5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カービィのきらきらきっず

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:06:34 ID:WrIiCJvD
スーファミ版です。タイトル画面でカービィが王冠をかぶるんだって!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:19:29 ID:O2H9fjd4
ゲームボーイ版も王冠かぶるけどね

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 07:28:54 ID:096MOens
曲の出来がいい。GB版のものをうまくアレンジしている。デデデの曲は何度聴いても飽きない。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 23:50:28 ID:pz1Unv92
ラウンドクリア面白い

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 19:34:39 ID:yz9pVJID
さすがマイナー作品www

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 10:25:22 ID:KCUtbXnN
このスレは「ない」わw

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 23:01:55 ID:4+msn6kQ
ROMカセット版持ってるよー

ニンテンドウパワー終わっちゃったね・・・

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 13:12:12 ID:hY5r882S
俺は新品で買った。
GBよりも消えるのが速くていいな。久々にやりたくなってきた。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 08:22:42 ID:NVawwIH4
>5
うるせーハゲ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 21:46:59 ID:JS5aDyVF
GB版のチャレンジをムダに頑張ってた記憶が・・・
帰省の時の暇つぶしにいつもお世話になったさ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 22:13:05 ID:hO2w/VQj
タイトル画面に王冠かぶるらしいけど
かぶんないのはどうして?
タイトル画面ってSTART PUSHってカービィが手を振ってるところですよね?
ちなみにSFCです

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:31:11 ID:kre+cZKq
>>11
・ラウンドクリア100%
・おはなしモードでグリル撃破

他にタイムアタックやチャレンジモードでも何か条件があったような気がするが…

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:36:10 ID:hO2w/VQj
>>12
してるはずだけど、出ない・・・
もしかしてなまえ登録してる全員がしないといけないのかな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:52:05 ID:kre+cZKq
>>13
それはないと思う。俺だって1ファイルでしかプレイしてなかったから。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/23(金) 23:00:08 ID:DoqpXtDC
<SFC・ラウンドクリアモードまとめ>
(ラウンド/ゲットすべき星の数)
【ふつう】     【たいへん】    【すごい】    【めちゃすご】
1…4       1…20       1…60      1…100                      
2…5       2…23       2…61      2…100               
3…6       3…26       3…62      3…102                    
4…8       4…28       4…64      4…102              
5…10      5…30       5…65      5…104                
6…11      6…32       6…66      6…104                
7…12      7…35       7…68      7…106                 
8…13      8…36       8…70      8…108                
9…15      9…38       9…72      9…110               
10…17     10…40      10…75     10…112
          11…32      11…73     11…104
          12…35      12…74     12…106
          13…38      13…75     13…108
          14…40      14…76     14…108
          15…45      15…77     15…110
          16…46      16…70     16…110
          17…47      17…72     17…110
          18…48      18…74     18…110
          19…49      19…75     19…110
          20…50      20…80     20…110
                     21…81     21…120
                     22…82     22…123
                     23…83     23…126
                     24…84     24…128
                     25…85     25…130
                     26…86     26…132
                     27…87     27…134
                     28…88     28…136
                     29…89     29…138
                     30…94     30…140
                               31…150
                               32…156
                               33…166
                               34…167
                               35…170
                               36…174
                               37…174
                               38…176
                               39…178
                               40…200


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 08:17:50 ID:ncKKI5lK
 また   \.       (_,, ┃┃ ノ      /.  /  ,, ┃┃ ヽ      
 .会おう   \      ● ▽丿      ./  ∪/ ̄ ̄ ̄ヾつ     
      , -─-\        ●      ./    ||      /       
    (⌒) ┃┃ \     ∧∧∧∧∧/     ||      /  第三次大戦だ      .
 .rt-;ヘ! ゙:,'' ∇ '' !‐\  .<       >     ||     |        
.,rl. | ! !  _,ヽ_,.ノ‐、  \<     カ >    ヽ\___ヽ       
ヽ!_f_i_,」‐´ _ ̄)ー‐ '   <  の .|  >     し    ∪       
――――――――――‐<  予  ビ .>――――――――――――
               .<  感  ィ  >                 .
 /||\    /||\    <.  !!       > またコマンドー部隊を結成したい          
c\▽/っ c\▽/っ   /∨∨∨∨∨\           君さえよければ     
 ● ̄●   ● ̄●    /  ,-、    ,-、 \       r~´ ̄ヽ_         .
                /.  |  .l    |  .l  \.     i ,,・∀・lノ   
まだ誰か残っているか?/.   |、_ノ|   |、_ノ|   .\   (ノ___.ノ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 17:11:13 ID:7k9EyY5p
カワユスWW

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 19:32:32 ID:DKnxaR9R
>>15
一発でクリアできるステージはどこ?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 20:32:00 ID:gy19Z47W
>>18
5の倍数ラウンド。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 13:47:41 ID:Nis+eynR
>>14
もしかして、ROMソフトじゃなくて
ローソンで書き込んだやつだからかな?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 08:21:07 ID:86exCKVT
>>19
GB版は4の倍数だな。
前半のレベルはヒントが出るけど、後半はヒントなし。

「すごい」のステージ4と16は、工夫が要る。
「めちゃすご」は4の倍数のステージでも、一発でクリアできるのがなかったような

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 08:23:04 ID:86exCKVT
SFC版のはなぁ・・・
「めちゃすご」の最後の39ステージが初めは辛かった。

スタートして2マス分しかスペースがないし、間違えると即死だったし

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 22:04:10 ID:sqg/bPLN
>>21
ラウンド48は一発クリア可能

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 22:08:01 ID:DuXb9546
>>23
ラウンド20とかもね。
っていうかラウンド40(GB)の最初の配置…何もしなくても勝手に消える…

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 01:03:42 ID:OjhF/+Cf
ラウンド48は知ってたけど、他は知らなかった…

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 22:07:58 ID:LFKgR5kw
>>24
なんかもう同じ柄が重なってるんだっけ。
それにあのラウンドはめちゃすごの中で一番初期数が少ない

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 23:38:16 ID:zBAzKhRO
スーファミきらきらきっずのスレがあるとは感激。

おはなしモードのコックカワサキとメタナイトの曲が好きだー。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 23:29:36 ID:ekyyOECl
きらきらきっずってパズルゲームの中ではかなり簡単なゲームだけど、
もし仲間パネルを6種類にしたらどうなるのかな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 08:16:24 ID:fcrwxprI
>>28
6連鎖も厳しくなりそうだな。溜めても同時消しで一気に消えてしまいそう。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 20:10:27 ID:mtKKHYUr
タイムアタックで269を記録した俺が来ましたよ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 06:03:48 ID:S4H8HpEx
タイムアタックなんて半分運さ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 12:49:17 ID:SCsTlJR7
きらきらきっずかぁ
SFC版探してみようかな…

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 20:05:10 ID:RfOKJolz
何故かカービィ関連のゲームはこれしか持ってなかったけど結構面白かった記憶がある
今度きらきら買いなおすか。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 22:40:03 ID:lTxD5Bxb
キャラが幼く見えたなぁ、これ

しかし、対戦相手に花がでるとは・・・

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 06:50:46 ID:RMIqaD2Q
ラブリーが♀キャラだと気付いた唯一の作品だった

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 19:54:06 ID:916J5X9a
メタナイト「星のかけらをおいてけ〜」

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 23:07:13 ID:t1+M+51E
これだけ持ってない…

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 13:43:17 ID:09ZXMZo+
チャレンジモードで☆の数に応じて曲が変わるのがいい。
次の曲が聞きたくて止めたくてもやめられず結局2時間ぶっ続けでやってた。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 11:26:20 ID:4zcQ1Bv7
>>37
俺もこれだけ持ってない
SFC版があれば買おうと思うんだが…

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 19:53:27 ID:moAUiR8f
カービィのパズルゲーって新鮮だよな
今思うと

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 23:58:45 ID:zmroW8U0
何処探しても売ってません…
持ってる人が羨ましいです。

まぁゲームボーイの方はもってるけどさ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:06:28 ID:2cUZ4m5Q
妊娠専用ゲームでつ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/08(日) 03:17:01 ID:ZdGzNF2J
GB版のタイムアタックのアベレージが大体165、最高スコアが206
運良けりゃ210は超えそうなんだけどなぁ。。
ぷよぷよみたく計算して積む事ができるようになれば期待できそうだが今の力じゃむりぽ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 06:55:11 ID:lNKlZDlt
わひょ〜

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 13:16:03 ID:iMCXyJ6E
うーん、はくりょく…

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 02:48:09 ID:h7T35F8G
キャラが皆おかしくないか?w

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 15:51:49 ID:bljBB+N5
メタナイト「ほしのかけらをおいていけ〜」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 16:52:05 ID:U+l/LLr1
ヌー

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/04(土) 02:05:40 ID:rkMry9Y3
>>48
不覚にも吹いたw

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/08(水) 21:12:09 ID:/mme2vbZ
下村カービィ作品だったな。
カービィが日本語を喋ることでも有名。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 10:13:43 ID:YSc+ick+
ゲーム説明のカービィの
「すごいでしょ?すごいでしょ?」見たいな事
言ってたのが可愛かったな

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 00:51:03 ID:DEvQvACW
保守

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 23:19:54 ID:Er6poGb4
グラフィックは3がベースなのかな(対戦画面)
パステル調は好き

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 03:04:39 ID:2MUyF22j
そうだよ
ラブラブステッキぶんまわして攻撃するし

それにしてもきらきらの世界観が平和すぐる

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/02(日) 11:19:44 ID:OPnvcxvs
きらきらきっずのvsデデデアレンジは神。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 19:56:20 ID:Iflpekcp
そう言えばきらきらきっずのキャラってほとんどアニメに出てるよな

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/08(土) 20:26:31 ID:JcsHwRuR
一応きらきらキャラを並べておく。

カービィ
ほしくん
リック
カイン
クー
チクタクJr.
ワドルディ
ポピーブロスJr.
ラブリー
ナックルジョー
コックカワサキ
メタナイト
デデデ大王
グリル

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/14(金) 01:50:12 ID:MLvYpbs8
                                   ィ⊃ ∵
                                  ι′       ∩
                           ⊂ヽ              ヽヽ
                             ):)      :∩       `J
                            ι′       ヽヽ
                     :∩ ∴            ι′・ ∴゚
                      ヽヽ                          ⊂ヽ
                      ι′        ∩                  ):)
                 ∩              :ノノ ゚                し′
     ,,------ 、      ノノ              ∪           ∩
    /: ____▽,,,,,,_ヽ    。:∪・      ⊂ヽ                  ノノ           ∩
   }ミi::ェェヮi ト.ェェ-iミ /⌒v⌒\      ):)                ι′           ノノ 。
   ヾ::/イ__l丶 r'1ノ   ノ     )    :ι′        :∩ 。                ( (
    }::l:: ゝ--イ :l :{.^\      |               ヽヽ                  ヽj
    ト!;;_`二´_,,!イ|  |    ノ  :|         ∩     ι′
     |  |__三___|  |_/|   |         ノノ                 ∩           :∩
     |  |      ヽ|  ト'   |   |/^ヽ    ι′                 ノノ ∵         :ヽヽ
     |  |         |  |_/ ヽ__人_ノ                       ∪            ι′
   ⊆, っ      と-っ

浣腸プレイで感じ過ぎたら実が出ちゃった・・・

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 19:43:01 ID:YyfM7dX1
保守

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 09:57:58 ID:P7XsZyv4
>>57

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 09:58:30 ID:P7XsZyv4
ほしくんは、いたっけ?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 13:13:20 ID:8rWmC7G3
アニメには出てないかも

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 23:08:11 ID:L5uJCiDz
出てないな。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 07:39:12 ID:eCo0vB5o
中古で売ってたので迷わず買った

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/21(日) 07:50:47 ID:JDRb5zAY
ほしゅ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 06:52:17 ID:9+DeyKDC
リメイクされねーかなー

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 17:27:01 ID:W5TP0t8o
リメイクよりきらきらキッズ2を出して欲しいと思う俺は異常

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/10(土) 19:32:55 ID:C99PJyOY
実際めちゃすごの音楽とか良かったしアレンジされたBGM聞きたい

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/05(水) 15:42:54 ID:u46G/NX2
………

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/10(月) 22:06:01 ID:/GPjsKIi
>>67
きらきら「きっず」だと何度言えば(ry

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 06:41:40 ID:0X2iUbYI
ほしゅ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 11:57:09 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 11:57:35 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 11:58:16 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 11:58:49 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 11:59:27 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:00:10 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:01:13 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:02:25 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:03:07 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:03:59 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:04:48 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:05:31 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:07:07 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:08:03 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:09:11 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:09:48 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:10:30 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:11:39 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:12:39 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:13:10 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:13:51 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:15:21 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:16:08 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:16:58 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:17:45 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:18:12 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:19:26 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:20:23 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:21:19 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:21:58 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:22:59 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:23:24 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:24:32 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:25:25 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:26:34 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:27:47 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:28:45 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:30:10 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:31:07 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:32:10 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:32:43 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:33:33 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:34:19 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:39:52 ID:Ggjng7Dd


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:45:44 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:46:55 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:47:23 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:59:30 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 12:59:52 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:00:57 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:02:14 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:03:24 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:04:44 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:06:21 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:06:42 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:07:51 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:08:34 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:09:26 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:11:08 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:11:46 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:12:47 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:13:18 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:14:30 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:15:58 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:19:16 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:20:02 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:20:45 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:22:04 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:22:24 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:23:06 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:24:07 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:24:45 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:26:15 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:28:34 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:31:22 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:32:52 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:35:11 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:36:36 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:37:13 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:37:44 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:40:15 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:41:21 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:42:00 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:43:05 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:44:43 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:45:52 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:47:41 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:49:26 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:51:51 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:53:06 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:53:48 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 13:54:43 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:00:05 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:01:03 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:01:56 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:02:19 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:02:59 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:10:32 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:11:47 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:13:32 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:15:14 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:16:04 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:17:03 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:18:21 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:18:49 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:20:04 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:21:44 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:30:24 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:33:58 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:35:42 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:36:12 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:37:23 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:38:25 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:39:56 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:40:48 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:41:50 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:45:30 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:46:47 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:47:38 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:49:29 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:49:55 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:50:32 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:51:55 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/15(火) 14:52:27 ID:Gn0Ka18W
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
あれ以来 収まりきらぬ天変地異は世界の姿を変え 事実は歴史に残ったがその当時の風の流れ方を覚えているものはいない
それゆえだれもがカノンの地下深く 呪縛されしベルサリアは憎悪を拡大し
プレイトを再び打ち破る術を開発していることに気付くことはなかった
あるとき聖剣を携えた男がカノンの一角に地下遺跡を発掘する
何もかも知り尽くしたつもりでいた人々は目の色を変えて遺跡の調査に乗り出すが
あふれ出るアビスの風が人々の深層への侵入をかたく拒む 唯一人
聖剣を携えた男は人知れず遺跡の暗闇の中へ消えていった
男は休まず歩み続け 人知を越えた古代文明に何の感動も示さず ただ遥か地下を目指していった
歩みを進めるごとにアビスの風が気をどす黒く染めるその瘴気はアビスの魔物すら砂塵へとかえしてしまうだろう
ただ聖剣のみがその行く先を照らしていたいくつかの星霜が過ぎた男がはじめて立ち止まったそこで見たものは
巨大で 形容し難い異形の魔物ベルサリアかつての人類の夢は ドス黒く脈打ち気を揺るがした
男は真っ黒に染まった聖剣を脈打つ魔物の中核へ突き立てるその瞬間 ベルサリアは静かに眠りについた
そして男は自らの血で聖剣を汚し 事切れる直前に聖剣を二つに割る
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
ベルサリアは名もなき男と共に 墓を同じくする聖剣の左翼ラメイザは 地中深くにて 彼の者の墓と成り 
聖剣の右翼テニルカは 誰にも知りえない 宇宙の果てを越えた領域へ投げ捨てられる
遥か昔この地上へ暗黒の柱が飛来し 母なる星を支えるプレイトを貫いた
その結果天変地異が嵐を呼び 嵐が死を呼び 死が死を呼んだ
「メルトン」と呼ばれた大破壊以来の惨劇であると 後の人は口を揃えて言う
その諸悪の根源はあるひとつの島ベルサリア それを動かしたのは他ならぬ人類である
彼らはベルサリアを大地より引き剥がし 夜空を舞った
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない
しかし 大打撃を受けた者たちは再び立ち上がり 強力な武力へ立ち向かう
その結果 絶望的と見られていたレジスタンスの勢力は思いもよらぬ成果を挙げ
やがてベルサリアは大海原へと堕ち日がまた昇る前に沈み プレイトの穴を埋めた
その遥か後 大きな争いも無くマい小競り合いを繰り返しつつも 人類は次第に穏やかになっていた
北半球に位置する2番目に大きな大陸のすぐにでもちょん切れそうな半島カノン
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど
その土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいないその土地が浮上したベルサリアであるなど誰も気付いてはいない

504 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)