5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

猫を入れる俳句(もち季語もね)

1 :詠み人知らず:2006/09/25(月) 06:27:14
満月が 映り猫の目 宇宙なり
あまりいい例じゃないけど^^;こんな感じでおながいします。


2 :詠み人知らず:2006/09/25(月) 13:16:29
サンマ焼き
猫が擦り寄る
コンロ傍

3 :詠み人知らず:2006/09/25(月) 19:56:18
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1002188096/l50

猫スレでつ。

4 :詠み人知らず:2006/09/25(月) 21:42:31 ?2BP(51)
散る紅葉
葉溜まりの中
猫が鳴き

5 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 02:16:55
縁側で
猫もくつろぐ
夕涼み


6 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 05:23:04
白猫の
体キャンパス
コスモスや



7 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 05:36:02
明け方の
布団猫来て
秋深し

8 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 05:53:10
布団は冬でした・・・・ 失礼 m(。≧Д≦。)m

9 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 05:57:05
白猫の
体キャンパス
コスモスや



10 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 08:06:11
シーチキン

11 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 10:17:21
イワシ雲
見つめる猫は
憂い顔

釣られついでにフラーリたち寄ってみますた(´・ω・`)
季語とかあってまつかね?

12 :詠み人知らず:2006/09/26(火) 18:49:57
夕焼けに
向かって走る
猫の影

13 :詠み人知らず:2006/10/01(日) 16:49:12
風巻いて
落葉に戯れる
子猫かな



子猫も季語みたいですね。すみません。
(子猫なんて年に何回も生まれるのに……orz)
誰か添削してください。


14 :千利体:2006/10/01(日) 17:06:47
秋雨に
濡れて月見る
黒猫が。

15 :詠み人知らず:2006/10/03(火) 01:01:53
秋の夜に
猫と一緒に
虫を追う

16 :詠み人知らず:2006/10/03(火) 11:04:19
コウロギを
銜えて来ては
ニャンと鳴き


17 :詠み人知らず:2006/10/03(火) 13:27:10
猫が鳴き
どうぞと一献
月見酒

18 :詠み人知らず:2006/10/05(木) 02:04:47
秋雨で
コンビニの軒
猫と待つ



19 :無名氏:2006/10/09(月) 18:54:02
18さん、光景が浮かんでくるいい句ですね。

住民も猫も老ひたり海の街

20 :18:2006/10/14(土) 01:49:24
>>19
ありです〜。

狩れ落ち葉
猫がじゃれつく
散歩道

21 :詠み人知らず:2006/11/30(木) 01:30:23
クリスマス
猫しか相手
してくれぬ

22 :詠み人知らず:2006/11/30(木) 02:06:51
うちの猫 枯葉のうえで 眠ってる

23 :詠み人知らず:2006/11/30(木) 06:24:37
猫やなぎ
季語かどうかも
知らんけど

24 :YYY:2006/11/30(木) 20:53:25

猫じゃなくヨシコ脱がして猫じゃらし

25 :詠み人知らず:2006/12/05(火) 02:01:22
昼下がり
猫が炬燵で
丸くなる

26 :詠み人知らず:2006/12/08(金) 14:07:27
初春の
猫八、小猫
まねき猫

正月の「爆笑ヒットパレード」でしか見られない物真似親子
猫八師匠はもう亡くなられたんでしたっけ?

ホーホケキョ

27 :柴犬:2006/12/08(金) 15:11:01
ゆきずりの
猫が振り向き
芋焼けた

28 :詠み人知らず:2006/12/08(金) 21:15:48
身も声も
あらん限りに
恋の猫

29 :詠み人知らず:2006/12/09(土) 00:15:50
猫ふみふみ
雪ふみふみ
うめのはな

30 :詠み人知らず:2006/12/09(土) 11:30:52
猫はしゃぐ
小春日和に
包まれて

31 :柴犬:2006/12/11(月) 22:07:44
ガラス越し
師走の空に
猫パンチ

32 :詠み人知らず:2006/12/12(火) 11:11:11
猫鍋を食ってみたけど不味かった

33 :詠み人知らず:2006/12/12(火) 19:00:58
寒い日は
猫ふんじゃった
ひけないよ

34 :一茶人:2006/12/13(水) 15:24:34
老猫のくるり尾を巻く日向ぼこ

35 :詠み人知らず:2006/12/14(木) 19:16:37
寒空に
震える猫に
君重ね

36 :柴犬:2006/12/14(木) 21:48:50
ゴロゴロと
ブリを起こして
猫眠る

37 :詠み人知らず:2007/01/30(火) 03:14:04
老猫と
時を重ねて
炬燵寝る

38 :詠み人知らず:2007/02/05(月) 18:38:58
小春日和
窓辺の猫の
におい嗅ぐ

39 :詠み人知らず:2007/02/06(火) 10:11:09
暖冬で
猫の恋も
加速して

(もう鳴いてるし・・・)

40 :詠み人知らず:2007/02/06(火) 10:29:56
寒い冬
猫もこたつで
丸くなる

41 :詠み人知らず:2007/02/08(木) 01:16:40
陽だまりで
猫と一緒に
春を待ち

42 :詠み人知らず :2007/02/08(木) 09:15:02
白猫の
体を被う
雪化粧

43 :詠み人知らず:2007/02/08(木) 13:11:37
どら猫を

いつもおいかけ

サザエさん

44 :詠み人知らず:2007/02/08(木) 13:14:59
大猫は

こたつで丸く

かがみもち

45 :詠み人知らず:2007/02/09(金) 05:22:26
帰り道

動く気配が

餌付け猫

46 :詠み人知らず:2007/02/09(金) 10:19:29
街の灯を
猫と眺める
冬の夜

47 :詠み人知らず :2007/02/09(金) 18:25:01
笹起きて
猫背のわが身
春を知る

48 :詠み人知らず :2007/02/09(金) 18:29:06
>>38
何気ないけど良いね


49 :詠み人知らず:2007/02/10(土) 15:55:14
炬燵にて
二人寄り添い
猫なで声

50 :詠み人知らず:2007/02/10(土) 18:05:50
猫ひろし
暖冬だけど
半そでは・・

51 :詠み人知らず:2007/02/11(日) 00:23:27
北風に
猫も我が身も
吹かれゆく

52 :詠み人知らず:2007/02/17(土) 09:37:11
  , - ,----、 
  (U(    ) 
  | |∨T∨
  (__)_)

53 :詠み人知らず:2007/02/17(土) 12:12:15
あくび猫
蕾ほころぶ
梅一枝

54 :詠み人知らず:2007/02/21(水) 00:18:50
肉球
ああ肉球
冬の猫


55 :詠み人知らず:2007/02/22(木) 04:35:41
222
今日は猫の日
プレゼント

56 :詠み人知らず:2007/03/04(日) 21:18:14
2時間ほど前、買い物の帰り道で小さな子猫が歩道の上にいた
薄汚かったので多分ノラだと思う
食べ物など何もないのにくんくんと鼻を歩道上に近づけてかぎまわっていた
しゃがんで「にゃ〜」と言って呼んでみた
逃げはしなかったが警戒して寄って来ない こちらが近づくと一定の距離を置いて遠ざかる
すぐ近くに小さな個人商店があったので、ちくわ(5本入り100円)を買った
少しちぎって投げてやると、その場では食べずにすぐ隣のプレハブ小屋の影に隠れて食べ始めた
それを見ている時に物音を立ててしまったので子猫はピューッと逃げた
ちぎった残りのちくわをそこにそのまま置いてしばらく待っていると
そろりそろりと出てきて食べ始めた
その姿を見て家路に戻った


57 :詠み人知らず:2007/03/04(日) 23:34:11
猫の背に
たまる日だまり
夏の午後

58 :詠み人知らず:2007/03/05(月) 23:46:22
春の陽が
溜まる窓辺の
猫の毛や


59 :詠み人知らず:2007/03/06(火) 20:34:22
猫抱きくしゃみす春の偽善者

60 :詠み人知らず:2007/03/27(火) 02:04:02
老描の眠りの長さ春が故


61 :詠み人知らず:2007/03/28(水) 02:25:15
>>60
秀逸。
多分お年を召したお方だと思います。
深い洞察力と円熟味を感じます。

62 :ぷぅ:2007/03/29(木) 22:03:08
春の窓
 ひばり、セキレイ
    ヒヨドリに
     威嚇しつつも
      春日に溺れる

63 :ぷぅ:2007/03/29(木) 22:15:54
枯れ草と
 新芽の狭間の
   つくしんぼ
     猫の鼻先
       しばしくすぐる

64 :詠み人知らず:2007/04/01(日) 14:47:42
悪くは無いけど「俳句」ですので・・・^−^;

65 :詠み人知らず:2007/04/03(火) 11:02:55
猫のどか躾けたとおり爪をとぎ

66 :詠み人知らず:2007/04/03(火) 11:59:57
猫の子の
髭を湿らす
春の雨

67 :詠み人知らず:2007/05/26(土) 22:21:26
青葉萌え
猫の親子が
昼ねする


68 :詠み人知らず:2007/05/27(日) 18:28:54
五月雨を
眺めて猫は
あくびする

69 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 14:40:37
猫の子を
秤にのせて
記録した

70 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 20:21:02
五月雨の
道につぶれて
逝く猫や…

71 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 22:30:11
洗顔を 仔猫はぐずり 五月晴れ

72 :詠み人知らず:2007/05/31(木) 23:32:15
シュレジンガー
猫を肴に
サイコロ博打

73 :詠み人知らず:2007/06/01(金) 14:50:24
死なぬなら
殺してしまえ
長谷川櫂(実名「長谷川隆喜)

長谷川櫂は女の腐り果てた様な卑劣で陰湿な意地の悪い賤民だ。
チョン部落に生まれて幼時より肥満体で醜い容姿をしていた為
根性が歪み果てたのかも知れない。
熊本県下の朝鮮部落から東京へ出て来てからは、なおさら劣等感の
かたまりとなって自分より優秀な人々(人類の殆どだが)に対する
嫉妬心から陰に陽に下劣極まりない策を弄して、次々と善良な人たちを
陥れ続けてきたという。
讀賣新聞社でも記者として何らモノの用に立たず、未成年に対する口に
することも出来ぬいやらしい猥褻行為を働いていたらしい。
知能劣弱で変態性欲者だと発覚すると、上役を脅迫して表沙汰にならぬ
ように計らってもらい、まんまとマスコミに広まらないように手段を
打って貰ったとか。
実の家族、肉親からも蛇蝎の如くに忌み嫌われて居る正真正銘の怪物だ
という専らの噂である。
小心臆病このうえない鮮奴のために日本は、かくも穢されているとは、
痛感のきわみというの外ないだろう。

74 :詠み人知らず:2007/06/01(金) 15:28:48
春うらら
猫の子軒の
昼寝かな

75 :詠み人知らず:2007/06/01(金) 21:46:33
梅雨の闇
母猫のもと
まるくなる

76 :さっちゃー:2007/06/01(金) 22:52:34
ことのほか猫の目光る五月闇

77 :ニス:2007/06/02(土) 02:29:22
ねここねこ
こねこねこねこ
ねこ五匹

78 :詠み人知らず:2007/06/02(土) 11:46:08
猫の腹
モフり悶える
麦の秋

79 :詠み人知らず:2007/06/02(土) 18:13:25
age

80 :詠み人知らず:2007/06/07(木) 18:15:09
猫2匹
全力疾走
運動会

81 :詠み人知らず:2007/06/08(金) 01:57:02
初夏の朝
夜明けとともに
ネコ会議

82 :詠み人知らず:2007/06/08(金) 12:48:21
短夜や
ばってん寝んね
親子猫

83 :詠み人知らず:2007/06/17(日) 03:57:16
猫またぎ 傷むのはやいね 梅雨の時期

84 :詠み人知らず:2007/06/17(日) 10:42:46
ブランコの
上でゆらゆら
眠り猫

85 :詠み人知らず:2007/06/17(日) 10:47:46
猫ですら
相手にとない
長谷川櫂

長谷川櫂、実名・長谷川隆喜に関して
さらに一句

増上慢に
膨れ上がった
田舎者



86 :詠み人知らず:2007/06/17(日) 10:55:15
猫ですら
相手にしない
長谷川櫂

長谷川櫂、実名・長谷川隆喜に関して
さらに一句

増上慢に
膨れ上がった
田舎者

かったい(癩患)の山出しチョン風情に
これ以上のさばらせてはならないぞ!


87 :詠み人知らず:2007/08/03(金) 00:40:45
雷鳴の
響きに伏せて
猫の耳

88 :詠み人知らず:2007/08/03(金) 11:42:33
女教師に
悪戯に及ぶ
長谷川櫂(本名・長谷川隆喜)

変態の長谷川櫂、実名「長谷川隆喜」なる変質者の田舎者は
幼児期から肥満体で天性愚鈍な人三化七としか言い様のない
奇怪な容姿の化け物だった。
誰にも相手にされないので女教師にまで卑猥な振る舞いに
およんだと聞いている。
今は東海大学で俳句詠みの肩書きで授業を担当させて貰ってるとか
  要注意だ!
描柔にして陰険卑劣な長谷川には!

89 :詠み人知らず:2007/08/18(土) 07:23:07
ガラス越し
金魚と戯れる
子猫かな

90 :詠み人知らず:2007/08/27(月) 07:32:15
ががんぼの 一点見つめし
 猫の目よ


91 :詠み人知らず:2007/10/06(土) 23:11:10
秋深し
寝床をかえる
忍び足

92 :いろは:2007/10/06(土) 23:42:33
鬚斬りて
鼻に芥子を
塗らる猫

93 :詠み人知らず:2007/10/22(月) 21:44:55
>>91
忍び足だけでは・・・

94 :詠み人知らず:2007/10/29(月) 05:46:45
長谷川隆喜(偽名・長谷川櫂)という変態は子供の頃から
猫を惨殺したり、放火をしたりして楽しんで居たと聞いたことがある。
こうした動物虐殺者だから、某所で起きた少女刺殺事件に関係して居る
と思われているようだ!
長谷川は熊本県下のチョン部落の出身で、未成年に対する猥褻行為か何かが
発覚しそうになった為、新聞社を解雇されたというイワク付きの前科者らしい。
そのくせ、手蔓を頼って今では東海大学で俳句の授業を担当させて貰って居る
とか!  この変質者には要注意!要注意!!

95 :詠み人知らず:2007/11/01(木) 15:53:11
砂庭にて
梅花を残す
猫の跡

96 :詠み人知らず:2007/11/01(木) 18:59:53
コタツ入り
猫と添い寝の
夜明けかな

97 :百舌鳥:2007/11/01(木) 22:55:14
前んちの
猫ボンネットに
梅の花


98 :詠み人知らず:2007/11/03(土) 21:54:58
猫の手も
借りたいでもそれ
前足じゃね

99 :詠み人知らず:2007/11/05(月) 06:09:07
年賀状
子をくわえてる
猫描く

100 :詠み人知らず:2007/11/06(火) 02:39:56
原油高
猫が暖房
抱き枕

101 :詠み人知らず:2007/11/10(土) 20:05:17
ストーブの
音に駆け寄る
人と猫

102 :詠み人知らず:2008/01/30(水) 23:47:56
人にもたれ
猫に寄り添う
鱈の汁

103 :詠み人知らず:2008/02/02(土) 23:41:58
にゃんにゃんにゃん
みぃ〜にゃんにゃん
ふぅ〜ごろにゃん

104 :詠み人知らず:2008/02/10(日) 14:22:41
フ〜な〜お
ぉ〜お〜な〜お
ぅ〜な〜お



105 :詠み人知らず:2008/02/10(日) 15:32:40
上二匹
サカル季節にゃ
早すぎる


106 :詠み人知らず:2008/02/10(日) 16:24:17
ねこなべの
いみがわからず
ねこを煮た

107 :詠み人知らず:2008/02/23(土) 22:18:51
ねこの手を
借りて墨絵の
梅の花

108 :詠み人知らず:2008/02/24(日) 02:17:39
ふたばなの
ねこもほてるの
さくらいろ

109 :詠み人知らず:2008/02/24(日) 04:29:19
猫の恋
春の嵐の
如くかな

110 :詠み人知らず:2008/03/01(土) 10:53:56
春眠のねこに小路をさえぎられ

111 :詠み人知らず:2008/03/04(火) 14:00:00
猫鍋を食ってみたけど不味かった

112 :詠み人知らず:2008/04/23(水) 21:59:14
postmaster@todaimori.jp

113 :詠み人知らず:2008/04/24(木) 08:41:05
涼しさや
ひょんなところで
伸びる猫


114 :詠み人知らず:2008/05/23(金) 23:17:53
長谷川隆喜(「長谷川櫂」は偽名)とか名のる自称
俳句詠みの変態老人が引き籠もりになったという噂だ。
もともと変質者で、精神分裂症の血筋の長谷川は、
世にも醜い化け物みたいな外見をしているから、
人々から石を投げつけられるのを恐れて、
ただ閉じ籠もっているだけなのかも知れないけれど・・・。
讀賣新聞に雇われていた頃には未成年に対する性的悪戯をはたらいて
問題になったが、うまく揉み消して貰ったという前科の持ち主だそうだ。
このおぞましくも臆病愚鈍で無知無教養な下賤の長谷川は、
「一日も早く硫化水素で自殺してしまうといいのに」と
近隣の住民や子供たちからも切に念じられているらしい。
熊本県下のチョン部落出だという長谷川について知りたい人は、
「長谷川隆喜」で検索してみるとイイだろう。
この長谷川は自殺する勇気も無い臆病者だから、さっさと誰か叩き殺してやれ!

115 :詠み人知らず:2008/05/27(火) 22:45:48
春秋の世に耳振って猫眠る

116 :ほんげばー ◆YXRPXFe.1. :2008/05/28(水) 11:50:08 ?PLT(30678)
青葉栄え
次に気づくは
猫の声

117 :詠み人知らず:2008/05/29(木) 00:28:06
悠然たり大なる鯉と白き猫

118 :詠み人知らず:2008/06/20(金) 02:21:51
半島へ 強制送還せよ 長谷川櫂
変態の 長谷川隆喜 未だ死なぬ
長谷川は 幾らカネ積もうとも 断られ
長谷川櫂 死に損ないの 化け物さ
愚鈍なる 山出し 天下の 嗤い者

おぞましい変質者の長谷川櫂=長谷川隆喜は、
口を開いては愚鈍無比、無知無教養の限りを
さらけ出し、生き恥をかき散らしてまわって居る。
最底辺の東海大学でも皆の嘲笑と軽蔑の的に
なっているのは当然のこと、讀賣新聞社に於いても
前代未聞の醜悪卑劣な出来損ないとして悪評嘖嘖たるものだとか。
風俗街でも金銭の多寡にかかわらず一切木戸をつかれて断られる体たらくだ。
こんな熊本県下のチョン部落出身の不逞鮮人が今も日本の片隅に生きている
という事実こそ実に嘆かわしい限りではないか!
早く長谷川が汽車に轢かれてバラバラの轢死体となる日が来るように!

119 :詠み人知らず:2008/06/24(火) 07:37:45
梅雨晴間
 猫追い越さぬ ようにせし

120 :詠み人知らず:2008/06/27(金) 00:39:58
五月雨よ
邪魔するなかれ
猫の恋

121 :後衛ですが:2008/08/17(日) 07:28:15

ゆふすずみうへにさぶらふおん猫も

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)