5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 【わんぱくアナル】 

1 :いけない名無しさん:2008/07/08(火) 01:04:02 ID:eceylJ/r

 Wiiリモコンの本当の使い方知ってます!

2 :いけない名無しさん:2008/07/08(火) 09:52:40 ID:???
(´δ゚@)ホヘー

3 :いけない名無しさん:2008/07/09(水) 18:21:52 ID:???
>>1の家臣でござる。
この度は殿がかように愚かしき板を立ててしまい、家臣一同お詫びの 言葉もござりませぬ。
殿は先の戦での大敗以来すっかりお心を病んでしまい、昼は村娘をかどわかし、
夜ごと酒を召しては家臣に斬りかかる毎日でござる。
奥方様は病で倒れ、折からの飢饉で民は飢え苦しみ、近隣諸国の大名はこれ幸いと
ばかりにわが国との国境を侵し始めている次第にござりまする。
家臣の中にも殿に翻意をいだく者が多く、このままではお家存亡の一大事になりかねませぬ。
しかし、ご安心下され。間もなく殿には出家していただく手はずにござる。
殿が寺に向かう途中に手練れの者をひそませ、殿のお命を頂戴する算段が整っておりまする。
その後は殿の甥にあたられる茂名の上(もなのかみ)様を殿として迎え
我ら家臣一同忠勤を尽くす心づもりでござる。
皆様方には迷惑をおかけして、まことに申し訳ござりませぬが、
今しばらくの辛抱でござる。なにとぞ、なにとぞ殿の此度の所業をお許し下さいませ。


4 :いけない名無しさん:2008/07/11(金) 02:08:22 ID:ADKUxaME
キラ「フレイは優しかったんだ。ずっとついててくれて…励ましてくれて、僕を守ってくれるって…」
サイ「………」

キラ「僕がどんな思いで戦ってきたか…!誰も気にもしないくせに!!」
カトル「………」
シンジ「キラ君…違うよ」
キラ「………!」
シンジ「君は僕達と同じだよ…。君は…!」

鉄也「どうやらキラくんはその曲がった根性を叩きなおす必要があるな。
    キラくん、俺と一緒に来るんだ」

甲児「俺もキラの女々しいところが我慢できねえ。鉄也さん、俺も…」
鉄也「いや、甲児くんは来なくてもいい。俺一人で充分だからな」
鉄也「トレーニングルームに行くぞ…」
キラ「何をする気ですか?ケンカならやめておいた方がいいですよ」
甲児「キラ!てめぇ、まだそんなことを!」
鉄也「よせ、甲児君。ケンカじゃないさ、俺なりのやり方で鍛えなおしてやる」
キラ「………」

5 :いけない名無しさん:2008/07/11(金) 02:18:07 ID:ADKUxaME
トレーニングルームにて

鉄也「ちょうど誰もいないようだな」
キラ「……どうするつもりですか?」
鉄也「服を脱げ」
キラ「…!ど、どうして…!」
鉄也「いいから脱ぐんだ!」
キラ「くっ…!これでいいんですか!」
鉄也「まだだ、下も脱げ」
キラ「なっ!嫌ですよ、そんなの!ふざけてるんですか!!」
鉄也「ふざけてなんかないさ、どうしても嫌なら俺が脱がしてやる」

いきなりキラをマットに押し倒す鉄也

キラ「ぅあ!何を…!やめてください!くそ…!」
キラは抵抗するものの日々の厳しいトレーニングを積んでいる鉄也は軽くキラを組み伏せてしまった
鉄也「どうだ、サイの気持ちが少しは分かるだろう…」

6 :いけない名無しさん:2008/07/12(土) 07:34:09 ID:XP94I+nF
鉄也「お前初めてだな?」
キラ「何を言ってるんですか?」
鉄也「本来なら拳で行く所だが……」

キラの菊問に指をあてがい、ズブズブと挿し込んで行く鉄也

キラ「うわぁぁぁっ!」
鉄也「騒ぐな、力を抜くんだ。」
ズブズブズブズブ
キラ「う……く……」
鉄也「ドリルプレッシャー!」

挿した指にさらに回転が加わる

キラ「はあああっ!!!」
鉄也「苦しいか?だがな、お前に大切な人を奪われたサイはお前以上に苦しんでいるんだ。
その何百分の1の苦しみでも味わってやれ。」

鉄也の激しいドリルプレッシャーパンチに息も絶え絶えのキラ

戦闘のプロの地獄の攻めはまだ始まったばかりである……

7 :いけない名無しさん:2008/07/12(土) 07:35:46 ID:XP94I+nF
鉄也「よし、先制攻撃はこの辺でいいだろう。
    次は反撃に備えて迎撃体制を取る訓練だ」
キラ「…くっ……痛い…」
鉄也「…むっ!これは……」
キラ「……え…?」
鉄也「さすがはコーディネーター、一味も二味も違うな。
    こんな反撃はヒイロ達はしてこなかった……」
キラ「?」
    これを見るんだ、キラ君。俺の指先に茶色いものが付着してしまった。
    ……キラ君、これは一体何だと思う?」
キラ「………………」
鉄也「言うんだ」
キラ「………………」
鉄也「言うんだ」
キラ「………………」
鉄也「キラ君!知らないなんて言うなよ!」
キラ「………………」
鉄也「このままではサンダーブレイクが撃てない」
キラ「………………」
鉄也「キラ君!こいつの正体を教えてくれないなら、サイに、いや、フレイに、
    今すぐこいつを見せに行ったっていいんだぜ。
    俺のグレートがフリーダムにやられた、ってな」

8 :いけない名無しさん:2008/07/12(土) 08:21:59 ID:???
糞ワロタ

9 :いけない名無しさん:2008/07/12(土) 16:28:10 ID:???
わっふるわっふる

10 :いけない名無しさん:2008/07/12(土) 19:34:45 ID:???
スレタイでふいた

11 :いけない名無しさん:2008/07/13(日) 01:09:56 ID:???
わっふるわっふる

12 :いけない名無しさん:2008/07/13(日) 05:36:26 ID:pc8g0Jlm

キラ「くっ……う、うんこ…です……」
鉄也「何?うんこだと?キラ君、一体誰のうんこだと言うんだ。言ってみろ」
キラ「……鉄也さん、もうこんな馬鹿なことはよして…」
鉄也「こちら鉄也だ!至急サイとフレイを――」
キラ「僕のです!………うっ…」
鉄也「僕ではわからない。この茶色い物体の責任者のフルネーム、
    それから所属部隊、小隊名まではっきりさせてくれないか」
キラ「………こんなことに、何の意味があるというんです…」
鉄也「この剣鉄也の前で隠し立ては出来んぞ!さあ、吐け!」
キラ「……キラ・ヤマト、αナンバーズ所属、小隊名は……『禁色』(構成:鉄也&キラ。以上)です」

デク「おいラパパ(=ペットのリス)ー、勝手にうろつくなってえ!
   トレーニングルームは絶対勝手に入っちゃいけないって鉄也が……あっ!コッ、コスモー!!」
鉄也「!!」
キラ「デク君!今すぐベスさんを呼――」

一瞬でデクの背後に回りこみ、口を塞ぐ鉄也。

鉄也「デク君、今からこの手を離すが、決して大声をあげないと約束してくれるね?
    大声をあげたら、君を新型の戦闘獣とみなして、即、息の根をとめる。
    俺は言ったことは実行する男だぜ、デク君」

うなずくデク。

ラパパ「チューチュー!」
鉄也「やかましい小動物め!懲罰房に入っていろ!」
キラ「あっ!痛…痛い!!ああーっ!!」

キラの肛門に頭部を強引にねじ込まれるラパパ。

鉄也「3P+獣姦か。命を燃やす時が来た!いくぞ!」


13 :いけない名無しさん:2008/07/13(日) 07:50:19 ID:???
わっふるわっふる

14 :いけない名無しさん:2008/07/13(日) 10:11:39 ID:???
わっふるわっふる

15 :いけない名無しさん:2008/07/13(日) 13:25:38 ID:???
わっふるわっふる

16 :いけない名無しさん:2008/07/13(日) 20:04:26 ID:???
どーなつどーなつ

17 :いけない名無しさん:2008/07/14(月) 03:18:00 ID:6YQoYIaE
うんこの付いた手で口を塞がれたため、口元がうんこだらけのデク。

デク「あれっ?なんだー、口のまわりがドロドロするぞー?あっ、くさ、臭いぞこれー!」
鉄也「デク君、それはうんこだ」
デク「うわ!なんだってぇ!?(裏声)」
鉄也「デク君、それはキラ・ヤマトのうんこだ」
デク「わぁーっ!キラー!臭すぎるぞー!!わぁー!」

うつむき、赤面するキラ。

鉄也「キラ君!この物体は君の所属だと言ったな。責任をとって綺麗に拭い取るんだ。君の舌でな」
キラ「…くっ、鉄也さん…その前に、この……お尻の…お尻に挿入ってるモノを抜いてください……」
鉄也「なんだと?」
デク「あっ!ラパパが!ラパパーー!!」
キラ「あっ!ああ!あっ!くうっ!!」

キラの体内から、ラパパを引き抜こうとするデク。しかし、ラパパの頭部は容易に肛門から抜けない。
デクは強引かつリズミカルに、ラパパを引き抜こうとする。

キラ「あっ!やめるんだデクく、あっ!あっ!」
鉄也「むっ!キラ君。君のペニ、いや、股間のキラきゅんゲージが反応している。デク君、こいつは何時の方向だ?」
デク「十一時の方向!」

18 :いけない名無しさん:2008/07/14(月) 03:19:54 ID:6YQoYIaE
次第に膨張していくキラの性器。とくん、とくんと波打って。
快感によるキラの肛門の収縮が、次第にラパパの体をますます深く、深く、奥へと呑み込んでいく……。

デク「わぁーっ!ラパパが吸い込まれてるって!キラ、吸い込むなって!こいつー!!」
キラ「ふうっ!……くっ、はあ、ああっ!ん………あん!」

怒張したキラの性器の先端から、無色透明の液体が、糸を引きながら垂れ落ちる。

デク「鉄也ー!助けてやってくれよー!
   このままじゃ全部入っちゃうってえ!もうしっぽしか出てないしさ!ラパパ、ラパパー!」
鉄也「デク君、マジンガーブレードを使え!」
デク「わあぁぁあーーっ!!(裏声)」

19 :いけない名無しさん:2008/07/14(月) 15:26:23 ID:???
わっふるわっふる

20 :いけない名無しさん:2008/07/14(月) 19:30:02 ID:6YQoYIaE
コスモ「確かこの辺でデクの声が聞えたような……おいデク!隠れているのか?
     暇なんだったらイデオデルタの配線を――
     ……あ………あぁ…………………」

コスモのヘルメットのバイザーに、超アクロバティックな体位で激しく犯されるキラとデクが映る。

コスモ「剣鉄也めえぇーーーーーーーーーーっ!!!!!」(ここで荘厳なBGM)

              THE IDEON

           BE INVOKED 発動篇

夢中の鉄也の肛門に、光線銃の銃口を突き刺すコスモ。

キラ「コ、コス………」
鉄也「むっ!伝説の巨神に後ろを取られただと!!」
デク「コスモー!コスモー!ラパパが……ラパパが死んだよー!」
コスモ「ええーい…!男同士の性交は無意味なはずだ!なぜ襲う?なぜ犯す!?(涙声)」
鉄也「男同士の性交が無意味なら、俺たちαナンバーズのこれまでの戦いも無意味だったということだな」
コスモ「なぜそうなる!!俺たちはお前に、父を…兄を…隣人を犯された!
    その上、今度はデクだってぇ?!……ちくしょう、デクはまだ十分に生きちゃいないんだ!」
鉄也「頭だけでは飽き足らず、陰毛までアフロ化している変態が何を言う!」
コスモ「誰がそうさせた!!(※先週鉄也に無理矢理させられた)」
デク「コスモーッ!撃っちゃえーっ!!」
鉄也「グレートマジンガーの肛門は調合金ニューZだぜコスモ君!そんな光線銃など通用せんぞ!」
コスモ「男だからという理由だけで訳もわからないままに犯されるのに従わなければならないのかよ!
     やってやる…俺達は生き残るために戦うんだ!!」
キラ「…コ、コスモさん……」
鉄也「来い、伝説巨神!イデの無限力と俺のグレート、どちらが上か勝負だ!」

(ここで「鉄也のテーマ」演奏開始)

鉄也「くらえ!ブレストバーン!」

しかしブレスト以外の箇所が赤く輝く鉄也

21 :いけない名無しさん:2008/07/14(月) 20:24:57 ID:???
吹いたwwwwwwwwwww

22 :いけない名無しさん:2008/07/15(火) 08:17:17 ID:???
わっふるわっふる

23 :いけない名無しさん:2008/07/15(火) 13:44:23 ID:???
わっふるわっふる

24 :いけない名無しさん:2008/07/15(火) 21:35:07 ID:???
わっふるわっふる

25 :いけない名無しさん:2008/07/16(水) 16:18:50 ID:???
わっふるわっふる

26 :いけない名無しさん:2008/07/16(水) 21:23:44 ID:elooTIz3

 
   【アナルチャレンジ】

 

27 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 01:10:03 ID:yKCFFeE4

マコト「高エネルギー反応!パ、パターン黒!これは……」
ミサト「黒ですって!?そんなパターンは存在しないはずよ!?」
マコト「し、しかし、実際に…。位置は………艦内の旧トレーニングルームです!」
ミサト「それも艦内からですって!?」
アムロ「ブライト、嫌な予感がする………」
ブライト「………ああ…」

何かを思い出したかのように顔を見合わせ、赤らみうつむく二人。

甲児「どうしたんだい、アムロさん、ブライトさん。らしくねえぜ!
    どうせ機械の故障だろ?心配なら俺が見てきてやるよ!ミサトさん、行ってくるぜ!」
ミサト「甲児君、もしかしたら敵の侵入者かもしれないわ。白兵戦の準備をして行って」
甲児「必要ねえって!この兜甲児様の手にかかりゃあ、どんな機械獣でもモビルスーツでもイチコロよ!」
さやか「甲児君……気をつけてね。何か怖ろしいことが起りそうな予感がするの」
甲児「相変わらず心配性だな、さやかさんも!まかせとけって!」
ボス「甲児…」

甲児の後姿を心配そうに見つめるさやかとボス。その二人のもとに、
兜甲児の精神は――――二度と帰ってくることはなかった。

28 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 01:11:34 ID:yKCFFeE4

一方、ソロシップでは――

ハタリ「おい、ベス!ちょっと来てくれ!イデのゲージがおかしいんだ!」
ベス「どうした?ハタリ」

    /|\
     |
     |

アーシュラ「あ!あれって相合傘っていうんだよー!」
カーシャ「まあ、物知りさんなのね、アーシュラ」
シェリル「おかしいわ……イデのマークは、第六文明人の文字の複合のはずよ。
      あれでは、何の文字も成さない…」
ハタリ「見ろベス!ゲージがさらに上がっていくぞ!輝きを増して――」

     /|\
    鉄|キ
    也|ラ

ファード「う…うわぁああああ!!!!」

鉄也の二字を見て、ファード(約10さい)の脳裏におぞましい記憶がよみがえる。
突如として巻き起こる、男性陣の叫喚。突然の出来事に、混乱する女性陣。
ソロシップ内は大パニックに。

ベス「鉄也だと!ハタリ、今すぐDSドライブをかけろ!亜空間に逃げ込むんだ!!」
ハタリ「りょ、了解!!」

29 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 02:39:48 ID:???
わっふるわっふる

30 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 16:52:49 ID:yKCFFeE4
菊門から血を滴らせ、トレーニングルームの窓から、
離れ行くソロシップを虚ろに眺めるコスモとデク。傍らには、銃口が熔解した光線銃が落ちている。

コスモ「見ろよデク。ソロシップが……DSドライブに入った。
     これでまたソロシップは宇宙の逃避行に逆戻りってわけさ」
デク「それって、オレたち見捨てられたってことかよ?」
コスモ「ああ、そうさ!畜生……ベスさん、カーシャ、なぜだ!?
     俺達は、ずっと一緒に戦ってきた仲間じゃなかったのかよ!それを……(涙声)」

どうやら鉄也にとって、コスモとデクは使い捨ての機体に過ぎなかったようだ。
鉄也は今、本命のキラを上機嫌に犯し続けている。小唄さえも交じえながら。
歌っているのはマジンガー系の歌かと思いきや、意外にも「残酷な天使のテーゼ」。
どうやら鉄也は密にエヴァが好きらしい。

鉄也「あーおいー、かぜーがーいまー、きみーのケツをーひらいーても、
    てつやーだーけを、ただみーつーめて、ほほえーむキーラ・ヤーマトー♪」

歌詞の上には、鉄也一流の改良が施こされているようだ。


31 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 16:54:00 ID:yKCFFeE4

キラ「…………も、もう……僕は…死にたい………サイ…ごめん………僕が間違っていた…」
鉄也「そーっとー、ふれーるーものー、もとーめーることーにむーちゅーうでー、
    うんめーいさえー、まだしーらーないー、いたーいーけなーひーとみー♪」
甲児「て、鉄也さん!こいつは…この状況は……!」
鉄也「…甲児くんか………」
キラ「甲児さん……た…すけて………」
甲児「そ、そうか!Dr.ヘルに操られているんだな!あいつらのやりそうな卑怯な手口だぜ!
    こうやってαナンバーズの結束を乱す作戦とはな!出て来い、あしゅら男爵!」
鉄也「甲児君……マジンガーZにファイヤーオンすればどうなるものか、ずっと試したいと思っていた…」
甲児「何言ってんだ鉄也さん!そんなことをしたら、コクピットがぶっ壊れちまうぜ?」
鉄也「鈍いのね、甲児君は……」
甲児「て、鉄也さん?!言葉まで変になって……そんなに強力な洗脳を受けて――」
鉄也「おだまり!!」

ファサッ

戦闘服を脱ぎ捨てる鉄也。
鉄也は何故かその下にブラをしていた……。

32 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 17:28:14 ID:???
わっふるわっふる

33 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 22:19:08 ID:???
わっふるわっふる

34 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 23:13:08 ID:JuhayS+S
お前ら最低だよ
こんな気色悪いスレッド初めて見た

35 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 23:50:26 ID:???
鉄也「そう・・旨いよ、きら・・すごく・・・もうマジンゴーだよ・・」
時と共に激しさを増すキラのカリドゥスに、俺はブレストバーンしていた。
正直、いまだ子供のキラでは充分満足できるグレートブースターは得られないと思っていたのだが、
キラの激しいシュペールラケタは思った以上のマジンガーブレード。
キラ「鉄也さん、どう?ハイマット?」
鉄也「あぁ・・・すごく、ファイヤーオンだよ・・」
自分の上で腰をスクランブルダッシュするキラのMMI-GAU27D 31mm近接防御機関砲×2を愛撫する。
鉄也「愛してるよ、キラ・・・こんなファイヤーオンしちゃった以上、もうお前をガッツゴーしたりしないから・・・・・・・」
キラ「うん・・・ぅ、ん・・ネーブル・・ミサイルしないでっ・・僕たち・・もうフリーダムなんだから・・・!」
俺はキラのクスフィアスを舌でグレートタイフーンし、キラはラケルタを更にアンビデクストラス・ハルバードする。
鉄也「ああ・・・お前は最高のサンダーブレークだよ・・!」
キラ「僕・・もう・・・ダメ・・・ハイマットフルバーストしちゃう・・・!」
キラのパラエーナはもうプラズマ収束ビーム砲だ。
するといきなり宙が急に扉をジーグブリーガーした。
GEEG「あんたたち・・・ビルドアーップ!!」

36 :いけない名無しさん:2008/07/17(木) 23:59:40 ID:???
>>34
                 -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ 
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  | 
       |  !                        |  | 
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ  ホーモ ホーモ ホモ 男の子
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  ホモの国からやってきた
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  ホーモ ホーモ ホモ 勃ってきた
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !   ビンビン チンポの 男の子
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     


     )     __      r(    ,、_         /な オ 本
  あ (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr〜ヅ´ ミ        ,'. ん  ト 当
  あ  /            ヽ フハ    _ ミ        {. だ コ は
.  っ  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  ろ ず
   !!   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  ? き
     (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\
       V     ヽ      /         {        \    \\

37 :いけない名無しさん:2008/07/18(金) 00:01:10 ID:???
わっふるわっふる

38 :いけない名無しさん:2008/07/19(土) 01:00:38 ID:dSPEH1no

甲児「て、鉄也さん!一体なにを付けてるんだ!し、しかもそれは………さやかさんのブラじゃねえか!!」
鉄也「さやかさんさやかさんと、いつまで経っても進歩のない男だな、甲児君は。
    そんなことでは、今から始まる厳しい戦闘訓練に耐え切ることは出来んぞ。
    安心しろ、今にさやか君よりも、弓教授の方に欲情するようになる……」

39 :いけない名無しさん:2008/07/19(土) 15:04:16 ID:dSPEH1no

鉄也「よし、マジンガーZにファイヤーオンだ!!
    ファ、ファイヤー……ファイ、…くっ……むん!……よ、よし…ファイヤー…オー…、
    ええい!甲児君!じっとしていろ!パイロットが搭乗しないことには始まらんだろう!!
    パイロット不在で動く機体など……初号機か甲児君は!(※エヴァ好き)」
甲児「うわーい!お、俺にそんな趣味はねえよーっ!勘弁してくれ、鉄也さん!
    そ、そうだ!ボスたちを連れてきてやるからさ、それで……」
鉄也「あんなこきたない連中のケツなどいるものか!
    いや、そのうち頂くには頂くが……それより今は………甲児君!甲児君!!甲児君!!!」
甲児「わ、うわぁーっ!コ、コスモたちも黙ってないで何とか言ってくれよ!」
コスモ「……平和ボケなのさ、あんたたちはね…。
    ここまで迫られると、もう、鉄也にケツを差し出すしか、ないっ!!」
鉄也「背中を見せるな甲児君!それでも地球の平和を双肩に担うマジンガーのパイロットか!
    今こそ命を燃やす時だぜ!覚悟を決めろよ!甲児君!!」
甲児「か、関係ねえだろーっ!!うわぁーーっ!」
鉄也「…くっ!甲児君………君には失望した。どうやら君は、
    マジンガーのパイロットとしての覚悟も誇りも失ってしまったらしいな」
甲児「鉄也さん……俺は……」

鉄也の熱い言葉に胸打たれ、甲児の足が一瞬止まった隙に、
抜け目のない鉄也は、しっかりと甲児の髪の毛を捕らえてしまった。

甲児「き、きたねえぞ鉄也さん!!」
鉄也「……フン…………」

鉄也は甲児をトレーニングルームの奥まで引きずっていき、薄暗いシャワールームに乱暴に放り込んだ。
そうして、ガチャーン! と、外側から巨大な鉄錠前を掛けてしまった……。

40 :いけない名無しさん:2008/07/19(土) 21:27:09 ID:???
俺のコードネームは刹那・F・セイエイ。

     ソレスタルビーイングのガンダムマイスターだ!!

41 :いけない名無しさん:2008/07/20(日) 10:12:51 ID:???
わっふるわっふる

42 :いけない名無しさん:2008/07/21(月) 08:52:59 ID:???
続きマダー

43 :いけない名無しさん:2008/07/22(火) 16:02:13 ID:???
わっふるわっふる

44 :いけない名無しさん:2008/07/22(火) 18:04:16 ID:???
わっふるわっふる

45 :いけない名無しさん:2008/07/22(火) 19:28:32 ID:???
わっふるわっふる

46 :いけない名無しさん:2008/07/23(水) 08:34:29 ID:???
わっふるわっふる

47 :いけない名無しさん:2008/07/23(水) 09:37:02 ID:???
わっふるわっふる

48 :いけない名無しさん:2008/07/24(木) 16:04:36 ID:???
わっふるわっふる

49 :いけない名無しさん:2008/07/27(日) 21:19:38 ID:???
わっふるわっふる

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)