5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本チェス協会に感心するスレ 3R

471 :名無し名人:2008/08/30(土) 08:55:42 ID:+5WSJ1rJ
>>469
古いことでうろ覚えですが、記憶のみで簡単に書きます。
だから正確なところは将棋スレ等で確認願いたい。
間違っている箇所は、御存じの方が修正して下さい。

当時朝日アマ名人(アマ名人、アマ竜王と並ぶ、3大タイトル)獲得後の野山氏が
アマ王将戦の全国大会に出場することとなった。
全国大会優勝者は、日本将棋連盟から通常アマ六段免状が貰えてアマ六段と称します。
ほとんどの全国大会は日本将棋連盟と主催新聞社などの共催・後援等で優勝、準優勝、他に免状がでます。
当時朝日アマは「日本アマチュア将棋連盟」と朝日新聞共催(?)だったかと思います。
この辺の事情は複雑なので各自調べて下さい。

そのためアマ六段免状は日本将棋連盟から優勝者に出されていなかったようです。
アマ王将戦全国大会に出場する時、段位を記入する欄があり(そんなものいらん)、野山氏が
全国大会優勝者なので「六段」と記入したところ、主催者側からクレームがつき
「六段格」と記載されたようです。要は「自称」だよということです。
野山氏は学生時代に何かの大会で勝ち取った「四段」免状までしか持って
いなかったはずです。

些細なことかもしれませんが、全国大会優勝は全アマ棋士の夢です。
私ごとき(三〜四段)には届かない天上の人達の戦いの頂点です。
確かに免状は持っていなかったかもしれません。
でも「実力申告」として六段と書いて何も間違いではないし、
そう書かなければより批判される立場の人でしょう。
でも連盟はそれを許さなかったし、まあ当然のことかもしれません。
でも戦う前の、野山氏の顔に泥を塗る行為にかわりはないでしょう。
「アマなんぞ、どう扱ってもかまわん」、そんな姿勢を感じたのです。

参考までに私は氏とは一面識も無く、当時の私は確か高校生でした。
その時用意していた三段免状申請は見送りました。金銭的には助かりましたが・・

以降免状の価値は全く感じていませんし、必要もありません。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)