5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【死体袋】ドラゴンウォーズ【ポイ捨て】

1 :NAME OVER:03/06/21 20:52 ID:UTsp0ff+
立ってないようなので立てますた。


最後のボスにガクガクブルブル

2 :NAME OVER:03/06/21 20:54 ID:UTsp0ff+
寂しく2ゲト

3 :NAME OVER:03/06/21 20:57 ID:/i9WCDl3
激しく3ゲト

4 :NAME OVER:03/06/21 21:08 ID:???
確か、街一つ滅ぼせるゲームなんだよな。

やってみてぃ

5 :NAME OVER:03/06/21 21:16 ID:UTsp0ff+
>>4
そう。やりかたによっては救うことも出来るし、滅ぼすことも。
町からの脱出方法も様々。最初は裸にされてスラムに放り込まれて
からのスタートだし。

FC、PC98以外に移植されてたっけ?

6 :NAME OVER:03/06/21 21:23 ID:???
6?

7 :NAME OVER:03/06/22 08:53 ID:eJ2Bk6s4
シチズンがおそいかかってきたage

8 :NAME OVER:03/06/22 08:55 ID:???
シチズンって「市民」って意味だよな。

9 :NAME OVER:03/06/22 09:07 ID:???
PC版では、最初の町の門番と戦闘になると、
「この衛兵は王立兵学校の槍学科を主席で卒業している。」
なんて書かれてて笑った覚えがある。

10 :オープニング:03/06/22 19:23 ID:???
こうせいシリウスの まわりを まわっている
ちいさな わくせい オセアナ・・・。

オセアナには おおくの しまじまが
てんざいしている。

しかし ときとして しょうじる あらしや
ふくざつな ちけいのため
かいじょうの ゆききは むずかしい。

そのため しまと しまの あいだは
じっさいよりも とおく かんじられた。

11 :NAME OVER:03/06/23 01:43 ID:NIFiZHSW
ミシ)

12 :NAME OVER:03/06/23 21:09 ID:+g9d5Bq0
あげ

13 :NAME OVER:03/06/24 00:49 ID:Zvqcjsql
>>5
X68版で何度かクリアしますた。

「狂人」とか「奴隷」とか、キワドイ表現がたくさんあるけど、
あの独特の世界観はよかったなー。

14 :NAME OVER:03/06/24 05:27 ID:ZRW9u1EX
PC/AT版(オリジナル版)持ってるけど、日本語版と比較して
別物かと思うくらい、ローカライズの際に作り直されてるんだよね。
オリジナルでは音もBEEPのみだったし、グラフィックも粗いし
>9の言うようなギャグもほとんどなかったな。
当時のスタークラフトはいい仕事してたなぁ

15 :NAME OVER:03/06/24 19:29 ID:zUHeeOdN
何気に良作だと思う。PC版の、だんだん敵が近づいてくる感じが好きだ。

16 :広告:03/06/24 19:45 ID:IoQM2cbr
おお、懐かしいですな。町から出る手段がかなりあったような気が。
M&Mとかと同系列なんだろうけど、結構面白かったなぁ・・・戦闘シーンの曲が好き。

>14
PC版はスタートレックのキャラが出てきましたね。いかにも洋ゲーっぽい。

うちの盗賊は途中から魔法が使えたんだけど、バグなんだろうか??

17 :NAME OVER:03/06/24 20:07 ID:zUHeeOdN
漏れ、IDがうへぇぇおどんだ

18 :NAME OVER:03/06/24 20:32 ID:???
>>8
市民を殺しちゃいかんよな(w

19 :NAME OVER:03/06/24 20:50 ID:???
最強武器の名前、なんだったっけか

20 :NAME OVER:03/06/24 22:15 ID:???
某所で手に入れて、FC版プレイ中。
オモロイな、これ。スレ名の意味がようやく分かった。

最初の町出た後、どうすればいいのか・・・

21 :NAME OVER:03/06/24 23:19 ID:ZRW9u1EX
世界観がいいよね。
太陽に近づきすぎ寿命が尽きつつある惑星上で、各国間が絶え間なく
戦争を繰り返している。そこへ一旗揚げようと町に出てきた主人公が
無実の罪でつかまり、無一文・裸のまま町に放置される、、
って最悪の状態から始まるのが泣ける。

>>16
町から脱出する手段はネタバレになるけど、「闘技場で6連勝する」、
「死体袋にまぎれこみ海に捨てられる」、「奴隷商人に自分を売ってもらう」、
「低い壁をよじ登る」、「隠し穴を見つける」、「ナムター像を動かし逮捕される」
あと他に方法あったっけ?

22 :NAME OVER:03/06/25 21:09 ID:k91aFoA4
>>21
うろ覚えだが、「正面突破」も無かったっけ?門兵ヌッコロシの。

しかし、ナムターって名前見ただけでものすごい懐かしさに囚われたよ

23 :NAME OVER:03/06/25 21:15 ID:???
おお、懐かしい・・・思わずカキコ。
洋ゲーなんだが、戦闘バランスがすごく良くてサクサク楽しめた覚えが。
FC版は青いカセットだったよな。

24 :NAME OVER:03/06/25 21:16 ID:???
>>23
発売元ケムコだっけか

25 :NAME OVER:03/06/25 21:33 ID:???
レベルアップ時のボーナスポイント振り分けが良かった。自分好みのキャラが作れる。
WIZのように、敵がアイテムイパーイ落とせばなお良かったかも。
つーかWIZ厨カエレですかそーですか。

26 :NAME OVER:03/06/25 21:43 ID:???
>>16
ローマジックのスキルを取れば、誰でも魔法使えるよ。
専門職には遙かに劣るが。しかしレッサーヒーリングは序盤かなり使う機会が多かった。

27 :NAME OVER:03/06/25 22:26 ID:???
自由度高かったなあ・・・高すぎて何したらいいか
わかんなくなって投げたけど。
ファミコン版のやつ、パッケージと説明書に書いてあるやつと
本編オープニングそれぞれ微妙にストーリーが違ってるのは何故(゚Д゚)

28 :NAME OVER:03/06/26 03:43 ID:???
ナムターたんハァハァ


29 :NAME OVER:03/06/26 13:26 ID:???
ドラゴンウォーズキター

独特の恐怖感がたまらん。
このセンスは洋ゲーならでは。
ケムコ唯一のGJ。ナイス移植。

30 :NAME OVER:03/06/26 21:05 ID:???
>>19
自由剣

31 :NAME OVER:03/06/27 16:35 ID:pWR7eLaq
>>30
フリーダムソードか、思い出した。強さが二段階あったよね。

しかし、アンダーワールド罠だらけなのにはワラタ

32 :NAME OVER:03/06/27 16:45 ID:???
>>25
Wizファンも大歓迎。
どっちもいい意味で洋ゲーっぽいしね。

33 :NAME OVER:03/06/27 17:25 ID:OUBeElHe
お、上がってる。マイナーゲーなのに・・・w
>>25
俺も好きだったよ、ボーナス振り分け。スキルレベルをより上げて
確実なものにするか、はたまた弱点ステに振り分けて全体的に強化するか。
「ううむ、コストパフォーマンスがなあ・・・」とか覚えてたての言葉使いながら
うんうん唸ってた。それがとても楽しかったな。

34 :NAME OVER :03/06/28 02:08 ID:Wx2yDnFB
イルカラage

35 :NAME OVER:03/06/29 21:37 ID:0JAusQT4
これってバーズテイル3の人が作ったんだっけ?
(間違ってたらスマソ)

IBM-PCでは、WizとかUltimaとかバーズテイルとかから
プレーヤーデータを引き継げたらしい

36 :NAME OVER:03/06/29 23:54 ID:???
これって今でも電池大丈夫?

37 :NAME OVER:03/06/30 00:10 ID:???
とりあえずうちのはまだ大丈夫・・・
かと思って三年ぶりに起動したら消えてたよ・゚・(ノД`)・゚・
それにしても、移動速度の遅い事。

38 :NAME OVER:03/06/30 00:15 ID:???
>37
そっか、アリガトd(′ε`*)
通販で安く見つけたんで、また買ってみるかな・・・

39 :NAME OVER:03/06/30 06:06 ID:???
このゲームのセーブ形式はめちゃくちゃ頑健だから、
よほど電池が消耗してしまわない限り、まず消えない。

40 :NAME OVER:03/07/01 21:58 ID:???
ageつつ・・・

自分はFC版しかやったことないか、コマンド型ながら「距離」の概念がすごく良かった、
という印象がある。敵まであと50、敵の移動量と自分たちの移動量を
計算して、敵の射程内に入るまでに如何にダメージを与えるか。
消防ながら頭使ったな。ま、最後は距離0の乱戦になるわけだが。

41 :NAME OVER:03/07/01 22:52 ID:???
近接したらポイント攻撃しか使わなかったな。

42 :NAME OVER:03/07/01 23:32 ID:i1J8I9Dm
わずか40レスだけど、ここまで「クソ」とか批判めいたことが出ないゲームってのも珍しいですな。

通販で買ってやってみよっかな・・・。

43 :NAME OVER:03/07/01 23:43 ID:???
36ですが通販申し込みました(・∀・)
ほとんど忘れてるので楽しみです。

44 :NAME OVER:03/07/01 23:47 ID:i1J8I9Dm
>>43
自分42ですが、買われましたか。プレイしたら、是非感想聞かせてくだされ。
興味はすごくあるんですが、洋ゲーということで二の足踏んでます。。。

45 :NAME OVER:03/07/01 23:50 ID:???
>44
個人的には二の足踏まなくてもいいと思いまつ。
洋ゲーだとは知らずにやってても
凄く楽しかったのは覚えてるんで(・∀・)

46 :NAME OVER:03/07/02 21:05 ID:???
いやでも序盤のつきはなしっぷりは洋ゲーだと思うよ
いきなり素っ裸で放り出されるから回復ポイントにたどり着くまでが大変だし。

「ウッドスピリットに戦闘を任せて、北の闘技場で武具持ち逃げ」

これ知らないと序盤こそが最難関になる

47 :NAME OVER:03/07/02 21:08 ID:???
>46
ああーそうか・・・

という事で45の意見は気にしないでくだちい(つД`)

48 :NAME OVER:03/07/02 22:11 ID:???
最初、武器が見つからないからひたすら拳を鍛えてた記憶・・・

49 :NAME OVER:03/07/02 22:21 ID:???
>48
じ・・・自分も・・・

50 :NAME OVER:03/07/03 15:28 ID:???
>>48-49
オマエモカー

拳鍛えて、そこらをうろついてるチンピラを
撲殺できるようになったころ闘技場に入って
武器防具もらって、えらく楽勝したのを覚えてる。

…たしか闘技場だと全滅しても死亡扱いにならないうえに
武器防具はそのまま持っていけたよね?

51 :NAME OVER:03/07/03 21:27 ID:???
つか闘技場は逃げるだけでHPMP完全回復できたからな
宿屋代わりですよ

52 :NAME OVER:03/07/04 17:00 ID:???
ファーストプレイでなにもわからず像動かして捕まった。
ほとんどプロガトリで活動しないまま捕まった。
それでもクリアできた。

53 :NAME OVER:03/07/07 09:02 ID:???
PC版もやってみたいな。
どこかでWIZのデータをまんまコンバートできるって読んだけど、ほんと?

54 :NAME OVER:03/07/07 14:15 ID:???
俺のファーストプロガトリ脱出は死体袋でした。

…つーか仮にも冒険者を名乗る人間が、素手とはいえ
クモやチンピラ相手に苦戦するなと。
んでもってなんで街中をジャイルキーパー(看守)が
うろついてて、しかも襲ってくんのさ?
倒しても誰も咎めに来ないしw

55 :NAME OVER:03/07/07 20:51 ID:???
全マップを作成してたサイトがあったと思うんだけど、閉鎖しちゃったかな。

56 :NAME OVER:03/07/07 21:59 ID:???
脱出する時は海を泳いだ気がする
どういうルートだったかな・・・
嬉しさのあまり一人溺れるのも構わず突っ込んでしまった(w

57 :NAME OVER:03/07/10 00:10 ID:???
街はずれの堅い固定敵たおして外壁沿ってくルートか?

58 :NAME OVER:03/07/10 00:34 ID:???
>57
そうだったかも。
その後戻って色々試して見て、脱出方法がたくさんあることに気づいた時は
なんてすごいゲームなのかと感動した。

59 :NAME OVER:03/07/10 16:26 ID:???
「ちしき」って役に立った覚えがないのだが…

60 :NAME OVER:03/07/10 16:26 ID:???
あ、魔法以外ね

61 :NAME OVER:03/07/10 20:29 ID:2WYCBIQR
ageるぞモルァ
>>59
山やら森やら町やらあったと思うが、対応するマップに入ると説明が出る。
出るだけ。その分コストは低くなるんよ。
でも、あたしは取ってました。なんか妙なリアリティがあったからなぁ。

62 :NAME OVER:03/07/10 22:17 ID:???
マウンテンソードの装備条件

63 :NAME OVER:03/07/10 22:23 ID:igDU3aWk
>61
なるほど自動だったのね。
最初に手動で使わされたから、自分でやらないと出ないもんかと思ってた。

64 :NAME OVER:03/07/10 23:22 ID:DMOy4jLI
す、すまん。
このゲームは攻略本読んでクリアしました・・・BNNの、ドラゴンウォーズハンドブックっての。
これによると、クリア時の点数は4000くらいが上限だそうで。

しかし、これ見ながらクリアしたの10年位前だ・・・もう忘れてるから、これ読まないでもう1回プレイしてみるかな。

65 :NAME OVER:03/07/10 23:52 ID:???
>64
その本ってファミ版でも使えます?

66 :NAME OVER:03/07/11 03:05 ID:206Frmdz
このゲームって攻略本無くてもクリアできるよ。
漏れはPC版だったけど。

67 :64:03/07/11 03:13 ID:???
ググったら売りに出されてたので申し込んでみますた

>66
2度目は本見ながらやってみようと思っておりまする
単に読むのも好きなので(´∀`)

68 :65:03/07/11 03:14 ID:???
名前欄間違えた・・・
すんません>64

69 :64:03/07/12 07:54 ID:2enkJ/bm
>68
気にすんな(笑
ファミコン版はやったこと無いのでわからんけど、PC版とファミコン版がほぼ同じなら使えるでしょうな。
1回目は自力で解いて、2回目は読みながらこんな解決法もあるのかーてな感じでプレイするといいかも。
パーガトリーからの脱出方法だけでも5通りあるようだし。

70 :61:03/07/13 18:24 ID:NhJYwq6I
>>62
しまった、それを忘れてた(;´Д`)

もっかいやり直してみようかな。さて、FCとカセット探さなきゃ・・・・。
腐ってなきゃいいけど。

71 :山崎 渉:03/07/15 10:29 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

72 :山崎 渉:03/07/15 13:34 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

73 :NAME OVER:03/07/16 14:15 ID:xj+q+W4A
ぎじゅつ>のうりょく>のぼる

74 :NAME OVER:03/07/21 01:28 ID:???
絵がユラユラするのがいいね。

75 :NAME OVER:03/07/22 13:46 ID:???
ドラゴンフォーススレと間違えた_| ̄|○

76 :NAME OVER:03/07/22 19:17 ID:???
      ○  ドンマイ
     //)
_| ̄|○ くく

77 :NAME OVER:03/07/22 20:22 ID:???
       ○
     /ヾ|>
_| ̄|○ .<


78 :NAME OVER:03/07/22 21:51 ID:???
ワロタ

79 :NAME OVER:03/07/24 01:41 ID:y0RXazvv
この場所なにか怪しい。
よーし、スキル使っちゃうぞ。
で、ちゃんと効果がある。
解決法は一種類でなく、キャラの持つスキルをいろいろ活かせる。
何気に、最もテーブルトーク的なRPGだと思ってる。

あ、最強の剣は竜の死骸からいくらでも拾える牙だと思うよ。
両手で持てるし、投げられるし。


80 :NAME OVER:03/07/24 01:51 ID:y0RXazvv
っていうか、当時のスタークラフトのパッケージ絵は、ビキニ鎧から
半ケツはみ出した女戦士とか、妙にえっちだった。

こっそり「ストリップルーレット・ロリータ編」なんか出してたのは
公然の秘密。『小学○年生』と明記されてる娘を脱がすゲーム。
わざわざメーカー名変えてたのに、5インチFDの袋にしっかりと
「スタークラフト」のロゴが入っていたのが微笑ましかったです。


81 :NAME OVER:03/07/24 02:02 ID:zAbGxrrB
>>80
カレンダー入ってたよな
押入れにまだあったかも

82 :NAME OVER:03/07/25 02:28 ID:???
キャンプとかにいる病人の絵が怖いです

83 :NAME OVER:03/07/28 21:46 ID:72Ijkzgx
ファミコン版の攻略サイトだったら、ここがオススメ。

ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Bingo/1913/kouryaku-/dw-main.html

ちなみにここで「?」になってるネイチャーアックスは
神秘の森にあったと思う。

84 :NAME OVER:03/07/28 21:50 ID:???
>83
おお、お世話になっとるサイトだ

85 :NAME OVER:03/07/28 22:55 ID:06+rujXD
死体袋ポイ捨て、つーかラストは死体を捨てるゲームなんだよな・・・

86 :山崎 渉:03/08/02 02:12 ID:???
(^^)

87 :NAME OVER:03/08/04 23:44 ID:o5hThd1f
あああ、とうとう山崎が・・・負けるか、age


ゲーム好きの友人に「このゲームオモシロカタヨ」と言っても、「そんなん女のやるゲームじゃない」
と一笑に付された。イイジャネェカ(;´Д`)

88 :NAME OVER:03/08/05 00:16 ID:???
>87
気にスンナー
自分も女だが大好きだぞ

89 :NAME OVER:03/08/13 20:10 ID:???
保守

90 :山崎 渉:03/08/15 15:47 ID:???
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

91 :NAME OVER:03/08/18 17:18 ID:TBbr8syH
このゲームにシャドウゲイトでおなじみの「セルフ」
コマンドがあったらすごいゲームになってたろうなぁ

92 :NAME OVER:03/08/19 00:01 ID:???
FC版だけかもしれないけど、武器のスキルを限界まで上げると
武器の種類に関係なく与えるダメージが激増してたような・・・
だから最後は射程距離だけで武器を選んでたような気がする

93 :NAME OVER:03/08/20 06:55 ID:???
>92
たしか素手以外だったかな・・・。


94 :NAME OVER:03/08/28 23:20 ID:iYuKIt45
なつかすぃ
昔、中古でFC版200円で買ってハマッタ。
もう一回やろっかな。

95 :NAME OVER:03/08/28 23:23 ID:???
名もなきゲームだと思っていたが
案外人気あるんだねぇ

96 :NAME OVER:03/08/29 04:19 ID:A/JMspOE
>>95
俺もそう思ってた。
まさかPC版があるとは思って無かったよ。
やっぱおもしろいモノは記憶に残ってるもんだね。

97 :NAME OVER:03/08/30 03:17 ID:???
マッシュルームsage

98 :NAME OVER:03/09/02 18:29 ID:???
後半はロビンにフリーダムソードを持たせて、頼りっきりでした。
ハリファックスは殺してしまった・・・。

99 :NAME OVER:03/09/06 21:28 ID:6KTKXSk0
ポイントがもらえる秘密の場所は知ってるかい?

100 :NAME OVER:03/09/07 17:43 ID:???
100000000000000

101 :NAME OVER:03/09/16 01:04 ID:???
保全

102 :NAME OVER:03/09/16 11:07 ID:???
前から興味あったんで買ってきました。
スレ保全の為にも、俺のプレイ日記としてここを勝手に利用します。
ヤメレというならすぐヤメますんで。
まずは俺のパーティーを紹介するよ。

基礎体力に優れるけど、殆ど何も能力の無い
世間知らずな坊ちゃん剣士。武器はソード

追跡・交渉・木登り・盗み・開けるなど優れたスキルを持つ
盗賊まがいな女剣士。町にも詳しい。武器はソード

精神・知識に長けた女僧侶。
武器はメイス。魔法はハイマジック(予定)

同じく精神と知識、そして素早い男魔法使い。森や洞窟にも詳しい。
武器はメイス。魔法はドルイドマジック(予定)

ここにアルリックが加わって、今のところ5人でプロガリトを探検中。
2時間遊んでほぼ歩き尽くした。闘技場のグラディエ−ターが
結構強くて苦戦したが、ディザームで攻撃力を落としからくも勝利を得た。
報酬として市民証を手に入れ、はれてプロガリトの市民となった。
これから裸の王様から頼まれた怪物退治に出かけるところだ。
現在パーティーの平均レベルは13。

1991年発売のくせに移動時のテンポが悪すぎるなぁ。
魔法にボーナスを割り振っても威力が変わらない気がするが・・・。

103 :NAME OVER:03/09/16 11:30 ID:???
>>102
ガンガレ
俺もまたはじめようかなあ

104 :NAME OVER:03/09/16 14:10 ID:???
そうだよなぁこのゲームはスキルの存在と、
キャラに関するイメージがほとんど存在しない事で
「キャラクター」を想像しやすいんだよね。

俺もパーティー暴露

一人目
木登り、盗み、開ける等、盗賊系のスキルを持ち、
すばやさと力に優れた剣士。イメージは忍者。
武器はやっぱりソード。洞窟に詳しい。

二人目
パワーファイター。根性(精神力)も入ってて戦闘では
パワーでゴリ押しパーティーの盾役も兼ねる剣士。
武器は斧とか両手もちの武器。山に詳しい。

三人目
回復系の魔法をつかさどる僧侶。治療や交渉など、
人と接する事が得意なザ・僧侶。
…だったんだけど後半は攻撃補助役も兼ねるように。

四人目
攻撃系の魔法をつかさどる魔法使い。
魔法への造詣が深く、また知性や精神力に優れ
強力な魔法でパーティーをサポートする。
…はずだったがほとんど何でも屋にw

105 :NAME OVER:03/09/16 20:28 ID:???
プロガリトーの外壁を登り、泳いで脱出した俺たちは
ディルムンのスレーブキャンプに身を寄せていた。
キャンプの住人はプロガリトーやフォボスなど、ナムターの
支配が厳しい街から逃げ出した人がほとんどのようだ。
支配から抜け出したという開放感からだろうか
貧しくはあるが住民の心までは疲弊していないらしい。
初の宝箱や魔法使いの爺さんからアイテムを入手して
貧弱な装備から一歩前進、充実とはいかないが
冒険に出発する体裁は整った。
焚き火で一息ついている時に老婆が差し出してくれたシチューは
戦いで傷つき乾いた心に人の温もりを再び思い出させてくれた。
新たな情報を求めキャンプを歩き回ると
キャンプ北の橋を渡ろうとしたが、番兵に見つかり
重傷を負わされた男がいた。粗末なわらのベッドで
熱にうなされる男を放っておけず、血止めの治療を施してあげた。
しばらくすると男は目を覚まし、自分がうなされている間に見た
夢の話をしてくれた。それはアンダーワールドで銀の鎖に
つながれ、必死に助けを求める女神の話だった。
男は話を終えると、血止めのお礼だと言って
「グレートヒーリング」「サンストローク」
の巻物をくれた。俺たちに巻物を渡すと
疲れたといって再び体を横たえて、そのまま眠るように
息を引き取った・・・。

現在パーティの平均LVは14
ピンクのクマと緑のニワトリみたいな敵に苦戦中
男を治療した後で再び訪ねてしまうと死んでしまうけど
治療してそのまま立ち去れば、男は回復するかもしれない
無理させてしまった俺たちのせいかも・・・。とか想像出来る
ゲームってRPGでも実際ほとんどないわけですよ。
こういうゲーム大好きです。

106 :NAME OVER:03/09/18 10:23 ID:???
むしろ、これこそ本当のRPG

107 :NAME OVER:03/09/21 22:27 ID:???
保全

108 :NAME OVER:03/09/22 17:10 ID:???
グラフィック的にはファミコン版のほうが味が出てたような気がするがどうか?

109 :NAME OVER:03/09/22 22:27 ID:???
敵がクネクネしてるとことか?

110 :NAME OVER:03/09/22 23:14 ID:???
>>105
おもろいね
もっと

111 :102:03/09/26 22:32 ID:D6tMJmBc
すんません。しばらくネット繋いでませんでした・・・。
でもちゃんとドラゴンウォーズで遊んでるから安心してよ!
じゃぁ俺の冒険の続きを聞いてくれ!

「フォボス」の地下で四大魔法使いの一人
「ミスタルビジョン」と戦闘。取り巻きの雑魚を蹴散らし
「距離」を1に縮めた時、奴は「サイクロン」の魔法を使い
俺たちは何度も後退させられた。くそっ、剣が当たらない!
魔法が届かない!今まで近づく一方で、あまり意味の無い値に
感じていた「距離」がこんなにもリアルに感じられるとは!
凄いよドラゴンウォーズ!マジデ!戦闘自体は楽勝だったけど。

フォボスの地下から脱出する際に手助けしてくれた
「ベレンガリア」の事を気にしつつ「フォボス」を後にする。
これで周辺地域で訪れていないのは「神秘の森」だけだ。

森をしばらく探索すると地下へ続く階段とドルイドを
支配していたという、なんとかって神様の祭壇を発見した。
地下への階段はともかく、祭壇ではどうアクションを
起こしていいのか分からない。他には何か無いかと
森を再び歩き回ると「マッシュルーム」を手に入れることが
出来た。そういや「フォボス」の酒場でこれが好物の神様が
いるとかって話を聞いたっけ。その後もしばらく歩き回り
「神秘の森」はあちこちへ続くワープ地点だということも
分かった。森で何をしていいのか分からないので
とりあえずちょっとだけ「北の島」にワープしてみよう。

112 :102:03/09/26 22:34 ID:D6tMJmBc
ワープした地点のすぐそばに、何か建物がみえたので
周りを踏破しつつ近づこうとしたその時、兵隊に周りを
取り囲まれてしまった!なんだ?一体どうしたんだ、
訳が分からないまま呆然としていると、兵隊はなんと
「ナムター」直属の「キングズホーム軍」だというではないか!
ということはあそこに見えている建物こそ敵の本拠地
諸悪の根源である「ナムター」のいる「キングズホーム」!?
まずい!俺たちはまだ伝説の武器とか神の祝福とか
手に入れて無いし!しかも「フォボスの地下」を出てから
セーブしてないし!なんとか戦闘を回避しようと
「交渉」でもしようかと思ったその矢先、俺たちは拘束され
「キングズホーム」の地下牢へと投獄されてしまったのだった・・・。
まったくよく捕まるゲームだ。

113 :102:03/09/26 22:36 ID:D6tMJmBc
「キングズホーム」の地下牢につながれた俺たちだったが
幸いなことに武器を取り上げられなかったので
なんとか地上へと脱出することに成功した。だがHPもMPも
底をつき始めている。やたらと宝箱に入っている「ドラゴンストーン」で
命を繋いでいるが、早いところ魔法の泉か宿屋で一休みしたいところだ。

ところで「キングズホーム」の地下で宝箱を発見し装備品が
充実したこともあり、アイテム欄が既に(いやその前からずーっとなのだが)
ギチギチ目一杯なので、頼みの「ドラゴンストーン」の受け渡しも
満足に出来ない。いつかこのアイテムが役に立つとか
思って、中々アイテムを潔く捨てられない貧乏性の俺には
ある意味で辛いゲームだ。しかし、いつかきっとこの
「パルチザン」を取っておいた為に、からくも戦闘に
勝利できたなんてことが訪れるに違いない!(んなわきゃない)

ドラゴンウォーズはプレイが進む程に俺の中では傑作として
認識されつつあるが、アイテム周りのシステムには
不満だらけだ。というかシステムの洗練と全体的な動作の
高速化さえすればこのゲームは本気で凄くなると思う。

来ない間にずいぶんゲームは進んでしまったけど
連続投稿もあれなので、今日の冒険はここまでだ。

114 :NAME OVER:03/09/27 12:24 ID:???
リプレイ(・∀・)イイ!
アイテムの整理は、預かり所みたいなのがあれば
まだマシだったんだろうなぁ。

115 :NAME OVER:03/09/29 00:35 ID:???
なんでもかんでも回収しない方が良い。
あとで取りにいけるし。

116 :102:03/09/30 13:34 ID:???
さぁ、今日も誰も期待していない冒険の始まりだ。

「キングズホーム」の地下から脱出した俺たちは一息つく間も無く
驚くべき相手と対面し戦慄することになった。目の前で自らの優秀さや
これからの計画を空嘯いているの男はあの「ナムター」なのだから!
まさかかこんなに早く悪の親玉と対峙することになろうとは!
だが、戦いは避けられないと覚悟を決める俺たちをよそに
「ナムター」は余裕の態度を崩さない。奴は一介の冒険者など
取るに足らないといった様子で話を続けている。
一方的に話を終えると、最後に俺たちを嘲笑し
部屋から出て行ってしまった。ナムターが部屋から
姿を消した瞬間、体の緊張が一気に解けた。それは戦闘が
回避された安堵からでなく、ナムターが俺たちに気づかせずに
こっそり魔法で束縛していたからだった。なんて恐ろしい相手だろうか。
俺たちは自分の未熟さを痛感させられ、ナムターの強大な力に
恐怖を覚えるのだった。

ナムターとの邂逅に興奮はまだ収まらないが、今はとにかく
ここを脱出することが先決だ。出口を求めてキングズホームを歩き回る。
ドレイク王の肖像画などを横目に洋服ダンスから
巡礼者の着衣「ピルグリムガーブ」を一着くすねておいた。
何かの役に立つかもしれない。キングズホームは無人かと思われたが
軍の本部を発見する。新兵か?の問いにNOと答えたら、
また地下に閉じ込められた・・・。捕まるのはもううんざりだ。

117 :102:03/09/30 13:34 ID:???
キングズホームを脱出した俺たちは、しばらく周辺を歩いて
地図を作ることに専念した。その間「ドワーフルーイン」などにも
立ち寄ってみたのだが、何をどうしていいのかさっぱり分からない。
このゲームの悪い点として重要なメッセージが一度きりしか
表示されないので、必ずメモを取る必要があるということだ
「マイトアンドマジック」の様に自分が今関わっているクエストの
簡単な一覧と詳細があればよかったのに。情報があちこちで
散らばりすぎているので、どこで何をしたらいいのか分からない
ことが多すぎる。いやほんとに。

周辺の地図が完成に近づくにつれ、俺たちが今ここにいても
出来ることは少ないだろうと判断し「オールド港」から
この地方を離れることにした。港では聞きなれない
コンピューターの神様の石像があったので、力の技術を使い
像を持ち上げてみると、なんとそこには「ファミコン」が!
世界観にそぐわないオマケアイテムだが、なんとなく微笑ましい。
港からの航路は2つあり、一方は巡礼者と共に「ニザール山」に、もう一方は
「ランスク」に行けるらしい。「キングズホーム」で「ナムター」が
「ニザール山」で再び出会うことになると予言めいたことを言っていた
ような気がするので、もちろんチケットは「ランスク」行きを買い
船に飛び乗った。今はナムターから少しでも遠ざかるのが先決だ。


118 :102:03/09/30 13:37 ID:???
船は「ランスク」の地下にある港に接岸した。
町を歩き回ると、実にプロガトリー以来の店を発見。
金の使い道がしばらく無かったので早速買い物を楽しもうと
武器に防具に品物を見て回るが、その貧弱さにガッカリする。

パーティーの装備品を見回してみよう。
武器に関しては今までの冒険で「斧」と「フレイル」が結構な種類
手に入ったので「斧」をまかせている「アルリック」の装備が
やけに充実している。反面パーティには「フレイル」を
装備出来るキャラクターが皆無なために、こちらはただの御荷物だ。
しかし、鑑定すると攻撃力だけは高いので、今後誰かが装備するかも
しれないとか思うと捨てるに捨てられない・・・あぁ悲しき貧乏性。
「剣」を装備する先頭の2人は「モッグの館」で手に入れた
「ファイヤーソード」に、どこかの宝箱で手に入った「ルビーダガー」
うーむ、そろそろ新しい剣が欲しい。後ろに控えてる2人は
相変らず「メイス」のままだ。4人目は直接攻撃に加わるので
「力」にボーナスを割り振ろうかとも思うのだが、今は魔法関係の
ステータス上昇に努めている。
ちなみに戦闘開始と同時に「ちかづく」で接近戦を挑んでいるため
「弓」は全く使用していない。っていうか相手との「距離」があっても
攻撃可能な敵が結構いるので、同距離で弓と魔法だけで
応戦するには不利だからだ。それに戦闘が長びいてしゃーない。
矢が使い切りってのはリアルでいいのだが、入れ替えは面倒でもあるし。

防具は最後尾の5人目以外はかなり充実したものとなっている。
特に「アルリック」が装着している「マジックプレート」は
強力な防御力を持っている。防具の足りない5人目には
「ブラックヘルム」を装備させそれを補っている状態だ。
ところで「サンマジック」の巻物が大量に余って
アイテム蘭を占領しているので、後衛の魔法系2人どちらかに
覚えさせようかと思っているのだが、
いかんせんボーナスが全然足りない・・・。

119 :102:03/09/30 13:39 ID:???
「ランスク」の地下では特に何もすることが無かった。
年老いたドラゴンが喉に何かつまらせているようなので
色々アクションを起こしてみたが、どうにもならなかった。
まぁ、今後再び訪れることになりそうなので覚えておこう。

「ランスク」では、北東の橋を渡る為の「しょうめいしょう」の
発行に役所をたらい回しにされた。しかしこんなご時世にあって
よくもまぁ観光者を相手にする役場までもが
しっかりと機能している町もあるのだなぁとか感心する。

橋を渡って最初に目に映ったのは「マッドトード」の町だった。
「マッドトード」?どこかで聞いた名前だ。・・・そうだ
「フォボス」の地下で俺たちを助けてくれた僧侶「ベレンガリア」が
追っ手を逃れ、この町に逃げ込んでいると宿屋の婆さんが言っていたはずだ。
500ゴールドも払って婆さんからやっと聞き出した情報だ。間違いはあるまい。
もしいなかったら婆さんを叩きのめしにいくところだ。
早速町を大捜索。壁を「登る」の技術で越えたところに
「ベレンガリア」は隠れていた。お礼のひとつも言おうと思ったら
仲間にしてくれと言い出したので喜んで受け入れた。レベルが4と
かなり低いものの「サンマジック」の能力が最初から6もあるので
これからのボーナスの割り振りに幅ができそうだ。こいつは
魔法戦士といった雰囲気で力も積極的に上げていこうと思う。
「マッドトード」では他に、石にされてさらにバラバラになって
しまった、まったく悲惨な四大魔法使いの一人「ラナクター」先生の
生徒が唯一残った足を保護していた。どうもこの先、バラバラに
飛び散った先生の破片を探すことになりそうだ。一応頭に残しておこう。
さらには、水没しそうな神殿のピンチを「クリエイトウォール」の
魔法で救って、ご褒美に「ゴールデンブーツ」を貰った。これは
水の上を飛び越えられる魔法の靴のようだ。そういえば
「神秘の森」にそれらしき場所があったような気がする。忘れないうちに
行ってみよう。

120 :102:03/09/30 13:42 ID:???
「神秘の森」
森の南東に位置する湖の中心に何やら怪しい浮島がある。
「ゴールデンブーツ」を使用すると見事に浮島へジャンプできた。
そこにあった社であれこれアクションを起こすが何も反応が無い。
何かアイテムが必要なのか。片っ端からアイテムを試すと
なんと「ルビーダガー」が反応し、人間と野獣の神様である
「エンキデュ」が出てきた。しかしこれはどうも武器なら
なんでもよかった様だ。今思い出すと「プロガトリー」かどこかで
血を垂らすと神が出てくるかもとかなんとかいう情報が
あったような気がする。始めた頃は世界観を紹介する
他愛も無い情報と勘違いしてメモを殆ど取っていないので
この偶然が無ければ詰まっていたに違いない。アブなかった・・・。

「エンキデュ」と戦闘を行い、加護を得るに値すると認められた
俺たちは「エンキデュトーテム」と「ビーストホーン」を
手に入れた。すぐに森の北西の神殿へ行き、「ビーストホーン」で
「エンキデュ」の従者を呼び出した。従者からドルイドマジックを
沢山貰う。「ドルイドマジック」も充実してきた。
「エンキデュトーテム」はどっかで道を塞いでいる従者に見せれば
通してくれる通行手形のようなものらしい。従者は下半身が
サソリなので、使いどころはすぐに分かるだろう。

今世界で一番ドラゴンウォーズに夢中なのは俺ぐらいなもんだろう。
ちょっと寂しい。冒険はまだまだ先へ進んでいるが
今日もここら辺で止めておく。全くこのゲームは想像力を掻き立てる。

121 :NAME OVER:03/09/30 16:59 ID:???
続きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!

122 :NAME OVER:03/10/01 11:37 ID:F86Xxi6w
リプレイすごくいいなあ。楽しそうな雰囲気が存分に伝わってくる。
PCは難しいから、FC探して買おうかな・・・

123 :102:03/10/01 13:35 ID:???
やぁ、プロガトリーの死体管理のバイトをしている102だ。
今日も冒険の続きを書き記しておこうと思う。

「神秘の森」の地下への階段は「アンダーワールド」に繋がっている。
俺たちは初めて「アンダーワールド」に降りて、本格的な
探索を行うことにした。「アンダーワールド」では、たった数歩で
敵とエンカウントする上に魔法の泉が完備されている。
こりゃぁ「ベレンガリア」のレベルアップに丁度いいと
2時間ほど集中して経験値稼ぎに精を出した。
レベルアップ直前でセーブしてボーナス2が出ると
やり直したりもした。俺はこういうことにはマメなのだ。
このマメさは現実でも活かしていきたい。そーすりゃ前の
彼女にだって・・・おっと話がそれたな。聞き流してくれ。
最終的に「ベレンガリア」は力を
26まで上げて、余っていた「ヘビーメイス」を装備させた。
フレイルも結構余っていたのだが素早さよりも力を上げて
接近戦に耐えるキャラクターを目指したのでメイスになった。
その甲斐あって一気に一軍に昇格するほどの攻撃力を手に入れた。
防具が足りずにまだ打たれ弱いものの、かなりの戦力アップだ。
というか「アンダーワールド」の敵は「リザードマン」だろうが
「サーペントマン」だろうが、ほぼ一撃で倒せるほどに、
俺たちはパワーアップしている。HPを見てみよう。
前衛の4人は上からHP160・130・120・100程度だ。
後衛が共に90程度。前衛上から3人はMP皆無で4人目の
「ベレンガリア」は80程度、後衛2人が110程度だ。
う〜ん、なんともたくましくなったもんだ。十分レベルアップしたので
そろそろ地上に上がろう。結局魔法の泉の周辺しか探索は進まなかった。





124 :102:03/10/01 13:37 ID:???
今までとは一味違う俺たちが次にやってきたのは
「シージキャンプ」だった。このキャンプは「ピザノプル」の町の
すぐ側に設営されている。「キングズホーム」軍は「ビザノプル」の町を
陥落させようと攻撃している真っ最中のようだ。まったく
「キングズホーム」軍はろくなことをしない。悪の軍隊なのだから
まぁ当たり前といえばそうなのだろうけど。パワーアップした
俺たちはここで以前の借りを返してやろうと企んだ。
手始めに「キングズホーム」軍に身を寄せる振りをして「シージキャンプ」
に潜り込み、情報収集に努めた。それにしてもとりあえずは
味方のはずなのに「パイクマン」やら「キングズキャプテン」やら
「パトロールマン」やらが襲い掛かってくるのは何故なんだ・・・。

「シージキャンプ」を歩き回ると、隊長らしき人物から最前線へ行け!
との命令を受け強引に「ビザノプル」の入り口付近に放り出された。
相変らずの扱いだが、これは「ビザノプル」へ進入し情報を得る
チャンスでもある。危険だが、好機を逃すまいと俺たちはそのまま
「ビザノプル」へ飛び出していった。「ビザノプル」に入った途端
警告を受けるが、とにかく状況を知ることが最優先とお構い無しに
街を歩き回る。乱戦の「ビザノプル」ではもはや敵も味方も無い。
相変らず「パイクマン」やら「キングズキャプテン」やら
「パトロールマン」やらが襲い掛かってくる。「キングズホーム」軍は
ただ殺し合いをしたいだけの実に野蛮な軍隊だ。


125 :102:03/10/01 13:38 ID:???

壁に手をついて町の輪郭を手に入れようと進みだした途端
なんだこいつは!7つの首を持つ巨大な「ヒドラ」に道を阻まれた。
毎ターンパーティー全体に炎を浴びせてくる強敵だ。防御力も
かなり高い。パワーアップした俺たちの剣が深くヒットしないのだ。
だが「ドルイドマジック」の「キュアオール」と
「ハイマジック」の目標値を上げた「アイスピック」で
なんとか勝利を得た。ふー。「ヒドラ」を倒すと、後ろになにやら
土の盛り上がったところがあった。そこを力の技術で
持ち上げると地下道の入り口があるではないか。どうも
「ヒドラ」はこれの番人として「ビザノプル」軍が配置しておいたようだ。
それだけ重要な場所なのだ。何かがあるに違いない。
俺たちは躊躇わずに地下道へと降りて行った・・・。

薄暗い地下道を進む俺たちは集会場のような建物を発見した。
建物の入り口付近で兵士が数人、白い服を着たリーダーらしき女性から
なにやら指示を受けている。女性は「マイローラ」というらしい。
ん〜?どっかで聞いた名前だなぁとか思っていると
女性がこちらに気がついてやってきた。にわかに緊張が走る。
俺たちは敵では無いことを彼女に説明しようとしたが、その前に
女性から俺たちと戦う意思は無いと言われ安心した。だが、
付いて来てくれという女性に従うと、すぐ側の牢屋に放り込まれてしまった!

126 :102:03/10/01 13:39 ID:???
なんということだ!
このゲームは会話をするたびに牢屋に放り込まれなければならない!
しかも今度の牢は魔法で頑丈にロックされた特注品ときたもんだ!
40を越える自慢の力の技術も全く役には立たない。それなら魔法だ
目には目を、歯には歯を、魔法には魔法なのだ。躊躇うことなく
「ファイヤーストーム」を扉に叩きつける!しかしびくともしない。
途方にくれる俺たち。しかしここでノンビリしているわけにも
いかないのだ。再びアクションを起こす。といっても考え付いた
方法は、歩き回って誰かが来るのを待つことだった。
これは「フォボス」の地下で「ベレンガリア」が助けてくれたことを
真似たのだった。
扉に体当たりしまくり歩数を稼ぐ。俺たちは敵じゃない!
開けろ!っていうか話を聞いてくれ!とそこに再び「マイローラ」ちゃんが。
どうやらあなた達を誤解していたようです、すみません。
兄があなた達に会いたがっているので来て下さいと
魔法でロックされた扉を開けてくれた。
そう、分かってくれればいいのよ。だがしかし戦う意思はないと
油断させておいて牢屋に閉じ込めるとは、中々シタタカナ女だまったく。
それにしても兄って?

127 :102:03/10/01 13:40 ID:???
「マイローラ」ちゃんに紹介され、一人の男と対面した。
男は「ジョーダン」と名乗った。その名前を聞いて思い出した。
「マイローラ」とこの「ジョーダン」は「ドレイク王」の双子の子供で
つまり王子と王女なのだ!どこの町だか忘れたけれど
双子が行方不明だとか言ってたっけ。理由は「ビザノプル」の町に潜伏して
反乱軍を組織していたというわけだったのだ。
それを嗅ぎつけた「キングズホーム」軍がやっきになって
町ごと王子と王女を葬りさろうとしているのだ。
ここはなんとしても王子たちに協力して「キングズホーム」軍を
退けなければならない!

「ジョーダン王子」の協力要請を受け入れ、「ビザノプル」軍に
組み込まれた俺たちは、王子に導かれるままに 秘密の地下通路を抜けた。
もうすぐそこは最前線だった。「キングズホーム」軍との死闘が
目の前で繰り広げられている。早速俺たちも加勢することに。
相手は大群だが、ここで負けるわけにはいかないと
鼻息あらく剣を振るう。まぁ、力で押してくるだけの兵隊だったので
数は多いものの楽勝だった。ふー、なんとか「キングズホーム」軍を
退けることに成功した。よかったよかった。大部隊を失った
「キングズホーム」軍は「シージキャンプ」からも撤退したようだ。
今やキャンプはもぬけの殻だった。さすがの奴らも
しばらくは攻め込んでこないだろう。しかし元々自国の軍隊であった
「キングズホーム」軍と戦う「ジョーダン」王子や「マイローラ」ちゃんの胸中は
さぞ複雑であったに違いない。

128 :102:03/10/01 13:43 ID:???
戦い終わって地下の集会場で一息ついていた俺たちに
「ジョーダン王子」がひとりの青年を紹介してくれた。
青年は反乱軍の一員で、名前は「ロビン」というらしい。
俺たちを尊敬していて一緒に行きたいと申し出てきた。
いやー、人気者はつらいぜ。よしよし、一緒に「ナムター」やっつけに
いこうじゃないのよ。

お役に立てるよう頑張りますみたいな健気なこと言ってたくせに
「ロビン」ときたら物凄いステータスの持ち主でビックリだ。
ところで「ロビン」は最初から弓のスキルが9とダントツにあるのだが、
これはやっぱりロビンフッドからきているのだろうか?
まぁ、なんにしても戦力アップに繋がることは間違い無い。
とりあえず最初は余った荷物持ちから頑張ってもらおう。
新たな仲間を得た俺たちは意気揚揚と次の目的地を目指して
「ビザノプル」の町を後にしたのだった。

今日の冒険はここまでだ。
移動と戦闘のだるさには辟易するが、RPGにおいて
なにより想像力を刺激してくれることを最重要視する俺にとって
ドラゴンウォーズはまだやめられない。今は多分ゲーム後半まで
プレイが進んでいるのだが、ゲームとしては異常に回り道をしたようだが
お話しとしてはおもしろい具合に繋がっていくと思う。

129 :NAME OVER:03/10/01 15:36 ID:AKasuBK2
(・∀・)イイヨイイヨー 一介の冒険者が、力をつけてやがて大国の戦争に
巻き込まれていく感じが出てて、いい。
TRPGの雰囲気そのまんまだね。ゲームやってみてぇ

130 :NAME OVER:03/10/01 18:39 ID:???
続きキタ─wヘ(゚∀゚)√レv〜!

131 :NAME OVER:03/10/01 21:36 ID:???
なつかすぃ。昔X68版クリアして、最後に出てきたパスワードをメーカーに送ったら
ナンバー入り認定カードが送られてきて嬉しかったなあ。またやりたい。

132 :102:03/10/03 17:34 ID:???
やぁ、ナムター様の忠実な僕102だ。
今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

「ビザノプル」を出た俺たちは周辺のマップを見渡してみた。
まだ行ってない場所が一つある。とりあえずどんな場所か
確認しておこう。そこは「スネークピッド」だ。

「スネークピッド」は町の入り口付近から既に異様な雰囲気だ。
町へ続く橋の側には珍しく番人がいないものの
決して中に入るなと血で書かれた警告があったり、建物の
回りも二重に仕切られ、どこか隔離施設のような雰囲気を漂わせている。
なんとも不気味な場所だ。

町を歩き回って分かったことは、「スネークピット」の
住人は皆、気が触れてしまっているということだ。
「ドレイク王」の命令を受け、これ以上先に進もうとする人間を
見張っているという少年が守る小屋は無人だし
木の枝を立派な杖だと勘違いしている老人もいる。
ドワーフの女性はまともなことを言っている人間はいないように思えた。
だがこんな恐怖の時代にあって、誰が彼らを責める事が出来ようか。

そんな中、この近くに「ドレイク王」がいるという老婆の言葉が
妙に気になり、付近を探索してみた。すると・・・。

133 :102:03/10/03 17:37 ID:???
隠し部屋にあった粗末な間に合わせの王座に座らされていたミイラは
「ドレイク王」のものらしかった。胸についた王家の紋章が
それを物語っている。側に転がっている宝石は逃げ出した時に
そっと持ち出したものだろうか。なんてこった。
「ナムター」に操られ、地位を奪われ、城を追われ、やっとこさ
逃げ延びた先でミイラになっちまうなんて・・・。
「ジョーダン王子」や「マイローラ」ちゃんが知ったら
さぞや悲しむことだろう。「ビザノプル」の攻防戦が終わったすぐ後だ
勝利の余韻に浸る王子にこのことを告げに帰るのは残酷だろう。
しばらくは俺たちの胸にだけしまっておくことにした。

さらに町を探索してみる。海岸付近に宝箱がなんとも無造作においてある。
とりあえず開いてみると、なんと「ガードドラゴン」が!
オーラ力に守られて剣も魔法も通じない!全く歯が立たない!
このままでは全滅必至と逃げ出した。
どうやらバラバラになった「ラナクター」の欠片を守っているようだ。
きっとあとでとりに来ることになるだろう。その時は
かならず倒してやるからな!ということは他の欠片も
ガードドラゴンが守っているに違いない。そうだとすれば
「ラナクター」の欠片集めはまだ先の話なのだろうか?うーむ。

キチガイや狂うなど、過激な表現はあるが、ここのイベントは中々秀逸だ。
死んだ王の言い付けを、そうとは知らず頑なに守り続ける少年はどこか物悲しい。
スネークピッドは落ち延びたドレイク王と側近達の悲惨な末路なのではないだろうか。

134 :102:03/10/03 17:38 ID:???
「スネークピット」から出港したボロ船が到着したのは
「キングズホーム」のすぐ側の海岸だった。元々「スネークピッド」と
「キングズホーム」は交流があり、それを海路で繋ぐ連絡船だったのかもしれない。

マップを見回してみても、もう未踏な所は殆ど無い。
港を使わないで歩いていけるところはほとんど回ったはずだ。
詳しく探索していないのは「アンダーワールド」ぐらいのものだ。
イベントを探して「アンダーワールド」のマップを
完成させようかなぁ。いける場所を無闇に増やしても混乱するだけだろうし。
とりあえず「スマグラー港」と「オールド港」はおあずけだ。
「キングズホーム」の近くには丁度「神秘の森」へワープする場所がある。
「神秘の森」から「アンダーワールド」に入ることにしよう。

それにしてもこのゲームは本当に先に進んでいるのか不安になる。
どこか一箇所でもメッセージやイベントを見逃していたら、それで
アウトのような気もする。やはりクエスト一覧が欲しいなぁ。
それとルーラとは言わないが、リレミト程度の呪文は欲しい。
歩くのがちょっと面倒だ。

135 :102:03/10/03 17:40 ID:???
再び「アンダーワールド」にやってきた俺たちは
マップをしらみつぶしに歩き回る。広い、果てしなく広い。
さらにエンカウントの高さから、中々マップのダークゾーンが
明るくならないので疲労感でクタクタだ。だが単純作業なだけに
時間をかければ出来ないことは無いのだ。発見したぞ。
怪しい離れ小島を。利口な俺様はここでも
「マッドトード」で手に入れた「ゴールデンブーツ」を使うのだろうと
推測し、それは見事に当たったのだった。離れ小島まで
ブーツでビューっとひとっとびさ!
「ウォー島」と呼ばれるらしい離れ小島には、
「アンダーワールド」の支配者「イルカナ」が
銀の鎖に艶かしくつながれていた。こいつが
あっちこっちで石像を見かけた神様なのだ。やっとこさのご対面なのだ。
「イルカナ」はこの鎖を外してくれたら「ナムター」退治に協力してくれるという。
鎖を解くカギは「ナガール」が持っているらしい。しかし俺たちは
「ナガール」の行方を知らない・・・。


136 :102:03/10/03 17:42 ID:???
「イルカナ」に頼まれたカギの行方も気になるが
さらに「アンダーワールド」を歩き回る。しばらくすると
「ナムター」が生まれたという地獄の穴を見つけた。まったく
とんでもねぇ奴をオギャアと生んでくれたものだ。
他にもあちこちで地上に帰る階段を発見するが、とりあえずそれは無視だ。
だんだんと「アンダーワールド」のマップは完成に近づきつつある。
そんな時、俺達は洞穴を発見した。
洞穴の中へ足を踏み入れると、魔法の松明の光りに照らされて
床に壁に突き出している水晶が煌々と輝きを放った。
俺たちはさらに洞穴の奥へと進んだ。すると突然洞穴に声が響き渡った!
不思議な響きを持った声は俺たちに「ナムター」を倒すための指針を示してくれた。
啓示とか託宣ってやつだ。奴を倒すには「フリーダムソード」が必要で、
そのカギを握っているのはこの「アンダーワールド」の支配者「イルカナ」と、
その夫である「ナガール」だという。そして最後に全てが整ったら
「ニザール山」へ行け、「ナムター」を地獄の穴に押し返せと告げて声は消えた。
なるほど、ようやっと話が見えてきたぞ。本当にようやっとだ。

137 :102:03/10/03 17:44 ID:???
俺は今までの冒険を振り返り、冷静に情報をまとめて考えてみた。
「アンダーワールド」につながれた「イルカナ」と対面することには成功している。
その「イルカナ」は「ナガール」から鎖を解くカギを手に入れろと言った。
今までの冒険で俺たちは「ナガール」の手がかりを掴んでいない。
他に行っていないところと言えば、「オールド港」から行ける「ニザール山」と
「スマグラー港」から行けるであろうどこかだ。さっき洞穴で聞こえた声は
全てが整ったら後で「ニザール山」へ行けと言っていた。全てとは
何を指しているのかまでは分からないが、少なくとも「フリーダムソード」を
手に入れた後には違いないだろう。ということは俺たちの当面の
目的は「フリーダムソード」の入手であり、そのカギを握る
「ナガール」の捜索なのだ。そして行くべき場所は「スマグラー港」なのだ!
そこから船でいけるどこかに「ナガール」の手がかりがあるに違いない! 
色々と話が繋がって来たぞ!急げ!

「リザードマン」や「サーペントマン」に交じって
かならず一匹だけで出てくる「ドームセイヤー」が倒せない。
戦闘開始と同時に逃げ出してしまうからだ。しかもたまたま近づいてきた
時に攻撃したのだが、魔法(アイスチル・ライトフラッシュ)も
攻撃範囲の弓も通用しなかった。もしかするとこいつは
ドラクエのはぐれメタルのような存在なのだろうか?

138 :102:03/10/03 17:45 ID:???
「スマグラー港」では海賊のボス「ロングジョンアグリー」に
一杯食わされかけたがそうはいかなかった。奴は
俺たちをもてなす振りをして「ネクロポリス」に強制連行しようと
していたのだ。ふ〜危ない危ない。ヒネクレものの性格が
素直に従わない選択を下したのだった。こんな性格もたまには
いいことがある。計画が失敗した海賊一味が襲い掛かってきたが
俺たちの敵ではない。「ロングジョンアグリー」の彼女だという
両足ともに義足の「ペグレグペギー」を倒すのはなんとなく気が引けた。
俺たちを騙している間の彼女はとても礼儀正しく振る舞い
その動作の一つ一つに気品が溢れていた。それは彼女の
育ちの良さを感じさせた。しかしつい先ほど俺たちに剣を
振りかざし襲い掛かってきた彼女にもはやその片鱗は
全くありはしなかった。一体何が彼女の人生を狂わせて
しまったのかと短く彼女の過去を訪ねるが、それは俺たちにはもはや
想像するしかなく、真実は永遠に分からないことなのだ。
だが、世が世なら彼女にも別の人生があったかもしれないと思うと
ナムターを憎む心はより一層深まるのだった。

139 :102:03/10/03 17:50 ID:???
ここで「ロングジョンアグリー」が持っていた「ヒスイの目」は
「ドワーフルーイン」で使うとかなんとか、「スネークピット」のイカレタ
ドワーフが言っていたような気がしないでもない。あそこの住人の
言葉を素直に信用することは出来ないがとりあえず持っていこう。

「ネクロポリス」行きの船に乗り込もうとする俺たちを一羽の「オウム」が
追いかけてきた。こいつはさっき「ロングジョンアグリー」の肩に
留まっていた「オウム」ではないか、主人を無くして行き場を
失ったのか、それともたった一羽でカタキを討とうというのか
「オウム」は俺たちの頭の上をぐるぐると旋回していたかと思うと
ゆっくりと船のへりへと羽を休めた。どうやらこの「オウム」は
ただ船が好きなだけのようだ。もっとも、「オウム」の本心など
俺たちには知る好も無いが、「オウム」に命を狙われるというのも
それはそれで面白い。伊達と酔狂がモットーの俺たちパーティーは
この「オウム」と共に、一路「ネクロポリス」へと船を出港させた。

今日の冒険はここまでだ。俺もこんなことよくやると思うよ。
最初はさっさと終わらせるつもりだったけど、毎日ドラゴンウォーズ
日記書いてるって、全く俺はアホなのだ。でも結構楽しいからいいのさ。
世界を回る順番によって人それぞれのストーリーが出来上がると思う。

140 :NAME OVER:03/10/03 18:57 ID:???
続きキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

141 :NAME OVER:03/10/04 02:31 ID:???
意外とボリュームのあったゲームやね

142 :NAME OVER:03/10/05 16:03 ID:???
密かにリプレイ期待してまつ。
ガンガってください。

143 :102:03/10/07 14:34 ID:???
やぁ、イルカナ様の魅力にメロメロな102だ。
今日も冒険の続きを書いておこう。

「ディルムン」大陸の海に浮ぶ孤島、死神の宮殿「ネクロポリス」は
「アンダーワールド」と同じようにエンカウント率が異常に高い。
しかも敵がまとまって凄い数で現れるので、逃げられないと
メッセージを送るだけでもボタンを何度も何度も押さなければ
ならないのでストレスがモリモリ溜まる。
まぁ、戦えば経験値も溜まるのだが。街の大きさはそれほどでもないのが
何よりの救いと歩き回ると、いきなりいましたよ「ナガール」が!
オマエを探してたんだ!さぁ、銀の鎖を解くカギを渡してもらおうか!
「ナガール」を前に、まず最初に起こしたアクション「交渉」が
ダメだったのでどんな行動を起こせばいいのかしばらく悩む。
が、総当りで「盗む」がヒットした。だが、失敗して
「ナガール」の怒りを買ってしまった!うーむ。スキルのレベルが
足りないのだろうか?とりあえずセーブしてスキルを上げて
もう一度盗んでみたが、これもまた失敗してしまった。
諦めかけた俺たちだったが、アイテム蘭を見て思い出したよ!
そうだ「マッシュルーム」!冒険の最初の方に手に入れたくせに
延々と使い道が無いままに、バックパックのこやしになっていた
この邪魔者をついに使うときが来たのだ。ほ〜ら、「ナガール」ちゅわ〜ん
大好物の「マッシュルーム」でちゅよ〜、あーんしてあーん。

144 :102:03/10/07 14:36 ID:???
好物の「マッシュルーム」を口にして「ナガール」はご満悦だ
指を鳴らしながらむしゃぶりついている。
いいね!いいね!うまいね!などと大喜びだ。
だが好物とはいえ、その異常なまでの喜びように
俺たちはちょっと首をかしげる。どうもこの「マッシュルーム」は
長い間バックパックに放り込んでおいたせいで腐っていたようだ。
その毒気にあてられて「ナガール」は少々イカレテしまったらしい。
その隙をついて俺たちは「シルバーキー」を盗むことに
成功したのだった。これで「イルカナ」を助けてやれるぞ!
急いで「アンダーワールド」に戻ろう!
あ、ここにも「ラナクター」の欠片を守る「ガードドラゴン」が
いたことは忘れないようにしなければ。

145 :102:03/10/07 14:38 ID:???
俺たちはアンダーワールドのウォー島に来ていた。
シルバーキーによって銀の鎖から解き放たれたイルカナは
俺たちに「サンケンルーイン」に沈んでいる「ローバの骨」を
ドワーフの鍛冶屋に持っていけば「フリーダムソード」を
作ってくれるだろうとアドバイスしてくれた。
またも成すべき事が明確に示されて地上へと引き返す足取りも軽い。 
いいね!いいね!たのしいね!と思わずナガールの口真似もしたくなる。
さぁ、次はサンケンルーインに出発だ!

146 :102:03/10/07 14:44 ID:???
スマグラー港から船に乗り「サンケンルーイン」に到着した俺たちは
近くの水溜りから突き出した遺跡の一部を発見した。どうやら
この下に巨大な遺跡が水没しているに違いない。俺たちは
「イルカナ」に貰った「ウォーターポーション」を使って
水中での呼吸を確保し、遺跡の探索を開始したのだった。

おお、地上と同じ活動が出来るのに、目の前を魚が
泳いでいくではないか!などと感動しているひまは無い。
回転床や、魔法の力でループする地形にとまどいはしたが
遺跡は思ったほどの広さは無いようだ。
その大部分は過去に失われたのだろう。
俺たちはすぐに「ローバの骨」らしき頭蓋骨を発見した。
それは口を開けた巨大な「ハマグリ」に安置されていた。
神聖なものを感じつつ、そっと手を伸ばす・・・
バチン!瞬間「ハマグリ」が口を閉じたではないか!
イタタタタ!たまらず手を引っ込めてしまった。
それならと魔法で焼き「ハマグリ」にしてやろうかと試みたが
効果が無かった。どうやらこの「ハマグリ」には特殊な魔法が
かけられているようだ。これでは「ローバの骨」を手に入れられない。
だが他にアクションも思い浮かばないし、イベントもなさそうだ。
しょうがない。「ハマグリ」まるごと持って帰ろう。
そう結論した俺たちは早々に帰路へついた。
そしてやや意気消沈しながら俺たちは地上へと上がった。

147 :102:03/10/07 14:47 ID:???
ふー、やっぱり水中よりも地上の方がいいなぁなどと
一息ついていると、突然さっきの「ハマグリ」がパカッと
簡単に口を開いたでは無いか。中からローバの頭蓋骨が
コロコロと転がって出てきた。なるほどぉ、こんな仕掛けに
なっていたのか。それとも必死に口を閉じていた「ハマグリ」に
限界がきたのかもしれないが、何にしても目的は達成されたので
よしとしよう。

今日の冒険はここまでだ。最近はこんなゲームが無くて寂しいよ。
グラフィックばかり重視されると俺みたいなちょっと偏った
考えの人間にはうんざりなのさ。
ところで今までに2回だけボーナス10が出たんだけど
これって単純に運だけが関係しているのかな?


148 :NAME OVER:03/10/07 22:55 ID:???
日に日に文章のノリが良くなるなw

>ボーナス10
そんなの出たことないよ

149 :NAME OVER:03/10/07 23:17 ID:???
続きキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(   )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━

150 :NAME OVER:03/10/07 23:23 ID:???
うまいねー

151 :NAME OVER:03/10/08 20:48 ID:kPEPYKwo
学生時代やってたTRPGの雰囲気が伝わってくるよ。
ゲムもやってみよう・・・PC物は難しいのでFCを探してみるか。
いくらくらいかな・・・
ありがとう、102。がんがってください。


152 :102:03/10/10 22:17 ID:???
やぁ、サンケンルーインの遺跡でのんびりバカンスを楽しんでいる102だ。
今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

「サンケンルーイン」を後にしようと思った俺たちだったが
すぐ側に「ドラゴンバリー」という場所があったのでついでに立ち寄る。
ここには「スマグラー港」から直で来れないようだし。
まぁ「サンケンルーイン」の本当にすぐ側だからいいんだけどね。
だが、軽い気持ちで入った俺たちを待っていたのは
とんでもない試練だった。

なんだこの強力な雑魚敵は!しかも出てくる数がハンパじゃない!
受けるダメージこそ十数ポイントだが、数が凄いので
結局かなりダメージを受けてしまう。それに敵を一掃するのに便利と
頻繁に使っていた「サンマジック」の「インフェルノ」が
通用しない敵ばかりじゃないか!即死と紙一重の「きぜつ」状態に
してくる敵もいるし!しかもそいつ出てくる数多いし!
なんか亀みたいな「ファンガー」って敵が20匹ぐらい出てきて、そいつらが半分以上
炎吐いてきて全然相手のターンが終らない!なんだこりゃぁ!
正直レベルを上げすぎて戦闘が作業と化して久しかったのだが
ここでの仕打ちには驚いた。そして得られる経験値とゴールドが
今までと一桁違うことにも驚いた。だが普通に戦っていては
いくらなんでも戦闘が長すぎる。ここはエンカウント高めの場所だし
まともに相手をしてたらそれこそゲームが終らないだろう。マジデ。
とりあえず今すぐに来る必要は無さそうなので、素直に引き返そう。

そのつどパーティーのレベルをメモしておくのを忘れたので
もうお話と行動だけの報告になります(

153 :102:03/10/10 22:18 ID:???
ドワーフの鍛冶屋とやらがいるであろう「ドワーフルーイン」に行く前に
「スマグラー港」から新たに行けるようになった、もう2つの場所を
事前に下見していこうと俺たちは話し合った。目的が見えて
少し余裕が出来たのかもしれない。
まず訪れたのは「フリーポート」美しい港町で、町全体に活気がある。
「ナムター」の恐怖などどこ吹く風といった雰囲気だ。
街の創立者はなんと「ローバ」なのだという。
俺たちは先日「サンケンルーイン」で
その「ローバの骨」を拾ってきたばかりなのだった。俺たちは
「ローバの骨」をバックパックの奥から取り出し、腰にぶら下げて
街を歩くことにした。そうすることで「ローバ」に久しぶりに
自分が作った街を見せてやろうと思ったのだった。
すれ違う人々は腰にぶら下げた骨に奇異の目を向けるが、まさかこれが
創立者「ローバ」の骨だとは夢にも思うまい。

154 :102:03/10/10 22:19 ID:???
「フリーポート」は港町だけあって様々な情報が入手できた。
既に過去のものになった情報、今の俺たちには必要の無い情報として
「ローバの骨」は「サンケンルーイン」にあり、そこに入るには
「ウォーターポーション」が必要なこと
「ドレイク王」の身に何かが起こったことなどが過去の情報だ。
そしてこれからの俺たちの冒険の手がかりとして
「ナムター」の部下の「ヤングドラゴン」を倒すために
「ドラゴンクィーン」の協力を得なければならないこと。
その「ドラゴンクィーン」を操には「宝石」を見つける必要があること
「ドワーフルーイン」のドワーフ達は「ナムター」の魔法によって
石にされてしまったこと。その魔法は「ドルイドマジック」の
「ソフトンストーン」のによって解除できるということ。
以上がこの先役に立つであろう情報だ。
これらを冒険の初期に知っておけば、どれだけ無駄が無くなったことだろうか。
どれだけ不安を解消出来たことだろうか。
まぁ、今となってはどうでもいいことさ。何も知らないまま
世界を見聞に出かけるなんて、危険で愚かな行為と馬鹿にするのもいいさ。
けれども、だからこそ手に入れたものってのも、やっぱりあるんだよね。

一見「フリーポート」は極普通の街に見えたが、「ナムター」の魔の手は
こんなところにまで及んでいたのだった。「ラナクター」の欠片を守る
「ガードドラゴン」を見つけた時点で気がつくべきだったのだ。

155 :102:03/10/10 22:20 ID:???
俺たちが町で情報収集をしていた時、驚くべき話が飛び込んできた。
なんと町の南にある離れ小島には、目下全力でその行方を探索中の
「フリーダムソード」が刺さっているというではないか!
だが何故こんなところに?「アンダーワールド」の支配者「イルカナ」は
「ローバの骨」をドワーフの鍛冶屋に鍛えて貰うことで
「フリーダムソード」を手に入れることが出来ると言った。
「イルカナ」を信用するなら、こんなところに「フリーダムソード」が
あるわけが無いのだ。だがしかし、ここは「ローバ」が創立した町だ
もしかすると・・・。

今俺たちの目の前には確かに金の柄を持つ
一振りの刀が輝きを放ちながら地面に突き刺さっている。
辺りには何故か、何かが焦げた時に発生する「オゾンの臭い」が充満している。
この剣の力の仕業なのだろうか?この剣が本物だという証拠は何も無いが
何かただならぬ怪しい魅力があることだけは確かだ。
・・・もし偽物だったら捨てればいいさ。俺たちは軽い気持ちで
剣に手を伸ばした。

156 :102:03/10/10 22:22 ID:???
ギャアアアッ!!
なんということだ、手を伸ばした先頭の剣士が巨大な青白い稲妻に撃たれ
一瞬で灰になってしまったではないか!!ちくしょう!これはやはり
「フリーダムソード」を手に入れようとする冒険者や、勇気ある者を
ここで葬り去る為の「ナムター」の仕掛けた罠だったのだ!
辺りに満ちていた「オゾン臭」は、ここで命を落とした者の命の欠片だったのだ!
彼らの残した最後のメッセージを読み取れなかったことを俺たちは激しく悔やんだ。
おのれ「ナムター」め!卑怯な手を使いやがって!
俺たちは打倒「ナムター」を改めて固く決意するのだった。

157 :102:03/10/10 22:24 ID:???
「プリザーブ」で俺たちを待っていたのはあちこちに仕掛けられた
罠、罠、そしてまた罠の罠地獄だった。ここ「プリザーブ」は
王室専用の狩猟場だ。入り口付近には「ドレイク王」の命令により
密猟者は容赦なく殺すとまで描かれている。しかし今の時代に
足を運ぶものなどいなはずなのだが、この罠の多さといったら参ってしまう。
地域にいる動物全てを狩り尽そうとでもいうのだろうか。
幸い命に関わるような罠では無いので俺たちは体を張って
強引に罠を一つ一つ潰していったのだ。

もう何個の罠を解除しただろうか、一休みしようと思ったその時
一軒の古びた小屋を発見した。人の気配がする。狩猟場には
管理人がいるのだろうか?俺たちが小屋を訪ねようとする前に
狩人の格好をした老人がいそいそと小屋から出てきた。

158 :102:03/10/10 22:26 ID:???
老人は「オールドジャック」と名乗り、王室専用の狩猟場の管理を
まかされているのだという。閑散としていた狩猟場を突然訪れた俺たちが
何ものか知りたがっているようだ。俺たちは「ドレイク王」のミイラから
手に入れた「王家の紋章」を「オールドジャック」に見せてやった。
もちろん俺たちは王家なんかと縁遠いただの冒険者だが
老人から情報を貰うために身分を偽ったのだ。その行為に
ちょっと気が引けたので、こちらからも情報をと思い
「ドレイク王」の死を老人に告げた。するとどうだ、
「オールドジャック」は突然嗚咽を漏らし涙を流し始めた。
彼が言うには、自分は「ドレイク王」が子供の頃からの忠実な家臣だという。
今すぐにでも仇を討ちに行きたいが歳を重ねすぎた自分にはもう無理だと
悔しそうに吐き捨てる。しばらくの沈黙の後、俺たちに
「ドレイク王」の仇を討ってくれないかと頼んできた。
「ナムター」を倒し、「キングズホーム」を解放して
「ドレイク王」の息子の「ジョーダン王子に王位を継承させる為に
王子を導いてやってくれと。さらにフリーポートにいる自分の弟の
ハリファックスにも手紙を書くから、弟と一緒にナムターを
倒してくれと懇願している。一通り話し終えると、最後にドレイク王から賜ったという
「まほうのゆみ」を俺たちに是非と譲り、寂しそうに森の奥へと姿を消したのだった。
俺たちはその落ち込み様に、ドレイク王の死を告げたことを後悔し始めていた。
何故だろうか、今声をかけて呼び戻さなければ、オールドジャックとはもう
二度と会う事が無いような気がする。しかし結局彼の姿が見えなく
なるまで、誰も口を開くことは無かった・・・。

159 :102:03/10/10 22:28 ID:???
俺たちは「フリーポート」へは戻らなかった。
「オールドジャック」の言うとおり、「フリーポートには彼の弟らしき
人物が、宿屋にいたことを覚えている。だがなんとなくこの手紙を持って
そこに行くことは気が引けたのだった。俺たちは手紙をバックパックの
奥へと押し込め、もしもナムターを倒すことが出来たなら
その時に再びフリーポートの宿屋を訪れて、この手紙をハリファックスに
渡そうと決めたのだった。

ここにもガードドラゴンがいたので覚えておこう。

今日の冒険はここまでだ。
ときどきオールドジャックとの別れのシーンのような
素晴らしい台詞というか演出があるのでこのゲームはあなどれない。

160 :NAME OVER:03/10/11 00:27 ID:???
続きキタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

161 :NAME OVER:03/10/12 00:30 ID:???
やっぱビッグチル(1つ20000で売ってたような)を全員におぼえさすのは基本だよな
初めは魔法使い1人のビッグチルでも
それで敵を退けてドラゴンのキバを拾いまくって売れば大金持ち

162 :NAME OVER:03/10/13 12:41 ID:???
大昔のゲームブック思い出した。
盗賊都市とか。

163 :102:03/10/14 11:42 ID:???
やぁ、フリーポートの酒場で一杯ひっかけている最中の102だ。
今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

「フリーポート」では「ナムター」の仕掛けた罠に辛酸を舐め、
「プリザーブ」での「オールドジャック」との出会いと別れは後味の悪いものだった。
しかし、今はめげている場合では無い。一歩でも先に進み、一刻も早く
「フリーダムソード」を手に入れナムターを倒す。それが「フリーポート」で
偽者の「フリーダムソード」に倒れた勇者達へ、「プリザーブ」で
「ドレイク王」の死を歎いて森の奥へと消えた「オールドジャックへ」
俺たちがしてやれるたった一つのそして最大の行動なのだ。
さぁ、「ドワーフルーイン」へ行こう。そこで今度こそ手に入るはずだ。
本物の「フリーダムソード」が。

164 :102:03/10/14 11:44 ID:???
「ドワーフルーイン」に来るのは2度目だ。前回の訪問では何をしていいのか
全く分からないといった状態だった。だが今回は違う。
何をなすべきなのかハッキリと分かっている。
俺たちはまず、目の無いドワーフの石像に「ロングジョンアグリー」 が
隠し持っていた「ひすいの目」を入れてやった。ピタリと合致する。
低い響きに振り返れば巨大な岩が取り除かれ、「ドワーフルーイン」への道が
開いている。俺たちははやる心を抑え、慎重に奥へと進んでいった。

「ドワーフルーイン」はひっそりと静まり返っている。怪物さえ
いないようだ。不気味だ。静寂を破ったのは暗闇から飛び出してきた
魔物「ゴーゴン」だった。人気の無くなった「ドワーフルーイン」を
我が物顔で歩き回るこいつがドワーフ達を石にしてしまったに違いない。
俺たちはすぐに戦闘態勢を整え悪意の元凶を取り除くことに成功した。
一瞬で気絶させられる攻撃にややひるんだものの
今の俺たちには大したことの無い相手だった。

「ゴーゴン」を倒した俺たちは一層開けた場所に地獄の釜の如く
猛烈な勢いで燃え上がる炎を発見した。どうやら鍛冶場のようだ。
ここで様々な武具が鍛え上げられたに違い無い。
だが肝心の鍛冶屋がいないではないか。なんとしても「フリーダムソード」を
打ってもらわなければならないのだ。探しに行こう。

165 :102:03/10/14 11:46 ID:???
鍛冶屋を探し回る俺たちはいくつかの場所でドワーフの財宝を
発見した。しかし側には必ず財宝の番人としてなんと「ロボット」が
配置されていたのだった。盗人には「ロボット」が襲い掛かってくるであろう
ことぐらい俺たちにも容易に想像できる。しかし
こんな「ロボット」一体破壊できないで「ナムター」に勝てるわけもないのだ。
財宝といえど、世界を歩き回った今となっては目ぼしいアイテムも無かったが
俺たちは迷わずに財宝をバックパックへ忍ばせた。途端に案の定
「ロボット」が襲い掛かってきた。案外というかさすがというか
「ロボット」というだけあって、防御力だけは大したものだった。
軽く一撃で決める予定が、渾身の力で2、3発切り付けないと倒れなかった。
ふー、もし冒険の序盤に訪れていたら歯が立たなかったことだろう。
ドワーフに会ったら、次に「ロボット」を作る時は装甲をルナチタニウムに
することを勧めてやろう(なんのこっちゃ)

最北の広場に石になったドワーフ達はまとめて閉じ込められていた。
俺たちはさっそく「ソフトンストーン」の魔法を唱える。
みるみるドワーフ達に血色が戻り、やがて元の姿になった。
が、どうしたことだ、ドワーフ達はお礼も言わずに俺たちを
罵倒しはじめたではないか!何?財宝を盗んだだろうって?
いやそれはだな、単なる腕試しのつもりで・・・いやそうじゃなくて
だから盗んだ訳じゃ・・って話を聞けよ!全くこのゲームの
登場人物は皆セッカチだ。それにしてもどうしてお前たちは
俺たちが財宝に手を出した事を知っているんだよ!たった今まで
石になってたくせに!

166 :102:03/10/14 11:47 ID:???
鍛冶場へ戻ると、その場所の主が俺たちを無愛想に迎えた。
さっきまで石になっていたというのに、もう剣を鍛えている。
全く仕事熱心な奴だ。俺たちは早速「フリーダムソード」の話を持ち出した。
「ローバの骨」があれば可能だというドワーフの鍛冶屋に、間髪いれずに
「ローバの骨」を見せる。驚いた様子も見せず、それを手にとり釜へと向かう
鍛冶屋を俺たちは黙って見守る。数時間が過ぎただろうか。作業は思いのほか早く終った。
俺たちを振り返り、鍛冶屋が自慢げに叫んだ。

「この つるぎ ドワーフの はがねを じごくの ひで 
 きたえに きたえて つくった!!」

「でんせつのヒーロー ローバの たましい そそぎ
 アプスかいで やきをいれた さいこうの つるぎ!!
 まぼろしの フリーダムソードだ!!」

「これ もって ニザールやまに いけ!!
 なにかが おこる!!
 ドワーフ うそ つかない!!」

これこそ俺たちが待ち望んだ瞬間であり、希望が、願いが
確かな形となって目の前に現れたのだ!さぁ、これをもって「ニザール山」に出発だ!
そこで「ナムター」と決着をつけるのだ!世界を回りパワーアップし、
ついに「フリーダムソード」を手に入れた俺たちにはそれが出来るはずだ。
・・・ん?でもまだ「ガードドラゴン」が守っている「ラナクター」の欠片の
捜索とか「神秘の森」の「ザトンの墓」とか、気になることが結構あるんだけど、
そこらへんのイベントはどーなってんだろうか。放り出したままでいいのかなぁ。
まぁ「アンダーワールド」の女王「イルカナ」からもこれ以上は聞いてないし
ドワーフの鍛冶屋も「ニザール山」に行けって言ってるし、
とりあえず目的地はそこなのだ!いざ「オールド港」へ!

ドワーフの手先の器用さは様々なファンタジーで語られたことだろうが
ロボットまでこしらえるドワーフもそうはいまい。

167 :102:03/10/14 11:49 ID:???
「フリーダムソード」を手に入れた俺たちはドワーフルーインの
鍛冶屋の助言に従い巡礼者に交じって「オールド港」から
「ニザール港」へとやってきた。もうすぐそこには目的の「ニザール山」が
他を圧倒する存在感で屹立している。

もう何時間歩き続けているだろうか。頂上はまだ遠く紫がかった
雲に隠されている。辺りにはごつごつとした岩が剥き出しになり、歩きにくい。
ふと振り返れば遥か下まで、巡礼者が列を作り険しい山道を
一歩一歩登ってくるのが見えた。その列は全く途切れることがない。
山にはモンスターもいるというのに。彼らは信じているのだ。
危険を顧みず山を登り、聖堂に祈りを捧げることで救いが訪れることを。

隣を歩いていた巡礼者の一人が突然声を上げた。驚愕の色に満ちた彼の視線を追うと
雲の切れ間に奇妙な光を放つ星が見つかった。その光りは他の星の光りを
遮るほどに明るく、赤に青に激しく明滅しているようだ。その
奇妙な明滅は次第に激しさを増し、まるで太陽が膨張したようにも見える。
不思議な光景だった。巡礼者たちは皆、地に顔を付して頭の上で手を合わせ
なにやら必死に呟いている。この山には何か得体の知れない
力が働いていることだけは確かなようだ。その力が何なのか、見極める
為に俺たちはここに導かれたのかもしれない。

168 :102:03/10/14 11:50 ID:???
山の中腹を過ぎてしばらくたった頃に、突然開けた場所に出た。
明らかに人の手が入っており、道は舗装され、人工的な建造物も
あちこちに目にすることが出来た。どうやらここが巡礼者たちの
目的地である聖堂のようだった。俺たちはその中でいっそう大きな
建物に足を踏み入れた。聖堂の中は祈りを捧げようと、
白い服を着た巡礼者の列で一杯だった。彼らは皆、
聖堂の天上に描かれた、「顔の無い全宇宙の神」を見上げている。

神、そう、この世界には神がいる。俺たちは現実に
「アンダーワールド」の女王「イルカナ」やその夫「ネクロポリス」の王
「ナガール」などに謁見した。人間と獣の神である「エンキデュ」とは
剣を交えもした。俺たちが神との対話で得たものは、神は極めて
人間と近しい存在であり神ですら万能では無いということだ。
「イルカナ」や「ナガール」は突然地の底から現れた「ナムター」に
あっさりと利用され不覚を取っていたし「エンキデュ」は人間と獣の神のクセに、
全てを守護してくれるわけではない。自らを打ち負かすほどの勇敢さを
示さない限り、「エンキデュ」の守護は得られないのだ。一番まともで
勇敢そうな「イルカナ」の息子「ローバ」は既に魂の存在となっている。
・・・ん?おいおい、目の前の巡礼者には悪いが、本当に神なんかに
すがっているだけで救いが訪れるのか?「ナムター」が「ディルムン」大陸を
支配してしまうのも時間の問題に思えてくる。英雄の出現を待つ余裕は
この世界にはもうないのだ。全くこの世界の行く末を考えると全く頭が痛い。
「顔の無い全宇宙の神」とやらが本当にいるのだとすれば、この世界は
そいつに見放されたに違いない。それなら取るべき行動は一つしかないのだ。
なってみるさ。俺たちが。

169 :102:03/10/14 11:52 ID:???
新たな決意と共に「フリーダムソード」を天空に掲げる。巡礼者の目にそれは
「顔の無い全宇宙の神」に剣を向けるような姿勢にも見えただろう。
その時だった。一瞬辺りが暗くなったかと思うと、突然稲妻が走り
聖堂の屋根を吹き飛ばした。何事かと細めた目の奥で見上げた空は真っ二つに割れ
再び走った稲妻は「フリーダムソード」の先端に繋がった。途端に今度は
静寂が聖堂を支配し「フリーダムソード」から声が聞こえてくる。
「どくさいしゃ ナムターを おいだせ!!」
「ナムターを ころせ!!」
そう言って声は消えた。ハッとなって辺りを見回すと、まるで何事も
無かったかのように何もかもが元のままだった。聖堂の天上も傷一つ無い。
あれは夢だったのかと視線を「フリーダムソード」に移す。
剣はまるで今始めてこの世に生を受けたかのように新鮮で
あふれ出るエネルギーを脈々とこの手に伝えてくる。
今の声は夢などではなかったのだ。「フリーダムソード」は今
洗礼を受け、真なる力を引き出されたのだった。
「フリーダムソード」の力を引き出してくれたのは
「顔の無い全宇宙の神」だったのだろうか・・・。まだこの世界を
見放した訳ではなかったのだろうか。

「フリーダムソード」に新たなる力が備わったことで
さらに無敵っぷりを増した俺たちが、聖堂を後にしようとした時だった。
突然あたり一面に緊張を伴った不気味な空気がたち込めてきた。
間髪いれず空を切り裂く落雷。雷のフラッシュが弾けると同時に
俺たちの前に立ちはだかる影があった。「ナムター」だった。

今日の冒険はここまでだ。この冒険もそろそろクライマックスに
近づいてきたようだ。

170 :NAME OVER:03/10/14 14:55 ID:???
ところで、あやふやな記憶なんだが…
このゲーム、ちょいとした裏技っぽいもので
ボーナスポイントを全て振りこんだ後、元に戻すとなぜかポイントが増えている
っていうのがあったと記憶しているんだが…

171 :NAME OVER:03/10/14 17:42 ID:???
続きキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!!!

172 :NAME OVER:03/10/14 22:25 ID:???
すごいね
ファミコンのゲームでも息づいた世界って表現できるんだね

173 :NAME OVER:03/10/15 04:27 ID:???
いや、このゲームのストーリーは凄いよ。
初プレイ時はドキドキしっぱなしだった。
いきなり捕まるし。
甘さがない、という感じがする。
日本のゲームはどうしても甘さがでてる。

174 :NAME OVER:03/10/17 12:05 ID:???
リプレイいいですねえ。
そういえば昔この板でカオスエンジェルスのリプレイ書いてた人がいたのを思い出したよ。

175 :NAME OVER:03/10/17 12:24 ID:???
>>172 173

ゲームのストーリーも確かにいいんだが、102の
リプレイっぷりというかなんというか、それが大きいと思う。
普通の人にこのゲームのストーリーの素晴らしさを
いくら説いたところで伝わらないと思う。でもこれを読めば
どれだけ魅力的な世界が広がっているか伝わりそうだ。と俺は思う。

176 :NAME OVER:03/10/18 20:23 ID:???
hosyu

177 :NAME OVER:03/10/20 12:21 ID:???
ほしゅっしゅ

178 :NAME OVER:03/10/20 21:44 ID:XQW3/e/B
一旦あげ

179 :102:03/10/21 16:23 ID:???
やあ、今日は出先の漫画喫茶から書き込んでいるところなのだが
隣に座っている学校帰りの高校生らしき3人組がラーメン食いながら
辺り構わず騒ぎ散らしているので殴り飛ばしてやりたい気分の102だ。
とりあえず今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

目の前に「ナムター」がいる!

「きみたちは なぜ わたしの じゃまをするのだ?
 わたしは かみの むすこだ。
 わたしに さからって ただですむとは おもうな!!」

「ナムター」は恐ろしい形相でこちらを睨みつけながら、一息で告げた。
覚悟はしていたとはいえ、突然の出会いに怯む俺たちをよそに
さらに語気を荒げて続ける。

「これから きみたちが たたかう てきは
 いっそう きょうりょくに なっているだろう。
 きみたちも ばかなことを したもんだ!!」

吐き捨てるようにそう言うと、青い光りが「ナムター」を包み
一層激しく光ったかと思うと、光りは空の彼方へと飛び去り
やがて見えなくなった。あっと言う間の出来事だった。

180 :102:03/10/21 16:25 ID:???
俺たちはしばらくその場に呆然と立ち尽くしていた。
驚きと恐怖で思考は混濁し、今の出来事は幻だったのかとさえ思えてくる。
振り返るとそこには聖堂が聳え立ち、視界を遮る切り立った岩肌も
そのままだ。辺りの風景に変化は無い。ふとある思いが心をよぎる。
力を蓄えたつもりだったが、俺たちは心の奥底では
「ナムター」の底知れぬ力に恐怖していた。その心が
「ニザール山」の不思議なエネルギーに反応し幻影を見せたのだろうか。
・・・いやそうではない。
耳の奥にまだ殷々と広がる雷の残響が
今の出来事が幻で無かったことを告げている。
「ナムター」は間違いなく俺たちの目の前に現れ
そして邪悪な魔法を使い、各地にばら撒かれた魔物達を
より強力にパワーアップしたのだ!おお、なんと恐ろしいことだ!
これからの冒険はよりいっそう困難なものになるに違いない!
だが、逆を言えば、少なくとも「ナムター」が目障りに思う程度には
俺たちは成長していたのだ。「ナムター」とのファーストコンタクトでは
まるで相手にされていなかった俺たちだったが、真の力を
引き出された「フリーダムソード」を手に入れた今では
奴にとって小さな脅威ぐらいにはなったのだろう。
世界をめぐる冒険は伊達ではなかったのだ。

181 :102:03/10/21 16:26 ID:???
「ナムター」によって強化された魔物を退けつつ、俺たちは
とうとう「ニザール山」の山頂へとさしかかった。一息ついて周りを見渡せば
きりたつ崖の向こう側に、もやに包まれた黒い塊が目に入った。
塊は岩石群に違いなかったが、そのどれもが黒く怪しく輝いている。
そのさまはまるで岩石が呼吸をしているかのようで、この黒い岩石がもやの原因
ではないかと思えてくる。不気味な光景だった。目を凝らせば
黒い岩が吐き出すもやの奥に何か巨大な建造物があることに気が付いた。
それは遥か天空まで、いやそれを突き破るかの如く高く聳え立つ塔が見える。
崖から吹き上げる熱風がもやを塔に巻きつけ、その存在を
隠しているようだった。ここが「ナムターの塔」に違いなかった。

崖を慎重に迂回し「ナムターの塔」へと近づいていく。
崖の底は暗く閉ざされ計り知れない深さを覗き込んだ俺たちに伝えている。
恐らくこの崖は「アンダーワールド」まで繋がっているのではないかと
俺たちには思えた。もしバランスを崩して崖に落下すれば命の保証は無いだろう。
一歩一歩確実に足元を確かめながら俺たちは崖の渕を進んだ。そんな様子だったので
「ナムターの塔」の前にたどり着いた時には、精神的に随分と疲労してしまっていた。
けれどのんびりしている暇は無い、この塔の奥に「ナムター」が待っているはずだ。
今や俺たちは「ナムター」を倒し世界を救う可能性を持った、
たった一つの希望なのだから。だが塔の入り口付近には迂回出来ない亀裂が
走っている。しかしこの程度の距離なら「ゴールデンブーツ」で
飛び越えられるはずだ。まったくこのブーツには色々なところで世話になる。
うまく亀裂を飛び越えた俺たちは、勇気を奮い起こして塔の中に足を踏み入れた。


182 :102:03/10/21 16:30 ID:???
暗い。剣を握る自分の腕の輪郭さえ掴めぬ真の闇だ。これでは
何も行動を起こせぬと、咄嗟に魔法の明かりを剣に灯すが
それでもようやっと数歩先までの視界が確保される程度だった。
不意打ちを食らえば一たまりも無いだろう。止め処も無い不安が
心の奥から押し寄せて、それに押しつぶされそうだ。だがいくら
先に進んでも、「ナムター」はおろか、ネズミ一匹出てこない。
それどころか、この塔には随分長い間何者も出入りした形跡が無いのだ。
ここは一体どこなんだ?本当に「ナムターの塔」なのだろうか?
暗闇が恐怖を煽り頭が混乱してくる。それでも勇気を振り絞り
前へと足を踏み出したがその先に踏みしめられるべき床は無かった。
落とし穴だ!!
「あっ!! ゆかが ないぞ?
 おっ おちるーっ!!」

どのくらい落下し続けたのだろうか。
気が付くと湿った岩の上に横たわっていた。
そっと体を動かし傷の具合を確かめるが、幸いかすり傷程度で
済んだようだ。意識がハッきりしてくるとカビくさい臭いが
辺り一面に漂っていることに気が付いた。魔法の明かりをつけて
周囲を確認してみる。どうやらここは自然に出来た洞窟のようだ。
落ちた場所から考えて、「ニザール山」の地下なのだろう。
このままじっとしているわけにもいかない。俺たちは
地上へと帰る手段を探して洞窟の探索を開始したのだった。

183 :102:03/10/21 16:36 ID:???
だが、心配をよそに地上へと続くらしい階段が落下したすぐ側に
あっさりと見つかった。ん?ということは何者かがこの地下洞窟に
出入りしているということなのだ。俺たちは帰り道が見つかった
安心感から、この洞窟を詳しく調べてみることにしたのだが
洞窟は意外に狭く、階段の他に人の手が入っているような場所は
見当たらない。それならさっさと地上へ出て一休みしようかと
思っていた時、どこか他と様子の違う石壁を発見した。
俺たちはその壁に「ソフトンストーン」の魔法を唱えてみた。
石化したドワーフを救ったこの魔法なら、壁を軟化させられるのでは
ないかと考えたのだ。だが結果は思わしくなかった。
魔法が上手くかからないのだ。どうもこの壁には強力な結界が
施されているらしい。明らかに怪しい。だがあらゆる方法を試したが
この壁の奥に進む手段は見つからなかった。しかし「ソフトンストーン」
以外の魔法ではアクションに対するメッセージが出なかったので
何かがあることだけは確かだ。しっかり覚えておこう。

ふー、「ニザール山」では色々あって疲れた。ここは素直に引き返そう。
俺たちは階段を上って地上へと帰ることにしたのだった。しかし
階段の行き着く先はなんと「アンダーワールド」だった。あの洞窟は
「アンダーワールド」よりさらに深い場所に存在していたのだ。
だとすれば相当な距離を落下したはずなのに
よくもまぁ助かったもんだと地下洞窟への階段を振り返ると、
階段は跡形も無く消えていた。「ニザール山」は本当に不思議なところだ。

今日の冒険はここまでだ。最近ちょっとあれなのであまり
ドラゴンウォーズをプレイする時間がない。もしこのリプレイを
期待してくれているとかいう頭のおかしい人がいるなら、
一刻も早くスネークピットにでも隔離されつつのんびり構えてくれると嬉しい。

184 :NAME OVER:03/10/21 19:10 ID:???
続きキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!

185 :NAME OVER:03/10/23 00:15 ID:???
このスレは保存版

186 :NAME OVER:03/10/25 19:15 ID:???
保守

187 :NAME OVER:03/10/27 23:34 ID:???
保守

188 :NAME OVER:03/10/28 02:24 ID:???
スネークピットにいます

189 :NAME OVER:03/10/28 22:34 ID:RvKTR4vh
一時あげます

190 :NAME OVER:03/10/31 00:21 ID:???
玉座でミイラになりつつも保守。

191 :102:03/11/01 12:34 ID:???
やぁ、保守してくれたみんなありがとう。時間はかかるが
この冒険は必ず最後までやり遂げると約束しよう。
それじゃぁ今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

折角久しぶりに「アンダーワールド」に来たんだ、「イルカナ」に
挨拶しにいこう。そういえば「フリーダムソード」を手に入れたことも
報告しないとね。
しばらくぶりの対面に「イルカナ」は笑みを浮かべながらこういった。

「おお!!
 りっぱな フリーダムソードだ。
 そのつるぎで にっくきナムターを やっつけろ!!」

願をかけられる立場のくせに全く他力本願な神様だ。
あちこち周って「フリーダムソード」を手に入れてやったのだから
後はオマエがなんとかしろよと言いたくなる。
だがこの世界の神はただそこにいるだけの、自分からは何もしない
形骸、ただのお飾りの神様なので頼っても仕方が無いことは
十分に承知している。だから何も口には出さなかった。
俺たちは愛想良く、まかせておけなんて大そうなことを言って
「アンダーワールド」の女王「イルカナ」と別れた。

「アンダーワールド」を「プロガトリー」方面の階段から脱出する。
この町は俺たちが投げ出された時と何一つ変わっていない。
まるでこの町で失われた命や壊れた夢を
記念するかのように立てられている高い壁が町全体を覆い、
壁の隙間を抜けて海から吹き付ける湿った風は何かが腐ったような
生臭いを町全体に撫で付けている。変わらぬ町の気配は
俺たちに苦しかった記憶を蘇らせた。だがどこかそれが懐かしい。

192 :102:03/11/01 12:36 ID:???
俺たちは「ニザール山」で「ナムター」との決戦を覚悟していた。
しかし「ナムターの塔」で罠にはまり、「ニザール山」の地下洞窟へと
落下してしまったのだ。その地下洞窟の奥に、何か怪しい場所が
あることだけは突き止めたが、それ以上の情報は手に入らなかった。
恐らく再び「ニザール山」へ挑んでも、同じ事を繰り返すだけだろう。
「ナムターの塔」の落とし穴を回避することは出来そうに無いし
地下洞窟の怪しい壁を攻略することも今の俺たちには出来やしないのだ。
完全に冒険の道しるべを失ってしまった。

何故わざわざ冒険のスタート地点に戻ったかと言えば
もう一度最初から「ディルムン大陸」を歩き回る必要が出来たからだ。
そこでたくましいハングリー精神を再び思い出す為にここに来たのだ。
俺たちは目的を見失い、裸一貫で「プロガトリー」のスラムに放り出された時と
同じような不安を感じていた。だが気を落とすことは無いのだ。それならもう一度
世界を周って情報を手に入れるだけのことだ。今の俺たちには世界を
歩き回って血と汗とコントローラを握る手に出来たマメが完成させた
掛け替えの無い地図が手元にあるのだ。幸い世界にはまだやりのこした
冒険の端緒が散らばっている。それらを一つずつ解決していけば
必ず「ナムター」打倒に繋がるに違いはないのだ。さぁ、ぐずぐずしては
いられない。もう一度新たな冒険が始まるのだ。そしてそれにふさわしい
場所は、ここ「プロガトリー」でしかありえない。
やれやれ「死体袋」が懐かしいなんてドラゴンウォーズならではだ。

193 :102:03/11/01 12:38 ID:???
「スマグラー港」から南へ向かえば「マッドトード」まで半日もかからない距離だ。
4匹のガードドラゴンを撃破し、全ての「ラナクター」の欠片を手に入れた俺たちは
「ラナクター」を復活させようと、「マッドトード」にいる「ラナクター」の
弟子を訪ねた。

「マッドトード」の町の中央に積み上げられた瓦礫の山は
「キングズホーム軍」との魔法戦争が始まった際に
「ラナクターハイマジックスクール」が破壊され散乱したものだ。
「マッドトード」へはしばらくぶりで訪れたのだが、瓦礫は今も
片付けられてはいなかった。とてもそこまで人を回せないのだろう。
皆自分の生活だけで精一杯なのだ。しかし、その夥しい数の瓦礫の山を
一人地道に片付けている若い男がいた。以前に一度だけ見たことがある顔だ。
彼がラナクターの弟子だ。

俺たちがバラバラになったラナクターの欠片を集めてきたことを知ると
彼は飛び上がって喜んだ。

「こっ・・・これは!!
 ラナクターのあたまでは ないですか!!
 もしかして ぞうのかけらをあつめてくれるのですか?
 ありがとうございます!!」

ラナクターの頭ではないですか!ってちょっとマヌケな喜びようだ。
相当興奮していたのだろう。

ここでラナクターの欠片を渡す度に、あと何が足りないのか
教えてくれるのは親切だね。その都度台詞が変化していくのも
作りこみを感じるので好感。こういうとこで手を抜くRPGって
多いんだよね。

194 :102:03/11/01 12:40 ID:???
全ての欠片を渡すと「ラナクター」の弟子は

「これで すべて そろいました。
 これらを あしだけに なってしまった ぞうに
 つけてみましょう。」

と言い、バラバラだった欠片をぎこちない手つきで組み合わせ始めた。
おいおいそんなに簡単な作業で復活するのかよ!と思わず
突っ込みを入れたくなったが、必死で作業する彼の姿に
俺たちは黙って見守る。やがて像は人の形を取り戻した。
するとどうだ、空が真っ黒になり一瞬光ったかと思うと、像の頭めがけて
電光が直撃した。このゲームは何かあると、とりあえず雷が落ちることになっている。
しばらくすると一つになった「ラナクター」の像はゆっくりと
赤みを帯び、無機質な石から血の通った人間の体へと変化していく。
俺たちはその様子を「ラナクター」の弟子と共に固唾を飲んで見守った。
最後に重く閉じていた目蓋が開き、ぎょろぎょろと辺りを確認するように
忙しく目玉を動かしている。そして俺たちに視点を合わせると突然叫びを上げた。

「ああ!!
 いきているということは なんて すばらしいのだ!!
 ありがとう!!」

やった!「ラナクター」が生き返ったのだ!!


195 :102:03/11/01 12:42 ID:???
喜びに溢れる「ラナクター」は、お礼に地下の研究所にあるものは
何でも持って行って構わないと言ってくれた。随分な奮発っぷりだ。
今なら何でも言うことを聞いてくれそうな雰囲気だ。
でもまぁ生き返らせてあげたんだからこのくらいの報酬があっても
いいよね。生きていることの喜びに今にも踊りだしそうな雰囲気の
「ラナクター」だったが、突然真面目な顔になって話し始めた。表情はまるで
別人のように険しくなっている。「ラナクター」は「ナムター」に魔術師としての
名誉を傷つけられたことを悔しがり、「ナムター」を倒す為なら協力を惜しまないと
申し出てくれた。そこで俺たちは「ラナクター」に「ニザール山」での出来事を話し
アドバイスを求めた。すると「ラナクター」は「ザトン」を訪ねて
「ソフトンストーン」の魔法を今よりも強力なものにしてもらえと
知恵を貸してくれたのだ。もし「ソフトンストーン」がパワーアップすることが出来たなら
「ニザール山」の地下洞窟で俺たちを阻んだあの壁も、ぐにゃんぐにゃんに
溶かしてしまえるに違いないのだ。さすが四大魔法使いの一人、期待を裏切らない答えだ。
よしよし、また打倒「ナムターへ」一歩近づいたぞ。早速「ザトン」を探しに行くのだ。

ん?でも「ザトン」も魂だけの存在になっちまったとかなんとか冒険の最初の方で
聞いたような・・・。そういえば「神秘の森」には「ザトンの墓」まで
あったような気がする。おいおい「ラナクター」先生!肝心な部分を教えて下さいよ!
と聞き返そうと思ったが、もう「ラナクター」は弟子とマジックハイスクールの
再建について嬉しそうに話し合っている最中だった。傍目には何気ないやり取りに
見えたことだろうが、「ラナクター」もその弟子も肩を震わせ泣いていた。
「ラナクター」はきっとバラバラになっていた時も、この弟子が自分の体の一部を
大切に守っていてくれたことを見ていたのだろう。歳を重ねたしわくちゃの頬を伝う涙は
命を取り戻した喜びの為だけでは無いはずだ。この二人ならきっと素晴らしい
マジックハイスクールを作っていくに違いない。

196 :102:03/11/01 12:47 ID:???
二人の再会を邪魔するのも無粋と、そっと背を向けその場を立ち去ろうとする俺たちを、
ひとつだけ気がかりなことがあると「ラナクター」が呼び止めた。
「ラナクター」が言うには、石にされる前に飼育していた年老いたドラゴンに
ある宝石を飲み込ませ、「マッドトード」の町から逃がしたのだという。
その宝石が「ナムター」の手に渡れば世界は「ナムター」の思うが侭になってしまうほど
重要な宝石らしい。老ドラゴン・・・?そうだ、「ランスク」の地下に
年老いたドラゴンがいたはずだ。あの時は何もアクションに反応が無かったが、
ドラゴンが何か喉に詰まらせている様子だった。あのドラゴンこそ「ラナクター」の言う
老ドラゴンに違いない。喉に詰まらせていたのは重要な宝石だったのだ。
あの老ドラゴンにはもう「ナムター」の軍勢と戦う力は無い筈だ。「ナムター」に
居場所を突き止められてしまったらそれが最後なのだ。
成る程、これは急ぐ必要がありそうだ。「ランスク」の老ドラゴンが
それだと気づいた俺たちは、「ラナクター」にドラゴンはまだ無事だと告げ安心させた後
マジックハイスクール跡を出発した。

ふ〜、色々と情報が手に入ったもんだ。
だが冒険の端緒は少なくなっていきているものの、あちらもこちらもと
手を出しては混乱するだけだ。まずは「ザトン」の行方、そして老ドラゴンと
俺たちは行動の予定を立てたのだ。老ドラゴンに対するアクションや
効果のありそうなアイテムは持っていないことだしね。唯一恐れるのは
それまでにドラゴンが老衰することだが、まさかそんなことも無いだろう。
おっと、その前に「ラナクター」の研究所に入って色々といただいていくことにしようか。

今日の冒険はここまでだ。こんなちゃちな文を読んでくれてるみんなには
感謝してます。次回も、ちょっと時間が開いてしまうだろうけど
気長に待っていてください。

197 :NAME OVER:03/11/01 17:33 ID:???
続きキタ━━( ´∀`)゚∀゚)*゚ー゚)・ω・) ゚Д゚)´ー`)・∀・) ̄ー ̄)━━!!

198 :NAME OVER:03/11/04 17:46 ID:???
保守

199 :NAME OVER:03/11/04 21:49 ID:???
うおっ
いつのまにか再開してたのね

200 :NAME OVER:03/11/05 04:28 ID:???
いいねー。いいよいいよー。

201 :102:03/11/06 11:39 ID:???
やぁ、最近はやや頻繁に冒険している102だ。
今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

「ラナクター研究所」は「マッドトード」の町の地下に建設されてる。
入り口はマジックハイスクール跡のすぐ側にあり、辺りには瓦礫が
山のように散乱している。ここもハイスクール跡同様、戦争の被害を
受けているようだった。まぁ、「ラナクター」にとっては職場と研究室が近く
理想的な環境だったことだろう。俺たちは入り口を塞ぐ一際大きな
残骸をどかすと研究所へ足を踏み入れた。

研究所の中はヒドイありさまだった。まるで大地震に見舞われたかのように
机は引っ繰り返り、中の引き出しからは書類が放り出され、
本棚は前のめりに倒れいくつも重なり、収められていた本を周りにばら撒いている。
やれやれ、この中から目ぼしいものを探すなんて一体なんの罰ゲームなんだと
いきなり気分が落ち込む。ふと視線を足元に移すと、散乱する書類の中に
一冊の本を見つけた。手にとって調べて見ると、それは「ラナクター」の
日記のようだった。他人の日記をコッソリ覗き見る行為にちょっと気が引けたが、
研究所の中にあるものはなんでもくれるという話だったし、何か役に立つことが
書いてあるかもしれないと、何となくページをめくってみる。

「まほうのめがね・・・。
 わたしが とくべつに つくらせたもの・・・。

 これがあれば マジックカレッジの いりぐちを
 みつけることができる。

 めがねは このけんきゅうじょの なかにあるが
 かんたんには とりにいけない。

 ここは いりくんだ つくりに なっていて
 ひがしは にしにつながり
 きたは みなみにつながっている。」

202 :102:03/11/06 11:40 ID:???
「魔法の眼鏡」?「マジックカレッジ」?一体何のことだろうか。
「ラナクター」が校長を務めているのはマジックハイスクールだし・・・。
カレッジというからにはさらに上級のマジックスクールが
どこかにあるのだろうか。その入り口を見つけるために「魔法の眼鏡」が
必要で、それはこの研究所の中にあるということだが・・・。
なにやらイベントアイテムの雰囲気だ。ループするという
地形に気を配りつつ、お宝探索のついでに「魔法の眼鏡」も貰っておこう。

何!ここにもモンスターが入り込んでいるのか!「ラナクター」の
個人的な研究所ということで油断していた俺たちは不意を付かれた。
だが、取り立てて強力なモンスターは入り込んではいないようだ。
捜索に支障が出るほどでは無い。しかし一体どこからモンスターは
入り込んだのだろうか?入り口は巨大な瓦礫に塞がれていたし
あそこから堂々と中に入ったとは考えにくい。「ラナクター」の爺さんも
モンスターのことなど一言も言っていなかったが・・・。

研究所の捜索を続ける俺たちは突然物凄い悪臭に鼻を覆った。
水が腐ったような異臭に鼻がひん曲がりそうだ。このかぐわしいスメル
には覚えがある。「アンダーワールド」に充満するガスの匂いだ。
慣れてしまえば、いや、鼻が利かなくなるまで耐えればなんということは
ない匂いだが、乾いた埃の臭いの中で覚悟も無く突然遭遇したことにより
いつもの何倍も強力に感じられる。それにしてもどうして
研究所の中に「アンダーワールド」のガスが漂っているのだろうか?
ガスに耐えつつ、近くを探索すると、そこには「アンダーワールド」へ
通じるであろう階段があった。階段の手前には頑丈そうな扉があり
扉には「アンダーワールド」側からの侵入を防ぐ魔法の結界が張られている。
だが、どうやら魔法戦争の際に、この結界の力は働かなくなってしまったようだ。
研究所にモンスターが溢れていた原因はこれに違いない。
しかし俺たちには新しい結界を施すほどの魔法の力は無いので
どうすることも出来ない。地道にモンスターを退けつつ探索を続けよう。

203 :102:03/11/06 11:41 ID:???
ん、まてよ。魔法戦争の被害を考えれば、自分の研究所がどういう状況に
なっているのかぐらい、「ラナクター」には想像が出来たに違いない。
「アンダーワールド」への階段に施した封印の力が弱まるということも
その結果、モンスターが進入してくるということも。・・・ということはだ、
なんでも持って行っていいからと喜ばせて、俺たちは研究所内の
モンスターの掃除に使われたんじゃないのか?
この研究所には元々、いや、もう既に貴重品や凄い価値のアイテムは無くて
「ラナクター」が再び封印を施す為に邪魔なモンスターを片付けておく。
その代わりに、残り物を差し上げますよというのが真相だったのでは!?
全く喰えない爺さんだよ!とんでもないぬか喜びの正体ですよ!
さすが大魔法使い様様だと言っておこうか。それとも邪推が過ぎるかしら。
まぁなんにしてもやれやれだ。



204 :102:03/11/06 11:43 ID:???
数時間の探索の結果、俺たちはいくつかの魔法の記された巻物と
「魔法の眼鏡」を発見することが出来た。これらの発見に障害となったのは
モンスターでもループする地形でもなく、隠し通路と魔法の壁だった。
とりあえず見えている場所を全て踏破した俺たちは「魔法の眼鏡」どころか、
魔法の巻物ひとつ手に入れられないことに首をかしげた。いくら体のいい
モンスター掃除だろうと、命を助けてやったお礼が何も無いってのも
RPGとしては反則行為でレッドカードなのだ。

その後出来上がったマップを穴が空くほど見つめて、隠し通路の存在を
確信したまではよかった。だがその先にあったのは全て魔法の巻物だけで、
肝心の「魔法の眼鏡」がどこにもない。しかしマップにはまだ何かありそうな
ダークゾーンが広がっている。う〜ん、これは一体どういうことなのだと
ただ時間だけが過ぎていった。何も見つけられないまま苛立ちだけが募る。
その時、仲間の一人が研究所を覆う壁の変化に気がついた。調べてみると
周りの壁に比べて、そこだけ埃を被っていない部分がある。間違いなく
魔法の壁に違いない。ドルイドマジック「ソフトンストーン」の出番だ。
埃を被っていない壁に向かって魔法を放つと、壁はみるみる軟化して
やがて溶けてなくなってしまった。ふー、壁の変化に気がつかなければ
つまっていたかもしれない。壁の正面に立たないとメッセージが出ない
というのが気が付くのに遅れた原因だろう。

205 :102:03/11/06 11:43 ID:???
魔法の壁で隠されていたこじんまりとした部屋には、埃塗れになった
「魔法の眼鏡」が無造作に床に転がっていた。他にも散乱する魔法の巻物の山、
そして「ドラゴンシールド」などが入った宝箱が発見された。巻物には
珍しいものが紛れていた。恐らく「ラナクター」のオリジナルマジックだろう。
魔法の知識のある仲間が言うには、この巻物はハイマジック、サンマジック、
ドルイドマジック全ての属性を持ちながらローマジックの技術さえあれば
誰にでも使用が可能だと言うスグレモノだそうだ。
へ〜、さすがにマジックハイスクールの校長、便利なものを研究しているもんだ。
俺たちはこの魔法を「ミクスマジック」と名付け、魔法と無縁の仲間に覚えてもらう
ことにしたのだった。まぁ、ちょっと話が違う部分もあったが、研究所の探索では
それなりに良いものを手に入れられたのでよしとしようか。
こうしてラナクター研究所の探索は終了した。しかし疑問が残っている。

「魔法の眼鏡」は手に入れたものの、「マジックカレッジ」とは一体
どこにあるのだろうか。「ディルムン大陸」は殆ど歩きつくしたはずなのだが・・・。
ん〜?どこだ?全く想像がつかない。大体入り口が隠されてるんだから
見えないのでは?とか考えてしまう。とりあえず今までの冒険のメモを見直し
セレクトボタンを押してディルムン大陸のマップを見直す。どこかに未踏破の
場所は・・・あ、あるじゃん!これだ!「キングズホーム」の王族が
使用していた狩猟場「プリザーブ」の南にある「エンキデュ」の従者がいた場所だ。
「エンキデュ」と魔法ってイメージは結びつかなかったのですぐに浮んでこなかった。
しかし、もうディルムン大陸で足を踏み入れていないのは、あそこと「ニザール山」の
地下洞窟の奥しか無い。悩んでいても仕方が無いか。「マッドトード」から
「スマグラー港」はすぐそこだし、そんなに遠い旅にはならないだろうから
とりあえず行ってみよう。もしかすると行方が分からない
「ザトン」の情報も手に入るかもしれないしね。

206 :102:03/11/06 11:46 ID:???
「エンキデュ」の従者、サソリの下半身を持つスコーピオンマンは
ハッキリと我々は西の島々から「マジックカレッジ」を守っているのだと
俺たちに告げた。いや〜、そんなことすっかり忘れていましたよ。そうだそうだ。
「プリザーブ」を冒険した時に、その近辺も探索して「エンキデュ」の従者が
何かを守っていたことは覚えていたのだが、初めて訪れた時には
マジックカレッジの情報など無くて、まだこの先に行く必要は無いだろうと
引き返してしまったんだよね。だから台詞の内容までは覚えていなかったのだ。
そりゃ、いつかまた来ることになるだろうとは思っていたけれど。

スコーピオンマンは俺たちを警戒していたようだが、「エンキデュトーテム」を
見せて、身分の証明を立てるとすんなり道を開けてくれた。う〜む。これが
権力というものなのだ。神様もたまには役に立つねぇ。
さそり橋を渡りきると、崖を背にして建っている随分とくたびれた一棟が目に入った。
他にそれらしきものは見当たらないし・・・カレッジというぐらいだから
もっと立派な建物を想像していたのだが、あれが目指すマジックカレッジに違いない。
俺たちはやや拍子抜けしつつ、建物に向かって歩き出した。

建物にたどり着いたはいいが、入り口が見当たらない。だが首をかしげる
ことはない。ラナクターの研究所で、入り口は隠されているという情報を
つかんでいる俺たちは決して慌てはしないのだ。慎重に建物の周囲を調査し
建物の周りには複数の人間の足跡が残されていることを発見した。
恐らくマジックカレッジに通っていた生徒の足跡だろう。その足跡が
突然途切れている場所があった。そこは何の変哲も無い壁だが、俺たちは
バックパックから魔法の眼鏡を取り出し、レンズを通して再び壁に視線を
戻すと・・・あっ!壁が無い!魔法の眼鏡は真実の道を見透かして
マジックカレッジの入り口を教えてくれた。成る程、魔法学校らしい仕掛けだこと。
ちょっと行く先に不安を覚えないでもないが、とりあえず入学試験は
無事突破したというところかな。

今日の冒険はここまでだ。プレイした時間のわりにストーリーは
あまり進んでいないので、ちょっとお話を膨らませてみたよ。

207 :NAME OVER:03/11/06 16:23 ID:???
ハリーポッター思い出した

208 :NAME OVER:03/11/06 18:19 ID:???
続きキタ━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ ━━!!

209 :NAME OVER:03/11/07 02:07 ID:???
マジで小説書いて欲しいな

210 :102:03/11/07 03:00 ID:???
>>192
やぁ、間違いに気づいてしまった102だ。
の後に入れるはずだった「ガードドラゴン撃破」のお話が
抜けていることに気が付きました。番外編としてお楽しみ下さい。

俺たちはまず「神秘の森」の祭壇から北の大陸へワープし
「スネークピット」へと向かった。行動の指針を決定付けたのは
「スネークピット」で初めて遭遇した「ガードドラゴン」の言葉を
仲間の一人が思い出したことだった。・・・あの時
宝箱を発見、喜々としてそれを開けた俺たちの前に突然現れた
「ガードドラゴン」、奴はおののく俺たちにこう告げたのだ。

「われは ナムターさまの めいを うけ
 ラナクターのぞうの かけらを まもっている!!
 おまえごときに わたすものか!!」

・・・「ナムター」の命令で守っている?そうだ。
俺たちは改めて冷静になった。大魔法使い「ラナクター」を石化させ、
さらにバラバラにし、駄目押しで「ガードドラゴン」に守らせている。
これでけの厳重な封印をする理由はただ一つで、それだけ
「ラナクター」に復活されては困るということの裏返しなのだ。
打倒「ナムター」には、「ラナクター」の力が必ず必要になる。
そう考えた俺たちはまず世界に散らばった「ラナクターの欠片」を
集めて、「マッドトード」にいる「ラナクター」の弟子を訪ねようと
目的を見つけ出したのだった。欠片が散らばっている場所など
先刻承知なのだ。前回は「ラナクターの欠片」を取り戻そうと
必死に戦ったがまるで歯が立たなかった。「ガードドラゴン」は
不思議なオーラに包まれていて、こちらの攻撃が全く通じなかったためだ。
だが完全なる「フリーダムソード」を手に入れた今なら
「ガードドラゴン」など恐れるに足りない。この剣で斬れぬものなど
この世に存在しないのだから。

211 :102:03/11/07 03:03 ID:???
やや緊張しながら「ガードドラゴン」の潜む宝箱を開ける。
邪悪な気配が辺りを包み、「ガードドラゴン」がその姿を現した。
その瞬間、「フリーダムソード」から稲妻がほとばしった!
剣から放たれた稲妻は無数に枝分かれし、あっという間に
「ガードドラゴン」の全身を包みこんで激しくスパークした。
稲妻が消えると同時に、「ガードドラゴン」を覆っていた
邪悪な気配が薄れていることに気が付いた。「フリーダムソード」から
飛び出した稲妻は「ガードドラゴン」のオーラを消し去ったのだ!
さぁ、リターンマッチの開始だ!全体に18ポイント程度のダメージを
与えてくる炎は強力だが、オーラさえなければ、勝てない相手では無い。
「フリーダムソード」以外の攻撃は効果がやや薄いものの
勝利は時間の問題だった。絶え間なく繰り出す必殺のハイパーオーラ斬りの前に
やがて「ガードドラゴンは」その巨体をだらしなく地面に横たえたのだった。

ふー、やれやれ、ようやっと「ラナクター」の欠片の一つ「ラナクターのあたま」を
手に入れたぞ。それにしてもなんだかあまり持ち歩きたくないアイテムだ。
ここだけの話だが、パーティーの中で誰のバックパックに収めるのか
揉めたことは内緒だ。だがネガティブな気分に浸るのはここまでだ。
まだ欠片は残っているのだから。さぁ、次の欠片を求めて出発だ!

こうして俺たちは「スネークピット」「ネクロポリス」「フリーポート」
「プリザーブ」の4箇所を周り、全てのラナクターの欠片を手に入れることに
成功したのだ。どこに何があるかメモしておくことは、いわゆる洋RPGにおいて
常に身を助けるのだ。

「ガードドラゴン」が消滅する際のエフェクトが他の雑魚と違うってのが
凝ってていいね。

次回はまた
>>206
の続きからです。時間を取って1週間以内には更新の予定です。

212 :NAME OVER:03/11/08 00:48 ID:???
(゚∀゚)乙

何気に中ボス戦の音楽が好きなのだが、どうか。

213 :NAME OVER:03/11/11 02:56 ID:???
保守

>>212
漏れも悲しげで好き。

214 :NAME OVER:03/11/12 10:49 ID:???
最初に聴いたのはモッグの館だったか。

215 :NAME OVER:03/11/16 18:18 ID:???
保守

216 :NAME OVER:03/11/19 20:12 ID:???
保守

217 :NAME OVER:03/11/19 20:55 ID:sUG1u+Ay
保守だけじゃなくてなんか書き込もうや

FC版しかやってないんですが、スキルやパラメータに好き勝手割り振れる
システムがすごく好きでした。
ラスボスも当時のうちには衝撃的。ツーカコワカタヨ。
敵がウネウネと動くさまなんて、夢にまで出てそりゃあもう・・・

218 :NAME OVER:03/11/20 03:06 ID:???
いやー、ラスボスは怖いでしょー。
あんなラスボス反則だって。
「もう起き上がるな!」とか思ってプレイしてたし。

219 :102:03/11/20 18:47 ID:???
やぁ、最近ちょっと忙しすぎてゲームをプレイする時間が取れなくて
困っている102だ。前も言ったけど、時間はかかっても途中でこのリプレイを
放棄するつもりは全く無いので、それだけは安心してもらっていいだろう。
それじゃ、今日は少しだけど冒険の続きを書いておこうと思う。

マジックカレッジに人気は無く不気味に静まり返っている。
校舎は年季を感じさせる粗末な木造の作りだった。
建物を支える梁や柱には亀裂が走り、今にも崩れてきそうだ。
地震でもあればひとたまりも無いだろう。
しかし、壁や床は磨き上げられ、机や椅子は整然と配置されている。
手が届かない天井付近に、僅かに明り取りの窓が設けてあるが
僅かな曇りも無い。太陽の光りを漏らさず舎内に届けている。
まるでついさっき誰かが掃除したばかりのようだ。
時間と空間のアンバランスな印象に俺たちは戸惑っていた。
だが俺たちにはザトンの魂の行方を知る必要がある。
ここでグズグズしているわけにはいかない。意を決して
一歩を踏み出した時だった。どこからかしわがれた老人の声が
俺たちに告げた。

「ここは 4だいまじゅつしと いわれる ナムター
 ミスタルビジョン ラナクター ザトンを
 そだてあげた めいもんの まほうがっこうじゃ。
 しんけんに まほうをまなびたいと おもうなら
 これから おこなわれる しけんに
 いっしょうけんめい とりくんでみなさい。」

220 :102:03/11/20 18:49 ID:???
まるで入学案内のような突然のアナウンスに俺たちは驚いた。
そしてここが4大魔術士を育て上げた場所なのだと知り
マジックカレッジの名が伊達ではなかったのだと考えを改めた。
さらにザトンもここの卒業生ということは、行方を推測する
手がかりも残されているかもしれないと期待を膨らませた。
しかしここであのナムターも魔法の勉強をしていたと思うと
少し複雑な気持ちでもある。
本当に人がいるのか、それともマジックカレッジを訪れる者に対する
自動的なアナウンスなのか声はさらに続けた。

「だい1しけんは これじゃ!!
 さあ!! おまえたちに このほのおが けせるかな?
 やってみなさい!!」


221 :102:03/11/20 18:50 ID:???
今度は声の響きが微妙に変わったような気がした。目の前の相手と
会話しているような雰囲気で、違和感が無い。俺たちは何故か声の主は
少し笑っているような気がした。はっ!声が消えると同時に
部屋の中央に突然炎が勢いよく燃え盛った。部屋の温度が一気に
上昇する。俺たちは一瞬緊張したが炎はまるで透明な壁に遮られているように
一定の場所から広がることなく燃え続けている。
炎が襲ってくるようなことは無いようだ。
試験なんて悠長なことはしていられないし、何より試験という言葉が
大嫌いな俺たちは炎を迂回して次の部屋へと続くであろう扉に向かった。
ガチャガチャ・・・カギが掛かっている。早速技術でこじ開けようと
試してみたが、まるで開く気配が無い。どうやら魔法で施錠されているようだ。
この部屋には入り口と出口が一つずつしか無いし・・・。
やれやれ、次の部屋に進むには試験を受ける以外になさそうだ。
それにこんな焚き火程度の炎を消してみせるぐらい、今の俺たちには
造作も無いことなのだ。ただの力馬鹿だと侮ってもらっちゃ困るぜ!
さぁ、やるとなったら容赦はしない、いくぞ「ビッグチル」!!
ハイマジックの詠唱が終ると同時に、空気中の水分が結晶し
巨大な氷の塊が、炎に襲い掛かった。炎は氷塊に僅かに抗ったが
瞬間、空しく消え去った。ふっ、どんなもんだよ!やったぜ!
どんとこい超常現象ってなもんだ!勝ち誇る俺たちの前に、声が響く。

222 :102:03/11/20 18:52 ID:???
「よろしい!!
 だい1しけんは ごうかくじゃ。
 つぎのへやに すすんでいきなさい!!」

何!?
第一試験だって?まさかこの先新しい部屋に入る度に試験を
受けなきゃならないのか!・・・まぁこの程度の試験ならさして
苦にもならないか。楽勝だろう。第一試験を軽くクリアした
俺たちは随分と気が大きくなっていた。次の部屋へと進む足取りも軽い。
扉を開けた俺たちの目に映ったのは、さっきと全く同じような作りの
部屋に、さっきと全く同じような炎がメラメラと燃えさかっている
様子だった。

「さあ!!
 だい2しけんは もうすこし むずかしいぞ。
 このほのおも けしてみなさい!!」

223 :102:03/11/20 18:53 ID:???
はぁ?何言ってるんですか?俺たちはやや拍子抜けし
あきれてしまった。馬鹿にしないでください。
似たような炎をさっき消したばかりじゃないですか。
同じことを繰り返させて何が楽しいっていうのだ。だが俺たちは思い直した。
試験が簡単なことは逆に幸いだ。マジックカレッジの探索が
それだけ楽になるのだから。俺たちは見えない相手に噛み付くのは
止めて、なるべく低姿勢に試験に臨むことにしたのだ。
ハイマジックの使い手に「アイスチル」の指示を出す。
こんな炎にわざわざビッグチルでMPを15も消費することは無い。
氷の飛礫で十分さ。水固まりて炎を砕け!「アイスチル」!
呪文が完成すると無数の氷の槍が炎目掛けて閃き飛んだ。
炎は瞬く間に消え去り・・・ん?消え去らない?
お、おかしいな、さすがにちょっと威力が足りなかったのかな?
アハハ、MPをケチった貧乏根性がいけなかったな。
よし、ここはやはりビッグチルで景気よく吹き飛ばそうか。
全てを押し潰せ!「ビッグチル」!!炎の真上に
巨大な氷の塊が形成される。魔力から解き放たれた氷塊が
炎目掛けて勢いよく落下し、炎は成すすべも無く消え・・・去らない!
・・・ぐっ、どういうことだ?まだ氷の力が炎を消すに足らない
とでもいうのだろうか?しかし俺たちにはビッグチル以上の
氷系魔法を知らないし・・・。

224 :102:03/11/20 18:54 ID:???
冷静になるんだ。そう、パニックを起こすのが一番いけない。
落ち着け、落ち着くんだ・・・。そうだ、まず炎を調べるのだ。
俺たちは解決の糸口を見つけようと炎へと近づいた。ん?何かおかしい。
俺たちは途端に違和感を覚えた。その正体はすぐに分かった。
目に見えないある変化に気がついたからだ。炎から熱が感じられないのだ。
それどころか、この炎からは冷気さえ感じられる。
第一の試験をクリアして上気していたことと、部屋に入ってすぐの
場所から魔法を唱えていたこと、そして前回と全く同じ雰囲気から来る
錯覚が、俺たちに誤った判断を下させていたのだった。
そうか、そういうことだったのか。マジックカレッジ・・・こりゃぁ
侮れない場所だぜ。勝って兜の尾を締めよとはこんな時に使う
ことわざなのだねぇ。おっと、話がそれたな。それじゃぁ早速この
「氷の炎」に本物の炎で答えを示してやろうじゃないの!
MPなんか気にしない!サンマジックの使い手に「ファイヤーストーム」の
指示を飛ばす。灼熱の炎で敵を舐め尽くし灰に変えろ!「ファイヤーストーム」!
渦巻く炎が術者の指先からうねり飛び出し、炎にカモフラージュされた氷を
あっという間に飲み込んだ。氷の炎は音も無く空気中に分解された。
ふ〜っ、ちょっとてこずってしまったぜ。苦笑いする俺たちに
例のしわがれた声が語りかけてきた。

「ふむ!!
 よくぞ ほのおが ただの げんえいであることに
 きづいたな。
 ほのおのように みえていたのは
 じつは こおりの かたまりだったのじゃ。
 だい2しけんも ごうかくじゃ。
 さあ!! つぎのへやに すすみなさい。」

これでまだ第二試験だっていうのだから先が思いやられる。
ついさっき第一の試験をクリアした時とはまるで違うことを考えていた。
俺たちは思い上がった態度を改め、第三の試験に臨むことにしたのだった。

225 :102:03/11/20 18:58 ID:???
今日の冒険はここまでだ。マジックカレッジは既にクリアしたので
文章に起こすだけなのだが、上手く話を繋げようと気を使うと
中々難しくて・・・。次回更新まで1週間とか言って守れなくてゴメンね。

226 :NAME OVER:03/11/20 20:54 ID:???
続きキタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━!!!!

気にせずにマターリ書いて下され。

227 :NAME OVER:03/11/21 01:02 ID:???
ビッグチルって日本人の語感からは生まれない英語だよな
「デカイ寒気」

228 :NAME OVER:03/11/23 13:04 ID:???
それが新鮮で格好良く映るんだなぁ。
プーグボーテクス、サラズスウィフト、カワーディス。
意味はわからんけど・・・。

229 :NAME OVER:03/11/24 20:04 ID:???
召喚でパーティーいっぱいにしといてアルリック仲間にしようとすると
しょっぱなから初期メンバー外せるみたいね
これを利用すれば自分で作ったキャラ総外しパーティーも可能?

230 :NAME OVER:03/11/30 01:13 ID:???
フォボスの音楽が好きだ

231 :NAME OVER:03/11/30 16:31 ID:???
何げに落ちないよな、このスレ。

232 :NAME OVER:03/12/01 13:18 ID:???
プロガトリの音楽も好きだ。
なんか壊れた夢という感じが表現されていると思う。

233 :NAME OVER:03/12/01 13:27 ID:???
プロガトリか…
装備が整った後、正面から強行突破して
プロガトリ開放!!とか気取ったものだ…
当然そんなイベントはなく、町の人は同じ事を繰り返すだけだし
門にいけばまた襲われる。

でもやってみたかったんだ。ナムターへの反乱の口火として。

234 :NAME OVER:03/12/03 17:41 ID:ZUIF/XUs
102降臨待ち&保守age

235 :NAME OVER:03/12/03 19:04 ID:???
懐かしいので記念カキコ。

小学生の時に雑誌の紹介記事を見て
今まで見たこともない不気味なグラフィックと
何でもありな雰囲気に惹かれて発売日に買いにいった。
そうすると、入荷してなかった。
(ドラゴンボールの新作と発売日がかぶってたらしい)
まあ、取り寄せたらすぐ届いたけどね。

236 :NAME OVER:03/12/03 19:05 ID:???
ポイ捨て記念カキコ。

237 :NAME OVER:03/12/05 16:57 ID:???
応援カキコ
俺はFC版でその序盤から容赦ない絶望的な雰囲気と奥の深さには
惹かれていたのだがあまりの重たさに諦めてたよ。

(つД`)゚。・一歩で一秒だからなあ

238 :102:03/12/05 21:07 ID:???
やぁ、一歩で一秒のんびりとプレイしている102だ。
何故かお話が膨らんでしまったマジックカレッジ編も今回でオシマイだ。
それでは今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

第三の試験は再び拍子抜けしてしまうほど簡単な試験だった。
暗闇に明かりを灯す魔法など、今時子供でも知っているというものだ。
だがここで油断してはいけないのだ。第一を受けての第二の試験の展開を
考えれば当然の判断だ。学習しない冒険者は早死にする。
しかし某小説を読んで以来、灯りを付けると聞くと、すぐに「シラク」
と呪文を唱えてしまいたくなるのはご愛嬌だ。

「よし!! だい3しけんも ごうかくじゃ。
 いまのは ちょっと かんたんだったかな。
 それでは つぎのへやに すすみなさい。」

しわがれた老人の声は明るい響きを含んでいた。
まるで俺たちの心を見透かしているようで小気味が悪い。
声に促されるままに足を踏み入れた第四の試験会場に待ち構えていたのは
突き出した耳と、背中に畳んだ大きな翼が印象的な怪物「ガーゴイル」だった。
「ガーゴイル」は次の部屋へと続く扉のすぐ横に陣取って獲物を
待ち構えている。この部屋の番人というわけだ。
上に広い空間で「ガーゴイル」と戦うのは危険だ。背中の翼を起用に扱い
空中を旋回し、狙いをつけた獲物に急襲する攻撃方法が厄介だからだ。
しかし幸いここは狭い空間で天上も低い。翼を封じてしまえば
今の俺たちに勝てない相手では無い。次の試験はこいつが相手かと
剣に手を掛け意気込む俺たちに、またあの声が聞こえてきた。

239 :102:03/12/05 21:09 ID:???
「さあ!! だい4しけんは これじゃ。
 ガーゴイルに みつからずに でぐちに
 たどりつくことが できるかな?
 やつに にらまれると にんげんは たちまち
 いしに されてしまう。
 どうすればよいのか かんがえてみなさい!!」

・・・成る程、ここが「マジックカレッジ」だということを忘れていた。
力で何もかも解決しようとする悪い癖がまた出てしまったようだ。
え〜と、要するに「ガーゴイル」に気づかれずにこの部屋を脱出すれば
この試験は合格なのだ、つまり敵から発見されない魔法、姿を
消す魔法、「クロークアーケイン」が正解のはずだ。もはや
ランダムエンカウントが必要でない俺たちにとって、この魔法は
お馴染みのものだったので、答えはすぐに導き出されたのだった。
ハイマジックの使い手が呪文を完成させると、俺たちの姿は
霧につつまれ、やがて空気に溶けた。「ガーゴイル」は怪訝そうな形相で
こちらを睨んでいるが、奴には俺たちの姿は見えていないはずだ。
相手からは絶対に見えないと分かっていても、「ガーゴイル」の
目の前を通る時には息を殺し忍び足という慎重だ。鎧の留め金が
カチリとこすれる度に心臓が飛び出しそうになる・・・。
ガチャリ・・・ダダダダッ!バタン!扉を開けて
一気に次の部屋へとなだれ込む。ぶはぁっ!はぁはぁ・・・。
激しい運動などしていないのに、全員汗だくだ。
だらしなく地面に体を投げ出して体全体で呼吸する俺たちに
試験合格の知らせが聞こえてきた。

240 :102:03/12/05 21:11 ID:???
「よし!! だい4しけんも ごうかくじゃ。
 まほうのうでは まずまずのようじゃな。
 つぎのへやに すすんで よろしい!!」

合格は嬉しいけど、ちょっと休ませて・・・。
あ〜、汗をかいた体に地面がひんやりして気持ちいい〜。

次の部屋に待ち構えていたのは、両手に斧を握り締めた
筋肉質の凶暴そうな男だった。威嚇の声を張り上げ
敵対意識を剥き出しにしている男に警戒を強める俺たちに
声がアナウンスする。

「さあ!! だい5しけんじゃ。
 おまえたちに このおとこが たおせるかな?
 やってみなさい!!」

ん?珍しくさっぱりした試験だな。何か仕掛けがありそうな気が
しないわけでもないが、頭を使うことばかりでストレスが
溜まっていたところだ、思う存分暴れさせてもらおうじゃないのと
俺たちは腰に下げた剣を鞘からズラリと抜き放った。

「へっへっ!!
 おまえたちを まっぷたつに きりわけてやる!!」


241 :102:03/12/05 21:12 ID:???
男は「フィリスティン」と名乗り、裂帛の気合と共に飛び掛ってきた!
ん〜、いいねぇ、なんかこーいうの久しぶりな気がするよ。
お頭の弱い俺たちだけど、力の勝負なら負けないっつーの!!いくぞ!
前衛は装備している武器で攻撃し、後衛は魔法で防御に攻撃と
RPG戦闘における黄金パターンで戦いに望む。仮にも「マジックカレッジ」の
試験がただの戦闘な訳が無いと思っていたが、戦闘を初めてすぐに
「フィリスティン」の特異な部分に気がついた。こいつには一切の
状態変化、攻撃魔法が通用しないのだ。無闇に魔法を連発して
MPを消費してはバカバカしい。魔力の全ては防御と回復に回そう。
パーフェクトな魔法防御に加え、通常攻撃にも抜群の耐性を持っている
「フィリスティン」だったが、久しぶりに剣を、斧を振り回せる
快感に勢いづくサディスティックな俺たちに、そんなことはむしろ
楽しみが増えるというプラス要素にしかならず、「フィリスティン」は
程なく床に屑折れた。

「ほっほっほっ!!
 どうじゃ いまのしけんは なかなか
 むずかしかったじゃろう?
 まほうを みにつけたからといって まほうのちからに
 おぼれては いけない!!
 つかう タイミングが かんじんなのじゃ。
 だい5しけんも まあ ごうかくじゃな。
 つぎのへやへ すすみなさい!!」

試験事態はさほど困難を感じなかったが、確かに声の言うとおり
魔法を使うタイミングが重要だということを思わせる試験だった。
まぁ、そんなことよりいいストレス解消になったよ。
メタメタにしてしまった「フィリスティン」には申し訳ないけど(笑)

242 :102:03/12/05 21:13 ID:???
何だこれは?次の部屋に入った俺たちはロープで天上に吊り上げられた
巨大な石を見上げていた。どうやらまた知恵を働かせなければいけない
試験になりそうだ。

「さあ!! だい6しけんは これじゃ。
 いま たっている ばしょから いっぽでも うごけば
 ずじょうの いしが おちてくるぞ!!
 ほっほっ!!
 おまえたちは たちまち いしの したじきじゃ。
 さて どうするかな?」

おっと!
もっとよく調べようと、一歩踏み出そうとしていた足を
慌てて引っ込める。天上に吊り上げられた石は、部屋全体を
覆い尽くさんばかりの巨大なものだ。「ザックススピード」で
15ポイント程度素早さを上げて、素早くドアに向かい
万が一石の落下より素早くドアにたどり着くことが出来ても
結局は石の下敷きになるだけだろう。

243 :102:03/12/05 21:14 ID:???
俺たちはドアの高さを確保しつつ、支えになりそうな物は無いかと
部屋を見回すが、空っぽで机も椅子も無く、役に立ちそうなものは無い。
まぁ、大体ここから一歩も動けないのではどうしようも無いのだが。
ならば魔法だ。そうだ、これは「マジックカレッジ」の試験なのだ
解決にはやはり魔法が関係してくるに違いないのだ。しばらく思案し
「クリエイトウォール」の魔法で支えを作ろうかとも思ったが
天上から落下してくる巨大な石を支えるには、魔法で作り出せる壁は
あまりにも貧弱だ。・・・だとすればやはりこの石を
破壊するしかない。しかしだ、それには問題がある。もし
炎や稲妻の力で天上にぶら下がる石を破壊することが
出来たとしても、石の真下と言ってもいい場所に立っている
俺たちには間違いなく炸裂による被害を被ることになるということだ。
魔法を時と場所によって使い分けることを教えてきた
今までの試験からはとても想像出来ない、スマートでない
解決方法だ。

う〜ん・・・。せめてもっと石を確実に細かく砕く魔法があれば・・・。
!そうだ、あの石を破壊するのではなく、溶かしてしまえばいいのだ。
そう、幾度となく冒険の進行に一役買い、今そのパワーアップを
求めているあの「ソフトンストーン」の魔法で。
呪文を浴びせると石はぐにゃりとその形を歪め、今度は
丸く膨らんだかと思うとパンッと勢い良く弾けとんだ。
まるで砂のように細かく砕かれた石の破片が俺たちの顔に降り注いだ。
やれやれ、これで石に潰されることは無いだろう。
俺たちは喜々としてノシノシ堂々と部屋の真ん中を歩いて
次の部屋に続くドアへと手をかけた。

「よーし!!
 いしをくだけば よいことに よくきづいたな」

244 :102:03/12/05 21:15 ID:???
声はそう告げた。俺たちは何故か声の主がすぐ側で
話しているような気がした。次に待っている試験は
一体どんなものなだろうか?そしてこの試験はいつまで続くのだろう
俺たちの心には不安が広がっていた。
やや沈んだ気持ちでドアをくぐる。その部屋は
作りそのものは変わらないものの、今まで通ってきた部屋よりも
随分と奥行きがあり、机や本棚などの生活用品も見受けられ、
今までとは雰囲気が異なっていた。その部屋の中央に立つ
魔法使い風の年老いた男がこちらを見てニヤニヤ笑っている。
俺たちが口を開く前に、老魔法使いらしき男がしわがれた声で話し始めた。

「さあ!!
 いよいよ さいしゅうの だい7しけんじゃ。
 わしの なは ウトナピティム。
 この マジックカレッジで ずっと せんせいを
 している。
 さいしゅうしけんは わしが ちょくせつ
 あいてを してやろう。
 ほっほっ・・・これまでのようには いかぬぞ。」

そこまで言うと、「ウトナピティム」は魔法で姿を消した。


245 :102:03/12/05 21:16 ID:???
あのしわがれた声、そしてホッホッという笑い声
間違い無い、俺たちに試験を出してここまで導いたのは
この「ウトナピティム」だったのだ。
そしてその「ウトナピティム」を倒すことが最終試験だという。
俺たちはふと最初に「マジックカレッジ」に
足を踏み入れた時に聞いた話を思い出した。
ここは「ナムター」を始めとする四大魔術士の母校でもあるのだ
彼らを指導した「ウトナピティム」を相手に俺たちは一体どこまで
戦えるのだろうか。不安が募る。部屋の奥には相変らず
一つのドアが見える。恐らく「ウトナピティム」と戦わずして
あのドアを開けることは出来ないだろう。戦闘態勢を整えると
俺たちはゆっくりとドアを目指した。

ぐはぁっ!!なんて強力な攻撃なんだ!一撃で100近い
ダメージを受けたぞ?防御の劣るキャラクターは150に近い
HPをあっさりと失っちまったぞ!しかもこちらの攻撃が
全くヒットしない。回復魔法などとても追いつかない状況だ。
既にパーティーの半分が瀕死の状態に追い込まれている。
あまりに一方的で絶望的な戦いだった。
今まで戦ったどんな相手とも、まるで強さの次元が違う。
「ウトナピティム」は俺たちが今まで対峙した中で最大の強敵で
あることは間違いなかった。殺される!力だけには自信があり
強さに溺れていた俺たちは久しぶりに死という存在に直面していた。
このまま戦いを続ければもう数ターンもしないうちに
俺たちは全滅するだろう。・・・俺たちは死にたくないという一心で
決断を下した。逃げる。今の俺たちに残された作戦はそれしかない。
パーティーを全滅の危機から救うにはそれしかないのだ。
俺たちは隙を見て「ウトナピティム」に背を向けると、
残された力を全て足の筋肉に注ぎ、惨めに逃げ出したのだった。

246 :102:03/12/05 21:17 ID:???
「そうじゃ!! よく わかったな。
 どうにもならないときには にげることも
 ひつようじゃ。

ハァハァ・・・
無様な姿で息も絶え絶えに走り続ける俺たちの後ろから
「ウトナピティム」はそう告げた。

「おめでとう!! さいしゅうしけんも ごうかくじゃ
 さあ ごうかくのほうびを とりに つぎのへやへ
 きなさい」

・・・・。
俺たちは朦朧とする意識の中で、最終試験を突破したことを告げられた。
「ウトナピティム」は最初から俺たちを本気で殺すつもりなど無かったのだ。
現状がどんなに辛くても苦しくても、悔しくても惨めでも生き残ること、
生きていることこそが何よりも重要だということを「ウトナピティム」は
この戦いで教えたかったに違いない。
生きていれば次の可能性を試すことが出来る
生き延びて新しい道を見つけることができる。
自暴自棄になりその可能性を捨てることは愚かなことだと
年老いた魔法使いは教えてくれたのだ。

「ウトナピティム」に促され奥の扉を開けて次の部屋へと向かう。
隣を歩く「ウトナピティム」は笑顔だ

「さあ!! きょうから きみたちも マジックカレッジの
 そつぎょうせいじゃ。
 がっこうのなまえをけがさぬよう がんばりなさい。」

まぁ、卒業目的でここに来た訳でもないのだが
苦労しただけあって「ウトナピティム」の祝辞が中々に心に響く。

247 :102:03/12/05 21:20 ID:???
「ここを そつぎょうしていった ラナクター・ザトン
 ミスタルビジョン・ナムターは 4だいまじゅしと
 よばれるほど りっぱに せいちょうした。
 しかし かなしいかな ナムターとミスタルビジョンは
 あくのみちに はずれ きょうりょくしなかった
 ラナクターとザトンを ひどいめにあわせたらしい。」

「ナムター」と「ミスタルビジョン」のことを話す「ウトナピティム」の
表情に一瞬陰りが見えたのを俺たちは見逃さなかった。
昔の話とはいえ、自分の教え子が悪の道に走ってしまったことに
責任を感じているのだろう。それにしても俺たちが驚いたのは
「ナムター」のことを思いやる者が、この「ディルムン大陸」にまだ
存在したということだった。悪逆の限りを尽くして人々を
恐怖で支配し続ける「ナムター」に憎悪や怒りといった負の感情以外を
向ける人間がいたことが、何かとても違和感だった。
恐らく「ウトナピティム」は自分を責め続けてきたことだろう。
老魔術士の心中は俺たちが推し量ることなど出来はしない程
複雑に理性と感情の相克でくたびれているに違いなかった。


248 :102:03/12/05 21:20 ID:???
「ふう・・・まほうは つねに ただしく
 つかわなければ ならないのじゃ。
 それだけは けっして わすれてはならぬぞ。
 この ソウルボールを しんぴのもりにある
 ザトンのはかのまえで つかってみなさい。
 ザトンのれいが ちからになってくれるはずじゃ。

「ソウルボール」だって?こ、これは「ザトン」の魂が宿るアイテムなのか?
「マジックカレッジ」を卒業したことで、すっかり満足してしまっていたが
そうだ、俺たちは「ザトン」の行方を追っていたのだ、その手がかりというか
答えが目の前に差し出されたのだ。恐らく「ザトン」が命を落とした時
それを哀れに思った「ウトナピティム」は「ザトン」の魂を
このアイテムに収め今まで守っていたに違いない。教え子たちの
醜い戦いをこの老魔法使いはどんな気持ちで見ていたのだろうか。
とにかくこれで「ザトン」と話が出来るかもしれない。その時に
「ソフトンストーン」を強化してくれるように頼んでみよう。

「それから ここにあるまきものを もっていきなさい。
 しっかりと がんばるのじゃよ!!」

最後に「ウトナピティム」からいくつかの巻物とアイテムを貰って
俺たちは「マジックカレッジ」を後にした。力だけでは、魔法だけでは
どうにもならないことを身をもって教えられ、精神的に成長した
俺たちが次に向かうのは神秘の森にある「ザトン」の墓だ。

っていうか誰もが思ったことだろうが
爺さん、ナムターちゃんもミスタルちゃんもあんたの教え子なんだし、
そんだけ強いんだったらなんとかしてくださいよ(笑

249 :102:03/12/05 21:28 ID:???
今日の冒険はここまでだ。

最近ドラゴンウォーズの箱説を980円で、もう1つ1980円で
見かけたのだが買わなかった。罪深い俺を許してくれ。
それでは次回にまたお会いしましょう。

250 :NAME OVER:03/12/05 22:55 ID:???
102氏乙カレ〜

251 :NAME OVER:03/12/06 08:59 ID:???
しかし上手く話をつなげてるなw

252 :NAME OVER:03/12/06 14:08 ID:???
続きキタ━━━━ヽ(*゚∀゚)メ (゜∀゚*)ノ━━━━━━!!!

253 :NAME OVER:03/12/09 14:31 ID:???
>爺さん、ナムターちゃんもミスタルちゃんもあんたの教え子なんだし、
>そんだけ強いんだったらなんとかしてくださいよ(笑

これ激しく同意w

254 :NAME OVER:03/12/15 01:20 ID:???
逃げる
といえばミスタルビジョン幻影戦も逃げると勝利になるな。
倒してもどうせ経験値はいらんし、逃げるが勝ちだ。

255 :NAME OVER:03/12/15 09:35 ID:???
FC版なんだけど、出て来る人間出て来る人間
みんなユラユラ揺らめいてるのは仕様ですか?

256 :NAME OVER:03/12/15 14:26 ID:???
蜃気楼です

257 :NAME OVER:03/12/16 14:06 ID:???
全員酔拳の使い手です。
だから街中で襲ってくるシチズン(市民という意味)も
いざ戦うと強いでしょう?

258 :NAME OVER:03/12/18 17:06 ID:dXsjFai7
ageだa〜geageage(ry

259 :NAME OVER:03/12/18 17:53 ID:???
シチズンは手の動きが凄い

260 :NAME OVER:03/12/19 17:26 ID:???
おお!! 懐かしい!
まさかスレ立っていたとは。
当時TRPGにハマってたからデキの良さに感動してました。

102さんの日記見ていろいろ思い出しましたよ。
ところで秘密警察ストストルーペンが未登場ですけど、
そんなに後で出てきたんだっけ。
ガードドラゴンなんかよか印象が強いんだけどw

>>255
PC版もゆらゆらしていたので、やはり酔拳の使い手かと♪

261 :NAME OVER:03/12/24 17:46 ID:???




262 :NAME OVER:03/12/28 02:30 ID:Tu6+Bw62
age

263 :NAME OVER:04/01/02 21:22 ID:???
懐かしいなー。
マップが完成のために歩きまわったよ。
しかしほとんど忘れてるなーと102さんのリプレイ読んで思う…
音楽がけっこう好きだった。

264 :NAME OVER:04/01/06 17:28 ID:8xQs7wBe
プロ咎狩
プロが鳥
プロと狩り
プロト ガリ

265 :102:04/01/07 15:21 ID:???
みんなすまん。最近忙しい上にトラブル続きで精神的に
参っちゃってるんだ。だからドラゴンウォーズを遊ぶ時間も
取ってなくて、前回の書き込みからずいぶん時間空いてしまって
申し訳ない。前にも言ったけどちゃんと完結するまでプレイするから
ノンビリ待ってください。

266 :NAME OVER:04/01/08 01:26 ID:???
>>265
お暇な時でいいですよー(・∀・)ノシ

267 :NAME OVER:04/01/08 18:07 ID:TvhEweL3
リプレイを まつためにも このスレが
おちないことが だいじだ!!
よって ほしゅ する

268 :NAME OVER:04/01/18 21:23 ID:???
ふりーだむそーど

269 :NAME OVER:04/01/19 14:19 ID:7+tuKk6N
かくれる>したいぶくろ
のぼる>かべ

等など、いろいろスキルを駆使した覚えはあるが、
「ぬすむ」が役に立つところってあったっけ?

270 :NAME OVER:04/01/19 14:47 ID:???
あっマッシュルームだ!

ちゃんちゃんちゃららん
とかいう軽快な音楽とともに、まぬけなセリフを吐くナガール

いいね!いいね!うまいね!

コマンド>ぬすむ

271 :NAME OVER:04/01/20 23:43 ID:???
どっかの酒場の主人から魔法書を盗めなかったっけ?
けっこう大量に持ってて、1回でもしくじると二度と盗めなくなるやつ

272 :NAME OVER:04/01/21 16:01 ID:???
102氏に触発されて漏れもリプレイ中



リビールグラマー強すぎwwwwwwwwwww
修正されるねwwwっうぇっうぇwwwwwwwwww


いや、まじでヤヴァイだろこの魔法

273 :NAME OVER:04/01/21 18:45 ID:???
なんかバグ発見した
ハイマジック覚えてないのにアイスチルが撃てる
そのうえ消費量=MPに設定できるから凶悪につえぇ・・・

274 :NAME OVER:04/01/22 21:45 ID:???
キャラメイク時に魔術士タイプえらんでキャンセル
次に自分でふりわけを選んで、ハイマジックにポイント入れずに始めるだっけ?

レベル上限が0なのにレベル設定が1から始まるから
増やせど増やせど上限値に辿り着かないw

このゲームのキャラメイクはキャンセルすると
ポイントはリセットされるんだけど、魔法がアサインされたままなんだよね

275 :102:04/01/27 05:51 ID:???
やぁ、ついにドラゴンウォーズをクリアした102だ。
全てを手放しで褒めるつもりなんてないし、改善するべき点も多数あると思う。
特にシステム関係のレスポンスは悪いところばっかりだ(笑
でもね、それでもドラゴンウォーズは
俺の考えるRPGの本質を見事に満たしたゲームだったよ。
俺の気まぐれで始まったリプレイも、もうすぐ最後だ。
とりあえずテキストにまとめた部分の冒険は書いておこうと思う。

「マジックカレッジ」で「ザトン」の魂が封じ込められているという
「ソウルボール」を手に入れた俺たちは、神秘の森の南にひっそりと佇む
ザトンの墓を訪れていた。ザトンは生前随分と弟子に慕われていたらしい。
慰霊の石版には弟子からの死を悼む言葉が刻まれている。
俺たちは「ソウルボール」石版の上に置きザトンとの交信を試みた。
精神を集中させる・・・
はっ!石版周辺の空気が揺らいだかと思うと、辺りは突然緑色の霧に包まれた。
その瞬間、一切の雑音が遮断され、墓の周辺は特殊な力場に支配される。
石版を取り巻くように漂っていた霧はやがて人の形を取ることで、ザトンの霊が
ここに出現したことを告げた。

「わたしの ねむりを さますのは おまえか・・・。
 ソウルボールを もっているとは
 かなり まほうが つかえるようだな。」

成る程。そういうことだったのか。俺たちはてっきり「ソウルボール」に
「ザトン」の魂が封じられているのだと思ったが、優れた魔力を持つ者は
恐らく死者の念が強く留まっている場所で「ソウルボール」を媒介に
死者との交信が出来るということだったのだ。少なくとも「マジックカレッジ」を
卒業する程度の魔法の心得が必要なのだろう。「マジックカレッジ」の校長
「ウトナピティム」は俺たちが「ソウルボール」を使える程の魔力を
持っているかどうか、それを確かめる為に試験を科したに違いなかった。

276 :102:04/01/27 05:53 ID:???
「ザトン」の霊は「ナムター」の魔法禁止令のおかげで、全ての魔法使いが
迫害に遭ったことを嘆いた。それは四大魔術師である「ザトン」や「ラナクター」も
例外では無かったという。

「ラナクターは ドラゴンジェムという
 ドラゴンを あやつれる ほうせきを もっていた。
 それを ねらう ナムターは
 ゲイズデーモンと ミスタルビジョンに
 ラナクター を あんさつするように めいれいした。」

 さっきをかんじた ラナクターは かれらが
 おそってくるまえに かっていたドラゴンに
 ジェムをのみこませ ランスクのまちに にがした。」

ドラゴンを操る宝石のことは既に助け出した「ラナクター」から
聞いて知っている。やはり「ランスク」の地下で見た老ドラゴンは
「ラナクター」の逃がしたドラゴンだったのだ。それにしても
「ゲイズデーモン」なんて随分久しぶりに聞いた名だ。冒険の序盤、
「モッグの館」で戦ったあの怪物がまさか「ラナクター」を石化させた
張本人だったとは。「ゲイズデーモン」は人間に擬態する能力を持っているようだったし、
恐らく「ラナクター」の親しい人物に成りすまして近づいたのだろう。
俺たちが「ラナクター」を既に助けたこと、「ランスク」で老ドラゴンを見たことを
「ザトン」の霊に告げると、今まで険しかった表情を幾分和らげてこう続けた。

「しかし ラナクターが いしにされたとき
 ジェムを はきださせる アンクを
 ミスタルビジョンに うばわれてしまったのだ。」

277 :102:04/01/27 05:55 ID:???
どうやら老ドラゴンよりもミスタルビジョンに会って、アンクを
取り戻すことが先のようだ。恐らく「ミスタルビジョン」は「ナムター」の
すぐそばにいるはずだ。もうこの世界で隠れる場所は「ニザール山」の
地下しかないはずだから。やはり二ザールの地下洞窟の壁を
何とかしないことにはどうにもならないのだ。

「ナムターとミスタルビジョンがいる ニザールのちかへ
 はいるためには じゃあくなちからで まもられている
 かべを こわさなければ ならない。
 
 しかし ふつうの ソフトンストーンでは
 そのかべは ぜったいに こわれないのだ。

 わたしの さいごのちからを ふりしぼり
 ソフトンストーンを となえるちからを
 より きょうりょくに してあげよう。」

おぉっ!今は霊の存在とはいえ、さすがに元四大魔術師だけのことはある
期待を裏切らない答えだ。俺たちがここを訪れた目的は
まさにそれなのだから。頼みますよ「ザトン」先生!
「ザトン」の霊は精神を集中させているのか、空中に静止したまま
微動だにしない。暫くの後、霊体は大きく膨らんだかと思うと
裂帛の気合と共に一気に練り溜めた魔力を開放した。


278 :102:04/01/27 06:00 ID:???
「ハイヤーーーーーッ!!」

迫力の動作からは想像できないほどに柔らかいオーラが霊体から発せられ
俺たちを優しく包み込んだ。オーラが消えると同時に
体の中で新しい力が弾けるのを感じた。

「これで あのかべを こわすことができる。
 できるだけ はやく ナムターを たおし
 へいわな よのなかに してくれ!!」

そういうと「ザトン」の霊は輪郭を崩し始め、やがて完全に
緑の霧状に戻り形を失ったかと思うと空中に四散した。
近くで木々のざわめきが、遠くで鳥の鳴き声が聞こえる。
「ザトン」の霊はこの場を去り交信が終わったのだ。
石版に目をやると、そこにはいくつかの巻物が落ちていた。
最後の戦いに望む俺達に「ザトン」が残してくれたものだろう。
俺たちは巻物を拾い上げると、早々に神秘の森から
「アンダーワールド」へと向かった。最後の力を使い果たした「ザトン」は
霊体としてもこの世に留まることはもう出来ないだろう。
「ザトン」が魂までもを賭してパワーアップした「ソフトンストーン」、いや
「ソフトンストーンソウル」(勝手に命名)で
「ニザール山」の地下洞窟に最後の戦いの開始を告げる穴を穿つのだ!

279 :102:04/01/27 06:06 ID:???
今日の冒険はここまでだ。冒険の続きは
記憶が新鮮なうちに時間を見つけて文章にまとめたい。
ナムターとの決戦まではもうちょい時間がかかるけど勘弁してほしい。

クリアしてようやく
>>1
の意味が分かりました(笑

280 :NAME OVER:04/01/27 10:00 ID:???
>>102
キター!
ついに大詰めですね。
次辺りのエピソードは個人的に一番盛り上がったところかな〜
タイトルに関連してる部分だろうし。

ところで、もしかして本当にSFC版には秘密警察ストストルーペンいないの??

私はPC版だったからなぁ。

281 :NAME OVER:04/01/27 13:23 ID:???
>>280
スタストラッペンとかいうドラキュラみたいな格好で
両手に棒を持ってる奴なら出てくる。でも特にイベントキャラじゃなかった。
ちなみにSFCじゃなくてFC版ねw

282 :NAME OVER:04/01/27 13:30 ID:???
続きキタ━(*^ー゚)=○Д`)=○)・ω・`)=○)´Д`;)=○)´A`)=○ 3`)━!!!!!

283 :280:04/01/29 10:01 ID:???
>>281
あ、たぶんそいつですね。
う〜ん、PC版やった時はすごく印象に残ってたんだけどなぁ。
イベントキャラというか、どっかの刑務所(?)みたいな街とかで
山ほど出てきたり、重要な通路を警備していたりして
怖かったイメージが残ってまつ。

つか、FCで出てたのか!! ちょっとびっくり。
そんなに前だったのか、、、。

284 :NAME OVER:04/01/29 18:47 ID:???
>>283
多分フォボスの街だと思う。ミスタルビジョンの部下って
感じですごい沢山出てきたような。

285 :NAME OVER:04/01/29 23:46 ID:???
あー、なんかこわいよね、スタストラッペン。
まあ、このゲームはほとんどの要素が怖いのだが・・・。
スタストラッペンって気力攻撃だけしてきた覚えが。

286 :102:04/02/03 06:46 ID:???
やぁ、ドラゴンウォーズのエンディングは実にエンディングらしい
エンディングで大満足だった102だ。
今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

「アンダーワールド」の南、「ナムター」が生まれでたという
地獄の穴の直ぐそばには「ニザール山」の中腹へと繋がる階段が存在している。
俺たちはそこから「ニザール山」へと上り詰めることにした。
「キングズホーム」に戻って「ピルグリムガーブ」を入手し
巡礼者に偽装している暇などもはや無いのだ。
っていうか面倒なのだ。

「ニザール山」では以前に訪れた時と同じ道を辿り、谷の裂け目を
「ゴールデンブーツ」で飛び越え、やがて「ナムターの塔」へとたどり着いた。
塔の中は前に訪れた時と何も変わっていないように見える。
闇と静寂が空間を支配し、徐々に正常な思考が失われていく。
長く留まっていると恐怖に精神が崩壊してしまいそうだ。
前回は無様に塔に仕掛けられた落とし穴にはまってしまったが、今度は慎重に
体勢を整えて落とし穴から地下洞窟へ飛び込んだ。

287 :102:04/02/03 06:47 ID:???
ニザールの地下洞窟に侵入した俺たちは、すぐさま邪悪な力で守られている
「ナムター」の本拠地への入り口とも言うべき石壁へ急いだ。
前回は何も打つ手が無く引き返すしか無かったが、今回は違う。
俺たちにはザトンから受け継いだ「ソフトンストーンソウル」がある。
この魔法で石壁を崩して、洞窟の最深部へと侵入するのだ。
ドルイドマジックの使い手が呪文を完成させると
通常の「ソフトンストーン」ではびくともしなかった石壁が
ぐにゃりと歪み、みるみるうちに柔らかく変化していくのが分かる。
おおっ!!俺たちは思わず歓喜の声を上げた。「ザトン」先生やりましたよ!
貴方が「ソフトンストーン」をパワーアップさせてくれたおかげで、
敵の本拠地へ乗り込むことが出来ます!石壁はやがてドロドロに解けて
地面に染み込んでいった。俺たちは新たに示された道の先に視線を突き立てる。
・・・この先に「ナムター」と「ミスタルビジョン」が待っている。
戦いはより一層の激しさを増すだろう。しかし恐れることは無い。
もし俺たちが倒れても、ここに開いた穴を通って、必ず後に続く者が
出てきてくれると信じているからだ。

288 :102:04/02/03 06:48 ID:???
ニザールの地下洞窟は広大だった。魔法の光も受け付けない真の闇が支配する
ダークゾーンや、方向感覚を狂わせる回転床、突然別の場所に飛ばされてしまう
ワープゾーンなどがあちこちに仕掛けられ、俺たちの行く手を阻む。
洞窟を警備する「ナムターガード」や「インホーサ」を退けつつ、
俺たちは地下洞窟の地図を完成を急いだ。
・・・ニザール山の地下洞窟に侵入してからもうどれくらいの時間が経ったのだろう。
俺たちはひとつの隠し扉を発見していた。隠し扉の周辺の通路には
侵入者を拒むように電撃の罠が仕掛けられている。何やら厳重な警戒だ。
間違いなく何かがある。
俺たちはやや緊張しながら隠し扉の先に設置されていたワープゾーンに飛びこんだ。

あ、熱い、なんという熱だ。まるで燃え盛る炎の中にくべられたような気分だ。
ワープゾーンに送り届けられた先は、今までの無造作な石壁とはうって変わって
人工的に整えられた場所で、開けた場所に柱や祭壇のようなものが均一に設置されており
何かの神殿のような雰囲気だ。何より目を惹くのは天上に浮遊する強烈に明るい
炎の塊だ。まるで太陽のように煌々と輝き弾けながら揺らめいている。
これが熱さの原因に間違いない。一体何の目的でこんなものがあるのだろうか?
そして人工太陽の真下で嘲笑を浮かべこちらの様子を伺っているのは、
裏切り者の魔法使い「ミスタルビジョン」だった。

289 :102:04/02/03 06:50 ID:???
「よく ここまで おいかけてきたな!!
 そのことだけは ほめてやろう。

 だが おまえも ばかなやつだ。
 こんど あったときにも わらうのは
 わたしのほうだと いっただろう?」

「ミスタルビジョン」はそこまで言うと素早い動作で指を動かし印を結ぶ。
俺たちも既に「ミスタルビジョン」に向かって走り出していた。
言葉を交わす必要は無い。お互いに倒さなければならない相手が
目の前にいるだけだった。「ラナクター」の、「ザトン」の仇を
「ウトナピティム」の代わりに俺たちが取らねばならない!
・・・決着はすぐについた。「フォボス」では
あれだけの脅威に感じた存在も、世界を巡り力をつけた俺たちを
再度阻むことは出来なかった。それにしてもやけにあっさりした
勝利だった。「ナムター」の腰巾着とはいえ、34ゴールドと400ポイントの経験値
程度の相手だったのだろうか?「サイクロン」の魔法で退けられなければ、ものの数分で
戦いは決したことだろう。しかし、とりあえず今はこの勝利を喜ぶべきだ。
俺たちは早速「ミスタルビジョン」の死体を漁り、「ランスク」の老ドラゴンから
「ジェム」を吐き出させるための「アンク」を探し始めた。
仰向けに倒れた「ミスタルビジョン」の顔には何かやり遂げたような、
満足げな表情が浮かんでいて不気味だ。
唇の端をゆがめて、ぎこちなく笑みを浮かべているようにも見える。
ゴソゴソ・・・あ、あったぞ。これが「アンク」に違いない。
俺たちは「ミスタルビジョン」のポケットから、手のひらに乗る程度の
十字形の装飾剣を見つけた。柄の部分に宝石が埋め込まれて、宝石の中では
魔法の炎が輝いている。ハッ!「アンク」を手にした途端、不思議な力が
俺たちの体を取り巻き、意識が薄れていく・・・。

290 :102:04/02/03 06:53 ID:???
気が付くと俺たちはニザールの地下洞窟の出口に立っていた。
「ナムターの塔」の落とし穴から降りてきた場所だ。
「アンク」の不思議な力が一刻も早く「ランスク」の地下に行くのだと
俺たちを導いたのだろうか?何にしても好都合だ。
「ミスタルビジョン」を倒し手に入れた「アンク」を持って、
「ランスク」の地下にいる老ドラゴンの元へ急ぐのだ!

「ミスタルビジョン」の意識がこの世界から消えると同時に
人工太陽の炎が一際大きく燃え盛った。灼熱のエネルギー球は
邪悪な生命力に満ち満ちていた。

今日の冒険はここまでだ。
ミスタルビジョンの台詞に合わせて、ナムターが不死身っぽい理由を
こっそり設定してみました(笑

291 :NAME OVER:04/02/03 15:31 ID:???
続きキタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

292 :NAME OVER:04/02/05 11:10 ID:???
さぁ! 来るぞ来るぞ! 

 ド ラ ゴ ン ウ ォ ー ズ

   がぁ!!

エンディングは確かによかったなぁ。
この日記で再体験させてもらおw

293 :NAME OVER:04/02/08 03:52 ID:???
一旦上げとくか

294 :NAME OVER:04/02/11 09:53 ID:VR5PGlIK
ドラゴンウォーズ、ネオファミコンで動きます?

295 :買ってきた:04/02/11 14:44 ID:???
動きました。

296 :NAME OVER:04/02/13 21:17 ID:???
同じく噂のFC版を購入。
結構アレンジされてますな。よい方向に。

297 :NAME OVER:04/02/15 17:10 ID:???
うほっ。

298 :NAME OVER:04/02/20 23:55 ID:???
いいナムター・・・。

299 :NAME OVER:04/02/22 05:21 ID:???
ドラゴンウォーズは処理が重いのが難点
それでもクリアしたけどw
FC以外は何で出てるの?>日本語版ドラゴンウォーズ

300 :300:04/02/25 21:53 ID:???
PC-98

301 :NAME OVER:04/02/27 01:12 ID:???
X68000も。
俺はそっちで解いたが、かなり違うんですな。

302 :ピンクの小粒:04/03/02 11:11 ID:???
PC98版を以前クリアしたんだすが、伝説の剣を取らずにナムターごり押しで倒せてしまったんだが、これって正常すかね?


303 :NAME OVER:04/03/02 21:18 ID:2pb2mYt+

M&Mの人か?

304 :NAME OVER:04/03/03 13:40 ID:???
ファミコン版だとフリーダムソード取らないと絶対にクリアできないが、
PC98だとそんなことないのか?
ナムター自体はフリーダムソードあってもなくても倒せるが・・・
厳しいけど。

305 :302:04/03/03 14:08 ID:???
PC98版をやってるときに、FCかSFC版だかのドラゴンウォーズの攻略ページを参考にしながら、
やったんすけど、どうしてもそのフリーダムソードというのがとれなかったんだす。
で、しょうがないのでそのままナムターに突撃しただす。
ナムターの一歩手前の大群はたぶんどうやっても倒せなかった(敵の数が半端じゃない)ので、こちらも援軍(以前に助けた王子の軍隊だったような・・)で蹴散らしたんだす。
ナムター自身はフリーダムソードなくても普通に倒せたっす。
そのあとは例によってゴミ箱にポイっと。

FCかSFCの攻略ページ見ながらやった感想としては、大まかな流れはPC98版と同じながらも、アイテム等細部で異なるという感じだったす。
多分難易度的には大分違うんだと思うんだすが・・・・

306 :302:04/03/03 14:11 ID:???
いや、援軍はドラゴンだったような・・・
記憶があいまいですまんだす・・・

307 :NAME OVER:04/03/03 19:20 ID:???
>>302
なるほど、だからFC版はガードドラゴンがいるんですな。
ってPC98版にもいたらスマソ(英語版にはいない)

308 :302:04/03/03 21:16 ID:???
>>307
PC98版もガードドラゴンてのは出てこなかったと思いまふ。
そもそも、フリーダムソードの本物が存在したのかどうか怪しいと思われまする。
ドワーフの鉱山(?)でもドワーフ助けてもなんもしてくれなかったし・・・


309 :NAME OVER:04/03/04 18:30 ID:???
おいらも98版、ガードドラゴンは記憶にないからやっぱりいなかったのかな。

フリーダムソードは手に入れたような、、、?
取ると雷落ちて死んじまうんでなかったっけ?
あれは偽者だっけ???

ああ、もうボケちった

310 :102:04/03/04 18:41 ID:???
やぁ、ドラゴンウォーズをプレイしてくれる人がいいなぁと思って
激安通販を紹介してみちゃったりする102だ。
ttp://kumazou.net/zaiko/db21/search.cgi?bu2=FC&bu4=&bu3=&tit=%83h%83%89%83S%83%93%83E%83H%81%5B%83Y
今日も冒険の続きを書いておこうと思う。

数日後、俺たちは「ランスク」の地下に到着していた。
相変わらずガラの悪いゴロツキはチラホラ目に入るが
街は比較的穏やかで、商店街を行き交う人の流れを眺めていると
「ニザール山」の地下洞窟で極限の緊張の中剣を振るっていたのが
まるで嘘のように思えてくる。俺たちは町のほぼ中央に設置された
「老ドラゴン」の隠れ場所を目指した。

よく見ると「老ドラゴン」の喉元がなにやら丸く膨らんでいる。
さらに調べると、「アンク」と同じ剣型の刻印を発見した。これは
「ラナクター」が「老ドラゴン」に施した刻印に違いない。
俺たちはやや緊張しながら「アンク」と刻印を重ね合わせた。
年老いたドラゴンは悲しい目でこちらを見つめたまま、何も抵抗しようとしない。
完全に「アンク」と刻印が重なる・・・。ドラゴンは突然、グェッ!グエッ!と
重い咳に苦しみ始めた。相当苦しいのだろう。目には涙が滲んでいる。
しばらくすると、ドラゴンの咳は止まり、ムクッと起き上がると
顔をこちらに向けた。ゆっくりと開口すると、あちこち穴の開いた舌が
ダラリとぶら下った。そして舌を器用に丸めると、そこには
青く透き通った水晶が姿を現した。これこそドラゴンを意のままに操るという
「ドラゴンジェム」に間違いないだろう。「ジェム」を吐き出した
「老ドラゴン」の表情は「ジェム」の束縛からの解放感からだろうか、とても
穏やかに見えた。「ジェム」を失った今、「老ドラゴン」は「ナムター」の
軍勢から隠れる必要も無いわけだが、「ナムター」の軍勢からしてみれば
知らぬところなので「老ドラゴン」はまだこの狭い隠れ場所を
抜け出すにはいかないだろう。俺たちが「ナムター」を倒す時まで、
もう少しだけ辛抱してくれ。

311 :102:04/03/04 18:42 ID:???
「ランスク」を後にする俺たちは、どこかの街で聞いた噂話を思い出していた。
「ナムター」は「ヤングドラゴン」という強力なドラゴンを数多く
従えているらしいということだ。この噂を補足する情報として、
港町「フリーポート」では「ヤングドラゴン」を倒すためには
ドラゴンの女王の協力が必要なことを教えてくれたっけ。この情報を信じるなら
恐らく「ヤングドラゴン」に「ドラゴンジェム」は通用しないのだろう。
全てのドラゴン族を支配できるはずの「ドラゴンジェム」が機能しないとなると
「ヤングドラゴン」とは「ナムター」が異界から呼び寄せた魔物の俗称で
純粋なドラゴンの血族ではないのかもしれない。俺たちは一刻も早く
ニザールの地下洞窟に舞い戻りたい気持ちだったが、万が一が許されない状況に
はやる気持ちを押さえ、ドラゴンの女王に謁見を求めることにしたのだった。
向かうは「ドラゴンバリー」。以前に一度だけ足を踏み入れたが、あまりの
敵の強さに・・・いや敵が同時に大量に出現して戦闘が中々終わらないので
閉口して引き返したあそこだ。「ドラゴンバリー」のモンスターも他に漏れず
「ナムター」が「ニザール山」で放った邪悪な魔法によって
パワーアップしているに違いない。十分に力を付けたとはいえ
「ディルムン大陸」最強の怪物達の猛攻に俺たちは耐えられるのだろうか。
もっとも、ドラゴンの女王にさえ会えれば他は戦う必要など無いのだが。

312 :102:04/03/04 18:44 ID:???
・・・相変わらずドラゴンの鳴き声が聞こえてくる。その声は仲間の死を
嘆いているようでもあり、また戦闘意欲を掻き立てているようにも聞こえる。
もし俺たちに低級ドラゴンの言葉を理解することができたなら
その鳴き声の意味も「侵入者を殺せ!同胞の敵を取れ!」とハッキリ
聞こえたことだろう。

「ドラゴンバリー」に到着して既に半日が経過していた。日は傾き、空には
うっすらと星がその輝きを見せ始めていた。辺りには血と残骸、汚物の臭いが
入り混じって漂い、むせ返るような死の臭いが充満している。血は好戦的な
ドラゴン族との戦いで流れた血であり、残骸はその結果、汚物は
幼いドラゴンの巣に運ばれ、食い散らかされた餌と排泄物が重なったものだ。
「ドラゴンバリー」、ここはドラゴン族の聖域である。だがその聖域は
今や地獄と化していた。「ドラゴンバリー」に進入してからは戦いの連続だった。
俺たちは出来るだけこの聖域を荒らさぬよう、「ドラゴンクイーン」を探すことに
努めたが、新たな道を見つけるたびに、そこには必ず「ドラゴンファンガー」の大群が
道を塞ぎ排除する以外に先に進む方法が無かったのだ。一度血が流されてしまえば
臭いにつられて後から後からいきり立ったドラゴン族が俺たちを殺そうと向かってきた。
ドラゴンの聖域で行う戦闘行為が「ドラゴンクイーン」との交渉に影響を与えない
わけがないと、もちろん考えはしたが今更どうにもなりそうもない。
望まない戦いに苦いものを感じつつも、「ドラゴンクイーン」に会い、協力を
取り付けるまでは、引き下がるわけにはいかないと決意を新たにする。

313 :102:04/03/04 18:46 ID:???
もうどれだけのドラゴン族を排除したか覚えていない。道を塞ぐ
「ドラゴンファンガー」だけでも裕に100匹は殺したはずだ。
世界には夜の帳が下り、星の光がそれぞれに主張し合っている。俺たちは
未だに「ドラゴンクイーン」を捜し求め、「ドラゴンバリー」を彷徨っていた。
一歩踏み出す度に足の筋肉が悲鳴を上げる。肉体だけでなく、精神的にも
限界が近づきつつあった。その時だった。
・・・ハッ!
辺りに突然緊張した死の気配が充満したのを感じ取った。強烈な殺気だ!
冒険者の勘が警戒しろと告げている。身を硬くして精神を研ぎ澄ます。
次の瞬間、どこからとも無く突然目の前に巨大なドラゴンが姿を現し、
怒りに満ちた声を上げた。それはぎこちないながらも
俺たち人間にも理解できる言葉だった。

「よくも わたしの かわいい こどもたちを
 ころしたな!!
 ゆるさない!! ぜったいに!!」

目の前の巨大なドラゴンは「ドラゴンクイーン」に間違いなかった。
背中の翼は畳まれているにも関わらず、丘と見紛うほどの巨体は
ビッシリと分厚い緑色の鱗に覆われどんな武器でも傷つけられそうにない。
縦に長く伸びた頭部には巨木から削りだしたように荒々しい7本のコブが
放射状に突き出し、その合間からは、鋭い2本の角が天に向かってそそり立っている。
あの角で突き刺されたらどんなに頑丈な城壁だって
簡単に穴が開いてしまうだろう。手錬の冒険者が数人集まったところで
とても適いそうに無い。しかし、怒りに震えるドラゴンに
邪悪な気配や禍々しさは皆無で、他を超越する存在が発する威圧感は
俺たちに畏敬の念を抱かせた。

314 :102:04/03/04 18:48 ID:???
ドラゴンの女王は鋭く厳しい視線で、じっとこちらがわを見据えている。
俺たちは即座に望んで戦った分けでは無いと弁明しようとしたが、
自分たちが築いた屍の山を前に口を閉ざすしか無かった。
どんな釈明も通用しないだろう。「ドラゴンクイーン」の目には
憎悪と怒りの炎が湛えられている。そりゃそうだ。巣に帰ってみれば
可愛い子供たちが無残な姿となって転がっているのだから・・・。
「ドラゴンクイーン」は今にも首を伸ばして噛み付いてきそうだ。
このまま黙っていてもすぐに殺されてしまうだろう。
俺たちは心の中で卑怯だと思いつつ、ポケットの中に忍ばせた
「ドラゴンジェム」にそっと手を伸ばした。
「ドラゴンクィーン」は赤く爛々と輝く瞳を一度だけ瞬かせると
子供達の敵である卑しい人間達を殺そうと、大木がいくつも
重なったような豪腕を振りかぶり、猛烈な勢いでなぎ払おうとした。
しかしそれは叶わなかった。
俺達が「ドラゴンクィーン」に向かって「ドラゴンジェム」を掲げたのだ。

315 :102:04/03/04 18:49 ID:???
「ううっ・・・それは ドラゴンジェム!!
 くやしいが わたしは おまえたちに
 したがわねばならないようだ。

「ドラゴンジェム」の効果は恐ろしいほどに強力だった。
地上最強の生物の長でさえも、その魔力には逆らえないのだ。
俺達はこのチャンスを逃すまいと、「ドラゴンクィーン」に「ナムター」打倒の
協力を申し出た。魔力に支配されたドラゴンの女王に対し
もちろん高圧的な態度に出ることも可能だったが、いくつも負い目のある
俺達がそんなことを出来るはずがなかった。

「しかたがない!!
 もし おまえたちが こんど ドラゴンジェムを
 つかったときには とんでいって たすけてやろう。

 だが ほんとうに ひつような ときにしか
 わたしは あらわれない!!
 そのことを よーく おぼえておけ!!」

そういうと「ドラゴンクィーン」は背中の翼を広げ、あっというまに
空の彼方へ飛び去っていった。俺達はドラゴンの女王の協力を取り付け、
百人の味方を得たような気分になった。いやそれ以上だ。
今まで目の前にいた人知を超越したような怪物がピンチの時に
助けてくれるというのだ。姿の見えない神などよりもよほど心強いではないか。
「ヤングドラゴン」がどれだけの怪物なのかは知らないが、そんなものは
もはや恐れるに足らない。もうこのディルムン大陸でやり残したことは
何一つ無いはずだ。「ニザール山」の地下洞窟のさらに奥、そこに
「ナムター」がいる。さぁ行こう。全ての決着を付けるんだ

316 :102:04/03/04 18:55 ID:???
今日の冒険はここまでだ。

>>やぁ、ドラゴンウォーズをプレイしてくれる人がいいなぁと思って
「増えると」いいなぁ です(笑
地味に見かけないので、興味ある人は買ってみたらどうでしょうか。

多分リプレイは次で最後になると思います。暇だったら最後まで
お付き合してくださると喜びます。それでは最終回でお会いしましょう。

317 :NAME OVER:04/03/04 19:54 ID:???
続きキター\(゜▽\(°▽\(°▽°)/▽°)/▽°)/−!!

318 :NAME OVER:04/03/04 19:57 ID:???
102はこのスレの神だな。

319 :NAME OVER:04/03/15 12:36 ID:???
ほしゅ

320 :NAME OVER:04/03/18 01:03 ID:ASIfkAm0
ageとくか

321 :NAME OVER:04/03/19 09:59 ID:???
個人的な意見だが、人は誰でも辛い・悲しいと言った思いをした経験はあると思う。
「死にたい」って思う程、辛かった人も大勢いると思う。
なのになぜ、人は他人に簡単に「死ね」と言えるのだろうか…
なぜ自分が辛かった時の事を忘れ、人の不幸を望めるのだろうか。
私は人を憎んでも死までは、なかなか望めない。
自分がとてつもなく辛いと思って自殺するまでにもなったから。
自分が味わった思いを他人に望む様なマネは相当心の無い人じゃないと
望めないはずじゃないのだろうか。
「死ね。」そんなに軽く発して良い言葉なのだろうか…。

2chは特に、「氏ね」「逝ってよし」などと言った言葉が多く使われているが
その何気ない言葉、その一言が同じ人間に重く伝わるって悲しい。
私も、以前精神的に落ちぶれていた時、「本当に死んでやろうか」っと
思った事がある。

これを読んでいる人に聞きたい。
気が向けば回答をレスで送っておいて欲しい…。
 
もしも、アナタが誰かに「死ね」と言った。
相手は、アナタが思ってた程心の強い人でもなくて、
本当に自殺して死んじゃったら、もしくは自殺未遂して死に掛けたりしたら、
どう思う?嬉しい?悲しい?


322 :NAME OVER:04/03/19 12:50 ID:???
一瞬続きがきたのかと思った・・・(´・ω・`)ショボーン

323 :NAME OVER:04/03/19 14:14 ID:???
マルチコピペかよ

324 :NAME OVER :04/03/23 02:14 ID:???
PC版では、打撃力に関しては自由の剣より「連射弓」+「魔法の矢筒」の方が上じゃなかったか?

325 :NAME OVER:04/03/25 15:32 ID:???
保守

326 :NAME OVER:04/03/29 22:39 ID:???
ホッシュ
>>324
ttp://www.angel.ne.jp/~pre_shadow/date/fc001.htm
検索で見つけたページ。FCでもそうらしいネ。

327 :NAME OVER:04/04/03 21:13 ID:???
ELVAR'S FIRE

328 :NAME OVER:04/04/06 12:15 ID:???
ざんねん!! このスレは ほしゅされてしまった!!

329 :NAME OVER:04/04/09 10:53 ID:G9EPbv1a
まだだ!まだ落ちんよ!

330 :NAME OVER:04/04/14 17:36 ID:???
(´・ω・`)

331 :302:04/04/15 21:29 ID:X9HhF7+D
ひさびさに来てみたらまだ、落ちずにがんばってますな。
PC98版のフリーダムソードの所在が気になってたんで、以前手に入れたBNNのドラゴンウォーズ・ハンドブックを
引っ張りだしてきてみたんだけど、単にアンダーワールドにあるとだけ書かれてました・・
まったくもって役にたたんなこの本・・・

332 :NAME OVER:04/04/23 12:57 ID:Ni+Uu5iK
いいや!森田慶子はわかっててそうしたに違いないといってみる。


333 :いがりそ ◆801GM3f436 :04/04/25 15:35 ID:???
ディルムン地方
ドラッケン島
シャドウゲイト

・・・このへんがシェアードワールドだったら面白いかな。
と妄想してみた。

334 :NAME OVER:04/05/03 02:43 ID:???
保守!

335 :NAME OVER:04/05/06 18:34 ID:???
慶子タン (;´Д`)ハァハァ

336 :NAME OVER:04/05/12 12:53 ID:???
>>333
シャドウゲイトはどうかと思うが、世界観的にはマッチしてるね。
シャドウゲイトのしんのゆうしゃがディルムン地方にきたら
どうなることやらw

337 :NAME OVER:04/05/13 19:22 ID:???
ドラゴンウォーズって本来バーズテイル4になる予定だったんだ。知らなかった。

338 :NAME OVER:04/05/13 20:57 ID:???
Wiz1,2,3→Bard'sTale1,2,3→ドラゴンウォーズってキャラ使い回すと最強

339 :NAME OVER:04/05/13 21:14 ID:???
>338
WIZからBARDSへ転送できるのは知ってるが、Dウォーズへもできるの?
日本へ移植されたもので?

340 :NAME OVER:04/05/13 22:12 ID:???
>339
IBM-PCだよ。98はシラネ

341 :NAME OVER:04/05/13 23:06 ID:???
>340
そういってる人たちは皆、海外版をやってるってことか。
IBM−PCではどのように転送しているの?普通にメニューにあるのかな。国内版
しかやったことないので、参考までに教えてほしい。

342 :NAME OVER:04/05/14 20:52 ID:nP5qgHbq
>>341
負け犬サイトにドラゴンウォーズのPC版あるから試してみたら?


343 :NAME OVER:04/05/15 19:55 ID:???
test

344 :NAME OVER:04/05/17 19:08 ID:???
>342
Thanx。 探してみる。

345 :NAME OVER:04/05/19 22:03 ID:???
すごいね
もし出来たらレポたのんます
俺なんかWIZもバズテもPC-98で持ってたけどキャラ転送はどうやるかわかんなかった

346 :NAME OVER:04/05/20 19:05 ID:???
(´・ω・`)

347 :NAME OVER:04/05/22 06:04 ID:???
うわ、こんな擦れ立ってたんだ。
ちなみに某社で、アイテム関連(装備含む)、ショップ関連、等を作っていたのです…>PC-98
元になるIBM-PC版は日本語版とは先頭などが全く違います。(そもそも片手武器とかの観念がありませんでしたし、何かを装備すると何かが自動的に装備解除されるとかそんな親切機能はありませんでした)
FC版はPC-98版を移植改良(?)したものですね。
一時Niftyでひっそりと盛り上がっていたのを見た時は嬉しかったが、バグ利用で凄く強い武器とか装備できたようですね。
それは私のせいです…。

348 :NAME OVER:04/05/22 10:18 ID:???
製作者キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

349 :347:04/05/22 14:52 ID:qZurhmgS
ちなみにオートマップも私です!
綺麗な一枚絵になるように作ってくれ!という要望を無視して、「それじゃぁ、重すぎてプレイヤーがサクッとオートマップ見れないし、何より自分が通ったところが分かり易く、軽いのが一番!」
と言い張って、勝手に白地に黒線の地味マップ(でも壁挟んで左右or上下が通ったか通ってないか解るでしょ?98版)に勝手に変えました。
ちなみに元はAppleUアセンブラ→IBM-PC上のCで書かれた6502(AppleUのCPU)エミュみたいな物→日本語化時に全解析(;。;)+全てC言語化+機能追加したんです。
懐かしいなぁ〜もう十数年前…。

350 :NAME OVER:04/05/22 17:29 ID:???
ぬお!スタッフ降臨!?

351 :NAME OVER:04/05/22 19:57 ID:???
うおっ!
貴方の携わったソフト今俺遊んでるよ!

FC版だけど・・・。

352 :NAME OVER:04/05/22 20:05 ID:???
>>347
ウホ!元スタクラ社員キター!


353 :347:04/05/22 20:17 ID:qZurhmgS
ちなみに作成はスタッフ3名…。
はっきり言って売れるタイトルではない割に人員割いた方ですよ…。
ちなみに私の本性はSFC版MM2 PL兼メインPGとしてスタッフロールに出てくる人です。
1/1億2千万も解る人は居ないでしょうが…。

>352
地味だけど、いいタイトルに目をつけていた会社だったと今更ながら思いますよ…。

354 :NAME OVER:04/05/22 21:14 ID:???
>>353
マイトアンドマジック総合スレで、今でもSFC版2をプレーしている人いるから分かる人多いかもしれません・・・・
良かったらそっちのほうも覗いてやっておくれまし。
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/retro/1075422153/l50

Dウォーズに限らずスタクラ作品の復刻を望んでいる人も結構いるみたいですし。




355 :NAME OVER:04/05/23 00:44 ID:???
>>347
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!
さっそくMM2で確認しますた。

356 :347:04/05/23 09:08 ID:???
>>354,355
解る人居るのか…
不味かったかなぁ(^_^;

復刻版はライセンスの問題などがあって作れないのです…。

357 :NAME OVER:04/05/23 17:12 ID:???
元スタッフキターー!!

フィールドの端々に出てくるシュールなメッセージは
直訳に近いものなんですか?
てアイテム・ショップ関係ですと分担範囲外ですか。

358 :347:04/05/23 20:04 ID:RskNv8QI
>>357
翻訳は当然翻訳専門の方が担当します。
カ○コンの翻訳などはかなり叩かれているようですが、本当に難しのですよ…翻訳は。
例えば、日本のことわざとかをもじったジョーク、しかもその中の一部は実はゲーム上のヒントにもなり得る。
という文章を英文化することを考えてみてください…。
その逆をやらねければならないわけです。
似たことわざで代用できる…というものではないのです…。まぁRPGとかAVGの場合特に…ですが。

359 :NAME OVER:04/05/24 10:40 ID:???
翻訳かあ…。ローグアライアンスとかすごい苦労してそう。

360 :NAME OVER:04/05/25 01:16 ID:???
モロウインドの翻訳は不可能か?
最近いろんなゲームを英語のままでもプレイできるようになったが
RPGとADVはやっぱりキツイ

361 :347:04/05/25 11:41 ID:???
>359,360
逆に最近は全部Winになってるから、PG的移植作業はかなり無くなってきてるのだと思う。
翻訳文章、文字表示スペースの問題、日本語入力の問題…そのあたりだけになってきているのかも。>移植作業

長い事ゲーム業界から遠ざかっているので、最近の現状は解りかねます。

本当は、どっかのローライズチーム入ってバリバリマイナータイトル移植したいけどねぇ。売り上げ的に無理でしょう。>PC Game

セ○のローカライズチームはかなり頑張ってると思う。採算取れてるのか心配…。

362 :NAME OVER:04/05/25 18:04 ID:???
>>358
そういう意味では
「THE COVETED MIRROR」→「照魔鏡の伝説」
なんかものすごい移植でしたねえ
翻訳というより翻案ですもん

363 :NAME OVER:04/05/26 11:17 ID:???
SFC版M&Mではリアルタイムにお世話になりました。

製作関係者としては一人でも多くプレイヤーがいると
嬉しいと思ったのでささやかながら記念カキコ

364 :NAME OVER:04/05/26 17:47 ID:???
死体ポイ捨て記念カキコ。
おもろかった〜。

365 :347:04/05/27 21:29 ID:???
>>362
済みません。そのゲーム知りません…。(^_^;
内容まで変わってしまうような翻訳は、ライセンス上NGって場合は多いのですが…。

>>363
あ〜ありがとう御座います。m(__)m
実はSFC版 MM2開発は、実質DWより開発人数少ない…というのはここだけの話…もう時効でしょう(^_^;
スタッフロールにはいっぱい名前出てきますけどね…PLの私でさえ、「え?この人誰?」って人居ますし、言われたままのスタッフ名を入れだけです…。

>>364
実は開発者って意外とゲームに興味もてなかったりするのです。
人によると思いますが、どうしても技術的に見てしまうので、ゲームとして楽しめない…。そんな時間もない。自腹で買っても、誰かにプレイしてもらって、「ここが見せ場」ってところを見せてもらう(ボス戦とかエンディングとか)事が多かったですね…。
私も自分で開発に加わった物でもテスターからの報告を修正するだけで、最後までプレイした事ありません…これも時効かと(^_^;

366 :NAME OVER:04/05/30 22:42 ID:???
>>365
生々しいお話ありがとうございます(汗

趣味と仕事の両立は難しいのでしょうね。

367 :NAME OVER:04/05/31 09:04 ID:???
業界入りした友人も
ゲーム止めるか会社辞めるか
ってのが多かったしなあ

368 :NAME OVER:04/06/02 03:41 ID:???
音楽関係でもそんなこといってるやつがいた
趣味を仕事にするとろくなことがない

369 :NAME OVER:04/06/02 18:07 ID:???
hosyu

370 :NAME OVER:04/06/12 05:27 ID:???
強烈なスレタイにつられて覗いてみたら
素敵なことになってるね。
>>347
今後とも頑張って下さいな。
あなたのおかげでやってみたいゲームに
二つ程候補が増えました。

371 :NAME OVER:04/06/25 11:19 ID:???
The Bard's Tale バーズテイル
http://game6.2ch.net/test/read.cgi/retro/1079944056/l50

372 :NAME OVER:04/06/26 21:03 ID:hSXG9Ggh
保守

373 :NAME OVER:04/07/07 18:47 ID:???
h

374 :NAME OVER:04/07/16 16:45 ID:???
o

375 :NAME OVER:04/07/21 11:03 ID:Xw2axAwQ
ほす

376 :NAME OVER:04/07/29 13:28 ID:EXRtiegS


377 :NAME OVER:04/08/04 23:27 ID:???


378 :NAME OVER:04/08/14 20:21 ID:???


379 :NAME OVER:04/08/17 14:14 ID:???


380 :NAME OVER:04/08/17 21:41 ID:???


381 :NAME OVER:04/08/23 23:46 ID:???


382 :NAME OVER:04/09/04 09:27 ID:QQirpy8W


383 :NAME OVER:04/09/05 00:54 ID:???
102タン 生きているのか? ナムターに殺されたか?

384 :NAME OVER:04/09/05 01:30 ID:???
なむー

385 :NAME OVER:04/09/05 03:59 ID:6Fj/HLks
最後の冒険を頼みます・・・ いつまでもまってるよー

386 :NAME OVER:04/09/05 05:41 ID:???
同じく、まっております…。

387 :NAME OVER:04/09/06 17:32 ID:???
102は終わり無き旅路へと歩んでいった…のか?!

388 :NAME OVER:04/09/07 16:45 ID:???
次で最後なんだろうけど・・・。
102タソ待ちついでに彼のシナリオとは違う経緯でクリアした人、ここに書いてみないか?
漏れはビザノプルの城門を思いっきり開けてしまったり、ドラゴンへの生贄を止めた所為
で町が滅んだり、ドラゴン召還の珠の存在を忘れていてナムターの全軍隊と戦いますた。
フリーダムソードの無限に撃てる魔法(名前失念)のお陰で勝てたけど。
因みにPC98版でした。

389 :NAME OVER:04/09/07 16:59 ID:???
388タンその話書いてちょうだい!

390 :NAME OVER:04/09/10 19:54:12 ID:???
精霊込みの全力全体攻撃で何とかしたなあ、それ。最初は自由の剣なしでクリアしたよ。
98はFCと違って必要ないからねえ。ちなみに地獄の炎だよ。リチャージするといくらでも撃てたんだっけ?

391 :NAME OVER:04/09/20 14:24:17 ID:???
冒険を物語形式で書く文才もないのでパーティー設定暴露で保守。
性格設定やNPC達とこんな会話をしていたなんて
勿論脳内妄想だが、こんなことを考えながらプレイできる
深みがDWにはあったと思う。あとPC98版準拠。

PC1
主なスキル:剣、ハイマジック、登攀、追跡
夢と野心に燃える血気盛んな魔法戦士。男。
集団の先に立って進む能力を持ち、表向きリーダーとなる。
中盤以降は戦士・魔術師両方必要な能力に
均等にSPをつぎ込んだ結果半端な性能となってしまう。
「自由の剣」の担い手となり復権を目指すも基本性能の差は覆せず、
剣が強化した後はひたすら「地獄の炎」を使っていた。

PC2
主なスキル:石弓、フレイル、医術、鍵開け、交渉、町の知識
神を信用せず魔法ではない「技術」への拘りを持つ冷静な戦士。男
初期は医術で何度も仲間の命を救った。
謎のアイテム「コンピューター」
(「コンパス」を無限使用可能。装備すると防御力上昇)
を入手してからは誰よりもその扱いに習熟しパーティーのナビゲイターを努め、
いまいち頼りないPC1に代わって影のリーダーとなった。
前衛と後衛を移動していたがディムルン最強武器の一つ「三連石弓」を入手後は
後衛に固定し、仲間を援護し続けた。

392 :391の続き:04/09/20 14:25:35 ID:???
PC3
主なスキル:メイス、素手戦闘、ドルイドマジック(後に)
自分を鍛えることにのみ興味を持つ寡黙な武人。男。
敏捷度をひたすら伸ばし、パーティー最大の速度で敵の機先を制す。
当初は自分にしか興味がなかったが、「不思議な森」でエンキドーから
超自然の力(ドルイドマジック)を得てからはより広い視野も持つようになった。
が、やることは敵の誰よりも早い速度で「いばらの茂み」で動きを封じ、
一方的ぼこりモードの礎となる役目なので極悪度は上がっている。

PC4
主なスキル:ハイマジック、ドルイドマジック、サンマジック、
      超自然の知識、森の知識、山の知識
3系統の魔法を習得する天才美少女魔術師。
好奇心旺盛で世界の全てを見、知るために旅をしている。
弓も持たず、マジックローブ、マジックスタッフ、マジックリング
などの魔術師らしい装束に身を包む。
魔術師としての素養は高く、マジックカレッジのユトナピシュテムにも
その才は認められるが若さ故の傲慢さから誠実な対応はしなかった。
ルイと仲良し。


アルリク(FC版:アルリック)
主なスキル:斧、洞窟の知識、ドルイドマジック、弓
パーガトリーの酒場で仲間となった鉱夫上がりの斧使い。
ひげをたくわえたベテラン中年冒険者で
いまいちまとまりのないパーティーをフォローするお父さん役。
洞窟探索を好み闇の中で大地と心を通い合わせドルイドマジックを習得。
弓のスキルも持ち、前衛と後衛を移動していたが最終的に前衛に納まり、
二本のマジックアックスを振るってナムター軍を切裂いた。

393 :391の続き:04/09/20 14:29:23 ID:???
ルイ
主なスキル:弓、鍵開け、すり、ハイマジック(後に)
逃亡奴隷のキャンプで仲間になった盗賊崩れの陽気な若者。
盗賊系技能を持つが、かぎ開けについてはPC2の方が優れており、
いまいち技の見せ場は無かった。
後衛として弓のスキルを磨き、最終的に王室狩猟場の管理人オールドジャックに認められ
王家に伝わるマジックボウを譲られるまでに至る。
楽しいことが好きでPC4と組んで余計なことに頭突っ込んで危機に陥ることもあるが
その持ち前の明るさはパーティに不可欠である。
後にPC4からハイマジックを習う。

バラ−
主なスキル:サンマジック、剣
フェ−バス(FC版:フォボス)の酒場で仲間になるミスラス神の敬虔な信者。
(98版ではべレンガリアは仲間にならず、再会したら貴重な巻物をくれる。
 代わりに酒場でバラ−が仲間になってくれる)
ミスタルビジョンの弟子であり彼の後継者候補とも目されていたが
現在は袂を分かちミスラス教の名誉を汚した師匠への怒りに燃えている。
当初強力なサンマジックで後衛から仲間を援護したが
戦闘宗教の側面も強いミスラス教徒ゆえに剣の扱いにも長けており、
最終的には「ドラゴンの歯」を装備し前衛の剣と魔法の攻撃の鬼となる。
生命力と精神力が低めだったが、後半「ミスラスの怒り」「地獄の炎」など
コストパフォーマンスの良い魔法を習得すると精神力の問題は解消。
PC3が速攻で「イバラのしげみ」で相手の動きを封じて一方的に
ぼこる戦術が確立されてからは生命力の問題も解消された。

394 :391の続き:04/09/20 14:36:13 ID:???
冒険の後の進路

 PC1:ビザノープル攻防戦で知り合ったプリンセスミリラ
    (地上で仲間と一緒に戦っている時に遭遇する妹の方)
    に一目ぼれしており、パーガトリー再建を目指す彼女に仕える騎士となる。
    ちなみに自由の剣はフリーポートに返却した。
 PC2:ドワーフの地下都市で見た技術の数々
   (ロボットとか。コンピュータと言いこの世界の技術体系は謎だ)
    に感銘を受け、しばらく住み込んで技術を学ぶことを決意する。
 PC3:ザトンの遺志を受け「不思議な森」の守護者として定住する。
     サンマジックの総本山たるフェーバスと近いのは大丈夫なんだろうか?
 PC4:彼女の好奇心はディムルンに止まらない。
    アルリク、ルイと共に新たな冒険と知識を求めて船に乗る。
アルリク:冒険の引退も考えていたが、PC4、ルイを放っておくことができず
     共に旅に出る。気分は保護者
 ルイ :この世にはもっと楽しいこともある筈だ! 
      PC4、アルリクと共に旅に。
バラ− :べレンガリアと共にミスラス教、フェ−バスの再建に尽力。
      ミスタルビジョンにより汚されたミスラス教の復権を目指す
      彼の道は長く険しいだろう。

395 :NAME OVER:04/09/20 15:11:57 ID:???
懐かしいでつね。
漏れはクリアしてスタークラフトに証明書みたいなのもらったのがいい思い出でつ。

396 :NAME OVER:04/09/22 15:40:51 ID:???
あ、アイテム魔法って使用回数あったんだっけ。
使い捲くっていた記憶しかないので、その辺あやふやですた。
ところで、女性率が少ない391タソは硬派な人だと思った。w

397 :NAME OVER :04/09/23 15:46:41 ID:ckXDa7Jj
>396
>ところで、女性率が少ない391タソは硬派な人だと思った。w
>391
>PC4
>天才美少女魔術師。
こんな設定思いついていても?(w

398 :NAME OVER:04/10/01 09:09:12 ID:???
倉庫整理してたら98版が出てきたよ それでここのスレ読んでたら凄くやりたくなってファミコン版買っちゃった。ファミコン買わなきゃ・・

399 :NAME OVER:04/10/01 09:25:27 ID:???
98買えよ

400 :NAME OVER:04/10/01 15:49:27 ID:???
電池は大丈夫か?

401 :NAME OVER:04/10/01 18:53:41 ID:???
そっか バックアップの電池があるのか・・ 新品みたいだけどもう切れてるかもね・・

402 :NAME OVER:04/10/06 02:18:24 ID:???
消えませんように・・

403 :NAME OVER:04/10/06 06:29:04 ID:???
>397よ
キミは性別だけが辛うじてオンナと言えるだけのよーな生物と共に旅をしたいのか!
どうせ一緒ならカワイイ子・・・想像の世界だけに理想的でありたいよネ。(つд`)

>398
漏れもここ読んでいたらfc版やりたくなって来ました。
ゆらゆら動く敵・・・どんなんだろ。

そうそう、クリアの仕方が分からずに二週間程奴の死体を担いで世界中を旅したのも
今ではいい思い出。

404 :NAME OVER:04/10/07 00:33:56 ID:???
今日やっとファミコン(ネオファミってやつ)買ってきてパッケージを開けるのも
もどかしく早速プレイしてみたよ!
とりあえず適当に名前とキャラ決めて始めてすぐセーブ
してみたけど・・電池生きてたよ(つд`)
後確かに町の人もくねくねしてた・・・
明日くらいからきちんとプレイするぞーー!
その前にボーナスポイントの振り分けに何時間か悩みそう・・・・

405 :NAME OVER:04/10/07 18:32:36 ID:???
前から話は聞いてたんだけども、
102さんのプレイリポート読んで思わず通販で買っちゃったよ……。
数年ぶりにファミコンの埃を払いつつ、届くのを楽しみにしております。

あー早く最終回載らないかなぁ……。(´・ω・`)

406 :NAME OVER:04/10/07 21:05:51 ID:???
最終回、待ち遠しいねい。(´・ω・`)

>>404
電池生存おめ。w
ネオファミって中古ファミコンショップに必ず置いてあるアレかな。
発売元が任○堂っぽくないんだけど、許可とっているんだろうか。
なんにせよ楽しんでくれー。

407 :NAME OVER:04/10/10 18:34:15 ID:???
電池取り替えてから始めろよ・・・・・

408 :405:04/10/11 10:37:38 ID:???
ねんがんの ドラゴンウォーズ を てにいれたぞ!

パッケージとか説明書はすごいきれいなんですけど、
やっぱり電池が心配です。
プレイメモとか取りながら遊ぶぞー。(`・ω・´)

電池って、取り替えられたのか。ロム開けるのは怖くてやれない……。

409 :NAME OVER:04/10/11 14:45:07 ID:???
がんがれ〜。

410 :NAME OVER:04/10/11 16:04:10 ID:???
FCカセットの電池ってなかなか切れないよね。
セーブデータがちっさいからかな。
あとSFCはカセットを抜き差しするとセーブデータが飛ぶことがよくある。

411 :102:04/10/17 05:14:53 ID:???
やぁ、いやはや半年以上お待たせしてしまって・・・
本当に申し訳ない気持ちで一杯の102だ。今ゆっくりとだが
最終回を書いている。

前回ドラゴンクィーンの協力を取り付けるお話を書いた直後に
自分の不注意で転んで左腕を脱臼してしまい、腕を吊っていたので
キーボードを叩くのが非常に辛く、しばらくPC自体触らない期間が
あったのだ。もちろん脱臼が直って腕が自由になる頃に続きを書くつもり
だったんだけど、その頃には新しくやる事が増えていて、最終回を
書く時間が取れなかったのだ。いや、本当は時間はあったんだろうけど、
プレイ直後の興奮や記憶が薄れてきていて、自惚れなんだけどみんなを
待たせてしまっている罪悪感みたいなものも蓄積してきて、中々手を付けられずに
ずるずるとここまで来てしまったのだ。そんな状況でもレトロゲーム板には
たまに来ていたのだが、このスレは見ると心が痛むので見ないようにしていたのだ。
だが、一週間ぐらい前にほんの気まぐれで腫れ物に触るような感じで
このスレを覗いてみて、まだ続きを待ってくれている人が数人でもいる
という事実衝撃を受けた。俺は申し訳ない気持ちで心が破裂しそうになり
自分のチンカスっぷりに恥ずかしくなったが、だがそれ以上に感動していた。
じっとしていられない。自分のリプレイを最初から読み直した後、突き上げるような
心からの衝動に俺はすぐさまファミコンにドラゴンウォーズをセットして、
最後のセーブデータからやり直し始めたのだった。ドラゴンウォーズの
クライマックスの展開はそうそう忘れるものでもないと思うけれど
プレイ直後の記憶を蘇らせる為に、俺にはもう一度それを体験する必要があった。
そして二度目のポイ捨てを終了した今、改めてプロガトリーのスラムに
裸一貫で投げ出された俺の分身が、どんな冒険の結末を迎えたのか
書いておこうと思う。

最終回につづく

412 :NAME OVER:04/10/17 15:20:20 ID:???
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!
待ってた甲斐があったよ!
あんたのリプ読んで思わずファミコンとカセット買っちまったよ
ゲームもいいけど文章がひきつけるものがあるよ
ここまで待ったからあと少し待つよ
(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ

413 :NAME OVER:04/10/17 18:10:01 ID:???
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
最終回頑張ってください!

414 :NAME OVER:04/10/19 23:53:23 ID:???
ついに最終回が・・・。(つд`)
ゆっくりでもいいので頑張って〜♪

415 :NAME OVER:04/10/22 16:16:04 ID:???
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
102さんの文章を読んで、
310で紹介していた通販サイトで買っちゃった者です。
代引きなんかにしちゃったせいで
ロムは300円なのに送料手数料で1.200円も払いましたが大満足です。

ご無事で何より。
大陸歩きながら、またりとお待ちしております。ヽ(´ー`)ノ

416 :NAME OVER:04/10/24 06:19:25 ID:???
やぁ、最後なんであまり淡白なのもツマラナイと思い
ちょっと盛り上げようと思って書いてたら微妙に長くなったので
「ドラゴンウォーズ」の前に一旦投下しちゃおうと作業している102だ。
それじゃぁニザールの地下洞窟から冒険を再開しようと思う。物語の
大筋は全く変更していないけど、相変わらず脳内設定が多々出てくるのはご勘弁(笑

「ドラゴンジェム」の恐るべき魔力によって、「ドラゴンクィーン」の協力を
強引にではあるがなんとか取り付けた俺達は、三度ニザール山の地下洞窟へと
舞い戻ってきた。目的を果たすまでは決して地上へは戻らぬ覚悟を決めて。

・・・進入直後から激しい抵抗に遭うに違いないと身構える俺達だったが
予想とは裏腹に、以前に訪れた時よりもいくらか「ナムター」親衛隊の抵抗は
弱まっているようだった。四大魔法使いと称えられた「ナムター」の腹心、
裏切り者の魔法使い「ミスタルビジョン」が倒されたことで、軍勢の士気が
衰えているのかもしれない。悪魔に魂を売ったとはいえ、ナムター親衛隊の
「ナムターガード」や「インサホーサ」は元々その大半が「キングズホーム」にいた
兵隊のはず、「ミスタルビジョン」の名前を知らないはずが無い。
ディルムン大陸で名を馳せていた魔法使いが倒されたとなれば、
怯むのも当然と言える。これはチャンスだ。洞窟内での効果には疑問があったが
雑兵の目を欺くことぐらいは出来るだろうと、俺達はハイマジックの
「クロークアーケイン」の魔法で気配を消し足早に洞窟の最深部へと進んでいった。

417 :102:04/10/24 06:20:42 ID:???
洞窟の奥へと一歩足を踏み出すごとに邪悪な気配は一層強まり
俺達を威圧してくる。それは俺達にナムターとの距離が縮まっていくのを実感させた。
緊張を維持し、精神を集中させながら前へ進む。少しでも気を許せば
「悪に染まれ!ナムターに下れ!」と囁く邪悪なエネルギーに
精神を蝕まれてしまいそうだった。先を急ごう。俺達は一呼吸おいて、再び早足になった。

418 :102:04/10/24 06:21:29 ID:???
「ナムター」を打ち倒し、平和なディルムンを取り戻さんと意気込む俺達だったが、
緊張状態を長時間維持するのは修練を積んだ者だとて容易いことではない。
「ナムター」を探して広大なニザールの地下洞窟の中を歩き回る俺達は
目前に迫った決戦に緊張状態の維持に努めていたが、思いのほか長時間の探索に
徐々に気力を奪われ始めていた。「ナムター」は一体どこにいるのだ。
どこか俺達の知らない場所に隠れ、うろたえる俺達を見てあざ笑っているような気がする。
もはや未踏破の地域も少ないはずなのだが・・・。俺達は明らかに焦り始めていた。
ふと目をやれば剣の先に灯らせた魔法の光は力を失い今にも消えそうに弱弱しい。
まるで俺達の心境に反応しているかのようだ。
周りを見渡せば、目に映る全ての物が輪郭を失い醜く歪み、
隣を歩く仲間の顔はまるで怪物のようだ。いや、そんなことは無い。
魔法の光も仲間の顔もいつものままだ。これは俺達の不安がそう見せているだけだ。
・・・力を解放したとはいえ、「フリーダムソード」の力は「ナムター」に
通用するのだろうか?あれだけ酷いことをしてしまったのに、
「ドラゴンクィーン」は本当に俺達を助けてくれるのだろうか?
俺達は本当に「ナムター」を倒せるのだろうか?
止め処も無い不安が心の奥底から次々と湧き上がってくる。

「ああ・・・ここは たしかに じごくだ!!
 ナムターを みつけることは できず ディルムンは
 にどと じゆうには ならないような きがしてくる。」

仲間の1人が耐え切れずに叫びを上げた。
しかし誰も彼を責めることは無かった。皆同じ気持ちだったからだ。

俺達は身を隠せる場所を探し、短い休息を取ることにした。
幾度かの戦闘で傷ついた体を癒そうとドルイドマジックの使い手に
「キュアオール」を唱えてもらった。柔らかい光が俺達の体を包み込み
体内の代謝速度を一気に加速させた。傷が癒え、落ち着きを
取り戻した俺達は互いに励まし合い、決意を新たにさらに
洞窟の奥へ奥へと進んでいく。

419 :102:04/10/24 06:22:27 ID:???
休息地点からもうどのぐらい歩いただろうか。
俺達はついに洞窟の最深部と思われる箇所に到達していた。
だがそこに「ナムター」の姿は無かった。自然の岩壁が俺達の行く手を
塞いでいるだけだった。落胆する俺達だったが
もはやこの地下洞窟内で怪しい場所も他に見当たらないので
念入りに辺りの調査を開始した。すると、周りの岩壁から比べて不自然に
突然すぼんでいる場所があった。魔法の光を掲げ、暗闇に目を凝らすと
岩壁をくり抜いて作られたような狭い通路がぼんやりと浮かび上がった。
通路の突き当たりは大人10人ほどが入れる広間になっているようだ。
俺達はもしかするとこの空間に何か手がかりがあるのではないかと
広間に生物の気配が無いことを確認して進入した。


420 :102:04/10/24 06:24:58 ID:???
「あああっ!!
 とつぜん じめんが かいてんしはじめた!!
 めのまえの けしきが ゆがんでいく!!」

しまった!これは「ナムター」の仕掛けた罠だったのだろうか?
広間に足を踏み入れた直後、地面がグルグルと回転し俺達は体の
バランスを失って倒れかけた。だが、突然体がフワリと
空中に浮き上がり転倒を間逃れた。何が起こっているんだ?
だらしない姿勢のまま事態の把握に努めようと必死に思考を巡らすが、
しかし俺達にそんな余裕は与えられなかった。助かったと思ったのも束の間で
直後に地面から発生した竜巻の渦に全員が飲み込まれてしまったからだ。
竜巻はどんどん勢いを増し俺達を上へ上へと巻き上げていく。
渦のなかで翻弄される俺達にはあらゆる方向から猛烈な力が加わっていた。
このままでは体が引きちぎられてバラバラになってしまいそうだ!
強烈な衝撃の連続に呼吸さえ満足に出来ず、もはや意識を保っていることが
出来そうにない。間もなく視界がぼやけ何も考えられなくなり、
俺達は暗黒に沈んだ。

421 :102:04/10/24 06:28:21 ID:???
・・・どれぐらいの間気を失っていたのだろうか。まだ意識が朦朧としている。
湿っぽい風が頬を掠めていく。気が付くと俺達はだだっ広い平原に佇んでいた。
地平線が気が遠くなるほど遥かに遠くに、微かに見える。弱弱しく衰えてはいるが、
どこからか太陽の光が差し込んでいるようだった。俺達は今まで
暗く閉鎖的な地下洞窟を彷徨っていたはずなのに・・・。
ここは一体どこだろう?俺達は竜巻によって地上に運ばれたのだろうか?
だが、その考えが間違ったものであることに体の感覚が戻り意識が
ハッキリすると共にすぐに気が付いた。

422 :102:04/10/24 06:29:35 ID:???
うわっ!何か動いたぞ!仲間の1人が短く悲鳴を上げて後ろに飛びのいた。何事かと
彼の恐怖に怯える視線の先を辿ってみると、彼が腰掛けていた岩にたどり着いた。
岩?いや違う、彼が腰掛けていたのは岩ではなく何か得体の知れない爬虫類の幼生だった。
俺達は反射的に武器に手をかけるが、どうもまだこの幼生に戦う力はなさそうだった。
硬く透明な膜の中で身を縮めてこの世に生まれ出る時をじっと待っている。
そんな様子だった。剣を納めようとする俺達だったが、次の瞬間目に飛び込んで来た
さらなる驚愕の事態に思考が停止し全身の動きを封じられた。
・・・あぁ・・・な、なんだこれは!辺りに見える同じような岩の数々、
いやそれだけではない、俺達が今立っている地面やいびつな形の壁、目の前に広がる
平原が、この世界の輪郭全ては奇怪な爬虫類の幼生で埋め尽くされているのだった!
おぞましい光景だった。俺達がそれに気付いた途端、息苦しくなるほどの
邪悪な気配を感じた。まるで全ての幼生が侵入者を威嚇しているようだった。
何か強力な意思によって幼生は統一され、きっかけを与えれれば、その全てが
一斉に襲い掛かってきそうだった。

この異様な空間は恐らく「ナムター」が最終的にディルムンを征服するときに備えて
準備された軍隊に違いなかった。理解を超える事態と改めて知る「ナムター」の
狂気に俺達は怯みかけたが動揺は一瞬だった。「フリーダムソード」の
柄を強く握りディルムンで出会った人々の顔を思い浮かべる。力が沸いてくる。
ディルムンに平和を取り戻す為に例えこの全てを相手に戦うことになろうとも
全力で排除し、何としても「ナムター」の元へたどり着くのだという決意が
今更揺るぐことはありはしない。この世界から脱出する時には「ナムター」が滅んでいるか、
俺達が倒れるかのどちらかしか無いのだ。

423 :102:04/10/24 06:33:54 ID:???
今日の冒険はここまでだ。ヤングドラゴンとの戦いの前までは
特にイベントが無いので実際にゲーム中に表示される台詞と台詞の間を
補完する形で話を作ってみたよ。

>>412
>>413
>>414
>>415

本当にありがとう。

424 :NAME OVER:04/10/24 19:55:36 ID:???
GJ! 本当にもう最後になってきたな・・ 再開してもらったのはすごいうれしいけどそれは終わりも意味するのが悲しいな・・

425 :NAME OVER:04/10/25 00:36:21 ID:???
続きキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!

426 :NAME OVER:04/10/26 21:31:14 ID:???
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
でも、102タソのお話が終ってしまったらこのスレは・・・。((((゚∀゚;))))カクカク

427 :NAME OVER:04/10/26 21:33:05 ID:???
二周目が外伝として…

428 :NAME OVER:04/11/02 16:23:50 ID:???
最下層なんで一旦保守しまつ

429 :NAME OVER:04/11/08 01:43:55 ID:???
ほ 
し 



430 :NAME OVER:04/11/08 19:14:36 ID:???




431 :102:04/11/11 16:15:19 ID:???
やぁ、このスレのどこかにシャドウゲイトなんかとドラゴンウォーズが
シェアワールドだったら面白いみたいなことが書いてあったので
台詞の引用だけだけど、ネタとして盛り込んでみた102だ。
ジョーダン王子が助けに来てくれる伏線が全く無いので勝手に
作ってしまったけど脳内設定ゴメンしてねということで
それでは今日も冒険の続きを書いておこうと思う。


奇怪な爬虫類の幼生で埋め尽くされた平原は南に向かって開けている。
彼方に「ナムター」の軍団が見えていた。俺達は覚悟を決めてゆっくりと歩き出した。
人間や怪物が乱雑に入り混じった軍団の先頭で
巨大なドラゴンらしき怪物が10数匹も群がり俺達の行く手を遮っている。
頭部に突き出したコブと不気味に青白く光る鱗が、どことなく
「ラナクター」の欠片を守っていた「ガードドラゴン」を思わせるが、
大きさはその比ではない。怪物の背中に生えた巨体に似合わない小さな翼
それさえ軽く帆船の帆程度の大きさがありそうだ。
巨大な怪物の邪悪を湛えた瞳は微動だにせず、突き刺すような視線で
ただ一点こちらを睨みつけている。怪物達は喉を震わせ低いうなり声を上げて
こちらを威嚇しているようだった。

突然の不気味な声に俺達はたじろいた。
最高の恐怖!!!
まるで金縛りにあったように私は身動きできない!!
鋭い牙の間からドロドロした粘液が滴り落ちる!
ああっ!目が眩む!俺達の勇気は思わずしぼんでしまいそうだ!!

432 :102:04/11/11 16:16:26 ID:???
口元にいびつに並んだまるで尖塔のような巨大な牙は
怪物が呼吸するたび擦れ、喉の奥に溜まったガスを爆発させ、牙と牙の隙間から
火の粉を撒き散らしている。この怪物が明確な意思を持って吐き出す炎のブレスは
何者も一瞬で灰に変えてしまいそうな灼熱であることを想像するのは
簡単なことだった。目の前の巨大なドラゴンは「ナムター」の忠実な僕、
恐るべき「ヤングドラゴン」に違いなかった。俺達は武器を持つ手に力を込め、負けずと
「ヤングドラゴン」の群れを睨み返す。すると「ヤングドラゴン」達は一斉に
大きくうなり声を上げた。「ナムター」が準備した軍団にたった
数人で立ち向かおうとする俺達を嘲笑しているのだろうか。

「われわれは ナムターさまの しもべ!!
 おまえたちのような おろかな にんげんどもに
 かなう あいてではない!!」

驚いたことに「ヤングドラゴン」はハッキリと聞き取れる言葉で
俺達に警告してきた。「ヤングドラゴン」の言っていることは当然のことだった。
この期に及んでくだらない挑発に心を乱される俺達では無いが
戦いの行く末を思うと心臓の鼓動が早まっていった。
いくら力を付けた俺達だとて、もしこの「ヤングドラゴン」が
巨体に物を言わせて一斉に襲い掛かってきたらひとたまりも無いだろう。
「ヤングドラゴン」は巨体ゆえに死角も多いはずだ。
一対複数の戦いならば俺達にもかろうじて勝機はあるかもしれない。だが、
平原を埋め尽くすほどの「ナムターガード」や「リザードウォリアー」を退けつつ、
「ヤングドラゴン」の群れを相手にするのは無謀という他になかった。

433 :102:04/11/11 16:17:49 ID:???
「ヤングドラゴン」達は余裕たっぷりに俺達の次の行動を待っている様子だった。
俺達は無言のまま立ち尽くしていた。前に進みもせず、振り返って
引き返すこともしなかった。一瞬の間があって・・・
「ヤングドラゴン」達は巨大さをまるで感じさせないしなやかな動きで
一斉に素早く首を持ち上げ、腹を膨らませ大きく息を吸い込んだ。
「ヤングドラゴン」が唸り声と共に口を開き牙をむき出しにするのと
俺達が空高く「ドラゴンジェム」を掲げたのはほぼ同時だった。

434 :102:04/11/11 16:18:45 ID:???
「ギエーッ!!」

異次元の平原に恐ろしいエネルギーが加わった。
その場に居合わせたあらゆる生あるものが
それを無視できなかった。鮮やかな緑に輝く鱗に包まれた巨体が
俺達と「ヤングドラゴン」の間に出現した。ディルムン大陸最強の生物
「ドラゴンクィーン」は「ドラゴンジェム」の契約の元に、いとも簡単に
時間と距離を飛び越えてやってきた。
一体何事かと目の前の「ヤングドラゴン」達も攻撃の手を止め注意をそちらに注いでいる。
「ドラゴンクィーン」は赤く燃えるような瞳で「ヤングドラゴン」の群れを
チラリと見やり深く息を吸い込んだ。そして畳んでいた翼を広げると
この平原が地響きで崩れ去るのではないかという程の唸り声と共に、
目が眩みそうな炎の柱を猛烈な勢いで何本も吐き出し「ヤングドラゴン」の群れや
悪のナムター軍団に向かって投げつけた!!地獄の業火よりも熱く眩しい炎の渦が
いくつも重なり竜巻となって怪物達を飲み込んだ。

435 :102:04/11/11 16:19:47 ID:???
「ギエーッ!!」

「ドラゴンクィーン」の吐き出した炎は一瞬で怪物の大半を灰に変えてしまった。
辺りには血と肉のこげた生臭さが充満している。「ヤングドラゴン」の群れも
炎をまともに受けた数匹は無残に焼け焦げて絶命していた。俺達は目の前の
出来事が信じられずにただ圧倒されていた。「ドラゴンクィーン」の力の前には
全てが等しく無力だった。生き残った「ヤングドラゴン」達は敵わないと悟ったのか
恐怖に怯える表情であっという間に異次元の隙間へ逃げ込んでいった。
「ドラゴンクィーンは」その様子を見て嬉しくなって身震いした。そして俺達を振り返り
満足そうに言った。

「やくそくは はたしたぞ!!
 あとにのこった ナムターの たいぐんを たおすのは
 おまえたちの しごとだ!!」

俺達は「ドラゴンクィーン」に危機を救ってもらった礼を言おうとしたが
「ドラゴンクィーン」はそんなものは必要ないとばかりに、目にも留まらぬ速さで
自分の世界へと飛び去っていった。

「ドラゴンクィーン」にとってディルムンの支配者が誰であろうと
そんなことに興味は無かった。彼女はいかなる相手にも負ける気がしなかったし
それはおごりでは無く事実だった。恐らく「ナムター」も「ドラゴンクィーン」に
直接戦いを挑むような愚行はするまい。だが彼女は「ナムター」が嫌いだった。
誇り高く気高いドラゴン族に似せて「ヤングドラゴン」、「ガードドラゴン」といった
紛い物のドラゴンを創造し使役して、ドラゴン族を侮辱していることが許せなかった。
さらにドラゴンの正統な血族、彼女の子供たちまでも魔力で支配しようとする「ナムター」が
「ドラゴンジェム」を手に入れ、彼女自身支配しようとすることだけは子供たちの為にも、
なんとしても回避しなければならなかった。「ドラゴンクィーン」は一瞬自分を従えた
冒険者のことを思い出すと、大きく翼を羽ばたかせて彼方へと消えた。

436 :102:04/11/11 16:21:02 ID:???
「さあ!!
 いよいよ ナムターとの たたかいが はじまる。」

脅威だった「ヤングドラゴン」の群れが消滅したことで俺達は一気に勢いづいた。
「ドラゴンクィーン」の炎を逃れ生き残った、「ナムター」の悪の軍団が待ち構える
平原の中央へと突入していった。その時、後方で喊声が平原に響き渡った。
俺達が何事か、新しい敵の増援かと突撃に躊躇していると
俺達がニザールの地下洞窟で竜巻に巻き上げられ、この爬虫類の幼生で埋め尽くされた平原に
投げ出された付近から再びときの声が上がった。それは明らかに人間の声だった。
それも複数の、何十人という人間の声が重なって聞こえてくる。
先頭を歩き軍隊のリーダらしき男は青い鎧に身を包んで武装している。
・・・あの鎧は?あ、あれは「ジョーダン王子」ではないか!!

437 :102:04/11/11 16:22:02 ID:???
「ジョーダン王子」も俺達を見つけ駆け寄ってくる。再開を喜んでいる暇は無い
俺達は手短に王子に事情を伺った。聞けば地上では王子と「マイローラ姫」の軍隊、
そして反「ナムター」を掲げるレジスタンスらによって「キングズホーム」は
既に解放され、そこを拠点に「ナムター」の支配下にある町を順次解放しようとしていたらしい。
そんな時に「キングズホーム」に「ウトナピティム」と名乗る老人が現れ
俺達がニザールの地下洞窟へ「ナムター」との最終決戦に向かったと告げたのだという。
王子は最初半信半疑だったが、「ウトナピティム」が取り出した魔法の水晶球に
俺達がニザールの地下で奮戦している姿が映し出されたのを見て決断したのだそうだ。
「ジョーダン王子」は直ちに自ら軍隊を組織し「キングズホーム」を旅立とうとしたが
そんなことでは決戦に間に合わないと、「ナムターの塔」の入り口までは
「ウトナピティム」が彼と「ナムター」しか知らない空間転移魔法で送り届けてくれたのだそうだ。
俺達は数人の仲間で戦いを続けるあまり孤独な戦いと錯覚してしまっていたが、
それは大きな誤解だった。俺達は心の中が暖かい感情で満たされるのを
感じていた。俺達は孤独ではなかった。例え俺達の命の炎がここで消えようと確実に
後に続いてくれる人がいる。世界を回って巡り会ったディルムンの人々が必ず後に
続いてくれることだろう。


438 :102:04/11/11 16:24:37 ID:???
「さあ!!
 ここは わたしたちが ひきうけた。
 きみたちは さきへ すすんでください!!」

「ドラゴンクィーン」の炎で壊滅的なダメージを受けたとはいえ
「ナムター」が用意した軍団はまだ夥しい数で俺達を待ち受けている。
いくら一体一体は大した強さでなくとも、全ての相手をしていたら
とてもではないが「ナムター」と戦う前に体力を失ってしまうだろう。
「ジョーダン王子」の軍隊は俺達を出来るだけ無傷で「ナムター」の元に
送り出す為に、悪の軍団が群れる平原の中央へ突撃し、爬虫類の群れと激突した。
さすがにここまでやってくるだけあって、王子の軍隊は手練で編成されているようだ。
「リザードウォリアー」や「インサホーサ」を相手に互角以上の戦いを繰り広げている。
みるみるうちに爬虫類の群れも減っていった。
俺達は王子に促されて悪の軍団の守りが手薄になっている場所から
平原を突破することにした。俺達を導くと、王子はすぐに自分の軍隊の元へ戻り
戦いに加わって行った。王子の軍隊が助けに来てくれなければ
うまく立ち回っても、俺達が戦う怪物は倍に増えていたことだろう。
俺達は心の底から王子に感謝していた。俺達は再開を誓い合って分かれた
「ジョーダン王子」の元に戻って共に戦いたい気持ちを抑え、
後から後から湧き出る爬虫類の群れを全力で退けながら平原のさらに奥に進んでいく。


439 :102:04/11/11 16:27:54 ID:???
今日の冒険はここまでだ。
次回はついにナムターとの決戦だ。
まぁ、今年中にはこの冒険も終わりを迎えられるだろう。

440 :NAME OVER:04/11/11 16:32:24 ID:lHolJTKA
キタキタキター!乙です!

441 :NAME OVER:04/11/11 19:51:57 ID:???
続きキ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━!


442 :NAME OVER:04/11/15 06:32:03 ID:???
久々に覗いてみれば、クライマックスのお話に……。
お疲れさんです。

実はゲームやり途中なので、
102さんのお話はざっと目を通しただけできちんと読んでなかったり。
自分でコピペしてまとめたのを、
進んだところまで少しずつ読ませてもらっております。
クリアした暁には一括して熟読するぞー。(`・ω・´)

443 :NAME OVER:04/11/23 07:34:07 ID:???
102タソおつつです。(´∀`)
いよいよ次回で最終回ですか・・・。(つд`)

444 :NAME OVER:04/12/03 00:18:41 ID:???
保守

445 :NAME OVER:04/12/08 13:22:11 ID:???
保守ついでに。

ドラゴンストーンとかを
1個1個ドラクエ方式で持たねばならないFC版はエライ不便だなー。
せめて9個まとめてにしてくれりゃもうちょっとマシだろうに。
と普通の話題。

スレに何人いるんか知らないけど、皆様よい年末を。

446 :NAME OVER:04/12/09 12:52:08 ID:???
ああ、辰年だったら年賀状にギェーーッ!!!とか書けたんだよなー。

447 :NAME OVER:04/12/24 20:55:38 ID:MiqlKTee
クリスマスに聞くのもなんだけど
98版って効果音しかならないの?

448 :NAME OVER:04/12/24 21:13:29 ID:???
ちゃんとFM音源で鳴る。
クリスマスに答えるのもなんだけど・・・・

449 :NAME OVER:04/12/25 06:26:25 ID:???
68版は処理が重い。
いやFC版も重かったんだが。
98版もやっぱ重いのか?

450 :NAME OVER:04/12/25 06:41:55 ID:???
処理が重いかってPC98でも機種によると思う。
386のCPU乗ってる機種だと快適。
486以上だと逆にスクロールが激速だったりするのでCPUの速度落とす必要があるくらい。
HDDにインストールしてしまえば場面切り替えでの読み込みの時間も、まったくストレスたまらない。


451 :NAME OVER:04/12/25 07:38:22 ID:???
クリスマスだけど98版始めました
FC版とグラフィックが全然違うのね

452 :NAME OVER:04/12/26 14:32:32 ID:???
開始直後はファミコン版が一番つらいんじゃないんだろうか?
召喚キャラなしだとザコ相手に死ぬ

453 :NAME OVER:04/12/26 19:27:37 ID:???
ファミコン少年の質問

パソコン版はどんな操作系ですか?
マウスで操作するんですか?
キーボードは必須ですか?

454 :NAME OVER:04/12/26 21:40:38 ID:???
PC98版だけど、マウスだけでもキーボードだけでもプレイできる。
もちろん併用も可能。
個人的にはキーボードでプレイするのが一番効率よいと思うけど。
(マウスだとカーソールを移動するのに時間が余計にかかる。)



455 :NAME OVER:04/12/27 13:43:15 ID:???
おおthx
やっぱ装備はEキーとか呪文はCキーとかやるの?

456 :NAME OVER:04/12/27 15:40:50 ID:???
PC98版ウルティマ4,5のようにコマンド毎に異なるキーが割り当ててあるのではなく、メニューにある数個のコマンドの頭文字をキー入力する。
キャラクタやアイテム選択は数字キー。
頭文字だけ、でかく書いてあるので入力するキーで迷うことはない。
スタクラ作品なので同時期のマイト&マジックBook1、2あたりの操作体系はにてる。


457 :NAME OVER:05/01/02 16:20:52 ID:???
DWスレを見つけたので記念カキコ
なんというか、良スレですな。おもしろいリプレイは読めるわ、
製作者が光臨するわ。
リプレイもENDまでもうすぐ終わりなので期待してますよ102さん。
そろそろ書いてくださいw 遅筆の作家を待つ編集者の気分ですよ。

私はこのゲームをプレイしたのは十数年前になりますなぁ。
ハードはpc98、5inch版。友人と同時進行で進めていてとても楽しかったことを
覚えています。最初の町を脱出する手段が違がかったのでモメたのもいい思い出。
ログを読んで他にも脱出ルートがあるのでびっくりしました。

スタークラフトのpc98のゲームって再販はされないのですか?
あれほど良ゲーがいっぱいあったのでやってみたいのですが。
やはりオクで見つけるとかしか道はないのですかね?

98版でアンダーワールドの奈落を一箇所飛び越えられるところがあって、
そこを通過するとスキルポイントが大量にもらえた。っていうのは仕様だったのかな?
というか概出?知っている人がいたら教えてキボン

458 :NAME OVER:05/01/03 01:37:30 ID:???
へぇぇぇぇ
しらんかった

459 :NAME OVER:05/01/08 18:54:30 ID:???
ああ、攻略本に書いてあったね。セカンドプレイではお世話になるポイントだね。
面白くなくなるからあえて使わないという人もいそうだが。

460 :NAME OVER:05/01/17 20:45:19 ID:???
98スレより誘導されて、俺も記念カキコー

このスレをみて初めて知った新事実その1ー
FC版のパーガトリーって、プロガトリとかいうのね。結構ショック。

彼らは本気だ!とか
彼らはキングスホーム大学で腹蹴りを専攻している。とか
君たちは今、正に、ぶらさがっている最中だ!とか

腹が捩れるほど笑える文章の宝庫だったよなぁ・・・このゲーム。
2分半位ゲラゲラ笑って死にそうになったりしてたよ、当時。


461 :NAME OVER:05/01/17 21:21:13 ID:???
あ、ほんとだ。Purgatoryだもんね。
昔FC版やったけど、全く気がつかなかったなぁ。

462 :NAME OVER:05/01/19 01:43:33 ID:???
煉獄 THE TOWER OF PURGATORY(forPSP)
パーガトリィかプロガトリか

ドラゴンウォーズでなくてWIZっぽいけどね
ひたすらダンジョン踏破、絵は末弥純
ttp://www.itmedia.co.jp/games/articles/0501/18/news011.html

463 :NAME OVER:05/01/19 06:59:14 ID:???
辞書で調べてみると
パガトリィって感じだな。



464 :NAME OVER:05/01/19 11:06:50 ID:???
ホイ発音。
ttp://dictionary.goo.ne.jp/voice/p/02061630.wav

465 :NAME OVER:05/01/19 16:28:33 ID:???
BGMはFC版の方が好きだな

466 :NAME OVER:05/01/22 19:23:11 ID:???
俺は98版しかやったことないんだけど
(FC版は、名前が同じだけの別ゲームだと近年まで思ってた)

FC版のテキストも、珍訳っつーか神の翻訳なのかい?


467 :NAME OVER:05/01/23 05:36:40 ID:kuRP3a1E
98版といえばストストルーペンだよな〜。
スキルポイント50の奈落はファミコン版にもあるのかいな?

468 :NAME OVER:05/01/23 12:26:22 ID:???
え、まさかFC版には、あの伝説の秘密警察が存在しないの?


469 :NAME OVER:05/01/23 19:45:29 ID:???
98版も結構アレンジされてるんですね。

470 :NAME OVER:05/01/24 18:17:20 ID:???
ってことは、元々の・・・何版だっけ?PC版?には、ストストルーペンはいないのか・・・


471 :NAME OVER:05/01/25 11:50:08 ID:osy0bub2
FCでは「スタストラッペン」って名前でいるよ。

そこで疑問なんだが、
スタスト・ラッペンなのかスタス・トラッペンなのか
スタ・ストラッペンなのか、それが問題だ。

472 :NAME OVER:05/01/26 22:15:00 ID:???
>>470
いえ、メッセージのことです。
ちなみに英語版ではStosstrupenです。

473 :NAME OVER:05/01/26 23:30:16 ID:???
ていうか、あの頃のスタークラフトのアレンジっぷりは、神であったと思う。


474 :102:05/01/27 06:00:14 ID:???
102ですが、キリのいいところまで一旦投下してもいいでしょうか?
それとも全部終ってから一気に落とした方がいいでしょうか?
ちょっと間が開いてしまったんでとりあえず投下しようと思うのですが。
あと、ちょっと長くなっちゃったんで。

475 :NAME OVER:05/01/27 17:50:22 ID:???
気の向くままに
このスレはゲームと一緒で自由度高し

476 :NAME OVER:05/01/27 20:22:45 ID:???
>>472
それ・・・何て読めバインダー?


477 :NAME OVER:05/01/28 12:31:28 ID:03EIOljC
1、ストスツルペン
2、ストッストルペン
3、ストゥストゥルーペン
4、ストストルーペン

478 :NAME OVER:05/01/28 16:10:36 ID:???
>>474
マターリ待っとります。
でも、ちょっと読みたいね^^

479 :NAME OVER:05/01/28 20:00:00 ID:???
>>477
知能指数が低空飛行している俺様には
2としか思えなかったよ OTL


480 :NAME OVER:05/01/31 14:09:46 ID:???
>>474
おお、待ってました!

481 :102:05/02/10 06:11:26 ID:???
やぁ、寒さに弱い102だ。2月は足先がキンキンに冷えるし
キーボードを打つ手はカジカンデしまうしでまったく辛い季節だ。

ちょっと時間が空いてしまったのでやっぱり途中まで投下してみようと思う。

暗黒の平原に散らばる怪物の小規模な群れが、何度か俺達の前進を阻もうと襲い掛かってきたが
どの戦いも俺達を短く足止めしただけだった。爬虫類の幼生で埋め尽くされた平原を
全力で駆け抜ける俺達の疲労は、度重なる戦闘と最後の戦いに望む緊張で
既に限界を超えている。今この足を止めれば押し寄せる疲労でその場を動けないだろう。
だがしかし、心の奥底から湧き上がるディルムン世界を愛する人々との一体感が
俺達の手を、足を動かし、「ナムター」の元へと導いてくれていた。俺達は決して
数人のパーティだけで戦っているわけではないのだ!「ジョーダン王子」との再会で
確信出来たディルムン世界の人々との繋がりは、神が弱腰なこの世界で俺達が初めて手に入れた
「信じられるもの」だった。ディルムンの世界で信じるに足りる存在は
俺達にとって神様ではなく自分達の世界を自分達で守ろうと立ち上がった人々との絆だった。
信じられるものが1つでもあれば、人間はどこまでだって強くなっていける。
果てしない暗黒の中に生まれた小さな光の欠片は今力強い輝きを放ち始めた。
この光はどんなに濃い闇に覆われようと決して輝きを曇らせることは無いだろう。

482 :102:05/02/10 06:13:08 ID:???
「ナムター」を目指して平原を走り続ける俺達は辺りから怪物の気配が消えたことに
気が付いていた。振り返り耳を澄ませば微かに激闘の喧騒が聞こえてくる。
「ジョーダン王子」達と「ナムター」が用意した怪物達との戦いはまだ続いているようだった。

・・・俺達はどうやら「ナムター」の軍団が配置されていた平原の中心は突破したらしい。
ハァ・・・ハァ・・・俺達は周囲に注意を払いつつ、数刻の休息を取り
乱れた呼吸を整えた。歩みを止めた途端、体中から汗が噴出してくる。
平原を吹き抜ける凍えるような風が呼吸のたびに肺をかき回し、突き刺すような痛みを与えてきた。
鎧を脱ぎ捨て武器を放り出し、体を不気味な地面に投げ打って休みたい衝動を押さえ
必死に周囲の状況把握に努めた。邪悪なオーラをまとった暗黒の霧が平原の中心よりも
一層濃くなり俺達の視界を遮ってきている。辺りには暗黒のエネルギーが張り詰め
ぶつかり合っている。彼方此方から迸る黒い稲妻の光に俺達は全身の毛が逆立ってしまいそうだった。

483 :102:05/02/10 06:16:54 ID:???
「ナムター」はもうすぐそこにいるはずだ。一瞬だって気を抜いてはいられない。
俺達は目を凝らし、魔法の力を使いこの空間に何か違和感を探そうと懸命だったが
そこには何も無い、誰もいない空間がただひたすら続いているだけだった。
それでいてこの空間にはおぞましい邪悪な気配が満ち満ちている。俺達は
その気配に押しつぶされないように精神を保つのに全力を尽くした。
あぁ、立っているだけで命が吸い取られていく!血は凍りつき
魂まで枯れてしまいそうな暗黒に飲み込まれてしまいそうだ!
世界を覆う災厄の全てがここに集中し渦巻き、何者も立ち入ることの出来ない
地獄の空気が全ての生き物を排除している様子だった。
俺達はすぐに自分達が今どこにいるのか気が付いた。
この場所こそが狂気で作られた異次元の中心、他の存在を一切許さない
「ナムター」の玉座だった。

平原の彼方にどこにでもいそうな小柄で初老の男が佇んでいる。
男は微動だにせずこちらをじっと見据えていた。
「ナムター」だ。この男の一体どこにそんな恐ろしい力があるというのか
俺達は今となっては意味の無い疑問に少しだけ考える力を傾けた。
目の前のこんな平凡に見える男に俺達が、ディルムンの世界全体が
苦しめられていたと思うと少し悲しくなった。俺達は様々な思いを
全てこの戦いにぶつけ、そして勝利せねばならなかった。俺達は
目の前に迫った死闘を前に最高の緊張状態に移っていくが「ナムター」は依然として
こちらを睨みつけたまま立ち尽くしていた。そして無言のまま
戦闘態勢に入った。もはや言葉には何の価値も無いのだ。

484 :102:05/02/10 06:18:42 ID:???
俺達は「ナムター」に魔法攻撃はほぼ通用しないだろうと想像していた。
俺達は限りある精神の力の大半を魔力として自らに付与することで
「ナムター」と戦う作戦だった。「ミクスマジック」の使い手が
「ザックススピード」を発動させ、俺達の脚は僅かな時間重力から解放された。
獲物を捕らえる獣のごとく巧みなステップで散開しつつそれぞれが
最も活躍できる場所へと移動した。そして俺達は陣を崩さずに
一斉に「ナムター」へ向けて全力で走り出した。

この命が尽きる前になんとしても「フリーダムソード」の間合いに
「ナムター」を捉えなければならない!「ナムター」は俺達が近づく前に
「レイジミスラス」の詠唱を終らせていた。先陣を切って走り寄る
「フリーダムソード」の使い手には目もくれず、的確に「ドルイドマジック」のユーザーに
「サンマジック」の閃光を浴びせてきた。「ナムター」はディルムン世界の魔法体系について
「マジックカレッジ」の校長「ウトナピティム」に次いで聡明だった。俺達の防衛手段を
最初に断ち切るつもりなのだ。「ドルイドマジック」のユーザーが装備した
「マジックシールド」は放たれた魔法のエネルギーで収束された擬似太陽光を防ぎきれずに
使用者に苦痛をもたらした。「ナムター」は極めて冷静だった。
しかし、陣形を崩されつつも、俺達はジワジワと「ナムター」へと近づいていく。
「ナムター」の魔法攻撃は恐ろしい威力だったが、今の俺達ならば直撃を受けない限り
なんとかしのいで近づけるのではないかと思えた。俺達は盾で、魔法で身を守りつつ
怒りに燃える「ナムター」の瞳がハッキリと見える距離まで彼に近づいていた。
幸い未だパーティーの誰一人致命傷になるほどのダメージを受けてはいなかった。

485 :102:05/02/10 06:20:11 ID:???
俺達はチャンスを伺っていた。最初に「ナムター」を直接攻撃したのは仲間の
「ガトリングボウ」から放たれた超高速の無限矢「マジッククイバー」だった。
魔法で生成された矢は狙いを過たず「ナムター」の顔面に向かって飛び、そして
左の頬を捉え直撃した。しかしそれは「ナムター」に致命的なダメージを与えるまでには至らなかった。
暗黒のエネルギーを身に纏う「ナムター」を倒すにはどんなに強力であろう武器も
無力に等しかった。やはり「ナムター」を傷つけるには「フリーダムソード」で
直接斬りつけるしかないのだ。俺達は一瞬その強靭な肉体に怯んだ。
たじろぐ俺達をよそに「ナムター」はこんな矢など無駄だと言わんばかりに、射主では無く
執拗にマジックユーザーを狙ってきた。だが、俺達も幾多の戦いを重ね熟練していた。
次の瞬間、一瞬の隙を突いて仲間の「ガトリングボウ」から再び「マジッククイバー」が
連続して放たれた。通常の弓と異なり独特の構造を備える「ガトリングボウ」には、
予め矢を複数装填しておける為一発発射した後も、残りの矢が無くなるまでは、
新たに弓を番え引き絞り、狙いをつけ放つという一連の動作を必要としない。
人間の技術の結晶は攻撃時間を短縮し、俺達に活路を開いた。
矢の束は一筋の閃光となり暗黒の空間を切り裂いて激しい勢いで
「ナムター」へ向かって飛んでいく。飛び出した魔法の矢は再び「ナムター」に
弾かれてしまったが、油断した「ナムター」の体勢を崩すことに成功した。俺達は
今を逃してチャンスは無いと、体勢を整えようとする「ナムター」へと
猛烈な勢いで飛び出していった。

486 :102:05/02/10 06:22:23 ID:???
あっけない最後だった。目の前には打ち砕かれた肉の塊が転がっている。
仲間の連続攻撃によろめく「ナムター」に全力で振り下ろされた「フリーダムソード」は
「ナムター」の肩口からわき腹をしっかりと捉え、一撃で「ナムター」の体を粉砕した。
意外なほどにあっさりと手に入った勝利に俺達は実感が沸かずに、しばらくその場に
呆然と立ち尽くしていた。だが、目の前にだらしなく横たわる「ナムター」の死体は
俺達が戦いに勝ったことを何より証明していた。体中の筋肉の緊張が解けていく。
様々な思いが入り混じって、やがて心が温かい感情で弾けてしまいそうなほど膨らんできた。
・・・勝った・・・俺達は「ナムター」に勝ったんだ!!あぁ!なんて素晴らしいんだ!
これで恐怖による「ナムター」の支配は終ったのだ!ディルムンの世界は救われたのだ!
喜びに興奮する俺達は地獄の底で勝利の雄叫びを上げようとした。
しかしそれは信じられない事態に阻まれた。


487 :102:05/02/10 06:23:48 ID:???
「ふふふ・・・。
 きみたちだって そんなに かんたんに いくとは
 おもっていなかっただろう?」

低く抑揚の無い声で俺達に話かけてきたのは「ナムター」だった。
ええっ?信じられない!「ナムター」は怒りに燃える目でこちらを見据えている。
「フリーダムソード」の閃きに倒れたはずの「ナムター」の体には傷ひとつ無いほどに
元の形に再現されている!!そんな馬鹿な話があるのだろうか。
俺達は夢を見ていたのだろうか?先ほどの勝利は「ナムター」が仕掛けた
幻覚だったのだろうか?俺達は理解を超える出来事に混乱したが、すぐに再び
剣を持つ手に力を込め戦闘態勢を整えようと必死に行動した。「ナムター」は
すぐには仕掛けてこなかった。俺達を嘲笑するかのようにわざと距離を取り、
そして俺達を「サイクロン」の魔法で吹き飛ばした。十分に体勢を整えきれずに、
俺達は魔法の竜巻に飲み込まれ方々に投げ出された。「ナムター」は不死身なのだろうか?
俺達はこの男に勝つことは出来ないのだろうか?
心の中に隠れていた不安が一気に噴出してきた。

「さあ!! しょうぶは これからだ。
 かかってきなさい!!」

状況を受け入れきれず狼狽する俺達に「ナムター」が笑いながら叫んだ。

488 :102:05/02/10 06:29:31 ID:???
今日の冒険はここまでだ。

相変わらずの遅筆と脳内設定爆発ですみません。使う魔法や
「」内の台詞、装備品などはメモしておいてあるのでそれなりに
気を使ってます。

次回で終りそうなので
適当な場所で一応ディルムンの神様も活躍させようと思います(笑)
ではまた次回に。

489 :NAME OVER:05/02/10 09:13:47 ID:???
いや、そこらの小説より面白いよ
続き頼む

490 :NAME OVER:05/02/10 18:08:20 ID:???
続きキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!

491 :NAME OVER:05/02/11 03:46:48 ID:???
乙。毎回楽しみにしてるぜ。

492 :NAME OVER:05/02/13 23:23:59 ID:6oIdICvc
うおぉぉぉおお乙!!
さあ、来たねクライマックスが!
やっと倒したのに、なんでコイツ何度も生き返るんだよ〜!
どうすりゃいいんだゴルァ!!って、パニくったね〜w
いや〜思い出すわ
つぎで衝撃&感動のラストかな?
ガンガって書いてください

493 :NAME OVER:05/02/26 18:47:53 ID:J8OOf8LQ
マジックブーメランってどこにあるんでしょうか?

494 :NAME OVER:05/02/28 10:57:27 ID:8jBq2xIo
連続投稿ですいませんが、
現在回避率63なのですが敵の攻撃を全く回避してくれません。
回避率ってあまり意味のない仕様なんでしょうか?

495 :NAME OVER:05/02/28 12:34:56 ID:???
>>494

ファミコン版の話かい?

496 :NAME OVER:05/02/28 17:40:50 ID:gA/PClTC
はい、ファミコン版です。

497 :NAME OVER:05/02/28 23:41:59 ID:???
>>496
ここ行ってみるといいかもね

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Bingo/1913/kouryaku.html

498 :NAME OVER:05/03/08 01:46:06 ID:guxbLmEm
102タソおつつです(´∀`)
もう最後かと思ったけど、結構引っ張りますね。w
次回も楽しみにしていますので、寒さに負けぬよう
頑張ってください

「神が弱腰なこの世界」
この部分は思わずにやり、とさせられました。
ドラゴンウォーズの世界観の特徴として、神は極めて受身と言うか
人間以上に運命論者の部分が際立っていて、自らの君臨する
世界が崩壊する事に対してすらも、ただ無頓着であったのが
印象的でした。

滅びの運命を待つだけの人間にとっては、絶対悪である筈の
ナムターが救世主たり得ると言う逆説的な設定も、この人々や
世界を積極的に救う事をしない神々に相まって、悲しくも力強い
主人公達の冒険をよりドラマティックに感じさせてくれました。

すごく好きです、ドラゴンウォーズ。

499 :NAME OVER:05/03/08 01:54:17 ID:???
ナムター倒しても何年後?かには星自体が無くなるんだもんな
なんかやるせない話だよな

500 :NAME OVER:05/03/08 20:46:01 ID:???
( T∀T)つ〃∩へぇーへぇーへぇーへぇー。
知らなかった。切ないっすねぇ・・・。

501 :NAME OVER:05/03/08 22:22:37 ID:???
そんなすぐに世界が終わるわけじゃなかったと記憶しているが…

502 :NAME OVER:05/03/09 00:00:25 ID:???
>>500
OPで、ちゃんとそう説明されているはずだが・・・



503 :NAME OVER:05/03/09 00:46:45 ID:???
むう、俺も全く記憶に無かった

504 :NAME OVER:05/03/09 04:58:30 ID:c/S5quRD
ファミコン版にはそんな説明無かったと思う

505 :NAME OVER:05/03/09 07:04:15 ID:???
いくらなんでも数年後に星自体がなくなるなんていってないだろ。

主星シリウスが年々膨張しているため、その周りを回っている惑星オセアナでは極冠のが徐々に融解している。
いつの日にかオセアナはすべてが海に覆われ熱い海の惑星になってしまうだろう。
ただそれもシリウス星に飲み込まれてしまうまでの話だが

ということで、数百年、数千年あるいは数億年以上先のことともとれる内容だ。
現在の地球にも当てはまるし。


506 :NAME OVER:05/03/09 16:47:30 ID:???
>>502
FC版しかやったことないので。
オリジナル版か98版のOPで説明されるのかな?

507 :NAME OVER:05/03/09 17:30:29 ID:???
>>505
俺もそう思う

508 :NAME OVER:05/03/09 18:58:57 ID:???
>506
PC98等用のスタクラ版オープニングで説明されるよ。


509 :NAME OVER:05/03/09 22:02:06 ID:???
ファミコンウォーズがでーたぞ♪


ゲームやったこと無いけど、
CMだけ印象に残ってます。

510 :509:05/03/09 22:03:32 ID:???
スマソ、スレ違い

511 :NAME OVER:05/03/10 00:50:40 ID:???
ボケとしては成立してたが

512 :NAME OVER:05/03/10 18:21:39 ID:???
ファーイアーア エームブレム!
てーごわい趣味レーション

ってオペラ風のCMもあったな。


とかレスしてみる。


513 :NAME OVER:05/03/10 19:08:13 ID:???
>512
オマイのは単なるスレ違い。

514 :NAME OVER:05/03/10 20:54:20 ID:???
102さんおつです!(`・ω・´)ゞ

こんなにおもろいのに
決して多くの人の目に触れることはないのかと思うと勿体無いなぁ。
コソーリ編集して保存しとこーかな。

TRPG友人らにでも読ませて広めるかー。w

515 :NAME OVER:05/03/12 01:32:30 ID:S3RTAFfc
現在メジャーな携帯ゲーム機等でリメイクされれば
広め易いのにね。
ともあれ>>514氏グッドラック!(`・ω・´)ゞ

516 :NAME OVER:05/03/12 11:36:18 ID:???
箱のねーちゃんとにーちゃんと、ストーリーの関係について納得のいく説明を行うことを求めたい。

517 :NAME OVER:05/03/12 23:25:15 ID:???
英語にローカライズされた国産ゲームのパッケージ、見たことある?
スゴいぞ。

めっさマッチョなおねえさまが、ブッとい剣持って物凄い形相で立ってたりすんの。
原作と関係なし。



518 :NAME OVER:05/03/12 23:38:25 ID:???
>>517
ドラゴンウォーズにカレンダーとして入ってるやつ?
俺まだ持ってるぞ

519 :NAME OVER:05/03/13 01:13:35 ID:???
アレって、他のスタークラフトのゲームのパッケージを使っただけでしょ?確か。

そうじゃなくて、他の会社のゲーム。


520 :NAME OVER:05/03/13 22:59:19 ID:???
今日、初めてここを見つけた。
>102の書き込みに引き込まれた。

最終回、期待してます。

あなたの考え方に共感してる。

521 :NAME OVER:05/03/13 23:50:10 ID:???
>>517
それはアテナ(SNK)の事かー!

522 :NAME OVER:05/03/14 04:48:34 ID:???
アリシアドラグーンもな。
ttp://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e42617005
これが、海外へ行くとこうなる。
ttp://www.davidsclazzic.com/images/COLLECTI/GENESIS/ALISIRDR.JPG


ヴァリスも
国内
ttp://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d48426498
海外
ttp://kidfenris.com/valis3amcover.jpg

523 :NAME OVER:05/03/14 04:51:45 ID:???
こっちのが見やすいか。
http://www.zonesega.com/img/Covers/Megadrive/Alisia Dragoon [EUR].jpg

524 :NAME OVER:05/03/14 09:18:36 ID:gnp749X0
アリシアもヴァリスも、作中にもろジャパニメーションな
絵が入っていたと思うけど、パッケージとのギャップに
ショックを受ける子供とか居たかもなぁw

ドラゴンウォーズの、いかにも正当ヒロイックファンタジー
しているパッケージは結構好きだ
内容とはちょっとイメージが違う気もするけどな
そいやファミコン版のパッケってどんなんだろ?

525 :NAME OVER:05/03/14 09:20:53 ID:???
あげてもうた
ここってsage推奨ですか?

526 :517:05/03/14 20:22:52 ID:???
>>521
ある意味そうかも試練
むちむちぷりーん

>>522
ありがとう〜
正にそういう事を言いたかったんだ。


527 :NAME OVER:05/03/14 22:56:10 ID:???
いや、海外版アテナのポスターも凄かったんよ
それこそドラゴンウォーズのマッシヴ女性そのまんまな感じ

検索したけどサイコソルジャーしか見つからなかったが、これも結構凄いw
ttp://homepage3.nifty.com/foruser/athena/psy/oversea.jpg

528 :NAME OVER:05/03/15 20:10:42 ID:???
うはwwwww
おkwwwww

さおりさん萌え


529 :NAME OVER:05/03/16 01:12:36 ID:???
よし、オクでドラゴンウォーズ(98版)ゲトーした。
動けばいいなぁ。


530 :NAME OVER:05/03/16 19:00:32 ID:???
>>527
ワロタ

531 :NAME OVER:05/03/19 19:05:47 ID:???
保守・・・ってもう必要無いのかな?
>>529おめ
漏れは数年前に500円で買った未開封パッケージも持ってるぜ
買い占めておけば良かったかなぁ・・・

532 :NAME OVER:05/03/20 11:39:10 ID:???
コレクション自慢クソuzaaaaaa

533 :NAME OVER:05/03/20 18:32:07 ID:???



534 :NAME OVER:05/03/20 20:53:23 ID:???


535 :NAME OVER:05/03/20 21:01:30 ID:???
”ハードラック”と”ダンス”っちまったんだよ!


!?



536 :NAME OVER:05/03/21 00:57:23 ID:???
>>532
書く事無かったんだ、スマソ

537 :NAME OVER:2005/03/21(月) 18:38:35 ID:???
>>533-535
ワロタ
ブチッギリッ

538 :NAME OVER:2005/03/27(日) 21:53:37 ID:???
>>529
おめぇ。

てかさ、きゅーはちなんて実機でまだ持ってるんか。
ええなぁ。

539 :NAME OVER:2005/03/27(日) 23:32:44 ID:???
>>538
実機はこないだ拾った98212台と、もらったPC-486が一台・・・あと10年放置中のPC-286VGか。

でもイメージ化して、えmでやる予定。
つーかまだ箱も開けてない・・・


540 :NAME OVER:2005/03/31(木) 01:41:37 ID:???
この冒険の舞台は、遥か宇宙の彼方に存在するシリウス星の小さな衛星、オセアナである。
悪魔よりも凶悪で残忍なナムターの独裁下にあるオセアナのディルムンの地で、略奪されたあ
なたは無一文、無防備の状態からスタートしなければいけない。

あなたの冒険心を駆り立てる小さな星、オセアナはシリウス星の周りの軌道を回っている小さ
な熱い海の衛星だ。
シリウスは、知的な生命体が存在する他のどの星からも何百マイルも離れていて、我々が住む
地球よりも3倍も大きい。しかも60倍も明るく輝いている。

オセアナの85%を被っている大きな海は、さらにその熱い海の世界を広げていて、不吉な怒りは極地
の氷冠を犯しつつある。
この星の寿命は太陽の何分の1しかなく、誕生は地球よりも若い。両端から燃える蝋燭のよう
に、オセアナは倍の光を受けながら、倍のスピードで破滅に向かって全速力で疾走し続けている
のだ。


541 :NAME OVER:2005/03/31(木) 02:02:14 ID:???
オセアナには何万もの島々があちこちに点在している。そのうちの幾つかは、かつて文明が栄え
たいにしえの場所で、海の底に深く沈んだまま眠りについて過去の偉大な業績をそっくり残して
いる島も少なくはない。
オセアナでは猛烈な嵐が吹き荒れるなどの地理的な自然環境の障害や海の生活が過酷であっ
たため、島々を統一して政治を行うことは不可能であった。いまだかつて、オセアナを統一して
支配したという歴史はない。しかし、悪魔よりも恐ろしいナムターが今、この世界を…………。

島々の中でも伝説的なまでに有名なのが、航海地図の地平線の上に記載されている"太陽の沈
む陸地"ディルムンである。
ディルムンはオセアナで最も歴史のある帝国で、最も進んだ文化の中心地であり、そして、最も
恐ろしい獣の巣なのだ。
そこはまた、ドラゴンの島であり、あなたが冒険し、生き延びて、強力で恐ろしい敵と戦わなけれ
ばならない運命の場所でもある。

542 :NAME OVER:2005/03/31(木) 02:02:52 ID:???
冒険が始まると、あなたはオセアナの軍用艦の甲板の上にいる。船は音をたてながら、高い断崖
の間に深く入り込んだ狭く静寂な湾の中の穏やかな海を進んでいく。甲板を降りてディルムンに上
陸する瞬間が、刻々と近づいてくる。
そこで、あなたは巡礼者のように平和を説いて歩くか、探険家として伝説の財宝を追い求める
か、それとも戦い破れた兵士としてこの海の中で永遠の眠りにつくか………。
歴史を偲ばせる古代建築が建ち並ぶ港に船が入る。勇気いっぱい元気に上陸するか、不安に満
ちてすぐにも逃げだすのかは、あなた次第である。バウ(船首)のすぐ先にあなたの未来が待ち受
けている。

複雑な思いで降り立った港町が、パーガトリーだ。
船が港に入った途端に、悪の手先の役人が船に乗り込んできて、乗り組み員と乗客の全員を拘
束してしまった。
所持品と金は全て奪われて、十人に一人がドラゴンのいけにえとして連れ去られてしまった。幸
運にも、あなたはその場に残ったが、裸で無防備のまま、パーガトリーのスラム街に投げ込まれ
てしまった。


543 :NAME OVER:2005/03/31(木) 02:03:30 ID:???
船は、もちろん押収され"地獄から来た獣"ナムターの独裁下に屈服させられ、急増するディル
ムンの艦隊の一つとして、オセアナの海に出没することになる。

あなたがいくら善人であっても、容赦はない。ナムターには家畜のごとく扱われ、パーガトリーで
生涯貧困な生活に身を委ねなければいけないのだ。
誰一人パーガトリーから生きたまま脱出したと聞いたことすらない。この場所で、ベッドの上で
死ぬなどという贅沢を味わった者はほとんどいないらしい。
腰まで泥の中につかる過酷な状態からスタートするあなたは、もし生き残りたければ、あらゆる
策略を駆使しなければいけないだろう。

544 :NAME OVER:2005/03/31(木) 02:04:18 ID:???
あなたとあなたのパーティーは、ナムターによって恐怖の世界に導かれた救済の島、不思議の
国ディルムンを冒険する。あなたはパーガトリーの野蛮な街路の中で、自分の頭脳、機知、力だ
けを頼りにゲームを始め、ここから抜け出る道を発見し、ナムターを倒さなければならない。で
なければ、生き延びることはできないのだ。
ナムターに打ち勝つことができるのはあなただけだ。
しかし、可能性は決して大きくはないだろう。
宇宙のはるかかなたの小さな星での、あなたの幸運を祈る……。

545 :NAME OVER:2005/03/31(木) 03:33:51 ID:???
>>540-544

今それをコピペするべきではなかった・・・

546 :NAME OVER:2005/03/31(木) 03:43:45 ID:???
続きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
かと思っちまったよ……

547 :NAME OVER:2005/03/31(木) 11:20:59 ID:???
このゲーム98版がオリジナルなのかな?
箱に書いてる敵出てきたっけ?

548 :NAME OVER:2005/03/31(木) 20:02:22 ID:???
あーでも、凄く懐かしいな
漏れは540にgjを贈りたい

549 :NAME OVER:2005/03/31(木) 20:27:55 ID:???
オリジナルはAT互換機用。

550 :NAME OVER:2005/03/31(木) 20:47:06 ID:???
最初は540だけで止めとこうと思ったんだけど
ついなんとなく全部書いてしまった。
今は反省している。

つーか何百マイルとか、地球の3倍とか
今の目で見ると引っかかる部分があった。おわり。


551 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/01(金) 03:24:20 ID:???
>>540-544
これが元のテキストなんかぁ。
FCしかしらん身としては普通にGJだ。
結構切ない設定なのね。

552 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/01(金) 07:21:54 ID:???
FC版って、98版の移植なの?


553 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/01(金) 10:27:28 ID:???
>地球よりも3倍も大きい。しかも60倍も明るく輝いている。
これって、地球とうより太陽かな?

554 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/01(金) 11:14:16 ID:???
オリジナル版の画像見て見たい
ファミコン版から始めて次に98版やってみたんだが何かイメージと違う

555 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/01(金) 17:42:22 ID:???
>>550
いや、ありがたい。
サンクス。

556 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/02(土) 00:14:54 ID:???
>>553
しりうすっていえば、全天で一番明るい星として有名なんだな。
だから、その数百マイル以内に星なんか存在するはずがないし
地球の3倍程度って事も絶対にない。

>>554
むかーしLOGINに攻略記事が載ってた時、IBM-PC/AT版の画面写真も載ってたんよ確か。
・・・APPLE][・・・じゃないよなぁ。

すっごくショボかった覚えがある。
Apple][版のUltimaと同じ位だった気がする。

557 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/02(土) 01:59:20 ID:???
AT互換機用やAMIGA版のドラゴンウォーズの画面なんて、ググればいくらでもでてくるだろ。

558 :NAME OVER:ファミコン暦22/04/02(土) 04:27:28 ID:???
>>557
そう思って検索したらこんなの出てきた
もしかして公式サイト?・・・なんかゲームダウンロード出来ちゃうけど・・・
ttp://www.classicgaming.cc/pc/dragonwars/gamedetails.php

559 :NAME OVER:ファミコン暦22,2005/04/02(土) 14:32:02 ID:???
うはwwwっうぇ
ゲームできるじゃん。
ちゃんとバーズテイルからのキャラクター移管もできるみたいだし。
やるなUSサイト。

昔懐かしい色使いだ。

560 :NAME OVER:ファミコン暦22,2005/04/02(土) 14:37:38 ID:???
>>558
攻略サイトのコンテンツの一つですな。

561 :NAME OVER:ファミコン暦22年,2005/04/02(土) 15:05:05 ID:???
敵が遠くに居ても距離が表示されるだけで、グラフィックは変わらないんだなぁ。

あと、98版の文章を翻訳した人は、やっぱりスゴイと思ったよ。
これをあんな笑える文にしたんだから。



562 :NAME OVER:ファミコン暦22年,2005/04/02(土) 15:14:55 ID:???
>558
音でないのは仕様?なんか寂しい。でも遊べちゃうのはすごい。

563 :NAME OVER:ファミコン暦22年,2005/04/02(土) 15:21:42 ID:???
多分・・・・SB16(互換)が必要なんじゃ・・・
元々音が出ないPCでやってたからわからないけど。


564 :NAME OVER:ファミコン暦22年,2005/04/02(土) 16:28:26 ID:???
やりたいが英語じゃなあ・・・
あの日本語化の文章の機微も、この作品の魅力の一つだと思うし

それにしても、4月1日超えてもまだファミコン歴ですか

565 :NAME OVER:2005/04/02(土) 17:14:16 ID:???
>>562
うろ覚えだけど、タイトルとポイ捨てした時にビープ音が鳴るぐらいだったような。
あと効果音で、武器を振る音と、キャラの悲鳴があったかな。

566 :539:2005/04/03(日) 03:35:28 ID:???
やぁぁぁっと起動に成功したー

持ってたFDDが2Modeだったから、休みを待ってわざわざ3ModeFDD買ってきて
1時間も掛けてデバイスドライバを探して、プロテクトをウィザードで外して

あーあやんなっちゃったあーんあーあ起動した


567 :NAME OVER:2005/04/04(月) 22:29:31 ID:???
へえ、今時3モードFDDなんて売っているんだねぇ
どつかれさん〜
心ゆくまでドラゴンウォーズの世界を堪能してくだせい

568 :NAME OVER:2005/04/05(火) 20:34:37 ID:???
ttp://nyannyan3.minidns.net/uploader/

0405あたり

569 :NAME OVER:2005/04/06(水) 09:07:02 ID:???
>>568
d

570 :NAME OVER:2005/04/06(水) 18:57:34 ID:???
割れ?
いかん、悪魔の誘惑が・・・
こう言うのってホンモノ持っていれば問題ないんだっけ

571 :NAME OVER:2005/04/06(水) 20:51:35 ID:???
落とした後、一度でも立ち上げてみた人はみんな犯罪者でつ。


572 :NAME OVER:2005/04/06(水) 23:51:30 ID:???
1です。自分で立てたとはいえ、ここまでのびるとは正直思いませんでした。
あたしはFC版を小学生の時、友人から借りてプレイしました。
向こうの国のゲームの雰囲気。なんだか、自分に合ってたように思います。
未だにプロガトリ脱出の方法を覚えてたり。

102様の、そしてドラゴンウォーズ好きのみなさんのおかげでここまで
伸びたんですね、なんだか、自分と同じ時間を共有してきた「仲間」という感じがして
とても嬉しいです。

102様の冒険もいよいよ大詰め。とても楽しみにしています。お忙しいでしょうが・・・

ただいま冒険中の方も、これから冒険される方も。
みなさまの未知なる探検に、幸あれ。
ではでは、名無しに戻ります。。。

573 :NAME OVER:2005/04/07(木) 02:39:52 ID:???
落としたけど、立ち上げ方分からなかったのでおk!

574 :NAME OVER:2005/04/07(木) 04:42:17 ID:???
>>572
言われてみれば、なんかこのスレみんなで冒険してる気になってきた

575 :NAME OVER:2005/04/07(木) 11:49:49 ID:???
>572
女らしい文章だけど、そうなのかな?
攻略本の著者も女性だったけど、意外と女性にも遊べるゲームだったんだろうか。

576 :NAME OVER:2005/04/07(木) 22:41:19 ID:???
最近書いた奴の性別を気にする奴がいろんなスレで見受けられるけど

何?


577 :NAME OVER:2005/04/07(木) 22:57:55 ID:???
>>576
お前みたいな奴の性別はどうでもいい

578 :NAME OVER:2005/04/07(木) 23:00:06 ID:???
飢えてるんだね・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

579 :NAME OVER:2005/04/08(金) 00:51:58 ID:???
FC版買ってきました。
明日遊ぶぞ〜。

580 :NAME OVER:2005/04/08(金) 01:57:46 ID:???
>>575
TRPGの女性プレイヤー数くらいにはいるもんだよ。
コソーリとね。
98版が一度でいいからやってみたいけど、
さすがにモノがないのでFCを通販で買って我慢の子。

>>579
キャラクタ作成のときだけ先に攻略サイト見とくと便利だ。
無論、あえて険しい道を行くのも一興。
よい冒険を。(`・ω・´)b

581 :NAME OVER:2005/04/08(金) 18:24:56 ID:???
98版なら>>568にあったのに。残念。
まぁそういうのが嫌いなんだろうけど。


582 :NAME OVER:2005/04/08(金) 19:43:16 ID:???
>>580
アドバイスどうも〜。
攻略サイト見つかったんで、キャラ作成のとこ参考にしてみました。

583 :NAME OVER:2005/04/15(金) 14:47:20 ID:???
このスレの団結力は異常だと思う

次にドラゴンウォーズスレが立っても
二度とここまで伸びないと皆知っているから

今このスレにいるみんなは幸せ

584 :NAME OVER:2005/04/15(金) 22:41:02 ID:???
でもここももうすぐ落ちそうだな。


585 :NAME OVER:2005/04/16(土) 13:04:40 ID:???
しあわせあげ

586 :NAME OVER:2005/04/25(月) 13:22:15 ID:???
>>581
単純に中の人が味噌こねていただけです。(´・ω・`)キニナル
見損ねて……。

>>582
あの魔法ないと、しこたまキツイです。
ガキの頃ならいくらマゾくても知らずにやってただろうけど、
今だと時間とかむやみに費やしてしまうので茨の道は多忙な社会人とかにはオススメしない。
がんがれ。
良き旅になることを願う。

587 :NAME OVER:2005/04/27(水) 21:01:55 ID:???
test

588 :NAME OVER:2005/05/04(水) 20:42:07 ID:???
パッケージのドラゴンの名前、おれの中では「デッパドラゴン」だ。

589 :NAME OVER:2005/05/05(木) 02:33:21 ID:???
ワロw

590 :NAME OVER:2005/05/05(木) 20:45:47 ID:???
息臭そうだよね。


591 :NAME OVER:2005/05/06(金) 23:23:13 ID:???
↑ああ、なんか分かる。つか、えらく人間臭い顔してるよな、デッパドラゴン。
友達の中にいそうだ。

592 :NAME OVER:2005/05/07(土) 21:57:07 ID:6PdENfOr
あと一月ちょっとで、スレ立ってから2年経つのか。息の長いスレになったねぇ。

593 :NAME OVER:2005/05/07(土) 21:58:07 ID:???
ageてもうた。すまん。

594 :NAME OVER:2005/05/07(土) 22:45:29 ID:???
>>593
キニスンナ。

そうか、もう2年近く経つのか。早いもんだな。
102氏の続きが気になってしょうがなかったりして。忙しいんだろうな。

今さら気が付いたが、ここまでゲーム内容について、批判めいたことがほとんど無いのも珍しい。
ほんと、いいゲームだ。

595 :NAME OVER:2005/05/08(日) 23:03:17 ID:???
ドラゴンウォーズの兄貴バーズテイルのスレは落ちてしまったな・・・・

596 :NAME OVER:2005/05/09(月) 02:15:41 ID:???
今度リメイクされるからそっちのスレいけば?
名前以外関係ないように見えるけど。


597 :NAME OVER:2005/05/18(水) 19:56:15 ID:???
ho

598 :NAME OVER:2005/05/21(土) 15:46:44 ID:???
102氏の素晴らしいリプレイに惹かれて俺もDW買ってきた。

……なんか戦闘バランスが無茶苦茶辛いな。
戦う相手を選んでも生きるか死ぬかわからんとは。
とりあえずセーブ&ロードで固定敵を倒して闘技場から武器をかっぱらってきた。
それでもあまり楽にならないな……。

599 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:31:57 ID:???
やぁ、ついにリプレイを完結させることが出来そうで
一安心している102だ。前回からまた時間空いちゃったんで
それじゃぁ早速だけど、冒険の結末を書いておこうと思う。

「ナムター」が放った「サイクロン」の魔法により発生した巨大な竜巻に
空中へ巻き上げられた俺達は、形成された魔力がその場から
消え去ると同時に、得体の知れない醜悪な生物の化石で埋め尽くされた地面に
無防備に投げ出された。俺達は痛撃で現実感が戻ってくると、再びこの恐るべき
暗黒の支配者と命を賭けて戦わなければならないという残酷な事実を
徐々に理解していった。しかし、極限の緊張状態は「ナムター」に
勝利したという誤認から既に解放され、全身に蓄えられた戦闘エネルギーは
既に体から流出してしまい、肉体のダメージこそ僅かなものに留まっていたが
俺達の気力は既にその場から起き上がることも出来ないほどに消耗していた。
蘇った「ナムター」は先刻の戦いの時よりも、さらに邪悪で禍々しい
エネルギーに満ち、赤く黒く全身が燃え上がるように体の色が変化している。
その圧倒的な生命力は周囲の酸素を燃やし尽くし、思わず息苦しくなるほどだ。
新しい地獄を従え暗黒の支配者「ナムター」は確かに今ここに再び存在している。
怒りに燃え滾り、憎しみの感情をむき出しにし俺達を抹殺しようとしている!
目の前に立ちふさがる彼は魔法で作り出された幻などではありえなかった。
にわかに訪れた希望は砕かれ絶望的な現実が再び出現したのだ。

600 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:33:13 ID:???
「ナムター」は陣を崩した俺達に容赦なく「サンマジック」の印を結び
「インフェルノ」の魔法で攻撃してきた。炎の渦が猛烈な勢いで襲い掛かってくる!
俺達はとっさに身をかわそうとするが、まるで誰かが覆いかぶさっているかのように
体がずしりと重く、足の筋肉に力が伝えられない。少しでも抗おうと必死に体を動かし
防御の姿勢を作るが、装備した盾や鎧では投げつけられた紅蓮の炎の勢いを
わずかに軽減することしか出来ずに、むき出しの肌が炎で破られ激痛がもたらされた。
あぁ、なんて恐ろしいのだろう!!ナムターは不死身の超人なのだ!!
このまま抵抗を止めてしまえば恐怖に怯えることも無く、絶望に
打ちのめされることもなく、暫くの後に全ての感覚から解き放たれ
穏やかな死が俺達に訪れるのだろうか。「ナムター」の止め処ない攻撃に俺達は
みるみるうちに気力と体力を奪われていった。人間の理解を超越する存在と
対峙する無力感と苦痛に、次第に何も考えられなくなっていく。やがて意識が黒く
塗りつぶされていった。俺達には「ナムター」を倒すことは無理だったのだろうか・・・。

601 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:34:42 ID:???
閉じられようとする俺達の意識の中に、ふと、再会を誓い合って分かれた
「ジョーダン王子」の希望に溢れた笑顔が思い出された。王子はディルムンの
幸せな未来を語る時にはいつも勇壮で精悍な顔つきを和らげ、頬を紅潮させ微笑んでいた。
王子は今誇らしげに「キングズホーム」の城の玉座に身を沈めている。その隣には
父の無念を晴らし名誉を挽回する為に重い鎧に身を包み、白く細い腕を振り回し
大声を上げ解放軍を指揮していた「マイローラ王女」が白銀のドレスで美しく着飾り
幸せそうに微笑んでいる姿があった。赤く華やかな衣装を纏って2人の傍らに
佇んでいるのは「マイローラ王女」と双子の「マイリーラ王女」のようだ。
彼ら3人は穏やかに談笑していた。しかしその会話は俺達には聞き取ることは出来なかった。
彼らは気が付いていないが王子の頭上には「ナムター」に玉座を奪われ、
惨めに隠れ潜んだ「スネークピット」でミイラと朽ち果てた「ドレイク王」の亡骸が漂い
乾いた涙を流しながら彼らを見守っていた。今は冥界の住人となった「ドレイク王」の
ミイラだけがその場を見つめる俺達の存在に気が付き、何かを訴えようとしている様子だった。


602 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:36:22 ID:???
王が何を訴えているのか理解しようと精神を集中すると、景色が一転し、
「ジョーダン王子」が僅かな部隊と共に暗黒の平原で「リザードウォリアー」など
無数の怪物達を相手に奮戦している様子が俺達の頭の中にイメージされた。
王子は戦いに次ぐ戦いで激しく消耗し傷ついている様子だった。しかし、それでも
大声で部隊に必死に指令を出し剣を振るっていた。次に俺達の目に飛び込んで来たのは、
何度も「ナムター」軍との戦いの舞台になり、かつての繁栄の欠片もなく無残に崩れさった
「キングズホーム」の復興に尽力する「マイローラ王女」だった。王女は
汗と埃に塗れながらも、自ら作業の先頭に立って従事している皆を激励しており
その姿はとても凛々しかった。彼らだけではない。ディルムンの平和を望む
全ての生命が命を輝かせて、今自分に出来ることを力の限りに行っている様子が
めまぐるしく俺達の頭の中で駆け巡った。

突然「ドレイク王」がゾッとするような冷たさを持った死人の声無き声で
俺達の心に直接語りかけてきた。王は自分の不甲斐なさを悔やみディルムン大陸を
「ナムター」の支配に置かれてしまったことを痛惜していた。そして「ジョーダン王子」と
双子の「マイローラ」、「マイリーラ姫」に大変な苦労を背負わせたことを
心から悲しんでいた。俺達の心に語りかける王のミイラはピクリとも動かなかったが、
心を痛めうなだれているように思われた。暫くの沈黙があって、王の亡霊は俺達に
王子と王女達を頼むと告げると青白く強烈に発光し消滅した・・・。

603 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:37:37 ID:???
・・・ハッ!どのぐらいの間気絶していたのだろうか。それはほんの
瞬き程の時間のようだった。全身を伝う焦燥感に慌しく視線を彷徨わせると
「ナムター」は俺達に止めを刺さんと再び魔力を練り上げ灼熱の炎を投げつけるべく
構えているところだった。腕がちぎれるような激痛に耐え、必死で上体を起こし
視線を移すとそこには投げ出された「フリーダムソード」が転がっていた。
その白刃は横たえられながら、なおも煌々と輝きを放ち暗澹たる地獄を切り取り、
辺りに眩く暖かい光の空間を作り出している。今俺達が見たものはこの
「フリーダムソード」が幻視させたものだったのだろうか?
俺達は意識を失っていた一瞬に見た出来事に、世界中で「ナムター」と戦っている
人々がいることを改めて知ることが出来た。「ナムター」と戦っているのは決して
俺達だけではないのだ。そして「ナムター」を倒すことが出来たとしても
ディルムンの世界が復興し、その支配の爪後から抜け出すまでには
長い長い時間が必要になる。例え「ナムター」の命が潰えようと、人々の心に
癒しが訪れるまで戦いは続くのだ。だが人々は希望を捨ててはいなかった。
希望に満ち、その命を輝かせ自分に出来ることに全力を注いでいた。
しかし俺達は突然の「ナムター」の復活に怯え、萎縮し、自分達に
与えられた重責から軽々しく逃げ出すことを望んでいた。
俺達は自らの行為に悔恨し心の底から恥じ、自分達のなすべきことを
ハッキリと思い出していた。

光に吸い寄せられるように「フリーダムソード」に再び手を伸ばし
ゆっくりとその存在を確かめるように握り締めた。とても暖かい。
それは生き物のように昂然たる態度でエネルギーを脈打たせ力に溢れていた。

604 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:38:43 ID:???
ハッ!暗黒を突き破って走った炎が俺達に襲い掛かってくる!「ナムター」が
「インフェルノ」の呪文を完成させたのだった。だが俺達は回避運動に
残された力を注ぎ込み炎の一撃をやり過ごすことが出来た。
次の瞬間サンマジックの使い手が「メジャーヒーリング」を
ハイマジックの使用者が「グループヒーリング」を素早く唱え
俺達の肉体を高速で代謝させた。呼吸が整い、炎で焼かれた痛みが
押さえられていく。その様子をナムターは凝然と見つめていた。
俺達は全員が立ち上がり次の動作に備えている。死闘が再び始まった。

俺達は力の限りに剣を振るい矢を放ち、魔法を輝かせた。
囮になる者、隙を作る者、攻撃を加える者、それらを補助する者
俺達はこれまでの冒険で身につけ編み出した戦いの動作を
俺達だけにしか分からない秘密の合図で不規則に組み合わせ
「ナムター」を攻撃した。「ナムター」が生成する暗黒の炎はさらに
威力を増し、その直撃を受ければ一瞬で意識を失いそうになるほど
エネルギーが圧縮されていた。回避に失敗した仲間の悲鳴が耳を劈く。
だが、ドルイドマジックの使い手が仲間の傷を癒すために膨大な精神力を
消費し続けてくれていたおかげで、なんとか命を繋いでいた。俺達が
繰り出す攻撃魔法のほぼ全ては「ナムター」に対し無力に等しかったが、
精神を研ぎ澄まし、最高に精製したサンマジックの「レイジミスラス」の攻撃は
小さな太陽とも言うべき熱と光を持ち「ナムター」を怯ませる
エネルギーになり得た。激闘の中、矢継ぎ早に繰り出される強力な魔法により、
既に彼らマジックユーザーの精神力は何度も限界を迎えていたが、
精神的な癒しを与えてくれるマジックアイテム「ドラゴンストーン」が
その度に危機を救っていた。俺達は目の前に立ちふさがる何者も
打ち倒してきた戦いのリズムを取り戻していた。再び「ナムター」が目前に迫る。

605 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:39:45 ID:???
「ナムター」は優れた反応速度と敏捷性を持っていたが、休み無く浴びせられる
俺達の攻撃を前に、幾度か傷を負い徐々に緩慢さが増してきていた。
身を屈め突進し、気合と共に振り上げた「フリーダムソード」の一撃は
「ナムター」の胴体を掠めるだけに留まったが次の攻撃を繋ぐ隙を
作ることには成功した。大きくのけぞった体勢を整えようとする「ナムター」に
「レイジミスラス」の閃光が浴びせられた。凝縮された太陽のエネルギーは
暗黒の世界において益々輝き「ナムター」の胸を焦がし貫き「ナムター」は
一瞬短くうめき声を漏らした。そして膝を付き、くず折れたたまま絶命した。
再び戦いに決着が付き、先ほどまでの戦いがウソのように静まり返った。
二度目の死を迎え、「ナムター」が足元に倒れている。
今度こそきっと・・・と思いたかったが、だが俺達は
呼吸を整えただけで、緊張状態を解くことはしなかった
ナムターの死体に集まる黒く禍々しい力を感じ取っていたからだった。
ハッ!・・・!!また「ナムター」が起き上がった!!

「どうしたんだい?
 わたしの あたまは まだ ちゃんと
 からだに くっついているよ。

 はっはっはっ!!
 かかってきなさい!!」

606 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:40:47 ID:???
あぁ、なんということだ!!まるで悪魔の冷たい手に心臓を
鷲づかみにされたような巨大な戦慄!!やはり「ナムター」は
新しい命を手に入れて蘇ってきた。最高に膨らんだ恐怖の感情が
敵意をむき出しに俺たちに襲い掛かってくる。死神の囁きに思わず
全てを捨てて逃げ出したくなってくる。心の中は暗いイメージで満たされ
溢れそうになり、全身から生命の輝きを奪われてしまいそうだ。しかし俺達はもう
退くことはしなかった。「ナムター」に向かって踏み出した一歩は
暗黒の平原に響き渡れと言わんばかりの力強さで、それは命の続く限り、
体も心も恐怖で凍り付こうとも決して諦めることをしないという決意の表れだった。
俺達はもはや言葉とも聞こえぬ怒号を全身を震わせて発し、それを合図に
全員が「ナムター」へと突進していった。

俺たちの足元には今、もはや生前の形を判別することも難しいほどに
真っ黒に焼け焦げた死体が転がっている。恐るべき独裁者「ナムター」は
無残な姿で俺たちの睨みつけるような視線を無言で受け止めている。

「はっ・・・!!
 このしたいには まだ ちからが のこっているような
 きがする・・・。
 いっこくも はやく とどめをさしてしまわなければ!!」

607 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:41:48 ID:???
俺達は「ナムター」が再び復活する為にエネルギーを蓄えているように思えた。
だが体が殆ど炭になった今なら抵抗を受けることは無いだろう。
俺達はもはや肉体も精神も枯れ果て、顔面は表情を変えることすら
出来ないほどに引きつったままだったが、これで腕が千切れても
足が折れても構わないという思いで体を動かし、その一点を凝視し
渾身の力で「フリーダムソード」を「ナムター」の首に突き立てた!!
「フリーダムソード」は驚く程に滑らかに「ナムター」の首と胴体を、
ごとりと分離した。肉を切り裂く鈍い感触に確かな手ごたえを感じる。
肌に感じていたザワザワとした黒い気配は消え、「ナムター」に取り付こうとしていた
エネルギーは落ち着いたように思えた。俺達は切り落とされた「ナムター」の頭を
ズタ袋に無造作に放り込み袋の口を閉じた。その時だった。
俺達は突然不思議なエネルギーに包まれ、目の前が真っ暗になった。
突然の違和感に戸惑う俺達だったが、そのエネルギーに恐ろしい気配や
敵意は感じられなかった。むしろどこか暖かく俺たちを優しく包み込むような力の集合だった。
体がフワリと宙に浮き上がったかと思うと、抗う間もなく、次の瞬間
俺達は「ナムター」の玉座とは全く別の場所へ移動していた。

真の闇が支配するアンダーワールドの孤島で、女神「イルカナ」は自らに与えられた
魔力の大半を放出し激しく消耗していた。頭の中に暗闇が広がっていく。
歯を食いしばり意識を保つ努力を怠れば、一瞬で気を失ってしまうだろう。
たった今、彼女は「ナムター」のエネルギーが弱まったことを感じ取り、
「ナムター」をアンダーワールドの地獄の穴に放り込んでその存在を消滅させられるのは
力を失いつつある今を置いて他に無いと、神として与えられた全ての力で
「ナムター」と、「ナムター」の作り出した異次元で戦う冒険者達を
アンダーワールドに呼び込んだのだった。

608 :NAME OVER:2005/05/21(土) 22:42:51 ID:???
「イルカナ」はとても自尊心の強い神だった。神としてただそこにあるだけで
人々の信仰を集めていた彼女はディルムン世界に「ナムター」が出現した時に
激しい苛立ちを覚えた。「ナムター」が自らの力ではとても敵わない強大な
魔力を持った存在であることを直ちに悟り、ディルムンを蹂躙する「ナムター」に
手を出さないでいる自分から人々の信仰が離れていくであろうことが
簡単に予想出来たからだった。「ナムター」の出現から暫くの後、彼女の予想は
外れることなく、人々の絶望は神にすがる事さえ諦めさせるほどであった。

神としての存在を疑われることに耐えられなくなった彼女は、
「ナムター」に囚われる以前に何度か「ナムター」を攻撃しようと考えたこともあったが、
敗北が容易に想像出来る戦いを挑むほど彼女は愚かでも無謀でも無かった。
「ナムター」が存在する限り、彼女は終わりの無い理性と感情の相克に
苛まれ続ける運命であった。だがそんな時に彼らが現れたのだった。
「ナムター」の軍団によってプロガトリーに収容された他の難民と同じく
「ナムター」の奴隷として一生を終えると思われた彼らは、たくましい生命力で
プロガトリーを脱出しやがて彼女の元へやってきた。「イルカナ」は彼らと初めて
対峙した時に、ディルムン世界で長い間感じられなかった豊かな生命エネルギーに
触れたような気がした。「イルカナ」は彼らに興味を持ち、ディルムンについて
未熟だった彼らに手ほどきをし、やがて期待を込めて「フリーダムソード」の
話をしたのだった。そして彼らはディルムン世界を駆け巡り、ディルムンの世界に
わずかに残っていた「ナムター」に抗う人間達と協力し、力を付け、
見事に彼女の期待に応え、失われた「フリーダムソード」を復活させ「イルカナ」の
想像を超えた力まで手に入れ、「ナムター」にとって大いなる脅威に成長したのだ。
「イルカナ」は「ナムター」を倒せるのは彼らしかいないと思っていた。
「イルカナ」はディルムンの外から訪れた人間にすがっていた。
それを意識することは神としての彼女にとって自尊心を粉々に砕かれる
死にも等しい苦痛であったが、耐えなければならない試練であった。

609 :102:2005/05/21(土) 22:43:54 ID:???
「ナムター」の力が弱まり、「ナムター」が作り出した異次元世界が閉じられてしまえば
彼ら冒険者は永久にそこから出てくることは出来ないだろうと思われた。たとえ彼らを
助けたことが「ナムター」に知れ報復を受けるとも、ディルムン世界を、
自分を救ってくれるかもしれない存在をここで失うわけにはいかなかったのだ。
「イルカナ」はこの世に生を受けて初めて自分が完全で無いことを痛感していた。
「ナムター」に囚われ屈辱を受けた時にすら流れなかった涙が今
ディルムン世界の女神「イルカナ」の双眸に溢れていた。

ここはどこだろう?不思議なエネルギーによって飛ばされてきた俺達は
辺りの様子を慎重に検索していた。この空間は暗闇が支配し魔法の光が無ければ
一寸先も見えないほどだった。そして不気味なほど穏やかに静まり返っている。
はっ・・・!!そうだ、見覚えがあるぞ。ここはディルムン大陸の冒険中何度も訪れた
アンダーワールドなのだ。先ほどまでの激闘の疲労、おぞましい異次元空間とのあまりの
違いに俺達は少しだけ混乱を生じていた。しかしアンダーワールドにも
変化が生じているようだった。魔法の光で辺りを捜索すると地下世界に群生している
植物全てが何かを中心に全て同じ方向へなぎ倒され、ディルムン大陸の各地へ繋がる
無数の階段は全て粉々に砕けてしまっていた。アンダーワールドに何か大きな力が
働いたことは間違いないようだった。アンダーワールドには「ナムター」が生まれたという
地獄の大穴がある。そこに「ナムター」の死体を投げ捨てれば全てが終る。
俺達は「ナムター」の頭を納めたズタ袋に目をやった。ズタ袋はピクリとも動かなかったが、
僅かな生命の鳴動を俺達は感じていた。「ナムター」は頭だけの存在となった今この瞬間も
体を取り戻そうと悪霊に指令を送っているように思われた。

610 :102:2005/05/21(土) 22:45:46 ID:???
「ナムター」の死体を持つ俺たちをここへ呼び寄せた力は何者によって
もたらされたものだったのか、俺達には想像することしか出来なかったが
それはディルムン世界を大切に思う全ての存在のひとつであるように確信していた。

俺達は「ナムター」の頭を納めたズタ袋に注意を払いながら、飛ばされてきたすぐ側に
湧き出していた泉で僅かな休息を取った。地下に滾々と湧き出す、冷たく澄んだ水は
魔力と生命の源ともいえる不思議な液体で、「ナムター」との戦いで傷つき砕けそうになった
俺たちの体にじんと染み渡り根源的な癒しを与えてくれた。あぁ、俺達はまるで今始めて
この世に生まれたかのように瑞々しく活力に溢れ出した。さぁ、もう成すべき事は
全て分かっている。迷うことは何も無いのだ。俺達は地獄の穴に向かって走り出そうとした。
しかし、どうしたことかその時抱えていた「ナムター」の頭を入れたズタ袋が
猛烈な熱を発しだした。あまりの高熱に投げ出され、地面に転がったズタ袋は
激しく燃え上がり、まるで灼熱の溶岩流のようにドロドロと辺りの地面を溶かし、
飲み込み、そして意思を持っているように集まると人間の形を作っていった。

「ああっ・・・なんてことだ!!
 ふたたび ナムターが ふっかつしたぞ!!」

「きみは あれで もうすっかり
 わたしを たおしたきに なっていたのかい?
 なめてもらっては こまるね。

 さあ!!
 わたしの ともだちと たたかってみなさい!!」

611 :102:2005/05/21(土) 22:47:10 ID:???
「ナムター」はそう言い放つと何も無い空間を魔法で引き裂いて
「ホブゴブリン」の群れを、そしてなんと「ナムター」の忠実な僕、
「ヤングドラゴン」を呼び出したのだ!!「ナムター」はアンダーワールドにも
異次元の入り口を作り、幽閉したディルムン大陸の女神「イルカナ」の
監視役としてそこに「ヤングドラゴン」を一匹隠していたのだった。
ギエーッ!!おぉ!!耳を劈く咆哮と共に巨大な肢体を滑らかに操り
「ヤングドラゴン」が襲い掛かってくる!!「ナムター」に匹敵する恐ろしい相手だ!
だが今回の戦いでは暗黒の平原で協力してくれた「ドラゴンクィーン」はもういない。
あの気位の高いドラゴンの女王がそう都合よく何度も手を貸してくれるとは
とても思えなかった。

俺達は踏みつけようとする「ヤングドラゴン」の巨大な後ろ足から
素早い動作で逃れると散開し戦闘態勢を整えた。泉に宿った魔力の
おかげで筋肉の疲労が無い状態で戦えることと、「ヤングドラゴン」が
一匹だけなのが俺たちにとっての好条件であり希望だった。
「ヤングドラゴン」の首の動きに注意しながら、「ホブゴブリン」の群れを
一匹ずつ確実に仕留めていく。「ヤングドラゴン」に精神を集中する為にも
「ホブゴブリン」に手間取っていることは出来なかった。俺達は惜しみなく
強力な魔法を「ホブゴブリン」の群れの中心へ投げつけた。何度か魔法の爆発が
アンダーワールドに響き渡った後、戦闘空間に存在していたのは
俺たちと「ヤングドラゴン」だけとなった。

612 :102:2005/05/21(土) 22:47:59 ID:???
一呼吸置き、次の動作に備えようとするとする俺たちに「ヤングドラゴン」は
腹を膨らませ背中の翼を開くと一気に首を下ろし、地面すれすれまで顔を近づけてきた。
灼熱の炎で俺たちを焼き殺すつもりなのだ!!俺達が必死に隠れる場所を探す中、
「ヤングドラゴン」が口を開きガッチリと噛みあわされた牙が擦れ、
そこで起こった火花が喉に溜まったガスを爆発させ、爆炎が噴射した。
それは吐き出される炎の波というよりも稲妻に載せて炎が打ち出されたというほど
一瞬の出来事だった。辺りの灌木はすっかり焼け焦げ、炎の中心に置かれた
巨大な岩石は熱で形状が変化するほどの勢いと熱のエネルギーだった。俺達は
肺を焼かれないように呼吸を止め、それぞれが岩や窪みに身を隠し直撃を避けていたが、
それでも吹き飛んでくる岩の欠片や押し寄せる超高熱の波動にダメージを受けていた。
俺達は身を隠していた場所から飛び出すと障害物の少ない広い空間を最大に利用し、
全速力で全員が別方向に散らばり、それぞれの場所から「ヤングドラゴン」の注意を引いた。
そして狙われた者以外は全て等しく「ヤングドラゴン」の左足に攻撃を集中した。

「ヤングドラゴン」は周囲に散らばった人間達の攻撃はその一つ一つは
微々たるものだと感じた。「ヤングドラゴン」は狙いを定めた人間に向かって
首を伸ばし噛み殺そうとしたが、徐々に左足に痛みが広がっていることに気が付き
別角度から左足に攻撃を浴びせる他の人間に気を取られ、その度に
ターゲットを変えてしまった。左足を庇いながら人間を攻撃する「ヤングドラゴン」は
次第に苛立ち炎の息で人間達を一網打尽にしようと試みたが、左足に
蓄積された痛みに耐え切れず、その巨体をアンダーワールドに横たえた。
人間の攻撃に自慢の蒼く輝く硬質な鱗は突き破られ、巨体を支える足の筋肉は
無残にえぐられてしまっていた。「ヤングドラゴン」は搾り出すように
途切れ途切れに気味の悪い鳴き声をあげながら、尻尾や羽をもどかしく動かし
最後の抵抗を試みたが、遠距離から高速で放たれる矢の束や
攻撃魔法の嵐にやがて動けなくなっていった。

613 :102:2005/05/21(土) 22:48:58 ID:???
「ヤングドラゴン」の死に、異次元空間に身を潜めていた
「ナムター」が再びその姿を俺達の前に現した。

「よくも わたしの ともだちを ひどいめに
 あわせてくれたな。

 さあ!!
 こんどは わたしが あいてだ。
 かかってきなさい!!」

怒りに燃える「ナムター」の体は暗黒の平原で見せたような灼熱色では無く
りんと燃える緑の炎で不気味に包まれている。
「ナムター」の周囲に存在していたアンダーワールドに群生する植物
その周りで生活する小動物、昆虫達は、「ナムター」を包むオーラに触れた途端、
地獄の悪霊に命を吸われ一瞬でただれて腐ってしまった。暗黒のオーラは命を奪う度に
満足そうに膨れ上がり「ナムター」に新しいエネルギーを送り続けていた。
その恐ろしい光景を見ただけで、俺達の温かい血は一瞬で凍り付いてしまいそうだった。
「ヤングドラゴン」との戦いで体力を大幅に消費していた俺達だったが、
ここで「ナムター」を再び打ちのめせば、地獄の穴まで一気に到達できるかも
しれないのだ!俺達は互いに励ましあい、勇気を奮い立たせ「ナムター」と激突した!!

614 :102:2005/05/21(土) 22:50:10 ID:???
「ナムター」は新しい命を得るたびに信じられないほどに肉体が
たくましく成長を遂げ、精神が磨き上げられていた。4度目のぶつかり合いとなった
この戦いでは、暗黒の平原の奥に存在した玉座で最初に戦った「ナムター」とは
もはや比べ物にならないほど別人として彼は存在していた。「ナムター」の操る
「レイジミスラス」の魔法はサンマジックという枠を飛び越え、暗黒のオーラが
呼び寄せた邪悪なのエネルギーと絡み合いその形を大きく変化させていた。
「ナムター」の「レイジミスラス」が完成すると黒く燃える巨大な岩石郡が
どこからともなく出現し俺達に向かって飛散した。俺達の命を守る盾や鎧は、
矢よりも早く飛び込んでくる岩石の群れにほぼ無力であり、それは直撃を受ければ
体が吹き飛んであっという間に命が根絶してしまうほどの脅威だった。


615 :102:2005/05/21(土) 22:51:01 ID:???
俺達は「ナムター」の攻撃を致命傷にならないよう必死に受け流しながら、
ミクスマジックの使い手が発動させた「ザックススピード」の魔法により
手に入れた俊足を生かし、全員が流れるような攻撃を仕掛けていた。
だが、暗黒のオーラに守られ、さらに鉄か鋼かというほどに強固に変化した
「ナムター」の肉体を前に「フリーダムソード」や「レイジミスラス」以外の
攻撃はもはや全く役に立たない状況に困惑していた。怒りに震え地獄を体現する
「ナムター」だったが、しかしその攻撃は正確さを失い乱雑で粗暴だった。
腕を振り回し力任せに殴りつけることが多くなっている。死を超越し
何度も蘇ってきた「ナムター」だったが、今までの戦いにみられた
余裕な態度は見受けられなくなっていた。「ナムター」は明らかに
「フリーダムソード」による攻撃を嫌い、その対応に集中するあまり、俺達の他の攻撃に
頓着しなくなっていた。俺達は「フリーダムソード」の担い手を守る為に、「ナムター」の
注意を分散させる必要があった。戦いの隙を突いてハイマジックのユーザーは
直接攻撃に加わる者全員の武器に「ミスティックマイト」の力を付与した。
魔力を与えられ研ぎ澄まされた武器は炎で燃え上がり、「ナムター」の暗黒のオーラを破り
僅かに「ナムター」を傷つける力を与えられた。魔法で鋭さを増した武器に
「ナムター」は俺達全員の攻撃を無視することが出来なくなり、飛び来る魔法の矢の嵐や、
新たに直接攻撃に加わった者の対応に焦りだしていた。俺達は暗黒のエネルギーによって
強化された「ナムター」のレイジミスラスを警戒しつつ、隙をうかがった。


616 :102:2005/05/21(土) 22:52:03 ID:???
「ナムター」はもはや怒りの感情に支配され冷静な判断が出来なくなっていた。
自らの力に絶対的な自信を持っていた「ナムター」は、この世界に誕生して以来
それを揺るがす存在に初めて直面し怯えていたが、彼は怯えるという感情を
理解出来なかった。彼は全ての生物の頂点に立つべき「ナムター」という存在に
支配されるべき下等な生物がたて突き、刃を向けるとはなんという恥知らずなのだと思った。
彼は奴隷の反逆を許すことが出来そうになかった。自分を傷つけ苦痛を与える人間達を
どうやって殺すのが一番苦しみを与えられるのか彼はずっと考えていた。そして彼は
自らの両手で人間達の体と首を捻じ切り魂と肉体を分離させるのが最も理想的だと結論した。
「ナムター」は背後から容赦なく浴びせられる攻撃を全く無視し、一番近くにいた
人間の前に両手を大きく広げて立ちふさがった。そして目にも留まらぬ速さで
人間の首を掴み自らの力を誇示するように片手で獲物を高く吊るし上げた。
掴んだ手のひらから人間の微弱な生命の振動が伝わってきた。人間は
手足を必死に動かし束縛から逃れようとしている。彼が少し腕の筋肉に力を
入れるだけでこの人間の生命活動は停止するだろう。「ナムター」は人間の
もろさを感じ取り、やはり自分が脅威に感じるほどではない、取るに足らない
存在だと思った。そして人間は奴隷としても役に立たない自分の支配する
ディルムン世界には不要で厄介な生き物だと考えていた。
彼は他のあらゆる存在の生殺を司る立場に再び自分がいることを確認すると
満足そうに口元を邪悪に歪めて微笑んだ。「ナムター」にとってそれは
瞬くほどの時間だったが、しかし人間達にとっては「ナムター」を攻撃するのに
十分な時間が与えられていた。「ナムター」が腹部に覚えた違和感に目をやると
見覚えのある白刃が突き刺さり「ナムター」の命を絶っていた。

617 :102:2005/05/21(土) 22:53:34 ID:???
あぁ、俺達は再度地獄から生ある地上へ這い上がってきた気分だ。
「ナムター」の邪悪な体は再び静かになった。だがいつまでもつのだろうか・・・?
戦いに次ぐ戦いで俺達は全身が傷つき乾いて生命は枯れ果てそうだった。
目は霞み視点を定めることすら難しい。俺達は失われた体力と気力を取り戻そうと
魔法の泉を求めていたが、誰もがその場所を記したアンダーワールドの地図を
広げようとはしなかった。魔法の泉で休息する時間は俺たちには与えられていないことを
誰もが知っていたからだった。肉体の限界にうずくまりひざを付いていた俺達は
次々に立ち上がり地獄の穴を目指す。お互いを励まそうとする声は声にならず
ヒュウヒュウと乾いた耳障りな響きにしか聞こえなかったが、何を伝えたいのかは
皆理解していた。「ナムター」の死体を引きずり、ゆっくりと這うように
地獄の穴を目指して進む俺たちに、アンダーワールド特有の重く冷たい空気が震えて
どこからか声が伝わってきた。

「よく きけ!! ナムターは ふじみだ!!
 やつを たおすためには そのしたいを
 じごくのあなに ほうむるしかない!!

 いそげ!!
 さもないと ナムターは かならず
 ふっかつするだろう。」

聞き覚えのある高音の響きはディルムンの女神「イルカナ」の声だった。 
女神は興奮気味に一気にまくしたてていたが、彼女のメッセージを受け取る俺達は
逆にとても冷静で心の中で分かっていると応えるだけだった。声を出す力があるなら
足を動かすエネルギーに回し、俺達は確実に地獄の穴に向かっていく。


618 :102:2005/05/21(土) 22:54:29 ID:???
ディルムン世界に存在する災厄の全てを生み出したと言われる大穴は
アンダーワールドの彼方、何者も進入を阻む絶壁の奥に存在している。
地獄の大穴と呼ばれる無限に続く暗闇の亀裂は光の届かないアンダーワールドの
奥底にあってなお不気味に暗く、恐ろしく冷たい空気を吐き出し、吸い込み
怪しく呼吸している。穴の最果てがどうなっているのか知る者は無く
一度落ち込んでしまえば、もう二度とこの世界に這い上がってくることは
不可能に思われた。俺達は今その大穴の目の前に立っていた。
この穴に「ナムター」の死体を投げ込めば全てが終る。「ナムター」による恐怖の
支配から人々は解放され、暗黒の時代が終わりを告げるのだ。そして俺達の
ディルムン世界での冒険も幕を閉じるだろう。今こそ決別の時だ・・・

「やめろっ!!」

「とつぜん ナムターが ものすごい ぎょうそうで
 おきあがってきた!!

 じごくの さけめには ちかづくな!!
 わたしの めいれいが きけないのか?

 そうか・・・ それなら すきにしろ。
 ただし わたしに さからって ただですむとは
 おもわないことだ。

 さあ かかってこい!!
 こんどこそ ようしゃは しないぞ!!」

619 :102:2005/05/21(土) 22:55:16 ID:???
「ナムター」の体からは動物の死骸のような酷い腐臭が漂い、彼を包んでいる
暗黒のオーラは蒼白く弱々しく波打っていた。
地獄の大穴に転落するということは人知を超越した「ナムター」でさえ
存在の消滅を意味する。「ナムター」は何故か本能的にそれを悟っていた。
「ナムター」は直前の戦いで激しく生命エネルギーを消耗し、再度
肉体を形成するのに十分なエネルギーを蓄えることは出来ていなかったが
兎も角忌まわしい人間達が自分の亡骸をこの永遠に続く暗闇の渦に投げ込むことを
阻止しするのが最も緊要なのだと、朽ちた体に取り付き死の渕から蘇ってきたのだった。

「ナムター」は一歩でも俺たちを地獄の大穴から遠ざけようと、むくりと立ち上がるや
すぐさまサイクロンの魔法を唱えて俺たちを暗黒の亀裂郡から遠ざけ、戦闘の場所を
移そうと必死だった。俺たちに残された体力はとても僅かなもので、気力は
肉体を支えることだけに注がれていた。それでも各々が最も得意とする武器を構え、
「ナムター」を睨みつけ戦う意思を明確に示していた。ディルムン世界の仲間と共有された
揺ぎ無い精神だけが俺達の肉体活動を続けさせていた。魔法の竜巻に吹き飛ばされた俺達は
亀裂に落とされないよう体を動かし体勢を整えることも満足に出来ないほどだったが
肉体の限界、それは「ナムター」も同じ様子だった。「ナムター」が今直面している
肉体の危機は俺たちにもハッキリと分かった。「ナムター」の皮膚は蒼白い炎に溶けて
筋肉がむき出しになっている。十分な生命エネルギーを獲得できずに存在を維持できない
「ナムター」の体はぶくぶくと泡立ち蒸発を開始していた。これが最後の戦いになる。
俺達はそう確信した。俺達の目に映るものは「ナムター」だけだった。
耳に聞こえてくるものは地獄の大穴がゆっくりと呼吸する不気味な風の音だけだった。

620 :102:2005/05/21(土) 22:56:59 ID:???
俺達はバックパックの奥に転がっていた最後の「ドラゴンストーン」をがっしりと握り締め
手の平に精神を集中させ、その中に蓄えられていた魔力を解放した。「ドラゴンストーン」の
魔力によってフリーダムソードの使い手とサンマジックのユーザーを回復させると
他の仲間は全て彼らを「ナムター」の攻撃から守る為に身を投げ打って
盾としての役割に全力した。「ナムター」の魔術を警戒する俺達は「ナムター」の
腕を切り落とそうと何度か試みたが、遠距離からの弓や魔法ではやはり決定的なダメージを
与えるに至らなかった。懐に飛び込もうと突撃する俺たちに向けて
「ナムター」が操る怨念の篭ったレイジミスラスがその命をもエネルギーの一部として
加えて何度も打ち出された。灼熱を纏った岩石の群れはその勢いで俺達の手足を砕き、
熱で目を焼いたが、それでも俺達は前に前に進み地獄の穴に向かって「ナムター」を
追い詰めていった。地獄の穴に落ちるという恐怖に自我を失い感情を制御出来なくなった
「ナムター」は何度も意味不明な悲鳴を短くこぼしながら、湧き上がる怒りと憎しみの
赴くままに目に映るもの全てを攻撃していた。「ナムター」の目には射抜くような鋭さと
燃え上がる野望の光は既に失われどこか焦点がずれて黒く濁っていた。「ナムター」の体は
既に左半身が蒸発して消え去ろうとしている。「ナムター」はもはや自分が
何者と戦っているのかも理解できないほどに精神が不安定になっていたが、
走り来る影に恐怖し肉体の消滅が加速するのも厭わず、再び魔力を集め
邪悪な閃光を投げつけた。

621 :102:2005/05/21(土) 22:57:55 ID:???
「ナムター」の放ったレイジミスラスはサンマジックのユーザーが
精神の限界を超えて最高に研ぎ澄ました魔力で放たれた高純度なレイジミスラスと
空中で激突した。サンマジックのマジックユーザーは莫大な精神を消費し、
意識を覆う黒い影に抵抗する力を失いその場に倒れこんだ。
灼熱の閃光と邪悪で練り上げられた炎は混ざり合うと、弾けて打ち消しあい
消滅しようとしたが、お互いが相容れない存在だと知ると激しく反発し大爆発を起こし、
轟音と共にアンダーワールド全体を振動させ、地獄の穴の周囲に新たな亀裂を作り上げていた。
瓦礫に塗れ、未だ立ち上る爆炎の中フリーダムソードの使い手は朦朧とする意識を
必死に繋ぎ止め、目を開き、煙る大地を掻き分け「ナムター」の位置を確認しようと必死だった。
隣には自分を庇って爆発に巻き込まれた仲間が耳から血を流しグッタリとした様子で
倒れていた。フリーダムソードの使い手は仲間に向け張り付いた視線を
引き剥がし再びナムターを探そうとした時に心が張り裂けそうだった。
「ナムター」にとってもこの爆発は予想外だったはずだ。「ナムター」も
完全な状態で無い今、この大爆発の中で無傷でいられるわけが無いと思われた。
「ナムター」を攻撃する最後のチャンスは今をおいて他にはない!!仲間は皆
今の爆発に傷つき力尽きてピクリとも動かない。あぁ、駆け寄って
助け起こしてやりたい衝動を必死に胸の奥で押し留める。今動けるのは
自分ひとりしかいない。しかし、今仲間に駆け寄ったら俺は彼らに殴り飛ばされ
二度と共に冒険する資格も失うだろう。今は「ナムター」に止めを刺すのが
何より優先されるのだ!!その時だった。まるで俺の思いに応えるように
握り締めたフリーダムソードの剣先から真っ直ぐに何かに向かって光の筋が延びていた。
この光の示す先に「ナムター」がいるに違いない!!

622 :102:2005/05/21(土) 22:59:08 ID:???
「ナムター」は体を地面に密着させた姿勢で爆風を耐えていた。「ナムター」は今の爆発で
自分に迫る脅威は消滅したのではないかと考えた。あの爆発に耐えられるのは
この世界で自分以外にいないと思ったからだった。「ナムター」は自分が生き残ったことで
少し精神に落ち着きを取り戻していた。だが、人間の何倍も優れた視力が
炎に燻るアンダーワールドの大地に立ちすくむ人間と忌々しいフリーダムソードの
輝きを認めると、再び憎しみの衝動が心に沸き上がり、何も考えられなくなり
目の前の人間を殲滅する為に獣の咆哮を上げて飛び出していった。


623 :102:2005/05/21(土) 23:00:16 ID:???
最初に仕掛けたのは「ナムター」だった。煙に紛れて勢い良く振り下ろされた「ナムター」の
左腕は人間に回避する時間を与えず、装備されていた「マジックプレート」を易々と熱で溶かし、
人間のわき腹をゴッソリとえぐることに成功した。腹を破り鮮血に染まる腕にナムターは勝利を
確信した。しかしそれはフリーダムソードの使い手が望んだことだった。フリーダムソードの
使い手は光に輝く剣を両手で柄頭と鍔をシッカリと押さえ、突き刺す姿勢を保ったままで
「ナムター」が攻撃してくるのを待っていたのだった。フリーダムソードの使い手は
激痛に意識を閉じてしまわないように、魂を振り絞って発した裂帛の気合と共に
フリーダムソードを「ナムター」の首に向けて打ち出し突き立てた!!そしてその勢いを利用し
肉体に残った全ての力を使い、肩から「ナムター」にぶつかっていった。「ナムター」と
じかに接触した体の大部分がじゅうじゅうと焼け焦げる。想像を絶する痛みに
たまらず絶叫するが、それでも体を離さず全体重を傾けて「ナムター」を地獄の穴へと
ずいと押しやっていく。「ナムター」のすぐ後には地獄の大穴が生暖かい空気を
噴き上げながら口を広げて佇んでいる。後一歩地獄の穴の手前まで「ナムター」を押しやると
フリーダムソードの使い手は「ナムター」の首に突き立てた剣に手をかけ、そのまま
「ナムター」の腹に足を立てて力いっぱいに引き抜くと次の瞬間、横一線に薙ぎ払った。
ディルムンに生きるもの全ての願いを乗せた、フリーダムソードの一閃は天と地を
分かつような衝撃と素早さでアンダーワールドに光の軌跡を描いて、
「ナムター」の首を弾き飛ばした。それは一瞬の出来事だったが、
フリーダムソードの残像に見えた輝きはどこまでも白く、まるでそこだけ空間が
裂けているようだ。その空間の先には俺達の知らない新しい世界が広がっている、
そんな気がしていた。

頭を失い、ぐらりと大きくバランスを崩した「ナムター」の体は体勢を立て直そうと
地面に手を伸ばしたが、彼の手はもう蒸発して殆ど消えかかっていたし
そこはもう地獄の裂け目の上だった。

624 :102:2005/05/21(土) 23:01:29 ID:???
足元には地獄の支配者「ナムター」の頭が転がっている。「ナムター」は何かに驚いたように
目を大きく見開いたまま絶命しているが、このまま放置すれば体を失ったとはいえ
やがて力を蓄えて再生するに違いない。いや!!間違いなくナムターは再び
生命を取り戻そうと試みているようだ。フリーダムソードの使い手は無造作に
「ナムター」の頭を掴み上げ、僅かな時間改めてその顔を凝視した。そして
視線を地獄の穴の中心へと移し「ナムター」の頭を地獄の裂け目に突き落とした。

「ウギャーッ!!」

地獄の裂け目に落下する直前意識を取り戻した「ナムター」が
おぞましい叫び声を響かせながらアンダーワールドの奥深くへ落ちていった。
「ナムター」は今俺たち、ディルムンの人間達が感じたような恐怖や絶望を
感じているのだろうか。地獄の裂け目の渕に立つフリーダムソードの使い手は
その様子を感慨深げに見詰めていた。気が付くと「ナムター」を飲み込んだ地獄の穴からは
吹き上げていた生暖かい風がいつの間にか止んでいた。ディルムンの世界を
恐怖で支配しようとした「ナムター」の野望はここに潰えたのだ。もう二度と
地獄の底から這い上がってくることは無いだろう・・・。
フリーダムソードの使い手は自らに与えられた使命を果たした充実感で
とても幸せだった。彼は暫くの間「ナムター」の頭を投げ捨てた地獄の穴を見つめていたが
やがて振り返り仲間の元へと歩き出した。


625 :102:2005/05/21(土) 23:02:44 ID:???
──────────────エピローグ───────────────

「きょうふせいじは おわった!!

 ナムター めつぼうの しらせを きいて
 プロガトリーの ほりょたちは
 おどりくるって よろこんだ

 だれもが うしなわれていた じゆうを とりもどそうと
 どくされた としを やきはらった。

 あたらしい じだいが はじまる!!
 かつりょくに みちた
 うつくしい へいわな じだいが・・・。」


「ナムター」との決戦で致命傷を負い、地獄の穴の前で命尽きようとしていた俺達を
介抱し救ってくれたのは「ジョーダン王子」の軍隊だった。暗黒の平原で共に戦った
王子とその軍隊もまた女神イルカナによってアンダーワールドに呼び込まれていたのだった。

俺達は「キングズホーム」に運び込まれ治療を受け、手厚く看護されていた。
体力を回復した俺達から話を聞き、状況を理解した王子はすぐに軍隊を
率いて「キングズホーム」を出発し、まずは「プロガトリー」解放に向かった。
支配者「ナムター」が倒されたことを知ると、「プロガトリー」に奴隷として収容され
厳しい労働に従事させられていた人々は奮い立ち、「ジョーダン王子」の軍団と共に
街を管理する「ナムター」の軍団を打ち滅ぼしたのだった。「プロガトリー」が陥落し
「ナムター」滅亡の知らせがディルムン中を駆け巡るのにそう時間はかからなかった。

626 :102:2005/05/21(土) 23:03:43 ID:???
「ナムター」が滅んで暫くの時間が経った。人々は暗黒の時代の終焉に沸き
幾日も喜びを隠すことなく笑い、歌い踊り、宴を繰り返した。ディルムン世界の人間が
人間らしく暮らせる時代が訪れたのだ。俺達は傷が癒えた後も
「キングズホーム」に身を寄せ、その復興の手助けをしていた。「ナムター」の軍団に
荒らされ廃墟のようだった「キングズホーム」にも徐々に活気が戻り
世界のあちこちでも同様に新しい幸せなディルムン世界が生まれつつあった。
ディルムンの大地に染み込んだ邪悪な気配が浄化されていくようだった。
人も動物も植物も、ディルムンに生きる命の全てが希望に満ちて輝いていた。

やがて「ジョーダン王子」の願いにより「キングズホーム」で「ドレイク王」の葬儀が始まった。
「スネークピット」で朽ちていた王のミイラは丁重に棺に納められ
「キングズホーム」の中庭に埋葬された。人々は喪に服しディルムンは再び
悲しみに沈むかと思われたが、王の葬儀が終った次の季節には「ジョーダン王子」の
戴冠式が盛大に執り行われ、ディルムンは新たな指導者を得て大いに喜びに溢れかえった。
ジョーダン王子は優秀な指導者となり、人々を正しい方向へ導いていくだろう。
そして「ナムター」が滅びてから全ての季節が一巡りする頃・・・。


627 :102:2005/05/21(土) 23:04:55 ID:???
「われわれは こうふくな ディルムンを さり
 ふたたび あらたな ぼうけんに でることにした。」

俺達がディルムンの世界に出来る事はもう何も無かった。
ディルムン世界を救った英雄として歓迎され多くの尊敬を集めた俺達だったが
俺達がディルムンにいる限り、人々は俺達の姿を目にするたびに
「ナムター」に支配されていた辛く苦しい暗黒時代の記憶を蘇らせてしまうだろう。
俺達がこれ以上長くディルムン世界に留まることは、新たな幸福な未来に向けて
動き出したディルムンにとって決して望ましいと思えなかった。そして
俺達は何よりも新しい冒険を求めていることに気が付き始めていた。
それは幸福なディルムンにいる限りは経験することの出来ない可能性だった。

俺達はジョーダン王に考えを伝え、「フリーダムソード」を
「キングズホーム」に納めディルムンを去ることにした。「ジョーダン王子」は
王となって日の浅いながらも、その身に圧し掛かる民衆の期待に
押しつぶされることなくよく働き、経験を積みたくましく成長を続けている。
双子の「マイリーラ」「マイローラ王女」も彼を優しく支え力となっていた。
彼は今や立派に王としての威厳も感じられるほどだったが、俺たちが話を切り出すと
ぶるぶると肩を震わせて、目を真っ赤にして声を詰まらせた。
しかしジョーダン王は決して俺達を引き止めることはしなかった。王は自分に
与えられた使命をよく理解し俺達の考えを受け入れてくれたのだった。そして
すぐに盛大な宴が催された。宴は夜を徹して行われ、ディルムンの新たな王と俺達は
大いに笑い何度も抱き合い、話をして、そして泣いた。王と冒険者の立場を超えた
友との別れの時間だった。

そして俺達がディルムンを旅立つ日がやってきた。


628 :102:2005/05/21(土) 23:06:03 ID:???
「ありがとう!!
 きみたちのおかげで ディルムンは すくわれたのだ。
 きみたちは ディルムン いちの えいゆうだ!!

 ジョーダンおうじは えがおで
 われわれの かどでを しゅくふくしてくれた。

 そして ふたごの マイリーラ・マイローラおうじょは
 めに なみだをうかべて かすれごえで ささやいた。

 どうしても ここを でていくのね・・・。
 あなたたちのことは いつまでも いつまでも
 わすれずに いるわ・・・。」

裸一貫で「プロガトリー」のスラムに放り出され絶望に打ちのめされたあの時から
ディルムン世界で過ごした今日までの思いが溢れるほどに心に映し出されていく・・・。


629 :102:2005/05/21(土) 23:07:17 ID:???
「だれもが わかれを おしんだが
 われわれは まどう こころを たちきるように
 ドラゴンジェムを そらたかく かかげた。

 すると あっというまに じかんと きょりを
 とびこえて ドラゴンクィーンが あらわれた。」

 どうしても たびだつと いうのか?
 それなら おともしよう。
 わたしの せなかに のりなさい!!」

ディルムンに生息するドラゴン族の聖地「ドラゴンバリー」で契約を交わしたあの時、
ドラゴンの女王はこう言った。「だが私は本当に必要な時にしか現れない、
その事をよく覚えておけ」と。しかし彼女は自らの意思で時間と距離を飛び越え
出現した後で一度だけ俺達に問いかけた。ディルムン世界最強の生物の心に
どんな変化が訪れたのかは俺達が知りえるはずも無かったが、俺達は
その問いに笑顔で頷いた。

630 :102:2005/05/21(土) 23:08:15 ID:???
「ドラゴンクィーンは われわれを のせると
 ものすごい いきおいで そらに まいあがった。

 そして せかいじゅうに とどろくような
 なきごえを あげ みをよじった。

 ギエーッ!!

 ゆうしゃたちを つぎの ぼうけんへと みちびくのが
 うれしくて たまらないようだ。

 われわれは ディルムンの しまじまが だんだん
 ちいさくなっていくのを みおろしながら
 つぎの ぼうけんに むねを ふくらませていた。」

俺達は「ドラゴンクィーン」の背中から身を乗り出し、二度と訪れることの無い
美しい世界をいつまでもいつまでも見つめていた。


         ≪The End≫

631 :102:2005/05/21(土) 23:09:35 ID:???
最終回でした。ナムターの戦い〜ラストまではゲーム中だと戦いの連続なので
そのまま書くとかなり淡白な印象になってしまうと思い、ゲーム中に
語られていない部分はかなり勝手な解釈で理由をつけて色々結びつけてしまいました。
一応、ゲームの設定を大切に雰囲気壊さないよう気使ったつもりですが。
そんなことしてたら結構なボリュームになってしまい、随分公開が
遅れてしまい、待っていて下さった方々本当にスミマセンでした。
考えてる方が長くて実際に書いてる時間は短いんだけどね・・・。

それにしても・・・あぁ!!何度個々にキャラクターを設定して台詞を
与えてしまおうと考えたことだろうか。無口なキャラクターとナムターの
台詞だけで5回も戦闘させるのは大変でした。でも喋ったら
なんか違うよね。喋らせるなら最初から喋らせないと変だしね。
本当は最初から後半の文体でリプレイをかけたらよかったんですが。
最初と最後でまるで違いますからね。このりプレイは。



632 :102:2005/05/21(土) 23:10:36 ID:???
リプレイを書いている間、時々、なんで俺は毎日こんなにドラゴンウォーズの
ことばっかり考えてんだ?などと冷静になってしまい、ず〜っと書かない
時間もあったりしたんですが今思えばそれも含めて楽しい時間だったと思います。
リプレイに使わなかったけど、恥ずかしくて言えないようなトンデモ設定とか
沢山考えたんだよ!俺は昔のRPG好きでファミコン好きで、ドラゴンウォーズは
まだ遊んでいないRPGの中で気になっていただけのソフトだったんだけど、
このスレのおかげで一気に忘れられないソフトになっちゃったね(笑)
俺にドラゴンウォーズをプレイするキッカケを与えてくれて、リプレイを書く場所を
提供してくれた
>>1
さんには感謝してますよ。
俺もこのスレも保存しちゃおっかな(笑)

最後に、このリプレイ・・・というか最後の方はほとんどお話なんだけど
読んでくださった全ての人に感謝します。レスをくれた皆さんとても
嬉しかったです。貴方達のレスが無ければ俺は最後までリプレイを
書くことは出来なかったでしょう。俺の稚拙な文章が少しでも
ドラゴンウォーズ好きな人に楽しんでもらえたなら最高です。

633 :NAME OVER:2005/05/21(土) 23:57:22 ID:???
>>632
はっきりいってウザイ。
オナニーしたかったら同人誌でやれ、モマイのやってることは荒らしとかわんねぇよ。

634 :NAME OVER:2005/05/22(日) 00:44:42 ID:???
>632
乙華麗。
今まで楽しく読んでた。

635 :NAME OVER:2005/05/22(日) 04:15:43 ID:???
最終回キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
102乙!蝶乙!

636 :NAME OVER:2005/05/22(日) 10:14:50 ID:???
>632
1年半ごしの完結乙です。

637 :NAME OVER:2005/05/22(日) 10:22:59 ID:???
>>633

このスレ初の荒らし乙

638 :NAME OVER:2005/05/22(日) 12:01:11 ID:???
ウンコクサイ自己満足の長文乙

639 :NAME OVER:2005/05/22(日) 12:59:29 ID:???
オナニーなら他所でやれ
ツマラン妄想垂れ流すなよっての
カスはほんとどうしようもねぇな
レスしてる奴等もキモイ

640 :NAME OVER:2005/05/22(日) 14:26:12 ID:???
>>632
二度とくるなyp

641 :NAME OVER:2005/05/22(日) 14:39:30 ID:???
やれやれ・・・
折角の完走だっつーのに酷いレスがついたもんだ
1人で自演頑張っているがそこらへんにしておけよ

642 :NAME OVER:2005/05/22(日) 14:51:58 ID:???
>>102
ファミコン版初プレイ中で、とりあえず自分の進んでるトコまでしか読んでないが。

643 :NAME OVER:2005/05/22(日) 17:40:37 ID:???
>>641
( ´,_ゝ`)プッ
叩きは全てジサクジエンでつか?
病院いっとけよw

644 :NAME OVER:2005/05/22(日) 20:01:55 ID:???
>>641
キチガイは放置で。
レスは全て彼らにとって栄養になります。


645 :NAME OVER:2005/05/22(日) 20:10:54 ID:???
>>633
>>638-640
>>643

この煽られてすぐ反応しちゃってる分かりやすい自演くんは
自分の方が面白い話を書けるとでも思ってんだろw
ネタの一つも提供出来ないで文句垂れるだけのキチガイと
102のどちらがウザイかなんて
ワザワザ書く必要も無いほど明らかだと思うが
というかなんでここいんの?

646 :NAME OVER:2005/05/22(日) 20:13:11 ID:???
マジレスすると>102の書いてるものに何の興味も無い人間にとっては
えらく迷惑なもんにしかすぎないんだが・・・・・
ああ言うのが書きたいんなら、どっかにページつくってそこでやって
ここにはurlだけ張ってくれんかのう。

647 :NAME OVER:2005/05/22(日) 20:21:44 ID:???
>>645
燃料乙。自作自演の意味判ってる?
キミみたいなレスを>>633、638-640、643がマッチポンプで書き込んだ時のことを言うんだよ。

648 :NAME OVER:2005/05/22(日) 23:48:47 ID:???
>>632
乙でした。

649 :NAME OVER:2005/05/22(日) 23:58:07 ID:???
乙。クリアしてないから読んでないけどいつか読むかも。

650 :NAME OVER:2005/05/23(月) 00:46:09 ID:???
102氏の長文が完結した以上、あとは落ちるの待つだけの過疎スレだしね
バーズテイルもおちちゃったし

651 :NAME OVER:2005/05/23(月) 03:23:25 ID:???
>>632もとい>>102
1年以上に渡ってのリプレイおつ。
待ってた甲斐はあったようだ。
ゲーム途中なんでコピペだけして、あとで改めて熟読させてもらおうかな。
一体誰がやってるんだか、てなゲームの話だが、
このスレで出会えたことを感謝するよ。
本当におつかれ。ありがとう。

アンタのこれからの新しい旅に幸あらんことを。

652 :NAME OVER:2005/05/23(月) 04:04:56 ID:???
真フリーダムソードになってからどうも敵が強すぎると思ったら
途中からまったくポイント振ってなかった

だって装備でなんとかなっちゃうからさ……

653 :NAME OVER:2005/05/23(月) 10:48:47 ID:???
長文書きクソもレス番でなくトリップ付けといてくれればこっちで
アボーン出来たから、こんなには叩かれなかったろうになw

654 :NAME OVER:2005/05/23(月) 10:56:55 ID:???
>>632
乙。面白かったよ。

655 :NAME OVER:2005/05/23(月) 13:57:29 ID:???
いままで叩かれてなかったものが急に叩かれてる時点で一人だって証明だろう、1月発言がないような過疎スレでは。

656 :NAME OVER:2005/05/23(月) 18:26:07 ID:???
キチガイは放置。


657 :NAME OVER:2005/05/23(月) 18:41:00 ID:???
>>655
なんの証明にもなってねぇよそんなもんw
実際今回は長すぎて漏れも多少むかついたし。

658 :NAME OVER:2005/05/23(月) 18:41:20 ID:???
真フリーダムソードを手に入れた後って
なんとなくそれまでのワクワク感が薄れたな
もう世界の殆どを巡ってしまったからだろうか

659 :NAME OVER:2005/05/23(月) 19:07:08 ID:???
ナムターをポイ捨てした事とかは覚えてるんだけど
フリーダムソードって名称を全く覚えていない俺ガイル。

うーん・・・クリアしたのになぁ。98版だけど。


660 :NAME OVER:2005/05/23(月) 19:20:31 ID:???
>>657
なんの証明にもならないことを証明できない子供乙w

盛り上がっていた話題の途中にリプレイが挟まれたわけでもないし
頻繁な書き込みも無く過疎化が進むスレだったのに
何故話題も出さずにいたお前がむかつくのか理解できんw


661 :NAME OVER:2005/05/23(月) 19:32:08 ID:???
>659
PC98版だとフリーダムソードは無くてもクリアできる(した)ので、多分とってないんじゃない。
攻略本によるとアンダーワールドにあると書いてあるけどどこかは不明。

662 :NAME OVER:2005/05/23(月) 20:56:11 ID:???
>>661
うーん、なるほど。
その手の最強武器がある事自体を知らなかったから、多分そうなんだろう。
ありがとう。


663 :NAME OVER:2005/05/23(月) 22:57:17 ID:???
>660
じゃぁ藻前が無記名掲示板での発言が何人でされてるかちゃんと証明してみろツーのw
煽りしかできないヵは師寝よw

664 :NAME OVER:2005/05/23(月) 23:01:55 ID:???
>662
いや、どっかの街で偽のフリーダムソードあったしょ?
触ると死ぬやつ。
フリーダムソードの存在自体は何度かほのめかされてたと思う。
ナムターを倒すのに必要だとかなんとかで。

665 :NAME OVER:2005/05/24(火) 07:18:27 ID:???
>>660
> > 6 3 2 必 死 だ な ( ワ ラ

666 :NAME OVER:2005/05/24(火) 07:46:03 ID:???
久しぶりに巡回したら完結してたーーーーー!

>>102
お疲れ。

667 :NAME OVER:2005/05/24(火) 07:48:39 ID:???
102タソおつでした。(´∀`)
最後のは実に読み応えがあって、リプレイというより小説みたいですた。
もうこれで終わりかと思うと、一抹の寂しさを禁じ得ません・・・。
また何処かで、貴方の文章が見られる事を願いつつ。

本当におつ!

>>664
あのエピソードも好きだったなぁ。
自由剣のお陰でナムターの影響を受けていないとされている都市だったのに
実は既にナムターの手が回っていたと言う。
そしてそれが知れ渡ると、一気に住民が逃げ出して廃墟になる所なんか特に。w

668 :662:2005/05/24(火) 20:47:07 ID:???
>>664
正直、全く覚えてない OTL


669 :NAME OVER:2005/05/25(水) 11:58:47 ID:Ds80fadV
>>664
おれ、そのニセフリーダムソード触ると死ぬのは
試練だと思って3人ぐらい死なした。

…いくらなんでもおかしいと気づいて情報集めたら
ニセだと…_| ̄|○

670 :NAME OVER:2005/05/31(火) 19:39:27 ID:???
ほす

671 :NAME OVER:2005/05/31(火) 20:21:52 ID:???
BABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABEL
BABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABEL
BABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABELBABEL

めんどいので以下略


672 :NAME OVER:2005/05/31(火) 21:50:57 ID:???
結局書き込み少ないぽ・・・

673 :NAME OVER:2005/06/03(金) 05:16:47 ID:???
102氏の読み物が終っちゃったからねえ・・・
もはや入手すら困難なゲームだし

674 :NAME OVER:2005/06/03(金) 19:34:02 ID:???
やほーくではよく出品されてるし
PC版なら過去ログの米サイトよりDLできるだろ。英語だけど。


675 :NAME OVER:2005/06/04(土) 21:43:41 ID:???
最後にヘンなの沸いたな・・・まあ一人だとは思うが。

>>102
楽しかったよ〜〜

あとはこのスレどうしようかねぇ。
新規プレイヤー見込めないし。

676 :NAME OVER:2005/06/04(土) 22:02:28 ID:???
ほじくりかえすなヴォケ又荒れんだろ。
それとも必死な102か?

677 :NAME OVER:2005/06/04(土) 22:48:10 ID:???
別にここは102氏の為のスレではないワケだが
誰も書き込まず、必要がないと思われたら消えるだろ。
いいんじゃね?もう落ちても。


678 :NAME OVER:2005/06/05(日) 00:29:05 ID:???
まぁ昔のようにスタークラフトの話でもポツポツしながら
ゆったり続けられればいんじゃないの?

679 :NAME OVER:2005/06/05(日) 01:54:58 ID:???
>102氏にはスタクラのクォータースタッフを是非プレイしてもらいたいものだ。
そして、よければリプレイも・・・・・

680 :NAME OVER:2005/06/05(日) 05:30:22 ID:???
でもそれではスレ違いになりますねっ!


681 :NAME OVER:2005/06/09(木) 10:37:38 ID:???
まったく>599-632のせいで過去レス読むのにも苦労するよ・・・・
どっか他でやってくれりゃ良かったのによう。

682 :NAME OVER:2005/06/09(木) 12:16:12 ID:0wksmQAF
うわ、また変なの来た。

683 :NAME OVER:2005/06/09(木) 13:12:31 ID:???
ネタもふらずに煽りだけいれてく輩は放置汁

684 :NAME OVER:2005/06/09(木) 23:57:19 ID:???
実際漏れはウザイと思う方に一票いれたいんだがな。

685 :NAME OVER:2005/06/10(金) 00:39:29 ID:???
文句言う割には手前ではなんにも話題振らないのな

686 :NAME OVER:2005/06/10(金) 04:03:10 ID:???
蒸し返して煽る馬鹿は放置で

687 :NAME OVER:2005/06/10(金) 09:46:55 ID:???
このまま落ちていくであろう、このスレを悲観して、なんとか煽りをふって盛り上げようとする屈折した愛情

688 :NAME OVER:2005/06/10(金) 18:31:04 ID:???
>>687
日本語へんですよ

↑これも屈折した愛情



689 :NAME OVER:2005/06/10(金) 20:51:40 ID:???
>>685
オマエモナー

690 :NAME OVER:2005/06/10(金) 21:04:52 ID:???
実際に保守としては役立っているかも
まあ102氏はもうここ見て居なさそうだけどな・・・


691 :NAME OVER:2005/06/10(金) 21:56:24 ID:eRXDjMWf
つうか自己満駄文書きは子ねw

692 :NAME OVER:2005/06/10(金) 22:38:19 ID:???
この池沼はいつまで頑張る気だろうか・・・

693 :NAME OVER:2005/06/10(金) 23:26:43 ID:???
保守乙

694 :NAME OVER:2005/06/11(土) 07:42:36 ID:???
まあ保守してくれればスレを読む人も
増えるかもしれないわけで。

695 :NAME OVER:2005/06/11(土) 23:46:31 ID:???
プレイ中だからまだ読んでないけど
ブログでリプレイしてURLや更新情報だけ貼れば反発は少なかったかもね。
終わったら読んでみたい気ではいるが、嫌がる人の気持ちもわかる。

楽しみにしてる人も多いから、102さんの文章は魅力あるんだと思うけど
同じことを文章力がない人がやると
「ここはおまいの日記帳じゃ(ry」ってのが2ちゃんのノーマルな反応だからね。

696 :NAME OVER:2005/06/11(土) 23:56:42 ID:???
スレ消化が遅いから別になんてこたぁない

697 :NAME OVER:2005/06/12(日) 00:06:15 ID:???
ドラゴンウォーズのようなRPGは無いものか・・・国内産では無い気ガス

698 :NAME OVER:2005/06/12(日) 00:20:04 ID:???
>697
可能ならば、スタクラの移植した他作品やってみるのがいんじゃない?
おすすめは、クォータースタッフ、ローグアライアンス。
メモったり、マッピングしたりするのいやじゃなければザ・マジックキャンドルとかトンネルズ&トロルズも。

それとDウォーズの直系の親といえる、バーズテイル1,2,3
Dウォーズよりも難易度大分高いけど。

699 :NAME OVER:2005/06/12(日) 01:25:59 ID:???
えm以外ではほとんどプレイ不可なもの薦めてもなぁ。

>>695
しつこい


700 :NAME OVER:2005/06/12(日) 09:44:44 ID:???
>>699
信者うざいよ。

701 :NAME OVER:2005/06/12(日) 16:30:51 ID:???
うざいな。

702 :NAME OVER:2005/06/12(日) 18:28:52 ID:???
うざいね

703 :NAME OVER:2005/06/12(日) 20:06:54 ID:???
ウザイとおもたらNGNAMEとNGワーオに102といれとけ、そうすれば信者のレスも見ないですむ。
これマジお勧め、これで叩きも信者も罵り合うこともなくなって一件落着。

704 :695:2005/06/12(日) 23:42:37 ID:???
>>699
このバカのせいで読む気失せた。
俺は102さん批判してないけど。

それもわからず叩くような読解力がないやつがマンセーしてるもんなんて
レベルが知れる。

読むだけ時間の無駄

705 :NAME OVER:2005/06/13(月) 00:18:31 ID:???
粘着君はしつこいなぁ。
基地外だから仕方がないか。


706 :NAME OVER:2005/06/13(月) 02:23:50 ID:???
(´-`).。oO(やっぱり102マンセー派は日本語弱いな、ファビョーンしてるし彼の国の人か・・・・・・・・・) 

707 :NAME OVER:2005/06/13(月) 04:07:06 ID:???
どっちでもいいけど不毛な雑言の応酬はもうやめよう。
スレの無駄遣いだし、ほんともったいないよ。

708 :NAME OVER:2005/06/13(月) 06:21:35 ID:???
>>707
胴衣。

プレイ中のタイトルスレがカキコ少ないのが寂しい気持ちもわかるけど、
>>695も読む気無いなら煽りくれんでもいいんでない?

709 :NAME OVER:2005/06/13(月) 10:02:36 ID:???
よーし話題転換!
…と行きたいけど能力何を育てるか迷って一向に進まない俺様が来ましたよ

710 :NAME OVER:2005/06/13(月) 11:20:43 ID:???
こんな話題の少ない過疎スレで、102がどうとか
問題にする方が不思議なんだが・・・
読みたくなければスルーするだけで良いんじゃ?
まあ、俺も含めてお前ら釣られすぎ

あと、704は本当に695なのか?w

711 :NAME OVER:2005/06/13(月) 11:33:58 ID:qmwAjGXt
そこで単純に、

バランスタイプ
パワーバカ
補助魔法タイプ
攻撃魔法タイプ

でそろえた俺が来ましたよ。
あとの二人はパワーと補助魔法に回したかな。

712 :NAME OVER:2005/06/13(月) 13:41:26 ID:???
マジッククイバーって二つ手に入る?
ガトリングボウだけ二つあってもしょうがないんだよ……

713 :NAME OVER:2005/06/13(月) 20:47:49 ID:???
>710
粘着信者はしつこいねw
他の人間の迷惑考えずに、脳内ストーリーをダラダラ続けてカキコしたから
叩かれ点だよ。
細切れでカキコしてた頃は読みたくない人間が皆ヌルーしてくれてたからって
調子に乗りすぎ。

714 :NAME OVER:2005/06/13(月) 21:31:52 ID:???
>>713

端から見てお前が一番ウザイ
いつまでも粘着してるのはお前だけだ
他が話題を戻そうとしてんのにいいかげんにしろ

715 :NAME OVER:2005/06/13(月) 21:53:42 ID:???
愉快犯にレスは厳禁です・・・

716 :NAME OVER:2005/06/13(月) 22:26:21 ID:???
>>714
( ´,_ゝ`)プッ
1 0 2 必 死 だ な 。
何故>713には文句たれて>710にはなにも言わないんだ?w

717 :NAME OVER:2005/06/13(月) 23:51:50 ID:???
なんか全部自作自演に見える
気にせずゲームの話題をどうぞ
        ↓

718 :NAME OVER:2005/06/15(水) 23:31:40 ID:???
駄菓子菓子、ゲームの話題はもう尽きていたのであった。


719 :NAME OVER:2005/06/16(木) 11:58:24 ID:???
102が書いてる途中にはアンチレスが一つも見当たらないのに、終わったとたん多数のアンチレス出現。
どうも長文が気に入らないVIPPERの類とみえるな。どうせニート一人が騒いでいるだけだと思うがw

720 :NAME OVER:2005/06/16(木) 19:19:07 ID:???
>>719
最後のが長文杉だったって散々書いてあるだろ。

粘 着 艇 能 は 氏 ね 。

なんか全部自作自演に見える
気にせずゲームの話題をどうぞ
        ↓

721 :NAME OVER:2005/06/16(木) 21:09:50 ID:???
もう話題が尽きてるんだよなあ。
このまま落ちても不思議じゃない。

722 :NAME OVER:2005/06/16(木) 22:54:53 ID:???
いいよもうこんな糞スレ落ちても。
良スレだったのに、愉快犯に荒らされるだけになったからな。


つーか、くそを変換すると「チコ」が候補にあるのは何故だ!?


723 :NAME OVER:2005/06/17(金) 00:29:27 ID:???
もうすぐ二周年だね

724 :NAME OVER:2005/06/17(金) 10:20:18 ID:???
>722
粘着荒らし乙

725 :NAME OVER:2005/06/17(金) 18:58:04 ID:???
>>720
過疎スレで長文書いて誰が迷惑するんだ?
お前が粘着低脳だろ、回線切ってついでに手首も切れ。
ネタもないのに煽りのみ乙

なんか全部自作自演に見える
気にせずゲームの話題をどうぞ
        ↓

726 :NAME OVER:2005/06/17(金) 19:21:45 ID:???
いい加減スルーしろよ。

それとも、本当に全部自作自演なのか?
例えばこのレスも。


727 :NAME OVER:2005/06/17(金) 20:03:49 ID:???
>いいよもうこんな糞スレ落ちても。
>良スレだったのに、愉快犯に荒らされるだけになったからな。

勝手なこと言ってんなや、ヴァカな消防なみの艇能さだな。
「わあぁぁぁぁんボクちゃんの思いどおりにならないこんなヌレいらないや!」ってかw
ここは2chなんだよ判ってるボク?イイとオモタラ擁護して、ウザかったら叩く、それがあたりまえ。
自分の意見を絶対にしたかったら、自分でHP作って「俺様ドラッケンページ」でも作ってろ。

728 :NAME OVER:2005/06/17(金) 20:38:47 ID:???
>>727
でもなんか気持ち分かるけど
ひとつのタイトルのスレでこんなに粘着されるのもレゲー板では珍しいよ
他のジャンルの板ではそうでもないが

729 :NAME OVER:2005/06/17(金) 20:55:51 ID:???
保守してくれてありがとな

730 :NAME OVER:2005/06/17(金) 22:32:11 ID:???
ぶっちゃけこの程度だと粘着とは呼ばない。
本当の粘着ってのは一人で数十数百のレスを投下する。

731 :NAME OVER:2005/06/17(金) 22:49:09 ID:???
>725
少しこづかれたからって必死になんなよ>102w

732 :NAME OVER:2005/06/17(金) 23:11:40 ID:???

  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい>>102
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |


733 :NAME OVER:2005/06/18(土) 00:42:48 ID:???
以上、全て俺の自作自演でした

てかドラッケンはクソゲーだろう!
う○こう○こ!!

なんか全部自作自演に見える
気にせずゲームの話題をどうぞ
        ↓

734 :NAME OVER:2005/06/18(土) 00:45:14 ID:???
もうこのスレ終わりでいいんじゃね?
キチガイに荒らされて誰もまともに話出来ないでしょ
粘着はニートだから24時間監視してるようだし

735 :NAME OVER:2005/06/18(土) 07:13:28 ID:???
話す事があれば話すんだけど・・・

736 :NAME OVER:2005/06/18(土) 07:14:50 ID:???

まあ、ぶっちゃけこのスレは俺とオマエしか書き込んでないがな。

なんか全部自作自演に見える
気にせずゲームの話題をどうぞ
        ↓

737 :NAME OVER:2005/06/18(土) 10:15:08 ID:???
っつか誰もドラゴンウォーズ自体は叩いてないと思うんだが?
必死な102とアンチが叩きあってるだけにみえるんだが・・・・
まあ>>734>>727読んで出直してこいってことで。

738 :NAME OVER:2005/06/18(土) 10:37:06 ID:???
っていうか102なんてとっくのとうにいないと思う
俺も含めて3人ぐらいが駄レスつけて無駄に消費してるだけだろ

739 :NAME OVER:2005/06/18(土) 10:40:01 ID:???
>>737
あんたもいつまで102を引き合いに出してくるのか理解に苦しむよ
必死という単語と102って単語を組み合わせて使ってんのお前だけだよ


740 :NAME OVER:2005/06/18(土) 11:18:30 ID:???
いや必死は102とアンチ両方に掛かってるんだけどね。

741 :NAME OVER:2005/06/18(土) 18:17:15 ID:???
ここはいい基地外にやさしいスレですね。

相手しなきゃいいのに。


742 :NAME OVER:2005/06/18(土) 23:29:37 ID:???
まあ、ここはドラゴンウォーズなんていう古いゲームを語る場である以上、
皆それなりに齢を重ねた紳士淑女のはずだと思いたい。
全部スルーしとこうぜ。


>>711
PTのタイプってやっぱそうなるよなー。
ここでDQ3のように全員殴り続けるPT、とかやったらどうなるんだろう。
あー、今手元にFCないせいで試すこともできないのが。
いくらなんでもこのゲームじゃマゾすぎるかね。

743 :NAME OVER:2005/06/18(土) 23:58:34 ID:???
>>737
いやだからドラッケンはクソゲーなのでページ作る価値もないって

744 :NAME OVER:2005/06/19(日) 00:02:09 ID:???
しかし自由剣なければナムター倒せないなんて、FC版はPC版に比べて自由度が低いんだろうか?
自由都市だか貿易都市だかで、偽自由剣取った場合のイベントって、FC版だとどうなる?

745 :NAME OVER:2005/06/19(日) 00:05:49 ID:???
>>743
あぁ?お前にはあの良さが分からないのか?
道の真ん中になぜか突っ立ってる十字架に触ったとたん怪物に襲われるとか
平原を突っ切ってる三角を踏んだとたん、ドラゴンに瞬殺食らうとか
夜空をぼーっと眺めていたら、突然ネバーエンディングストーリーかスペースハリアーでお馴染みの
変なのにヌッコロされるとか

見所満点じゃないか!


746 :NAME OVER:2005/06/19(日) 00:33:42 ID:???
どらっけんはFMタウンズで延々とデモが流れてたと言う記憶しかない

747 :NAME OVER:2005/06/19(日) 03:45:26 ID:???
FMタウンズと言えばアローンインザダークとCD手裏剣だな

>>745
それは見所と言うより突っ込み所だろう・・・w
そう言う藻前はちゃんとクリアしたんだろうな?
あのンコゲーを!

748 :745:2005/06/19(日) 14:07:44 ID:???
クリアなんてできるの?あれ。


749 :NAME OVER:2005/06/19(日) 22:20:24 ID:???
スーファミのならドラッケンをクリアしたが、アレは簡単だったなぁ。

でも、ドラゴンウォーズは、挫折した。
スキルのシステムとかは、今のゲームの参考にして欲しいだけどね

750 :NAME OVER:2005/06/19(日) 22:33:41 ID:???
PC98版ドラッケン持ってけど、なんとかクリアできるようには作られていると思う。
おいらは中盤までやって他へと目移りし、放置して早3年。

>749
最近の作品(NWNとかBGとかのAD&D系)のほうが、さすがにDウォーズよりはスキルのシステムはこだわってると思うよ。


751 :NAME OVER:2005/06/19(日) 22:35:55 ID:???
13年とかじゃなくて3年かよ!

752 :NAME OVER:2005/06/20(月) 00:46:36 ID:???
一応Drakkenはフランスで大ヒットしたゲームなわけだが。

753 :NAME OVER:2005/06/20(月) 01:28:48 ID:???
>>750
デジタル作品比べるのに時代背景は無視ですか。。
ま、どっちもTTGの発想の豊かさが根にあるよね。

754 :NAME OVER:2005/06/20(月) 05:06:18 ID:???
NWNは気になるんだが、どうも購入に至らないな
確かバルダーズゲート系なんだっけか?
どらごぬぉーずの続編だったら即買いなんだが、と無理に話題を繋げてみるw

>>748
お、おま、おまー!

755 :NAME OVER:2005/06/20(月) 10:30:30 ID:???
ここはドラッケンのスレだたのか・・・・

756 :NAME OVER:2005/06/20(月) 19:11:57 ID:???
否、昔懐かしい誰も知らないRPGを語るスレ。


757 :NAME OVER:2005/06/20(月) 19:23:31 ID:???
ゲーム終了後に出てくる点数だけど、あれ最高得点は何点なんだろうな?

758 :NAME OVER:2005/06/22(水) 15:08:44 ID:???
そういや点数あったな〜〜。誰も気にしてないんじゃないか?

759 :NAME OVER:2005/06/25(土) 14:10:27 ID:???
あの点数になんか意味あったんだろうか?
なんかのフェアと連動してたわけでもないしな。

760 :NAME OVER:2005/06/25(土) 14:23:14 ID:???
マイト&マジックなんかだと
認定証みたいなの発行してくれたような気がする
でもあれは点数じゃなくてパスワードだったっけな?

761 :NAME OVER:2005/06/26(日) 09:51:31 ID:???
マイト&マジックは確か、早解きした人の
似顔絵をログインだかの広告に出してたよーな記憶がw

762 :NAME OVER:2005/06/27(月) 19:50:36 ID:???
なんか広告のページに、ビッシリ白黒で顔写真(つーか絵だけど)が並んでた記憶があるな。


763 :NAME OVER:2005/06/30(木) 11:34:52 ID:FONVxkjT
あげ

764 :NAME OVER:2005/06/30(木) 13:11:30 ID:???
>>760
DragonWarsも点数送ると認定証みたいなの送ってくれたね。

765 :NAME OVER:2005/07/02(土) 01:30:34 ID:???
十年以上ぶりで箱開けて何点だったか確かめてみるとするか・・・・

766 :NAME OVER:2005/07/02(土) 03:01:27 ID:???
NWNはD20システムになった新版のD&Dルールをゲームに持ってった感じ。
あれは元のシステム好きというかやってないと、買う理由あまりない気がする。
友人らとシナリオ作って遊ぶことが大前提だしな。

DWと関係なくてスマン。

点数とかいってまったく記憶にないな……。
どういう風に得点て加算されていたんだろう。

767 :NAME OVER:2005/07/03(日) 01:34:16 ID:???
セーブしたトコから始めようと思ったら、ディスクカビてたw

768 :NAME OVER:2005/07/03(日) 01:48:43 ID:???
おお>>767よ、カビてしまうとは なさけない!


ウチにあった98ゲーも、こないだ10年ぶりにサルベージしたら全部カビてた OTL


769 :NAME OVER:2005/07/03(日) 05:48:43 ID:???
カビを無水アルコール等で拭き取れば結構ディスク生きてるヨ。

770 :NAME OVER:2005/07/04(月) 04:17:46 ID:???
長時間放置すると磁気が飛ぶ(?)とかいうのはどうなん?

771 :NAME OVER:2005/07/04(月) 19:51:18 ID:???
>>770
ちゃんと保管しといたドラゴンウォーズは、今でも読めたぞ。
保存状態にもよると思うけど、10年位は大丈夫だろう。

確か、メーカーの発表では数十年大丈夫とか言ってたような。


772 :NAME OVER:2005/07/05(火) 16:48:44 ID:???
今さらだが102氏おつかれさま
長期入院のためレス遅れた

773 :NAME OVER:2005/07/06(水) 01:29:34 ID:???
>>772
粘着乙

774 :NAME OVER:2005/07/06(水) 14:24:43 ID:???
>>770
放置つうか磁力線同士が干渉して、何もしなくても自然に劣化していくのは
仕方ないことだよ。

775 :NAME OVER:2005/07/06(水) 19:14:48 ID:???
磁力線の話をするほどにもう話題が無いのか・・・

776 :NAME OVER:2005/07/07(木) 01:24:10 ID:???
それはそうと…

777 :NAME OVER:2005/07/07(木) 01:24:34 ID:???
平成17年7月7日に777は俺がゲットしますよ!

778 :NAME OVER:2005/07/07(木) 04:10:14 ID:???
>>773
キチガイ乙

779 :NAME OVER:2005/07/07(木) 23:32:12 ID:???
そーいや、リアルタイムでなんか箸にも棒にもひっかからんような攻略を
コンプでやってなかった?

780 :NAME OVER:2005/07/07(木) 23:50:26 ID:???
俺は、当時のろぎんの白黒ページの小さい攻略記事を見ながらクリアした。


781 :NAME OVER:2005/07/16(土) 12:00:58 ID:???
あの頃のログインは酷かったなぁ。
どんな事情があったのかしらんが半年位えんえんとノロノロと攻略を
続けてたっけな、そんでもまだ序盤の攻略すら終わってなかったっけ。

782 :NAME OVER:2005/07/17(日) 05:22:53 ID:???
だが一番はっちゃけていた時代でもあった>ログイン

783 :NAME OVER:2005/07/17(日) 07:12:15 ID:???
どんどんおーぼ


784 :NAME OVER:2005/07/17(日) 13:12:09 ID:???
しかし昔はなんであんなにゲームに夢中になれたんだろうな?

netも草の根か二歩くらいしか無い時代で、つまってもなんのヒントも無く
延々と地下を歩き回っても飽きが来なかったんだから不思議だよね。

785 :NAME OVER:2005/07/17(日) 18:17:07 ID:???
今と違って時間が無限にあって、遣るべきこともそれほど無かったからだろう。

ゲームをやるためには、がんばって時間を作る必要があるからなぁ・・・今だと。



786 :NAME OVER:2005/07/18(月) 02:45:36 ID:???
べきであるある

787 :NAME OVER:2005/07/18(月) 07:17:20 ID:???
ヤマログ


788 :NAME OVER:2005/07/19(火) 20:28:16 ID:???
今だとDungionSiegeとかに手をつけても、あの頃のように猿のようにやる自信ないもんねw

789 :NAME OVER:2005/07/21(木) 15:41:53 ID:OxJ6l7o2
おお、いつのまにやら完結してた。102氏おつかれさま。
かなり楽しませてもらったよー。


790 :NAME OVER:2005/07/22(金) 01:54:32 ID:???
マジで一日中ゲームしてたころが懐かしいね。

791 :NAME OVER:2005/08/03(水) 11:17:40 ID:???
最序盤のパーガトリィ脱出するとこの選択肢から点数加算されてたのかなぁ?

792 :NAME OVER:2005/08/05(金) 01:57:19 ID:???
煉獄って名前が似合わない町だよな。

むしろお似合いなのは、お笑いマンガ道場って名前だ

793 :NAME OVER:2005/08/06(土) 10:55:51 ID:???
これ続編でなかったんだっけ?
あの地味なマジックキャンドルでさえ2がでたはずなのに・・・・・

794 :NAME OVER:2005/08/06(土) 14:57:58 ID:???
そいいえば主人公ご一行様は収容所を脱走したんだからお尋ねモノだったんだよね。
その後の旅の途中で指名手配くらってるとか、そう言うたぐいのネタあったっけ?

795 :NAME OVER:2005/08/06(土) 15:52:54 ID:???
>>794
死体袋に隠れて脱走とかの場合はもう分からないんじゃないか?
プロガトリーを管理する側も把握しきれて無いっつーか
正面突破した場合はこれまた別だが

796 :NAME OVER:2005/08/06(土) 15:53:29 ID:???
収容所?

身ぐるみ剥がされ全てを奪われた上で、そこらに放り投げられただけだけど?
主人公一行は、基地外の巣窟から脱出しただけ。


797 :NAME OVER:2005/08/07(日) 16:34:36 ID:???
後で普通にナムター軍に参加出来たりするもんなぁ
ナムターの管理体制はザルだと思った

798 :NAME OVER:2005/08/07(日) 20:35:23 ID:???
そもそもナムターってなにがしたいんだっけ?w

799 :NAME OVER:2005/08/08(月) 10:53:31 ID:???
>>797
ナチスやポルポトみたいにインテリ皆殺にしちゃって馬鹿しか残ってなかったんじゃないの?

800 :NAME OVER:2005/08/08(月) 19:32:53 ID:???
ディルムンには大学もあるし、腹ゲリという学門もあるので無問題。


801 :800:2005/08/08(月) 21:09:15 ID:???
今更だけど学門って何よ?OTL


802 :NAME OVER:2005/08/09(火) 13:37:07 ID:???
(−人−)ナムター

803 :NAME OVER:2005/08/10(水) 10:26:49 ID:???
しかし思えば衝撃的な幕開けだったなぁ
これで作ったばかりのキャラがランダムでドラゴンの
生贄に連れて行かれたりしたらもっと凄かったのにw

804 :NAME OVER:2005/08/10(水) 11:57:47 ID:???
ドラゴン=核ってイメージだっけ?

805 :NAME OVER:2005/08/10(水) 14:08:03 ID:???
だな、起動すれば一瞬で町を破壊する戦術核のような

T&Tでもそんなシーンあったなあ・・・

806 :NAME OVER:2005/08/10(水) 23:19:01 ID:???
T&Tは突発死亡イベントが多すぎて楽しかったなぁ・・・


807 :NAME OVER :2005/08/16(火) 23:52:37 ID:???
>>804
各都市が一体づつドラゴンを飼っていて
攻め込むような国があったらドラゴンを放って敵の全て破壊できるということで
核兵器の向け合いによる平和的な状態を保っていたんだっけ。

ナムターがドラゴンを操る術を持っていたため、
最初にキングズホーム軍の攻撃を受けたターズは自分達の守護者であるはずの
ドラゴンによって廃墟にされてしまったのだっけ。
どこかで元ターズのドラゴンに会って戦うイベントがあっても良かったかも。

実際街中にドラゴンがいる施設が見られたのはターズとランスクだけだったけど、
他の町はどうしていたのか? この設定は何だったのだろう。

808 :NAME OVER:2005/08/17(水) 00:59:05 ID:???
そういえば、何がドラゴンウォーズだったんだろう?

というところまでいってしまうような・・・


809 :NAME OVER:2005/08/17(水) 08:48:01 ID:???
>>808

最後の決戦の前にガードドラゴン軍団vsドラゴン女王があるだろ

810 :808:2005/08/18(木) 04:02:56 ID:???
そうだっけ・・・全然おぼえてなかったよ。

アレか、ドラゴンランス戦記って小説があったけど

題名の「ドラゴンランス」がちっとも出てこないし
やっと出てきてもあんまし活躍しないってのと似たようなもんか・・・


811 :NAME OVER:2005/08/18(木) 11:51:37 ID:Ob2QpjBQ
エミュROMの質問はこちらへ。
悩んでる人に親切な対応をするのが売りな掲示板です。

BOB BBS
http://jbbs.livedoor.jp/game/16659/

812 :NAME OVER:2005/08/18(木) 12:14:23 ID:???
>>807
最後の手段で、解き放つと自分の都市もろとも相手の都市を破壊すると言う
設定じゃなかったかな。
使う側もリスクを負う、まさに核。

ランクスってサン寺院がある所?
あそこぶっ壊して後ろめたい気持ちになったのもいい思い出だな〜。
反乱軍の正門開けるよりはましだったが。w

813 :NAME OVER:2005/08/19(金) 00:08:15 ID:???
自分の都市がドラゴン使うと相手も使うんで相打ちでどちらもアボーンするんじゃなかったけ?

814 :NAME OVER:2005/08/20(土) 05:58:48 ID:???
それを相互確証破壊といいます。

正に、核ですな。


815 :NAME OVER:2005/08/21(日) 09:57:23 ID:???
そしてそんな核をドラゴン山でばったばったとなぎ倒す
主人公達は一体・・・

816 :NAME OVER:2005/09/17(土) 15:13:52 ID:???
遂に落ちたか!?

817 :NAME OVER:2005/09/17(土) 18:56:41 ID:???
あー、うん、落ちたよ。


818 :NAME OVER:2005/09/18(日) 09:51:58 ID:???
ついに終焉のときが来たか・・・
リプレイ無かったらもっと早くポイ捨てされてただろうな


819 :NAME OVER:2005/09/18(日) 13:54:16 ID:???
そう思うとアンチ&擁護の騒動もこのスレを生き残らせる為の壮大な仕掛けに思えるな

820 :NAME OVER:2005/09/18(日) 17:50:47 ID:???
ンなアホな

821 :NAME OVER:2005/09/18(日) 21:21:52 ID:???
散々言ってたアンチは今こそ何か書き込むべきじゃないのか?

822 :NAME OVER:2005/09/19(月) 13:25:32 ID:???
とりあえず、自演チックに102を絶賛からはじめてみるか

823 :NAME OVER:2005/09/20(火) 05:02:33 ID:???
このスレ二度と立たんだろうな
10年後レゲー板があったらまた会おう

824 :NAME OVER:2005/09/25(日) 19:21:06 ID:yRCfFp6j
エミュROMの質問はこちらへ(サイトがリニューアルしました)
経験豊富なレギュラー陣がアナタの疑問に丁寧にお答えします。

BOB IN THE UNDERGROUND
http://ww36.tiki.ne.jp/~asteler2005/bobintheunderground/


825 :NAME OVER:2005/10/18(火) 01:34:50 ID:???
なんでみんなユラユラ揺れてんのかね

826 :NAME OVER:2005/10/18(火) 05:26:44 ID:???
戦ってる雰囲気出そうとしたんだろ
静止画よりは何ぼかマシ

827 :NAME OVER:2005/10/24(月) 01:33:32 ID:???


828 :NAME OVER:2005/10/24(月) 18:55:07 ID:???


829 :NAME OVER:2005/10/25(火) 04:19:26 ID:wOxROt0T
age

830 :NAME OVER:2005/10/25(火) 07:45:22 ID:???
なんか書けよ

831 :NAME OVER:2005/11/01(火) 15:57:08 ID:???
いよーしほんじゃ質問だ。どこの攻略サイトにも載ってないから
教えてくれ。
ドラゴンヲーズ(FC版)で回避率を馬鹿みたいに上げても
全然回避しないよ。どうなってんの?

832 :NAME OVER:2005/11/09(水) 23:07:14 ID:???
そーなのか。必死であげてたよ・・・

833 :NAME OVER:2005/11/14(月) 01:40:50 ID:???
98版はユラユラしてないぞ

>831
わかんねぇ
とりあえずアンダーワールドの裂け目でも飛び越しとけ

834 :NAME OVER:2005/11/17(木) 14:06:36 ID:???
妄想用のダミーステータスとか
まさかね

835 :NAME OVER:2005/11/17(木) 17:29:26 ID:???
98版に回避ってあったかなぁ

836 :NAME OVER:2005/11/24(木) 19:58:34 ID:???
npcのが強いってのは何とかならんのかね。
愛で何とかするのしかないのかね。

837 :NAME OVER:2005/12/01(木) 00:37:08 ID:???
DWの前作が何やらすごいことになってますな・・・・
ttp://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k25382438

838 :NAME OVER:2005/12/01(木) 22:46:54 ID:TnQvNt71
うは漏れこれ持ってるwwwwwwwwwwwwww

839 :NAME OVER:2005/12/10(土) 08:07:17 ID:???
うわこれマジかよw
ファミコン版とかないから高値なんだろうか?

840 :NAME OVER:2005/12/10(土) 12:22:22 ID:???
たまたま、なんとしてもほしい金持ちが二人いたというほうが正しい。
ちょいと落札相場調べてみたら前回出品されたときは、
といっても去年の12月だけど1〜3のセットで28,500円で落札されてた。


841 :NAME OVER:2005/12/11(日) 13:07:11 ID:???
質問でつ。
このゲームって、ハマりというかクリア不可能になることはありますか?
確率は高いですか?

842 :NAME OVER:2005/12/14(水) 17:48:07 ID:???
>>840
それでもやっぱ高めだねぇ。
まあ837は行き過ぎな気も。

>>841
今までそんな話は聞いたことないよ。
自由度高すぎて、やれる事見失っちゃうゲームだから
何か見落としているんじゃ。

843 :NAME OVER:2005/12/18(日) 06:23:35 ID:R/a8uphG
いいや、ハマりはあるよ。フリーダムソードに関わるイベントに真っ向否定しながら生きていけば何れ関連イベントが繋がらなくなる。
あと、どうしようもない状態でセーブした場合とか。

ところで仲間になるNPCについて、
アルリック、
ベレンガリア、
ロビン、
は語られたが、一切ハリファックスについては触れられていないが仲間にした奴はいないのか?

844 :NAME OVER:2005/12/18(日) 06:25:44 ID:R/a8uphG
連投になるが誰か、二つ目のマジックイバーの在処知ってたら教えて。

845 :NAME OVER:2005/12/21(水) 15:40:00 ID:???
このスレ初めて見ました。
今更ながら102氏乙です。一気に全部読めたのでかなり得した気分。
自分もナムター戦はかなりうんざりしたなぁ…

今頃はナムターもドラカンと仲良くやっていることでしょう

846 :NAME OVER:2005/12/23(金) 07:51:13 ID:???
>>845
何の説明も無く場所移動してしまうのをイルカナが助けたことに
していたり、異次元で分かれた後どうなったのか分からない
王子の軍隊を主人公達の助けに遣す扱いなどは中々よかったと思う

847 :NAME OVER:2005/12/24(土) 13:31:23 ID:???
プログラマの人また来ないかな〜

848 :NAME OVER:2006/01/10(火) 09:04:57 ID:???
いよいよ落ちたか!?

849 :NAME OVER:2006/01/10(火) 10:08:49 ID:???
バーズテイルのレビューあるけど、完全に別物になっているようだな・・・
http://www.4gamer.net/news.php?url=/weekly/rpg/005/rpg_005.shtml

850 :NAME OVER:2006/01/15(日) 05:02:31 ID:YT5tgk2A
エミュROMの質問はこちらへ
BOB IN THE UNDERGROUNDがまたまた管理人変更となりました。
経験豊富なレギュラー陣がアナタの疑問に丁寧にお答えします。
 
BOB IN THE UNDERGROUND
 ttp://www7.atwiki.jp/quattro_vageena/
BOB'S BBS Z
 ttp://jbbs.livedoor.jp/game/27325/

851 :NAME OVER:2006/01/17(火) 10:13:17 ID:???
何だかんだで年越せたのかこのスレ。

で、結局結論としては回避力は何の役にも立たないってことでFAか。
そーいやFC版、むっちゃ途中で放置してんなぁ。
せっかく買えた物だし最後まで遊んでやりたいところだ。

852 :NAME OVER:2006/01/17(火) 17:31:57 ID:KH8nCaz+
このゲーム今の技術でリメイクしたら面白そうだけどなぁ・・・

853 :NAME OVER:2006/01/20(金) 07:32:41 ID:CujWzyBO
セーブはさせないぞ。に笑った。

854 :NAME OVER:2006/02/08(水) 15:26:55 ID:EPmvezlK
ザコ敵が多すぎる上に経験値少ない

855 :NAME OVER:2006/02/14(火) 23:50:13 ID:???
まだ残ってるな。
折角だから1000まで行きたいものだ。

856 :NAME OVER:2006/02/15(水) 09:45:21 ID:???
こんな調子で1000まで書いてもむなしいだけだ
もう無理に上げなくてもいいんじゃねぇか

857 :NAME OVER:2006/02/16(木) 10:47:32 ID:???
ナムターって結局なんだったんだろ

858 :NAME OVER:2006/03/07(火) 21:28:42 ID:???
産廃か何か

859 :NAME OVER:2006/03/27(月) 23:13:39 ID:???
ポイント・スキル制のRPGってあんまないんかね。
キャラメイクに時間は掛かるけど、あのドキドキ感がたまらん。
っつーかキャラメイクが楽しい

860 :NAME OVER:2006/03/28(火) 00:17:44 ID:???
しかし地雷スキルに振っていたと気付いたときのあの虚しさといったら

861 :NAME OVER:2006/04/14(金) 14:57:52 ID:???
(´;ω;`)

862 :NAME OVER:2006/04/29(土) 13:49:33 ID:???
sayonara

863 :NAME OVER:2006/04/30(日) 09:09:13 ID:2uFsFEsJ
ドラゴンウォーズで一言
そんな身包み剥がさんでも・・・

864 :NAME OVER:2006/05/02(火) 15:53:29 ID:???
BNNの攻略本の挿絵がものごっつい。

865 :NAME OVER:2006/05/07(日) 23:49:25 ID:???
マイナーゲームの分際で山田章博が挿絵描いてたんだよな。

866 :NAME OVER:2006/05/11(木) 03:03:50 ID:???
表紙うp

867 :NAME OVER:2006/05/11(木) 12:33:26 ID:???
これで我慢汁
ttp://www.morita-dewrite.co.jp/keiko/gamewri01.html


868 :NAME OVER:2006/05/12(金) 03:22:44 ID:???
thx、すっげー読みたい
どこかで手に入らないものか

869 :NAME OVER:2006/05/12(金) 08:25:17 ID:???
リンク先の森田慶子って随分幅広くやってるようだが
ゲーム寄りの人なのか?医療とか化粧品なんかもやってるが


870 :NAME OVER:2006/05/12(金) 21:03:15 ID:???
俺はそうだと思っていたが、色々やっているようだな。昔のコンプティークの
"おせーてあげる"のコーナーを黒ちゃんとやっていたよ。KEIKO組の人とは別人だが。
イヌボンこと中村うさぎも女王として知られる時代。年を取ったな…

871 :NAME OVER:2006/05/12(金) 21:32:27 ID:???
http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_09/g2005091501.html

872 :NAME OVER:2006/05/26(金) 21:33:24 ID:???
最近始めたんだがナガールから銀の鍵の盗み方分からんかったから
攻略サイト見て解決した、マッシュルーム使うなんて
よく思いついた人がいるもんだな

873 :NAME OVER:2006/05/26(金) 21:38:55 ID:???
酒場に情報あったの思い出した↑は取り消す

874 :NAME OVER:2006/05/26(金) 23:52:02 ID:???
攻略サイトあるのかw

875 :NAME OVER:2006/05/27(土) 01:58:19 ID:???
いいねいいね うまいね!

876 :NAME OVER:2006/05/27(土) 03:34:04 ID:???
>>871
ぐはっ!さすがはイヌボン。本物のジョイスティック使いにクラスチェンジか!
全く知らなかったよ。

877 :NAME OVER:2006/05/27(土) 04:22:41 ID:???
>>867
>ディルムンを救え!!

単刀直入で最高だ、俺もクリア後読んでみたい

878 :NAME OVER:2006/05/31(水) 18:23:14 ID:???
え、もしかしてこの人って昔コンプティークでイボンヌって呼ばれていた人?

879 :NAME OVER:2006/06/06(火) 23:42:43 ID:FxTrGfEI
思えばムチャクチャな時代だったな

880 :NAME OVER:2006/06/23(金) 15:48:45 ID:???
「無茶苦茶な時代だったでしょう。でもそれが、ドラゴンウォーズなんだよね」
あの時代に生まれてよかった!心から、そう思った。

881 :NAME OVER:2006/06/27(火) 22:40:46 ID:???
自由の剣(PC版)より射程15mを誇るドラゴンの歯の方が強いと思う奴



882 :NAME OVER:2006/07/01(土) 16:23:05 ID:lHLpIMKP


883 :NAME OVER:2006/07/02(日) 01:30:03 ID:ga7OutyY
自由の剣の真骨頂は(ナイサーで祝福を受けた後)地獄の炎を撃ちまくれること。

884 :NAME OVER:2006/07/03(月) 15:19:25 ID:???
このスレは終了します

885 :NAME OVER:2006/07/03(月) 15:34:25 ID:???
させるかよ!

886 :NAME OVER:2006/07/03(月) 17:53:18 ID:???
>>884
そんなに虐殺ばかりして、ヒーローになったつもりか!

887 :NAME OVER:2006/07/06(木) 22:46:25 ID:4PRsMZgc
煙草を吸う権利はあるが、「義務」と「責任」がある。
禁煙者には、煙草の煙を吸わされない権利」もある。

法律で認められていても、マナーがあるだろうや!!
他人の居る車内、密室、飲食店での喫煙の全面禁止!

煙草を吸う時は、自分で「灰皿・煙草・ライター類」を用意!
屋外で!、煙が迷惑にならぬ様に気を遣い喫煙をして下さい。
吸い殻も、自己責任で片付けて下さい!

喫煙マナーを守って円滑な社会生活を送りましょう。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/cigaret/1131217757/1-100

煙草の値上げ、小学生の小遣値上げと同程度か!
1箱¥1000になれ〜! 税収は目的税に限定し、健康保険の赤字補填に!

WHO「喫煙者雇用せず」新政策
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-051201-0010.html

たばこを吸う人は雇いません−。世界保健機関(WHO)は1日、喫煙者を雇用しない政策を導入した。たばこが健康に有害であることを訴える国連専門機関として、政策の一貫性と「反たばこ」のイメージ強化を狙う。
WHO当局者によると、職員の新規採用で喫煙者を排除するのは国連諸機関でWHOが初めて。
WHOは、喫煙を原因とする疾患で毎年世界中で500万人近くが死亡していることを挙げ「たばこの害を減らす運動の先頭に立つ機関としての責任を雇用面でも果たさなければならない」としている。(共同)

喫煙者の最後は藻掻き苦しみ、亡くなるんだな。
ヘビィスモ ーカー
橋本元首相が死去…省庁再編に道筋も「経済失政」 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_07/t2006070121.html
橋本龍太郎(はしもと・りゅうたろう)元首相が1日、東京都新宿区の国立国際医療センターで死去した。
【68歳】だった。岡山県出身。 日本歯科医師連盟からの1億円献金隠し事件を受け、2004年7月に自民党橋本派会長を辞任。
昨年9月の衆院選に出馬せず政界を引退していた。6月4日夜、腹痛を訴え入院。腸管虚血との診断を受け、大腸の大部分を切除するなどの手術を受けていた

888 :NAME OVER:2006/07/24(月) 09:04:12 ID:???
>>883に同意
開幕獄炎用の剣だ

889 :NAME OVER:2006/09/13(水) 00:05:33 ID:VsDfFF02
あげとくか

890 :NAME OVER:2006/10/09(月) 18:59:15 ID:???
スタストラッペンだったかストストラッペンだったかいまいちうろ覚え

891 :NAME OVER:2006/10/09(月) 19:11:10 ID:???
            ∩
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  <  スタッとするルンペン
      /     /    \___________



892 :NAME OVER:2006/10/09(月) 19:28:51 ID:???
            ∩
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  <  ストしてルンペン
      /     /    \___________


893 :NAME OVER:2006/10/09(月) 21:55:21 ID:swwYamhy
なんか上がってると思いきやお舞ら・・・

ストストルーペンだっけ?

894 :NAME OVER:2006/10/12(木) 13:35:47 ID:???
ねえねえ
ドラゴンウォーズってPC88版って出てんの?
データベースサイトにないんだけど

895 :NAME OVER:2006/10/12(木) 14:39:21 ID:???
             ∩
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  <  88版!!!!
      /     /    \___________


896 :NAME OVER:2006/10/12(木) 14:57:08 ID:???
   _ρ_
  / ⊥ \
  |____|
  ∩∧∧∩        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ(,,゚Д゚)/      <  88版マダー?
   /  /         \___________
 〜〈  (
   し`J
  | ̄ ̄ ̄ ̄|
  .\__人__/

897 :NAME OVER:2006/10/15(日) 05:56:29 ID:???
サターン版のドラゴンウォーズの情報はどこを見たら良いですか?

898 :NAME OVER:2006/10/15(日) 16:19:34 ID:???
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/goverrpg/1157222691/l50



899 :NAME OVER:2006/10/15(日) 16:31:58 ID:???
踏んじじまって鬱・・・orz

900 :NAME OVER:2006/10/17(火) 18:10:09 ID:???
結局88版って出てないんですか?

901 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:33:03 ID:???
誰も書き込まないのにダラダラ継続してるから埋め立てる

902 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:33:40 ID:???
たーらこーたーらこーたーっぷーりーたーらこー

903 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:34:44 ID:???
たーらこーたーらこーたーっぷーりーたーらこー

904 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:40:21 ID:???
たーらこーたーらこーたーっぷーりーたーらこー

905 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:43:28 ID:???
たーらこーたーらこーたーっぷーりーたーらこー

906 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:44:53 ID:???
たーらこーたーらこーたーっぷーりーたーらこー

907 :NAME OVER:2006/10/25(水) 19:46:25 ID:???
たーらこーたーらこーたーっぷーりーたーらこー

908 :NAME OVER:2006/10/26(木) 00:27:38 ID:???
ん?埋めるの?んじゃ先延ばしにしてた>>102のリプレイ切り取り保存しておくか・・・

909 :NAME OVER:2006/10/26(木) 09:15:06 ID:???
話題は無いが中々の良スレだと思うよw
このスレってもしかしてレゲ板最古?

910 :NAME OVER:2006/10/27(金) 23:22:38 ID:???
>>909
残念!古い順から10番目だ。
しかし古い時期に立てられたスレってのはずいぶんと趣があるなw
メタルスレイダーグローリーなんて久しぶりに見たわ

911 :NAME OVER:2006/11/04(土) 17:57:24 ID:???
つーかサターン版ってあったのかよ・・・知らんかった

912 :NAME OVER:2006/11/05(日) 00:58:21 ID:???
>>911
ネタに付き合うにしてもツマンネ

913 :NAME OVER:2006/11/07(火) 00:29:13 ID:o7bH6yEH
なつかしい!
かーちゃんたちにも内緒だぞ!

914 :NAME OVER:2006/11/07(火) 22:48:59 ID:???
1です。正直、スレ立ててから3年も経ったことにびっくりしてます。
その間に結婚して子供生まれましたよ、ええ。
ダンナが当直勤務、子供は就寝。そんな暇な夜に、「レゲー板懐かしいなあ・・・」と眺めてたら、
あるんですもん。このスレ。

途中、批判もあり擁護もあり、荒らしっぽいのもありと色々とあったようですが、
102さんも荒らしの人も批判の人も擁護の人も、
ここに書き込んだ、そしてこのスレを読んだ全ての方達に祝福あれ。

915 :NAME OVER:2006/11/09(木) 17:02:47 ID:???
まだ終わってねー

916 :NAME OVER:2006/11/09(木) 17:13:30 ID:ysvIte7b
      ,' /
     i .l
.    | 、
    、.\ ヽ
      、 \ . ヽ ._
         丶.   ‐  _
           ` ‐ _  (´・ω,(´・ω・)
                  (ー(,, O┬O
                   ())'J_))
    「俺たち終わっちゃったのかなぁ」


    「まだはじまっちゃいねぇよ」

917 :NAME OVER:2006/11/09(木) 17:28:48 ID:???
たけしは「あの2人に未来なんかない。あいつらはあれで終わり」とか言ってたそうだが。

918 :NAME OVER:2006/11/09(木) 17:29:53 ID:???
いや荒らしには祝福無くていいだろw

919 :NAME OVER:2006/11/11(土) 09:46:03 ID:???
とりあえず偽フリーダムソード取ろうとして死んだ奴手あげろ

920 :NAME OVER:2006/11/11(土) 10:35:55 ID:???
             ∩
       ∧_∧  | |  ノシッ
      ( ´Д`)//  
      /     /   



921 :NAME OVER:2006/11/11(土) 15:31:46 ID:???
今思った、これ系のゲームって魔法使いにしたほうがいい?

922 :NAME OVER:2006/11/15(水) 14:32:56 ID:???
インフェルノとかラスミスラス?とかレイジミスラス?とかあんまないから辞めた方がいいとおも

923 :NAME OVER:2006/11/17(金) 00:08:48 ID:???
おいおいレイジミスラスはドームセイヤーをぬっ殺すのに必須じゃないか
そうとう近づかなきゃいけないけど。

924 :NAME OVER:2006/11/17(金) 10:06:58 ID:???
ナムターが非常に弱かった

925 :NAME OVER:2006/11/19(日) 01:03:32 ID:???
俺は結構てこずったよー
しかも連戦になるのが辛かった

926 :NAME OVER:2007/01/01(月) 19:43:39 ID:???
あけおめ

927 :NAME OVER:2007/01/06(土) 14:41:24 ID:???
スレも終わりかなんて言われてから随分長いよな

928 :NAME OVER:2007/01/25(木) 09:20:36 ID:???
このスレまだあったのか!

929 :NAME OVER:2007/01/29(月) 17:28:28 ID:???
ポイ捨て

930 :NAME OVER:2007/01/30(火) 15:26:27 ID:???
Sword of Freedom

931 :NAME OVER:2007/02/02(金) 00:44:34 ID:???
なむたー

932 :NAME OVER:2007/02/10(土) 22:15:02 ID:???
test

933 :NAME OVER:2007/02/18(日) 00:27:29 ID:???
(´・ω・`)

934 :NAME OVER:2007/02/23(金) 20:09:44 ID:???
(`・ω・´)

935 :NAME OVER :2007/03/05(月) 19:34:27 ID:???
初期に結構強い武器があるからって斧をメイン技能にすると後で泣くよね。

斧スキル伸ばして最強の斧使うより、剣スキル無しで準最強の剣(無限に手に入る)を
使った方が強いってのがまた。

936 :NAME OVER:2007/03/20(火) 21:50:06 ID:???
>>935
俺を泣かせるな。

ってゆうか、このスレがまだあったことに仰天した。
今、酒飲みながら過去レスを読んでる。懐かしい

937 :NAME OVER :2007/04/21(土) 23:55:43 ID:kKmmVOGB
手投げ武器の存在意義がようわからんかったな。

爆弾とか数に制限はあるけど強力なのがあったり、
中盤で入るブーメランとかトライデントは
「手投げ武器」スキルが高ければ何回も使えるとか、
色々あったけど、結局終盤は「ドラゴンの牙」があれば
遠距離攻撃は足りてしまう事実。

938 :NAME OVER:2007/05/13(日) 14:31:19 ID:???
ペースメーカーつけている患者をやっちゃいけない診察やって殺すのは
基本だよね?

939 :NAME OVER:2007/05/29(火) 23:29:39 ID:???
ほしゅ

940 :NAME OVER:2007/06/04(月) 22:41:30 ID:???
スレまだあってわろた

今やってるけどオウムとか使い道ないのな

941 ::2007/06/09(土) 12:54:04 ID:???
もうすぐ4年

942 :NAME OVER:2007/06/18(月) 22:11:21 ID:1srlaWB9
もうすぐ4年

943 :NAME OVER:2007/06/25(月) 14:11:09 ID:???
そして4年

944 :NAME OVER:2007/06/28(木) 06:03:14 ID:???
4年目突入おめ

945 :NAME OVER:2007/06/28(木) 06:16:01 ID:???
>>227
大寒波

946 :NAME OVER:2007/07/19(木) 16:00:19 ID:???
なむ太ー

947 :NAME OVER:2007/08/08(水) 00:22:50 ID:TlmnicfH
奴隷苦

948 :NAME OVER:2007/08/26(日) 03:22:15 ID:???
結局2つめのマジッククイバーに関する書き込みは無かったか
やっぱり存在しないのかな…

使い道の無い換金用アイテムは換金用だって
店の人もはっきりと教えてくれればいいのに…
オウムとかドラゴンティアーとかでスペースとられまくり

949 :NAME OVER:2007/09/03(月) 22:23:01 ID:tcOFo4SJ
eggとか蘇るとかで出ないかなあ
リプレイ読んでもう一度やりたくなった

950 :NAME OVER:2007/10/03(水) 15:04:21 ID:Iv1kzi4m
確か、街一つ滅ぼせるゲームなんだよな

951 :NAME OVER:2007/10/23(火) 08:34:20 ID:???
けっこう滅ぼせるね
サン寺院とか自由都市とか反ナムター軍拠点とか

952 :NAME OVER:2007/11/14(水) 01:18:50 ID:???
ほす

953 :NAME OVER:2007/11/15(木) 12:54:11 ID:mM14tXKU
ネクロポリスのストーンデーモンだったかすぐ逃げる敵と
マッドトードの酒場のマスターを知識・町でふところに
巻物が見えるって文が気になってしかたがありません。

詳細知っている人いたら教えてください、気長に待ちます。

954 :NAME OVER:2007/11/20(火) 07:51:22 ID:???
このスレまだあったんだ

955 :NAME OVER:2007/11/21(水) 01:32:14 ID:???
ちょくちょく覗いてるぜ

956 :NAME OVER:2007/11/26(月) 21:55:06 ID:???
今の技術でドラゴンウォーズをリメイクしたら
オブリビオンみたいになるのかな

957 :NAME OVER:2007/12/06(木) 16:02:10 ID:???
敵はうねうねくねくねしてて欲しいな

958 :NAME OVER:2007/12/28(金) 18:06:28 ID:???
オブリビオンみたいにリアル志向になったら…
基地外や浮浪者などが闊歩するパーガトリーの町は、最高にヤバいだろうな。

もし出たら、日本語版はスタークラフト流の微妙な和訳でお願いしたいものだ。

959 :NAME OVER:2007/12/29(土) 21:41:16 ID:???
5年持たせるつもりか

960 :NAME OVER:2007/12/30(日) 12:02:38 ID:???
あの和訳は味がありすぎる

961 :NAME OVER:2008/01/02(水) 02:22:11 ID:???
すげぇ
このスレまだあったんだ

今年はいい年になりそうだ

962 :NAME OVER:2008/01/03(木) 17:05:35 ID:???


963 :NAME OVER:2008/01/03(木) 23:52:52 ID:???
>>102さんの冒険記を久しぶりに読んだ

964 :NAME OVER:2008/01/09(水) 17:31:26 ID:???
>>92
これって、例えば剣をMAXにしたら他の武器でもダメージが上がるって意味かな

965 :NAME OVER:2008/01/11(金) 10:03:16 ID:2qbwf5Yg
No.696 「ドラゴンウォーズ」

主3 60.44.210.145:8888 @40
┗鏡 solar-flower.ddo.jp:9753 @20

いまやってる

966 :NAME OVER:2008/01/11(金) 20:30:30 ID:???
ファミコンソフトクリアしてく企画のやつか
見れなかった・・・今ドラクエやってるから終わったんだろうが
GJと言っておこう

967 :NAME OVER:2008/02/03(日) 11:32:35 ID:???
ファミコン制覇のWikiでこのゲームの項目を見たが
ドラゴンクイーンはゴリラのような顔だったな。

968 :NAME OVER:2008/02/21(木) 04:57:04 ID:???
保守

969 :NAME OVER:2008/03/02(日) 01:51:01 ID:???
ほす

970 :NAME OVER:2008/03/13(木) 21:02:40 ID:???
あげ

971 :NAME OVER:2008/03/13(木) 22:45:03 ID:???
流石に次スレいらんよな もう語る事も無い

972 :NAME OVER:2008/03/14(金) 09:51:20 ID:???
ドラゴンウォーズというもの二度とスレがいらんほどここで語りつくされたのか

973 :NAME OVER:2008/03/14(金) 20:50:14 ID:R45XqmvA
そもそもお前らはくりあしたのか?

974 :NAME OVER:2008/03/16(日) 22:11:45 ID:???
クリアしてカード貰ったよ。

975 :NAME OVER:2008/03/26(水) 13:48:31 ID:???
保守

976 :NAME OVER:2008/04/03(木) 03:08:47 ID:???
保守

977 :NAME OVER:2008/04/06(日) 09:21:41 ID:???
もうあと3レスで、保守という書き込みが dat 落ちを意味するようになるのか。

978 :NAME OVER:2008/04/12(土) 02:25:54 ID:???
こんなスレあったのか。
むかーし昔やったが、もうほとんど覚えてないなあ。

979 :NAME OVER:2008/04/13(日) 02:09:44 ID:???
書く事有る訳じゃないけど終わるとなるとめちゃめちゃ寂しいな

980 :NAME OVER:2008/04/13(日) 14:52:05 ID:???
デンデレンレンレンレンデンデレンレンレンレンデーンデデレレーン♪
↑プロガトリーの出囃子

981 :NAME OVER:2008/04/13(日) 15:19:26 ID:???
立てないの?

982 :NAME OVER:2008/04/14(月) 01:53:38 ID:???
Amiga版はグラフィックがきれい
冒頭の音楽もいい(・∀・)

983 :NAME OVER:2008/04/14(月) 20:50:22 ID:???
正直リプレイが無ければとっくのとうに落ちてるだろな


984 :NAME OVER:2008/04/15(火) 01:17:09 ID:???
おとすのか?

985 :NAME OVER:2008/04/15(火) 06:59:06 ID:???
立てずに?

986 :NAME OVER:2008/04/15(火) 08:01:35 ID:???
改めて上から見てみると分かるが
保守ばっかだしもう無理かと・・・

987 :NAME OVER:2008/04/15(火) 15:26:09 ID:???
無理か・・・

988 :NAME OVER:2008/04/15(火) 22:02:35 ID:???
無理なのか・・・

989 :NAME OVER:2008/04/16(水) 02:22:02 ID:???
そろそろ・・・

990 :NAME OVER:2008/04/16(水) 03:09:12 ID:???
こことクロハスレとグルッポワンスレが巡回スレって自分に疑問が沸いてきたけど
次スレ立って欲しいなw

991 :NAME OVER:2008/04/16(水) 08:19:38 ID:RXXAd9ZX
住民が増えないんだから立てる意味がない

992 :NAME OVER:2008/04/16(水) 16:58:00 ID:???
たしかファミコン版を カセットのみで200円だかで買った
はじめの方だけやって中断した
バッテリー 切れてんだろうな・・・

993 :NAME OVER:2008/04/17(木) 01:56:50 ID:???
だろうな・・・

994 :NAME OVER:2008/04/17(木) 02:56:28 ID:???
ttp://w6.oekakies.com/p/mari0990/14.png?464
さよならナムターさん

995 :NAME OVER:2008/04/17(木) 05:31:37 ID:???
もしかしてここの住人はウェルトオブイストリアとか好きじゃね?

996 :NAME OVER:2008/04/17(木) 05:57:26 ID:???
( ゚д゚ )

997 :NAME OVER:2008/04/17(木) 05:58:09 ID:???
( ゚∀゚ )

998 :NAME OVER:2008/04/17(木) 05:58:34 ID:???
orz

999 :NAME OVER:2008/04/17(木) 05:59:06 ID:???
orー

1000 :NAME OVER:2008/04/17(木) 06:00:01 ID:???
or⌒

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

350 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)