04:01
靴箆に踵滑らす二日かな

627 :詠み人知らず:2008/01/03(木) 11:40:59
併走のヘリの音近き三日かな

628 :詠み人知らず:2008/01/04(金) 23:36:20
命日のひとつ増えたる四日かな

629 :詠み人知らず:2008/01/05(土) 12:20:54
あやかりし知らぬ子の引く奴凧

630 :後衛ですが:2008/01/05(土) 16:40:10

裸身にも淑気そのひとほのかなる

631 :詠み人知らず:2008/01/05(土) 18:07:22
返却のポストへ落とす五日かな

632 :詠み人知らず:2008/01/06(日) 17:23:22
辻道の日にまろぎたる福詣

633 :詠み人知らず:2008/01/07(月) 17:33:57
たつ湯気に七草粥のうすみどり

634 :詠み人知らず:2008/01/08(火) 21:50:32
寒雀こぼす関東ローム層

635 :詠み人知らず:2008/01/08(火) 22:29:58
崩す膝隠すミンクの毛皮かな

636 :詠み人知らず:2008/01/09(水) 19:00:29
風花や川砂まじる蔵の壁

637 :詠み人知らず:2008/01/10(木) 18:12:59
海光の中に波あり寒牡丹

638 :詠み人知らず:2008/01/11(金) 22:49:01
枯芝や緊急ヘリの着地点

639 :詠み人知らず:2008/01/14(月) 22:52:27
海上の闇懐へどんどの火

640 :詠み人知らず:2008/01/15(火) 22:01:17
水照りのビニールハウス冬木立

641 :詠み人知らず:2008/01/17(木) 01:26:49
一月のベンチに今日を始めけり

642 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 10:35:23
湯婆や片耳に聴く深夜便

643 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:00:41
手袋が殊に愛しい冬買い物

644 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:02:10
百雷の海にとどろと鰤起し

645 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:04:21
満つ過ぎし月華凛乎の詠心

646 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:05:27
女滝男滝とや冬御籤

647 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:10:54
冬の滝落ちて蒼気を放ちけり

648 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:12:50
覚束な朔月の夜の時雨けり

649 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 15:13:42
猫の来て少し煙たい日向ぼこ

650 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 17:21:35
粉雪を受けてあらはに谷戸の木々

651 :詠み人知らず:2008/01/19(土) 20:44:10
大寒や斜めに茎を切り浸す

652 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:31:26
暁闇や六時不動の凍え鐘

653 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:33:19
薄氷を踏みしが鷺の日夜かな

654 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:33:56
五位鷺のはたと大きな冬の鳥

655 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:35:02
青空に冬風はあり日向ぼこ

656 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:37:11
枯れ菊の褪せしが果ての色や玄

657 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:38:37
届かない切なさ見せて冬の凧

658 :詠み人知らず:2008/01/20(日) 10:40:22
色蝶の川面温きか惑ろいぬ

659 :魅っちゃん:2008/01/20(日) 14:34:38
緋の鯉の黒と纏わる初餌撒き

660 :詠み人知らず:2008/01/24(木) 12:04:16
初雪や犬よろこびし足の跡

661 :詠み人知らず:2008/01/25(金) 23:21:09
長谷川櫂=長谷川隆喜を詠めり――、
恥かき散らし 今日も死なぬか ド変態
右翼なら 抹殺してくれ 長谷川チョンを
鳴かずとも 叩き殺せよ 長谷川めを
熊本県 化け物の産地か 長谷川を出し
長谷川に 遣るな年金 無駄になる
棍棒で 脳天割られよ 長谷川チョン
変態の 正体見たり 長谷川櫂
畜生に 劣る異常者 長谷川櫂
変態の 長谷川櫂(長谷川隆喜)は 色情狂

長谷川は万人周知の通りの愚鈍無比な田舎者だ。
国家試験は全て落第するし、口を開けばその都度
徹底した無知無教養ぶりをさらけ出して恥をかき散らして居る。
女の腐ったような陰険で臆病な変質者であることも皆が知っている。
こんな性格異常者になってしまったのも、病弱な肥満児で奇怪な外見を
して居た為に劣等感に苛まれ続けたせいかと推測される。 
少しは同情してやってもよいのでは無いだろうか。
頭も禿げ上がって余生も残り少ないのだから

662 :詠み人知らず:2008/01/26(土) 14:27:02
蘖やころころひかる谷戸の水

663 :詠み人知らず:2008/01/27(日) 23:11:48
冬の陽や小さき命静かなり

664 :詠み人知らず:2008/01/29(火) 14:24:49
側溝の薄き流れや探梅行

665 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:09:29
寒の水皿を洗ふも修行なり

666 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:11:04
熟し柿甘垂るる軒冬日澄む

667 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:12:31
霜柱踏む度に夜の固くなる

668 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:13:15
春襲蝶に結べば解けない

669 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:14:28
跳ね馬のたて髪の湯気雪欅

670 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:48:15
冬帝や幾つ着膨れしても良し

671 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:51:30
水茎の枯れ葦原や廃れ舟

672 :魅っちゃん:2008/01/30(水) 15:52:41
大寒やこの三七日の厳しさよ

673 :詠み人知らず:2008/02/01(金) 14:44:19
ジェット機の空気剥ぎ行く冬の空

674 :詠み人知らず:2008/02/01(金) 15:37:58
卒寿なる母につきあふ薬喰

675 :後衛ですが:2008/02/03(日) 14:22:58

春節のしばし近代非近代

676 :詠み人知らず:2008/02/05(火) 23:11:12
菜の花や素足のままのマリア像

677 :詠み人知らず:2008/02/07(木) 23:14:24
黒ニスの杉戸の小屋や草萌ゆる

678 :詠み人知らず:2008/02/08(金) 01:14:29
薄汚い 長谷川櫂め 早く死ね
蛆虫に 劣る化け物 長谷川櫂
鳴かずとも 叩き殺せよ 長谷川めを
熊本県 化け物の産地か 長谷川を出し
長谷川に 遣るな年金 無駄になる
棍棒で 脳天割られよ 長谷川チョン
変態の 正体見たり 長谷川櫂
畜生に 劣る異常者 長谷川櫂
変態の 長谷川櫂(長谷川隆喜)は 色情狂

長谷川は万人周知の通りの愚鈍無比な田舎者だ。
国家試験は全て落第するし、口を開けばその都度
徹底した無知無教養ぶりをさらけ出して恥をかき散らして居る。
女の腐ったような陰険で臆病な変質者であることも皆が知っている。
こんな性格異常者になってしまったのも、病弱な肥満児で奇怪な外見を
して居た為に劣等感に苛まれ続けたせいかと推測される。 
少しは同情してやってもよいのでは無いだろうか。
頭も禿げ上がって余生も残り少ないのだから
尤も生きる価値もない異常者だという主張は真実なのだが・・・

679 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 11:44:19
大氷柱硬き真青を閉じ込めり

680 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 11:45:03
大氷柱ダモクレス王剣見ん

681 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 11:45:50
ひとつきり冬の林檎を放る空

682 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 11:47:44
天上の食物を請ひ淡雪か

683 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 11:48:39
淡雪や胸熱き妹求め請ふ

684 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 11:49:43
清からむ淡雪妹に掬いたり

685 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 14:49:46
淡雪や死に往く妹の求めなり

686 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 14:50:45
天上の淡雪の椀妹に捧ぐ

687 :魅っちゃん:2008/02/10(日) 15:02:57
春の野の枕辺に降れ淡き雪

688 :詠み人知らず:2008/02/11(月) 03:08:49
綿雪の朝優曇華の手向哉

689 :詠み人知らず:2008/02/11(月) 03:14:21
妹が口湿らす雪を散華かな

690 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:19:48
夜中3:00に有難う・・・。宮沢賢治のかの絶唱です。

淡雪や庇峰さす大方丈

691 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:21:01
方丈に真新らし琵琶雪の果て

692 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:21:48
白描の白衣観音雪の果て

693 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:22:34
方丈の黒き艶板雪の果て

694 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:23:56
浮かびなば朧敷くもの春の月

695 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:24:46
春朧紫人の夜となる

696 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 10:25:59
方丈や終日雪の果てとなり

697 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 11:07:13
淡雪や応仁の乱語る寺

698 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 11:09:06
信長の焼かれし石碑雪の果て

699 :魅っちゃん:2008/02/11(月) 14:21:59
大方丈過日陣たり雪の果て

700 :詠み人知らず:2008/02/11(月) 19:03:58
軒下の青空を得てつるし雛

701 :詠み人知らず:2008/02/12(火) 14:02:08
梅の香の流れにまかせ集ひけり

702 :詠み人知らず:2008/02/12(火) 15:27:56
きつかけは一陣の風草萌ゆる

703 :詠み人知らず:2008/02/12(火) 19:40:31
山焼きの炎しづかに捲れ立つ

704 :詠み人知らず:2008/02/13(水) 21:22:37
飴切りの打ち切る音や梅三分

705 ::2008/02/14(木) 09:52:34
>>714うまいなぁ


706 ::2008/02/14(木) 23:57:21

>>704の間違い

707 :詠み人知らず:2008/02/15(金) 01:38:04
朧さんありがとう。鎌倉の小町通りの切り飴屋さんです。
母屋のみつこさんの句をみたら連想で思いだしました。



708 ::2008/02/15(金) 03:05:27
>>707金太郎飴状の長い飴棒を、老舗の飴屋さんが、小気味良いリズムを刻みながら、菜切り庖丁で仕上げている。
下に敷いてある板は、柳か杉の柔らかい木材で音もまろやか。
老舗の暖簾の外の梅は春まだ浅い三分咲き…ニクイ…短篇ドラマかドキュメンタリーみたいです。

709 :詠み人知らず:2008/02/15(金) 06:04:01
異常者の 長谷川隆喜 鬱で死ね!
色気違い 長谷川櫂は ド変態

変質者にして低能の化け物、長谷川櫂について語る人達が多いな。
あんな臆病卑劣なクズを相手にする人なんか存在しないんだけどね!
どうやら長谷川隆喜というのが本名らしいな。
アイツの愚鈍さ田舎臭さと言えば噴飯物で、皆の嗤いものになってたぞ!
「女の腐った」というよりも更にお粗末なブヨブヨの肥満児だったとか。

710 :詠み人知らず:2008/02/17(日) 18:16:01
紅梅の枝に加へる笑窪かな

711 :詠み人知らず:2008/02/18(月) 22:13:09
銀輪の連ねて滑る春の坂

712 :詠み人知らず:2008/02/19(火) 20:03:50
長八の鏝絵の襞や風光る

713 :詠み人知らず:2008/02/20(水) 05:30:12
色気違い
長谷川櫂は
ド変態

変質者にして低能の化け物、長谷川櫂について語る人達が多いな。
あんな臆病卑劣なクズを相手にする人なんか存在しないんだけどね!
どうやら長谷川隆喜というのが本名らしいな。
アイツの愚鈍さ田舎臭さと言えば噴飯物で、皆の嗤いものになってたぞ!
「女の腐った」というよりも更にお粗末なブヨブヨの肥満児だったとか。
あんな化け物は一刻も早く叩き殺してやるのが義にかなった振る舞いだ
と言えるだろう!!!!!

714 :詠み人知らず:2008/02/21(木) 14:49:05
長谷川のパラノが孤独喚いてる
長谷川の縁が深くて外れない
長谷川のそんなに好きな悪雑言
長谷川の執着至極愛なのね
長谷川の三日三晩を気にしてる

追加公認/オマケ
  長谷川のノルマは急に止まらない   パラノ坊やへ

長谷川の全てが嫌いだから好き
長谷川の彼が私の全てです
長谷川の全裸を知っている私
長谷川のああ!!長谷川の馬鹿愛してる   パラノ君へ


715 :詠み人知らず:2008/02/22(金) 10:36:59
変態の長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は死んだも同然の存在ではないか!
知能は徹底して低く、口を開けば無知無教養の限りをさらけ出すしか能が無く
グロテスク極まりない醜怪な外見で、卑しい根性を剥き出しにしながら
一体なんの為に生きているのか?
一日も早く北鮮へ強制送還されて餓死し果てるように!!!

716 :詠み人知らず:2008/02/23(土) 00:12:44
木の芽風クロワッサンをちぎりけり

717 :魅っちゃん:2008/02/23(土) 08:55:36
探梅や不動の岡を上りたり

718 :魅っちゃん:2008/02/23(土) 08:57:00
水温む多くの鳥の喉易し

719 :魅っちゃん:2008/02/23(土) 08:59:14
梵鐘を撞く曙や紅の梅

720 :魅っちゃん:2008/02/23(土) 09:02:07
花粉にて一度臥し寝む春良夜

721 :魅っちゃん:2008/02/23(土) 09:04:07
菜の花や幾度カモメの沖を指す

722 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 14:45:35
春嵐地は塵芥と識る奔馬

723 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 14:47:04
春嵐六塵滅ぶ風大乎

724 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 14:48:11
春嵐雨水以前を仕度せし

725 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 14:49:53
春嵐八街の頃ゴ−グルす

726 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 14:50:54
春嵐大陸よりも此処の砂塵

727 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 14:51:58
春嵐はっきり云って大好きです

728 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 16:04:34
春嵐雪おさおさと戻り来ぬ

729 :魅っちゃん:2008/02/24(日) 16:05:22
春嵐如月尽の程無きも

730 :詠み人知らず:2008/02/24(日) 21:18:05
荒彫りの天女の衣春北風

731 :魅っちゃん:2008/02/25(月) 11:41:13
春嵐十四階に蝶が居り

732 :魅っちゃん:2008/02/25(月) 11:43:42
春嵐野火立てば彼巨人(おおと)かも

733 :魅っちゃん:2008/02/25(月) 12:07:49
春嵐やいとど透き交ふ大河あり

734 :詠み人知らず:2008/03/01(土) 23:21:03
波音にあづけ白子の天日干

735 :詠み人知らず:2008/03/02(日) 19:10:28
毛氈の緋色に遊ぶ芥子雛

736 :詠み人知らず:2008/03/03(月) 08:39:30
根開きの土黒々と風光る

737 :詠み人知らず:2008/03/03(月) 17:26:18
靴揃ふ黄塵万丈赤信号

738 :詠み人知らず:2008/03/05(水) 23:05:09
ふらここや空に吸ひ付く処まで

739 :詠み人知らず:2008/03/06(木) 00:12:56
硝子戸に移転の略図春の星

740 :詠み人知らず:2008/03/06(木) 02:53:58
春の夢雲に掛けたる長梯子

741 :詠み人知らず:2008/03/07(金) 21:02:02
春星や波の音引く深夜便

742 :詠み人知らず:2008/03/08(土) 16:34:01
色気違い 長谷川チョンを 処刑せよ

殴るなら 長谷川チョンの 禿げ頭

年金を 絶対にくれてやるなよ チョン風情に

鳴こうとも 叩き殺せよ 長谷川を

讀賣新聞社の元社員の長谷川櫂とか長谷川隆喜とかいう下賤な山出し!

とにかく変質者の長谷川櫂、本名「長谷川隆喜」の如き
忌まわしい化け物に今でも俳句欄を書かせているような
新聞だから、信用するに値しない。
この長谷川は未成年に対する猥褻行為や毒物混入沙汰を
起こして讀賣を解雇された変態だという専らの噂なのに。
こういう女の腐った様な異常者を雇用して恥じないのが
讀賣新聞社の特徴だな。
どうやら長谷川が熊本県下のチョン部落出身者だと判明した時から
コイツに何も言えなくなってしまったようだ。


743 :詠み人知らず:2008/03/09(日) 11:32:07
たきこめし華の小袖をまらせうず

744 :後衛ですが:2008/03/14(金) 12:53:10

白酒や童女ながらのみだれよう

啓蟄の脊椎嫩き跳ねぐあい

一浪に二浪にむごい沈丁花

あわただしき黒子みごとに道成寺

とせうけは駒形あたりゆりかもめ


745 :詠み人知らず:2008/03/14(金) 15:08:49
錆の浮くトタンの屋根の春の雨

746 :詠み人知らず:2008/03/14(金) 21:08:03
春愁や
ロダン百体
二百体

747 :詠み人知らず:2008/03/14(金) 21:09:31
花見酒
秀吉の首
三百個

748 :詠み人知らず:2008/03/14(金) 22:19:13
見渡すも一面の霧草千里

749 :詠み人知らず:2008/03/15(土) 21:16:25
振り返るニート人生三十年

750 :詠み人知らず:2008/03/23(日) 20:17:53
雨垂れに目覚むる春の夜明かな

751 :詠み人知らず:2008/03/25(火) 23:25:30
しら梅に明る夜ばかりとなりにけり 蕪村
隅々まで心行き届けば、十七文字にして緊張を保ちつつ、無限の空間を現出し得ることを知らしめる句。
いにしへの人こそ友とはすべけれ。

752 :詠み人知らず:2008/03/28(金) 19:37:41
湧き出づる水は水脱ぐ花の昼

753 :詠み人知らず:2008/03/28(金) 21:23:07
枝先はほころぶままに花の雨

754 :詠み人知らず:2008/03/28(金) 23:42:46
753を修正

ひと枝のほころぶままに花の雨

755 :詠み人知らず:2008/03/29(土) 01:07:22

間引かるる命なりしを花の雨

756 :詠み人知らず:2008/03/30(日) 17:24:14
立て膝の西行像や遠霞

757 :詠み人知らず:2008/04/01(火) 01:35:37
幼稚な単細胞の長谷川櫂が死んだという話は事実ですか?
とすれば大変に目出度いことですね。
あの賤しい田舎者は、ふたおや共稼ぎの貧家に育って
姿形が醜いために他人を中傷したり、陰口ばかり叩いて
誰からも嫌われていましたから!

758 :後衛ですが:2008/04/02(水) 00:45:12

着ぶくれを脱して乙女さびにけり

清明の唾液光ってサクソフォン

シチリアは早春ながらいわし雲

すさまじき網代の春になりました

ひるさがり落花も混じり童女拓

アパラチア山地に春はまだですか



759 :詠み人知らず:2008/04/04(金) 01:31:35
天蓋の花のドームの真中かな

760 :詠み人知らず:2008/04/05(土) 23:39:43
風筋に消ゆる落花となりにけり

761 :詠み人知らず:2008/04/07(月) 00:56:07
麗かや介護の犬の寄り伏せり

762 :馬魚:2008/04/08(火) 00:46:58
私が立ち上げた「俳句草庵」に久し振りに訪れたら、宣伝の度が過ぎたのか「危険サイト」に指定されていてびっくりしました(^^ゞ
真面目な俳句探求の場です(^^

763 :馬魚:2008/04/08(火) 08:10:30

ふらここの天地反転合格す

この合格、殆んどの歳時記は季語としていません。しかし中にはあるようで、
歳時記の乱れが気になりますね(^^

764 :馬魚:2008/04/09(水) 01:34:17

鷹化して鳩亀の甲羅の百二百

765 :詠み人知らず:2008/04/09(水) 05:53:19
愚鈍なる 田舎者の 長谷川め
早く死して 屍を喰われろ

「変質者の長谷川櫂=長谷川隆喜が一日も早く叩き殺されて
変死しますように!」と祈る人々が(家族・縁者を含めて)実に大勢
いると聞いている。
讀賣新聞社でも、「こんな変態を雇っていたとは当社の恥だ」という声が
しきりとか。
臆病者の本人は自殺する勇気など片鱗も持ち合わせないから、
誰か心ある人が一思いに撲殺してやるとイイだろう!
もっとも手が穢れるから嫌がる御仁も多いことだろうが・・・

766 :詠み人知らず:2008/04/12(土) 11:01:14
変質者の長谷川櫂=長谷川隆喜なぞに「俳句欄」を書かせている限り
讀賣は天下の笑い物でしかナイ!
低能愚鈍で臆病卑劣な山出しの長谷川を、正式に処分も出来なかったのだから。
その体質たるや推して知るべしである。
この長谷川は熊本県下のチョン部落の出身で、ねじ歪んだ根性の持ち主として
悪名高いというではないか。

767 :詠み人知らず:2008/04/13(日) 00:22:12
オルガンの音押し開く花曇り

768 :詠み人知らず:2008/04/13(日) 01:30:56
767 を修正

養花天鍵盤深く止めけり

769 :馬魚:2008/04/13(日) 06:59:38

眠る子に時々触れて花の宴

770 :馬魚:2008/04/13(日) 19:57:03

泳ぐもの花の屑から貌を出す


771 :詠み人知らず:2008/04/13(日) 22:20:35
桜蘂降る舞殿の静かな

772 :詠み人知らず:2008/04/13(日) 23:17:27
鳥雲に信州真田陣太鼓

773 :詠み人知らず:2008/04/14(月) 01:30:15

桜蕊降りて目立たぬ木に戻る

ここから俳号馬魚を消します。
ヤフーから「馬魚」検索で辿り着きます。
言葉の持つ深い味わいを仲間の皆さんと求め続けている俳句サイトです。

774 :詠み人知らず:2008/04/16(水) 17:28:01
リンパ線少し熱もつ朧かな

775 :詠み人知らず:2008/04/16(水) 20:51:58
風門より風池に抜ける花筏

776 :詠み人知らず:2008/04/17(木) 00:20:11
変態性欲者の「長谷川櫂=長谷川隆喜」
子供の頃から劣等感の塊で、他人を中傷することしか知らぬ
無下の田舎者、肥満児のうえ歯列矯正に失敗した化け物ヅラ、
臆病無比の下賤なウジ虫、生きる価値無き変質者、カネに汚いケチな
朝鮮部落民、無知無教養でおぞましい業病患者、何一つ取り柄のない
クズのクズ、下の下、子供からさえ侮蔑されて恥じない卑屈、醜怪極まりない
痴呆同然の出来損ない! 
こやつめが一刻も早く叩き殺されることを冀う人は多い筈だ!


777 :詠み人知らず:2008/04/17(木) 07:12:41
偏愛に果てはありけりアスペルガー

778 :詠み人知らず:2008/04/19(土) 08:56:30
茎立や大きく外すヘッディング

779 :詠み人知らず:2008/04/19(土) 20:28:40

春愁や釣の帽子の深被り

780 :詠み人知らず:2008/04/19(土) 23:18:40
春愁やのりしろ点に添つて抜く

781 :詠み人知らず:2008/04/19(土) 23:33:14
780を訂正

春愁や点線ののりしろを抜く



782 :詠み人知らず:2008/04/20(日) 11:33:34

再議決十円程で春の果

今造っている道路や整備費は必要不可欠。
一方道路族の遊びの金はバッサリで、
ガソリン税十円ぐらいの復活でどうですか。

783 :詠み人知らず:2008/04/20(日) 18:07:21
一般財源にいれ、総合的な評価して使うべきだ。

俺の金誰もがほしいやらんぞよ


784 :詠み人知らず:2008/04/21(月) 01:34:35
たこ焼きのソースおたふく春の月

785 :詠み人知らず:2008/04/21(月) 08:41:05

春光や神鶏群のととのはず

786 :詠み人知らず:2008/04/21(月) 13:18:57
784を修正

たこ焼きのおたふくソース夜半の春




787 :詠み人知らず:2008/04/21(月) 19:18:06
熊本県下のチョン長谷川櫂(長谷川隆喜)について-----
東海大は学生よりも教師の方が程度が低いらしいぞ。
もと讀賣新聞に雇われていた「長谷川櫂=長谷川隆喜」とかいう変態が
国語か何かを「教えている」そうだからな。
この長谷川は熊本県下の朝鮮人部落の出で、劣等感の塊りのせいか
子供の頃から他人を誹謗中傷しては陥れてばかり居たという札付きだ。
未成年に対する猥褻行為その他の不法な真似をした為に新聞社を解雇されたとか。
こんな性格異常の変質者を教員として在籍させている東海大学とは、矢張り
最底辺の学校だとしか言えないだろう!

その上この長谷川は、大学時代に能楽を観に行って演目の「熊野」のことを
「クマノて何ですか?」などと人に聞いて嗤いモノに成っていた超低能だ!
それが国語の教員をやって居るとは、我が国の”大学”も地に落ちたものだな!

788 :詠み人知らず:2008/04/22(火) 04:31:28
色気出し 変態むき出し 長谷川櫂

蛆虫に 劣る変態長谷川櫂 かかる下賤に 生きる価値無し

一日も早く叩き殺してしまえーっ!
あの去勢豚めを

789 :詠み人知らず:2008/04/23(水) 05:35:27
変態の自称俳句詠みのチョン「長谷川櫂」こと「長谷川隆喜」も
即刻、死刑に処されるべき蛆虫以下のクズでしかない!!!!!!
一刻も早く讀賣の変質者、長谷川を地上から抹殺するのが社会正義というものだ!!
「世の中の癌」と呼ぶべき害悪そのものといった存在だからナ!
性、陰険にして、落書きや毒物混入、陰での誹謗中傷などが何より得意な下賤なヤツだ。

790 :詠み人知らず:2008/04/23(水) 08:12:02
グロテスクな禿頭の人三化七どころか人無化十の変質者、自称
俳句詠みの長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は、稀世の性格異常者
でしかない。
熊本県下の朝鮮部落出身で、劣等感の塊でしかなく、臆病卑劣な陰口を
事とする陰険陋劣きわまりない蛆虫にも劣るクズだ!

791 :詠み人知らず:2008/04/23(水) 21:18:09
>>787
熊野事件? について、出典を明らかにしてください。



792 :詠み人知らず:2008/04/27(日) 09:12:50

鯉速し枝垂桜の色の下

793 :詠み人知らず:2008/04/28(月) 14:09:26
二股の灯の明るきを昭和の日

794 :詠み人知らず:2008/04/29(火) 09:38:41
793 を修正

二股の灯の黄身色に昭和の日


795 :詠み人知らず:2008/04/29(火) 10:34:12
794を修正

黄身色の裸電球昭和の日

796 :詠み人知らず:2008/04/29(火) 20:21:26
塗り置きの壁の湿りや柿若葉

797 :詠み人知らず:2008/04/29(火) 20:50:06
さらけ出し
我が身溶け出す
躑躅かな

798 :片山津温泉おとん:2008/04/30(水) 07:31:18
朧月
見ながら帰る
ここちよさ

799 :詠み人知らず:2008/04/30(水) 11:59:24
大仏の膝に若葉の風集む

800 :詠み人知らず:2008/05/01(木) 00:00:35
シルバーセンターより草取女来ぬ

801 :詠み人知らず:2008/05/01(木) 00:46:02
愚鈍さを さらして恥じぬ 長谷川櫂(長谷川隆喜)

九州は熊本県下のチョン部落の出らしいから、
廉恥心というものを一切持ち合わせぬとか。
やはり知能劣弱な田舎者は違うと見えるな。

802 :詠み人知らず:2008/05/02(金) 20:09:07
色さめて洗いで喰わん鯉幟


803 :詠み人知らず:2008/05/03(土) 14:26:34
具眼の士であれば、長谷川櫂を名のる者が、どんなに卑怯で品性ゼロ、
いなマイナス10000と云っても過言ではない低劣な存在でしかないことは
贅言を連ねずとも、とうの昔に見抜いているはずだ。
目あき千人の世の中とは云うものの


804 :詠み人知らず:2008/05/04(日) 10:55:09
長谷川櫂だか長谷川隆喜だか知らないけれど、
ほんとうに卑劣なヤツなんですネ。


805 :詠み人知らず:2008/05/04(日) 13:29:29
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)が熊本県下の癩患(かったい)の血筋の
部落民だという噂は、どうやら事実のようですね。
姿形が醜く、臆病卑劣、無知無教養、抜き難い劣等感、等々のせいで、
長谷川は徹底的に人品卑しいクズになってしまったのでしょう。


806 :詠み人知らず:2008/05/04(日) 21:19:50

さすが365連休の方は、やることが違う

807 :詠み人知らず:2008/05/05(月) 20:22:59
足柄の里の湧き立つ若葉かな

808 :詠み人知らず:2008/05/06(火) 02:45:49
長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)とか名のる自称
俳句詠みの変態老人が引き籠もりになったという噂だ。
もともと変質者で、精神分裂症の血筋の長谷川は、
世にも醜い化け物みたいな外見をしているから、
人々から石を投げつけられるのを恐れて、
ただ閉じ籠もっているだけなのかも知れないけれど・・・。
讀賣新聞に雇われていた頃には未成年に対する性的悪戯をはたらいて
問題になったが、うまく揉み消して貰ったという前科の持ち主だそうだ。
このおぞましくも臆病愚鈍で無知無教養な下賤の長谷川は、
「一日も早く硫化水素で自殺してしまうといいのに」と
近隣の住民や子供たちからも切に念じられているらしい。
熊本県下のチョン部落出だという長谷川について知りたい人は、
「長谷川隆喜」で検索してみるとイイだろう。

809 :詠み人知らず:2008/05/06(火) 08:42:52
808てさ、流行の硫化水素で自殺とか入れてペッタンカキコ
してるけど、陳腐の極みだ。鮮度がないな。脳腐っとるよ。
あと文章に断定力がないね。
「噂だ、」「知れないけれど」、「そうだ、」「らしい、」
これって自分の言葉に自信がない証拠だ。とるにたらないつまらぬ奴。

810 :詠み人知らず:2008/05/07(水) 01:54:46
社会に適合できない不具者「長谷川隆喜」に関して-----
讀賣新聞は今でも長谷川櫂、こと長谷川隆喜なる愚劣な変質者に
俳句欄を書かせてやっているのか?
あんな下等なクズ、出来損ないに何の価値があるというのだろう?
化け物みたいにドデカイ面(ツラ)をしているせいで誰からも相手にされず、
遂に幼女に性的虐待・レイプをやらかした札付きの性格異常者だ!
未成年者に対する猥褻行為をはたらいて馘首されながらも、社長を脅迫して
表沙汰にしないように画策した腹黒い陰険な部落出身者だというのに。
その上、平気で剽窃や盗作、猿真似をしては、「本歌取りだ」などと嘯いている阿呆なんぞに!
こんな低劣極まりない変態を一旦解雇しながらも尚、執筆させて恥じぬ新聞を
購読する人間の気が知れないナ!!
この長谷川は現在、東海大学というZランクの学校で国語の教員をしているという。
まったく以て笑止千万、片腹痛い限りだ!
他にも長谷川の恥知らずな話題は山ほどある。
809番は長谷川の同類か、不潔な関係にあるゲスだナ

811 :詠み人知らず:2008/05/07(水) 09:01:30
剽窃するなんて悪い奴だな、長谷川とかいうヤツ。
コイツの悪事をもっと暴いてほしい!

812 :詠み人知らず:2008/05/07(水) 09:18:41
810さ、文の上の3行目「やっているのか?」これが曖昧表現で
パワーがないね。あと4行目の「何の価値があるというのだろう?」
もおかしな表現だ。断定力がない。「?」をつけるんじゃないよ。
進歩がないな。「何の価値もない」とすっきり表記しろよ。
下から4行目「教員をしているという」これも又聞き表現だな。
説得力なし。「という」がおまえさんのまさに猿の尻尾だ。


813 :詠み人知らず:2008/05/07(水) 17:56:00
変態の長谷川本人が登場!!!

814 :YYY:2008/05/07(水) 23:29:52

剽窃、盗作の実例を何点が挙げて、その原作と併記して説明してくれ。
そうしたら納得するから。
それから朝日俳壇の選者になっていることにまったく言及してないが、これはまったく差し支えないのか、説明してくれ。


815 :詠み人知らず:2008/05/09(金) 23:18:47

夫からのねぎらひ言葉白日傘

816 :詠み人知らず:2008/05/09(金) 23:21:57
雲水の三尺しゃがみ草を引く

817 :詠み人知らず:2008/05/09(金) 23:32:08
稜線を滲み上げたる杉若葉

818 :詠み人知らず:2008/05/10(土) 14:44:45

逍遥の血のふつふつと若葉風

819 :詠み人知らず:2008/05/10(土) 15:52:15
滴滴と青葉若葉の万華鏡

820 :後衛ですが:2008/05/10(土) 18:31:36

ひかっている樹液体液アミラーゼ

821 :詠み人知らず:2008/05/11(日) 06:01:44
814番へ 
長谷川の剽窃や盗作は常識だぞ!

口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂

長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)とか名のる自称
俳句詠みの変態老人が引き籠もりになったという噂だ。
もともと変質者で、精神分裂症の血筋の長谷川は、
世にも醜い化け物みたいな外見をしているから、
人々から石を投げつけられるのを恐れて、
ただ閉じ籠もっているだけなのかも知れないけれど・・・。
讀賣新聞に雇われていた頃には未成年に対する性的悪戯をはたらいて
問題になったが、うまく揉み消して貰ったという前科の持ち主だそうだ。
このおぞましくも臆病愚鈍で無知無教養な下賤の長谷川は、
「一日も早く硫化水素で自殺してしまうといいのに」と
近隣の住民や子供たちからも切に念じられているらしい。
熊本県下のチョン部落出だという長谷川について知りたい人は、
「長谷川隆喜」で検索してみるとイイだろう。
この長谷川は自殺する勇気も無い臆病者だから、さっさと誰か叩き殺してやれ!

822 :詠み人知らず:2008/05/11(日) 06:09:40
>>821
ミャンマーの軍事政権並の脳

823 :YYY:2008/05/11(日) 12:25:23
>>821
だから盗作や剽窃の実例をちゃんと根拠も挙げてしっかり説明してくれといってる。
俺も常識がなくては恥さらしだからこの際勉強することにするから。

824 :詠み人知らず:2008/05/11(日) 13:49:42
↑の人達

821の彼(彼女?)の板でやってよ。迷惑だね。下へ移動させておくよ。
何年もまったく何をやっているのだね821は。
http://game14.2ch.net/tanka/#20

825 :詠み人知らず:2008/05/11(日) 16:38:38
「板でやれ」、ということは、「五七五板でやれ」という意味になりますよ。
それだとこれまでと変わらないんじゃないかと。「長谷川櫂」スレ(スレッド)でやれ、ということですよね。
初歩的なことですけど、移動先のURLがスレではなく、五七五板になってたんで。

826 :824:2008/05/11(日) 17:56:28
あっ、本当だ。彼(彼女)のー長谷川櫂ーのスレでやって欲しいと言う事です。
ありがとう。しかし指摘があったように本当に想像文ばかり。

引き籠もりになったという噂だ。
持ち主だそうだ。
切に念じられているらしい。

827 :詠み人知らず:2008/05/11(日) 19:17:25
口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂

臆病無比の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は劣等感のカタマリゆえ
陰険卑劣なクズのクズ、下の下として生きるしか道が無かったゲスだ!

828 :詠み人知らず:2008/05/12(月) 17:37:55

ミヤンマーの軍事政権のほうがすこしまし

829 :詠み人知らず:2008/05/14(水) 21:55:08

校舎から若葉の風に乗り鼓笛

830 :詠み人知らず:2008/05/15(木) 00:59:45
平気で嘘をつく「病変豚」と呼ぶべき変質者・長谷川櫂に関して、

変態の 長谷川隆喜 色情狂 畜奴にさえも 相手にされねど
残飯を 喰わせる価値もなき 長谷川櫂 吉兆などには 縁も無き山出し
生まれつき 狂牛病患者の 長谷川チョン
口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂
畜生にも 相手にされぬは 長谷川チョン
妻子にも 軽蔑される 長谷川隆喜

臆病無比の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は劣等感のカタマリゆえ
陰険卑劣なクズのクズ、下の下として生きるしか道が無かったゲスだ!
幼女に猥褻行為をはたらいて讀賣新聞社を解雇されたという話だし
単細胞そのものの無知無能ぶりをさらけ出して恥じぬ不具者。
田舎臭い西洋かぶれのくせに、かけらの常識的知識すら持ち合わせぬ低能、
しんそこ長谷川は「キモブサイクな化け物だな」と知る人は皆、口を揃えて言うぞ。
東海大という最底辺の学校でも学生たちに侮蔑されてばかりいる阿呆だ。
後味の悪いことには、この鮮人(長谷川)風情がまだ生きながらえて居るというのだ
この賤民について知らない人は「長谷川隆喜」で検索してみるといい。

831 :詠み人知らず:2008/05/16(金) 08:53:48

燕来て青きみ空を滅多斬り

832 :詠み人知らず:2008/05/17(土) 06:35:22

みどり子を湯気ごと貰ひ天花粉

833 ::2008/05/17(土) 06:52:08
>>829,831,832
面白くて斬新で良いと思いますノリ^ー^)

834 :詠み人知らず:2008/05/17(土) 07:32:00
朧さまありがとうございます。ノリ…さま? 

835 :詠み人知らず:2008/05/17(土) 09:35:55
ノリ部分は、髪の絵文字のつもりですw

836 :詠み人知らず:2008/05/17(土) 10:35:59
>>830

はいはい、粘着、粘着。w  俺は粘着に粘着。w

837 :詠み人知らず:2008/05/18(日) 07:32:02
平気で嘘をつく朝鮮産の「病変豚」にして陰湿な変質者・長谷川櫂に関して、
(熊本県下の鮮人部落の生まれらしいが)

長谷川が死んで目出度き今宵かな

変態の 長谷川隆喜 色情狂 畜奴にさえも 相手にされねど
残飯を 喰わせる価値もなき 長谷川櫂 吉兆などには 縁も無き山出し
生まれつき 狂牛病患者の 長谷川チョン
口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂
畜生にも 相手にされぬは 長谷川チョン
妻子にも 軽蔑される 長谷川隆喜


臆病無比の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は劣等感のカタマリゆえ
陰険卑劣なクズのクズ、下の下として生きるしか道が無かったゲスだ!
幼女に猥褻行為をはたらいて讀賣新聞社を解雇されたという話だし
単細胞そのものの無知無能ぶりをさらけ出して恥じぬ不具者。
田舎臭い西洋かぶれのくせに、かけらの常識的知識すら持ち合わせぬ低能、
しんそこ長谷川は「キモブサイクな化け物だな」と知る人は皆、口を揃えて言うぞ。
東海大という最底辺の学校でも学生たちに侮蔑されてばかりいる阿呆だ。
後味の悪いことには、この鮮人(長谷川)風情がまだ生きながらえて居るというのだ
この賤民について知らない人は「長谷川隆喜」で検索してみるといい。
自殺する勇気も気概も絶無のデカズラ不具者、長谷川がようやく抹殺されて重畳ではある。
また、長谷川の如き無様な道化者のためのスレも無くなって目出度い限りだ。

838 :詠み人知らず:2008/05/18(日) 13:11:46
くくと顎のばせし蛇の葉分け風

839 :詠み人知らず:2008/05/18(日) 14:12:51
838を修正

顎くくと滑らす蛇の葉分け風

840 :詠み人知らず:2008/05/18(日) 18:10:11

秀峰や声の混み合ふ薔薇の苑

841 :詠み人知らず:2008/05/19(月) 17:41:37
平気で嘘をつく朝鮮産の「病変豚」にして陰湿な変質者・長谷川櫂に関して、
(熊本県下の鮮人部落の癩病筋の生まれらしいが、自称「俳句詠み」だそうだ)

長谷川が死んで目出度き今宵かな

変態の 長谷川隆喜 色情狂 畜奴にさえも 相手にされねど
残飯を 喰わせる価値もなき 長谷川櫂 吉兆などには 縁も無き山出し
生まれつき 狂牛病患者の 長谷川チョン
口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂
畜生にも 相手にされぬは 長谷川チョン
妻子にも 軽蔑される 長谷川隆喜


無知無教養にして臆病無比の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は劣等感のカタマリゆえ
陰険卑劣なクズのクズ、下の下として生きるしか道が無かったゲスだ!
幼女に猥褻行為をはたらいて讀賣新聞社を解雇されたという話だし
単細胞そのものの無恥無能ぶりをさらけ出して恥じぬ不具者。
田舎臭い西洋かぶれのくせに、かけらの常識的知識すら持ち合わせぬ低能。
しんそこ長谷川は「キモブサイクな化け物だな」と知る人は皆、口を揃えて言うぞ。
東海大という最底辺の学校でも学生たちに侮蔑されてばかりいる阿呆だ。
この鮮人(長谷川)風情は想像力ゼロ、知能劣弱なくせにいっぱしに俳句詠みを称して居るらしい。
そのせいで、日本の俳諧の世界そのものの価値を著しく減じている点は憂慮するべき事態だ。
この賤民について知らない人は「長谷川隆喜」で検索してみるといい。
自殺する勇気も気概も絶無のデカズラ不具者、長谷川がようやく抹殺されると聞いて重畳ではある。
また、長谷川の如き無様な道化者のためのスレも無くなって目出度い限りだが、今後も要注意だ。

842 :詠み人知らず:2008/05/20(火) 08:34:49
東海大の長谷川櫂とかいう変質者の評判は、
どこへ行っても悪いですネ。
本名の「長谷川隆喜」で検索してみました。
キチガイだという噂だそうですが事実ですか?
早く長谷川を自殺に追い込みたいものですね。
このキモブサ長谷川の禿げは業病の白癩が原因だそうです。

843 :詠み人知らず:2008/05/24(土) 13:33:12
サイレンを引きゆく茅花流しかな

844 :詠み人知らず:2008/05/24(土) 17:21:57
茅花流し汽水の湾の暮れにけり

845 :詠み人知らず:2008/05/24(土) 23:05:20
843を訂正

サイレンの音引く茅花流しかな

846 :詠み人知らず:2008/05/26(月) 14:09:24

イヤリング一つは初夏の草の上

847 :詠み人知らず:2008/05/26(月) 14:29:25
>>846
いい句ですね。さわやかで、鮮やかで、嫋々に流れていないところがいい。

848 :詠み人知らず:2008/05/26(月) 19:24:30
路地裏に揚げ物匂ふ夕薄暑

849 :詠み人知らず:2008/05/26(月) 20:45:06
夏の月照らす門々寒気あり

850 :詠み人知らず:2008/05/26(月) 20:47:05
>>847 ありがとうございます。

鈴の音の流るるごとし蓮の花

851 :詠み人知らず:2008/05/26(月) 23:03:23
群蛙の鳴やみて聴く夜の風

852 :詠み人知らず:2008/05/27(火) 20:57:39
体内の闇を持ち上げ蟇鳴けり

853 :詠み人知らず:2008/05/27(火) 21:48:29
かはづありその美しき流線型

854 :詠み人知らず:2008/05/28(水) 10:04:19

薫風や翁の墓に旅路問ふ

翁=芭蕉さんとか。


855 :詠み人知らず:2008/05/29(木) 06:10:23

薫風や水子地蔵に菓子の山

856 :詠み人知らず:2008/05/29(木) 11:30:20
奉納のちびっこ相撲風薫る

857 :詠み人知らず:2008/05/31(土) 17:01:35
走り梅雨ガラスの螺旋を回しけり

858 :詠み人知らず:2008/06/01(日) 08:46:06

菩提樹の下の仏ら青葉風

859 :詠み人知らず:2008/06/01(日) 09:17:08
長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は熊本県下の朝鮮人部落の出身で、しかもおぞましい癩病筋の家系だという。
こんなゲスなチョンが身元を狡猾に隠して讀賣新聞社で働いていたが、幼女に対する猥褻行為を犯し、社長を脅迫してマンマと揉み消して貰ったとか。
しかもコイツは辞書も引けない阿呆でありながら、今では東海大とかいう最底辺の学校で何と国語の教員をやっているとのことだ。
日本はかかる変態チョンのせいで、近年ますます危険で文化程度の低い国に成り下がりつつあるのだ。
早く長谷川を半島へ強制送還するか、いっそ恥知らずの部落民の隔離病棟に入れてしまうしか手段が無いだろう!
食品に毒や釘などの異物混入をしているのもコヤツの仕業だと聞いたことがある。

長谷川の変態仲間、並びにその同類ども!
今後このスレには一切書き込むナ!!!



860 :詠み人知らず:2008/06/04(水) 14:24:20
青梅のやさしく座る掌の窪み

861 :詠み人知らず:2008/06/04(水) 14:42:08
鳴こうとも 殺してしまえ 長谷川櫂
平気で嘘をつく朝鮮産の「病変豚」にして陰湿な精神分裂症患者の変質者・長谷川櫂に関して、
(熊本県下のチョン部落の癩病筋の生まれらしいが、笑止千万なことには自称「俳句詠み」だそうだ)
変態の 長谷川隆喜 色情狂 畜奴にさえも 相手にされねど
残飯を 喰わせる価値もなき 長谷川櫂 吉兆などには 縁も無き山出し
生まれつき 狂牛病患者の 長谷川チョン 
口きけば 愚鈍サさらけ出す 長谷川櫂 癩患(かったい)のくせして 人交わりするとは
妻子にも 軽蔑される 長谷川隆喜 異物混入の 真犯人とか
無知無教養にして臆病無比の長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)は劣等感のカタマリゆえに、
陰険卑劣なクズのクズ、下の下として生きるしか道が無い徹底したゲス下郎だ!
幼女に猥褻行為を繰り返しはたらいて讀賣新聞社を解雇されたという話だが、渡辺オーナーを脅迫して
公け沙汰にならないように手を回してもらったとの風評しきりらしい。
そのうえ単細胞そのものの無恥無能ぶりをさらけ出して恥じぬ不具者。
田舎臭い西洋かぶれのくせに、かけらの常識的知識すら持ち合わせぬ低能。
しんそこ長谷川は「キモブサイクな化け物だな」とコヤツを知る人は皆、口を揃えて言うぞ。
東海大という最底辺の学校でも学生たちに侮蔑されてばかりいる白痴そのものの不具・アホウだ。
なにしろ簡単な漢字も読めず、中学校程度の英語も訳せず、辞書も引けない徹底した痴呆だからだ。
この鮮人(長谷川)風情は想像力ゼロ、知能劣弱なくせにいっぱしに俳句詠みを称して居るらしい。
そのせいで、日本の俳諧の世界そのものの価値を著しく減じている点は憂慮するべき事態だ。
変態の長谷川のせいで我が国の伝統ある俳句界もダメになってしまったようだ。
女の腐ったのより尚ひどいオカマの長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)風情のために!
無様な道化者の長谷川は毒物や釘などの異物を食品に混入してまわって居る愉快犯の変質者だそうだ。
この長谷川は司法試験に全て落ちた超ド阿呆としても、よく知られている。

862 :詠み人知らず:2008/06/04(水) 18:36:11
雨足を容れるとこより七変化

863 :詠み人知らず:2008/06/04(水) 20:41:09
蛍飛ぶ闇に七つの水の筋

864 :詠み人知らず:2008/06/05(木) 02:34:07
>>861

司法試験に全て落ちたって?

司法試験って、複数の種類があるの?

朝日の選者をやってるのはかまわないのか?

865 :詠み人知らず:2008/06/05(木) 12:19:03
変態の自称・俳句詠み「長谷川隆喜=長谷川櫂」に安楽死は勿体ない。
あんなクズのクズ、下の下は散々苦しみのたうち回った挙げ句の果てに
くたばるべきだ!!!

866 :詠み人知らず:2008/06/05(木) 16:18:48
方円の宇宙基地なり額の花

867 :詠み人知らず:2008/06/05(木) 21:59:51
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)が如何に無知無教養で愚鈍な田舎者かというコトは
コヤツに一言、話させてみれば誰にでもわかる。
小学生並みの基礎的知識も無く、世間の一般常識も無く、阿呆さ加減の限りを
すぐさまさらけ出してくれるだろうからな。
その上おのれが低能無比なものだから、ゲスの勘ぐり剥き出しで、相手まで
徹底した知能劣弱・人格陋劣な人物だろう等と勘ぐって出しゃばるのが常だ。
みんなの嘲笑の的になっている事実にすら気付かない無様な体たらくだ!
しかも恥知らずにも今なお生きているとは実に哀れな賤民だな、長谷川チョンは!
この変態の長谷川が一刻も早く殺戮されて世界が浄化されることを期待する。

868 :詠み人知らず:2008/06/06(金) 17:45:47

教会に国籍なき子八仙花

869 :詠み人知らず:2008/06/06(金) 19:00:49
青葦の吹きて大潮浪の音

870 :後衛ですが:2008/06/06(金) 21:35:24

ころもがえ姪にまぶしき伸長期

871 :詠み人知らず:2008/06/06(金) 23:51:19

風筋にとられぬやうに夏帽子

872 :詠み人知らず:2008/06/08(日) 09:42:21
熊本県下の朝鮮部落出身の「長谷川隆喜」(「長谷川櫂」は偽名)なる
稀代の変態が、今でも讀賣新聞の俳句欄に記事を書かせてもらっている
という話を耳にした。
この長谷川は未成年に対する猥褻行為が発覚しそうになって讀賣新聞社を
解雇されたという札付きの変質者らしい。
しかも無知無教養で臆病卑劣、かつ劣等感のかたまりといった出来損ないだ。
こんな異常性欲者は即刻、叩き殺されるべきだろう!!

873 :詠み人知らず:2008/06/08(日) 13:37:36
東海大の長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)を上回る低能・痴呆はこの世界に存在しない。
また長谷川よりヒドイ臆病者・卑怯者も絶対に存在し得ない。
よく憶えておくがよい!

874 :詠み人知らず:2008/06/08(日) 16:39:44
なめらかな闇の幕引く蛍かな

875 :詠み人知らず:2008/06/08(日) 18:18:08
囁きは息つぐことや沢蛍

876 :詠み人知らず:2008/06/08(日) 18:20:22
蛍火の荒継ぐ息となりにけり

877 :詠み人知らず:2008/06/09(月) 08:48:13
「ねそが事する」という俚諺を聞いたことがある。
だから長谷川チョンも秋葉原かどこかで無差別通り魔事件を起こすかも。
そうなる前に誰か長谷川隆喜=長谷川櫂を叩き殺してやってくれ!

878 :詠み人知らず:2008/06/09(月) 16:45:53

877は特定の個人の誹謗中傷の域を超えて、特定の個人の殺害教唆だと判断できるのでないか。
管理人さんは対処できないのだろうか。
スルーして書き込みを続けることが、なんだか共犯者であるような気がしてきた。

879 :詠み人知らず:2008/06/09(月) 19:43:05
気にしないことですよ
これで秋葉原事件にならないのですよ
満足するまでやらせませう

880 :詠み人知らず:2008/06/09(月) 20:26:45
「ねそ」とはディープな大阪弁だろう。
犯人は大阪出身と考えられる。
文体に独特のうねりが感じられるのは、そのせいか。
また、犯人はある程度スレを選別しているようである。
古典的な句や歌に対して攻撃する度合いが多いようだ。
わたしも犯人のように推量ばかりなってしまった。

881 :詠み人知らず:2008/06/09(月) 23:05:42
夏薊棘の雫を落とさざる

882 :詠み人知らず:2008/06/10(火) 01:01:03
とにかく「長谷川隆喜=長谷川櫂」の如き漢字も碌に読み書き出来ぬ徹底した低能を
一度でも雇った讀賣新聞社という存在自体が既に恥ずべき無価値な代物であった。
その阿呆に今でも俳句欄を書かせているとは、とことん見下げ果てた新聞社ではある。
長谷川は小学生ていどの常識的知識も基礎的教養も皆無のドン底のクズにして山出しのイモ、
熊本県下のチョン部落の出とはいえ、余りにもヒド過ぎる無様な体たらくだ!
この長谷川チョンなら遠からぬうちに、発作を起こして無差別に人様を殺める様な事件を
起こしても何ら不思議はナイだろう!!!
東海大も早いうちに、この変態・長谷川を馘にしてしまったほうがイイだろう。

883 :詠み人知らず:2008/06/10(火) 05:34:02

だから朝日で選者やってるのがかまわないのかって聞いてる。
東海大に遠吠えやってないで直接キャンパスへ乗り込んで嫌がらせやったらどうだ。


884 :詠み人知らず:2008/06/10(火) 08:28:21
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)のごとき女の腐ったような変態チョンのクズは、
オカマや腐女子に劣る存在だから、放火か毒殺ていどのことしか出来ないだろう!

885 :詠み人知らず:2008/06/11(水) 02:58:04
青葉木菟一本長き婆の髭


886 :詠み人知らず:2008/06/11(水) 15:36:27
俺も大阪の俚諺に「ネソが事する」というものがあると聞いたことがある。
だから、この女の腐ったよりもヒドイ化け物オカマの変態、長谷川櫂もナイフを振り回して
いつかアキバ模倣事件を起こすかも知れないぞ!


887 :詠み人知らず:2008/06/11(水) 20:29:35
病葉や入り日に早し谷戸の水

888 :詠み人知らず:2008/06/12(木) 07:55:33
長谷川ってのはホントにいやらしいヤツですね。

889 :詠み人知らず:2008/06/12(木) 08:49:44

青蛙畦につつかれ干乾びて

890 :詠み人知らず:2008/06/13(金) 21:13:30
林道の鉄輪となりて蚯蚓死す

891 :詠み人知らず:2008/06/14(土) 00:40:22
水口の風の集まる余り苗

892 :後衛ですが :2008/06/14(土) 02:05:35

ことのほかさなぶりの宵つつましく

893 :詠み人知らず:2008/06/14(土) 02:54:04
落書きのシャッター通り明易し

894 :詠み人知らず:2008/06/14(土) 07:32:14

金魚買ふ涙ひとつを消すために

http://6721.teacup.com/12274/bbs
どうぞ遊びにおいで下さい(^^

895 :後衛ですが :2008/06/14(土) 11:59:52

  # 北上の現代詩歌館大丈夫かしらね

896 :詠み人知らず:2008/06/15(日) 12:13:41

干蛸の海を向きをり島は雨

897 :詠み人知らず:2008/06/15(日) 12:46:21
浴室のタイルの目地の黴十字

898 ::2008/06/15(日) 21:48:23
>>897おもしろ。
憎々しい季節の風物詩ですね。

899 :詠み人知らず:2008/06/17(火) 04:51:34
星涼し東へ消ゆる貨車の音

900 :詠み人知らず:2008/06/17(火) 05:16:30
折り返す道は安けし桑苺


901 :詠み人知らず:2008/06/17(火) 07:09:17
夕闇の皮膚もて飛びし蚊喰鳥

902 :詠み人知らず:2008/06/18(水) 03:12:10
窓少し開けて風きく夜の濯ぎ

903 :詠み人知らず:2008/06/18(水) 13:34:08
十薬や屈みし昨夜の風溜り

904 :詠み人知らず:2008/06/18(水) 20:56:24
生ビール二杯目からの腕捲り

905 :詠み人知らず:2008/06/18(水) 23:24:41
マスコミで日本を貶しめ続けて居る変態・長谷川櫂について−−−
長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)とか名のる自称
俳句詠みの変態老人が引き籠もりになったという噂だ。
もともと変質者で、精神分裂症の血筋の長谷川は、
世にも醜い化け物みたいな外見をしているから、
人々から石を投げつけられるのを恐れて、
ただ閉じ籠もっているだけなのかも知れないけれど・・・。
讀賣新聞に雇われていた頃には未成年に対する性的悪戯をはたらいて
問題になったが、うまく揉み消して貰ったという前科の持ち主だそうだ。
このおぞましくも臆病愚鈍で無知無教養な下賤の長谷川は、
「一日も早く硫化水素で自殺してしまうといいのに」と
近隣の住民や子供たちからも切に念じられているらしい。
熊本県下のチョン部落出だという長谷川について知りたい人は、
「長谷川隆喜」で検索してみるとイイだろう。
この長谷川は自殺する勇気も無い臆病者だから、さっさと誰か叩き殺してやれ!

906 :詠み人知らず:2008/06/18(水) 23:53:56
葛ざくら汽水の湾の暮れゆけり

907 :詠み人知らず:2008/06/19(木) 00:16:50
嬉しさを隠せぬマスクメロンかな

908 :詠み人知らず:2008/06/20(金) 18:29:06
江ノ島の洲鼻通りを夏至の雨

909 :詠み人知らず:2008/06/21(土) 19:49:26

せせらぎや蛍飛び立つ石の間

910 :詠み人知らず:2008/06/21(土) 20:53:15
五月雨やガーゴイル啼く霧の中

911 :詠み人知らず:2008/06/22(日) 00:15:45

一群は点滅合はせ恋蛍

912 :詠み人知らず:2008/06/23(月) 21:10:21
ヘモグロビンの中へ涼しき抹茶かな

913 :詠み人知らず:2008/06/23(月) 23:22:35
リカちゃんの瞳を濡らすソーダ水

914 :詠み人知らず:2008/06/24(火) 10:52:27
(アイルランドのリバーダンス観)
紅薔薇やタップダンスの連射音

915 :詠み人知らず:2008/06/24(火) 15:53:04
紫陽花や反抗期には蓋をせず

916 :詠み人知らず:2008/06/24(火) 15:56:31
ライトキス残るラムネの壜の口

917 :詠み人知らず:2008/06/24(火) 19:11:57
稀代の性格異常者にして変態性欲者の「長谷川櫂=長谷川隆喜」について一言。
子供の頃から劣等感の塊で、他人を中傷することしか知らぬ
無下の田舎者。肥満児のうえ歯列矯正に失敗した化け物ヅラ。
臆病無比の下賤なウジ虫。生きる価値無き変質者、カネに汚いケチな
朝鮮部落民。無知無教養でおぞましい業病患者、何一つ取り柄のない
クズのクズ、下の下。子供からさえ侮蔑されて恥じない卑屈、醜怪極まりない
痴呆同然の出来損ない! 
こやつめが一刻も早く叩き殺されることを冀う人は多い筈である。
棲息価値絶無の穢らわしい長谷川チョンが誰か心ある人によって抹殺されるように!

918 :詠み人知らず:2008/06/24(火) 22:06:31
なみなみとプールの中の夏の月

919 :詠み人知らず:2008/06/25(水) 13:42:11
ライトキス蛍の闇に灯りけり

920 :詠み人知らず:2008/06/25(水) 19:33:10
明易し深海鮫の銀の鰭

921 :詠み人知らず:2008/06/26(木) 08:44:03
短夜のストライキ終へライトキス

922 :詠み人知らず:2008/06/26(木) 13:10:50
変質者の長谷川櫂=長谷川隆喜が遂に読売新聞社の俳句欄から下ろされたとか。
先ずは当然の仕儀だと言うべきだろう!
もっと早期に叩き出されてしかるべきだったのだが。
この阿呆は簡単な辞書ひとつ調べる能力さえなく(それは何も業病で指が腐り落ちているせいではない)、
暦さえ知らぬくせして俳句詠みを自称ないし僭称して恥じない愚鈍低劣無比な山出しでしかない。
こんな品性下劣にして知能劣弱な出来損ないに欺されるようなバカも今では少ないことだろうが。

923 :詠み人知らず:2008/06/26(木) 18:29:31
梅雨寒や封書の糊のはみ出しぬ

924 :詠み人知らず:2008/06/27(金) 11:43:50
長谷川櫂という異常者が藤沢近辺を徘徊して居るという噂を耳に挟んだ。
この長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は稀代の低能で、幼年期から性格劣悪、
知能劣弱、外見醜悪無比にして、万人嫌悪の的だったらしい。
なにしろ熊本県下の朝鮮人部落の癩病筋の下賤な家筋に生まれ、誰からも相手に
されずに育った「下の下」の存在でしかないからだ。蛆虫以下と言ってもイイだろう。
癩患者の中でもイヤらしく、おぞましい性質の故に唾棄す可き変態として嫌悪されていたとのこと。
当然ながら、女には一切洟も引っかけられず、隠れては幼児に猥褻行為を働くようになったとか。
賤奴の分際で、かかる性的悪戯を犯した悪質な俳句詠みの長谷川は存在価値絶無であろう。
たとえ劣等感のかたまりの如き陰険卑劣な山出しである点を考慮したにせよ。
「生まれなかったほうが良かったのに」という言葉が当てはまるのは、
まさしく此のド変態の長谷川の事だろうな。
今は藤沢市辺りに住んで居るらしい。
近隣の皆さん方、よくよく御注意されたし!
聞くところによると、この北鮮人・長谷川隆喜は、口を開けば愚鈍さと痴呆さ
の限りをさらけ出して恥じない低劣無比な田舎者のクズ、下の下の存在でしかないという。
こんな阿呆で下賤な蛆虫に劣る存在を容認して来た讀賣新聞社に「社会の木鐸」たる資格はナイ!

925 :詠み人知らず:2008/06/27(金) 19:30:33
浜栲を敷き盛る御座や夏祭り

926 :詠み人知らず:2008/06/27(金) 20:00:08
弁当がよく蒸れてゐる梅雨曇

927 :詠み人知らず:2008/06/28(土) 20:20:21
ふた駅の座席を譲る梅雨晴間

928 :詠み人知らず:2008/06/28(土) 20:49:45
かんばしき煙流れる夏の汽車

929 :詠み人知らず:2008/06/28(土) 22:34:58
悲しみも
価値を失う
梅雨の夜

930 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 02:27:24
長谷川櫂という異常者が藤沢近辺を徘徊して居るという噂を耳に挟んだ。
この長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)は稀代の低能で、幼年期から性格劣悪、
知能劣弱、外見醜悪無比にして、万人嫌悪の的だったらしい。
なにしろ熊本県下の朝鮮人部落の癩病筋の下賤な家筋に生まれ、誰からも相手に
されずに育った「下の下」の存在でしかないからだ。蛆虫以下と言ってもイイだろう。
癩患者の中でもイヤらしく、おぞましい性質の故に唾棄す可き変態として嫌悪されていたとのこと。
当然ながら、女には一切洟も引っかけられず、隠れては幼児に猥褻行為を働くようになったとか。
賤奴の分際で、かかる性的悪戯を犯した悪質な俳句詠みの長谷川は存在価値絶無であろう。
たとえ劣等感のかたまりの如き陰険卑劣な山出しである点を考慮したにせよ。
「生まれなかったほうが良かったのに」という言葉が当てはまるのは、
まさしく此のド変態の長谷川の事だろうな。
今は藤沢市辺りに住んで居るらしい。
近隣の皆さん方、よくよく御注意されたし!
聞くところによると、この北鮮人・長谷川隆喜は、口を開けば愚鈍さと痴呆さ
の限りをさらけ出して恥じない低劣無比な田舎者のクズ、下の下の存在でしかないという。
こんな阿呆で下賤な蛆虫に劣る存在を容認して来た讀賣、朝日新聞社に「社会の木鐸」たる資格はナイ!
角川書店などは出版社ですら無い芸人風情を相手にする低俗プロだから、化け物を見せ物代わりに使ってみたんだろう。
東海大学もコヤツを早く放逐しなければ、「最底辺の学校」という汚名を永久に雪げなくなるだろう。

去勢豚の長谷川チョンめ!さっさと鬱で自殺しろーっ!!!
分かったナ!

熊本県下のチョン部落出身の長谷川隆喜=長谷川櫂に関して知りたい人は、
「長谷川隆喜」で検索してみるとイイ


931 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 16:48:10
たつぷりの大紫陽花となりにけり

932 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 16:52:18
産卵や夏のにごれる潮溜まり

933 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 17:33:30
932 を訂正

産卵やにごれる夏の潮溜まり




934 :詠み人知らず:2008/06/29(日) 19:58:02
梅雨寒や四角い水の部屋となる

935 :詠み人知らず:2008/06/30(月) 19:29:59
無限大記号にくぐる茅の輪かな

936 :詠み人知らず:2008/06/30(月) 23:43:16

蛍火の水面を滑り舞ひにけり

937 :詠み人知らず:2008/07/01(火) 01:01:13
ベートーベン
響き梅雨を
蹴散らせり

938 :詠み人知らず:2008/07/01(火) 04:02:36
長谷川隆喜だか長谷川櫂だか知らないがホントに嫌らしいヤツですね。
こんな変なヤツが俳句欄を書かせてもらってるなんて信じられません。

939 :詠み人知らず:2008/07/01(火) 11:58:37
帆の中へ波音満たす朝ぐもり

940 :詠み人知らず:2008/07/02(水) 03:47:20
長谷川隆喜(長谷川櫂は偽名)という者が陰険卑劣で臆病無比な田舎者であることは
万人周知に属することがらであろう。
こやつは劣等感のカタマリであるため、自分より優秀な人物に対して唾棄すべき嫉妬心で
陰に陽に下劣な嫌がらせをつづけ、しかも自分では怖くて何も出来ない小心者なので、
他人に誹謗中傷を吹き込んで何とか有能で勝れた秀才を陥れてやまなかったのも厳然たる事実だ!
しかも口を開けば愚鈍さと無知無教養の限りをさらけ出しては識者の憫笑を買っていたしな。
こんなおぞましい低劣な山出しを雇っていた讀賣新聞社の良識を疑う次第である。

たしかに如何に醜悪な人三化七だとて本人のせいでは無い。
だから長谷川に対しては哀れをかけてやるべきなのだろう。
しかし、その悪辣下劣な所行が所業だけに何としても容赦し難いぞ!

941 :詠み人知らず:2008/07/02(水) 11:36:03
火薬めくガーリックステーキの夏

942 :詠み人知らず:2008/07/02(水) 14:36:08
半夏生切手を水に浮かせけり

943 :詠み人知らず:2008/07/05(土) 17:00:06
半夏生車内で再会恥をかき

944 :詠み人知らず:2008/07/06(日) 00:04:27

一匹は発破をかけて蟻の列

945 :詠み人知らず:2008/07/06(日) 09:26:14
くだかけに朝を早よからもらいけり

946 :詠み人知らず:2008/07/06(日) 14:18:36
大太鼓どどと打ち込む裸かな

947 :詠み人知らず:2008/07/07(月) 23:19:05
七夕や影絵の幕の波立ちぬ

948 :詠み人知らず:2008/07/08(火) 01:25:32

七夕や大統領の願い事

949 :詠み人知らず:2008/07/10(木) 19:14:23

果物のかすかな匂ひ熱帯樹


950 :詠み人知らず:2008/07/10(木) 22:32:55
心太杭に分かるる瀬の流れ

951 :詠み人知らず:2008/07/11(金) 01:30:48
青々と 草や空やと 蝉時雨

952 :詠み人知らず:2008/07/11(金) 01:32:35
夕暮れの 麦酒(ビール)一杯 枕とす

953 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/11(金) 01:34:38
湿り雲 遥か彼方に 水の音

954 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/11(金) 01:37:12
蝉時雨 消え行く時は 夢うつつ 

955 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/11(金) 01:40:20
夕闇へ 浴衣の君が 手を引いて

956 :詠み人知らず:2008/07/11(金) 08:29:28

扇子からほのかな匂ひ眠くなる

957 :詠み人知らず:2008/07/11(金) 08:34:58
梅雨明けに
青さも深し
空と海

958 :詠み人知らず:2008/07/11(金) 09:54:35
夏の音 轟きわたる 海開き

959 :詠み人知らず:2008/07/11(金) 20:42:58
黒南風や鮪の粗を削ぎ落とす

960 :詠み人知らず:2008/07/12(土) 15:12:38

掌の星砂数へ夏の浜

961 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/12(土) 17:35:17
カキ氷 解けるまもなく 空になり

962 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/12(土) 21:41:25
蛍火の 名残惜しげな 明滅か

963 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/12(土) 21:43:06
熱帯夜 自販機群れる 我もまた

964 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/12(土) 21:44:41
夏の夜 ムシムシの音が 枕元

965 :詠み人知らず:2008/07/12(土) 23:46:36
はしゐしてぢになりにけり句をひねる

966 :詠み人知らず:2008/07/13(日) 23:54:31
ほてりたる乳房ま白き月渡る

967 :詠み人知らず:2008/07/14(月) 00:15:45

青葉木?樹林の夜を深めけり

968 :967:2008/07/14(月) 00:25:14
なんじゃこれは。↑
草冠に免許の免。みみずくの意です。あおばずく。

969 :詠み人知らず:2008/07/14(月) 07:24:02
↑兔でした(^^;)

青葉木菟樹林の夜を深めけり

970 :詠み人知らず:2008/07/14(月) 12:33:57
深き青飲みてミッドナイトサマー

971 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/14(月) 23:35:18
熱帯夜 午前零時に 飲みに行く

972 :詠み人知らず:2008/07/15(火) 04:29:19
一周忌 李の無邪気 哀しけり

973 :詠み人知らず:2008/07/15(火) 15:04:27
俺の部屋 異彩を放つ ハードゲイ

解釈)何で俺はバザーでこんな時計買っちまったんだろう…

974 :詠み人知らず:2008/07/16(水) 08:27:34

夏霧を含み蠢く牛の口

975 :詠み人知らず:2008/07/16(水) 19:15:56

羅を着て川風の揚花火

976 :詠み人知らず:2008/07/16(水) 20:30:37
ががんぼの引きずつて来る無重力

977 :詠み人知らず:2008/07/17(木) 08:11:28

青空はすべて塗り込め夏の雲

978 :詠み人知らず:2008/07/17(木) 10:39:35

甚平に忘れ物ある心地して

979 :詠み人知らず:2008/07/17(木) 16:46:49
公園に虫籠ぽつり忘れ物

980 :詠み人知らず:2008/07/17(木) 21:51:49
眉毛などもとよりあらじ浮いて来い

981 :詠み人知らず:2008/07/17(木) 22:15:10
道了の鉄の朱下駄や雲の峰

982 :詠み人知らず:2008/07/17(木) 22:19:07
うすものの中に沈めぬ片乳房

983 :詠み人知らず:2008/07/18(金) 00:20:06
 
雨蛙傘のお迎え夢を見る

984 :詠み人知らず:2008/07/18(金) 18:06:08
干し竿に海水パンツ通しけり

985 :詠み人知らず:2008/07/18(金) 18:36:22
 
冷蔵庫アイス珈琲午後三時

986 :詠み人知らず:2008/07/19(土) 12:08:13
清流の魚と目が合ふ夏休み

987 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/19(土) 15:19:27
梅雨あけて 人人人と 外へ出る

988 :詠み人知らず:2008/07/19(土) 21:40:54
ヒグラシに硯をあはす童かな

989 :詠み人知らず:2008/07/20(日) 01:32:24
地下道の出口眩しき蝉の声

990 :詠み人知らず:2008/07/20(日) 01:51:24
 
蜉蝣と網戸挟んで会話する

991 :詠み人知らず:2008/07/20(日) 07:46:28
>>987
自分の句と人の句と、どこが違うか
よーく見比べてごらん

992 :詠み人知らず:2008/07/20(日) 09:56:58
>>991
なんか文句あるの?俳句かいてみれば?

993 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 09:58:44
言われ無き 難癖つける >>991

994 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 10:01:42
このスレは名無し基本なのか?

995 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 10:02:17
過去のレス読み返しても名無しとかかいてないし

996 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 10:03:15
オレの句がおかしい訳?

997 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 10:04:20
おれのがおかしかったらくだらねえ句かいてる奴山ほどいるじゃねえか

998 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 10:04:58
はらたつわ

999 :951=952 ◆bmkm4/t5Rw :2008/07/20(日) 10:05:28
>>991はなんなの?

1000 :詠み人知らず:2008/07/20(日) 10:11:00
>>991は余計なお節介

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

143 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)