5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

或る真剣師の告白

1 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:02:14 ID:DM8CdR1z
 毎年、この時期になると思い出す男がいる。
私の祖母は、東北のA県で民宿を営んでいました。
かなり広い民宿で自宅も兼ねていました。
敷地には蔵が幾つかあり、祖父はその蔵を利用し
米屋をしていました。
特に、民宿は繁盛しており、毎月、行商や旅人が
入れ替わり立ち替わり、かなり賑わっていました。
民宿の客人の中には、将棋の腕が立つ者もいて
昼は行商、夜は真剣という者もいました。


2 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:07:14 ID:iBsqWCjN
そよ好きだー!
みるく好きだー!
受け師好きだー!

3 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:10:23 ID:DM8CdR1z
昭和50年代。
当時小学生だった私は、お盆の時期毎年祖父母のその民宿へ
帰省していました。
祖父は、当時地元では、かなり将棋が強く
当然、夜になると客人と真剣をしていました。
茶碗にお札を突っ込み、対局している姿をほぼ毎夜
見ていました。
祖父から将棋を教えてもらっていた私は、その対局を
いつもワクワクして眺めていました。
あの男が現れるまでは・・・。

4 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:15:06 ID:E6l3uDmx ?2BP(2222)
            ,.,.,.,.,.,.,.,.,__
           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( 。);( 。)   
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ; ほほう それでそれで?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''

5 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:21:37 ID:DM8CdR1z
その男の事を、祖父は、「ナベヤ」と言っていました。
ナベヤは行商で、包丁を研いだり、お鍋のへこみや穴を
直す業で生計を立てていたようです。
ナベヤはとにかく将棋が強い。
祖父も普通の客人相手には、勝ったり負けたりなのだが
ナベヤには一つも勝てない。
祖父母は、かなりの豪商で、お金には困った様子が
ないので、祖父は負ければ払い、勝てば相手から
マッチ棒をいただき、決して負けた相手からお金を
取る事はなかったのだが、とにかくナベヤには
お金を払いっぱなしだった。

6 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:23:59 ID:7W8WzW1Y
それから,それから?

7 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:30:46 ID:DM8CdR1z
ナベヤは、昼は行商に行き、夜は祖父と真剣を
指していました。
或る日、珍しくナベヤが昼から部屋に入り
一人でお酒を飲んでは、ブツブツと独り言を
言っています。
私は、好奇心でそのナベヤにちかずきたくて
こっそり部屋をのぞいたのです。
ナベヤは私に気付いて、部屋に招き入れました。

「坊ちゃん、将棋は指せますか?」

それが、ナベヤの私に対する第一声です。

8 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:31:37 ID:7W8WzW1Y
ふむ、ふむ

9 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:37:05 ID:BJum2IUi
以下、ナベヤカン禁止

10 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:42:14 ID:DM8CdR1z
ナベヤは、私を部屋に招き入れると
矢継ぎ早に、祖父の話をし始めました。
祖父は、昼は米屋をやっていましたので
家にはいません。
ナベヤは、祖父との出会い、祖父の人柄、
そして、祖父の御蔭で貧乏な行商が、小遣い銭を
いただけている事を感謝していると言ってました。

「どうです?坊ちゃん一局?」

ナベヤは、袋から将棋盤と駒を取り出し私に言いました。

「一局10円。私が勝てば坊ちゃんからいただく、私が負ければ
 30円、坊ちゃんにお支払いいたします。」

私の、人生初の真剣が始まりました。

11 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:45:09 ID:ImUoi3Wr
ひっそりと期待

12 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:46:06 ID:7W8WzW1Y
小学生なら、10円とられちゃうだろうねぇ・・・
それで?

13 :名無し名人:2008/08/28(木) 01:58:28 ID:DM8CdR1z
民宿は、一日中騒々しいものです。
繁盛していたせいもあるでしょうが、
その年は、近くで何か建設か工事でも
あったのか、昼から作業服を着た工夫らしき
人が、一階の食堂で、どんぶり飯をかっ食らって
いました。
民宿には、何人もお手伝いさんがいて、一階から
二階を行ったり来たり、昼が終わればすぐ夕飯の
支度です。
祖母は、大勢のお手伝いさんをまとめて、頼もしい
存在でした。
忙しい中、私が台所に顔を出すと、イヤな顔一つせず
よくカステラやケーキを出してくれました。
時間にして5〜10分位でしょうか、一緒に食べては
学校の話やお友達の話を聞いてくれました。
私にとっては、1時間にも2時間にも感じられる時
でした。



14 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:10:28 ID:DM8CdR1z
私が、初めて将棋を覚えたのは小学4年です。
当然祖父から教えていただきました。
この時は、小学6年で、毎年盆、正月は祖父母
の家(民宿)へ遊びに行っていました。
祖父母は、母方なので、母もその時は民宿の
お手伝いをしていました。
父は、3〜5日位いて、その後は仕事があるとか
で帰っていきます。
祖母は、祖父が賭け将棋をしているのを特に気に
止める事もなく、むしろ見守っている様でした。

15 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:13:56 ID:7W8WzW1Y
ワクワク
でも眠いから明日読もう。ネムネム

16 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:21:45 ID:DM8CdR1z
私の攻めが受け切られ、攻めが切れる。
今風に言えばそうなるでしょうか。
ナベヤの将棋は徹底した受け将棋。
小学生の将棋は、早指しです。
ナベヤは、こちらに合わせるように早指しで
まるで今までの、お友達将棋とは違う、得体の
しれない、将棋に気持ち悪くなりました。

「負けました」

私が告げると、ナベヤは言いました。

「坊ちゃん、3級です。」

容赦無く、お茶碗の中にある10円を取られました。

17 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:32:08 ID:DM8CdR1z
「坊ちゃん、もう一番いきましょうか?」

ナベヤの誘いに私は、すぐに駒を並べ直しました。
2局目の開始です。
当時の私は、7六歩からの中飛車が得意で
当時、自宅近くの将棋が強いおじさんからは
「初段」と言われていたので、頭に血がのぼった
のでしょう、とにかくこんなはずではないと、
とにかくナベヤに勝ちたいと思ったのでしょう。

「負けました」

私が告げると、ナベヤは言いました。

「坊ちゃん、今の将棋は8級です」


18 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:34:58 ID:J6r7/65g
おもしろいです。しかも、昭和の純文学を髣髴させる感じがまたいいw

19 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:43:28 ID:DM8CdR1z
私の持ち金は100円。
気づくと手元には、10円しか残っていません。
0勝9敗。
事ここに至って初めて、事の重大さに気付きます。
若者はいつの時も、無鉄砲です。
今までとても楽しかった将棋が、ただの9局で
イヤになり、嫌いになり、怖くなり、悔しくて
半分泣いている私に、ナベヤは言います。

「坊ちゃん、もう1番どうです?」

この男、子供相手でも容赦無い。
鬼・・・私はそう思った。

20 :名無し名人:2008/08/28(木) 02:50:56 ID:joPjDbqD
木楽にもこのくらい文才あればなあ
続き楽しみにしてるよ

21 :名無し名人:2008/08/28(木) 03:09:05 ID:DM8CdR1z
木造2階建ての一室、6畳一間はもはや
私にとっては監獄。
逃れる術も思いつかない子供にとっては
すでに蛇に睨まれた蛙。
あまりにも非情。
闘って負け、全てを失うだけ。
1%の希望も無い現実、勝負。
100%の絶望。
誰にも言えない屈辱。

容赦なく並べられる駒。
アナログな針の音だけが静寂を破る。
時刻は3時になっていた・・。


22 :名無し名人:2008/08/28(木) 03:13:48 ID:uZXoi0Ne
…。

23 :名無し名人:2008/08/28(木) 03:24:32 ID:DM8CdR1z
私は、救いを求めていました。
祖父が帰ってきて

「それくらいにしてやれ」 

と一言、言ってもらえたらどれほど楽になれるでしょうか?
今思えば、仮に祖父が帰ってきたとしても
ここは客間の一室、祖父が入ってくる事など
ありえません。
客間に、監獄に自ら入ったのは、この私なのです。
将棋に、魅力を感じなくなった私にとって
最後の対局は、消化試合、ただお金を
巻き上げられる儀式でしかありません。

「では・・坊ちゃんからどうぞ。」

全局私の先手。
7六歩。 その時ナベヤは言いました。

「坊ちゃん。その手はありませんよ・・」

初手にケチを付けられた私に、ナベヤは
続けて言います。

「飛車先、突いてみたらどうです?」


24 :名無し名人:2008/08/28(木) 03:42:36 ID:DM8CdR1z
今、私の手元に一枚の緑色の手合いカードがあります。
年月日は、13 11 ○(都合上日付部分は伏せます)
どうやら、平成13年の物の様です。
一番上には、ルールや礼儀を守って指しましょう。
下には、勝った方は自分のカードを上に重ねて・・・・。
私はこの日、将棋連盟の道場にいた。
東京で就職につき、この日前日に退職したのです。
田舎に帰ろう・・。
思い出作りに、一度将棋連盟で将棋を
指してみよう、そう思ったのです。
たしか午前中は、雨だった気がします。

つづく・・。?




25 :名無し名人:2008/08/28(木) 03:50:34 ID:2xCXZfQx
wktk

26 :名無し名人:2008/08/28(木) 05:18:34 ID:riY5a/gY
このテレビで話みたことあるぞ。
たしかナベヤは実はいい人でその子の才能を見込んで三人の真剣師と戦わせるんだろ?

27 :名無し名人:2008/08/28(木) 05:20:08 ID:riY5a/gY
あちゃ

28 :名無し名人:2008/08/28(木) 05:33:55 ID:l9jcQ7Ry
ナベヤってモンゴ臭いよね?

29 :名無し名人:2008/08/28(木) 06:01:50 ID:0PQXJ9vB
>>26
ナベヤは巨乳のメイドの行商してるの?w

30 :名無し名人:2008/08/28(木) 07:01:56 ID:zI6UjPnL
気になる〜先生続きはまだですか?

31 :名無し名人:2008/08/28(木) 07:41:25 ID:mvoSacIg
>>26
まさか、雁木→穴熊→早石田じゃあるまいな?

32 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:03:07 ID:DM8CdR1z
初めて連盟を訪れた感想は、階段が
狭いという事でした。
当時は、道場に入ると右側に長テーブルがあり
そこに受付(手合い係)の人がいました。
お金を支払い、手合いカードをもらい、名前を
書き込み受付に提出します。
しばらくすると名前が呼ばれます。

「○○さんと○○さん対局してください」

カードを受け取りに受付に行き、対局が始まります。
私は、当時20代後半でした、対戦相手は小学生。
カードの相手の欄には、S(名前)、手合の欄には4と書いてありました。
どうやら4級の様です。

33 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:10:28 ID:cQbFcCyB
>>20
いやいやいや、そんなに文才はないだろ。
文章の短さ、末尾など携帯小説やライトノベルのレベル。
文書作法が間違っているのは才能じゃなくて知識の話だけど
それにしたって全然なってない。

入門書の一つも読んで出なおし。

34 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:13:26 ID:DM8CdR1z
祖父の帰りが随分遅かったのを覚えています。
夜の8時でした。
なぜ正確に時刻を覚えているかと言うと、当時
田舎町では、お昼、夕方5時、そして夜8時に
町内放送(?)でチャイムが鳴っていたからです。
祖父は、8時のチャイムとほぼ同時に帰宅しました。

「お帰りなさいませ。旦那さま」

何人かの、お手伝いさんがそう言っていました。
祖父は、私にプレゼントを買ってきたと言い、
大きな包みを私にくれました。
開けてみると、それは「ファミコン」でした。

35 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:23:22 ID:DM8CdR1z
当時、近所の友達にファミコンを持っている
子が一人いました。
毎日、彼の家へ遊びに行きマリオやドンキーコング
をしていました。
ファミコン発売から、そう経っていない頃です。
田舎の子にとってファミコンは、子供にとって
ステータスの一つでした。
しかし祖父は、肝心のカセットを買ってきませんでした。
ファミコン本体で、ゲームができると思っていたのでしょう。
祖父は、祖母に言いました。

「ナベヤを部屋に呼んでくれ」

36 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:33:00 ID:XGMRUe2J


うお〜!!!

一気に読んで来た!!

次次読みたいです!!

37 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:33:30 ID:dSqcCg2c
将棋会館でのできごととファミコンと、並列で話が進むのか

38 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:35:27 ID:DM8CdR1z
祖父は、将棋の強いナベヤを人一倍お気に入り
にしている様でした。
つい数時間前に、ナベヤに全額取られた私ですが
ファミコンの御蔭で、その思いも消えていました。
私は、ナベヤに会いたくなかったので、祖父の部屋を
ファミコンを抱えて出て行きました。
ナベヤとは、2,3日顔を合わせなかったでしょうか。
とにかく会えば、将棋の相手をさせられると思ったのです。
勝てない勝負(ゲーム)をする苦痛、を知った小学6年生でした。


39 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:45:07 ID:DM8CdR1z
ナベヤが帰る日が来ました。
前日の夜、祖父の部屋に呼ばれるとナベヤがいました。
私が、ファミコンを抱えて祖父の部屋を出てから
何回かナベヤとは顔を合せましたが、一度も対局して
いません。
私が、ナベヤを見つけると逃げていたからです。
ナベヤが一瞬

「坊ちゃん、一緒に将棋でも・・・」

と、手を挙げるナベヤを私は避けていたのでした。
祖父が私に言いました。

「一局教えてもらったらどうだ?」

ふざけるな。泥棒!そう思いましたが、祖父の手前受けました。



40 :名無し名人:2008/08/28(木) 16:53:31 ID:DM8CdR1z
当然、勝負は真剣です。
そのへんは、祖父も了解済みらしく、決して
タダの将棋はしません。
私の金主には、祖父がなりました。

「坊ちゃん、私が勝てば10円いただきます、
 私が負ければ、100円お支払いたします」

私にすれば、どうでもいい勝負でした。
気持ちがファミコンに行っていたからです。
勝負が始まりました。

41 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:03:41 ID:XGMRUe2J
先生、焦らなくていいから、克明な描写をお願いします!
詳細な描写がそのまま味が出てて良かです!

ワクテカワクテカ(AAは携帯につき略)

42 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:04:38 ID:DM8CdR1z
大学生時代。私の学校が東京高幡不動にあり
よく立川の将棋道場に行っていました。
元アマ名人が席主であるその道場は、南口にあり
駅からの歩道橋(?)を下り、整備された道路を
まっすぐ歩くと左手にありました。
当時、入ると右側に受付があり、冷蔵庫があり
受付には、席主の詰将棋の本が売られていました。
入って一番奥が座敷になっており、席主が盤に駒
を並べて詰将棋を作っている姿を、何度か見かけ
ました。

43 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:07:15 ID:DelpyvbA
真剣、ファミコン、大学、etc
3歩ぶつかれば初段ですね

44 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:09:58 ID:bUOl/D92
投下順番これでいいの?
話の流れ無茶苦茶なんだけど。

45 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:17:10 ID:DM8CdR1z
そのうち、学校そっちのけで、一時期
将棋にのめり込みました。
私の将棋は、おそらくこの時に骨格が
出来たのだと思います。
夜になると、たまに顔を出すHさんに
よく対局していただきました。
当時Hさんは、まだ若くて私と同じ年位
でしょうか。
何度か対局しているうちに、Hさんが言いました

「初手は、角道開けようよ」

この時から、私は振り飛車一辺倒になります。
Hさんは、強い方でしたが、その他の方には
めっぽう勝てました。
ナベヤに言われてから、居飛車を指していた私
ですが、振り飛車にしてからやたらと手が見えていたのです。

46 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:19:54 ID:XGMRUe2J
>>44
じっくり読むときっちり繋がっている!
今、序盤から中盤の入り口。
3方からの攻め準備→攻めが繋がり、
終盤は攻めが殺到→一点でまとまり終局という流れの中盤。


続きワクテカワクテカ!

47 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:28:25 ID:ePsFrRqs
面白い

48 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:32:32 ID:DM8CdR1z
ナベヤとの勝負は、いつも手将棋です。
私が小学生の頃、今のように整備された定跡本
は無かった様に思います。
田舎だからでしょうか。
大体は、実践譜を解説する内容で、本のとうりに
なる事はまずありませんでした。
私は、容赦なく負かされます。
ナベヤは、花を持たせると言う事を、一切しません。
後年ナベヤは、酔うと

「私は、ヤマガタに勝った。ヤマガタに勝った」

とよく言っていました。ヤマガタが山形県を言っているのか
人名なのかは、今も知りません。
ナベヤと再開するには、それから4年の歳月がありました。

49 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:37:57 ID:8LflMr7U
傍話として商売女との童貞喪失話が挟まると文学的完成度は急上昇だな。

50 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:43:12 ID:DM8CdR1z
ナベヤとの対局の後。
ファミコンに夢中になった私ですが、気になる
事がありました。
あの対局が終わって、ナベヤは

「坊ちゃん、3級です」

いつもの査定に、私は思い切って言いました

「じゃあ、ナベヤは何級さ!」

ナベヤは、お茶碗に入った10円をまるで切手を
取るように取り上げると言いました。

「私は、5級です」


51 :名無し名人:2008/08/28(木) 17:56:36 ID:DM8CdR1z
ナベヤは続けます。

「いや、3級かな?1級かな?初段かな?」

少年のような笑顔でおどけ、はしゃぐナベヤ。

次の瞬間。悲しげな表情をしたナベヤは

「坊ちゃん、私は肩書きには興味がないんですよ
 もし目の前に、初段の人がいて、もし私が勝てば
 少なくとも私がその人より強いと言う証明にはなる
 それは、相手が2段だろうが3段であろうが同じ事
 です。 つまり私は、肩書きと闘っているんじゃない
 んです。目の前にいる敵と戦っているのです」

するとナベヤは、また笑顔になり

「いやぁ、だから私は、0級です」

ナベヤの悲しげな表情が印象的でした。
 

52 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:07:57 ID:DM8CdR1z
段や級は、たんなる飾り。
広々とした将棋連盟の道場で、S君は言います。

「お兄ちゃん、何級?」
「あ、ごめん、お兄ちゃん、級持ってないんだ」
「ここ初めて?」
「まあ」

立川で修行中時代、何度か初段免状の話はあった。
なぜか、段や級に魅力を感じない私は、その話を
断り続けました。
人の査定は面白い。
ある人は、私を3段と言い、ある人は1級と言います。
平成13年。私の得意戦法は、ゴキゲンでした。

53 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:11:40 ID:XGMRUe2J
ワクテカワクテカワクテカワクテカ!

54 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:18:47 ID:DM8CdR1z
当時ゴキゲン中飛車は、今ほど流行していなかった
と思います。
私は、将棋世界の連載でゴキゲン中飛車を知り、これは
つかえると思いました。
相手のS君は、ゴキゲンを知らないようで、局後

「その中飛車どの本にのってるの?」

と聞かれました。
快勝。
連盟道場では、勝者が受付に相手のカードと
共に、自分のカードを提出するきまりです。
私の手合いカードの勝敗の欄に、白丸のハンコ
が押されました。

55 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:20:55 ID:lZGDxGrZ
テカテカ

56 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:25:59 ID:ePsFrRqs
支援がひつようだろうか
まさか今書いてるってことないよね

57 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:26:11 ID:DM8CdR1z
高校生になった私は、私立に通う友人と一緒に
私立の通学バスに乗り、祖父の家へほぼ毎日
通いました。
たまたまそのバスの運転手が、昔祖父に世話になった
人で、私とも顔見知りだったため、問題なく乗れました。
相変わらずファミコンに熱中していましたが
キラーソフトが発売されます。

「ドラゴンクエスト」

です。

つづく・・・?



58 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:30:40 ID:XGMRUe2J
>>56

恐らく、只今、執筆中。

皆様、しばらくワクテカで御待ちください。

59 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:37:31 ID:DelpyvbA
ファミコンネタは俗すぎて、昭和の香り台無しだ。
面白いだけに残念だ。

60 :名無し名人:2008/08/28(木) 18:53:19 ID:0PQXJ9vB
必要になるかわからないけど、トリップをつけてもらいたいです

61 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:12:26 ID:tH5m+UHG
13年というと、藤井システムが死にかけの頃かな
藤井が羽生に竜王奪取されたのが13年の竜王戦あたりかも
既にゴキゲンに対する58金急戦はタイトル戦で指されていたと思う

62 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:17:44 ID:dSqcCg2c
俺の世代だと昭和すなわちファミコンだったりするなぁ
平成になったらスーパーファミコン

63 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:22:53 ID:XGMRUe2J
ワクテカワクテカ!

64 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:32:40 ID:DM8CdR1z
この頃、ファミコンでは「ポートピア
連続殺人事件」や「ドラゴンクエスト」等
今までとは種が違うゲームが出てきました。
雑誌はこぞって取り上げ、週刊ジャンプには
袋とじで攻略や、マップや裏ワザが載っていました。
私は、祖父にねだってカセットを買ってもらいました。
ドラクエが5800円位でしたか、普通のカセットが
3000〜4000円でしたので、高かった気がいたしました。
ボンボン気質はどうしようもありません。
その点、田舎はいいものです。
誰にも媚びず、自然が溢れています。
ほぼあの時のままです。


65 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:42:56 ID:DM8CdR1z
私も例外ではなく、ドラクエにはまっていた頃です。
民宿は、昔ほどではないにしろ、相変わらず繁盛して
いました。
私が幼かったのか、必要以上に忙しく感じていただけ
かもしれません。
小学高卒業から高校入学まで、わずか3年ですが
この時期の3年は、少年を大人にします。
世間の見方が変わる時期、とでもいいましょうか。
ナベヤとの再会は、ちょうどお盆の頃でした。

66 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:48:51 ID:XGMRUe2J
ワクテカワクテカワクテカワクテカ!

スーパーピコピコタイム突入!


なんかマジで面白い!

67 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:51:50 ID:A8itiMaS
面白いです
是非、完結するまで書いてください


68 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:58:04 ID:DM8CdR1z
私は、お盆の匂いが大好きです。
雨に濡れた土や草木、線香の匂いです。
ある日、祖父に呼ばれて部屋に入るとナベヤがいました。

「坊ちゃん、ご無沙汰しております」

小学生の時に比べると、かなり小さい人に見えます。
だいぶ老けていて、昔に比べるとやけに老人に
見えました。

「坊ちゃん、一局教えてください」

ナベヤは余計なことは言いません。
ファミコンに熱中していた3年でしたが、思考力は
昔とは比べ物になりません。
苦い思い出も忘れて、その日は将棋に明け暮れました。
掛け金は、一局100円に上がりました。
勝てば100円もらい、負ければ払う。
ハンデ無しです。


69 :名無し名人:2008/08/28(木) 19:59:40 ID:7wW+cZ6C
>>42まで読んだ
すごくおもしろいよ

70 :名無し名人:2008/08/28(木) 20:11:42 ID:DM8CdR1z
一時、止んでいた雨が再び降り始めました。
将棋連盟の、道場の文字が反対に見える窓を
私は見つめていました。
天気が不安定のせいか、客足は増えません。

「○○さん(私)Yさんと対局してください」

受付に行き、手合いカードを受け取ります。
相手はさっきの子よりはちょっと上か?
小学生でした。手合いの欄には3、と書いてありました。
3級のようです。
さっきの子とは違い、人見知りをするのか、
目を合せる事も無く、対局は始まりました。
Y君の先手。7六歩、3四歩、2六歩、5四歩。
一局目で機嫌を良くした私は、2局目も
ゴキゲンで挑みました。

71 :名無し名人:2008/08/28(木) 20:31:17 ID:DM8CdR1z
勝負はあっけなくつきました。
ゴキゲンの出だしが素人っぽいのか
Y君は、居玉で攻めてきます。
最後は、居玉に対し頭金で詰ませました。
Y君のペースに合わせて指したので5分位
でしょうか。
隣のおじさんが、あまりの早指しにこちらを見ていました。
Y君は首をしきりにひねっていました。
その表情からは、悔しさが出ていました。
私は容赦無く、その子の手合いカードを取り、
受付に行きました。
2連勝。
白丸のハンコが二つ続きました。

72 :名無し名人:2008/08/28(木) 20:44:56 ID:DM8CdR1z
「勝ったら、容赦無くいただきます」

結局ナベヤに1300円取られました。
0勝13敗。
ひとしきり対局が終わると、ナベヤは祖父と対局
を始めました。
二人の対局は、一局が長い。

「勝たせていただきました。ありがとうございます」

お茶碗の一万円札を、両手で愛おしそうに、そして頭を
さげるナベヤ。
祖父は、私に言います。

「ゲームばっかりやってんだろう」

図星です。
私は祖父に、ドラクエの話をしました。
自分は勇者になる事、モンスターを倒しお金を得、
武器を装備し、竜王を倒すため3つのアイテムを
探す事。そして竜王を倒す事。
まくし立てて言う私に、祖父は

「ちょっとまて」

「?」



73 :名無し名人:2008/08/28(木) 20:58:32 ID:XGMRUe2J
ワクテカワクテカワクテカ!


一番いい所でCMかよ!!




74 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:17:51 ID:wHYhW55r
おもしろい

75 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:18:09 ID:vI4w2/RG
ネタバレ:ナベヤは実父でした


76 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:23:42 ID:XGMRUe2J
>>75

つまらん!
藻前の読みはつまらん!



77 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:34:16 ID:wHYhW55r
もうちょっと真面目にかいてくれれば150円はだすよ。ガチで

78 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:37:55 ID:DM8CdR1z
昭和50年代から64年まで、日本は
あらゆる方面で開発が進んでいたような感じがします。
私の思い込みでしょうが、バブルでも関係して
いるのでしょうか。
祖父は、私の話が気に入らないようでした。

「なぜ竜王に襲われた城や町民は立ち上がらないのか?
 勇者のくせに、モンスターを倒して金を得るなど
 盗賊と同じではないか」等

私は、ゲームだからと説明しましたが納得いかないようです。
そんな祖父をなだめていたのはナベヤでした。

「旦那さま、たかがゲームではないですか?」
「子供のお遊びです。そんなにムキにならないでください」
「今時のゲームとは、そんなものです」等

私は、なぜかドラクエをする事が、恥ずかしい気がしました。
黙って下を見ていると、ナベヤが言いました。

「坊ちゃん、ゲーム・・面白いですか?」

79 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:43:00 ID:wHYhW55r
あああああ
早く続きがよみたい。バーロー!!
久しくこんな面白い物語を見てない気がする。
いいぞよいいぞよ

80 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:51:21 ID:wHYhW55r
外野が2,3人しかいないっぽい
だがそれもなんか優しくてよし

81 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:51:44 ID:DM8CdR1z
ナベヤの問に私は、「う〜ん」とはぐらかしました。

「坊ちゃん、もう一番行きましょう」

この空気が居た堪れないのか、ナベヤは私に対局を
お願いしてきました。
勝負が中盤に入ると、ナベヤは言います。

「坊ちゃん、しっかり読んでください。急所です。
 何時間でも待ちます、しっかり読んでください」

アドバイスらしい事など言わない人なので、
私は、特にここからの出来事は鮮明に覚えています。
勝負は負けました。しかし、ナベヤにここ一番肉薄しました。
詰が甘かったのです。
ナベヤが言うには、ナベヤの玉は詰んでいるとの事でした。
長手順の詰みがあったのです。
当然読み切る能力は無かったのですが、
私の心の中で、何かが変わりました。

82 :名無し名人:2008/08/28(木) 21:59:39 ID:wHYhW55r
また溜まったらよみにくるノシ

83 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:01:23 ID:DM8CdR1z
「坊ちゃん、なんか、自由になれた気がしませんか?」

意味はわかりませんが、確かに体が軽くなった気がします。

「坊ちゃん、確かにテレビゲームは面白いでしょう。
 よってたかって大人がアイデアを出して作ったんで
 しょうから。でもね、所詮は自由じゃないんですよ。
 所詮は、作った人の手のひらの上。
 自由の様で自由じゃ無いんです。
 旦那さまは、それをおっしゃりたいんですよ。」

私はそれ以降、現在までパズル系のゲームしかやりません。

84 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:03:15 ID:CM+GK1xA
将棋板でこんなにワクテカしたのはじめてだよ

85 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:15:02 ID:DM8CdR1z
窓の向こうで雷が鳴りました。
若干、人が増えてきた連盟道場では
あちこちで対局が始まっています。
私は、受付に少し休憩しますと言いました。
一旦、廊下に出て煙草に火をつけます。

「何連勝できるかなぁ・・」

生意気にそんな事を考えていました。
狭い廊下。正面を向くと誰かの親なのでしょう
道場内には入らず、廊下から中をのぞいている
婦人が目につきました。
余計な事は言わない方がいい。
休憩を終えると手合いカードを受付に出す。

「○○さん、Тさんとお願いします」

4級、3級と来て、次は2級か?
手合いカードを見ると、相手の手合い欄のところに
1と書いていました。

86 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:22:31 ID:0+08y2VG
これコピーしてVIPにスレ立ててもいい?

87 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:24:17 ID:0PQXJ9vB
荒らされると鬱陶しいので、書き上がってからでもいいんじゃないかと

88 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:26:16 ID:0+08y2VG
>>87確かにそうですね

完結してからにします

89 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:28:53 ID:aOgTPwbX
久々の良スレ。

90 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:29:03 ID:DM8CdR1z
驚いたことに、1級のТ君は前の二人より
明らかに年少でした。
見た感じ、小学2〜3年か。
Т君は、小脇に分厚いマンガ雑誌を持っていました。
私の時代で言えば、コロコロかボンボンといった
ところでしょうか。
マンガを脇に置くと、すらすらと駒を並べます。
Т君が振り駒をします。やけに慣れた手つきで
淡々と進みます。

「そちらの先手です」

やけに大人びたТ君と、先ほど廊下で見た婦人の
対比がなぜか脳裏をよぎりつい、顔がほころんでしまいます。
3局目。
7六歩、3四歩、1六歩、8四歩、・・5六歩。
三度ゴキゲンで挑みました。



91 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:29:08 ID:nEJB89r5
>就職につきました

この几帳面さに掘れた

92 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:46:52 ID:t3r9l7Yh
ちょっとまてよ?
これかなり面白いぞ!

良スレ。もっとやれ!

93 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:48:20 ID:DM8CdR1z
祖母が亡くなったのは、私が高校3年の時でした。
いつも笑顔だった祖母。
嫌な顔一つせず、祖父を支えた祖母。
こっそり仕事を抜け出して、私にケーキをくれた祖母。
プラモデルを一杯買ってくれた祖母。
柱に落書きしたら、もっと書けと笑ってくれた祖母。
いつも添い寝してくれた祖母。
いつも私をかばってくれた祖母。
一緒に川へ釣りに行ってくれた祖母。
大学合格を祈っていろんな神社へ行ってくれた祖母。
私のことを大好きだと言ってくれた祖母。
おばぁちゃん。ありがとう。


94 :名無し名人:2008/08/28(木) 22:57:59 ID:DM8CdR1z
祖母が亡くなって、私も東京へ来たこともあり
祖父に会う事はめっきり減りました。
とは言っても、毎年お盆には帰っていました。
民宿は、祖母の妹が継いでいました。
大学1年目のお盆。帰省した私は、祖父の家へ向かう
ローカル線に乗り込みました。
一時間に一本のローカル線では、田舎だけの事はあり
もうここまで来ると人影もまばらです。
出発直前、一人の老人が乗り込みました。
驚いたことにナベヤでした。

つづく・・?

95 :名無し名人:2008/08/28(木) 23:03:32 ID:PUPuYeYB
続き楽しみにしてます

96 :名無し名人:2008/08/28(木) 23:04:17 ID:0PQXJ9vB
お疲れ様でした。続き楽しみにしてます。

97 :名無し名人:2008/08/28(木) 23:06:14 ID:7wW+cZ6C
お茶ドゾー
つ旦~

98 :名無し名人:2008/08/28(木) 23:12:16 ID:n4Mci1F/
すんばらしい。

99 :名無し名人:2008/08/28(木) 23:21:01 ID:tTQ4C3mi
めちゃくちゃ面白い。

昼から携帯で時々見てたけど、帰宅したので
パソコンから!!

頼む、ゆっくり慎重に早く続きを書いてください!!

100 :名無し名人:2008/08/28(木) 23:35:16 ID:wHYhW55r
>>99
もちつけw

101 :名無し名人:2008/08/29(金) 00:05:36 ID:A88oXwdU
今北幼稚園。
わー、続きがあるー!

102 :名無し名人:2008/08/29(金) 00:15:48 ID:WLrbG96U
「初手を指してください」と言ってきてました。
私は驚きながらも「7六歩」と、
脳内将棋が始まりました。
その将棋は私の反則で負けました。

それから数年が過ぎたある夏の日。
その日は朝から土砂降りのひどい雨で、
気分も良くなく何か悪い予感がしていたのを覚えています。

8月28日
祖父からナベヤが亡くなったと聞かされました。

その後、祖父がナベヤのことを話してくれましたが、
あまり覚えていません。
ナベヤが実の父だったこと。
真剣でナベヤに取られていたお金を、
私の口座に貯金してくれていたこと。

ナベヤは「最高の棋譜は一人じゃ作れない」
と言ったことがありました。
私にとってナベヤは将棋の師匠であり、
将棋を通じて生き方、考え方を教わった人生の師匠でした。
人生という棋譜をナベヤと作れたことに感謝しています。

毎年8月28日には、
ナベヤの棋譜を並べながら、
昔のことを思い出しています。

不思議なことに今日も雨が降っています。
雨の降る8月28日、天国のナベヤへ。


103 :名無し名人:2008/08/29(金) 00:37:40 ID:Xq0l4pxO
面白かった。ケチをつけるなら最高の棋譜あたりからの締めが俺には合わない。

104 :名無し名人:2008/08/29(金) 00:40:51 ID:7xtb85Td
いや、これ偽者でしょw

105 :名無し名人:2008/08/29(金) 00:59:38 ID:a8lH/XBO
本物はsageで書き込まない


106 :名無し名人:2008/08/29(金) 01:04:20 ID:vTkM4ux1
最後があれだと思ったら偽者かよw

107 :名無し名人:2008/08/29(金) 02:09:37 ID:YmKCK4/y
102みたいなわかりやすい偽物だけならいいけど
やっぱりトリップつけたほうがいいよ

108 :名無し名人:2008/08/29(金) 02:14:41 ID:qT0dzedQ
田舎のローカル線は、座席が4人で対面に座る形でした。
ナベヤが私の席から、4つ目の座席に座るのを確認できました。
私に対して背中を向けているので、私には気付きません。
私の方から、ナベヤに声をかけました。

「ご無沙汰しています。ナベヤさん」

ナベヤは、すぐに私に気付いてくれました。

「坊ちゃん、随分雰囲気が変わりましたね。でもね
 すぐにわかりましたよ」

私は、この一人の老人が私に気づいてくれた事がとても
嬉しくて、つい言われる前にナベヤの前に座りました。
と同時に、当時インテリを気取っていた私は、このナベヤ
という男について、何も知らないことに気付きました。
大学生になった今、多少は人の人生も聞ける許容量は
持ち合わせているだろう、と言う感情と、純粋にこの男の
話が聞きたいと言う好奇心で私は、ナベヤの人生を
聞いてみる事にしました。
ホームのブザーが鳴り響き、窓の外の景色が
ゆっくりと動き始めました。

つづく・・。

109 :名無し名人:2008/08/29(金) 02:17:38 ID:qT0dzedQ
すいません。
トリップのつけ方知りません。
ごめんなさい。


110 :名無し名人:2008/08/29(金) 02:19:55 ID:CjbAZfjQ
名前欄に半角#を入れて、その後に自由なパスワードを入れて書き込むとトリップになる

111 : ◆5b42QmCrDo :2008/08/29(金) 02:22:39 ID:CjbAZfjQ
例えば名前欄に「#森肉」と入れると上のように名前欄にトリップが出る

112 :名無し名人:2008/08/29(金) 02:24:02 ID:RPyj8GWx
名前欄に山崎渉と入れるという方法もあるよ。


113 : ◆ZoSCxqAxKs :2008/08/29(金) 02:24:49 ID:qT0dzedQ
次回からそういたします。
ありがとうございました。
この話は、私に起こった事実を
記憶を頼りに書いています。
私のわがままで勝手に始めましたが
名も無き真剣師のノスタルジーを
余すところなく描ききりたいと
思っております。

114 :名無し名人:2008/08/29(金) 02:28:56 ID:YgQK1Q8E
楽しみにしてますよ。ご自分のペースでどうぞ。

115 :名無し名人:2008/08/29(金) 06:42:34 ID:zGK2ouQZ
>>113
先生ゆっくりでいいんでお願いします
楽しみにしてます

116 :名無し名人:2008/08/29(金) 08:04:51 ID:itM66bK/
>>108
>>113
マジ本物か?
文節に流れる空気感がチャチになってると思うが・・・ 違ってたらスマン

117 :名無し名人:2008/08/29(金) 08:49:51 ID:SmMtYPnb
映画化、
まだ?

118 :名無し名人:2008/08/29(金) 08:59:15 ID:AKUEfPtb
ただ、山田のほうが面白い

119 : ◆aeG1YFItHA :2008/08/29(金) 09:05:32 ID:i+AgWoc0


120 : ◆ZoSCxqAxKs :2008/08/29(金) 09:23:36 ID:QU+R8Si2
>>113
今日中にトリップをもっと難しいもの(漢字とか)に変更したほうが良いよ

121 :名無し名人:2008/08/29(金) 09:44:20 ID:CjbAZfjQ
英数字のみとかひらがなカタカナのみのトリップは
大体簡単にパスワードバレちゃうから、混合したものや漢字がお勧めだね

122 :名無し名人:2008/08/29(金) 10:19:02 ID:fZE7jmdY
おまえらスパーハカーかw

123 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 10:33:44 ID:qT0dzedQ
皆様。わざわざ有難うございます。
本文は、昨日とおなじ夕方頃書きます。
しばし、皆様もお休みください。

124 :名無し名人:2008/08/29(金) 10:35:49 ID:Cj2R8QBt
楽しみにしています

125 :名無し名人:2008/08/29(金) 10:35:59 ID:bAAL9vJd
まだ>>10までしか読んでないが面白いなw

126 :名無し名人:2008/08/29(金) 10:39:10 ID:7xtb85Td
>>123
楽しみにしてますよー
もうちょっと真面目に書いてくれたら本当に200はだすよ

127 :名無し名人:2008/08/29(金) 10:54:22 ID:3KzY5Zn2
全部読んだ!面白いな。出来るだけ長く続けてほしい

128 :名無し名人:2008/08/29(金) 11:23:02 ID:6cLrWh4V
面白い

129 :名無し名人:2008/08/29(金) 15:36:40 ID:DO2my4AE
応援してます!
めちゃくちゃ面白いです!

130 :名無し名人:2008/08/29(金) 16:16:26 ID:HMelMoIK
面白いよ〜
久しぶりに2ちゃんで良質の読み物見つけてちょっと幸せ

131 :名無し名人:2008/08/29(金) 16:19:04 ID:HMelMoIK
ああ、だからといって面白く書こうなんて思わないでね。
読者は2、3人しかいないと思って書いた方がいいかも

132 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 16:21:34 ID:qT0dzedQ
連盟道場は、おそらく桂製でしょうか、2〜3寸
の卓上将棋盤が数枚並べられた、長テーブルが
いくつかあり、イスに座って対局するスタイル
でした。

「負けました」

Т君が投了します。
Т君は、両肘をテーブルにつき、両手で頭を
抱えます。
短い感想戦を終え、視線をТ君に移すと、Т君は
テーブルに伏せ、目線を将棋盤と合わせるようにして
左腕をテーブルについたまま、左手で髪の毛をいじり
一人で駒を動かします。
ああでもない、こうでもない。
しかし私には、Т君が”どうすればよかったのか”
と考えているよりもむしろ、自分の負けを受け入れる
作業をしている様に見えました。

133 :名無し名人:2008/08/29(金) 16:22:00 ID:ZaxgsFfR
これは面白い。夕方だからそろそろかな。見つけといてよかった。。

134 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 16:33:39 ID:qT0dzedQ
私は、テーブルに置いてある私と、Т君の
手合いカードを取ろうと手を伸ばしました、
瞬間、Т君の視線が今まさにカードを取ろうと
している私の右手に移りました。
その目はまるで、大事な何かを持って行かれる
悲哀に似たものでした。

「あぁ、それ?向こうに持って行ってください」

Т君は、右手で受付けカウンターを指します。
私は、「ありがとうね」としか言えませんでした。
照れ隠しなのか、Т君はマンガ本をパラパラと
めくり始めました。

135 : ◆yAcTjH6FKQ :2008/08/29(金) 16:43:38 ID:Kb0PQixQ


136 :名無し名人:2008/08/29(金) 16:45:05 ID:YmKCK4/y
先生おかえりー!

137 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 16:49:05 ID:qT0dzedQ
「あんた、Т君に勝ったの?いやぁ〜強いねぇ」

私が受付にカードを出すと、横にいたおじさんが
いいました。

「あの子はね、将来プロになる逸材だよ」

プロに興味はない。
私がプロ棋士の存在を知ったのは、高校生の時です。
NHKに出てくる将棋指しは、将棋が強い人だと
思っていました。将棋が強ければ誰でも出れる
と思っていたのです。

「あんた、何段?」

身を乗り出して聞いてくるおじさんに

「いや、段とか級には興味ないので・・」
「へ〜。なるほど・・」

おじさんの問に、適切に答えていない気がした。



138 :名無し名人:2008/08/29(金) 16:52:38 ID:eOx9IFKK
小説のタイトルは
「シゲキックス」です

139 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 17:04:44 ID:qT0dzedQ
電車は、一つ目の駅で停車しました。
近くにある県立高校の最寄り駅になっている
らしく、数名のジャージ姿の学生が乗り込む。
普段は、学生でごった返すのでしょうが、
ちょうど夏休みなのか、のどかな景色を邪魔する
ほどではありません。
祖父のいる場所まで、電車で片道1時間、10個の
駅に停車します。

「ナベヤさん、相変わらず将棋、指してます?」

やっぱり切り出すのは、将棋の話からでした。


140 :名無し名人:2008/08/29(金) 17:12:36 ID:TRiJhPDC
いつの間にこんな良スレが。面白くしようとか変に意識せずにそのまま
淡々と書いてくれ。別にオレのレス無視してくれてかまわんし適当に
自然体で。。。


141 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 17:20:10 ID:qT0dzedQ
「最近は全然です。旦那様も体調が悪いのか
 昔のように指す事は”まれ”です」

車内にエアコンは無く、天井の扇風機がゆっくり
首を回しています。

「ちょっと、熱いですね」

私は、電車の窓についているツマミを持ちながら
上げます。
建付けが悪いのか、車両が古いのか、おそらく後者
だと思いますが、なかなか上がらない。

「坊ちゃん、これはね、コツがいるんですよ」

カクカクと窓の右側を上げて、左側を上げて
ガタガタさせるとスーっと窓が上がりました。

142 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 17:32:27 ID:qT0dzedQ
国鉄時代からの車両なのでしょう。
窓の下部には、申し訳なさそうに栓抜きが付いている。
栓抜きと言っても、ミョウなL字型の突起です。

私は、切り出した。

「それにしても、ナベヤさん、将棋強いですよね」

人間は、誰かに自分の話を聞いてもらいたい、
と言う感情を持っているのでしょう。
別に、誰にも話したくないと思っていても、
潜在意識では、聞いてほしいはずです。
それがある種の、人間のガス抜きになっているはずです。
誰しもそういった機会を待っているのでしょう。
普段、人と接する機会が無ければ尚更です。

「ん〜・・どっから話しましょうか?坊ちゃん」


143 :名無し名人:2008/08/29(金) 17:39:35 ID:ZaxgsFfR
◆lcoQbZqMNg勝手なことなんだが、まとめページ見たいの作っても平気かな?
俺的にはこの話し凄く面白いし残しておきたいんだが・・・

144 :名無し名人:2008/08/29(金) 17:42:41 ID:lQfgqTcX
お金の臭いがします

145 :名無し名人:2008/08/29(金) 17:53:33 ID:mpIT375m
無駄に広告はらなければOKじゃね?
本人の了承が第一だが以前まとめサイト作った奴が広告だらけで叩かれてし。

146 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 17:53:37 ID:qT0dzedQ
さすがに、3局目を終えた頃はクタクタでした。
さっき休憩を挟んだとはいえ、さすがに疲れます。
私は、ちょっと外の空気を吸いたいと思い
受付に休憩を申し入れました。
当時連盟は、入って左側に行くと、左手に売店が
申し訳なさそうにありました。
右手側に会計があり、そのまままっすぐ行くと
左手にエレベーター、右手に階段がありました。
外の雨は小雨程度になっています。
2、3人の子供とすれ違いながら、外に出ます。
売店で、香車のキーホルダーを買いました。
階段を上がり、タバコに火をつけます。
時計を見ると、夕方4時でした。

「さぁ、もう一丁行くか」

「○○さん、Оさんとお願いします」

相手の名前と手合いを確認するとそこには
”初”と書いてあります。

「いよいよ初段か、勝負はこっからだな」

147 :名無し名人:2008/08/29(金) 18:06:25 ID:JqbAcAlw
申し訳なさそうにって表現がいや

148 :名無し名人:2008/08/29(金) 18:11:14 ID:ZaxgsFfR
>>144-145
広告とかアフェで稼ぐつもりは一切ない。
でもレンタル先の仕方ない広告はカンベンな・・
本人の承諾なしで公開するつもりはないので
◆lcoQbZqMNgいよいよ終盤って感じがしてきた。

149 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 18:13:36 ID:qT0dzedQ
Оさんは、40代位の人でした。

「営業でも終って、油売ってんのかな?」

私にも記憶があります。
先手は私。

「ここはもう一丁ゴキゲンで・・・。」

ゴキゲン中飛車の効果は絶大でした。
7六歩、3四歩、1六歩、1四歩、9六歩、9四歩!!
この人知ってる!
ゴキゲンを知ってる!!
当時私が見た、将棋世界のコンちゃんの講座で
こう言う一文が載っていました。
たしか、鈴木大介八段が、コンちゃんに先手1六歩
の後、後手1四歩、先手9六歩の後、後手9四歩
と指したらどうするの?と聞いたらしいのです。
後手が8四歩を指さなければ、先手は5六歩を
指せない。(現在は知りませんが、当時の認識はそうでした)

「これは面白い」

内心私はそう思い、ゆっくり6六歩と指しました。

つづく・・?


150 :名無し名人:2008/08/29(金) 18:50:01 ID:3Bs57M+g
>>145
他人の書いた文章貼って金儲けしようなんて最悪のやつがいるんだなw

151 :名無し名人:2008/08/29(金) 19:01:34 ID:JqbAcAlw
昔からそういう人はいるんだよ。
他人のフンドシで相撲をとるっていうだろ?

152 :名無し名人:2008/08/29(金) 19:05:29 ID:lB0t42+R
お茶ドゾー
つ旦~

153 :名無し名人:2008/08/29(金) 20:41:19 ID:DO2my4AE
もう昨日から、携帯からパソコンから読んでます!

ゆっくり慎重に早くゆっくり慎重にお願いします!
超面白いです!

154 :名無し名人:2008/08/29(金) 20:54:35 ID:Bw13W2fD
>>153
どっちだよ

155 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:01:33 ID:dMNuz9Y9
>>153
も、もつつけ!

156 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 21:02:07 ID:qT0dzedQ
「将棋は、父親から教わりました」

ゆっくり、イヤミ無くナベヤは言う。

「私が子供のころは、竹馬、水鉄砲、メンコ、
 そうそう、凧上げもしましたね。
 竹ひごから作って、和紙なんか無いから
 新聞紙で作ったもんですよ」

缶のお茶を飲みながらナベヤは続ける。

「なぜか近所じゃ将棋が流行ってましてね。
 指せない者はいませんでした。
 まぁ、特に楽しい遊びもありませんでしたから」

戦争が身近な世代。
将棋は最高の遊びだったのでしょう。
のちに、ナベヤ自身戦地に赴くことになります。

157 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:06:03 ID:pnEj3bMG
もっと昔の話しかと思ってたけど途中でファミコンが出てきてびっくりした

158 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 21:17:09 ID:qT0dzedQ
「お手製でメンコ作っても、将棋で
 全部持って行かれる。
 近所に強い奴がいまして」

将棋の武勇伝を期待していた私は、少し拍子抜けした。

「本なんかありませんよ。ただひたすら指すだけです。
 私が将棋の本を初めて見たのは、戦後ですから」

ナベヤは、東北出身者だった。
実家は百姓で、戦前までは裕福だったそうです。
定跡なんか分からないので、友達と見よう見まねで
詰将棋などを作っていたそうです。
時代は日中戦争真っ只中。
昭和16年。
ナベヤは18歳になっていました。

159 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:18:46 ID:M2uOuujS
ナベヤは大正生まれか

160 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:21:38 ID:JqbAcAlw
>>157
昭和50年代ってファミコンあったの?
ぎり60年くらいじゃない?

161 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:23:46 ID:M2uOuujS
ファミコンは昭和58年発売です

162 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:24:26 ID:JqbAcAlw
そうなんだ、ごめんね調べもせずに

163 :名無し名人:2008/08/29(金) 21:46:34 ID:6ie7s8y0
おい!>>1、みんなに、ちやほやされて、いい気になるなよ?
俺が、中学のときに読んでいた大江健三郎より、ちょっとおもしろいくらいで、たいしたことないからな。
つづき早く書けよ!別に読みたいなんて、これっぽっちも思わないが。


164 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 21:53:45 ID:qT0dzedQ
※ここからのお話は、私の記憶を元に
 描くため、若干、時代背景や年表上
 合わない部分があると思います。
 ご了承ください。

ナベヤは、日中戦争には行かなかったようです。
私の祖父は、シナ事変の事を話していました。

「そりゃぁ。王手飛車だぁ」

この頃になると、ナベヤは自分の村では無敵
だったそうです。
そのため、将棋が強い人がいると聞くと
徒歩で1時間かけてでも対局しに行ったようです。
すでに賭け将棋は当たり前。
勝てば酒を飲みまくり、負ければツケで酒を飲む。
地元では裕福な家だったが、本人の素行は
すこぶる悪く、自宅に借金取りが来る事もあった。
人から借金してまで将棋を指すため、18の頃には
勘当されていました。


165 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 22:07:54 ID:qT0dzedQ
「いや〜。どうして強くなったのかは、正直
 分からないんですよ」

電車は線路の上で止まっています。
通過列車を待っているのでしょうか。

「とにかく必死でしたね。なにせその日暮らしですから。
 負けた金、踏み倒した事も1度や2度じゃないですよ。
 そのうちその町にはいられなくなる。
 そしたら次の町です」

のどかな田舎風景を眺めながら、ナベヤは背筋をピンと
伸ばして話す。
車掌のアナウンスが耳に入る。
上り電車が遅れているらしい。




166 :名無し名人:2008/08/29(金) 22:10:28 ID:M2uOuujS
すごいカミナリ
これは停電きそう

167 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 22:38:19 ID:q7tWS6BU
「おい!起きろ」

野太い声にナベヤは目を覚ます。

「ここは・・どこだ?」

夜な夜な放浪しているため、ナベヤは気が付いたら
港町に来ていたそうです。
浜に立っている、漁師の小屋で眠ってしまったのです。

「なんだ?お前?・・死にそうな顔して」

漁師が声をかけます。
もう4日何も食べていません。
出されたおにぎりを、夢中で食べたそうです。

168 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 22:50:18 ID:q7tWS6BU
しばらくナベヤは、その漁師に世話になります。
漁師の仕事を朝早くから手伝い、昼過ぎからは、
近所の漁師と酒盛りです。
いつも場所は、世話になっている漁師の家です。
漁師には、15歳の一人娘がいました。名前を絹子といいます。
絹子は、上がったお魚を行商で売りに行きます。
その町の何人かのご婦人で売りに行くようでした。
チームを組んでいる訳ではないので、あくまでも
個人商売です。
決まって絹子は、売上が悪かったようです。

つづく・・?


169 :名無し名人:2008/08/29(金) 22:56:45 ID:JqbAcAlw
こりゃキム子とやっちゃうな

170 :名無し名人:2008/08/29(金) 23:14:59 ID:Ooaqb8Ac
のちの田中絹代であった

171 :名無し名人:2008/08/29(金) 23:28:30 ID:xrS2G84A
>>157
1900〜1940年代
戦前・戦中
日露戦争 関東大震災 第一次・第二次世界大戦
映画 ラジオ 
関根金次郎 坂田三吉 木村義雄

1950年代〜1980年代
戦後復興期
朝鮮戦争 東京オリンピック アポロ11号月面着陸 大阪万博
カラーテレビ クーラー ファミコン
升田幸三 大山康晴 中原誠

1990年代〜
現代
湾岸戦争 阪神淡路大震災 地下鉄サリン事件
ポケモン 携帯電話 ipod
谷川浩司 羽生善治 森内俊之

172 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/29(金) 23:44:33 ID:8O4fieZj
ナベヤは、絹子に特別な感情は持ちませんでした。
持たないように心掛けていた、と言う方が正解でしょうか。
それよりもナベヤは、自分の面倒を嫌な顔せず見てくれる
漁師の源二に忠義を尽くしていました。
ですから年下の絹子に対しても、「絹子さん」と言ってました。
絹子はナベヤを「お兄さん」。源二は”小僧”と呼んでいました。
ナベヤは、時間を見つけて、お手製で将棋盤と駒を作りました。
出来上がった盤と駒は、粗末な物でしたが、ナベヤにはそれで
十分です。
出来上がった盤と駒でよく”一人将棋”をしていたそうです。
ある日、浜で将棋を研究していると絹子がこっちを見ている
ではないですか。

「お兄さん。何をしているの?」

173 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 00:04:26 ID:4ajZ6WFX
絹子は、その名前とは違い黒く日に焼けていた。
日中行商に行くので、当然と言えば当然です。

「絹子さん。どうぞこちらへ」

ナベヤは、絹子を招き隣に座らせました。

「これは何ですか?」

将棋を知っている人でも、かろうじて将棋盤と駒
だと分かるような代物です。
将棋を知らない絹子にしてみれば、ただのガラクタ
に見えたことだろう。

「これは、将棋盤と駒です。」
「将棋?」
「絹子さん。将棋、ご存じじゃないですか?」

絹子は、知らないことを恥ずかしがるように
下を向き、コクリと首を縦に振った。

174 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 00:17:36 ID:4ajZ6WFX
ナベヤは、自分の田舎の事や、将棋の事を
さも楽しそうに語りました。

「あ。すいません。ちょっと喋りすぎましたね」

黙って話を聞いていた絹子は、視線を海に向けます。

「いえ。お兄さん。ここに来て初めてイキイキして
 話すものだから。私。びっくりしちゃって」

年下には見えないその表情に、ナベヤはドキッとしますが、

「絹子さん。触ってみます?」
「大事な物なんでしょ?私の手。お魚臭いけど、いいの?」
「どうぞどうぞ」

まるで、両手で水をすくう様に駒をすくい上げる絹子。
娯楽を知らない少女の笑顔に時が経つのを忘れたそうです。

175 :名無し名人:2008/08/30(土) 00:28:57 ID:Z88YyEDj
面白いぞマジで

176 :名無し名人:2008/08/30(土) 00:31:22 ID:1txEhcMs
ちょっと俺のはイカくさい。

177 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 00:35:12 ID:4ajZ6WFX
「まったく。絹子はどうしてこんなに商売が
 下手かね〜」

酔った源二は、夕飯の支度をする絹子
に聞こえるように言います。

「絹子さんは、まだ子供だから、大人の女性のように
 一杯お魚持って歩くのが大変なんですよ」

精一杯絹子をかばうナベヤ。

「バカヤロー。それが仕事なんだよ〜」

ナベヤは、酔っている源二を相手しながら
網を直していました。

「源二さん。今度、絹子さんと一緒に行商に
 行っていいですか?」

源二は、ナベヤの肩をグッと掴み、自分へ引き寄せた。

「小僧。絹子に手〜、出したら承知しねぇぞ」
「そんな事無いですよ。私はただ、行商というものを
 一度経験してみたいだけですよ」
「ならいい」

翌日から、たびたびナベヤは、行商の手伝いをしたそうです。



178 :名無し名人:2008/08/30(土) 00:39:41 ID:1txEhcMs
うちにも行商のオバちゃんくるんよね。
お袋も人がいいから買っちゃう。
一夜干しのカレイとかけっこう美味しい。

179 :名無し名人:2008/08/30(土) 00:44:34 ID:BgEr99hq

本でも出すつもりっすか

とりあえず続きよろしく



180 :名無し名人:2008/08/30(土) 00:46:09 ID:1txEhcMs
育ちのよさそうな文章。好感持てる

181 :名無し名人:2008/08/30(土) 00:48:26 ID:0skZ47hj
行商ってつげ義春の漫画でしかみたことないよ

182 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 00:54:10 ID:4ajZ6WFX
行商で外に出ることは、ナベヤにとって
新鮮でした。
たまに、若い夫婦と勘違いされることもありましたが、
絹子が「お兄さん」とナベヤを呼ぶので仲のいい兄妹に
見える。と言う事で落ち着くようです。
見知らぬ土地、見知らぬ人。

「お兄さん。今日は全部お魚が売れたわ。お父さんも
 喜ぶと思うし、お兄さんありがとう」

くったくのない笑顔にナベヤは笑顔で返します。
ナベヤは、天秤をリヤカーにしまい、引っ張ります。
しばらく歩いたでしょうか。

「どんどん良くなる法華の太鼓」
「金桂香は唐のにわとり」

将棋の口上がどこからか聞こえてきました。


183 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 01:09:03 ID:4ajZ6WFX
耳に付く将棋の口上。
ピタッと足が止まります。
ナベヤは、どこから聞こえるのか耳をすませました。
あそこだ!
ナベヤは絹子そっちのけで、声の聞こえる方、聞こえる方
へと駆け出します。
そこは大きな屋敷でした。
垣根から中をのぞくと、着物を着た品の良い主人と
奉公人らしき人が対局してました。

「いやぁ。旦那。負けました。」

奉公人らしき人が身支度しています。

「それじゃ旦那。またお願いします」

男が帰っていきます。
ナベヤは、見つからないように身をひる返しました。
将棋が指したい。
ナベヤは思い切って中に入ります。

「一局。お願いできませんでしょうか?」

184 :名無し名人:2008/08/30(土) 01:12:23 ID:IRL8gHcV
ファミコン世代とは思えないセンスに感服

185 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 01:20:48 ID:4ajZ6WFX
「失礼なのは百も承知で、ぜひ一局お手合わせを
 お願い申しあげます」

突然の訪問に宮田はあっけにとられた。
すぐに使用人がナベヤを追い払う。

「お願いいたします。お願いいたします」

ナベヤも見知らぬ土地に来て数か月。
またとないチャンスに譲らない。

「あ〜。どこの行商だ?とっとと帰れ!」

使用人は怒鳴ります。

「まあまあ。通しなさい」

主人が使用人をなだめるように言う。

「一局だけでいいのです。一局だけお願いいたします」
「将棋が好きなら、一局だけなんて言わず
 いつでも来なさい」

思いがけない言葉にナベヤは驚いた。

「ま。とりあえずこっちへ来なさい」

ナベヤは、さっきまで対局をしていた座敷へ
歩みを進めた。

つづく・・?

186 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 01:22:54 ID:4ajZ6WFX
明日、夕方頃に再開いたします。
おやすみなさい。

187 :名無し名人:2008/08/30(土) 01:35:28 ID:sf82AEIM
一気に読みました!!!

もう毎晩パソコンから携帯から読んでいます。

これは段々と話が広がって、一つの将棋に生きてる人の
生き様みたいですね!!

とにかく面白いです!!!

これは読んでいる人はたくさん居ると思います。
どうか無理なさらないで、書いてください。

BYファン一同

188 :名無し名人:2008/08/30(土) 02:09:32 ID:f67HOatt
ばかやろう!ナベヤカッコよすぎるじゃないの!

189 :名無し名人:2008/08/30(土) 03:03:09 ID:APcpHaX8
これ、マジで映画かドラマにならないか?
俺、応援するよ!


190 :名無し名人:2008/08/30(土) 03:31:43 ID:SndxWqzh
コーヒードゾー
つc□~

191 :名無し名人:2008/08/30(土) 03:55:44 ID:lPpga3X+
久しくこのような傑作には出会えなかった!

将棋指しならずとも、行間に漂う昭和の香りには、つい引き込まれてしまう。
限られた文字数の中で、緻密な描写技術は高いレベルにある。
また、時代切替えも唐突ではなく、センスある布石で流れを切らない。
荒削りな所もあるが、文体、テンポ、構成、などいちいち素晴らしい。

昨今、商業主義に組込まれ輝きを失ってしまった日本の文学界。
だが稀有の才能は、昔から市井のなかに眠っているものだ。
我々は今、ネット社会の成熟によって、埋もれた原石が輝きを放ち始める瞬間に
リアルタイムで立ち会える事に感謝しなけらばならない。
あぁ!今ここに日本の新たな純文学の夜明けが到来したのだだだ!!

・・・と 中卒の俺がいってみたが


192 :名無し名人:2008/08/30(土) 04:04:19 ID:PQ+YOYL1
淡々としているようで
不思議と読み入ってしまうな。


193 :名無し名人:2008/08/30(土) 06:07:27 ID:f67HOatt
>>191
真剣な顔して読んで最後でワロタw

194 :名無し名人:2008/08/30(土) 07:28:25 ID:s45XD9MG
【こころ】現代版といったところか。
先生に私。お嬢さんとK。


195 :名無し名人:2008/08/30(土) 07:41:37 ID:yKaTZTaK
さて今宵はどんな展開になりますのやら

196 :名無し名人:2008/08/30(土) 11:10:07 ID:FCrWamHg
私は▲7六歩と指した。
相掛かりやひねり飛車にする場合は▲2六歩もあるが、
オーソドックスな指し方である。
するとナベヤは△3四歩と指した。
そこで私は力強く▲6八銀と指した。

197 :名無し名人:2008/08/30(土) 12:07:12 ID:rBOt9ktv
一瞬123先生かと思ったのだが▲66歩突いてないんか…

198 :名無し名人:2008/08/30(土) 12:20:38 ID:UvYqFVNJ
すっごく面白いんだけど時代や場面がころころ変わるのがよくわからない
>>44 >>46を見て読み返してもやっぱりよくわからない

199 :名無し名人:2008/08/30(土) 13:08:36 ID:AUNtY6zI
場面が3つ、並列で流れている
・ナベヤとの勝負
・ナベヤとのその後、電車で会った話
・将棋会館で指した話

少々無理がある気がするが、まぁ続けてみてくれ

200 :名無し名人:2008/08/30(土) 13:10:59 ID:g6wQQQKK
普通だと思う。
本読んだり、映画見てる人は少なそうだね。


201 :名無し名人:2008/08/30(土) 14:00:10 ID:K4kBvgja
駒が3、4箇所ぶつかっての読み合いは初段以上と言われる。

筆者は3箇所同時進行だから、作家初段の実力はあるんじゃね?

事実、漏れはこんな書き方出来ないし。

202 :名無し名人:2008/08/30(土) 14:04:10 ID:ffHthEn8
今日初めて読んだけど、いいなこれ。
麻雀放浪記の将棋版て感じ。

203 :名無し名人:2008/08/30(土) 14:12:25 ID:aR/wHKAY
ああそうか
何か前に読んだ気がすると思ったらドサ健か

204 :名無し名人:2008/08/30(土) 14:30:13 ID:gYlcs6SP
>>200
本読むし映画も見るけど違和感があるな
海外ドラマのLOSTみたいな感じにしたいのか?
文章は純文学っぽくて読んでいて面白いし続きがはやく読みたくなるな
内容も将棋ということを差し引いても面白い


205 :名無し名人:2008/08/30(土) 15:24:58 ID:7UV/E3Yc
やっぱり面白い。
更新ペースが遅いのもまたいい感じ

206 :名無し名人:2008/08/30(土) 16:18:37 ID:wjsJt+jg
こういう中途半端に話が進む度に、ぽんぽん場面転換する小説とが大嫌いなんだよね
早くその先が読みたいのに焦らされるからイライラするし
作者死ねとかマジ思うわけよ
まあ、結局最後まで読んでしまうわけだが

207 :名無し名人:2008/08/30(土) 16:35:27 ID:riggPC9z
一段落したところで場面転換してくれればいいんだけど
面白い所で場面転換すると

「ちょ!そんなのいいからさっきの続き!」

ってなる。

208 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 16:49:36 ID:4ajZ6WFX
2両編成の田舎電車は、依然止まったままです。
ガラガラガラ・・・。
当時のその電車は(もっとも田舎では”汽車”といってましたが)
対面で座る4人掛けのボックスが、左右に3〜4つ、ありましたでしょうか。
常に冷房がきいた都心の電車と違い、天井の扇風機、
通路幅の狭さ、そしてなにより、そのディーゼルエンジンの
音と、微妙な揺れ。
一向に動かない電車に、車内がざわつき始めました。

「まだうごかないの〜」ジャージ姿の高校生。
「大丈夫かしらね〜」心配そうに、通路先の運転室を見るご婦人。

私たちの座るボックス席、通路を挟んで隣の席では、
赤ん坊が泣きだした。
ナベヤは、通路に身を乗り出し、その赤ん坊にベロを
出したり、唇を尖がらせたりして、無言であやす。

「ところで坊ちゃん。一局どうです?」
私は、袋から将棋盤と駒を取り出そうとする、ナベヤの腕を制した。
とても将棋を指す気になれない。

「それから?」
私は、ナベヤに話の続きをうながした。

「大変ご迷惑をおかけしました。間もなく電車。出発いたします」

棒読みなアナウンスが耳に付く。
しばらくして、貨物列車が田舎電車の横をさも偉そうに通過
していきました。



209 :名無し名人:2008/08/30(土) 17:00:58 ID:APcpHaX8
>>206>>207の頭の弱さは知ったこっちゃない。

わざわざ自分から頭が悪いのを宣伝しなくてもいいから一切レスするんじゃねーよ?

作品への『賛否』と個人の『文句』の違いも解らんアホの書き込みは第三者が気分悪くなる。

どうせサウンドノベルも1周目でやらなくなるタイプなんだろ?『街』とか絶対に制覇出来ないよな?

これだから馬鹿は…

210 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 17:07:49 ID:4ajZ6WFX
「とりあえず、お茶でも、どうですかな?」

宮田は、その地方でも有名な実業家でした。
明治時代から、代々醤油や酒を造って財をなし、
宮田自身も、材木商で大成功を収めた。
関東大震災の時には、かなり儲けたらしいです。
宮田のいるその座敷には、ずらりと本が並んでいたそうです。
学問と言うものに、まったく縁が無かったナベヤは
多少、文字の読み書きはできるものの、綺麗に
並べられた書物に心が躍りました。

「君。最近の学生には、万葉集が流行りらしいぞ」

学生とは大学生を指すのだが、ナベヤには
小学生も大学生も区別無い。
もちろんナベヤは、大学生など見た事はありませんでした。

211 :名無し名人:2008/08/30(土) 17:08:22 ID:gf0h6nx2
サウンドノベル…

212 :名無し名人:2008/08/30(土) 17:09:08 ID:ds7qUiUI
>>209
いいから
荒れる元にしかならん

213 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 17:24:06 ID:4ajZ6WFX
宮田は将棋は強い。確かに強いがそれは
力強さとは縁遠かったそうです。
ナベヤの相手にはなりません。

「いや〜参った。参った。」

宮田が駒を投じます。
ナベヤは、改めて部屋を見回します。
宮田は、ナベヤによく大衆文芸の本や
詩集を勧めたそうです。
とりわけナベヤの興味を引いたのは
英語で書かれた書物でした。

214 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 17:39:25 ID:4ajZ6WFX
「先生。なんですか?この本は?」

先生。
ナベヤは宮田の事を、尊敬の念をこめてそう呼びました。

「君。それはヘミングウェイだよ」

60〜70代の宮田は、終世ナベヤを”君”と呼んだ。
初めて見る英語。
宮田が教えるアメリカは、ナベヤにとって
次元の違うお話です。
気が付くと2時間経っています。
ナベヤは、絹子を思い出します。

「あ!先生失礼します!」

急いで支度するナベヤ。

「君!明日も来たまえよ!」

215 :名無し名人:2008/08/30(土) 17:43:15 ID:srtzLGO6
>>209
否定的な書き込み=アホ

ってお前がアホだろ死ねよ

216 :名無し名人:2008/08/30(土) 17:45:14 ID:IVvAY8u+
>>209
サウンドノベル(笑)
ラノベかゲームか漫画しかお前には無理かw

217 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 17:52:13 ID:4ajZ6WFX
「小僧。お前どこ行ってたんだ?」

絹子がナベヤをかばい、源二にはナベヤが
迷子になった、とウソをついてくれたのです。
翌日もナベヤは、行商に付き合います。
気が付くと、2〜3人の男が輪になって話をしています。
その中に、見覚えのある顔が。
昨日、宮田の屋敷で見た男でした。

「ちょろいもんだよ。宮田の旦那」
「それでお前、いくら稼いだんだよ?」
「そいつは教えられねぇな〜」
「なんだよ」
「2〜3番、負けてやって、後は全勝
 昨日も稼がせてもらったよ」

行商が終わると、ナベヤは絹子に事情を説明し
絹子を先に帰らせました。
その足でまっすぐ、宮田の屋敷に向かいました。

218 :名無し名人:2008/08/30(土) 17:59:25 ID:K4kBvgja
キター!(*^-^*)!

超ワクテカワクテカ
(o^v^o)/

219 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 18:15:20 ID:4ajZ6WFX
「先生。今日もお邪魔してしまいました」
「おお。来たか。まあ座ってくれ。お茶でも飲むか?
 お〜い。玲子」
宮田は、妻である玲子を呼びつけた。

「先生。先ほど昨日先生の将棋のお相手を
 していた男を見かけました」
宮田の悪口を言われたのがシャクにさわったナベヤ
は、告げ口をするようで気が引けたが切り出した。

「ああ。武三か?ありゃ私の懐を目当てにしてるだけだ。
 かかわるなよ」
拍子抜けしたナベヤだが、昨日とおなじ、対局をして
本を読んだ。
ナベヤは、宮田とは金銭を賭ける事は無かった。
もっとも、無一文のナベヤです。
当然、全勝できるのでしょうが、もはやナベヤに
とって、興味をそそるのはお金ではありませんでした。
見た事も無い書物。世界観。
帰り際、宮田は言います。

「明日は、ここへ残った魚を持ってきなさい。
 全部買い取るから」
宮田の気使いに、ナベヤは恐縮しましたが宮田は
続けます。
「ただし。残った魚だぞ。私をアテにして、行商を
 おろそかにしてはいけない。行商も立派な仕事だ。
 残った魚か、君が手を抜いて残した魚か。
 私は見ればわかるからな」
分る筈が無い。しかし、ナベヤは”この人に嘘は
つけない”そう固く思いました。


220 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 18:31:43 ID:4ajZ6WFX
ナベヤが行商を手伝う、手伝わないに関わらず
毎日魚は宮田の屋敷に運ばれました。

東北の冬は寒いです。
昭和16年。この年も例外ではありません。
吹雪がすごい日は行商は休みますが、それ以外は
町に出かけます。
その日、ナベヤは、行商の手伝いには行かず、
源二の手伝いをしていました。
冬にホタテ漁を始めるようです。
夕方、絹子が帰ってきます。

「お父さん!日本が・・日本がアメリカと戦争を
 始めます!」

221 :名無し名人:2008/08/30(土) 18:34:05 ID:K4kBvgja

おもしろスグル(*^O^*)

222 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 18:49:20 ID:4ajZ6WFX
1941年(昭和16年)。
12月8日、真珠湾攻撃により日本とアメリカは
戦争への一歩を進みます。

絹子は、宮田からその話を聞きました。
ナベヤは、信じられなかったそうです。
つい最近まで、アメリカの文学、世界観を
宮田から聞かされていたナベヤにとって
”アメリカ”は、あこがれの地であり、決して
けんか相手では無かった筈です。
ナベヤは、居ても立ってもいられず、一目散
に宮田の屋敷へ向かったそうです。
青々と広がる空。穏やかな海と正反対の場所に
ナベヤの心はありました。

223 :名無し名人:2008/08/30(土) 18:54:55 ID:wjsJt+jg
>>209
小説は好きだけどサウンドノベルは読んだことないから意味が分からない
全く同じ文章を何度も読まないと制覇できないのなら俺には無理

俺は続きが気になって全10巻くらいの小説なら徹夜で読破するような堪え性のない人間でね
こういう焦らされるのが大嫌いなんだよ
でも、面白いから読んじゃう・・・悔しいっ
とかなんとか

だから早く続きを書いてー

224 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 19:06:14 ID:4ajZ6WFX
「先生ー!先生ー!」

息を切らせてナベヤは、屋敷裏垣根の木戸から入ります。
ナベヤはいつも宮田の屋敷へは、裏から入ります。
決して人目を忍んでいるわけではありませんが、宮田自身
がいる座敷へ行くには、そちらの方が近いし、現に宮田も
裏から入るようにナベヤに言っていました。
宮田の姿を見つけると、すでに数名の人が集まっています。
縁台に上がる間もなく、庭へ倒れ込むようにナベヤは正座します。

「先生!に、日本がアメリカと戦争って、本当ですか!」

宮田は黙ってナベヤを見つめ、ただうなずきました。
宮田の姿勢、表情。すべてが”ただならぬ”
雰囲気でした。


225 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 19:29:41 ID:4ajZ6WFX
「難しい話は、わかりません」

2つ目の駅を過ぎると、ナベヤは頭を掻きながら
言います。

「5〜6人、居ましたかねぇ。とにかく何を
 言っているか分からない。お恥ずかしいものです」

素直な感想だろう。
変に背伸びをするわけでもなく、話に加わらない分、
話を聞こうとするものの、ただ”ひとごと”のようで
”ひとごと”ではない。

「ただね、嬉しかったのは、周りが”なんだこの男”
 って目で私を見るわけですよ。それを先生が”この男
 は私の生徒だ”ってね・・。嬉しかったなぁ・・」

さしずめ、宮田塾門下生と言ったところでしょうか。
ナベヤは、ゆっくりと話を続けます。

つづく・・?
 

226 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:40:30 ID:K4kBvgja
せ、先生!
つづけて下せぇ!

227 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:41:35 ID:3+MB5XNg
大変面白く読ませて頂いてます。
ただ >つづく・・?
の一行は不要かと、個人的には思います。
読者に対するお気遣いとは思いますが、却って興を削ぐ様に思えるのですが・・・

228 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:44:40 ID:IRL8gHcV
つづく・・?

は不評や反応なかったらやめるから応援カキコは大切ってことだろ

229 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:49:50 ID:nmW+UMi2
セピア色の情景、にほいも感じられる。

230 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:50:59 ID:9M/W4mY3
つづく・・?は一旦書くのやめますよ
つづきはまた時間ができてからね
って事じゃね?

231 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:53:20 ID:sxAhAmo7
ナベヤおもすれーはやく続き読みたい
ここで終わったらなくぞ

232 :名無し名人:2008/08/30(土) 19:57:50 ID:K4kBvgja
もしかしたらだけど、
漏れは毎年、宅建の受験シーズンになると『エロ講師』と言う名で宅建受験すれにカキコしている。
現役の講師だから。
毎晩、見解等々をカキコする度に、キター!て凄いAAが着く。
驚きながらも、やっぱり嬉しい。

つまり、私逹の称賛のカキコが少ないんジャマイカ?

歌手のライブで、アンコールの声が小さい時に、
歌手が『本当に歌うのっ〜?』
て更に盛り上げるのと同じ希ガス。


ただここは将棋板なんで、皆、楽しみながらも本気で読んでるから、
反響的には押さえめになってるわけで。

233 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:16:01 ID:V8cCrQDu
あのエロ講師貴様なのか

234 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:24:22 ID:2+wsNkWH
>エロ講師
来年、宅建受けるから参考書、問題集でいいの教えてくれ

235 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:25:47 ID:hiCO6Ydz


将棋界は鍋屋ブームでつよ





236 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 20:30:06 ID:4ajZ6WFX
※つづく・・?は、賛美が欲しい訳ではなく、
 ただ「やめろー」と言う声が多数あった場合
 すぐ撤退できるようにと休憩のため付けています。
 本文は、下書きなしで、記憶をたどりながら、
 一気に書いていますので、1〜2時間すると
 疲れてしまうのです。翌日楽しみにしてくださる
 読者の方へ翌朝一気に読めるように、深夜書くこと
 もあり、朝方4〜5時まで待ってしまう方がいないように
 最後におやすみなさいと昨日からつけています。
 不器用なものでご迷惑をおかけします。

237 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:33:57 ID:nmW+UMi2
下書きなしか。よくできるなあ。感服したぜ!

238 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:40:33 ID:wjsJt+jg
>>236
今更撤退とかしたら呪ってやる
続きが気になってんだよ、畜生
どんだけ叩かれても最後まで書け、俺のために

239 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:42:09 ID:GB+tW2ZJ
>>236
だめだだめだだめだだめだだめだだめだだめだだめだ
やめろーとかアンチが出てきてもやめちゃだめだだめだ

240 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:42:37 ID:nmW+UMi2
「つづきは将棋世界に連載します」
でもいいぜw

241 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:45:23 ID:NgbjJWqF
下書きなしで・・・・・・・・・・前戯無しで
一気に書いていますので・・・・・挿入する
不器用なもので・・・・・・・・・高倉建みたいな人だ   楽しみ楽しみ

242 :エロ講師 ◆6ulU.R6YXc :2008/08/30(土) 20:46:31 ID:sf82AEIM
スレ違いですみません。
>>233
受験の方でしょうか? 合格者の方でしょうか?
合格者の方でしたら、大変すみません。
今年、受験をお考えでしょうか?
本当に、今から勉強しても十分に合います。
今年に入って、いまだ宅建スレに行っておりませんが、
受験シーズン突入ですので、もしお一人でも
しがない私のアドバイスでも必要なかたや質問等があれば
参りたいと思っています。
ただ、一昨年、昨年と2年連続でボーダーラインが当たってしまったので、
非常にプレッシャーがかかります。既に私の受講生の一部の方には、
私の身元がバレてしまいまして、今年の登場を待ってるといわれたこともあり、
しかも、ニヤリとした表情で言われたので戦々恐々としています。
 とにかく、今年のボーダーも絶対に当てます。
既に今年の予想問題も模試に反映させています。
 とにかく頑張りますので、もし受験生の方でしたら頑張ってください。

つづく

243 :エロ講師 ◆6ulU.R6YXc :2008/08/30(土) 20:47:44 ID:sf82AEIM
>>234
来年の受験までは1年間あります。
@本当は大原・・・とお勧めしたいのですが、宅建の試験はLECさん等などの
短期速習系の講座でも十分です。 まず1年間学校に通いながら
確実にインプットとアウトプットを重ねましょう。
来年の試験では、9割の得点が可能です。

A時間が無くて独学の場合
1冊盤の基本書(LEC・虎の巻)
+過去問題集5年分
+模擬試験最低で5回(大原+LEC)
この基本書+過去問+模擬試験
これを繰り返すだけで8割を超える得点が可能です。
 尚、これは今から今年の受験をする方にも有効で、
十分合格を狙えます、可能です。

宅建は上位国家資格のように、時に運に左右され涙するという事はありません。
しっかりと要点を押さえて勉強すれば、やった分だけ得点でき、合格出来ます。
来年の合格を心からお祈り申し上げます。

長々と申し訳ございませんでした。 

244 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:48:44 ID:haEGeAaO
>>242
他でやれよ…

245 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:49:50 ID:0skZ47hj
先生、無理せず是非とも最後まで書ききってください。
この頃は毎日夕方が楽しみで仕方ないです。


246 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:50:28 ID:sf82AEIM

もう何日も前から携帯からパソコンから読んでいます。
もうワクテカ状態です。
実はうちの彼女に読んで聞かせたら、将棋をほとんど知らないのに、
続きは?続きは?って催促されるくらいです。

先生、続けてください、連夜ですが、無理せずに、ゆっくりでいいので、
早くゆっくりお願いします!!

247 :名無し名人:2008/08/30(土) 20:53:52 ID:Uh5u+ECO
>>240
買ったことないけど気になって買っちゃうな

248 :名無し名人:2008/08/30(土) 21:00:03 ID:3+MB5XNg
>続く・・?に疑念を呈したものです
浅慮な書き込み失礼いたしました。
ただ、本文の末尾に付くとなんだか文章の流れが狂うのが
勿体無い気がしたものですから・・・
1レス消費しても、「続きは後日・・・」みたいにされても良いのかなと
愚考したのでした。
つまらないレスでスレをお騒がせして申し訳ありませんでした。
どうか、御自身の書きよいリズムで続きを綴って下さい。
皆さんスレ汚し、失礼しました。

249 :名無し名人:2008/08/30(土) 21:01:28 ID:2+wsNkWH
>エロ講師さん
ありがとうございます。感謝です。
小生、仕事を持っている都合で独学になります。
今年は仕事の都合で受験できないので10月から来年の受験を目指します。
LEC・虎の巻、早速購入します。


250 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 21:19:30 ID:4ajZ6WFX
座敷に上がったナベヤは、ただ正座して
話を聞いていたそうです。
日中戦争が膠着状態だったこの頃、宮田にとっては
”有り得る”アメリカとの開戦だったのでしょうが、
世界情勢など知らないナベヤにしてみれば
青天の霹靂だったに違いありません。
宮田の屋敷に来ていた人が、一人、また一人と
帰ります。
ついには、宮田とナベヤが2人きりになりました。

「先生。これから日本は、私はどうしたらよい
 のですか?」

ただ怯え、行く末分からない若者に宮田は、
ゆっくり、分かりやすく、情勢を説明します。

「怯える事は無いよ。しかし、君にもいずれ、
 召集がかかるかもしれん
 ひとまず、田舎へ戻ってみてはどうだ?」



251 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 21:41:47 ID:4ajZ6WFX
帰れるわけがない。
一年経たないとはいえ、勘当された身でありながら、
縁あって源二の元に世話になり、宮田と言う心の師と
出会ったこの地は、ナベヤにとって正に故郷でした。
源二の家への帰り道、ナベヤは頭が真っ白でした。
進める歩幅が物語るように、足が重く、
ただ地面を擦って歩いていました。
源二はここへ残れと言います。

「こんな汚い家だが、小僧さえよければ、
 好きなだけいたって、いいんだぜ」

源二の言葉は有難かった。
飲まず食わずで死にかけの若者を、救ってくれ
たのは他の誰でもない、源二です。

「明日は、天気悪くなりそうね・・」

重い空気に、いたたまれない絹子が言います。
その声は、これからも今までと変わらぬ生活を
ただ望む15歳の少女の精一杯絞り出した声でした。


252 :名無し名人:2008/08/30(土) 21:46:10 ID:HUWHrh+U
子供の頃、野原で思いがけずエロ本の山を発見した気持ち。
例えが悪くてスマソ。

253 :名無し名人:2008/08/30(土) 21:52:58 ID:DdHoYP1X
文章を読んでいると古っぽくて(それが凄くいいんだが)
宮田とナベヤの会話の戦争勃発の会話を読んでいると
まるで明治異変で武士が右往左往してる話しかと錯覚する

254 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 21:58:00 ID:4ajZ6WFX
翌日は、絹子の言うとうり吹雪でした。
雪が少ない地方とはいえ、風、波、”シケ”が
ひどいと漁には出ません。
もっとも、源二も今日は漁に出る気分ではありませんでした。
いつもと変わらない一日を過ごそうと
すればするほど、ガサツな源二は不自然な言動が
目立ちます。
いつもはしないのに、台所に行ってみたり。
ナベヤに酒を注いだり。
挙句の果てには、今日の夕飯は自分が作ると
言いだします。
ナベヤは、じっとしていられませんでした。
その様子を見て、源二は言います。

「ちょっと船、見てくるわ」
源二が浜から戻ると、ナベヤの姿はありませんでした。


255 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 22:51:19 ID:4ajZ6WFX
「君。気持ちは分かるが、日中戦争で兵を
 駆り出している今、遅かれ早かれ、国は
 国内にいる若者を、かき集める。」

ナベヤは宮田の屋敷にいた。
宮田の先を見る目に狂いは無かった。
事実、この2年後1943年(昭和18年)
日本は、兵力不足を理由に学徒出陣を行っている。

「そうなれば、召集令状は、君の本籍地へ届く。
 馬鹿な戦争を始めたものだが、いずれ日本は
 混乱に陥る。しかし、国の為、戦わざるを得んだろう。
 分かるな?」

ナベヤは決めた。”ここは、一旦、田舎へ帰ろう”
うつむくナベヤに、宮田は言った。

「君は、これからの若者だ。見聞を広げ
 一芸に秀でる若者だ。そんな若者が、戦争
 ごときで、死ぬ訳などなかろう。
 しっかりしろ。なにかあったらいつでも
 ここに来なさい。私は君の味方だ」

ナベヤが宮田に会ったのはその日が最後でした。
2年後、宮田は病によりその一生を終えます。


256 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/30(土) 23:08:33 ID:4ajZ6WFX
東京は湿度がひどい。特に雨上がりは。
連盟道場は、ちょうどいい室温でしたが
Оさんは、右手でネクタイを緩めます。

「無いな〜。負けました」

Оさんとの対局は、相振り飛車になりました。
当時の私は相振り飛車を苦にしませんでした。
やけに、日が落ちるのが早かった気がします。

「4連勝か」

私はこの前日、仕事を退職し、思い出作りに
ここへ来ました。
しかし、それは田舎へ帰ると共に、将棋との
決別も意味していました。

「田舎へ帰ったら、将棋を指す事も無いだろう」

5局目の相手は、Тさんです。
手合いは2段でした。

つづく・・?



257 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:06:30 ID:V6eB29MA
なんか、1さんの文章を読んでると、似たような経験がないのに、懐かしい感じがするのはなぜだぜ?

258 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:08:33 ID:p/RncUYV
>>246 一昨日からでしょ。

259 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:13:08 ID:ZiGbQy6Y
古き良き時代の日本語だからだろう
いや、よくわからん

260 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:16:00 ID:alo+ZOqr
いやぁ、夜中読んだり、昼も携帯から読んだりしているから、
もう日にちの感覚が無いよ。

今日なんか、朝からもう一回最初から読んだし。
それがね、続き続きって皆楽しみにしてるでしょう?
さいしょからじっくり読むと、それぞれの話が頭ん中でつながるから
本当に面白いんですよ。
これは本当に面白い。

>>257
懐かしい感じがするよね!!
文章の表現がとても懐かしい!!

261 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:16:05 ID:p/RncUYV
>>203 坊や哲

262 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:16:23 ID:bLrWLB0m
いや、おもしろい。毎日の楽しみができました。>>1さんがんばれ

263 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:18:51 ID:p/RncUYV
もしかしたらプロの方かも

264 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:19:54 ID:alo+ZOqr
proxi?

265 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:22:43 ID:p/RncUYV
書く方の

266 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:26:19 ID:ZiGbQy6Y
ライターってこと?
でもだんだん上手くなってるよ。
1から読めば分かる。

267 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:27:36 ID:p/RncUYV
今年NO1に認定してよろしいでしょうか?

268 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:28:59 ID:OjUxupn8
複数の話が同時進行してる感じが
村上春樹の【世界の終わりと〜】みたいで
読んでいて凄く面白いです

>>1さんありがとうございます

269 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:44:08 ID:3ymspV2Q
すごすぎです、おもしろすぎる
スレ汚しになるかと思って控えてたけど他にも自分みたいな人居そう
楽しみにしてます、頑張ってください

270 :名無し名人:2008/08/31(日) 00:45:15 ID:AC22qlnl
「世界の終わり〜」より「海辺のカフカ」を例に挙げるべきだろjk
とか、どうでもいい突っ込みを入れてみる
村上春樹も>>206と同じ理由で読んでてイライラするけど面白いから困る

271 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 00:46:01 ID:kymJybaR
Тさんは、白髪の初老、カップクのいい方でした。
将棋は面白い。
子どもから大人まで、一度覚えてしまえば
一生ものです。
Тさんは、口三味線の達人でした。

「歩ばかり山のホトトギス」
「王手仙助、名は喜助、喜助のかぁチャン器量よし」

ところどころで口を挟みます。
前の4局までは、緊張もあり、なかなか心に
余裕が無かったな、と気付かされました。
Тさんの、口三味線も気になりません。
5局目は、再度ゴキゲンです。
4局目、相振り飛車の際は、向かい飛車に
したので、飽きもせずまた5筋の歩を突きます。

272 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 00:59:06 ID:kymJybaR
ゴキゲン中飛車で勝ち星を続ける以上、
他の戦法に変える事はない。
そう思っていました。
なにしろ、決別への対局です。
勝ち続けるまで指す。強情ですね。
私の記憶が正しければ、プロ棋士近藤正和の
ゴキゲン中飛車の初版は、おそらく平成12年頃です。
世間は今のように、こぞって定跡書を購入する感じ
ではありませんでした。
事実、振り飛車党は四間飛車で十分、と言った感じでした。


273 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 01:15:23 ID:kymJybaR
人は、一生において、胸締め付けられる思いを
何度するのでしょうか?
普段、そんな事を気にしたことも無い私ですが
確かに言えます。
あの日、あの電車で、私は確かに、胸を締め付けられました。
ナベヤの現状を見れば、誰が見ても悠々自適に
生きてきた人には見えません。
ある意味、悠々自適な人生に見えるかもしれません、
しかし、それは、あきらかにそう見えるだけであり、
それをもって彼を認める事はできないし、否定も
できない。
この男の話を、最後まで、聞かなくてはいけない。

274 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 01:34:00 ID:kymJybaR
「辛かった、ただ辛かった」

ナベヤは、視線を床に落としました。
誰かが飲んだジュースの空き缶が、
ディーゼルエンジンの揺れに合わせるように
左右に揺れては転がります。
ナベヤは、思い出したように、缶のお茶に口を
近づけます。
左手は缶の左側面を支え、右手掌で底を持ち上げる。

「なにが辛いって、それは、もちろん絹子さんと
 源二さんとの別れですよ」

ナベヤは、自分の背中を座席背もたれにドカっと
押しつけました。
視線は、ゆっくり遠く、窓の向こう、向こうへと。


275 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 01:35:01 ID:kymJybaR
明日。夕方頃再開いたします。
おやすみなさい。

276 :名無し名人:2008/08/31(日) 01:42:31 ID:V1PRyMwI
おつかれ
つづき楽しみにしてるよ

277 :名無し名人:2008/08/31(日) 01:44:57 ID:1PfPwQOC
お疲れ様。
いいね、なんかナベヤさん物語でいいわ・・

278 :名無し名人:2008/08/31(日) 01:51:31 ID:1r+fZi+x
今日はおだやかな終盤でしたね
明日も楽しみにしてます

279 :名無し名人:2008/08/31(日) 02:01:33 ID:alo+ZOqr
今夜も、乙でありました!!

280 :名無し名人:2008/08/31(日) 02:21:12 ID:HUVqbbnG
おもすれ〜

あれ?

やべえ、おもすれ〜(今ココ)





 

281 :名無し名人:2008/08/31(日) 02:37:54 ID:77bjNNEI
おもしれえ

282 :名無し名人:2008/08/31(日) 03:08:19 ID:MXcol39J
>「ちょっと船、見てくるわ」
これはもしや!源二さんが・・・?

283 :名無し名人:2008/08/31(日) 03:19:38 ID:7tLmrUkV
先生は昭和48年前後のお生まれですね。
同世代なので面白く、懐かしく読んでます。ドラクエ発売なんて、つい昨日のことのように覚えてるけど、20年以上前のことなんだなあ

284 :名無し名人:2008/08/31(日) 03:23:30 ID:sc2Lbde6
オモロイド

285 :名無し名人:2008/08/31(日) 04:08:40 ID:1r+fZi+x
これナベヤの描写が細かいからかなりフィクション入った私小説だと思う
でもおもしろいからどこまで事実かなんてことは気にならないです

286 :名無し名人:2008/08/31(日) 05:29:43 ID:VSghL7Go
エロ講師鳥違うじゃないか

287 :名無し名人:2008/08/31(日) 06:04:33 ID:ZdIeVzb6
先生、毎日楽しく読ませて頂いてます。

ところで・・・だれかまとめ作らないの?

288 :名無し名人:2008/08/31(日) 06:19:07 ID:tm8/Q78z
>>287
もう少し進んでからでいいんじゃないか?

289 :名無し名人:2008/08/31(日) 08:13:18 ID:plG1QBmb
>>286
板が変わるとトリが同じに入力しても変わるようです。
昨夜、本スレに約1年ぶりに爆弾落として来ました。トリつけてます。

290 :名無し名人:2008/08/31(日) 10:12:32 ID:hAgBH0lt
>>289
基本的にはそういうことないはずだけどね。
漢字とかを使うとそうなるかも(漢字をトリップキーに使うことは保証されていない)。

291 :名無し名人:2008/08/31(日) 11:36:00 ID:sP4TZdae
先生は「大学は高幡不動」と言ってなさるから
@実践女子大
A明星大
B中大  

さて何処だ?

292 :名無し名人:2008/08/31(日) 11:55:17 ID:plG1QBmb
>>290
そうなんですか。
う〜ん、入力ミスでしょうか。
宅建本スレパート138にカキコしたらいつものままのトリが着いたので安心しました。

スレ違いすみませんでした。もう余分な事カキコしませんので。

293 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 13:09:29 ID:kymJybaR
出会いがあれば、いつか別れは来ます。
仮に、戦争が無かったとしても、ナベヤが
源二の元にいたかどうかは、分かりません。
しかし、言える事は戦争が、この日常を変えた
と言う事です。
源二の家には、ナベヤが帰る事を聞きつけた
漁師仲間が集まっていました。

「そうか。帰るか」
「寂しくなるなぁ」

源二の漁師仲間が、口々に言います。
会話を割って、源二が言います。

「まぁ、しかし、あれだ。これで一生会えなくなる
 訳じゃ無い。小僧も、そう言ってるし、そうだろ
 小僧」

ナベヤに、悲しい別れは似合いません。

「はい。必ず戻ってきます」

294 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 13:20:20 ID:kymJybaR
源二の家は、浜沿いにある為、風が強い日は
その影響を受けやすい。
浜の潮風で、金属類は錆びついてしまう。

「ところで、小僧。いつごろ、ここ出発するんだ?」

ドカドカとみんなが集まり、軽い酒盛りが始まります。

「漁の道具を直してから帰るので、1〜2日で」
「そうか、随分、早ぇなぁ。畜生。なぁ絹子」

台所で、酒の肴を支度をする絹子。
返事はありませんでした。

295 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 13:28:33 ID:kymJybaR
ナベヤは、2日後に源二の家を出ます。
漁の網を直すのに、徹夜だったそうです。
ナベヤが、身支度を整えていると、源二が
言いました。

「小僧。これ、着て行け」

それは、源二の真新しい着物と、防寒具でした。

「お前、田舎戻るのに、みすぼらしい恰好で、
 帰られちゃ、小僧の親御さんに、どんな所
 にいたんだって思われちまうからな」

源二の心遣いが、身に染みる。

296 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 13:38:25 ID:kymJybaR
源二の着物は、ナベヤには少し大きかった。
しかし、それも苦にならない。
大は小を兼ねる。
源二とナベヤは、小さな囲炉裏を挟んで
向かい合って座っていました。
源二が、すり寄ってきます。

「小僧。必ず戻ってこいよ」

源二は、ナベヤの右手を、その大きくて、ゴツゴツ
している両手で、ギュっと握りしめました。
この若者は、必ず戦地へ行く。
この別れが、永遠の別れになるやもしれない。
源二は、鼻をすすり、言葉を詰まらせました。




297 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 13:57:34 ID:kymJybaR
「小僧。覚えとけ。お国の為だか何だか
 知らねぇが、死んでもいいなんて思うなよ。
 俺達、漁師には、海の神様がついている。
 お前は、必ず戻ってくる。そしてお前には・・」

源二は、また言葉を詰まらせたが、歯を食いしばる
様に言いました。

「・・お前には、俺達がついている」

この地で生まれ、育った一人の、無骨な男が
この若者にかけてあげる、精一杯の言葉でした。
源二は、ナベヤを玄関までも見送らなかったそうです。
これ以上、顔を合わせると、この若者を引き留めて
しまいそうだったからです。



298 :名無し名人:2008/08/31(日) 14:00:38 ID:oCJ/tCZk
これマジでオリジナル?
凄すぎ

299 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 14:06:47 ID:kymJybaR
ナベヤが、源二の家を出発する日。
錆びついて、剥がれたトタンが家の窓ガラスを
優しく叩きます。
玄関を出ると、源二の、イヤ、今ではもう、ナベヤも
含めた、漁師仲間も見送りに集まっていました。

「必ず戻ってこいよ」
「元気でな」
「また一緒に漁に行こうぜ」

普段は、行商に出る漁師の妻達の顔も見えます。
しばらく歩くと、誰かがついてきます。
ナベヤは振り返ります。
絹子でした。

300 :名無し名人:2008/08/31(日) 14:12:27 ID:NRFnAdTs
ケータイで2ch見ると長文省力されちゃうんだけど、iMONAてもう無いんだっけ

301 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 14:32:59 ID:kymJybaR
普段から、言葉数の少ない絹子ですが
故に、尚更、心苦しい。
振り向き、真正面に絹子を見つめるナベヤ。
ゆっくり、歩を進める絹子。
絹子の両手には、ナベヤの為にこしらえた弁当。
二人の距離が、縮まる。
その、ゆっくりと縮まる距離感に、ナベヤは
絹子に対しての、自らの歩みを進めずには
いられませんでした。
地面に映る、絹子の影の頭がナベヤの体と重なります。
ナベヤは、両手で絹子の肩を、しっかりと力強く掴み
そして、優しく自分の胸に、引き寄せます。
必ず戻ってくる。必ず会いに来る。
ナベヤは、生きる事への執着を、固く決意します。
見送る絹子。右手はピンと伸ばしてコメカミヘ。敬礼。
ヒヤシンスの花が、風に揺られていました。

つづく・・?


302 :名無し名人:2008/08/31(日) 14:54:38 ID:6C6fnnv/
これは・・・絹子視点で朝ドラ化か

303 :名無し名人:2008/08/31(日) 15:23:14 ID:yJFSj8B7
>>302
刺激視点で深夜枠もアリかと

304 :名無し名人:2008/08/31(日) 15:44:23 ID:1PfPwQOC
少なくともハチワンより面白いのはなぜなんだぜ

305 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 16:12:32 ID:kymJybaR
田舎電車は、3つ目の駅に停車します。
この駅は懐かしい。
かつて私は、この駅が最寄りの中学校に
通っていました。
数名の、中学生が乗り込みました。
お揃いのジャージ、お揃いのリュック。
違うのは、胸に大きく縫い合わせている
白い布に書かれた名前くらいです。

「田舎に戻りましてね。なんにも変って
 ません。ただ、子供の頃の友人が、何人か
 戦地に行ってました」

306 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 16:41:23 ID:kymJybaR
ナベヤは、実家に戻り、家族と正月を
迎えられたそうです。
ナベヤの元に、召集令状が届いたのは
それから数日後です。
盛大に見送られたそうです。
言われるがままに集合し、検査を受け、
おのおの配属されました。
戦況が悪化する中での、出征は、必ずしも
生を保証するものではありません。

1943年(昭和18年)
二十歳になったナベヤは、南方にいました。

307 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 16:51:29 ID:kymJybaR
「フゥー」
気が付くと、連盟道場の蛍光灯に
明かりが点いていました。
私は、ひとつ息を吐き、Тさんの玉に必死をかけます。

「下手の考え、休むに似たり」

そう言うと、Тさんは、投了します。

「いや〜。お兄さん強いね」
「有難う御座います」

私は、Тさんの言葉に短く答えます。

308 :名無し名人:2008/08/31(日) 16:54:54 ID:J+jCo0WG
wktk

309 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 17:03:14 ID:kymJybaR
白丸のハンコが、5つも並ぶと壮観です。
一発勝負とは言え、私は確かに、連盟認定の
段クラスに勝った。
明日戦えば、負けるかもしれない、しかし、
私は、今勝っている。生き延びています。
Тさんとの、長い戦いに、私は精根尽き果てていました。
三度休憩をとります。

「ちょっと、散歩でもしてみるかな?」

私は、軽く連盟周辺を散歩しました。

”まだ暗い空に、きらめく夢のカケラ”

私の耳に、中島美嘉の「SТARS」が
聞こえてきました。

310 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 17:14:59 ID:kymJybaR
恥ずかしいですが。
私は今でもこの曲を聴くと当時
の事を思い出します。
もっとも、当時は誰が唄っているのか
知りませんでしたが。
それまで、一度も千駄ヶ谷に足を踏み
入れた事のない私です。
そんなに遠出は出来ません。
10〜15分位でしょうか、私は連盟に
戻りました。
初段、二段と連勝し、合計5連勝です。
次の相手を待つのに、そんなに時間はかかり
ませんでした。
対戦相手は、Hさん。手合いは、4段でした。

311 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 17:27:05 ID:kymJybaR
1943年(昭和18年)
この頃戦況は、ますます悪化の一途を
辿っていました。
この年、4月、ソロモン上空で、山本五十六
が戦死いたします。
北方では、アッツ島全滅。
日本の敗色は、誰が見ても疑いの余地はありません。
ニューギニアへ居たナベヤの身は、とにかく悲惨な
状況下にありました。
とある場所へ行き、撤収すると、次の場所まで
行軍です。
食糧不足にマラリア。
この年8月には、すでに補給線は断たれ
現地自活の生活を迫られていました。

312 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 17:43:44 ID:kymJybaR
翌1944年(昭和19年)
敵機来襲による爆弾により、多くの
人が亡くなりました。
ナベヤは、死線をかいくぐり、飛び散る土砂
に身をさらし、ジャングルの中を這いずり、
木の枝や草で飢えを凌ぎ、ただただ今、
この状況に、自分の身が晒されている事が、
夢であるなら覚めてくれと、願うだけでした。
夜、目をつぶると思いだす、港町での思い出。
幼き頃に取られたメンコ。

「死んでたまるか。俺には約束がある」


313 :名無し名人:2008/08/31(日) 17:55:26 ID:sP4TZdae
「死んでたまるか。俺には約束がある」
エ〜ン エ〜ン 泣ける泣ける先生は上手いナア


314 :名無し名人:2008/08/31(日) 17:56:01 ID:J+jCo0WG
(っA`゚)゚・。

315 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 18:09:09 ID:kymJybaR
ナベヤは、戦地である下士官と出会っています。
それまで大学生は、徴兵免除の対象でした。
1943年。、学徒出陣(主に文系)により
多数の学生が戦地へ就きました。
大部分は、下士官や下級将校として充てられ
この男、清水も下士官として南方に送られていました。
いきなり現れる大学生の上官に、前から居る古参兵は
最初良い感情を持ちませんでした。
しかし、時が経つにつれ、その人柄に誰もが心、惹かれました。
清水は、戦時下においても書物を読み、
時に、ハーモニカで仲間を楽しませる事
もありました。
静かな夜。皆、寝静まっている中、ハーモニカの音
が遠くから聞こえます。

”amazing grace”
殺し合いを繰り返す、南方の空の下。
きれいな音色だけが、心を癒す。




316 :名無し名人:2008/08/31(日) 18:18:46 ID:8cArFfCa
すげーな。五感を震わす名作の予感

317 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 18:23:08 ID:kymJybaR
すでに、指揮系統は機能しておらず
いつ死ぬのか?それだけが頭を過ぎります。
交戦をしては、撤退を繰り返し、自分は何を
しているのか?自分は何者なのか?
1944年(昭和19年)。7月には、サイパン玉砕。
翌8月19日、御前会議で、欧州に頼らない我が国における
戦闘完遂が決定されます。
九州〜沖縄間で、学童700人を含む、1500人が
米潜水艦による魚雷で犠牲になる。
疎開船 対馬丸の悲劇が起るのは、この3日後、8月22日
の事です。

318 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 18:40:10 ID:kymJybaR
"amazing grace”

amazing grace、なんて甘い響き、
愚かな私を救ってくれる。
1740年代。イギリスに生まれたある奴隷船の
船長を務めた男が、自分への戒めに作った詩。
ナベヤは、終戦を翌1945年(昭和20年)9月
南方で知ります。

「はぁ。とにかく今、こうして生きているのが
 不思議なくらい、過酷でねぇ。」

南方へ出陣した日本兵14万人。
無事、祖国日本の土を踏めた者は1万人でした。

つづく・・?

319 :名無し名人:2008/08/31(日) 19:38:24 ID:X7u2Sgmk
やっちゃうのかと思ったじゃないか

320 :名無し名人:2008/08/31(日) 20:11:26 ID:XZZBZpZ/
将棋のとこだけおもしろい

321 :名無し名人:2008/08/31(日) 20:20:21 ID:AC22qlnl
Amazing Graceはいい曲だよねえ

322 :名無し名人:2008/08/31(日) 20:26:38 ID:4rMN24E6
酔ったように美化してる戦争物の読み物には辟易してる・・・
将棋のとこだけおもしろい

323 :名無し名人:2008/08/31(日) 20:40:50 ID:WGP+GTFD
このスレすげー

324 :名無し名人:2008/08/31(日) 20:52:29 ID:Igwesimp
>>322
俺と同じだなw

325 :名無し名人:2008/08/31(日) 21:27:22 ID:p/RncUYV
やっぱりプロの方ですね。又は目指している方。資料が無いと無理ですね。この小説も楽しませていただいていますが、この作者のエッセイもよみたいなぁ。

326 :名無し名人:2008/08/31(日) 21:27:26 ID:VSghL7Go
戦争のところもいい描写だよ

327 :名無し名人:2008/08/31(日) 21:56:19 ID:1hTIY1FP
新井田基信氏、美馬和夫氏なら資料有れば書きますな

328 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 22:13:43 ID:kymJybaR
連盟道場の廊下。
小さなマガジンラックに、将棋連盟の
しおり、の様な冊子がありました。
Hさんとの対局前、何気なくパラパラと
見ました。
一文が目に止まります。
6連勝すると、粗品がもらえるようです。
相手は段持ちです。
普通に考えると、初段、二段と来ているので
次は3段のはずです。
それが、次の相手は4段。

「記念品でも貰って、田舎帰るか」

気楽にそう考えていました。

329 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:28:44 ID:sc2Lbde6
戦争絡める展開はちょっと・・・
思想ぶつけられても困るんだがなぁ。

330 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 22:29:18 ID:kymJybaR
戦後、日本の引き揚げは、700〜800万人
と言われています。
ナベヤは、帰還後、まずは実家へ戻りました。
のんびりしろと周りから言われますが
すぐにナベヤは、源二と絹子の待つ
港町へ向かいます。
昭和19年、すでに日本の制海権は、アメリカが
握っており、いつ空襲されるか分かりませんでした。
港町も例外ではなく、空襲を受けていました。
浜沿い、源二の家はありました。
急いで駆け寄ります。

「ビックリするだろうな」

馳やる気持ちを抑え、ゆっくりと玄関の扉を開けます。
しかし、ナベヤの帰りを待つ人は居ませんでした。

331 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:32:25 ID:PXxLQlBn
えええええええ
きぬこーげんじー!!!

332 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:32:56 ID:zu2jrPIU
将棋のとこだけ面白い。
他ははっきりつまらん

333 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:34:01 ID:p/RncUYV
ええ〜?なんで?

334 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 22:37:48 ID:kymJybaR
家の中は、源二と絹子ばかりか
ガランとしていて、人気が無かったそうです。
明らかに誰も住んでいない様子が分かりました。
ナベヤは、その足で宮田の屋敷を
目指します。
幸い、宮田の屋敷は空襲を受ける事も無く
使用人らしき人も見えます。
ナベヤは表の玄関から中へ入ったそうです。

「失礼します」

ナベヤが挨拶します。
奥から出てきたのは奥さんの玲子でした。



335 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:42:56 ID:PXxLQlBn
れいこー

336 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:44:45 ID:8PJ5R4p3
ああー

337 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:44:58 ID:6C6fnnv/
ここで切られたら寝られない訳だが・・・w

338 :名無し名人:2008/08/31(日) 22:48:04 ID:UtamIXb4
リアルタイムでかいてたらグダグダになりそう
司馬遼太郎とかですら新聞とかの連載だと
同じようなこと繰り返したりしてちょっとおかしなことになってるし

339 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 22:56:21 ID:kymJybaR
ナベヤは、その時宮田がその年の初めに
亡くなった事を知りました。
学のない自分に、世界観を教えてくれた
心の師の悲報は、ナベヤを心の底から
苦しめます。
日本の山奥にでも逃げて、戦争なんかに
行かなければよかった。
そうすれば、ひょっとすると、もっと充実した時を
過ごせたかもしれません。
なによりも、ナベヤを苦しめたのは、
戻ってこい。また会おう。と言ってくれた人が
誰一人として、ナベヤを迎えてくれなかった
事です。
失意と落胆、そして、なにか裏切られたと言う
感情がナベヤに芽生えたそうです。
帰り際、玲子がナベヤに少し大きめな
包みを渡します。
その包みをしっかりと両手で持ち、ナベヤは
かつて、宮田が言った言葉

「見聞を広げる、一芸に秀でた男」

を思い出します。
将棋だ!将棋だ!将棋だ!
青々と広がる大空と潮の匂い。どこまで続いているのか?
ナベヤは、東京へ向かいます。

第一部 完結

340 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 22:59:57 ID:kymJybaR
※本文中、戦争の話が出てきますが
 戦争を美化するつもりも、思想を
 押しつける気もありません。
 ただ、彼の話を書く上で、外せない
 と勝手に判断しただけです。
 一部の方に、不快な思いをさせて
 しまった事を、お詫びいたします。

341 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:00:58 ID:p/RncUYV
お疲れ様でした。大変楽しませていただいています。いよいよ東京。ドキドキするなぁ。

342 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:03:10 ID:p/RncUYV
お詫びなんかしなくてもいいの。

343 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:07:14 ID:8PJ5R4p3
思想を押し付けるような箇所は特になかったよ。
なんか脊髄反射しちゃった人がいただけで。

344 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 23:09:21 ID:kymJybaR
※当初、この話は、私のわがままで始めました。
 投書すぐ、撤退かな?と思いましたが、
 皆様の温かい応援に支えられ、ここまで書く
 事ができました。有難う御座いました。
 ナベヤの、真剣時代は、戦後から始まります。
 では、戦後から書けばいいのでは?と御思い
 でしょうが、なにぶん、わがままで始めた事と
 構成上もっと時代を遡った所からになって
 しまいました。東京編は、お邪魔でなかったら
 書きたいと思います。
 では、改めて皆様、有難う御座いました。

345 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:09:55 ID:UGK1t3SF
今追いついた。

15歳の絹子との濡れ場がなかったのことに驚いた。
もはや15歳でない絹子に俺は何を求めればいいのだ。
彼女には香車を指すべき局面だったのではないか。
金二枚を後ろにつけた香車をだ!

まあ無理せず頑張ってください。読んでます。

346 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:10:34 ID:ErvAi0uo
2chのスレとしては面白いし、興味深く読んでるが、これがプロかもといってるのは
正直どうかと思うよ。
なんでもかんでもマンセーすれば良いってもんじゃないでしょ。

347 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:10:52 ID:1hTIY1FP
書いて書いてドンドン続けて続けて

348 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:11:14 ID:p/RncUYV
宮田は病気で亡くなったのかな。源二と絹子とはもう会えないのかなぁ。

349 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:19:52 ID:PXxLQlBn
第一部おわったーーーーーーーーーーーーー

350 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:40:00 ID:dXyZk8mz
>>344
楽しみに読ませていただいています。
何しろ匿名なので、好き勝手に文句をつける方もいるかもしれませんが、
ご自分の思いを描ききってください。応援しております。

351 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:41:15 ID:VSghL7Go
プロよりおもしろいよ
東京編はいつになるのけ

352 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 23:44:04 ID:kymJybaR
※ special thanks ※
掲載初期に駆けつけてくれた。
>>2 >>4 >>6 >>8 >>9 >>11 >>12 >>15 >>18
>>20 >>22 >>25 >>26 >>27 >>28 >>29 >>30 >>31さん。
トリップのつけ方をご指導いただいた。
>>110 >>111 >>112 >>121
ポップ。
>>191


353 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:44:39 ID:7xIKpB5X
この戦争の話から
美化している とか 思想 とかを感じた人間は
ちょっとおかしい のではないか?

354 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 23:45:24 ID:kymJybaR
※ special thanks ※
温かいご指摘をいただいた。
>>33 >>44 >>46 >>56 >>59 >>60 >>61 >>107 >>118 >>131
>>147 >>160 >>166 >>198 >>206 >>207 >>227 >>248 >>253
>>320 >>322 >>324 >>329 >>332 >>338



355 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:47:16 ID:PXxLQlBn
オレがいないぞーーーーーーー!!!

356 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:47:25 ID:fiGH7bDu
>>353
変な奴はいるもんだなと思ったね。

357 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 23:47:42 ID:kymJybaR
※ special thanks ※
擁護していただいた。
>>62 >>76 >>80 >>87 >>100 >>103 >>104 >>105
>>106 >>161 >>171 >>199 >>209 >>228 >>230
>>244 >>326

358 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:47:57 ID:y8HqSWdd
戦争の話に眉をひそめるのは戦中派の人たちでしょう。

359 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 23:51:57 ID:kymJybaR
※ special thanks ※
宅建?
>>232 >>233 >>234 >>242 >>243 >>249
>>286 >>289 >>290 >>292
するどい。
>>291
どのへんまで行きました?
>>280
fly me to the moon聞きながらどうぞ。
>>239



360 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:55:10 ID:PXxLQlBn
で、第2部はいつから?

361 : ◆lcoQbZqMNg :2008/08/31(日) 23:56:22 ID:kymJybaR
※ special thanks ※
出来たら教えて下さい。
>>143 >>144 >>145 >>148 >>150 >>151
プロでも、目指してもいませんが、有難う御座います。
>>263 >>264 >>265 >>325 >>327
美味しかったです。
>>97 >>152 >>190

362 :名無し名人:2008/08/31(日) 23:57:07 ID:1hTIY1FP
するどい。
>>291
実践女子大だと後3年で直木賞だね。「・・・と長兄の独り言でした」で完璧の母。

363 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 00:00:05 ID:eseXBM56
※ special thanks ※
ここに書ききれないほど大勢の方に
応援していただきました。
有難う御座いました。


364 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:02:13 ID:HuHhnY6+
続きを・・・(/_;)

365 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:02:31 ID:fiGH7bDu
全レスしだすとエロパロ板みたくなるぞ。

366 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:07:32 ID:lB3A8V51
>>327
ニーダには代表作「小池重明物語」があるが
美馬はなんかあるか、途中で不自然に止まった奴くらいしかしらないが

367 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 00:14:07 ID:eseXBM56
※1000まで埋めるつもりです。
 東京編は、構成が頭で決まり次第
 書きます。お約束いたします。
 記憶をたどるだけですので
 しばし、荒さずお待ちください。
 勝手なお願いですが。できれば、
 感想などありましたらお願いいたします。

368 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:26:19 ID:ekFSWBN9
僕はナベヤは十分面白い。わくわくしています。
ノリは「怪人二十面相」「少年探偵団」の頃の少年小説ですね。
応援します。

>>346
上から目線のあなたに要求します。あなたには、これより面白いのが
書けるんですよね? 面白いの書いて下さい。
書けないのに偉そうに言ったのなら恥ずかしいですよね?

アンチどもはさっさと巣に帰れ。学校に行け。もう夏休みは終わりだ。

369 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:36:42 ID:kYqBYGc7
先生、第一部お疲れ様でした。
楽しみに待っております。ゆっくりでいいんで執筆してください。

オモロー


370 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:37:00 ID:MceISE3Q
書けないのに語るのは大いに構わない
構わないどころかむしろ書き手としては大歓迎であるはず

何かに意見するのにそれと同等の技術を持たないといけないなんて、
これほど馬鹿げたことはない

そんなこと言ってる奴は選挙行くな
自分で出馬し無い限り国へ意見することは出来ない

371 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:37:50 ID:QC1DtpyH
いつも楽しく読ませてもらっています。
筆者の書く、小説(人生記?)は凄く楽しいです。
記憶を思い出しながら、下書きなしてこの読ませ方はお見事です。
読むモノではなく、読ませるモノ、お見事な文章力で毎回ワクワクしながら読んでいます。
将棋という一つの物と人の歩みを交えた良い経験をお持ちで、とても羨ましく思います。

さて、前回にも書かして頂きましたがまとめサイトを作っている者です。
前回にも申しましたが、広告等で利益を得る事は一切しません、
後から来た方がスムーズに読んで頂ける様まとめています。

編集して読みやすくせずに、抽出した感じで仕上げています。
承諾をいただけて大変嬉しく思っています。精一杯いいまとめサイトを作りますので
これからも、是非その人生記を書き上げてください。
夏も終わるのか、寒くなったり暑くなったりと気候の変動が激しいですが、
お体に気をつけて、日々をお過ごし下さいませ。これからも宜しくお願いします。

372 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:38:18 ID:HiCFzdOV
全体としてはかなりおもしろいです
ただやはりナベヤの戦争体験が他と比べて陳腐な印象が強く終盤ぐだぐだになってしまったかも

ここから引き締めを行いどう盛り返すかが腕の見せ所ではないでしょうか
楽しみにしてます!

373 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 00:46:33 ID:eseXBM56
※批判、批評はおおいに結構です。
 またそれに対しての擁護は、なさらないでください。
 各人の感想を、ただただ書いていただけるだけで
 ありがたいです。
 たびたび失礼いたします。

374 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:49:16 ID:ekFSWBN9
>>370
語るのは構わないが、自分ができもしないことを、上から目線で語るなと
言っている。
オリンピックの選手がミスをしたことを叱ることができる人間は数人もいるまい。
それを市井の凡人が偉そうに語るから恥をかく。
同じようにおぬしも恥をかく。それだけじゃ。

そもそも面白くないならアンチの別スレでも立てよ。
これ以上はスレ汚しになるので、別スレでなければ回答はせぬ。

それから、選挙のたとえは墓穴を掘っておるのお。
立候補は権利でもあり義務でもある。自分の意見と同じ被選挙者がいなければ
自分が立候補するしかあるまい。同じ意見があれば、それに投票すればよい。
ただそれだけのこと。選挙のしくみも知らぬと見える。

375 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:58:53 ID:UzroM1MJ
>>374
その前に口調がキモいです

376 :名無し名人:2008/09/01(月) 00:59:56 ID:lThQIFmJ

もうや〜め〜ろ〜や〜

377 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:03:29 ID:/DU83cLL
◆lcoQbZqMNgさん以外のレスへのレスは、何があっても、しないほうがいいです。
荒れるだけなので。

378 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:06:42 ID:Sk5HPOxj
>>373
俺は焦らされるのが大嫌いだと言っている
早く書いてよー


379 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:12:21 ID:sR7OdQNZ
何で批判を書いたら駄目なのか分からないな。
批判=面白くない、アンチである。と安易に結びつける馬鹿がいるからだろうけど。
◆lcoQbZqMNgや>>377が言ってるように静観すればいいじゃないか。

後、読んでるから批判ってことは出来るのであって、面白くともなんとも思ってなかったら読まねーだろ。

380 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:21:35 ID:Ni3GngkX
>>373
面白いです。
何人も指摘してるけど、ノスタルジーを感じる文体ですよね。
あと、場面転換も当然、意味がある。ように感じる。
戦争の描写も意味があるのでしょう。
どういうふうに意味があるのか説明する(させる)のは
野暮ってものなので、ただ一言。
面白いです。

381 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:36:47 ID:MceISE3Q
フィギュアスケートの審査員を何と言うつもりかなこの人は
選手を評価するに当たって観客の歓声を参考にすることすらあるというのに
そもそも小説とは読んでもらってこそ価値が出るものだ
こと小説に関して読み手の批判と批評を無視することは、文学に対する挑戦に等しいぜ

別に俺はなんと言われようと主張を変えるつもりは無いし、返事しないなら都合が良くて助かるからもう一度言っておこう
何かに意見するのにそれと同等の技術を持たないといけないなんて、
これほど馬鹿げたことはない

382 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:43:20 ID:Ni3GngkX
>>381
横からだけど
趣旨は正しいと思う。

けど、話がかみあってないと思うよ。

文句つけてるひとは
「上から目線」にカチンときてて、
もまいは
「書けもしないのに」というところに食いついてる。

おれは、2chで言葉使いに
どうこういうのはお門違いとおもうけど、
荒れるのはカンベンなので
ちょっと一服して熱冷まそうぜ。

383 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:44:13 ID:V21IdS1O
基地外揃いのスケ板の人なんですね。
わかります。

384 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:45:37 ID:Ni3GngkX
>>382
訂正
「上から目線」→「書けもしないのに上から目線」
「書けもしないのに」→「書けもしないのに批判するな」

385 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:48:40 ID:MceISE3Q
評価なんてものは上から目線でないと成り立たないだろう
上から目線でない評価なんて見たことも聞いたこともないぞ
そんなものありえるのか?

386 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:53:50 ID:TUwGei0x
まぁー静観しようよ。
どうせアンチだって続きが読みたくて仕方ないんだから


まとめサイトのURLは!?

387 :名無し名人:2008/09/01(月) 01:56:45 ID:QC1DtpyH
>>386
今作ってるお(ヽ'ω`)
頼む、みんな書き手の気持ちをもう少しすくおうぜ(ヽ'ω`)

388 :名無し名人:2008/09/01(月) 02:02:26 ID:vhRscn1a
名スレ記念書き込み

389 :名無し名人:2008/09/01(月) 02:04:27 ID:SdlPaiYa
評価云々の発端になったレス自体2chでは珍しくないだろう。
◆lcoQbZqMNg さんだってそれぐらいで書くのをやめるならそもそも2chになんて書かないはず。
こんなところで作品と関係ない議論しようとする奴が一番迷惑だ。


390 :名無し名人:2008/09/01(月) 02:11:30 ID:Qdyfbvb1
確かに、批評は書き終えてからにしたほうが、
そのひとらしくのびのび書けるような気もするねぇ。
ま、気がするだけで、プレッシャーを力にするひとも
いるんだろうけど。
作者さん、楽しみにしてます。
ハチワンを読んで以来、
真剣師の話のエキスに飢えてるんで、
ちょー楽しみにしてます。頑張って!

391 :名無し名人:2008/09/01(月) 02:39:05 ID:jzQxSaoG
やべっ
俺まとめスレつくっていいか聞いた者だけど、
作ってたんだけどもう一人作ってるなら俺の方はやめるわ。

392 :名無し名人:2008/09/01(月) 02:49:17 ID:L5ttn0dy
おまえら仲良くしろよ。
もし、まとめサイトの人=実は◆lcoQbZqMNgさんの知人 で、
電車男みたく最初から出版狙いでしたwなんて展開になったとしても、
今楽しんで読んでたこと忘れるなよ。

今はケータイ小説がバカ売れする時代だから、たとえプロらしい文章じゃなくても、
この内容なら十分イケるよ。
マロゆきと組んで一儲けしちゃいなよ。


393 :名無し名人:2008/09/01(月) 02:49:34 ID:QC1DtpyH
>>391
(ヽ'ω`)なんかごめん・・・

第一部ということは三部構成なのだろうか、続きが凄く気になる。。

394 : ◆TAxmyjvQPA :2008/09/01(月) 02:51:54 ID:u25zlDun
面白いよ。面白いじゃん。
プロ養成塾の生徒さん?
続き楽しみにしてるよ。

395 :名無し名人:2008/09/01(月) 03:21:46 ID:Q74iAUrg
書きたいことがあるうちは
叩かれようが何されようが書くからおk
さいわい>>1は批評にも丁寧に応じてくれてる

ただID:ekFSWBN9みたいなのが出しゃばり始めるとスレ終わるんで
何週間も間を取ったりすると、ちょっと嫌な予感がする

396 :名無し名人:2008/09/01(月) 03:29:19 ID:d5joTi2k
分かってる思うが、最初面白半分で >>191 書いてみたが
いざここまで読んでみるとまんざら的外れでもなさそうだわ。

それから、賛辞一辺倒じゃなく批判もあるのは当然で
ゆえに、ここはしごく健全なスレって証明だわさ。
変に荒れない限り歴史的なスレになることは間違いないいい!
・・・と 中 あ もういいわ。

397 :名無し名人:2008/09/01(月) 03:34:20 ID:Gi91yG4M
おい
このまま1000いくつもりか?
くだらんレスは控えろ

先生は1000までは書くといってるが、次レスの保証はないぞ

398 :名無し名人:2008/09/01(月) 03:35:49 ID:Gi91yG4M
× 次レス
○ 次スレ

すまん。1レス追加してしまった…><

399 :名無し名人:2008/09/01(月) 03:42:59 ID:QC1DtpyH
まとめサイトは明日中に上げます。
読みやすいように改行を直してはいますが、文章が変にくっつかないように調整するのはかなり苦労します。
それでは、また明日を楽しみにして。おやすみなさい。

400 :名無し名人:2008/09/01(月) 03:52:47 ID:93gl4Qpv
塾の教材に使いたい。

401 :346:2008/09/01(月) 06:49:42 ID:RWIShsy1
>>368
>上から目線のあなたに要求します。あなたには、これより面白いのが
>書けるんですよね? 面白いの書いて下さい。
>書けないのに偉そうに言ったのなら恥ずかしいですよね?

どこをどう取ったら「上から目線」なのか分からないけど、稚拙な論理ですね。
文面そのままに、「面白いけど、プロって賞賛するほどじゃないんじゃない?」ってのが、
読み手としての自分の感想であって、一切の批判を持ってはいけない信者目線でしか
書き込みが許されないとなると、正直気持ち悪いとしか言いようが無い。

402 :名無し名人:2008/09/01(月) 09:01:24 ID:evpuy+s9
>>346
プロだってピンキリだよ
お金もらってる以上携帯小説の作者だってプロの小説家だし

少なくとも最下層の小説家よりは遙かに格上なことは確実

403 :名無し名人:2008/09/01(月) 09:06:12 ID:16PlOWg3
先生!あんまり律儀にレスしたりお詫びしたりしないほうがいいですよ!

2ちゃんではこういうスレがあると嫉妬心からか、
ただ皆を騒がせたいだけなのかは色々理由はあるでしょうが
必ずなんらかの煽りやアンチがつくのが常です

あまり律儀にレスしたり下手に出ていると荒らしが
反応もらえると思ってもっと荒らされますよ
電車男のスレだって激しく荒らされてましたし

404 :名無し名人:2008/09/01(月) 09:08:04 ID:Xe6rGDMl
そうそう、全レスはスレ崩壊の始まり

405 :名無し名人:2008/09/01(月) 10:05:29 ID:S2gu2zJe
スルー能力が低いとスレが長続きしないよね

406 :名無し名人:2008/09/01(月) 10:16:43 ID:Qdyfbvb1
先生って・・・呼ぶのはちょっと変なきがする。
気持ち悪い。

407 :名無し名人:2008/09/01(月) 10:23:07 ID:/foWNnj3
読ませる文章ですね、つい夢中になります
時代の飛び方に違和感を覚えるところはあります
感じないという方は素直に小説の世界に入っていける方なのか
読み慣れている方なのでしょうか
辛口な批評も少々ならスパイスになるのかな
あまりにやりすぎて執筆の妨げになるような行為は控えて欲しいです
評論家アンチ?の方もあまりに粗雑な言葉で庇うのも
新たなアンチを生むだけなのでは無いでしょうか

それでは先生続きを楽しみにしています、これからも頑張ってください

408 :名無し名人:2008/09/01(月) 10:30:36 ID:U1nO+xwF
最近は子供でも時差シナリオが平行して進む話理解するよ。

409 :名無し名人:2008/09/01(月) 11:04:59 ID:kYqBYGc7
>>406
先生はなんてっかネタ的な感じじゃない?
俺も先生とは呼んでるものの・・・
PN的なものがあればいいのかな?

とは言いつつ先生!!頑張って下さい!
まとめサイトの人も乙!!1から読み返すの我慢して待ってるよ

410 :名無し名人:2008/09/01(月) 11:42:32 ID:Qdyfbvb1
>>409
そっか。そういうもんなのか。
おれの偏見?で変なこと書きこんですまんかった!
よし、郷に入れ歯郷に従えだ!!
ああ先生! 
ホント楽しんでるんで、頑張って!

411 :名無し名人:2008/09/01(月) 12:44:59 ID:YHm3KRxa
自分の思い込みで文学を語らないでくれ。
一応、書いておくが文学とはストーリーテラーが成すものではない。
むしろストーリーは邪魔と言ってる文学者もいる。
それから小説の批判するくらいだから、それより面白いものを書けるのかと言う話はハッキリ言って書ける必要ない。
開高健は散文ばかり書いて小説を書かなかったがファンから『どうして小説を書かないんですか?』と聞かれて『書かないのではなく書けないのです』と言ってる。
書けない人でも優れた読み手である可能性はある。

あとケータイ小説は嫌いだ。

412 :名無し名人:2008/09/01(月) 12:55:41 ID:Tq+JGPwa
>>411
話しをループさせるな。それに対するレスは既にされている。

413 :名無し名人:2008/09/01(月) 12:59:05 ID:lPkOniP4
何事も需給だよな
ケータイ小説のような駄文も需要があるから成り立つ。
悪手は咎めなければ好手になるってことだ。
ここは将棋板w

414 :名無し名人:2008/09/01(月) 13:50:08 ID:L5ttn0dy
しばらく構想を練るみたいなこと言ってたから、今日はうpなしかな。
口コミ戦略が成功して、順調に出版出来たら漫画にも使えそうなストーリーだから、
夢が広がるね。

415 :名無し名人:2008/09/01(月) 13:55:56 ID:QC1DtpyH
まとめサイト作っている者だけど、以外にも文が長くてわけてわけて
ようやく、一部を移し終わったorz、今日の夜にURL載せます。

416 :名無し名人:2008/09/01(月) 14:32:36 ID:7bZASCxN
>>415
乙です!

417 :名無し名人:2008/09/01(月) 14:41:48 ID:gk/ARn0h
絶賛されすぎてると逆に冷める。
80点くらいでそこそこ面白いと思っていても
なんで100点じゃないんだみたいな風に言われるし。

418 :名無し名人:2008/09/01(月) 14:48:33 ID:lPkOniP4
日本語ムズカシネ

419 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 15:02:40 ID:eseXBM56
※当初、私は第二部を書くつもりは
 ありませんでした。
 しかし、皆様のご支援で書かせてい
 ただくことにしました。
 ただ、私は、第一部本文中ミスを犯しています。
 >>48 に出てくる「ヤマガタ」と言う単語を
 出してしまったことです。
 私は、「ヤマガタ」の意味を知っています。
 個人の実名です。真剣師と言うテーマ上
 本来は仮名とするところですが、東京編を
 書くつもりがなかったので出してしまいました。
 ただ、「ヤマガタ」との対局は、作品上外す
 わけにはいきません。悩みましたが、すでに
 両人が故人であるため、勝手ながら書かせて
 いただきます。反応の良さに調子づいて、話を
 劇的に書いたり、ウケを狙う書き方はせず
 今までどおり、淡々と描かせていただきます。
 第二部は、今晩公開いたします。

420 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 15:07:24 ID:eseXBM56
※言わなきゃ分からないのに、と
 お思いでしょうが、この方もまた
 皆様に知っていただきたい方なので
 あえて、書かせていただきました。

421 :名無し名人:2008/09/01(月) 15:38:01 ID:ObqbeBKI
>>420
律儀ですね。楽しみにしています。

422 :名無し名人:2008/09/01(月) 15:44:53 ID:U1nO+xwF
ノンフィクション作品ってことか。
リアリティに響くからあんまり作品って言葉使わないほうがいいんじゃないかな。

423 :名無し名人:2008/09/01(月) 15:55:05 ID:TO1D565S
○○義雄・・聞きたい知りたい人でつ、おながいすます

424 :名無し名人:2008/09/01(月) 17:03:09 ID:BgzoP86A
>>423 ○○義雄 ぐぐったら面白いのがヒットしました。

425 :名無し名人:2008/09/01(月) 17:05:48 ID:lPkOniP4
山守のおやっさんか

426 :名無し名人:2008/09/01(月) 17:14:29 ID:pATgZDMm
>>424
木村義雄か?

427 :名無し名人:2008/09/01(月) 17:52:58 ID:Sk5HPOxj
>>419
第一部で終わってたら俺は確実に叩いててだろうな
「こんな中途半端に終わるくらいなら書くなよ、カス。氏ねじゃなくて死ね」って



428 :名無し名人:2008/09/01(月) 20:53:52 ID:H94Q55d/
先生!wktkがとまりません。じっくりたっぷりおながいします。

>>426
1950(昭和25)年アマ名人

429 :名無し名人:2008/09/01(月) 21:00:54 ID:ik/b3rM2
たのきんトリオの人だ!

430 :名無し名人:2008/09/01(月) 21:11:02 ID:/mCueEdB
文章上手だね
昭和の文学みたいな文体で面白い

431 :名無し名人:2008/09/01(月) 21:29:54 ID:Rvah10Sx
昭和の雰囲気するよなーいや実にいい

432 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 22:18:09 ID:eseXBM56
人はよく、自由な雲になりたいと言います。
目に見える雲が、表の真剣師だとすれば
この男は風。
目には見えないが、確実に存在する。

1948年(昭和23年)
戦後混乱期。
男は、東京新橋、喫茶店「蝶」に居ました。
店の奥。
カーテンで隠された扉の向こうでは、賭場が開かれています。
普通は、花札やサイコロでしょうが、
この男の生業は、将棋でした。

433 :名無し名人:2008/09/01(月) 22:26:26 ID:FlKaAhAd
第二部がいよいよ始まりました。


434 :名無し名人:2008/09/01(月) 22:31:09 ID:/y22+vpW
期待上げ

435 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 22:36:28 ID:eseXBM56
他の博打とは違い、将棋はイカサマの
介入が少ない。
口コミで、喫茶「蝶」の噂は広がります。
腕自慢の将棋キチは、こぞって「蝶」へ
通います。
店のシステムは、あくまでも一対一。
さしずめ男はディーラーです。
12畳ほどの部屋。
部屋の中は、対局者以外の者は入れません。
対局時計が無い時代。
一局、一局に金額を載せます。
男は、相手の気が済むまで対局に付き合います。
順番を待つ者もいましたが、大半は対局出来ずに
家路に着きました。

436 :名無し名人:2008/09/01(月) 22:37:45 ID:m+F5xvc5
普段は書き込みもしない40前のおっさんですが、
接待で酔っ払って帰ってきたのでたまらず感想を書かせてもらいます。

村上春樹や阿佐田哲也の雰囲気に似てるという人がいましたが
二人とも好きな作家で、確かにそんな感じもします。
昭和といってる人がいますが、漱石や太宰といった明治の雰囲気を持ってる気もします。

誰かに似ているというのが褒め言葉になるのか疑問ですが、
彼らの作品を読むのに似たwktk?感を持たせる
すばらしい作品になりそうな予感を感じさせます。

この先どう進むかわかりませんが、がんばって書いてくださいね!

437 :436:2008/09/01(月) 22:40:24 ID:m+F5xvc5
感想書いてる間に2部が始まってた。
流れぶった切ってすまん

438 :名無し名人:2008/09/01(月) 22:41:15 ID:0veQPqIk
漱石の影響こいな
面白いけどファミコンとかの要素は余計だったかな

439 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 22:55:14 ID:eseXBM56
ハンデを付ける勝負を、男は好みませんでした。
当然、弱者は淘汰され、店に来る顔も
決まっていました。

「少し、休憩でもしますか?」

男は、相手に告げると、店に顔を出します。

「ママ。お茶2つ」

「蝶」は、男とママが営んでいました。
表の顔は、喫茶店です。



440 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:00:43 ID:F+gW5zuz
IDまでもが神・・・

441 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:14:28 ID:2eGvAZt1
>>438
ファミコンに夢中になった時期もあったけど、ナベヤと
関わる中で意識が変わった。将棋に還った。
真剣師の一代記に絡めて自分の将棋人生も語る、筆者に
とっては外せないエピソードだったのかと思いました。


442 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/01(月) 23:16:15 ID:eseXBM56
田舎電車の揺れに、身をまかせながら
ナベヤはしみじみ言います。

「結果的に、あの時が一番幸せだったんでしょう」

結果的?

「終戦直後は、芋の雑炊、すいとん、ばっかりでね
 闇市で、すいとん食べると、ガムの銀紙なんか
 入ってる。米軍の残飯だって、すぐ分かる代物
 でしたよ」

終戦直後は、引き揚げの数が多い事もあり、政府の
支給だけでは食べていけない時代。闇市が立ち並びます。
少し話を遡りましょう。
終戦直後。1945年(昭和20年)。
ナベヤは、人であふれる満員列車で、東京を目指します。

つづく・・?

443 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:17:00 ID:GY/uhzlp
感想は、書いてあったら読むし、無くてもいい、ただそうゆう感じ

444 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:24:43 ID:Vbz1DcrK
いよいよ義雄と対決か。ワクテカ

445 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:24:51 ID:QC1DtpyH
http://shogi.so.land.to/
まとめサイトは一応完成しました。
荒削りすぎる感じはするとは思いますが、ご了承下さい。
後日、手直しやリニューアルをしようと思います。
右側にある広告は規約にのっとって貼っているもので
広告での収益は全てレンタルサーバーの所へいきます。
広告は今後ともこれ一つのみで広告を貼ることはありません。

また感想等はここに書き込まずお問い合わせよりお願いします。

446 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:50:49 ID:Vx76Bmbb
> 人はよく、自由な雲になりたいと言います。
> 目に見える雲が、表の真剣師だとすれば
> この男は風。
> 目には見えないが、確実に存在する。
かっけーw

447 :名無し名人:2008/09/01(月) 23:55:19 ID:fO6Oe5Ny
>>445
多くの2ちゃんのスレまとめサイトのように
作者の投稿時間とかレス番号とかもそのままコピペしたほうがいいような気も…
読みにくくはなるかもしれないけど、どこもそうだよね

448 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:02:04 ID:eseXBM56
上野駅に着いたナベヤですが、
初めての東京、右も左もわかりません。
とりあえず、目についた人の後を付いて
行きます。
ナベヤの手荷物は、宮田から貰った木箱。
中には、宮田からの手紙、江戸時代からの詰将棋本、
そして、お金でした。
腹にしっかりくくりつけて持っていったそうです。
初めての都会は、闇市と、愚連隊が目につきました。
しばらく歩いたでしょうか。
人の群れが見えます。
そっと近づくナベヤ。
覗き込んでみると、大道将棋でした。


449 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:03:21 ID:qOwSQSG3
大道将棋にひっかっかっちゃだめー!
逃げて逃げて!

450 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:09:14 ID:LvAQav2S
>>445
おつんつん

451 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:11:28 ID:E06dYB6P
ナベヤは思いました。

「なるほど、良く出来ている。紛れも多い」

実戦からは、かなり遠ざかっていたナベヤ
ですが、詰将棋は子供の頃からも、そして
宮田から貰った本からも学んでいます。
ナベヤは読みます。
数分したでしょか。

「詰んだ。31手詰だ」

ナベヤは、勇んでテキヤに言います。

「ちょっと、よろしいですか?」

452 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:14:47 ID:qOwSQSG3
すげーなおい!

453 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:17:00 ID:6iWkqMQ3
ナベヤすげえぇー


454 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:19:04 ID:E06dYB6P
ナベヤは、お金を払い、挑んだそうです。
数手進んだでしょうか。

「おい!もういい!これもって帰れ!」

景品でしょうか?テキヤは、ナベヤにタバコを
差し出し、”あっち行け!”とでも言うように
手でナベヤを追い払う仕草をします。
大道将棋は、最後まで詰まされたら商売になりません。
正解手順である所までくると、そこで終了です。
そんな、暗黙のルールを知らないナベヤ。

「待ってくれ!まだ終わっちゃいない!」


455 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:19:21 ID:qOwSQSG3
15年位前に浅草で大道将棋みたことある。
一目7手詰ぐらいに見えたがそうじゃないんだな。
50前後のオッサンがひっかっかってた。
その後オッサンがどうなったか知る由もない。

456 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:21:21 ID:qOwSQSG3
ナベヤやりすぎです

457 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:28:25 ID:E06dYB6P
ナベヤは、調子づいて一人で駒を進めます。
こうやったら、こうなって、こう来たら、こうする。
変化手順まで披露するナベヤ。
すると、周りのサクラでしょうか?
2〜3人のサクラが言います。

「おい、ガキちょっと来い」

裏に連れて行くサクラ。
言われるままに付いていくナベヤ。
裏でナベヤは、サクラ達の仕打ちに遭います。



458 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:28:55 ID:6iWkqMQ3
ナベヤ やべーな

459 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:29:28 ID:qOwSQSG3
コワー

460 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:32:47 ID:E06dYB6P
「なんで詰まして殴られるんだ?」

訳の分からないナベヤ。
お腹から、宮田から貰った木箱が離れます。

「なんだこれ?」
「お!詰将棋の本だ」
「兄貴、これは、売れるかもしれませんよ」

大事な、大事な宝物です。
引き下がるナベヤではありません。
サクラ達に噛みつきました。

461 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:33:18 ID:BDum+eGk
ナベヤ、ピーンチ。どうする、どうする。

462 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:36:33 ID:BDum+eGk
ナベヤ、木箱取り返して早く逃げろ。

463 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:39:47 ID:6iWkqMQ3
兄貴が「けちなことすんじゃねぇ!!」と登場するのか?

464 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:39:57 ID:E06dYB6P
大事な木箱を、腹にくくりつけ、
裏から逃げると、一目散に大道将棋の
テキヤの所へ全力疾走です。

「なんだガキ」

人の群れをかき分け、大道将棋のテーブルへ
タックル。
そのまま、無言で景品のタバコがぎっしり詰まった
箱を奪い逃走します。

「おい!追え!」
「はい!」

夕暮れ時の大道将棋、見知らぬ土地での大逃走。です。

465 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 00:41:51 ID:E06dYB6P
次回は、明日夕方頃書きます。
おやすみなさい。

466 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:43:06 ID:qOwSQSG3
紙芝居のようなワクワク感

467 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:46:36 ID:BDum+eGk
明日が、楽しみ。

468 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:48:03 ID:6iWkqMQ3
ナベヤやるじゃねぇの

>>466
それだ、紙芝居!!
21世紀版紙芝居かもしれないな。

ていうか紙芝居見たことないし、
何がおもしろいのかイメージできなかった(漫画でいいじゃん)が、
わかった気がする。

469 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:52:25 ID:ISSGEhUb
まとめサイトみたいな無料HPスペースのサービスってまだあるんだな。
ブログ全盛でもうなくなったもんかと思ってたが。

470 :名無し名人:2008/09/02(火) 00:55:56 ID:BDum+eGk
紙芝居。文京区根津で生まれ育ちましたが、オリンピック位まではよくみましたヨ。懐かしいなぁ。

471 :名無し名人:2008/09/02(火) 01:05:04 ID:FiZ43hQE
まとめサイトを作ったものです。
コピペブログのようにするのでは芸がないと思い、まとめ編集をしました。
仕事の合間をぬってこれからも作り続けていきます。

ナベヤの実力は真剣師以上だろうか・・・
現代の定跡を教えたら、アマ最強は間違いないと思う。
31手詰めを間違いなく読みきる実力は相当なものだろう・・

472 :名無し名人:2008/09/02(火) 01:08:01 ID:V0C9vUls
>>445
すげー!!おつ!

473 :名無し名人:2008/09/02(火) 01:26:16 ID:xvSdehLW
>>445
大変乙であります
ただこれだとこのスレへの投稿で感じられるようなワクテカ感が失われてしまっているような気もします
テキストの管理システムつまりCMSを変えたらもっと良くなるかも?
たとえばブログ形式とかウィキ形式とか
ウィキ形式ならpukiwikiがお勧め

474 :名無し名人:2008/09/02(火) 01:35:01 ID:jsIM59E8
絹子との再会はないのかな。
ひょっとしてママさんだったらいいな。
完全にナベヤに感情移入している僕。

475 :名無し名人:2008/09/02(火) 02:11:47 ID:c28pfaIs
>>445
俺はこの本文だけのシンプル感がいい
白と黒の配色もセンスいいと思う

476 :名無し名人:2008/09/02(火) 02:15:59 ID:DROldN10
>>473
wktk感はここで感じればいいんじゃない?
あのまとめサイトは作品を大事にしたいって感じで俺は好きだが
とにかく445氏おつかれさまー


477 :名無し名人:2008/09/02(火) 02:43:06 ID:C4wDPSXp
死んだ宮田から何で木箱なんか貰えるんだ

478 :名無し名人:2008/09/02(火) 02:51:02 ID:Sj6K+4zT
ナベヤが好きになってきた。

479 :名無し名人:2008/09/02(火) 03:24:49 ID:E3rtNamO
>>477
宮田の奥さんから渡されたと書いてある。
生前ナベヤのこと気にかけていたんだし、手紙やお金も入ってんだから
死ぬ前に奥さんに預けておいたってことだろ。

つか手紙の内容も気になるよな。
いたるところに伏線仕掛けてあってニクイわ!

480 :名無し名人:2008/09/02(火) 08:32:41 ID:1ejfP1GG
ナベヤ?銀色だったとしか言いようがないなぁ。
キャビネッセンス?しらねぇなぁ

481 :名無し名人:2008/09/02(火) 09:55:24 ID:FLgH6Hap
>>471
コピペブログだけじゃなく2ちゃんの小説をまとめたサイトもその方式だよ
AAをまとめたサイトなんかだとレス番とか名前欄もそのままコピペしないと叩かれる。
なぜだか意味がわからんけどw

おそらく投稿時間とかも含めて作者の作品だと考えていて
それを尊重してのことだと思うんだけどトップに作者の名前とかあるし問題ないかな

482 :名無し名人:2008/09/02(火) 10:23:43 ID:3mmrjrhN
舞台は上野で的屋と愚連隊か。
まさに将棋放浪記だな。
大道詰将棋の雰囲気は5五の龍で読んだとおりだw

483 :名無し名人:2008/09/02(火) 11:16:23 ID:1ejfP1GG
>>482
書いてるのはナベヤ本人じゃなくて伝聞だぞ?

484 :名無し名人:2008/09/02(火) 11:22:24 ID:3mmrjrhN
>>483
ああ、阿佐田さんとその点で違うのかw

485 :名無し名人:2008/09/02(火) 11:27:28 ID:NsVGpHHX
麻雀放浪記ってこんな感じなのか
読んだことないから読んでみようかな

486 :名無し名人:2008/09/02(火) 11:33:54 ID:3mmrjrhN
漫画哲也の1000倍おもしろいよ。
ついでに色川文学もすすめておくw

487 :名無し名人:2008/09/02(火) 13:24:44 ID:I7LFMwwU
中の人かw

488 :名無し名人:2008/09/02(火) 15:14:23 ID:BDum+eGk
大道詰め将棋ってもう無いのかな。25年位前、新宿駅南口で一回やられたよ。周りのサクラに囲まれたよ。

489 :名無し名人:2008/09/02(火) 15:21:05 ID:BDum+eGk
先生、今頃頭かきむしってるな。

490 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 16:22:42 ID:E06dYB6P
※本文に入る前に、まず>>445様。
 サイト拝見いたしました。
 私の稚拙な文に対して、立派な
 サイト。有難う御座います。
 また、もう一人まとめを作ろうと
 してくれた>>391様にも、合わせて
 お礼を申し上げます。
 ありがとうございます。
 

491 :名無し名人:2008/09/02(火) 16:26:21 ID:XJtzWn3E
池袋西口広場で将棋広げてやってたの今無いのかな



492 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 16:32:12 ID:E06dYB6P
ナベヤは逃げました。
とにかく逃げました。
知らない道を、右へ左へ。
しつこく追うテキヤ一団。
今度捕まったら、なにをされるか分からない。
戦後混乱期。
まともに、警察が機能していない時代です。
ナベヤは、下町に逃げ込みます。
とにかく隠れる所。隠れる所。
ナベヤは一軒の店に目をつけます。
まだ営業前、喫茶「パール」です。


493 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 16:42:14 ID:E06dYB6P
ナベヤが、「パール」に目を付けた頃
喫茶「パール」では、二人の男が
対局していました。

八代啓二。
この男、大学を出た後、株を始め、その
お金を利用して、事業を開くが失敗。
大学時代から、博打にのめり込んでいた為
博打の借金と、事業の借金がふくらみに膨らんで
対局相手の山城に泣きを入れ、今まさにその時
その借金を賭けた人生最大の勝負をしていた。
山城は、明らかにその”筋”の者だった。


494 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 16:49:36 ID:E06dYB6P
局面は、八代の振り飛車に対し、
山城は天守閣美濃。
八代から見て、盤面左側は、綺麗に
捌けてはいるものの、山城の堅陣に
手を焼いていました。
山城の駒台には、金銀歩。たくさん乗っています。
八代も、持ち駒は有るものの、攻めあぐんで
いました。
ちょうどその時、ナベヤは「パール」のドアを
開けます。息を切らせて。

「なんだ?てめぇ!?」
「誰だ?お前?!」

入口付近で、群れをなす山城の手下が
ナベヤに食ってかかります。

495 :名無し名人:2008/09/02(火) 16:53:55 ID:rmhLt1cT
なんか更に面白くなってきてるな、わくわくすんぞ

496 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:00:48 ID:E06dYB6P
店内は、壁に付けられたランプが
わずかに店内を照らしていました。
薄暗い店内の中、ナベヤは奥にいた男
山城のの元へ駆け寄ります。
テーブルの上には将棋盤、その横には
50円札や、100札が無造作に置かれています。
その金額。現在の貨幣価値で400万。
一瞬盤面に目をやるナベヤですが
今は、それどころではありません。
山城は、自分に対する襲撃と思い
勢いよく立ちあがります。
瞬間、局面を乱すほどではありませんが
将棋盤が揺れます。

「てめぇ!どこのモンだ!!」


497 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:06:48 ID:E06dYB6P
静まり返る店内。
もともと山城を、襲撃するつもりなど
ないナベヤです。
とにかく”かくまってくれ”と
懇願します。
店の外から

「どこだ!ガキ」
「出て着やがれ!!」

テキヤの怒声が聞こえます。
ナベヤは、山城の返事を待つ間もなく
山城の足元へ。
テーブル下に、身を潜め隠れました。

498 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:14:03 ID:E06dYB6P
同時に、「パール」のドアが開けられます。
店入口に振り返る山城の手下たち。
テキヤは、店内入り口にいる、山城の手下に
目を付けると言いました。

「今ここに、汚い軍服着た若造が来なかったか?」
「隠すと為になんねぇぞ!」

店内を見渡しても、それらしき若造はいません。
テキヤは、奥に陣取る山城を見つけます。

「あ。山城の兄貴」
「いつも世話になってます」

テキヤは、急にヘラヘラし出し、頭を
ペコペコ下げます。

499 :名無し名人:2008/09/02(火) 17:14:05 ID:3mmrjrhN
ナベヤってアゴがとんがってそうだなw

500 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:20:56 ID:E06dYB6P
テキヤは、挨拶も兼ね、山城に近づきます。
ゆっくり、ゆっくり。
ナベヤは思いました。

「近づくな。来るな、来るな」

ゆっくり近づいてくる足音。
山城は、掌をテキヤに向け。

「それ以上寄るな」

と言いました。

「助かった〜」
ナベヤは、胸を撫で下ろしました。

501 :名無し名人:2008/09/02(火) 17:23:21 ID:nLxcpBTK
ざわ…

    ざわ…

502 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:26:34 ID:E06dYB6P
テキヤは、歩みを止めます。
山城に逆らっても、ろくな事は無い。
テキヤは言います。

「山城兄貴。ここに軍服着た若造が
 来ませんでしたか?」

山城は聞き返す。

「どう言う事だ」

「へ〜。さっき上野で大道将棋開いていたら
 その若造が来まして」
「ほう。それで?」
「そのガキ。最後まで詰ませやがった!」

503 :名無し名人:2008/09/02(火) 17:31:26 ID:3mmrjrhN
>>501
そっちじゃなくて麻雀の伝説の人の方w

504 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:33:45 ID:E06dYB6P
山城は、タバコに火を付けます。
ひとつ煙を吐くと、山城はテキヤに聞きます。

「それで?」
「へ〜。ご存じのとおり、うちらテキヤにとって
 大道詰将棋は貴重なシノギでして」
「それで?」
「へ〜。最後まで詰まされたんじゃ、そのお題は
 もう使えません」
「なるほど。それで?」
「へ〜。奴、とっ捕まえて仕置きをしたんですが」
「それで?」
「あの野郎!景品のタバコ持って逃げやがった!!」

 

505 :名無し名人:2008/09/02(火) 17:42:21 ID:3mmrjrhN
なるほど。親分(若頭?)に借りができちゃったわけか。
将棋も代打ちみたいなやつってあるのかな・・・

506 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:46:04 ID:E06dYB6P
大体の内容を、山城は理解しました。

「なるほど。そいつを捕まえてどうする気だ?」
「へ〜。どうするって、よく分かりませんが
 とにかくタバコ返してもらって、あの野郎
 半殺しにしないと気がすまねぇんでさ」

山城は、タバコを口にくわえて言います。

「残念だな。見てのとおり、今は客人が来ている
 そんな若造ここには来なかった」

山城の言葉に、テキヤは、それ以上追及しません。
山城に、しつこく迫っても、ろくな事が無い
事は、この界隈では知らているのです。



507 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:52:13 ID:E06dYB6P
山城は、帰ろうとするテキヤに向かって
いいます。

「ところで。その軍服着た若造は、
 何手詰喰ったんだ?」

一瞬、間をおきテキヤは答えます。

「31手詰です」

将棋好きの山城です。
大道詰将棋の、難しさは知っています。
この今、自分の足元にいる若造へ
興味が傾くのに、そう時間は
かかりませんでした。

508 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 17:53:34 ID:E06dYB6P
つづく・・?

509 :名無し名人:2008/09/02(火) 17:55:48 ID:gF03/cTU
ドキドキするな。


510 :名無し名人:2008/09/02(火) 18:00:56 ID:XJtzWn3E
ふぅ…16時にこのスレ何気なく開いて、 
>>1から追い付いたw 

面白い( ゚∀゚)東京編ワクテカだ

511 :名無し名人:2008/09/02(火) 18:07:35 ID:jHhXr2C+
平成13年11月 東京で午前中が雨だった日は 1日しかない

512 :名無し名人:2008/09/02(火) 18:37:27 ID:IxbM7vbZ
天守閣美濃は松浦卓造創案の戦法と聞いていますが、この頃からあったんですか?

当初は奇襲の扱いだったそうですが、アマチュアではどうだったんでしょう?

将棋戦法史的にも興味をそそられます。

513 :名無し名人:2008/09/02(火) 18:53:53 ID:+61FgU3a
天守閣美濃が流行りだしたのは20年ちょい前かな?
初めは4枚美濃にするのが主流で、その後は3枚美濃で先攻する形が残った

大昔の棋譜を探せば随分と遠回りしてから左美濃の形に収まったものもある

514 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 19:43:16 ID:E06dYB6P
田舎電車は、気が付くと、2つの無人駅を通過していました。
ナベヤは、私に言いました。

「テキヤが、店を出て行って、数秒ですかね
 その山城さんが、もう大丈夫だって。
 とりあえず、私もお邪魔をしちゃいけない
 と思いまして。店を、出ようとしたんですが」

ナベヤは、深いため息をついて、話を続けます。

「そこに、座れってね。私は、ドキドキしましたよ」


515 :名無し名人:2008/09/02(火) 19:46:01 ID:BDum+eGk
私もドキドキ

516 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 19:56:12 ID:E06dYB6P
終戦直後の事です。
ナベヤの話を整理すると
その後、山城はナベヤと、この対局の続き
をしたいと言った。
山城の申し出はこうです。
まず、八代の、現在の借金が今のお金で
約200万。
この対局に際し、八代が100万を出し
山城も100万出しています。
テーブルには、この対局に賭けられた計200万と
現行の借金200万。計400万円あったそうです。
現行の借金200万は、なぜあったのでしょうか?
八代の負けが”こんできた”時、貸すつもり
だったのでしょうか?
とにかく、相手はヤクザです。
カモからは、搾るだけ搾って、借金漬けにでも
するつもりでだったのでしょうか?
なにしろ、八代は見るからにボンボンだった
そうですから。


517 :名無し名人:2008/09/02(火) 19:58:18 ID:IHYGJViC
山城シンゴと八代亜紀だな

518 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:05:35 ID:E06dYB6P
ナベヤが勝てば。掛け金200万を得、
まずはその金で、現行の借金を返す。
負ければ、掛け金は没収。
現行の借金を、2人で返してもらう。
山城にとっても、1人から200万
よりも、1人100万づつのほうが
回収率が高い。
が、ナベヤには、メリットが無い。
そこで山城は、自らの財布からさらに
100万を出し、勝てば祝儀でくれると言う。
もっとも、負ければ、その100万も
借金に含まれる。

519 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:13:49 ID:E06dYB6P
喫茶「パール」は、静まり返っていました。
当然、ナベヤは、帰る事もできたでしょう。
しかし、金も欲しい。
有り金の、少ないナベヤにとっては、渡りに船。
だが、局面は苦しい。
八代は、会話に割って入ります。

「山城の兄貴!これは、僕の勝負でしょ?」

山城は言います。

「お前じゃ、つまらんし、ここからの逆転は無理だ」
「そんな!これは僕の、人生を賭けた勝負ですよ!
 なんで、こんな戦争キチに、自分の人生賭けれます?」

ナベヤは言いました。

「この勝負、八代さんさえよければ、受けますよ」

520 :名無し名人:2008/09/02(火) 20:17:56 ID:IHYGJViC
推定レート
ナベヤR2600
山城R2400
八代R2000

521 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:24:52 ID:E06dYB6P
「???」

八代は、ナベヤの胸ぐらを掴み、山城から少し
離れた所へ連れ出します。
そして、ナベヤの耳元で小声で言いました。

「馬鹿!ちょっと詰将棋、解いた位で、調子に乗るな」

ナベヤは、八代に胸ぐらを掴まれたまま無言で
下を見ています。

「馬鹿!どれだけ将棋が強いか分からんが、あの
 局面、僕の攻めも切れてんだぞ!」

ナベヤは、言います。

「切れてんじゃない。切れかかってんだ」

522 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:33:38 ID:E06dYB6P
八代も譲りません。

「馬鹿馬鹿!もし負けたらどうする?
 借金500万だぞ?1人頭借金250万。
 元の借金より、50万多いじゃないか!」

ナベヤも言う。

「元々、敗勢でしょ?このまま、八代さんが
 やって、負けでもしたら、あんた、1人で
 400万ですよ?」
「馬鹿馬鹿!だから困ってんじゃないか!」
「それに、八代さん、この勝負、俺に任せて
 くれたら、祝儀の100万、あんたにやるよ」
「本当か?」


523 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:41:18 ID:E06dYB6P
一呼吸置くと、八代は言います。

「馬鹿馬鹿!危ないところだった。そもそも
 敗勢じゃないか!お前が勝つ可能性なんか
 あるもんか!」
「じゃ、あんた1人で400万、背負い込みなよ」

八代の頭は、この目の前にいるナベヤと、借金で
グルグルしていました。
ナベヤは、言います。

「その代り、勝ったら、100万の内、50万
 俺に貸してくれ」

ここは、自分の取り分は捨てて、全額100万は
八代の金とした方が話は早い。
ナベヤはそう思いました。


524 :名無し名人:2008/09/02(火) 20:45:48 ID:6iWkqMQ3
ナベヤ交渉へたすぎ・・・
もっと足元見ていけよ・・・

525 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:48:00 ID:E06dYB6P
静かな店内。
山城の声が響きます。

「おい!決まったか?」

一瞬、八代は山城の方へニヤけた顔を出し。

「もうちょっとお待ちを」

そうすると、次の瞬間には、ナベヤを睨みつけ言いました。

「だからお前は、馬鹿馬鹿!借金て言うのは、担保が
 あって成立するんだよ!そもそも勝機はあるのかよ?
 担保は?」

意気込む八代に、ナベヤは言います。



526 :名無し名人:2008/09/02(火) 20:48:20 ID:YorC65Z0
「切れてんじゃない。切れかかってんだ」

惚れたww

527 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 20:55:46 ID:E06dYB6P
「勝機?担保?なに寝ボケた事いってんの?
 そもそも、この局面は、あんたが作った
 ものだ、俺は、関係ない。じゃ、あんた
 1人で、400万な」

喉から手が出るほど、お金が欲しいのは、
ナベヤも一緒です。
ここは、強気で出る。
ついに、八代は泣きをいれる。

「わかったよ。頼むよ。もうどうにでも
 なれだ!だが勝ったら100万は僕の
 物だ」

ここに来て、未だ、ふてぶてしい八代。


528 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 21:02:29 ID:E06dYB6P
嫌気がさすが、金の為。
八代が言う。

「今度は、僕と、お前の交渉だ。勝ったとして
 100万は、僕の物。半分の50万はお前に
 貸す。分かるな?貸すんだぞ?まず勝機は?
 それと担保」

イラッとするナベヤですが、ここは我慢。
ナベヤは、床にあるタバコの山を、指さします。

「担保はあれと、そして・・・これだ」

ナベヤは、軍服の袖から、そっと1枚の歩を
取り出しました。


529 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/02(火) 21:03:34 ID:E06dYB6P
※明日、夕方頃再開いたします。

530 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:04:13 ID:l1iRGOap
八代弁護士の顔が浮かんだ

531 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:06:43 ID:c28pfaIs
ここで切るのかあああああああああ
むっちゃ気になるわ


乙かれさまです明日も続き期待しています

532 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:14:22 ID:IHYGJViC
一枚の歩?
なんだろ・・・

533 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:16:17 ID:+61FgU3a
あの屋敷の人から高級な駒でももらったんじゃないの?

534 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:22:15 ID:IHYGJViC
金無垢の歩とか

535 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:27:45 ID:jHhXr2C+
大切な人の思いが込められている「歩」だろう
そして次の停車駅は高清水

536 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:35:14 ID:NjCz3tg+
歩は担保じゃなくて勝機の方なんじゃないの

537 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:39:04 ID:IHYGJViC
花村流か

538 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:43:31 ID:y0R2R3q/
だんだんつまらなくなってきた

539 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:46:09 ID:FiZ43hQE
ナベヤの話も面白いんだが、主の将棋がどうなったかも気になる・・・

540 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:47:32 ID:jnFbOTje
八代かわいいなw

541 :名無し名人:2008/09/02(火) 21:48:32 ID:jHhXr2C+
ニュー・シネマ・パラダイスみたいだな
少年の人格形成にある老人が大きな影響を与えた みたいな

542 :名無し名人:2008/09/02(火) 22:53:58 ID:FiZ43hQE
いま、また全部読み返した・・ナベヤ凄いと改めて実感しました。
サイト作りもこれでまた頑張れそうです。

久しぶりに将棋が指したくなってきた。誰か・・

543 :名無し名人:2008/09/02(火) 22:55:22 ID:mIe2I/pt
東京編微妙だな
キャラ造詣がテンプレで創作臭がキツい

544 :名無し名人:2008/09/02(火) 23:02:41 ID:C/FDAdK+
ついに真剣のマジ勝負。
待ってたぜぃ。感情移入しちゃうぜ!
かましたれ!
ナベヤ?

545 :名無し名人:2008/09/03(水) 00:08:41 ID:pQHhpGhS
明日が楽しみ。

546 :名無し名人:2008/09/03(水) 00:58:36 ID:luh5bSdI
プロレスは「つくり」だが
目の前の闘いを単純に楽しんだ方が
よっぽど有意義な時間になるんだぜ

547 :名無し名人:2008/09/03(水) 09:47:47 ID:I7tXJ7EP
歩切れと思わせておいて、袖から出した歩をビシーッ

イカサマイクナイ!

548 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 15:45:16 ID:5gYX9jyo
喫茶「パール」は、2階建て。煉瓦作りのちょっと
洒落たお店でした。
店内入ると、まず両脇。170pほどの
観葉植物がお出迎えします。
1〜2歩進んで、左側に4人掛けのボックス席が、
縦に4つ。右側には、5人掛けのカウンター。
左にボックス席、右にカウンター、カウンターを
過ぎると、奥ばった広めのボックス席がありました。
角度的に、ちょうどその席の真ん中あたりから、
店入り口を、見渡すことができました。
八代の手下は、ちょうど店入り口、1つ目の
ボックス席に、陣とっていました。
山城は、カウンター向こう、広いボックス席に、
ナベヤと八代は、そのちょうど真ん中あたりで、
やり取りしています。

549 :名無し名人:2008/09/03(水) 15:52:11 ID:SLBTX675
やましろ
や  しろ

やしろはまぬけだな

550 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 15:53:53 ID:5gYX9jyo
山城に対し、背を向けているナベヤ。
間髪入れず、山城の方に振り返り言います。

「今。八代さんから、対局の承諾を得ました」

いぜん、八代に胸グラを掴まれています。
山城は、タバコをくわえ、右手で”チョンチョン”と
少し乱れた盤面を修正しながら、言います。

「いいんだな?八代」
「はい!!!」

勢い、即答する八代。
次の瞬間。
八代は、顔色が真っ青に変わります。

「あ!馬鹿馬鹿馬鹿!こいつが持ってる歩。
 高級品なんかじゃねぇ。こいつ!
 山城の駒台から、”歩”かすめ取りやがった!」


551 :名無し名人:2008/09/03(水) 15:55:42 ID:I7tXJ7EP
うおおおおおおおおおおおおお
流れが将棋じゃなく麻雀じゃん・・・

しかもアカギ・・・

552 :名無し名人:2008/09/03(水) 16:02:59 ID:8tjN4UQN
大三元ですね、わかります。

553 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 16:06:19 ID:5gYX9jyo
そのとおりでした。
高級品など、持っている筈が無いナベヤ。
この歩は、確かに山城の駒台から、取った
物でした。
八代は、震えます。

「確かにこれは、山城の駒だ、しかし、いつ取った?」

今度は、ナベヤが八代を睨みつける番です。
静かに、ゆっくり、ナベヤは言います。

「そうだ。これはさっき俺が、山城がテキヤと、
 言い争っている時、奴の駒台から、そっと
 抜いた物だ」

ますます、真っ青になる八代。
カッと開いた目は、充血しています。
八代は思いました。

「こいつ、馬鹿馬鹿馬鹿!山城に、ばれたら、
 借金どころじゃねぇ!冗談じゃ無い!こんな
 戦争キチと、心中なんて、できるか」

554 :名無し名人:2008/09/03(水) 16:09:13 ID:I7tXJ7EP
やっぱりアゴがとがってたんだ・・・

555 :名無し名人:2008/09/03(水) 16:11:33 ID:Hjl+G6fm
ナベヤは「歩抜き」
八代は「腑抜け」

556 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 16:15:34 ID:5gYX9jyo
この当時、巷では、麻雀、囲碁、将棋
全て、博打だったそうです。
麻雀は、4人で打ち、仲間と”グル”になれる
要素があり、戦後、中国から引き揚げてくる
復員などが、こぞってワイワイやっていた。
今日、我々が思うよりずっと健全なイメージが強かったそうです。
囲碁と将棋の関係は、さしずめ囲碁が柔道家、
将棋が空手家と言った感じだったそうです。
囲碁は高尚な博打。将棋は野蛮な博打。
もっとも、底辺に近い博打が将棋でした。

557 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 16:23:08 ID:5gYX9jyo
しかも、将棋は個人戦です。
簡単に強くもなれない。
将棋や囲碁の、代打ちや代指しも事実
存在していましたが、そのゲームの特殊性から
将棋は特に、忌み嫌われていたそうです。
つまり、囲碁は、51対49の負けであっても、その
負けた石の数で金が動く余地がある。
しかし、将棋は、限りなく、0か100か。
その過激性から、ハマる人もいましたが、
実際はもっと、もっと、底辺だったそうです。


558 :名無し名人:2008/09/03(水) 16:25:40 ID:Hjl+G6fm
将棋は底辺だな今も
底辺×高さ÷2かあ

559 :名無し名人:2008/09/03(水) 16:28:13 ID:I7tXJ7EP
それはさんかくしょうぎだろw

560 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 16:34:09 ID:5gYX9jyo
都会の電車と違い、その田舎電車は
連結部分に運転席があり(もっとも
その運転席は無人です)、その隣に
一人だけ座れるスペースがありました。
私は、外を眺めながら

「そう言えば、小さい頃、祖父によく
 持ち駒を教えてもらえなかったり、
 隠された事があったなぁ」

と、思いました。
誰しも、一度くらいは、そういった経験が
あるのではないでしょうか?

561 :名無し名人:2008/09/03(水) 16:50:30 ID:I7tXJ7EP
麻雀でいうと点数教えてもらえないみたいなやつか。
将棋も盤面見て逆算すればわかるんだけどな。

上司が駒を全部手に持つんですがどうすればいいのでしょう
って話をどっかのスレで読んだ気がするw

562 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 16:51:18 ID:5gYX9jyo
運の介入が、ほぼ無い将棋。
負け将棋を、ひっくり返す為なら
なんでもする。
お金が賭けられていれば、尚更です。
真っ青な八代。
ナベヤは考えていました。

「まず、金は欲しい。その為には、八代から
 対局の許可が必要だ。なぜなら、八代は自分自身が
 対局したがっていたから。勝手に始めたとしてら、あとで
 八代に何を言われるかわからない。そして、この対局。
 ナベヤは、局面も、テーブルの上のお金も見ている、
 棋力の分からない山城に対し、初手から挑んでも、勝敗は
 分からない。ナベヤは、負けられないのだ。つまり、現在
 の局面からの指定対局ならば、何とかなるかもしれない。
 終盤には、自信がある」

563 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 17:04:31 ID:5gYX9jyo
「そして、この歩だ。初めから、ナベヤは山城に
 指定局面で挑むつもりだった。金の為。
 最初に、八代に対して、この歩を元に、勝てるから対局させろ
 と脅しても、この男の事だ、自らが対局に着き
 一歩無い事をいい事に、対局無効を言い出しかねない。
 ナベヤは、この局面で勝負したかった。
 だから、まず、八代の許可を得てから歩を見せる。
 そして、勝機を語れば、この男は乗ってくる。
 100万の人参をぶらせげれば尚更だ。
 仮に、今、八代が歩が無い事を、山城に言ったと
 しても、もう八代は対局を許可している。つまり、
 ”かすめ取った歩が、ある事を承知で”対局を
 許可しているのです。歩を見せられたのは、承諾後だ
 と八代が言ったとしても、山城がそれを信じるか?
 信じる、信じないに関係なく、あの世行きです。
 なぜなら、この店内で、八代は、高々と対局の許可
 を承諾したのですから」

564 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 17:11:47 ID:5gYX9jyo
幸い、薄暗い店内。
八代との会話も、この歩も山城には
バレテいない。
八代は、乗るしかない。歩が足りない事を
言うには遅すぎた。
八代は言う。

「馬鹿馬鹿馬鹿!ホント馬鹿!やるしかねぇだろ。
 こんな事だったら、1人で400万の方がマシ!
 お前と心中は御免!勝負はどうでもいい。
 とにかくバレるな馬鹿」

勝機はある。
玉頭。つぎ歩からのたれ歩。これしかない。
喉から手が出るほど欲しかった歩。
ナベヤは、山城の待つテーブルに向かいました。

565 :名無し名人:2008/09/03(水) 17:12:05 ID:Hjl+G6fm
山城「ふがいない」

566 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 17:13:29 ID:5gYX9jyo
つづく・・?

567 :名無し名人:2008/09/03(水) 18:11:22 ID:4l01Io03
ヽ(*´ω`)ノ 待ってます

568 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 18:24:27 ID:5gYX9jyo
八代は言いました。

「じゃ。僕は、お邪魔なんで、あっちのカウンター
 にいますね」

ウソでした。

「冗談じゃ無い。万一、バレたらすぐ逃げなきゃ」

八代は、店入り口に一番近い、カウンター席に座りました。
八代の左側に、山城の部下が座ります。

「あ〜。最悪。これじゃ逃げれないじゃないか」

がっくり、肩を下ろす八代。
ゆっくり、対局は再開されました。

569 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 18:32:15 ID:5gYX9jyo
山城は、タバコをくわえたまま、煙を
空吹かしします。
舌に、若干ピリピリした感じを覚えます。
こう言う場合は、最初が肝心です。
ナベヤは、まず、わざと怯えた風を装い、
自分の駒台を、床に落としました。
駒を拾い集める時、この”一歩”を紛れ込ませました。
”一歩”を、他の駒に隠れるように置きます。
山城は、しょうが無い奴だ、とでも、言いたそうに
言いました。

「ところで、お前。名前を聞いてなかったな。何て言う名だ」

ナベヤは、背筋をピンと伸ばして答えました。

「はい。斉藤二郎と申します」


570 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 18:41:46 ID:5gYX9jyo
米軍からの、払下げでしょうか。
革製の、ソファにゆっくり腰を下ろすと
少し固めの座り心地に、違和感を覚え、
尻を右、左にやる二郎。
入口付近に、陣取る山城の手下は、花札に
興じています。
八代の隣にいる男は、ただビールを
飲んでいました。
八代は、その隣にいる男に言いました。

「僕にも、ビールを下さいな」

チラっと八代を見る手下。
八代は黙って下を見ました。

「じゃ。始めるか」



571 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 18:50:07 ID:5gYX9jyo
対局が再開されました。
玉頭とは言っても、そう簡単ではありません。
二郎は、時間責めに出ます。
まず、山城を焦らす。
必ず、一回はチャンスが来る。
そう信じるしかありませんでした。
10分、20分、30分。
二郎は、一手に時間をかけます。
しかし、山城もなかなかの長考派。
左膝をソファの上に立て、左腕を
その膝の上に置き、ネクタイをいじります。

「これは、一筋縄じゃいかないな」

対局は、根競べになりました。

572 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 18:55:38 ID:5gYX9jyo
縦から、そして左側から攻めてくる
山城。
凌ぐ二郎。
攻めてきた駒を、取っては自陣に
投入します。

「まだ。凌げる」

5九の歩の上に金!
なんとか凌ぐ二郎城。
わずかな駒で、凌ぎ続けます。

573 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 19:03:12 ID:5gYX9jyo
山城は、ジワジワと攻めるものの
二郎の時間責めにもヤキモキしません。
対局時計が、無い勝負です。
朝方までかかる、真剣などざらです。
山城は、慣れていました。
山城は、ソファの上に置いてあった、銀色の
小さなケースを取り出しました。
ヒロポンです。
自ら、その左腕に注射する山城。

「これで、朝までできるぜ」

唖然とする二郎。
ニヤリと山城が、笑いました。


574 :名無し名人:2008/09/03(水) 19:04:26 ID:w3ZAVjsM
ドーピングか

575 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 19:09:08 ID:5gYX9jyo
その様子を見ていた八代。

「山城。死ね。今すぐヒロポンの
 打ちすぎで死ね。倒れろ」

心で念じます。
一筋縄では、いかない山城。
双方、長考の連続です。

「玉頭だ!玉頭だ!」

思い続ける二郎。
ついに、山城が端に手をつけ出した。

576 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 19:17:54 ID:5gYX9jyo
もっとも二郎が恐れていた展開。
山城から、1五歩、二郎、同歩。
山城、1六歩、二郎、2六歩!
玉頭への、足がかり!
山城、1五香!!
二郎、1八歩。端を受けたい二郎。
しかし、打てない。
今、この一歩は、玉頭への爆弾。
命をつなぐ貴重な爆弾です。
ついに、二郎城、右、左からの挟撃に
遭います。

577 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 19:20:10 ID:5gYX9jyo
つづく・・?

578 :名無し名人:2008/09/03(水) 19:27:57 ID:w3ZAVjsM
「斎藤二郎」は意外だったな。
渡辺二郎かと思ったぜ。

579 :名無し名人:2008/09/03(水) 19:46:47 ID:P3nHliEa
(;´Д`)ハァハァ

580 :名無し名人:2008/09/03(水) 19:47:22 ID:BzT74IpT
真剣師のデビュー戦だから咄嗟についた嘘でない?
将棋指せても棋譜わからん人多いから、臨場感出すのに苦労しそう

581 :名無し名人:2008/09/03(水) 20:07:29 ID:Hjl+G6fm
山城「歩が1枚足りないと気づくのが遅かった、負けは負けだ」

582 :名無し名人:2008/09/03(水) 20:18:00 ID:CMsAcFaj
akiosanとのKGS囲碁二人三脚

ttp://naosan0070.blog7.fc2.com/

囲碁で昔真剣やってた方の息子さんがやってるサイトです。


583 :名無し名人:2008/09/03(水) 20:24:38 ID:UmBZYm2y
将棋をわからない人が読んでも面白くするか
将棋オタに向けて局面の詳しく説明する形でいくか
どうやら前者のようだ

584 :名無し名人:2008/09/03(水) 20:34:57 ID:ZIyuLNWk
>>582
その人知ってる。
今もネットで碁を打ってるよ。
本ではなく実戦で鍛えた特異な棋風の人だ。
脳梗塞患ってから大変みたいだけど
息子さんと一緒にやってるみたい。
ちなみにそのakiosanは極道にも一時踏み入れた人らしい。

585 :名無し名人:2008/09/03(水) 21:17:52 ID:pQHhpGhS
ヤマガタは実名で斎藤二郎は?仮名ィィィ

586 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 21:56:18 ID:5gYX9jyo
平成13年の、あの日。あの6局目。
すでに、東京は夜でした。

「さぁ、ゴキゲンで6連勝だ」

私は、意気込んでいました。
その時です。
確かにその時。私は、なにか針で体を
突かれたような感覚を覚えました。

「勝っているんだから、ゴキゲンで行こう」
「イヤ。もっと、なんか、スリル。一手ずつ
 考える将棋」

私の頭で、2つの思いがよぎりました。


587 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 22:07:26 ID:5gYX9jyo
「迷う事は無い、ゴキゲンで5連勝して
 いるんだ。冒険する必要はない」
「それでいいのか?もっと、ゾクゾク
 するような感じに、飢えてきたんじゃないか?」

時刻的にも、おそらく最後の将棋。
先手は、Hさんです。
3四歩。

「どうする?7六歩か?2六歩か?」
「そうだ。とりあえず7六歩。これなら
 振り飛車にも、居飛車にもできる」
「そうだ。7六歩だ。これは、間違いない手」
「そんな弱気で、居飛車をやるつもりか?」
「ここは、勢い2六歩だ」
「いや。7六歩が正解手だ。よし、そうしよう。
 負けられない将棋だ」

私は、初手を着手した。
26歩。
東京での、最後の勝負が始まりました。


588 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 22:09:56 ID:5gYX9jyo
※明日、夕方頃再開いたします。
 って続けていいんでしょうか?

589 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:10:28 ID:6w7fnk3Y
初手3四歩て
平手じゃないの?

590 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:11:18 ID:P3nHliEa
かまわん続けろ
いや続けてください><

591 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:12:43 ID:tuM3a0f5
楽しく読ませてもらってます
続きを期待してます


592 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:12:45 ID:pQHhpGhS
お疲れ様でした。今日も楽しませていただきました。明日もよろしくお願いします。

593 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:13:32 ID:skeEUrbr
続けて下さい!
毎日この話しを見るためだけに2ちゃんねる来てます!
あっ、自分は>>31ですが、当初からファンです!
頑張ってください!

594 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:18:03 ID:pQHhpGhS
Hさん、飛車振る予感

595 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/03(水) 22:18:34 ID:5gYX9jyo
※ありがとうございます。一応
 省略されました・・・と言うのを
 出来るだけ出したくないので。
 限られた文字数で書くようにしています。
 その為、多少描写が長くなって、
 キャプテン翼の様に、ゴールまでが
 長くなってしまいます。
 なんか自己満足の文章ですいません
 ご了承ください。

596 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:21:15 ID:pQHhpGhS
もう一回言います。謝んなくていいの。

597 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:23:15 ID:pQHhpGhS
了承してますヨ

598 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:23:49 ID:E7Oi7P4n
>>595
くだらないことに気を使わずに、とっとと書け

599 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:29:37 ID:pQHhpGhS
キャプテン翼はよく知りませんが、星飛馬は一球投げるのにすげーながかったヨ

600 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:32:32 ID:Hjl+G6fm
山城「良い勝負だった、歩一枚の差だな」

601 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:33:53 ID:0L8GUKlp
全てのことに対して了承します。
事後承諾も不要です。
とにかく執筆に専念してください。

602 :名無し名人:2008/09/03(水) 22:41:52 ID:lzN22DJr
>>595
続けていいってどこじゃねえ
一度始めたんだから最後まで書き切るのがてめーの義務だろ
だからお願いします、最後までやってください


603 :sage:2008/09/03(水) 23:34:17 ID:Ailn5LP6
なんというツンデレ

604 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:34:54 ID:49OLRkOE
やっぱ◆lcoQbZqMNgさんもトーンダウンに気づいてるんだな。
だが、ここで脚色多寡にするのは下の策。
今回の投稿はひどかったよ。

605 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:38:22 ID:Ailn5LP6
さげまちがえちた。

606 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:38:42 ID:Yimlg6i0
>>588
明日に続けないでカンテツ・ニテツ・サンテツで全部書ききってください。
続きが気になって仕事が手につきません。

607 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:44:48 ID:zmH+8WaT
八代との問答が長すぎる
アカギなら「死ねば助かるのに」の一言で納得させてた

608 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:45:00 ID:lzN22DJr
しかし、ぐぐってもまとめサイトが出ねーぞ
サイトのトップは、テキストでタイトル書いた方がいいじゃないのか?

609 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:52:05 ID:q8D+L9ol
ナベヤ出兵前は生真面目で従順な性格だったのに
歩を抜き取り勝負に参加するために計略を巡らすようになるほどあざとくなっちまった
戦場経験は人を変えるんだな

610 :名無し名人:2008/09/03(水) 23:53:58 ID:KJFeTh4W



いやぁ、何回読んでも面白ろすぐる!






611 :名無し名人:2008/09/04(木) 00:21:49 ID:Dq9S6XZR
あざといの意味を100回調べてから首吊って死ね

612 :名無し名人:2008/09/04(木) 00:35:39 ID:TqNpGl4f
お疲れ様でした
楽しみに待ってます

613 :名無し名人:2008/09/04(木) 00:36:04 ID:VdvwPoc2
まあ、ナベヤも困った奴ではあるw 1の人おつかれ コーヒードゾー

614 :名無し名人:2008/09/04(木) 01:30:49 ID:7FeyaEEl
記憶を辿って淡々と書く、というコンセプトが消えてて、二部はまるで別人が書いているよう(面白くないわけではなく、もう少し構成を練れば、、、

615 :名無し名人:2008/09/04(木) 02:16:45 ID:ASlJAB3K
ナベヤは生死のはざまをさまよい、死生観を悟った
あの頃と同じ19歳の筆者に生きるということを語っている

616 :名無し名人:2008/09/04(木) 02:20:55 ID:L19u4kln
>>614
確かに一部のナベヤにぼこられてた時が一番面白かったと思うけど
でもあの方式だとすぐ終わってしまう

617 :613:2008/09/04(木) 02:29:00 ID:1h+Co9Jx
ケータイからAA書けなかったので今pcから
つc□~ ドゾー

618 :名無し名人:2008/09/04(木) 03:43:06 ID:BK4w1dzG
確かに、二部も興味深いが、別人が書いているように思える。。。

619 :名無し名人:2008/09/04(木) 05:30:19 ID:M700YfTR
饒舌なナベヤには少しがっかりした
無理に面白くしようとしないでも
面白いので空気を大事にしてください

620 :名無し名人:2008/09/04(木) 10:00:40 ID:peYqugEb
携帯でも大抵設定で表示行数変えられるから、省略される人は
設定変えてみるといいかと
どこか上か下のほうに、「設」って項目付いてない?

621 :名無し名人:2008/09/04(木) 11:00:51 ID:dglGv26b
>>608
グーグルが巡回してくれるまでは週単位の時間で待たされることもあるよ。
他からのリンクがないページだと、登録しないとそもそも巡回されないし。

622 :名無し名人:2008/09/04(木) 11:24:46 ID:bnEUjw+H
ナベヤから八代が念じてた話とかまで聞いたのか

623 :名無し名人:2008/09/04(木) 14:02:33 ID:xiwCfIVM
http://shogi.so.land.to/のまとめページの管理者です。
10月以降、大きな広告が入り読み辛くなります。
広告規約が大幅に変更になる前に、移転作業をします。

すでに著者の二部が始まっているので、その更新も兼ねて移転します。
仕事が忙しく、更新することも出来ていませんが宜しくお願いします。

624 :名無し名人:2008/09/04(木) 14:20:09 ID:M700YfTR
>>623
作ってるの聞いて俺はまとめるの止めたんだから、がんばってくれ。

625 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 15:58:46 ID:r6C5HDpm
局面は、大詰め。最終盤です。
双方、敵陣下段に龍があります。
二郎は1段目に、山城は9段目に。
2〜4手進みます。
僅か2〜4手に、1時間かける両者。

二郎、1八歩。受けました。受けてしまいました。

「駄目だ。負けた。玉頭の為の貴重な歩を、
 受けに使ってしまった。駄目だ。負けだ」

二郎、手持ちの貴重な歩、2枚の内、1枚を
使ってしまいました。

626 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:08:49 ID:r6C5HDpm
二郎陣営。(部分図)
1八に歩。1九に香。2六に歩。2八に玉。
3七に歩。3八に銀。4筋(縦筋)には、
歩一枚も無い。スカスカ。
本来、美濃囲いの、4九金は、山城の攻撃を
抑えるため、5八へ。かろうじて、底歩で
耐えています。
幸い、二郎の龍は、山城陣の4一金を、
質駒として狙っていました。

627 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:16:55 ID:r6C5HDpm
山城の手番。
山城は、駒台から駒を取り上げると
5六歩。
二郎。どうする?

「金を横に逃げるか?」
「いや。じり貧だ」

歩が欲しい二郎。
しかし、取れない。なぜなら、もし取れば、
次の瞬間、5九龍。底もスカスカで、さらに
”詰めろ”です。
これでは勝てない。

628 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:23:02 ID:r6C5HDpm
二郎。

「ここだ。ここしかない」

二郎の手番。
二郎、2五歩。
待望の、玉頭に手を付けました。
歩は足りるのか?攻めは間に合うのか?

「駄目だ。歩が足りない。しかし、さぁ、どうする
 山城。この歩を取れば、お前の勝ち。
 5八の金を取れば、お前の負け。さぁ、どうする
 どっちを取る。山城」



629 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:32:35 ID:r6C5HDpm
心臓が、口から出るとは、まさに
この事です。
汗が、背中から、ジワリとにじみ、
両脇の汗は、両腕を伝います。
顔面は紅潮し、毛穴と言う、毛穴から
汗がにじみ出ます。
下を向き、冷静を装う二郎ですが、
二郎の、その脈は、全身を打ち、その鼓動は、
破裂しそうで、その音すらも、聞こえます。

ドクン。ドクン。

「さぁ。どっちだ?どっちを取る?」
最終盤。山城。2者択一。

ゆっくり。山城の手が、盤に伸びました。

630 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:41:01 ID:r6C5HDpm
その時、八代は見た。
確かに見た。
喫茶「パール」店内を、ヒラヒラと漂う夜蝶、
虹色に輝く”蝶”を。

「あれ?蝶がいますよ?」

隣の、酔っ払った、山城の手下に言う八代。

「あ〜?蝶なんて、居る訳・・・・?」

花札に興じる、山城の手下も、手と口が止まりました。

「蝶?蝶だ」

虹色に輝く蝶。ゆっくり、ゆっくりと。二郎の元へ。

631 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:54:35 ID:r6C5HDpm
ただ、ゆっくり、ヒラヒラと漂う蝶。
その行き先を、目でゆっくり追う、八代と山城の手下。
二郎の元へ、その翼を、ゆっくり”はためかせる”。

山城の手が、ゆっくり盤に伸びる。

山城。

5八の金を取ると、自分の駒台へ。
5八歩成り。
二郎の全身に、電流が走る。
間髪入れず。二郎。2四歩。
ついに、獅子の首に、食らいついた。
二郎。山城玉に王手をかけます。

632 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 16:57:34 ID:r6C5HDpm
>>627 5六歩は、5七歩の
 間違いです。
 つづく・・?

633 :名無し名人:2008/09/04(木) 16:57:48 ID:1CwyJnF0
>>627
×5六歩→○5七歩 ?


634 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 17:03:35 ID:r6C5HDpm
※はい。5七歩です。
 山城は、二郎の5八金の頭に
 歩を打ちこみました。
 せっかくの流れを切ってしまいました。
 失礼しました。

635 :名無し名人:2008/09/04(木) 17:09:02 ID:1CwyJnF0
>>634
数秒違いで訂正が入ってました。ごめんなさい
今後の展開に期待しています

636 :名無し名人:2008/09/04(木) 17:47:47 ID:naImmqzl
伝聞のはずだったのに
二部から語り部がナベヤの事詳しくて
人称が混乱してて何が何だか。
完全創作に突入したの??

637 :名無し名人:2008/09/04(木) 17:53:08 ID:/ig3rFC4
その辺は突っ込まずに楽しもうw

638 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 18:30:16 ID:r6C5HDpm
山城。1二玉。
実戦心理的に、玉が上ずる形は、
避けたかったのでしょう。
二郎。4一龍。
龍をついに、切りました。
山城。銀で取りたいが、その余裕はありませんでした。
山城。5九龍。
二郎。4九歩。
高らかに打ちつけられる歩。
玉頭攻めの為に使うはずだった、貴重な歩を、二度も受けに使う。
しかし、今この4九に打った歩は、3八の銀と強力な
スクラムを組んでいます。
山城。4八と。
二郎玉は、必死です。
次の瞬間。
二郎は、一回、持ち駒のうち、最後の1枚の歩で
山城玉の頭を叩くと、そのまま寄せきってしまいました。
その、総詰手数。15手。

639 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 18:45:52 ID:r6C5HDpm
田舎電車は、このローカル線の中間、
少し大きめな駅に停車しました。
目の前にいる、ナベヤは、袋の中から
お饅頭を取り出し、私に、食べるか?
と言うような仕草で、そのお饅頭を
私に向けました。

「お饅頭は、のどを通りそうも無い」

私は断りました。

「祖父のいる駅まで、後4つか」

私は、ナベヤに聞きました。

「イカサマは、結局バレなかったんですか?」

ナベヤは、笑顔を見せて一言。

「さぁ」

とだけ言いました。

640 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 19:16:49 ID:r6C5HDpm
※たびたびすいません。
 最後のシーンについて、玉頭を
 歩で叩くと、2歩になります。
 私が、話を聞いた当時、金底の歩や
 凌いだ話は聞きました。しかし、
 最後は、玉頭叩いてから寄せた。
 と言っていました。ミスが連発して
 います。ちょっと、休みます。

641 :名無し名人:2008/09/04(木) 19:34:00 ID:KEP2tRz8
おもしろすぎる

642 :名無し名人:2008/09/04(木) 19:34:26 ID:EAifPU95
ヒント、監修つける。

643 :名無し名人:2008/09/04(木) 19:42:20 ID:1CwyJnF0
ドンマイ 棋譜のつじつま合わせなくていいから先に進もう

644 :名無し名人:2008/09/04(木) 19:42:31 ID:im3Tx5zx
まあ、いいじゃないか

645 :名無し名人:2008/09/04(木) 19:49:16 ID:A8FAWYv2
恐らくこういうことだろうという棋譜のつじつまの話を書いたけど、消した。
本筋に関係の無い話ですね
>>643 さん >>644 さん、の仰るとおりでした

646 :名無し名人:2008/09/04(木) 20:43:47 ID:FuuN/fpc
しばらく休みます、で帰らぬ作者多数…

期待して待っていてもいいのかな…

647 :名無し名人:2008/09/04(木) 20:44:58 ID:KmAaWbBo
小野不由美先生の悪口をゆうな!

648 :名無し名人:2008/09/04(木) 21:07:06 ID:TqNpGl4f
お疲れ様です
また時間がある時にでも書いてください。

649 :名無し名人:2008/09/04(木) 21:15:03 ID:XTFqDBQv
長い間応援ありがとう!!
◆lcoQbZqMNg先生の次回作にご期待ください

650 :名無し名人:2008/09/04(木) 21:16:03 ID:pKeR34AO
既に上↑で、出ているかも知れないんですが

出版されたりしたら、版権(コピーライト)は、ヒロユキですか?
「電車男」の場合は?
ネラーズの合作だったんですか?

◆lcoQbZqMNg 氏が、帰ってこなくて
別人が、続編を完結出版したら?

◆lcoQbZqMNg が、氏んだら?

誰か教えて下さい




651 :名無し名人:2008/09/04(木) 21:18:57 ID:93i6d+dM
考えるな、感じろ。

652 :名無し名人:2008/09/04(木) 21:20:22 ID:xiwCfIVM
>出版されたりしたら、版権(コピーライト)は、ヒロユキですか?
いいえ。著者の名前または偽名です。

>電車男の場合は?
まとめサイトの名前で出版でした。

>ネラーズの合作だったんですか?
それはどうでしょうか?真偽は自分で確かめてください。

>◆lcoQbZqMNg 氏が、帰ってこなくて〜
トリップが有る以上別人が書き上げるのは不可能。
また勝手に続編を書き出版したら前半部分でも引用すれば盗作
著作権の侵害で訴えられます。まずその線はないでしょう。

>◆lcoQbZqMNg が、氏んだら?
そういう事があればそれまでの事です。

あなたは他人に聞く前に自分なりに意見を考えましょう。

653 :名無し名人:2008/09/04(木) 21:44:15 ID:pKeR34AO
「俺は鉄平」「がんばれ元気」「ドラゴンボール」みたいに、戦いを続けながら主人公も経験知を重ねて強くなっていき
しまいに
宇宙一の銀河最強竜王を倒して目標達成して終わり・・・
と、一瞬思わせておいて

実は、銀河最強竜王よりも強いかもしれない
プロ棋士も真っ青の
改造人間ボナンザ18号と19号と20号がまとめて出現して・・・
そいつを倒したところで,ひと安心したと思い一服して油断していると

さらに、後ろに控える強者「神ヨシハル」が・・・


「ドラゴンボール」は、梧空が死んでもだらだら続けていたけど
「あしたのジョー」みたいに白い灰になるのも花火みたいに散り際がいい

将棋指し・・・とりわけ真剣師の最期なんて
小池や加賀は恵まれていなかった

花村や太田学の路線はドラマティックじゃないし

やっぱり、小池や村山聖のように夭逝して
強さの底を見せないのがいいよね

654 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:25:31 ID:bIptuCbs
掛け金は今の時代に換算した金額と考えておk?

655 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 23:35:51 ID:r6C5HDpm
※面白いと感じていただければ幸いです。
 ちょっと、ミスが続いて、自分で萎えただけです。
 一気に、思ったように書きますので、
 いちいち、自分で書いたのを、読み返さず 
 (そうやって書くと、なんか、考えた創作
 っぽくなるので。もっともちょっとは、脚色
 してますが)
 ミスが、出てしまいました。
 一応、まだ続けるつもりです。
 ご心配を、おかけいたします。
 

656 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:43:17 ID:daI7ajiS
おもしれぇ。
将棋を知ってるから面白いのかな?
ビートたけしが刑事を演じた、松本清張原作の張り込みっていうドラマの雰囲気を感じた。


657 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 23:44:58 ID:r6C5HDpm
※対局場面は、当時、ナベヤから聞いたのを
 自分なりに、アレンジして描いています。
 (本人は、断片的に言うので、図面、展開は
 創造するしかありません)
 100%事実だと思わないでください。
 ちょっと、山城戦で、熱くなってしまいました。
 将棋の、対局場面は、考えるのが難し〜。
 わがままですが、皆さんが、面白い
 と感じるより、自分が描き切れるかに
 重点がいっています。
 対局場面、いかがだったでしょうか?
 
 

658 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:46:18 ID:Lp1VuIJX
作者さん、大したミスじゃないっすよ!
十分、面白いし、相変わらず、楽しみです。
思うまま、続けてください。
できればズーっとw



659 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:47:00 ID:7HAa/kyI
>>648>>649 なんで。ヤマガタまだ登場してないヨ。宮田から貰った箱の中身は。源二、絹子はもう登場しないのかな?

660 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/04(木) 23:52:50 ID:r6C5HDpm
※将棋が、分からない人には、最小限の展開で、
 分かる人は、最小限の展開でも、臨場感が
 のこり、頭で局面図が浮かぶように、配慮
 いたしました。

661 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:53:26 ID:7HAa/kyI
>>655 あ〜〜っ安心しました。

662 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:59:29 ID:7HAa/kyI
お茶係の人、今日は無断欠勤?

663 :名無し名人:2008/09/04(木) 23:59:50 ID:NXroZxon
増長してきやがったな

664 :名無し名人:2008/09/05(金) 00:10:18 ID:h4waWjn9
続きが気になる!
いちいち住民へのレスなんてお断りしますから早く続きを書いてくれー!!!

665 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 01:01:49 ID:p5u0F6Xq
※また、決して読者をないがしろに
 している訳ではなく。まず、自分が
 描き切れるか?(まだまだ未熟者ですが)
 その結果、読者の方々が、面白いと感じて
 くれれば、と思っております。

666 :名無し名人:2008/09/05(金) 05:09:12 ID:GzvWuMw6
筆者タソ オレ達は 胸が締め付けられる瞬間を ゆっくり待っている
たまには1日休んでもいいよ 
それよりも その瞬間を きっちり書いてくれ


667 :名無し名人:2008/09/05(金) 10:50:10 ID:txm2s6n/
蝶の演出は月下の棋士かな

668 :名無し名人:2008/09/05(金) 11:27:01 ID:THZ2ArGp
読者に媚びてはいけないと思います。
読者の顔色をうかがい、俗な文章にするより、
読者の反響(良くも悪くも)を真摯に受け入れ、
自分の思ったこと、書きたいことをつづるべきかと。

売れる、うける文章を意識してつまらなくなった例は
多数あります。

面白いんですから、自信をもって続けてください。


669 :名無し名人:2008/09/05(金) 12:50:02 ID:BSwwGYUI


面白いけど、フィクションが増えるとガッカリしますので
「真剣師のありのまま」書いて下さい

楽しみにしてます

670 :名無し名人:2008/09/05(金) 13:04:11 ID:7yAoS3PB
>>669
ありのまま体験したように書いてるけど
伝聞と想像だから…

671 :名無し名人:2008/09/05(金) 14:37:20 ID:87EIamG0
面白いね
一気に全部読んじゃったよ

やっぱノンフィクション(とされるモノ)は読んでる時の気持ちの入りようがちがうね。
その為にも状況が不明快でも、無理に具体化しないほうがいいかも。

恋空の100倍ワクワクします。(読んでないけど)

672 :スピルバーク:2008/09/05(金) 15:16:12 ID:i7gvTwj7
映画化したいのだが?

673 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 15:17:45 ID:p5u0F6Xq
ナベヤは、お饅頭を一口頬張ると、合間を
見て、缶のお茶に口を移しました。

「私は、将棋に義を求めています」

ナベヤは、生への執着を語り始めました。

「とにかく、生きたかった。意味が無くても。
 何にか、意味を求めていたかったんです。
 将棋や囲碁や麻雀、博打で、命なんか、落とせますか?
 賭け将棋だって、後にも先にも、その対局が、一番大金が
 賭かった勝負でしたよ」

”映画や漫画の様に、華々しくも、ドロドロした勝負ではなく、
この男の勝負は、妙に泥臭い”

私は、そう思いました。

674 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 15:28:57 ID:p5u0F6Xq
喫茶「パール」内を、静かな時間が過ぎていきます。
後は、山城が1手逃げて、二郎が持ち駒を打てばそれまで。
将棋を知っている人が見れば、誰が見ても簡単な詰め手順。
山城は、目をつむり、左手の人差し指で、瞼の上から、
眼球を、コリコリし、眉間をつまみます。
その姿は、悪あがきでは無く、自分の負けを受け入れる仕草
の様でもありました。
山城は、ゆっくり、テーブルの上に置いてある100万を
滑らす様にして、二郎に差し出しました。

「ふ〜。二郎。お前の勝ちだ」

瞬間。八代は、カウンターテーブルを、2度、
両手で軽く叩きました。
八代は、勇んで二郎の元へ、駆け出しました。



675 :名無し名人:2008/09/05(金) 15:30:18 ID:txm2s6n/
うおおおおおおおおおお
勝ったのか!!

676 :名無し名人:2008/09/05(金) 15:34:30 ID:xcSx6B3b
ナベヤ「倍プッシュだ」

677 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 15:40:21 ID:p5u0F6Xq
「やったな。二郎」

八代は、遠慮なく、二郎の背中に抱きつきました、
その背中は、憔悴しきった野犬の様でした。
八代は決して、悪気があったわけではなく、ただ、二郎を
抱き締めずには、いられなかったのです。
八代は、抱きしめた後、二郎の後ろから、両手で二郎の
両肩を、しっかりと掴みました。

「人に、支えられるって、こんなに気持ちのいいものなのか?」

二郎は、ただただ、うつむいていました。


678 :名無し名人:2008/09/05(金) 15:48:04 ID:txm2s6n/
アッー

679 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 15:52:56 ID:p5u0F6Xq
「俺も男だ。借金の事は、グダグダ言わねぇ。
 八代。借金は、チャラだ。お前、命拾いしたな」

静かに、ドスの利いた声で、八代に言う山城。

「はい。山城の兄貴。緩めてもらいました」

ニコニコ顔で言う八代。

二郎は、笑顔にはなれなかった。
敗者を目の前に、そんな気になれませんでした。
喪に服し、敬意を表する。

時にして、1945年(昭和20年)、12月3日未明。
東京下町。冬にしては、若干温かい夜の事でした。

680 :名無し名人:2008/09/05(金) 15:57:09 ID:txm2s6n/
山城死んだのか?

681 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 16:01:09 ID:p5u0F6Xq
二郎は、八代の手前、とりあえず100万を
八代に渡しました。
後は、何事もバレず、この場を立ち去ればいい。
八代に、肩を抱きかかえられるように、二郎は八代と
店を後にしようとしました。
その時です。

「おい。二郎。ちょっと待て」

山城が、声をかけました。

「八代。お前はいい。お前は表で待ってろ」

八代は、一足早く店の表へ。
二郎。ジッとドアのノブを見つめました。

682 :名無し名人:2008/09/05(金) 16:04:33 ID:txm2s6n/
感想戦になったらバレるな・・・

683 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 16:08:24 ID:p5u0F6Xq
「二郎。大道詰将棋には、気をつけろ。
 テキヤには、テキヤのルールがある。
 そんなんじゃ、長生きできないぜ」

二郎は、振り返る事無く、山城の話に
耳を傾けます。

「二郎。おもしろかったぜ。また会えるか?」

二郎は、ドアノブを見つめたまま言いました。

「もう。そんな約束はしないようにしました」

二郎は、ただの一度も、山城を見ることなく
店を後にしました。
終盤の鬼、その強さ換羽の如し。

684 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 16:10:09 ID:p5u0F6Xq
つづく・・?

685 :名無し名人:2008/09/05(金) 16:10:16 ID:+PkHy5RM
イカサマで勝って終盤の鬼とか言われても
なめてんのかって感じなんだが。

686 :名無し名人:2008/09/05(金) 16:14:03 ID:8bTtKGJ9
>>685
真剣ではよくあること>イカサマ

687 :名無し名人:2008/09/05(金) 16:19:15 ID:/k6Czl1B
博徒アカギ 〜将棋真剣師編〜

688 :名無し名人:2008/09/05(金) 16:19:26 ID:jxtRcrKs
真剣といえばダケさん
てっきりイカサマで返してくるのかと思ってた

689 :スピルバーク:2008/09/05(金) 16:31:00 ID:i7gvTwj7
>>682
ドキドキさせるようなこというな・・・

690 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 17:07:30 ID:p5u0F6Xq
無事店を出る二郎。
しかし、八代の姿が見当たりません。
この場に、そう長くもいられない二郎。
周りを見渡しても、八代の姿はありませんでした。

「あいつ。逃げやがった」

急ぎ足で、その場を立ち去るように
八代を探しに行く二郎。

「どこだ?どこだ?」

八代は見つかりません。

691 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 17:18:01 ID:p5u0F6Xq
八代を、探し続ける二郎。

「金持ったまま逃げやがって。ウカツだった。
 くそ。あいつ、見つけたら、ただじゃおかない」

探す二郎。
十字路を右へ。

「くそ。こっちじゃない。行き止まりじゃないか」

元の道へ引き返す二郎。
まだ夜が明ける前。
数件の、店が開いてるだけの町。

「くそ。どうなってんた?この道は」

焦る二郎。

692 :名無し名人:2008/09/05(金) 17:50:50 ID:VCeH9pCA
喫茶「パール」って、新橋ガード下の喫茶店「コダマ」のような気がする

693 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 17:53:39 ID:p5u0F6Xq
「おーい」

近くから、聞き覚えのある声が聞こえます。

「お〜い。二郎」

八代だ。
二郎は、あたりを見ます。
八代は、一軒のホルモン焼き屋にいました。
窓から顔を出す八代。

「お〜い。こっちだ二郎〜」

二郎は、平静を装って、その店に行きました。


694 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 17:54:53 ID:p5u0F6Xq
店に入って二郎。
座敷に座っている八代を、立ったまま睨みます。

「あんた。逃げやがったな」

歯を食いしばりながら、冷静にいう二郎。

「な〜に言ってんの?僕は、二郎から
 逃げたんじゃないの。てっきり、イカサマが
 バレたと思って、山城から逃げたの」

八代は、ホルモンを口へ放り込みました。


695 :名無し名人:2008/09/05(金) 17:55:47 ID:txm2s6n/
上野だとモツ焼きだな

696 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 18:02:19 ID:p5u0F6Xq
クチャクチャ口を鳴らし、八代は続けました。

「ほら。感想戦でもやったら、すぐバレちゃうでしょ?」
「ふざけるな。感想戦?出来る訳無いだろう。
 俺は、途中から対局してんだ。それに、仮に
 山城が、最初から指せたとしても、対局は終わったんだ。
 途中から入った俺だ、何とでも言い訳する。そもそも
 ヒロポンで、感想戦どころじゃないだろ?」

二郎は、冷静に、しかし歯を食いしばりながら言います。

「まあまあ。こっちへ座れよ。二郎」

八代は、悪びれるそぶりも見せず、二郎を
座敷へ通します。

697 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 18:05:47 ID:p5u0F6Xq
怒り心頭な二郎。
八代は、ビールを飲みながら言いました。

「あのな。もしお前から逃げるんだったら、
 もっと、遠くに逃げてるよ。それに、
 呼びとめたりしない」

八代の、もっともな理由に、納得してしまう二郎。
二郎は、座敷へ上がりました。

698 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 18:12:06 ID:p5u0F6Xq
二郎は、切り出します。

「ところで、金は?」

二郎の問に、ビールをまた一口飲んで
八代は答えます。

「あの山城って男。とんだ食わせモンだぜ」

八代は、二郎が勝ち取ったお金を
テーブルに出しました。

「なんだこれは?」

札の束。上に数枚、下に数枚100円札がありました。

「100万なんて、嘘だ。いいとこ、10万って
 とこだな」
 



699 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 18:24:03 ID:p5u0F6Xq
二郎にとっては、10万でもありがたい。
八代は言いました。

「店出て、すぐ確認したんだが、この有様だ。
 店戻って、話が違うじゃねぇかって、いける
 訳も無い」

二郎は思いました。

「おかしい。もし“普通”の対局なら、八代は
 必ず、山城へ文句を言う為に、店に戻る。
 それがないと言う事は、山城は・・・イヤ
 考えすぎか」


700 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 18:24:59 ID:p5u0F6Xq
つづく・・?

701 :名無し名人:2008/09/05(金) 18:50:56 ID:3pEBpfmp
つるく・・・ 星人

702 :名無し名人:2008/09/05(金) 22:23:10 ID:oI6bFfDQ
むうう。
ナベヤ、いいな。
飾らない感じがかっちょイイ。
淡々とした文の読み味も、ナベヤを引き立てている。
決してクセがないわけではないのだが、
いやむしろナベヤ、文、共に、クセは強いのだが、
それぞれの味わいが喧嘩していない。よい読み物だ。




703 :名無し名人:2008/09/05(金) 22:24:44 ID:oI6bFfDQ
がんばれ、作者さん!

704 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 23:06:00 ID:p5u0F6Xq
八代は、自分の箸の柄で、頭を掻きながら言いました。

「ところでだ。思ったよりお金が・・少ない。
 そこで、二郎。・・俺と組まないか?」

二郎に、イヤな予感が走りました。
八代は、鉄板にあるホルモンを焼いています。
二郎は、八代に言います。

「俺とあんたは、さっき出会ったばかりだ、
 誘ってくれるのは、有難いが、俺はまだ
 あんたの事を知らない」

八代は、鉄板のホルモンを突きながら
唐突に、自分の生い立ちを話し始めました。



705 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 23:22:09 ID:p5u0F6Xq
千葉の生まれだと言う事。
大学を出、事業を失敗し
借金を抱えた事まで、八代は
話します。
その話さえ、本当かどうかは分かりません。
しかし、二郎もまた、行き場のない身です。
八代は言います。

「組むって事は、信頼関係が無いと出来ない。
 僕は、二郎を信じてるから言ってるんだ。
 後は、二郎が決めてくれ」

八代との出会いは、決して、いいものではありませんでした。
実際、今こう話をしていても、違和感がある。
しかし、それは、二郎の今までの出会いにありました。


706 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 23:23:20 ID:p5u0F6Xq
宮田、源二。それぞれ二郎にとっては、
重要な出会いです。
しかし、同時に、二郎の出会いには、常に
主従関係がありました。
宮田、源二が主で、二郎が従と言う関係が。
そう言う意味では、二郎にとって、八代は、
初めてと言っていい、対等な立場での出会いでした。
一人でいるのも、心寂しい。
それに、あの対局の後、自分の肩をしっかり
支えてくれた思いに、嘘は無い。
そう二郎は、思えました。

707 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 23:29:01 ID:p5u0F6Xq
八代は、焼けたホルモンを、箸でつまみ、
二郎に差し出します。
自分の口を開け、二郎に”アーン”しろ
と言う仕草をして。
二郎は、この屈託の無い笑顔に負けます。

「どうせ、こいつに逢わなかったら
 どうなってたか分からない。今より
 いい状況が待っていた補償も無い。
 これも運命だ」

二郎は、八代と組む事を、決心します。

708 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/05(金) 23:30:47 ID:p5u0F6Xq
後日。つづく・・?

709 :名無し名人:2008/09/05(金) 23:38:52 ID:Usw+DoRl
じゃんじゃん続けてくれ

710 :名無し名人:2008/09/05(金) 23:50:27 ID:hb1Qnh1S
つづくんです

711 :名無し名人:2008/09/06(土) 00:26:44 ID:BinQf2Yr
応援しています。頑張ってください。

712 :名無し名人:2008/09/06(土) 01:07:31 ID:wBw4zu0T
そうです!つづくんです!

713 :名無し名人:2008/09/06(土) 03:12:37 ID:PrsS2Z6V
週末は連投チャンスです

714 :志願者:2008/09/06(土) 04:15:45 ID:v4cuDYMo
毎度楽しく拝読しております。
ひとつお願いですが、
対局風景を簡略化してくださいです。
でないと、こちらがもたない。

715 :名無し名人:2008/09/06(土) 06:20:20 ID:msaQOzGz
簡略しちゃダメだろ

作者さんのモチベーションになってる気もするし

716 :名無し名人:2008/09/06(土) 07:47:14 ID:7scnH9rD
八代が行方不明の最中に札束を偽装して丸儲けという予想。
対等と油断していたらナベヤ、大事な場面で裏切られるな。
これから組んで指す将棋も、相手と八代がグルで…なんつって。

717 :名無し名人:2008/09/06(土) 07:48:05 ID:eVMC7Rsa
>>715
同歩

718 :名無し名人:2008/09/06(土) 07:55:32 ID:2HobhDq/
同飛

719 :名無し名人:2008/09/06(土) 11:03:13 ID:53CUy7Qc
同角

720 :名無し名人:2008/09/06(土) 11:07:55 ID:Ft2zelo7
同桂右成らず

721 :名無し名人:2008/09/06(土) 11:12:44 ID:MB276xu3
普通に考えるとこの先八代に騙されるって流れなのかな

722 :名無し名人:2008/09/06(土) 11:47:22 ID:bldePKnk
今思ったんだけどこれ連載終わるまでに少なくとも半年、普通に一年くらいかかるんじゃないか?^^;

723 :名無し名人:2008/09/06(土) 12:04:16 ID:WQdLQuo/
時間はどうでもいいんじゃない?

まとめサイト作ってくれた人もいることだし
久しぶりに来てdat落ちしてても大丈夫だよ

724 :2000:2008/09/06(土) 13:37:59 ID:3NziWeUM
>>512 30年前、毎日新聞で記譜が載っていて、「天守閣上の玉」と観戦子に評されていた。8七玉型高美濃〜引き角だった。

725 :名無し名人:2008/09/06(土) 14:41:27 ID:XDG68XRX
お茶係の人、2日続けて無断欠勤。と心配みる。

726 :名無し名人:2008/09/06(土) 14:46:57 ID:Ft2zelo7
>>721
八代は「おひき」の役だろ。

ナベヤから「桂を鳴かせろ」のサインが出た。
上家の八代がよしきたとばかりに桂を切る。
「ポーンッ!」
ナベヤはこの一鳴きで早くも詰めろだった。

みたいな流れね。

727 :2000:2008/09/06(土) 15:35:09 ID:3NziWeUM
>>714 宮本輝 「青が散る」を読んでみれ。テニスの試合のシーンに目が釘付けになる。戦うシーンは重要。

728 :名無し名人:2008/09/06(土) 16:01:55 ID:JC0UeXcW
>>171

729 :名無し名人:2008/09/06(土) 19:17:07 ID:9jKH4s9Q
>>85

730 :名無し名人:2008/09/06(土) 19:38:56 ID:7iGdBHL/
となるとクライマックスはヤマガタ戦か

731 :名無し名人:2008/09/06(土) 22:40:24 ID:XDG68XRX
今日はお休みかな?

732 :名無し名人:2008/09/06(土) 22:46:59 ID:yHwVnQbI


これからが勝負の作品だな
ノンフィクション通さないと叩かれそう、皆さんは真剣師の
生き様見たいのよ

733 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/06(土) 23:19:35 ID:YO5J9ZmX
組むと言っても、二郎の棋力を、まだ計り知れない八代。

「二郎。お前は、将棋で身を立てる為に、東京へ
 出て来たのか?」

二郎は、言葉に窮します。
将棋で、身を立てる意味が分かりません。

「専門棋士になったって、たかが知れてるぞ、二郎」

戦後。昭和20〜21年。
新聞社による、名人戦の契約金が、100万の時代。
収入の多い、チェスのプロに転向する専門棋士もいました。
棋戦は名人戦だけ。契約金も安く、棋士の生活は、その
使命とは遠くかけ離れ、恵まれていない時代の話です。

734 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/06(土) 23:30:35 ID:YO5J9ZmX
八代は、鉄板の炭を突きながら続けます。

「ならば、賭け将棋しかない。しかし、僕は、
 興行師じゃないし、手合いもつけれない」

冷静に考えれば、東京に来たからと言って、
すぐ、将棋で身を立てるなど、しょせん映画の世界。
現実はシビアでした。
八代は、店の店主にビールを頼みました。

「まったく。この店の親父は愛想が悪い。まぁ、
 二郎、資金もそんなに有るわけじゃないし、
 賭け将棋で、勝った負けた、なんてやってても
 先が無い」

八代は、ビールを、二郎のコップに注ぎながら続けました。

735 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/06(土) 23:49:05 ID:YO5J9ZmX
「そこで、僕は、この金で事業を始めたい
 と思っている」

二郎から、逃げようと思えば、逃げれた八代だ。
八代は、二郎と心から事業のパートナーとして組みたかった。
二郎は、ビールを一口飲み、八代に聞きました。

「事業って、何をするんだ?」
「僕の知り合いに、日系二世の米兵がいる、
 そいつに頼んで、物資を横流ししてもらう」
「闇か?」
「ああ。闇だ。米兵への、手数料と物資購入費に
 この金を当てようと思う」
「うまく行くのか?」



736 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/06(土) 23:51:11 ID:YO5J9ZmX
不安に問う二郎。
八代は、二郎を見つめて、笑いながら言いました。

「二郎。ひねり飛車だって、2六歩に3四歩と
 受けられたら、出来ないんだぜ。初手、やって
 みなきゃ分かるわけないだろ」

そうとなれば、話は早い。
さっそく、八代は取りかかると言う。

「二郎。世の中は、民主主義だぜ。人民が
 権力を握る時代が来る。その為には、
 金が必要だ」

翌、昭和21年。二郎と八代は、闇を始めました。

737 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/06(土) 23:53:43 ID:YO5J9ZmX
後日。つづく・・?

738 :名無し名人:2008/09/06(土) 23:58:02 ID:AVhKOBy3
おつかれ

739 :名無し名人:2008/09/07(日) 00:11:02 ID:qS76O2UB
ドキが胸胸するなぁ

740 :名無し名人:2008/09/07(日) 00:15:09 ID:cGyB/1Mf
あらら、始まってた。後日。つづく・・? 初めてのフレーズだけど。後日・・・なんか気になる。

741 :名無し名人:2008/09/07(日) 00:26:59 ID:W0OwpDSf
将棋で喰うといよりも、闇屋で喰うという方がはるかに納得できる、あの時代は。
続きを期待します。


742 :名無し名人:2008/09/07(日) 00:32:19 ID:UyT6QKtq
>>741
あの時代をリアルタイムで、体験した方ですか?
読者層、広いなぁ。
あと女性の読者が付けば、ベストセラー決まり。

743 :名無し名人:2008/09/07(日) 01:17:01 ID:ST3CgTkV
女子供にゃわからん世界。

744 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 01:39:12 ID:MjQqhMlc
赤いリンゴに、唇寄せて、黙って見ている、青い空。

終戦直後の10月、公開された映画「そよかぜ」の
主題歌になり、戦後歌謡の大ヒット曲、並木路子が
歌う「リンゴの唄」が、巷で聞かれるようになった、
昭和21年初月。
二郎と八代は、闇屋で生計を立てます。
まず、二郎と八代は、米兵から、砂糖や塩、
雑貨等を、購入します。
今度は、その物資を持ち、船橋(千葉県)や
大宮(埼玉県)で捌きます。
並木路子のレコードが、1枚20円の時代、
60〜100円で売れる事もありました。
八代の狙いは、見事的中します。



745 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 01:43:09 ID:MjQqhMlc
1〜2か月、着実に2人は、成果を上げていきます。
その内、今度は、まず二郎と八代が、東京で入手した
物資を、東京近郊で捌き、二郎はその土地に残り、
旦那衆や将棋キチを、口コミで聞き出し、真剣を指します。
金主はあくまでも八代。
八代は、東京に戻り、二郎は、真剣を指すかたわら、
地元農家や、旦那衆の欲しい物資を聞き、八代に電話や手紙で
教えます。
八代は、その希望の物資を持って、その土地へ出向く。
時に、希望の物資が多いときは、二郎も一旦は、東京へ戻る。
もちろん、二郎、八代共に、その田舎から東京へ
戻るときは、現地農家から、野菜や米を買い付け、東京の
個人や、飲食店へ売る。
その繰り返しをします。

746 :名無し名人:2008/09/07(日) 01:45:14 ID:KH+u76qP
女性受けを狙うとなると
「ナベヤだけにオカマ掘られた」とかいう話になるのでは

747 :名無し名人:2008/09/07(日) 01:53:36 ID:T0X5c28T
ひねり飛車のくだり、読んでるオレも
そうだよな、と思ってしまった。将棋のたとえ話は効くねぇ。
納得させられるっていうより、納得したくなっちゃうよ。



748 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 02:02:23 ID:MjQqhMlc
そうしている5月。
二郎と八代は、二郎の”二”、八代の”八”を取って
「二八(ニッパチ)商会」と言う会社を起業しました。
主には、今まで道理、物資を東京と近郊で行き来させます。
時には、インシュリンやアルコール等の、薬の闇も
しました。
その為、八代は、東京地元のヤクザに、手数料を払い、
衝突や、軋轢が無いように努めました。
二郎は、地方で真剣をします。
少額ではあるものの、八代の資金力を持って
多少荒い真剣も指しました。
そしてついに、「二八商会」は、川崎(神奈川)に
目を付けました。

749 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 02:04:55 ID:MjQqhMlc
本日、夜再開予定です。
つづく・・?

750 :名無し名人:2008/09/07(日) 02:06:51 ID:oMqOGDou
ん?
もしや◆lcoQbZqMNgさん、サッカー待ちだな。

751 :名無し名人:2008/09/07(日) 02:11:40 ID:cGyB/1Mf
二八商会 二八のブタ。嫌な予感。

752 :名無し名人:2008/09/07(日) 02:12:51 ID:cGyB/1Mf
お茶係の人、今日も無断欠勤。転職した?

753 :名無し名人:2008/09/07(日) 02:27:15 ID:cGyB/1Mf
山形屋、26年には弘前に帰ってるって書いてあったから、そろそろ登場か?ワクドキするなぁ。

754 :名無し名人:2008/09/07(日) 04:11:03 ID:2VgC8Vy5
>>683
「換羽の如し」
換羽って「とや」って読むの?
意味分からないんだけど
関羽だったら分かるんだけどなあ

755 :名無し名人:2008/09/07(日) 04:14:52 ID:OKM+EW8J
終戦後の話以外の時系列は
ぜんぶ一段落ついてるんだっけ?


756 :名無し名人:2008/09/07(日) 04:33:36 ID:cGyB/1Mf
えーっと、現在 ローカル線でお饅頭断ってナベヤの話を聞いているでしょ。後、将棋会館でゴキゲン中飛車。

757 :名無し名人:2008/09/07(日) 04:35:51 ID:G1pglVWT
>>754
国語辞書との一致 (1〜1件目 / 1件) 検索辞書:大辞泉 提供:JapanKnowledge

かん‐う【換羽】
鳥の羽毛が抜けかわること。ふつう繁殖期のあと、全身の羽毛に一定の順序で起こり、新羽に押し出されて旧羽が抜ける。羽がわり。


関羽の変換ミスかと。関羽は辞書に入ってなかったりするみたいなので。

758 :名無し名人:2008/09/07(日) 04:48:22 ID:2VgC8Vy5
>>757
まあでも関羽だったしても違和感あるな・・・
麻雀だったらわからなくもないけど将棋だからなw

759 :名無し名人:2008/09/07(日) 05:26:18 ID:WpgdFLWI
スレが立った当初に「山田茂樹」関連スレかと思ってちらっと覗いたんだが、全然違ったのですぐに閉じた。
それから一週間とちょっと、随分スレが伸びたね。

今さっきスレを通して読んだんだけど、最初の方は自己の体験を反映しているためか、リアリティがあって
おもしろく読めた。ところが、ナベヤという他人の視点を借りてからの内容はひどい。創作同人以下だと思う。
また、他人に読ませようという「あざとさ」も出てきてしまった。当初の素朴な描きようの方が良かった。

語彙や文章から判断すると三十代ではなく、四十代なのかもしれません。文章はそれなりに書いたことは
あるようですが、創作スクールレベルです。
スレを使ってエッセイ風小説を書くという試みはおもしろかったのだけれど、衰弱してしまいました。残念。




760 :名無し名人:2008/09/07(日) 05:43:39 ID:wJzxNFfv
なんだこいつwww

761 :名無し名人:2008/09/07(日) 05:52:00 ID:I4rf9IFZ
>>759
最初の方ですらちゃんと読んでないんだね
ファミコンでおおよその年齢わかるじゃん

762 :名無し名人:2008/09/07(日) 06:02:15 ID:WpgdFLWI
>>761
事実を少しずらして書いているのだと思います…。

763 :名無し名人:2008/09/07(日) 06:10:43 ID:UyT6QKtq
>>760
同歩

764 :名無し名人:2008/09/07(日) 06:15:24 ID:WpgdFLWI
スレ読んで感想書くことがそんなに変か?

765 :名無し名人:2008/09/07(日) 06:42:00 ID:QVd/tlh8
感想を書くことが変だと言ってるわけじゃなくて
感想の内容が変だって言ってるのよ

766 :名無し名人:2008/09/07(日) 06:46:33 ID:WpgdFLWI
そっか。納得。

767 :名無し名人:2008/09/07(日) 07:08:59 ID:b2FxpeZC
>>742


768 :名無し名人:2008/09/07(日) 08:19:23 ID:GNcJ8o5k
>>759に同意。
>最初の方は自己の体験を反映しているためか、リアリティがあって
>おもしろく読めた。ところが、ナベヤという他人の視点を借りてからの内容はひどい。創作同人以下だと思う。
>また、他人に読ませようという「あざとさ」も出てきてしまった

しかしそれでもいい。
所詮チラウラなんだから面白ければ読む、興味が無ければ読まない。
それだけ。
俺は毎日楽しみに待ってる。
作者さん、気楽に、ゆっくりでいいから、続けてください。


769 :名無し名人:2008/09/07(日) 08:24:59 ID:n4+GNT/k
感想に対するツッコミや批判は控えた方がいいんじゃない?
信者とアンチの戦場になっちゃうよ

770 :名無し名人:2008/09/07(日) 10:12:08 ID:WpgdFLWI
楽しんでいる人が多いのに空気読まないで正直スマンかった
消えるぜ

…さて、NHK杯見ーよおっと♪

771 :名無し名人:2008/09/07(日) 12:21:29 ID:5WKicqbA
他人に嫌われる特徴をいくつも備えてるね

772 :名無し名人:2008/09/07(日) 12:22:53 ID:FVwTRlWC
うん
二度とこないでほしいね

773 :名無し名人:2008/09/07(日) 12:43:09 ID:/VD0T6TT
まぁまぁ。
完璧なもの以外は楽しめない、
という風な余裕のない人は、ほっとこう。
余裕がないから、配慮もできないんだろうし。


774 :名無し名人:2008/09/07(日) 12:55:47 ID:Qf3rl/dn
>>773
あんた鬱陶しいな

775 :名無し名人:2008/09/07(日) 13:09:04 ID:/VD0T6TT
>>771
はぁ。どうも。

776 :名無し名人:2008/09/07(日) 13:50:30 ID:ST3CgTkV
>>772
レス乞食だから必ず書き込みに来る
こういう相手にとって一番効果的なのは

『 無 視 』

ひろゆき@2ch管理人もオススメする最良の方法

777 :名無し名人:2008/09/07(日) 14:59:24 ID:y3PyU3kq
嫁と見ているけど、嫁も面白いって言ってるよ。
まぁ素人なんだから素人くさいのは当然ってことで。
でも2部になってからレベルはかなり落ちたね。

778 :名無し名人:2008/09/07(日) 15:14:34 ID:39rYujPD
>>1子供編>>>>>ゴキゲン連盟編>>ナベヤ行商編>ナベヤ賭博編>ナベヤ戦争編

たぶんこんな感じの順で面白いとみんな思ってると思う。
でもただ比較してるだけで今のがつまんないってわけじゃないから続けてね

779 :名無し名人:2008/09/07(日) 15:19:23 ID:FzIV3peM
>>769
でもこのスレはかなり立派だと思う。
こういったスレってあからさまな煽りや荒らしはともかく
「前のがよかった」的な批判ではなく単純な感想レベルのものまで
書いた途端、信者が反発、それに触発されてアンチも暴走の悪循環で
荒れまくるってのが定番だけど感想は感想として誠実に受け止めている人が多い。

780 :名無し名人:2008/09/07(日) 16:07:12 ID:QVd/tlh8
それはみんなが「先を読みたい」と思っているから。

781 :名無し名人:2008/09/07(日) 21:06:08 ID:9TDZaYCQ
今、一気に読んだ。
2時間もかかった。既に短編小説みたいになってるけど、まだまだ続きそうだね。
次はスレタイを変えよう!
【将棋小説】或る真剣師の告白【面白い】

とか。
今のスレタイだと気付いてない人いっぱいいる希ガス。

782 :名無し名人:2008/09/07(日) 21:17:59 ID:b2FxpeZC
>>781
…あんまよくない。
変なの来ても嫌だし。

>>1さんに決めてもらおうよ。

783 :名無し名人:2008/09/07(日) 21:45:43 ID:m1mG2sVm
或る真剣師の告白 第弐章

784 :名無し名人:2008/09/07(日) 21:59:50 ID:ST3CgTkV
本日夜再開らしいけどまだ来てないみたいだし
コンビニでビールと柿ピーでも買ってくるわ

>>779
脊髄反射レスせず、長考する人が多いんでしょw この板ならでは


785 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 22:45:39 ID:MjQqhMlc
江戸時代からの宿場町であり、
戦後、京浜工業地帯の中心として
発展を遂げる事になる、川崎。
昭和21年。9月。
二八商会は、この町で、物資の闇を始めます。
八代は、東京へ戻る途中、1〜2度、警察の
厄介になった事もあるそうです。
いずれも、処分保留だったそうですが。
二郎は、川崎の、とある旅館に身を置きました。
町を、探索しては、真剣の相手を探す二郎。
二郎にとっては、仕事を兼ねた大事な”営業”です。



786 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 22:47:06 ID:MjQqhMlc
娯楽の少ない時代、将棋相手を探すのは、
そんなに大変な事では、ありませんでした。
必ず、どこかで、将棋を指している人はいたし、
必ず、賭けていた。
二郎は、見かけては、現地の人と賭け将棋をします。
ある日、二郎は、例によって御用聞きを始めました。
とあるご主人。

「ところであんた、将棋強いね」
「いえいえ、下手の横好きでして」

他愛も無い会話をする2人。



787 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 22:49:50 ID:MjQqhMlc
しばらくすると、

「いや〜。あんたと、仁、戦わせたいね〜」
「仁?」
「ああ。”三間飛車の仁”さ」

思いがけない、ご主人の言葉に、二郎は胸躍ります。
後日、そのご主人は二郎の宿に、仁を連れて
尋ねると言います。
約束どおり、2人は、2日後二郎の宿を、尋ねました。


788 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:05:45 ID:MjQqhMlc
近くに、東京湾を望むことができる
宿に、二郎は居ました。
部屋の数が、その旅館の大きさを
示すのであれば、その旅館は、6畳ほどの
部屋が、7つある比較的小さい旅館でした。
小さいとは言っても、部屋が縦に並んでいる為、
建物自体は、大きいです。
周りを、木々で囲むこの旅館に、
2人は現れました。
女中に連れられてきたのは、
綺麗な着物に身を包む、ご主人。
その横に、かすりの着物を着、丸い眼鏡をかけた男。

「この人が、仁か?」


789 :名無し名人:2008/09/07(日) 23:05:56 ID:PfiPm4iz
”三間飛車の仁”

これは期待w

790 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:12:54 ID:MjQqhMlc
ガタン。
と、1つ、2つ。
田舎電車は、大きな揺れをしました。

「坊ちゃん。当時は、皆、将棋が
 弱かった」

平然と述べるナベヤに、私は少し戸惑いました。
ナベヤは、終戦当時、定跡を知らず、
自分でも、強いとは思っていませんでした。
私の問にも、なぜ強くなったのか分からないと言います。
ただ、私の中で、1つ思ったのは、彼の
強さを支えたのは、その終盤力にあると言う事です。

791 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:18:45 ID:MjQqhMlc
私の目の前で、自分の袋をガサガサとあさるナベヤ。
ナベヤは、いつも持ち歩いているのでしょう、
自分の、将棋盤と駒を取り出しました。

「坊ちゃん、再現して見せますよ」

ナベヤは、スラスラと駒を、初期の位置に
並べ始めました。

「この人、本当に将棋が好きなんだな」

私は、目の前にいる老人の、その向上心、
その情熱に心打たれました。



792 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:27:41 ID:MjQqhMlc
駒を並べ終えると、ナベヤはおもむろに、
7六歩。

「じゃ、次、坊ちゃんどうぞ」

「???。再現してくれるんじゃないんですか?」
「そうですよ。お見せしますよ。ただし、3間飛車の
 石田流です。坊ちゃん。分かりますよね?」

大学生当時、この頃すでに、立川の道場へ通っていた私。
振り飛車党になっていた私、石田流もとりあえずは
指せる。

私。3四歩。


793 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:51:00 ID:MjQqhMlc
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△3五歩
石田流への第一歩。
▲4六歩△3二飛▲4七銀△3四飛▲6八玉△3三桂
早めに、石田流に決めに行く。
▲7八玉△3二銀▲2五歩△4三銀▲1六歩△1四歩
▲5八金右△6二玉▲3八飛△1三角▲1五歩
ずいぶん早い仕掛け。この後まんまとハマル。
△同歩▲3六歩△同歩▲1五香△1四歩▲3五歩△同角
▲3六銀△4六角▲3五歩△3七歩▲同飛△同角成▲同桂
流れる手順で、飛車が死んだ。序盤で角損。
ここまで指して、私は嫌になってやめました。
自然に指したつもりが、すでに術中にハマっていました。
初心者の方、注意してください。


794 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:57:19 ID:MjQqhMlc
ナベヤは、笑いながら言いました。

「1局目は、これで勝ちました」

私は仁ではない。
にもかかわらず、若干の手順の違いはあるだろうが、
当時私は、この手順に感動したのを、覚えています。
その後も、ナベヤは、仁を完封したそうです。

「三間飛車は、軽い。軽すぎて風船の様ですよ」

ナベヤは、”してやったり”の笑顔を私に見せました。
私はこれ以降、三間飛車アレルギーです。(指そうと思いません)

795 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/07(日) 23:58:05 ID:MjQqhMlc
後日。つづく・・?

796 :名無し名人:2008/09/08(月) 00:06:17 ID:9sR3iszW
ならべてみた
なるほどなるほど

797 :名無し名人:2008/09/08(月) 00:21:53 ID:Ro0lQDgW
これ有名な石田崩しなんだよな
つい最近本で読んだばっかw

798 :名無し名人:2008/09/08(月) 00:32:54 ID:shXJke1D
後手はどうすればいいの?

799 :名無し名人:2008/09/08(月) 00:42:32 ID:vv3rDtie
ワシャBonanzaにやられたよこれ

800 :名無し名人:2008/09/08(月) 00:50:35 ID:VcptUrWF
中原が編み出した手順だと聞いたことがある
ナベヤも自分でみつけたのか


801 :名無し名人:2008/09/08(月) 01:06:28 ID:6HedAj6/
せっせと時代考証をしているようだが、調べて書くことがあなたの書きたいことなんだろうか…。
書き始めと相当ギャップがあるね。

802 :名無し名人:2008/09/08(月) 01:24:22 ID:bhmmBnVa
私はあなた以上にあなたを知ってます、ってか?
反吐が出る

803 :名無し名人:2008/09/08(月) 01:25:50 ID:VcptUrWF
伝聞の領域に進んでるわけだから地に足を着けるため調べものは必要だろう


804 :名無し名人:2008/09/08(月) 01:54:19 ID:WBAtpIvg
>>799
泣けてくるよなw
俺なんか友人からBonanza紹介されてPC買って変則矢倉でボコボコにされてハマって今じゃ何故か2ちゃん漬けwww
ナベヤへの道はまだまだ遠いwww

805 :名無し名人:2008/09/08(月) 02:17:44 ID:6QHZu1FK
2日ぶりに来たらまた面白かった
明日もくるぜ

806 :名無し名人:2008/09/08(月) 02:24:54 ID:aOEtw7CL
将棋のシーンがぐっと面白くなったように感じられた!
続きが楽しみだ。

807 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 02:55:53 ID:YpZpPlHo
その流れるような手順と吸い込まれるような感覚。
垣間見る、流動的な動きと泥臭さ。
途中変化を入れながら、丁寧に教えるナベヤ。

「坊ちゃん。将棋は考えなければ、強くなれません」

ナベヤは言いました。

「終盤が最も大事です」
「じゃ、詰将棋だけで、ナベヤさん位、強くなれるんですか?」

当時、定跡を詰め込む事に、没頭していた私に、
諭すようにナベヤは言いました。

「いいえ。将棋指しは武士です。詰将棋は刀。しかし
 刀の所作を知らなければ、人は切れない」

ナベヤは、刀を詰将棋、定跡と心得を所作になぞらえて
私に、教えてくれました。

808 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:03:35 ID:YpZpPlHo
ナベヤの将棋の手は、脳みそを振り絞って
繰り出してきた手。
当然いつしか、定跡は覚えたのだろうけれど、
未だ衰えを知らない、その将棋に、
いつしか私は、虜になっていました。
目の前で、お饅頭を食べている、この老人は、
傍らで見る人には、特異な人に見えるのだ
ろうが、私には、彼の哲学を垣間見る事が出来ました。
話は、川崎時代に戻ります。


809 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:10:33 ID:YpZpPlHo
その日を境に、二郎は町に出ては
御用聞きをしながら、賭け将棋をする、だけから、
二郎の宿にも、2〜3人、夜に訪れる日
が出来ました。
対局後、二郎は、途中変化や読みを、惜しげも無く
披露します。
それも、見返りなく。
この、”惜しげも無く”と言うところが重要で、
将棋は読み合いです。当時の将棋観は、研究は、
1人でするもの、その手順を人に見せると言う事は、
自分の読みを量られる材料になり、それは決して
本人の為にはならない。
それを、二郎は、惜しげも無く披露するのです。


810 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:13:47 ID:YpZpPlHo
そうすると、自然と二郎の周りには
人が集まります。
嫌みのない、その振る舞いに、誰もが
二郎を愛します。
時には、二郎を”先生”と呼ぶ者もいましたが、
二郎は、その呼び名を好みませんでした。

「二郎と呼んでください」

二郎の周りには、いつも人が絶えませんでした。

811 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:19:45 ID:YpZpPlHo
旅館「松屋」。
二郎の宿泊する旅館の名前です。
明治時代から、創業をしていると言います。
敷地に入ると、まず、大きな松の木が3本
目に付きます。
その松の木を、真っ直ぐ、十数メートル進むと
格子の木戸がお出迎えします。
その日、二郎は、仕事を休み、近くの東京湾が
見える土手にいました。

「今日、1日位休んでも、罰は当たらないだろう」

812 :名無し名人:2008/09/08(月) 03:24:25 ID:6pwNcimv
源二や宮田のころの雰囲気に戻った感じでいいね

813 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:33:28 ID:YpZpPlHo
静かな土手で、横たわる二郎。
大きな空、流れる雲。
見つめて、目を閉じると思い出す、
あの港町、南方の星の下で聞いた”amazing grace"
東京に来て、八代をはじめとする
様々な人との出逢い。

「絹子さんは、今頃どこで、何をしているんだろう?」

絹子と、離れて早5年。
時の早さに驚きつつも、胸をよぎる切なさ。
人は、未来を見る事はできず、又、過去を変える
事も出来ない。
人は只、未来を夢に見、過去を振り返るだけです。


814 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:39:48 ID:YpZpPlHo
大きな空と、雄大な自然に身を任せる二郎。
ウトウトと、眠気が襲います。
ただ流れるだけの雲と風。
その存在意味を、確かめるように
二郎は、その雲と風に、自分を重ねます。
少し眠ってしまったのでしょうか?

「もし?」

誰かか声をかける。
その聡明な声。

「絹子さんか?」

815 :名無し名人:2008/09/08(月) 03:46:38 ID:9sR3iszW
ひそかに連載再開ー!
いや、自分的にこの雰囲気のほうが好きですよ

816 :名無し名人:2008/09/08(月) 03:49:38 ID:5bWNXVn0
これはwktkせざるをえない展開w

817 :名無し名人:2008/09/08(月) 03:53:52 ID:6HedAj6/
>人は、未来を見る事はできず、又、過去を変える
>事も出来ない。
>人は只、未来を夢に見、過去を振り返るだけです。

なにかっこつけてんの? こんなきどった自己主張がしたくて書き始めたんだ? へぇ。


818 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:54:37 ID:YpZpPlHo
「もし?」

二郎の耳に、確かに聞こえるその声。

「こんな所で、お昼寝ですか?」

身を起し、土手を見上げる二郎。
聞こえる、確かに聞こえる。
しゃがみ込む女の姿。
逆光で見えないその顔に、絹子を重ねる二郎。
その光に、逆らうように目をこらし、
遠きあの日が、蘇る。

「絹子さんか?」

819 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 03:55:57 ID:YpZpPlHo
後日。つづく・・?

820 :名無し名人:2008/09/08(月) 03:59:24 ID:19QFPTB9
深夜に更新乙でした。

821 :名無し名人:2008/09/08(月) 04:00:49 ID:9sR3iszW
乙かれす
アレ・・・?
先生、昔のジャンプみたいになっとります・・・

822 :名無し名人:2008/09/08(月) 04:07:58 ID:6HedAj6/
先生は無職なんでしょうか。早く仕事が見つかるといいですね。
履歴書の趣味の欄には「2ちゃん」と「創作」と書いておくといいですよ!
人事担当者の食いつきが違います!

823 :名無し名人:2008/09/08(月) 04:40:07 ID:dMV1m1TC
>>822も無職だろw
お前もスレ立てて何か書け。

824 :名無し名人:2008/09/08(月) 06:01:53 ID:6HedAj6/
失礼な! 私はニートです!! 一緒にしないで下さい!!!

駄文をage書きし続けるような面の皮の厚いこと、私にはできましぇん…

825 :名無し名人:2008/09/08(月) 06:06:06 ID:9sR3iszW
わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青いニートです
風景やみんなといつしよに
せはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青いニートです

826 :名無し名人:2008/09/08(月) 07:19:27 ID:cEzPQIRT
毎日楽しみだなぁ。

827 :名無し名人:2008/09/08(月) 07:32:54 ID:ucXEgeFe
おぉ絹子さん生きてたのか!
これは二人の関係を期待せざるを得ない。


と思いきや、変なのが出没しはじめたなぁ。
まぁ主の書く気さえ失せなければ、別に構わないけど。

828 :名無し名人:2008/09/08(月) 07:54:49 ID:lFOa4/k1
後日。つづく・・? ってことは、今日はもう書き込みないのかねぇ。ショボン

829 :名無し名人:2008/09/08(月) 08:55:31 ID:dMV1m1TC
>>824
お前が謙虚なのはよくわかった!
お前のスレはsageでやってくれ。

830 : ◆lcoQbZqMNg :2008/09/08(月) 13:53:26 ID:YpZpPlHo
※駄文をageてます。実は、過去にsage方を聞いたこと
 があるのですが、忘れてしまいました。今から約4〜5年前、
 私は、357という名前で(レス番号が、357だった事から)
 高速棋譜並べを提唱しました。当時は、あまり知っている人が
 いなくて、賛否両論(現在も)でしたが、このやり方は、実は、
 ナベヤから聞いたものです。その時に、聞いたんですが、忘れてしまいました。
 詳しい事は、本文に関係ないので話しませんが、
 そうゆう理由です。尚、仕事は今日は休みです。
 仕事内容も、本文で話せる範囲で、書こうと思っていますが、
 最後の方になると思います。
 最後に、高速〜の方は、私が書き始めてから、将棋世界で、
 矢内が、言いだして、やめました。ナベヤは、よく言っていました。
 「プロはずるい」自分たちの勉強法を隠して、アマには、当たり障り
 無い、事を言う。私が高速〜を書く前に、高速〜はプロで言う人は
 私には、見当たりませんでした。(後、谷川もやってた事が分かった)
 結果今までプロの、棋譜並べは、1手ずづ考えるもの、と言う考えが定着してしまったのです。
 異論を唱えるつもりはありませんが、そう言う経緯がありました。

831 :名無し名人:2008/09/08(月) 13:57:06 ID:yXcgLtWn
メール欄に「sage」と入力

832 :名無し名人:2008/09/08(月) 14:52:22 ID:mdbl9UfB
>>830
高速棋譜並べのメリットとは何でしょうか?
解説を読みながらじっくり並べたほうが効果があると思うのですが?

小説とは違う質問ですみません
伸び悩んでるのでどうしてもお聞きしたかったのでよろしくお願いします

833 :名無し名人:2008/09/08(月) 15:02:16 ID:cEzPQIRT
テスト

834 :名無し名人:2008/09/08(月) 15:26:19 ID:yXcgLtWn
>>833
できてる

835 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:25:19 ID:6HedAj6/
先生、あなたが兄事したナベヤという人物は、プロ棋士ではなかったけれども将棋に人生を賭けて、
また将棋に対して誠実であろうとした、高潔な人物だったようですね。

私は頭が悪くてよくわからないのですが、ナベヤが親しみを覚えたあなたにだけ打ち明けた身の上話を、
不特定多数の人間が見るweb掲示板で、低劣な想像を交えながら再現する意味は一体なんなのですか。

また、将棋に人生を賭けたナベヤという人物を描くのに、匿名で2ちゃんという場を借りて自分の文章を発表
するという、自己の存在を賭けない、卑劣な、薄汚い作法を敢えてとる意味もわかりません。

お休みのところ誠に申し訳ないのですが、浅学非才の私に是非ともご教示願います。

836 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:26:58 ID:y2f+RWtV
気になる人はID:6HedAj6/をNGにしておけばよろし

837 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:31:51 ID:6HedAj6/
先生ほどの文章力、構成力を持った作家であれば、ご自分のサイト(ブログ形式でも良いと思います)、
書籍の刊行(自費出版でもいいと思います。これなら出版までの敷居が低いし、アマの立場で将棋に
賭けた、ナベヤの姿勢に通じるものがあると思います)が可能なのではないでしょうか。

将棋板には、将棋道場をつぶして放浪無残な生活を送り、そのたわいもない日常をだらだらとブログの
ように書き流す、気違いコテハンがいますが、どうも先生のお姿がその気違いコテハンとかぶってみえて
きてしまいます。

先生、どうかご自重下さいますようお願い致します。先生の煌びやかな玉稿を掲載するには、2ちゃんは
相応しくないように思えるのです。

838 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:43:06 ID:yZCIi/dz
まぁ他者がもてはやされている事に嫉妬して
なんとか邪魔してやろうと
ぐずぐず言い出すアホは
何時の世にもいるからw

839 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:44:02 ID:GNf0hztU
>836に同意
スルーでいきましょ。
次の更新楽しみです。

840 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:50:58 ID:6HedAj6/
私は先生に2ちゃんではなく、他の、日の当たる場所で、自分の名前を持って活躍して欲しいのです。
先生に正当な評価が与えられることを心から望んでおります。

841 :名無し名人:2008/09/08(月) 16:57:02 ID:TSoFLNxY
>>835
読めばわかる

842 :名無し名人:2008/09/08(月) 17:31:19 ID:0ehcst7E
自分の意思を他人に押し付けるようになったら人として終わりだよな。
読み物として書いて、不特定多数の人がみる掲示板に公開してもナベヤはどうも思わないだろう。
時の移り変わりを直に感じた人の感想でもあるわけだ、俺は単に面白いから読んでいる。それでいいだろう

843 :名無し名人:2008/09/08(月) 17:41:33 ID:HXnQt1aq
まあ書き終えたら、当分居なくなるだろうよ
まあ筆者は、調子にのって続編などと粘着する用に思われるが・・・。

844 :名無し名人:2008/09/08(月) 17:56:22 ID:BjV57sAS
あほらしい。
ただ読んでる俺等が
「俺はこう思う」「この展開の方が好きだ」等々
そんなのはいらん。
カネを出して買った物なら判るがな。
作者の方針をブレさせる点では
賛否どちらも邪魔なだけだ。
俺等はレスなんてせず、黙って読んでりゃイイんだよ。
完結したとき、思う存分言い合え。

845 :名無し名人:2008/09/08(月) 18:11:10 ID:6HedAj6/
先生の熱心な読者(信者)は、あまり本を読まれない、文盲の人たちのようです。あぁ、嘆かわしいこと。
先生が本当に、本当にお可哀想です。
先生、こんなところで燻っていないで、一日も早く文壇にデヴューして頂きとうございます。

846 :名無し名人:2008/09/08(月) 18:18:36 ID:lFOa4/k1
>>844
いろいろ、言い合うの楽しいじゃん。
掲示板の小説なんだからさ、レスも含めて楽しもうよ。

847 :名無し名人:2008/09/08(月) 18:22:23 ID:0ehcst7E
>>844
お前のそういう意見も読んでいてなるほどと思うんだけどな

848 :名無し名人:2008/09/08(月) 18:25:17 ID:yprhKH/j
>>845
なあ、トリップつけてくれないか
NGするのが楽になるからさ
どうせ明日以降も粘着するんだろ?

849 :名無し名人:2008/09/08(月) 18:28:01 ID:AZDvvjbD
>>845
そんなに必死に自分の頭の悪さをアピールしなくていいよ

850 :名無し名人:2008/09/08(月) 18:36:03 ID:2itHpSpo
なんにせよ最初よりこのスレ見ている人が増えたんだなあとは思う

851 :名無し名人:2008/09/08(月) 19:00:21 ID:P+SRf8BR
みんな悪く言うけど
このマジキチさんのおかげで保守は楽になったよ


852 :名無し名人:2008/09/08(月) 19:06:21 ID:dMV1m1TC
>>845
馬鹿だな。
それこそ自分の考えを押し付けてるじゃないか。
職業作家でやっていきたいか趣味でやりたいかは本人の自由だろ。

853 :名無し名人:2008/09/08(月) 19:28:57 ID:3DKKkEvA
≫844
イイこと言った。
最後の一行、その通りだと思う。
でもまったく反応ないのも辛いだろうし。
難しいところだね。
批判は嫌だから、
作者さん、オレは楽しんでるぜ!
くらいしか、書くことがないので困った。

854 :名無し名人:2008/09/08(月) 20:03:57 ID:kOp4F8vI
自演乙

855 :名無し名人:2008/09/08(月) 20:41:54 ID:cEzPQIRT
総務課のお茶係、ほんとにどしたんだろ。心配だなぁ。

856 :名無し名人:2008/09/08(月) 20:44:07 ID:3DKKkEvA
>854
自演じゃねーよw
844のヒトに悪いから書いとくけど

857 :名無し名人:2008/09/08(月) 21:11:17 ID:6HedAj6/
自演、恥ずかしくないですよ。自分が不利だと思えば何度も繰り返して、自説を補強すればいいのです。
また、自分の言葉で語ることができない人たちは、他人の言葉(特に私の言葉)を借りてもいいのですよ。
さあ、おしのように口のきけないみなさん、どうぞ私の言葉をお使い下さい!
そして私と一緒に大先生をハゲまし続けましょう!!

858 :名無し名人:2008/09/08(月) 21:16:13 ID:LoNLRvCL
酔ってるな

859 :名無し名人:2008/09/08(月) 21:18:38 ID:6HedAj6/
あたし、お酒飲めないんです…。

ニートを酔わせてどうするつもり?

860 :名無し名人:2008/09/08(月) 21:37:36 ID:AZnUYOhG
よもや高速棋譜並べのスレ主とは思わなんだ
あれは結構役に立ったぞ

861 :名無し名人:2008/09/08(月) 21:47:25 ID:vv3rDtie
こんなところに駄文を書き込んでどういうつもりかなんて書いてるのがいるが
なぜわざわざこのスレに来てどういうつもりかなんて問いただすんだろう
粘着する者の心理をだれか分析してくれないかなあ
犯罪心理学の論文ネタになりそうだ

862 :名無し名人:2008/09/08(月) 22:06:29 ID:g8IVWAnM
つづきが気になるー^−^

863 :名無し名人:2008/09/08(月) 22:20:45 ID:6HedAj6/
上にあがっていたので見にきたのです><

864 :名無し名人:2008/09/08(月) 23:38:33 ID:Ro0lQDgW
おしって何?

865 :名無し名人:2008/09/08(月) 23:57:36 ID:WBAtpIvg
>>860
その元スレってどこ?URL知りたい

866 :名無し名人:2008/09/09(火) 00:00:34 ID:k6eiTKFp
高速棋譜並べのスレはワシも見たことがあるけど
個人的には棋譜並べは観賞なのでゆっくりやりたい
そういえば穴具満は毎朝3局棋譜並べしてから会社に行くらしい
ひょっとすると高速棋譜並べしてるのかも試練

240 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)