5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ギャルゲ・ロワイアル2nd 本スレッド12

102 : ◆guAWf4RW62 :2008/06/16(月) 22:31:29 ID:GyFrYAkW
「……良いだろう。但し、最初に話すのはお前達からだ」
「分かった。このみさん、まずはドライさんについて、どういう経緯で知ったのかを話してくれ」

交渉は成立。
烏月に促されて、まずはこのみが話し始める。

「このみがドライさんについて知っているのは、直接会ったからだよ。
 場所は……まだ云っちゃ駄目なんだよね」
「ああ、その通りだね。では今度は、貴方が話す番だ」
「……俺が羽藤桂について知っているのは、電話で会話をしたからだ」
「次は――相手が居た場所と時刻だね。このみさん」

烏月が話を振って、このみとツヴァイが答えていくという形が続く。
双方共に騙し討ちや奇襲を狙ったりはしない。
探し人に繋がるかも知れない情報を、みすみす逃したりする筈が無い。

「このみがドライさんと出会ったのは、島に飛ばされた直ぐ後。場所は島の北にある教会だよ」
「……俺が羽藤桂と話したのは、第二回放送の直前だ。場所は、歓楽街の辺りに居ると聞いた」
「次は……その時の状態についてかな? ドライさんは、何処も怪我はしてなかったと思う。
 吾妻玲二さんって人やアレンさんって人を探してたよ」
「……そうか」

このみの言葉を聞いて、ツヴァイは内心ほっと胸を撫で下ろしていた。
どうして名簿上で、キャルの所にドライと書かれてあるのか分からなかった。
もしかしたら、自分の知るキャルとは別人では無いか、という懸念があった。
だが自分の事を探してくれている以上、本物のキャルであると考えて間違いないだろう。
何故キャルがアインについて知っているのかは疑問だが、それは後で本人に聞けば良いだけの事。
不安が一つ解消されたツヴァイは、情報の代価として口を開く。

「……羽藤桂は、現在アル・アジフという少女と一緒に行動しているそうだ。
 この殺し合いを止めたいと云っていた。電話で話しただけだから、健康状態については分からないな」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)